ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.01.21 
Last Update 2021.01.21  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

メゾン・プティ・ロワ

プティ・ロワ

フランス Maison Petit Roy ブルゴーニュ
Maison Petit RoyDomaine index -- Open All Column
● 激戦区・・と言うより、そもそもは「不可能を可能に代える努力をしての参入」みたいなものなんですが、ブルゴーニュを中心に2016年ものからワインを供給してくれている斉藤さんの「メゾン・プティ・ロワ」をご紹介させていただきます。

 入荷アイテムは7アイテムですが、バラでしか入らないものがほとんどでして・・テイスティングに苦労してしまいました。

 ですが、新ヴィンテージものは明らかにエキスの密度、質感ともに上昇しています。これは通常の樹齢アップ分に比例していますが、その上昇率はかなりのものだと感じさせてくれました。

 やはり細やかな仕事は日本人の性質なんでしょうか・・。そして、ナチュラル感も上昇していますので、ふんわりと柔らかなテクスチュア、膨らみ感、アロマのスピードの速さなどで感じていただけるでしょう。

 トップ・キュヴェのショレ・レ・ボーヌは2017年、それ以外は2018年ものです。是非飲んでみて下さい。

-----
● ブルゴーニュはショレ=レ=ボーヌ(おそらく)でメゾンを営む斎藤政一氏のワインをご紹介させていただきます。ブルゴーニュで自社畑を取得していますが、リリースはまだ先になりそうです。サヴォワのアルテス種を仕込んだ2016年もののご紹介です。すでに何軒かのエージェントさんが入れているようですが、noisy の扱いですと今回どうやら初めてのようで、テクニカルが間に合いませんでした。ビオロジックで醸す素晴らしいワインでした。


昨年、RWGでもご紹介されていましたのでご存知の方もいらっしゃるかと思います。2017年に斉藤政一氏がブルゴーニュ/ショレイレボーヌで立ち上げたドメーヌ・プティ・ロワ、ご縁があって弊社でご紹介させて頂きます。

1982年中国生まれ。幼少期は中国北部で育ち11歳で日本へ帰国。東京農工大在学中に、砂漠化の分析で中国を訪問した時、現地でぶどう栽培がおこなわれていたのを見てワインに興味を持ちます。砂漠化という環境問題は経済と密接な関係を持っており、ただ緑化するだけでは根本的な問題解決にはならない事、そしてその土地に合った作物、なおかつ経済効果のある作物を植えて育てていかないと継続的な取り組みができないと感じた事。中国訪問をきっかけとして「ワイン用のぶどう栽培」が、砂漠化問題解決にぴったりと合致している、糸口になりうるとの考えにいたります。ぶどうは水分ストレスに強く、しかも原料を加工することによって付加価値が上がるため、緑化と経済効果をもたらす作物だからです。この経験と考えが知らず知らずのうちに彼の人生を決定づけます。ワイン作りをもっと知りたいと思うようになった彼は、在学中から日本のワイナリーを廻るようになります。そしてその後、長野県の小布施ワイナリーで研修を開始、自然に本場のワイン作りを見たいという欲望が湧いてきます。

2006年に渡仏。ブルゴーニュで本格的にワイン作りの勉強を開始すると同時に、著名なワイナリーでぶどう栽培と醸造の仕事の経験を積み始めます。(シモン・ビーズ、ジャック‐フレデリック・ミュニエ、アルマン・ルソー、リュイ・シェニュ)ワインの魅力にのめり込む彼がいつしか自分自身のワインを作りたいという夢を抱くようになるのもこれも自然の流れです。彼の真骨頂は、ここで焦らずにじっくりと経験と準備を積み上げ始めたこと。技術、知識、経験、資金を蓄え現地での人間関係を広げ、自らのポテンシャルを高めていきます。

ワインの勉強、仕事以外に、ボーヌに『ラ・リュンヌ』という和食店を立ち上げ、さらにはワイン機材の輸出を手掛ける等、自らがオーナーとなるビジネスも合わせて手掛け、栽培と醸造の仕事をしながらいつか自分のドメーヌをと2足3足のわらじをはき続けます。 その努力は身を結ぶまでに10年の時がかかります。 まずは2016年にネゴシアンの「メゾン・プティ・ロワ」を立ち上げます。今回弊社が初リリースさせて頂くアルテスもネゴシアン時代に仕込んだキュヴェです。これは、サヴォワの友人のブドウを買い、同じく醸造所も借りて仕込んだキュヴェになります。 そして遂に! 2017年に「ドメーヌ・プティ・ロワ」を立ち上げ、自社畑をもち、ショレイ・レ・ボーヌの現在の場所へ引っ越しをします。地下のカーヴを整え、隣接してる古い建物を工事して住居とし、現在は奥様、娘さん2人の家族4人で新たな生活をはじめております。 オート・コート・ド・ボーヌに1.2haの土地を借り、そこには0.8haのピノノワールが植わっております。他に、ポマール村に1haのピノノワール、サヴィニー近郊に0.2haのアリゴテ、0.1haのシャルドネの畑があります。最終的にはブルゴーニュで4 ~ 6haのぶどう畑を持ちたいという目標を持っていますが、現在は合計2.5haの土地をもち(借り)、2.1haの畑でブドウを栽培しております。 11歳で日本へ、22歳でフランスへ、33歳という若さでブルゴーニュでドメーヌを立ち上げた斎藤氏。
『11年というサイクルで新たな挑戦が回ってくる人生なんですよね』としみじみ語ります。
次の11年を迎える44歳になった時の彼が見てる風景は?そしてその時の新たな挑戦とは?大きな挑戦を続ける生産者とのお付き合いは紹介する側も興奮を隠せません.
どこか中性的で風をまとっているような爽やかで淀みない雰囲気の彼の人間性はワインにも本当に素直に表現されております。「日本人がブルゴーニュでワイン造り」、そんな話題性よりもずっとワインが彼について如実に語ってくれます。


2018 Bourgogne Aligote
ブルゴーニュ・アリゴテ

15457
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
メゾン・プティ・ロワ
750ML 在庫 
¥3,090 (外税)
【バレル・ファルメンテッドなのかと思いますが、濃密で酸に柔らかさのある高質なアリゴテです。】
 このアリゴテの2017年ものはとても見事でした。濃密さと複雑さが交錯し、そこにピュア感、ナチュラル感が見事に載せられている感じで、センスの良さと持っている技術を見せてもらった感が有ります。
 まぁ、このクラスはどんなに少なくともケースでいただかないと・・ワイン屋としてもどうにもなりません。昨今はどうも・・
「ワイン屋もバラ買いが普通」
になっているようで、特に自然派やビオの生産者のワインにその傾向が強いようです。元々、生産量が多く無いため輸入量が少なく、そこに多くのワイン屋と飲食店が待っているため、1本~3本などと言う数でしか入って来ない訳ですね。最近のワイン屋さんも、却ってその位の数の方が回しやすい・・と考えているようです・・。まぁ、やり方はそれぞれの方法が有りますので自由で良いと思いますが、noisy的には支持はできません。販売者がリテールのワインファンと同様な数し...


N.V.(2018) Altesse V.d.F.
アルテス V.d.F.

15456
自然派
白 辛口
フランス
サヴォワ
メゾン・プティ・ロワ
750ML 在庫 
¥3,450 (外税)
【サヴォワのアルテスを仕込んだネゴスラインの白!濃密な方向に振れたフルミント種の近種です。】
 今回はテイスティングはスルーさせていただきました。6本しかないので・・すみません。前々年、前年のアルテスは飲んでますので、その辺りのレヴューも是非ご覧くださいませ。
 アルテス種はサヴォワ辺りで造られる葡萄品種で、ルーセット・ド・サヴォワと言う名称でリリースされることが多いです。トカイ・フルミントに近い種と言われています。非常に遅熟だが灰色カビ病に耐性があり、その性で濃密な味わいになって行くようです。
 まぁ、サヴォワのお隣のジュラには、さらに濃密な味わいになるサヴァニャンが有りますが、好き嫌いの出やすい酸膜酵母によるものが多いですよね。
 そんな意味では、密度が高く凝縮感のある白ワインを適度に飲みやすくした感じ・・と思っていただいて良いかな・・と思います。
 アルコール分も12.5度で、光に透かせて見るとやや濃い目のゴールドに輝いて見えます。とても良い感じです。...


2018 Bourgogne chardonnay
ブルゴーニュ・シャルドネ

15458
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
メゾン・プティ・ロワ
750ML 在庫 
¥3,690 (外税)
【ようやく入荷したブルゴーニュ・シャルドネですが・・・テイスティングは上級キュヴェのマランジュ・ブランにさせていただきました・・!】
 ようやく入って来た・・おそらくドメーヌもの・・なのかな?・・違ってたらすみません。やっと飲めるかと楽しみにしていたんですが・・
 こちらはビオディナミの認証を取っているようですので、畑の位置とかがテクニカルに有れば良いんですけどね・・在りませんでした。アルコール分は13度のようです。
 社長の息子さんで有るMさんのコメントをいただいてますんで・・あ、このコラムの下に書いてあるのは彼のものです。noisy は飲んでおりませんので・・。彼はリアルワインガイドのテイスターにもなられた新進気鋭です。くたびれ果てた noisy とはだいぶ違います。いずれ会社を背負って立つ方なので、ビシビシと・・いや・・ツンツン程度では有りますが、時折ちょっかいを出させていただいてます。ご検討くださいませ。
■エージェント情報
 華やか、ほんのり桃や蜜リンゴ、バナナを思わせる果実味、樽のニュ...


2018 Maranges Bas des Loyeres
マランジュ・バ・デ・ロワイエ

15459
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
マランジュ
メゾン・プティ・ロワ
750ML 在庫 
¥4,850 (外税)
【メゾン・プティ・ロワのトップ・キュヴェ!2017年に続き・・相当に良い仕上がりです!(昨年はサン=ロマンが有りましたが・・!)】
 なるほど~!・・と納得してしまう見事な味わいでした。これは相当美味しいです。2017年ものも見事でしたよね。
 色合いは淡い緑が透けて見えるような、やや濃い目のゴールドです。昔はこの地区はオート=コート・ド・ボーヌだったはずですが、今では村名に昇格しています。
 その昇格したA.C.マランジュ・ブランですが、非常に滑らかなテクスチュアで、ピュアにしてナチュラルなアロマと柔らかでふんわりとしたフカフカなニュアンス、そしてマッタリと少し粘るように口内に留まった粒から、ほんのりと蜜っぽさやミネラリティの表情が浮かんできます。
 柑橘有り、果実有り、高域の伸びの良い見事な味わいです。現状、僅かに還元していますが、この位の還元で「匂う」と言う方は少ないかな・・と思います。もし、気になるかもしれない・・と思われるようでしたら、2カ月ほど置いてください。飛ぶと思います。
 さす...


2018 Bourgogne Rouge les Lormes
ブルゴーニュ・ルージュ・レ・ロルム

15460
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
メゾン・プティ・ロワ
750ML 在庫 
¥3,750 (外税)
【ドメーヌもののA.C.ブル2アイテム(多分・・)。レ・ロルムのみのテイスティングですが、滅茶ピュアでナチュラル!やはりこんな風ピノが造りたい!・・と言う気持ちが伝わって来ます!】
 これも非常に美味しいです。こんなブルゴーニュのピノが持つ精妙なエレガンスが表現できるなんて・・大したものだと感じ言ってしまいました・・このレ・ロルム、是非飲んでみて下さい。
 もとはスーヴニールと言う名前で2017年までリリースしていたもののようですので、以下に2017年のスーヴニールのレヴューを掲載しています。
 ビオでSo2のトータルが24mg・・・これはほぼ使用していないのと変わらないです。無添加でも数値が30mg位は出ることが多いです。アルコール分は14度ですが、強い感じはしません、テクスチュアもソフトでフカフカ、硬質な部分はアロマの中にのみ発見出来ます。
 流れるような起承転結が有り、最後に長く留まる「良い感じ」がとても心を和ませてくれます。いや・・良いですね・・これは上級のド・スーザ2018も飲みたくなってしまいました・・!・・が、数が無いので思い留まってい...


2018 Bourgogne Rouge de Sousa
ブルゴーニュ・ルージュ・ドゥ・スーザ

15461
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
メゾン・プティ・ロワ
750ML 在庫 
¥4,250 (外税)
【ド・スーザはアル分12.5度の超エレガントタイプ!?・・残念ながら2018年も飲める数量が在りませんでした・・】
 昨今は新型コロナの影響も有って、ワインの入荷が重なることが多く・・捌くのに一苦労してしまいます。入って来ない時はしばらく無いのに、続きだすと・・
「今月中にお引き取りお願いします!」
と、半ば強制とも取られかねない感じでお願いされてしまうんですね。
 なので端境期は「無くて」苦労しますし、続き出すと「あり過ぎて・・テイスティングアイテムも多過ぎて」困ることになってしまいます。
 今回の「プティ・ロワ」も月末・月初に入荷と言う、普段なら絶対にやらないパターンなんですが・・10月は木曜日は5回も有って、しかも10月末頃には多くのワインが到着する可能性が有るにも関わらず、前半は「?」な感じなものでして・・
 なので急遽仕入れを起こしてテイスティングして・・と、非常に忙しいスケジュールになってしまいました。
 そんな時のテイスティングは、ほとんどの場合・・...


2017 Chorey-Les-Beaune
ショレ=レ=ボーヌ

15455
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ショレ=レ=ボーヌ
メゾン・プティ・ロワ
750ML 在庫 
¥4,950 (外税)
【メゾン・プティ・ロワのトップ・キュヴェです!期待しましょう!】
 残念ながら飲めるほど入荷が無い・・のでテイスティングはしておりません。ですが、2018年もののA.C.ブルゴーニュの旧スーヴニール、現レ・ロルムを飲むと、自然派系ブルゴーニュのワインのニュアンスと、確実なエキス感の凝縮が見られますので、相当に期待して良いかと思います。
 まぁ、本来ですとテイスティングしないといけないんですけどね・・。エージェントさんもワイン屋も「売れるから良いや」とばかりに、右から左に流して行くことだけに終始するようなスタイルでは、ワインが今ほど売れない時代を経験している者にとっては恐怖感に近いものを感じてしまいます。
 なので、事あるごとに、
「せめて飲める位の数を入れてくれないと先が無くなるよ。」
と言ってるんですが、話しの内容は「ごもっとも」だと受け止めているようでも、結局スルーされてしまうのがオチです。持て囃されているうちが花なんだと・・...


2017 Vin Mousseux Fou du Roy
ヴァン・ムスー・フー・デュ・ロワ

14721
自然派
白 辛口
フランス
サヴォワ
メゾン・プティ・ロワ
750ML 在庫 
¥2,790 (外税)
【ブルゴーニュの手摘みのアリゴテとシャルドネをビュジェ(・セルドンで有名な)のドメーヌも持込んで仕上げたヴァン・ムスーです!】
 泡もの、ムスーとかクレマン、シャンパーニュを造るのには、やはり専用の設備と貯蔵場所が必要になります。ペティアンで有れば、とりあえず打栓して詰めることは可能ですが、それでもデゴルジュマン(澱引き)はしなくてはなりません。
 なので、ブルゴーニュではクレマンやムスーを自分で造るところは少なく、大抵の場合はネゴスへ丸投げしてしまうのでしょう。
 斉藤さんも流石にまだそこまでの設備は無く、ブルゴーニュの葡萄をビュジェ(サヴォワ)に持ち込んで仕上げてもらったようです。・・やはり、泡ものも本格的に造ってみたいと思っているのかな?・・などと邪推しています。
 到着間もなく・・ですが、早々に開けてみました。流石に泡も少しランダムな大きさに見えますが、意外や意外・・泡は結構に旺盛です。昇って弾ける泡からピュアでナチュラルなアロマが零れて来ます。
「お?・・結構泡は肌理が細かいし、持...


2017 Bourgogne Aligote
ブルゴーニュ・アリゴテ

14722
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
メゾン・プティ・ロワ
750ML 在庫 
¥2,890 (外税)
【・・う~ん・・熟練の手練れでは無いはずだが・・良い出来だと言わざるを得ません・・メゾン・プティ・ロワの意識の高さを感じてみて下さい!】
 良い色をしていますね~・・。ちょっと照度不足で暗いですが、調整せずに画像の大きさだけを弄りました。ほんのりとオイリーさが漂い、ただフレッシュなだけのアリゴテでは有りません。
 このところのブルゴーニュワインの価格上昇は、単なる値上げ・・と言う理解ではいけないと・・思っています。
 それは、例えばこのような多産種のアリゴテにも言えますが、以前はチープなワインの代表格でも有った品種、クラスでは有るものの、
「それまでの安易な畑の下て・造りを捨て、ブルゴーニュと言うテロワールから生まれるワインへのこだわりを見せるものになっている」
 と思うんですね。
 何せ、まだ皆さんは気付いていないかもしれませんが、例えばブルゴーニュ・パストゥーグランと言うワインは、以前はやはり軽くて酸っぱいものがほとんどを占めていました。中身の無いチープなワインです。
 しかしながら昨...


N.V.(2017) Altesse V.d.F.
アルテス V.d.F.

14723
自然派
白 辛口
フランス
サヴォワ
メゾン・プティ・ロワ
750ML 在庫 
¥3,390 (外税)
【ブルゴーニュ・ブランをほんのり繊細にした感じ?・・アルテス種による白ですが、リアルワインガイド第64号は89~90点との暫定点です!】
 2016年ものに続き2017年ものが入って来ました。2016年ものも美味しかったですが、2017年も素晴らしい仕上がりです。
 noisy もまた、アルテス種のワインがどういうものなのか・・は掴んでおりません・・そこまで飲み込んでいないので結果を持ちえないというのが正しいところです。
 ですが、シャルドネ種が持つ豊かな中域に、繊細な中高域のハツラツとした伸びをプラスした感じ・・と言うのが現状です。なので、ほとんどシャルドネと区別がついてません・・(^^;;
 やはり斉藤さんのセンスが光る見事な味わいで、
「ブルゴーニュ・ブラン」
と言ってもそのまんま・・通ってしまうと思いますよ。サヴォワやジュラの粘っこさや、A.O.C.由来の酸膜系のアロマはゼロです。
 厳しい酸は無く、ですが酸の総量はしっかり有るタイプ。バランスの良さが感じられます。
 昨今は...


2017 Saint-Romain Blanc la Perrieres
サン=ロマン・ブラン・ラ・ペリエール

14724
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
サン=ロマン
メゾン・プティ・ロワ
750ML 在庫 
¥4,850 (外税)
【相当旨いです!!フレデリック・コサールのサン=ロマンとは対極の「氷のサン=ロマン・ブラン」!ファースト・ノーズが凄い!センスの光る味わいです!リアル64号は89~90点との暫定点でした!】
 2016年のアルテスの、薄い緑が輝く色合いにも嬉しくなりましたが、どうでしょう?・・この色合い!・・素晴らしいでしょう?・・淡い緑ですが、薄緑では無くしっかり緑が存在しているかのように見えます。因みに色味の調整は「明るさ」を加えました。むしろこの操作で「緑」は減ってしまいましたが、それでもしっかり捉えることが出来るかと思います。
 サン=ロマンと聞けば、noisy のお客様がおそらく思い出すに違い無いのは・・ド・シャソルネイはフレデリック・コサールのものでしょう。
 コサールのドメーヌものサン=ロマン・ブランも、豊かなコッテリとしたニュアンスで温かみが有り、美味しいですよね。傑作だと思います。コサールは、コンブ・バザンと言う東南向きの畑を持っていましたし、以前はマグナムのみのリリースで、サン=ロマン随一の畑とされる「スー・ル・シャトー」と言う畑のものをリリースしていました。ま...


2017 Maranges Bas des Loyeres
マランジュ・バ・デ・ロワイエ

14730
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
マランジュ
メゾン・プティ・ロワ
750ML 在庫 
¥4,850 (外税)
【こりゃぁ旨い!・・滑らかで豊かなブルゴーニュ・シャルドネの一つの世界観を達成しています!リアルワインガイド第64号の90~91ポイントと暫定点は破格の凄い評価!?】
 これ、相当に良い出来です!・・特に、「酸っぱいのが苦手」な方には、これほど美味しいと感じる白ワインは無いかもしれません。とても豊かで滑らかなシャルドネです。
 そもそも・・マランジュって、どこに有るかご存じでしょうか?
「・・知らん!」
でしょう?
 そう・・まさにコート=ドールの南の端です。ブルゴーニュの南の端では有りませんよ。コート・ド・ボーヌの南のドンケツです。昔は、
「コート・ド・ボーヌ=ヴィラージュ」
を名乗っていた2つの村が「マランジュ」のA.O.C.を名乗れるようになったんですね。
 まぁ、美味しいマランジュに出会うことは少ないですが、この斉藤さんのマランジュ・バ・デ・ロワイエ・ブランはその数少ない機会の一つになるでしょう。
 特に、noisy がセレクションするワインの多くは酸がしっかりしていますので、時に「酸っぱい」と感じ...


2017 Bourgogne Rouge Souvenir
ブルゴーニュ・ルージュ・スーヴニール

14725
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
メゾン・プティ・ロワ
お一人様1本限定
750ML 在庫 
¥3,550 (外税)
【こんなに艶やかな色彩のピノ・ノワールを日本人が造れるのか?!・・エレガント系、エキス系の強く無い酒質!素晴らしい出来です!】
 いや~・・素晴らしいですね~!アルコール分12.5度のブルゴーニュ・ピノ・ノワールです。・・いや、そんなアル分でエレガントなピノなど今やほぼ絶滅危惧品種ですよ・・。
 リアルワインガイド第64号ではこのキュヴェは掲載されず、少なくて飲めなかったド・スーザが掲載されており、87+~88+の暫定ポイントが付いています。
 まぁ、確かに・・テイスティングしてみることは出来るんですが、むしろ、このメゾン・プティ・ロワのワインを入手出来たことも奇跡では有りますし、後先は余り考えずに片っ端から開けてしまう noisy では有りますが、このペースで開け続けますと経営的に・・どうなの?・・とも言われかねませんので自重しています。
 これ、相当に美味しくて・・ドメーヌものなのかな?・・判りませんが、超エレガントなのにちゃんとコアが有って、じんわりと旨味の有るエキス味で、細やかなミネラリテ...


2017 Bourgogne Rouge de Sousa
ブルゴーニュ・ルージュ・ドゥ・スーザ

14726
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
メゾン・プティ・ロワ
750ML 在庫 
¥3,980 (外税)
【こんなに艶やかな色彩のピノ・ノワールを日本人が造れるのか?!・・エレガント系、エキス系の強く無い酒質!素晴らしい出来です!】
 いや~・・素晴らしいですね~!アルコール分12.5度のブルゴーニュ・ピノ・ノワールです。・・いや、そんなアル分でエレガントなピノなど今やほぼ絶滅危惧品種ですよ・・。
 リアルワインガイド第64号ではこのキュヴェは掲載されず、少なくて飲めなかったド・スーザが掲載されており、87+~88+の暫定ポイントが付いています。
 まぁ、確かに・・テイスティングしてみることは出来るんですが、むしろ、このメゾン・プティ・ロワのワインを入手出来たことも奇跡では有りますし、後先は余り考えずに片っ端から開けてしまう noisy では有りますが、このペースで開け続けますと経営的に・・どうなの?・・とも言われかねませんので自重しています。
 これ、相当に美味しくて・・ドメーヌものなのかな?・・判りませんが、超エレガントなのにちゃんとコアが有って、じんわりと旨味の有るエキス味で、細やかなミネラリテ...


2017 Cote de Nuits-Villages
コート・ド・ニュイ=ヴィラージュ

14727
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
コート・ド・ニュイ=ヴィラージュ
メゾン・プティ・ロワ
750ML 在庫 
¥4,950 (外税)
【より複雑でしっかりしていますが、エレガント路線に変更無しの2016年!2017年は飲めていませんが、リアルワインガイド第64号はそれぞれポテンシャル90点、90+点と高評価です!】
 斉藤さんのコート・ド・ニュイ=ヴィラージュです。これは村名クラスのワインになります。現状、単独の名称を名乗れていない村ですね。まぁ、出来ることならその辺のテクニカルも教えていただけると有難いなぁ・・と思いますので、是非インポーターさん、情報をくださいね。
 noisy が飲めたのは、デビューのヴィンテージの2016年ものです。2017年ものは・・自重しています。因みに、リアルワインガイド第64号では、
2016年 今飲んで 89 ポテンシャル 90 飲み頃予想 2019~2039
2017年 暫定点 89+ 90+
としています。
 素晴らしいA.C.ブルゴーニュのスーヴニール同様、アルコール分12.5度と言うエレガントスタイルです。全くスーヴニールの味わいの延長上に有りました。まぁ・・こちらのコート・ド・ニュイ=ヴィラージュ2016の方が先にリリースされて...


2016 Cote de Nuits-Village
コート・ド・ニュイ=ヴィラージュ

14728
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
コート・ド・ニュイ=ヴィラージュ
メゾン・プティ・ロワ
750ML 在庫 
¥4,950 (外税)
【より複雑でしっかりしていますが、エレガント路線に変更無しの2016年!2017年は飲めていませんが、リアルワインガイド第64号はそれぞれポテンシャル90点、90+点と高評価です!】
 斉藤さんのコート・ド・ニュイ=ヴィラージュです。これは村名クラスのワインになります。現状、単独の名称を名乗れていない村ですね。まぁ、出来ることならその辺のテクニカルも教えていただけると有難いなぁ・・と思いますので、是非インポーターさん、情報をくださいね。
 noisy が飲めたのは、デビューのヴィンテージの2016年ものです。2017年ものは・・自重しています。因みに、リアルワインガイド第64号では、
2016年 今飲んで 89 ポテンシャル 90 飲み頃予想 2019~2039
2017年 暫定点 89+ 90+
としています。
 素晴らしいA.C.ブルゴーニュのスーヴニール同様、アルコール分12.5度と言うエレガントスタイルです。全くスーヴニールの味わいの延長上に有りました。まぁ・・こちらのコート・ド・ニュイ=ヴィラージュ2016の方が先にリリースされて...


N.V.(2016) Altesse V.d.F.
アルテス V.d.F.

14184
自然派
白 辛口
フランス
サヴォワ
メゾン・プティ・ロワ
750ML 在庫 
¥3,580 (外税)
【わ~お!・・ジュラ・サヴォワを造る日本人はミロワールの鏡さんだけじゃなかった!美しい極薄緑の入った色合いを是非ご覧ください!】
 「ワイン造りはセンスだ!」と言い続けておりますが、良いですね~・・凄く良いです。
 詳細なご紹介の前に、揮発酸に対する noisy 的なスタンスを記載させていただきますね。
 基本、揮発酸由来のキツイ香り、余韻がサワーのようになってしまっているのはアヴァンギャルドだと評しています。個人的にはそれは有っても良いが、沢山ある表情の内の一つで、抜栓後に拡大して行かない・・つまり止まっていることを良しとしています。飲んでいて15分後にはほぼ「お酢」と言うのでは、ワインなのかお酢なのか判断つきませんから。
 なので、揮発酸が目立つ場合は、いつもそのように書いていますし、酷いものはご紹介や販売をしない場合も有ります。
 で、この「アルテス」ですが、
「全く揮発酸の気配無し!」
です。ピュアで中程度の押し出し、中域の膨らみを持っています。軽やかさに加え、中域に盛り上...