ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.09.25  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

チェルバイオーラ・ラ・サルヴィオーニ

イタリア Cerbaiola La Salvioni トスカーナ
● 心を震わす感動を与えてくれるワイン..。ブルネッロの中のブルネッロ..。そんな感じがします。エノロゴは「追っかけ」さえ出てきそうなアッティリオ・パッリです。
サルヴィオーニさんのワインは、リリース直後から美味しく戴けますが、真価を発揮するのはブルネッロで10年は掛かるでしょう。早めに飲んでも充分に美味しいので、その本質に迫ることはかなり難しいと思います。その前に、まず手に入れること...。それが一番難しい!


2008 Brunello di Montalcino Salvioni
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・サルヴィオーニ

9735

赤 フルボディ
イタリア
トスカーナ
モンタルチーノ
チェルバイオーラ・ラ・サルヴィオーニ
◆◆◆濃いブルーのエチケッタがやや擦れ気味で一部白っぽくなっています。ご了承くださいませ。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥14,350 (外税) 
【2008年は価格も実にリーズナブル!】
 何故か久しぶりの入荷になってしまいましたが、noisy も大好きな生産者で有り、昔から探し回って何とか入手しては、皆さんにご紹介させていただいていたサルヴィオーニです。その頃は正規のエージェントが無く、ブローカーを探しては入手していたものです。エノロゴはアッティリオ・パッリ。しなやかで深遠な味わいを造り出す天才です。

 2006年のブルネッロは、日本にはほとんど入ってきておらず、ブローカーを通じて何とか入手しました。探してみてください・・・アドヴォケイトでは、実はサルヴィオーニとしては2007年をも凌いで最高の97+ Pointsと言う評価です。

 まあ、このワインを「サクッ」と開けてしまう方はいらっしゃらないとは思いますが、少なくとも2016年頃までは手を付けない方が良いでしょう。その前でも美味しくは飲めますが、勿体無いし、何よりも本質が見えては来ません。

 2008年は91点と少し控えめな評価ですが、サルヴィオーニのブルネッロは「濃厚さで勝負しないエキスタイプ」ですので、

判りやすい濃厚さに対してのみ点を付けやすい評価者
になりますと、このような荒れた評価になる訳です。つまり、表面しか見てない・・・内面にまで目が行かない訳です。評価者は好みで判断するものでは無いはずなのに、だからそんな低い点を付けてしまった本当はポテンシャルの高かったワインに将来出合うと、

「私は間違っていた・・」
と云わざるを得なくなります。PKさんにしても今まで何度そうやったことか!・・・良い畑と良い生産者からは素晴らしいワインしか生まれないものです。
「ワイン自体が外交的でない硬い時期にテイスティングしているかもしれない」
と、いつも自分に言い聞かせながらの慎重なテイスティングは、慣れ、慢心とともにやってきます。なので、2008年のブルネッロはとてもリーズナブル、有り難い事だと思いましょう!是非ご検討ください。


2005 Brunello di Montalcino Salvioni
ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ・サルヴィオーニ

11434

赤 フルボディ
イタリア
トスカーナ
モンタルチーノ
チェルバイオーラ・ラ・サルヴィオーニ
■エージェント情報
「ラ・チェルバイオーラ」は、モンタルチーノの東に位置するワイナリー。オーナーであるジュリオ・サルヴィオーニ氏は、1985年からワイン造りをスタートしたそうです。
 ラ・チェルバイオーラは家族経営のワイナリーであり、所有する畑も約4haと大変小さなものとのこと。しかも、一定のクオリティに満たない年にはリリースが行われないこともあるので、生産量も年によって変動があり、その作品は希少なものとされています。
 畑ではボルドー液と硫黄以外は使用せず、徹底した収量制限を行い、凝縮感のあるブドウを育てるために手を尽くすとのこと。今回ご紹介するのは、ラ・チェルバイオーラの真骨頂「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」。2005年ヴィンテージのパーカーポイントは93点と流石の高得点!ラベルはいまだに手作業で貼り付けられているという話で、まさに真面目一徹な姿勢で造られていることがうかがえます。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥15,480 (外税) 
【再入荷はようやっと出て来た2005年!・・おそらく中々仕上がらなかったタイトに締まった素晴らしいヴィンテージなのでしょう!】
 何故か久しぶりの入荷になってしまいましたが、noisy も大好きな生産者で有り、昔から探し回って何とか入手しては、皆さんにご紹介させていただいていたサルヴィオーニです。その頃は正規のエージェントが無く、ブローカーを探しては入手していたものです。エノロゴはアッティリオ・パッリ。しなやかで深遠な味わいを造り出す天才です。

 2005年のブルネッロは、日本にはほとんど入ってきておらず、ブローカーを通じて何とか入手しました。探してみてください・・・アドヴォケイトでは、最高の評価だった2006年の97+ Points に対し、93Pointsと言う控えめな評価です。

 これは、2005年がようやく市場に出て来たと言う事を考えると、

「発酵・熟成が中々進まない、要素がギッシリ詰まったヴィンテージ!」

と言うことかなと思います。

 実際、サルヴィオーニではヴィンテージの進み通りにリリースされないこと、ロッソしか無い時も、ブルネッロしか無い時も有ります。そして、リリースされたとしても非常にタイトに締まっていて、しかもワイルドで、とてもまだ飲まない方が良いだろう・・などと思えるヴィンテージさえ有るんですね。そのワイルドな、要素たっぷりのブルネッロが10~15年経過した時、サルヴィオーニはブルネッロとして完成するんです。

 まあ、このワインを「サクッ」と開けてしまう方はいらっしゃらないとは思いますが、少なくとも2020年頃までは手を付けない方が良いでしょう。その前でも美味しくは飲めますが、勿体無いし、何よりも本質が見えては来ません。東京オリンピックの頃が最高でしょうか?

 このワインを購入するたびに、自分のために取っておこう・・などと考えてはいるものの、結局すぐ無くなってしまいます。なので、このところ随分と飲めてませんが、熟して完成したサルヴィオーニをまた飲みたいと思います。ご検討くださいませ。