ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.07.15 
Last Update 2021.07.15  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

フォンテーヌ=ガニャール

フランス Domaine Fontaine-Gagnard ブルゴーニュ
● フォンテーヌ=ガニャールの2018年です。いや~・・輝きを増しています!・・凄いです。上昇気流に完全に乗ったと言って良いと思います。しかも、

「下のクラスから上まで、神経を行き届かせた見事な仕上がり!」

でした!・・もっともグラン・クリュ3兄弟まではテイスティング出来なかったので、全18アイテム中15アイテムのテイスティングにおいての判断になります。ご了承くださいませ。


 どうでしょうか・・やはり、ガニャール・ドラグランジュとの合併が功を奏した一番の理由と言えるかと思います。エレガントだが希薄さがまだ見えた下のクラスも、充実した見事な味わいを見せています。そして、

「シャルドネのドメーヌだから・・仕方ないよね・・」

と、どこか、そのように想起させてしまうような部分も在ったかと思いますが、シャサーニュのピノ・ノワールの美味しさは別格になってきました。


 こうなって来ますと、シャサーニュの巨人と言えばだれもが思い浮かべるのが、「ドメーヌ・ラモネ」では有りますが、トップ・キュヴェの「モンラッシェ」「バタール=モンラッシェ」は飲めていないので除外させていただきますが、それ以外のシャサーニュ1級、シャサーニュ村名の各赤白については、

「確実にラモネ超えした!」

と申し上げておきましょう。

 クロ・デ・ミュレの繊細さが際立つ表情には鳥肌が立ってしまいます。良くご存じのはずのモルジョ・ブランの、気品溢れるアロマとオイリーなノーズ・テクスチュアには、いつまでも触れていたいとさえ思ってしまいます。・・いや、昨夜のマルトロワ・ブランも滅茶美味しくて・・・。赤もクロ・デ・シェヌの見事な完成度に感動させられましたし、パワフルなエネジーが漲るリュジアンも最高でした!

 で、さぞかし海外メディアも2018年のフォンテーヌ=ガニャールには驚いているに違いないと踏んで、勇んで検索をかけてみましたところ・・・いや、駄目ですね~。権威主義で価格通りのポイント付けしかできない・・しかも以前のヴィンテージの自身が付けた評価さえ、余り覚えてはいないんじゃないかと思えるような、非常に安易なレヴューが多く、

「全体的に相当にブラッシュアップしたフォンテーヌ=ガニャールの姿に誰も気付いていない!」

と感じました。


 まぁ・・ティム・アトキンさんのレヴューが多く見つかれば、少しは面白かったんですけどね。

 ですので、グラン・クリュクラスは書けませんが、それ以外のキュヴェにつきましては、しっかり書かせていただきますので是非ご覧くださいませ。

 2018年のフォンテーヌ=ガニャール、大いにお勧めさせていただきます!・・1級(を含む)以下は滅茶お買い得ですのでお見逃しなく!是非ご検討くださいませ。


 フォンテーヌ=ガニャールの2017年が入荷して来ました。少なかった2016年ものとは異なり2017年は量的にもしっかり出来た様です。

 このところのフィネスさんのブルゴーニュワインは、少なくとも5年前とは相当に景色が異なっています。

 確かにジョルジュ・ルーミエ、エマニュエル・ルジェと言った両巨頭のみが目立って良かった5年前で、申し訳ないがそれ以外は少し劣ると言った感じでした。

 しかしながらこの3年ほどの間に、本当に見違えるような美しいテクスチュアと果実を感じさせてくれるものに変化しており、このドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャールも、「激変」と言えるような変わり方をしています。

 最も昔からトップ・キュヴェ3つ(モンラッシェ、バタール、クリオ=バタール)には定評のある生産者で有った訳ですが、それらが持つ見事なミネラリティを、全てのキュヴェが持つようになったと言えます。

 大体にて・・noisy 自身が余り好きじゃ無かった訳ですから・・ね。別にnoisyが主旨替えをした訳では無くて、フォンテーヌ=ガニャールのワインが本当に美しい輝きをし始めたのが原因です。

 そう、少し話は脱線しますが、例えば色々有ったのでハッキリ言って嫌いだったデゾネイ=ビセイですら、今では、

「滅茶美味しい!」

と言ってる訳ですから・・あ、デゾネイ=ビセイのワイン、So2 の存在は極めて希薄ですよ。驚くほど使ってないはずです。


 また、フォンテーヌ=ガニャールは、シャサーニュ近辺に多くの畑を持っていますので、赤も白も有り、しかもそれぞれが今、非常に輝いています。So2 の使用量はデゾネイ=ビセイには叶わないですが、口にした時の高質さの判りやすさは「ぴか一」ですから、誰が飲んでも美味しい!・・と言える仕上がりかと思います。

 価格もまだ非常にリーズナブルでしょう?・・以前のイメージは一旦捨て、是非とも飲んでみて欲しい生産者です。・・あ、デパートさんなどで試飲会をやると一番売れる、評判の良いのがフォンテーヌ=ガニャールだそうですよ・・時代は変わっています。どうぞよろしくお願いいたします。
(写真は2017年のバタール=モンラッシェの健康そのもののシャルドネ)




 2017年は2016年と同じく4月末に霜の危険性があったが、藁を燃やしたりして予防をし、さらに風が強かったことも助け舟になって標高が低く湿気が溜まりやすいブルゴーニュクラスの畑で少し被害が出ただけだった。5月から6月の天候は素晴らしかったので開花期はスムーズに過ぎ、7月末に雨が降るまでずっと暑く乾燥していたので葡萄の成長はさらに加速し、収穫は9月初旬と2015年と同じくらい早くなった。収穫された葡萄は乾燥の影響で少しジュースが少なかったが健康状態は完璧で果皮は厚く梗も良く熟した。軽やかで飲みやすいヴィンテージになっているが予想よりもしっかりしており、フレッシュでエレガントなクラシックなブルゴーニュタイプになっている。

 
━━━━━
 昨年より復活し再度ご紹介させていただいたフォンテーヌ=ガニャールの2016年をご紹介させていただきます。

 2016年はご他聞に漏れず、霜害などで大きな被害を受けたブルゴーニュです。左の二枚の写真は、同日に撮影された畑ですが、霜で芽がやられた畑には、葉っぱすら・・伸びて来ていません。

 フォンテーヌ=ガニャールでは1/3~1/5ほどの仕上がりのようで、特にグラン・クリュはほんの少ししかできなかったようです。

 しかしながら仕上がって来たワインの出来には・・ビックリしました!..A.C.ブル・ブランでさえ・・村名並み以上の仕上がりを見せてくれましたし、しかも・・・こんな例えはどうかな?・・大丈夫かな?・・とは思いますが一応・・、そうですね、2015年までは「上品な絹ごし豆腐」だとするなら、その絹ごし豆腐にクリスタルのコーティングをし、様々なミネラリティを蒸着させたかのような表情をしています。

 まぁ・・やっぱりそんな例えは難しいでしょうか。言ってしまえばミシェル・ニーロンさんそっくり・・なニュアンスに、シャサーニュならではの柔らかで多彩なアロマ、表情を、ほんのりと植え付けたような感じ・・なんですね。

 これ、滅茶美味しいですよ!・・高級料飲店さんで受けるのも判る素晴らしい味わいでした。

 赤、ピノ・ノワールも2015年同様に素晴らしいです。

「2015年が少し甘めだ・・」

とお考えの方は、よりドライでピュアなのが2016年だとお考え下さると良いと思います。白ほどの変化振りでは有りませんが、非常にピュアです。

 2015年ものポマール・リュジアンの素晴らしさにはノックアウトされてしまいましたが、2016年ものは僅かしか入荷せず、残念ながらこのトップ・ワインは飲めていません。申し訳ありません。ですが、飲まれた方ならお判りの通り、

「ポマール・リュジアンの素晴らしさには脱帽!」

すること、間違い無いでしょう。


 数が無く、テイスティングの厳しい2016年フォンテーヌ=ガニャールでした。是非飲んでみてください。超お勧めの生産者です!

■エージェント情報
 2016年は4月末の霜で多くの畑が被害を受けたが、さらに北風が吹いていた影響で霜の範囲が広がって標高の高い1級や特級の畑でも被害が出てしまった。春から初夏にかけて雨が多く寒い日が続いてベト病も発生してしまい、その対処で通常7月中旬に終わる畑作業が8月初旬までかかった。

 夏の天気は素晴らしく収穫できた葡萄は悪くなかったが、霜の影響により区画ごとに収穫量にかなりの差がある。特にブルゴーニュルージュは2区画ある畑の片方がほぼ全滅してしまったので、通常20~24樽ほど造っているのに対して2016年はわずか4樽分しか造れなかった。

 全体的に見るとピノノワールよりシャルドネのほうが収穫量が減少しており、例年の1/3ほどになっている。近年の雹の影響による葡萄の木へのストレスで醸造当初はとても固かったが、マロラクティック醗酵が進むにつれてバランスが良くなってきて相対的には悪くないヴィンテージになっている。

━━━━━
 フィネスさん輸入のフォンテーヌ=ガニャールをご紹介します。昨年、かなり久しぶりにフォンテーヌ=ガニャールのACブル赤をご紹介させていただき、かなり好評をいただいています。

「こんなにエレガントでバランス良いとは思わなかった」

と言うようなご意見が多かったです。


 実はnoisyも2014年ものは幾つか飲ませていただいておりまして、それまでnoisy 自身がドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャールのワインに抱いていた印象を、一度再構築する必要が出て来たな・・と感じていました。

 その、それまでのフォンテーヌ=ガニャールのワインの印象はと言えば、

「上級のシャルドネ、モンラッシェやバタールは非常に良いが、それ以外は普通・・と言うか、エレガントでは有るかもしれないが密度不足で結果として薄いし妙な硬さが気になる。」

と言うものです。おそらく長いワイン歴をお持ちの皆さんの印象も近いものが有るかと思います。


 そんな状況でしたので、良年と思われる2015年こそは、経費を増やして・・(^^ フォンテーヌ=ガニャールのワインの真の姿のイメージを、自分なりにつかむ必要が有ると考えた訳でして、それなりに多いアイテムのテイスティングを行いました。


 結果、今まで自身が持っていたイメージを大きく覆す結果になりました。まぁ、フィネスさんからいただいているワインのコンディションに問題が無いのも大きな一因かと思いますが、一言で言うならば、

「超絶フィネス!非常に贅沢な味わい!」

と言えます。


 まぁ、このように言ってしまうのは非常に簡単ですが、それをちゃんと言葉にするのには、イメージを掴めるようにならないといけない訳でして、そのイメージを掴めたからこそ、そう書ける・・と言うことなんですね。


 シャルドネは言うに及ばず、実はピノ・ノワールも滅茶美味しくて感動しました。ぜひ素晴らしい2015年もののフォンテーヌ=ガニャールをお試しになられ、その結果・・ファンになっていただければと思います。


 このドメーヌは1985年に設立され、当主のリシャール フォンテーヌ氏はシャサーニュ モンラッシェ村の名家であるガニャール ドラグランジュ、ブラン ガニャールを一族に持ちます。所有する畑はシャサーニュ、ポマール、ヴォルネイ村に約10haで、コクがあり力強くてトロみのある白と、色調が濃く肉厚な赤を造っています。畑の土壌は基本的には粘土石灰質ですが、区画によって様々な特徴があり、それがワインのキャラクターに個性を与えています。葡萄の木の仕立てはギュイヨ式で、1株につき6~8房に制限します。

 収穫は全て手摘みで除梗は100%、醗酵前に低温浸漬を行います。アルコール醗酵は白の場合は228?の樫樽で、赤はコンクリートタンクで行います。温度調節には冷却パネルを使用し、白は最高15~26℃、赤は15~32℃で醗酵させます。ピジャージュ、ルモンタージュは1日2~3回でアルコール醗酵終盤はルモンタージュのみ行います。


 熟成は白は約12ヵ月、赤は約18ヵ月でいずれも228?の樫樽で行います。


 このドメーヌではフランス中央のCHERという地方の樫の木を自ら購入し、庭で2年間乾燥させてから樽業者に製造してもらっています。新樽率はブルゴーニュとヴィラージュが20%、1級と特級が30%になります。


2018 Chassagne-Montrachet 1er Cru Morgeot Rouge Special Set
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・モルジョ・ルージュ・スペシャル・セット

15582_15863
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール
ルーミエ&F.ガニャールスペシャルセットはお一人様どれか1セットのみ

■ 2018年のフォンテーヌ=ガニャールの赤は滅茶美味しいんですが、どうも信じていただけないようなので、無理矢理セットを組ませていただきました。
◆◆◆2018 Chambolle-Musigny Georges Roumier 750ML 1本との計2本、スペシャル・セットです。どなた様もスペシャル・セットはどれか1セットのみになります。1セット以上ご注文されますと、キャンセルさせていただきますのでご了承くださいませ。
■海外メディア情報
93 Points Tim Atkin
■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級モルジョに格付けされる「Les Brussonnes(レ ブリュソンヌ)」という場所に約0.23haの畑を所有。葡萄の植樹は1956年で小石の多い粘土質土壌です。若いうちは引き締まりのある固さがありますが、豊かなミネラル旨味と苦味のある力強い味わいで熟成させると真価を発揮します。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥23,840 (外税) 
【こちらはG.ルーミエ 2018 シャンボール=ミュジニー 1本と、フォンテーヌ=ガニャール 2018 シャサーニュ1級モルジョ赤との計2本スペシャル・セットです。赤果実が美味しいクロ・サン=ジャンに対しこちらは、黒果実が多く入ってくる重厚な味わいで見事です!・・ティム・アトキン氏は93ポイント!】
 だって・・こんなに違うんですよ?・・単にヴィンテージ背景がそうさせただけ・・とも言えなくもないですが、やはり2017年ものに見えて来ていた「集中感」の延長じゃないかと思うんですね。ガニャール・ド・ラグランジュの良い畑を得て、人的にも、畑的にも成長した可能性が高いと踏んでいます。やはり1年見ないと・・全然違うことが良く判ると思います。

 何せこの見た目ですから、誰も「フォンテーヌ=ガニャールのピノだね・・」などとは思わないはずです。

「ん・・シャンボール=ミュジニー・レ・シャルムかな?」

なんて言っちゃいますよ。

 ミネラリティの豊富さは、以前のヴィンテージの倍ほども有るかと思います。そして抜栓してからすぐ・・おいしいはずですが、そのミネラリティに保護され、時にこの時期は1週間なんてへっちゃらで持ってしまいます・・実験済みです・・ポマール・レ・リュジアンはだいぶ閉じこもってしまいましたけどね。こちらは全然大丈夫。ある意味、凄いバランスです。

 2018年もののフォンテーヌ=ガニャールは、村名以下が13度(パスグラ12.5度)、1級が13.5度と言う、理想的なアルコール度数です。ハッキリ言って・・揃いすぎ?・・どうやったんだろ?・・こんなにビターなのに・・畑で潜在アルコール度数を見て収穫しない限り、出来ない仕業では有りますよね?

 で、こちらは黒果実で、赤果実のクロ・サン=ジャンと見事に対比できます。むしろ複雑性が高いのはこちらのモルジョ、エレガンスと言うか、高域の複雑性が高いのがクロ・サン=ジャンで、比較してしまえばこちらがパワフル、あちらがエレガント・・と言えるかもしれません。

 ティム・アトキン氏は93ポイントで、シャサーニュの1級赤としては、かなりの評価だと言えます・・普通はこれだけ高く付けてはくれませんから。きっちりとポテンシャルでの判断のできる方だからこそ、この評価になるのでしょう。実はnoisy的には93.5点で、クロ・サン=ジャン、モルジョとも同ポイントと付けていました。まぁ・・これは、ボトルに残ったワインを何日も飲みますから若干の変化は有りますので、ほぼティム・アトキン氏と同じ評価だと言えます。

 とても美味しいと思います。是非飲んでみて下さい!お勧めします!


 以下は以前のレヴューです。
-----
【例えばこの2アイテム、モルジョとクロ・サン=ジャンは翌日に激変!・・でも一日目のエレガンスたっぷりの味わいも捨てがたい・・】

 「あ~・・noisy さんですね?・・いつもブログ、拝見させていただいてます~!面白いですよね・・参考にさせていただいてます~!」

 と、最近は良く言われるんですね。

「(ん?・・ブログ?)」

とは一瞬、思うんですが、

「(ん~・・確かにこれはブログ調だよな~・・ワイン屋のページには余り見えんかもしれないなぁ・・)」

と反省することしきりになっています。もっと軽く仕上げてしまえば楽ですし、経費も掛からないし、商売は楽だし、身体も空くんですけど、そうしてしまうと説得力が全くなくなりますから・・難しいものです。


 左の写真は村の南にある、結構に南端では有りますが、著名な畑の「モルジョ」です。修道院の有ったところですね。

 で、色合いを見てください。下の写真と比較しますと、やや濃い感じで黒みが入っているように見えるかと思います。

 下の写真は「クロ・サン=ジャン」。村の真上(西)に有る1級畑です。なので、この2つの1級畑はそれなりの距離が有ります。でも基本的にはどちらも赤も白も植えられています。

 モルジョは赤さのある、そしてやや重量感のある粘っこい粘土由来の表情を感じます。でもフォンテーヌ=ガニャールのピノですから超エレガントで超ドライです。むしろ軽やかさまで感じるはずです。

 クロ・サン=ジャンは北にレ・ショーメ、そのレ・ショーメの下がレ・ヴェルジェですから、石灰系のミネラリティがより強いです。やや明るい赤ですよね?・・相当に違うでしょう? 


 クロ・サン=ジャンはもちろん、エレガントで軽やかでフラワリーなアロマに軽妙で白っぽい石灰系のミネラリティを多分に感じます。このバランスが実に良くて、クイクイ飲めてしまうんですね。

 で、ところがです。1日目はそんなやや軽やかですが、モルジョの粘っこさとクロ・サン=ジャンの切れの良い味わいに満たされていました。それが2日目になると、滅茶膨らんでくるんですよ。モルジョの粘土はまるでクロワッサンのようにふんわりと膨らんで、サクッサクな・・でも表面に塗られたバター、もしくは載せたチーズのような粘っこさも感じさせてくれ、ワインだけで完成した見事な味わいに変化していました。

 クロ・サン=ジャンも果実と花のアロマに艶やかさが出て来て、モルジョの重量感を結構に削った感じに軽やかな果実が乗っかり、これもまた非常に良い感じに変わっていたんですね。

 この2つを比較すると、村の北側の、結構に白っぽい石灰が強い畑と、赤さが表情に出てくるテロワールが見事に判りますし、何より美味しい・・(^^;

 そしてモルジョは「とても深~~い表情」に一変しますので、さらに変化して行く表情を拾い上げ、救い上げて楽しむことが出来るんですね。

 1級畑が大台を超えずに飲めるのは、そろそろ最後かもしれません。是非・・この超絶にドライでエレガントなピノ・ノワール、飲んでみて欲しいと思います。お勧めします!


2018 Pommard Premier Cru les Rugiens Special Set
ポマール・プルミエ・クリュ・レ・リュジアン・スペシャル・セット

15582_15862
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ポマール
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール
ルーミエ&F.ガニャールスペシャルセットはお一人様どれか1セットのみ

■ 2018年のフォンテーヌ=ガニャールの赤は滅茶美味しいんですが、どうも信じていただけないようなので、無理矢理セットを組ませていただきました。
◆◆◆2018 Chambolle-Musigny Georges Roumier 750ML 1本との計2本、スペシャル・セットです。どなた様もスペシャル・セットはどれか1セットのみになります。1セット以上ご注文されますと、キャンセルさせていただきますのでご了承くださいませ。
◆◆◆■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。葡萄の植樹は1985年で所有畑の面積は約0.22ha、小石の多い粘土質土壌で傾斜のある区画です。色合いは深紅でブラックベリーのような濃厚なフルーツのアロマ、タンニンも力強く、骨格のしっかりしているワインです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥27,470 (外税) 
【こちらはG.ルーミエ 2018 シャンボール=ミュジニー 1本と、フォンテーヌ=ガニャール 2018 ポマール1級レ・リュジアン 1本との計2本スペシャル・セットです。流石にポマール随一の畑、リュジアン!・・パワフルさ、複雑性が半端無いです!心地良いスパイスに翻弄されます!】
 すみません・・ティム・アトキン氏の評価が見当たりませんでした。ヴィノスで評価していましたが、掲載に値しない評価だと判断しましたので入れませんでした。

 2017年ものと比較しても一段と磨きの掛かったリュジアンでした。このノーズに漂う中程度の軽さの存在から、

「あ・・リュジアン・・かな?」

みたいなスパイシーさを感じさせてくれます。ちょっと肉々しく、少しだけワイルドで、

「焼肉とか、バーベキューには最高だろう!」

と思わせてくれます。鳥系だと少しワインが勝ってしまう感じ・・それほどに2018年ものは充実しています。


 ティム・アトキン氏の評価は見当たりませんでしたが、おそらく評点を出しているはずで・・ちょっと気になりますね。noisy的には93.5~94ポイントと感じていました。なので・・

「フォンテーヌ=ガニャールのnoisy的評価は相当上がっている!」

とお考え下さい。

 少し置いた方が良いですよ・・リュジアンだけは!ご検討くださいませ。滅茶安いと思います!


 以下は以前のレヴューです。
-----
【超繊細系のポマール・リュジアン!・・2017年ものは膨らみが出てくるまで少し待ちましょう!】

 超繊細系のポマールの寵児、リュジアンです。ポマール的な土っぽさとは無縁の、ハイトーンに伸びて行くアロマが特徴とも言えます。

 このフォンテーヌ=ガニャールは100%除梗と聞いていたんですが・・どうなんでしょう?・・ちょっと変わって来たんじゃ無いかな?・・気のせいか?・・とにかく、何の証拠も無いので迂闊なことは言えませんが、結構に自然派に寄って来ている気がします・・特にピノは。なので、100%除梗でこんな風に・・と言う点で、ちょっと疑問が無い訳では有りません。

 で、リュジアンは決して重みに長けたワインでは無いんですが、ここまでエレガントに仕上がるのは別の意味でビックリです。

 軽やかでフラワリー、繊細な糸を織り込んだかのような見事なテクスチュアです。そしてものの見事に「ドライ」です。全く土臭さが無く、圧を掛けずに軽く絞った結果としてのエレガンスなのかな?・・と感じました。

 そう、どちらかと言えば、ハイツ・ロシャルデのリュジアンにも似ていて・・ただしあちらは全房発酵が間違いない・・フォンテーヌ=ガニャールは100%除梗ですし、そのニュアンスもちゃんとは有るものの、似ているんですね~。

 ヴォルネイ・クロ・デ・シェヌ2017年の超絶に美味しいバランスに比較すると、まだまだこのドメーヌのトップ・キュヴェたる2017年リュジアンの成長は、ポテンシャルをたっぷり感じるものの、少し遅い感じです。2015年ものは最初から美味しかったんですけどね。

 なので、軽やかなバランスで美味しく飲むには、この先2~3カ月は置くべきかと思います。そして徐々に押し出しや膨らみが出てくるはずですので、少なくとも2~3年はボトルで熟成させてください。

 ただしこのワイン、だいぶ昔に飲んだロベール・シリュグの2008年のグラン=ゼシェゾーと同類のものを感じましたので、秘めているものは大きそうで、膨らみも「突然に」やってくると思います。ご検討くださいませ。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【!】

 余りに少なく・・でも2015年ものも少し前に再入荷しましたので、一旦落ち着いてはいます。しかし何度も言いますが、2015年のリュジアン、物凄いワインです。2016年ものは少なすぎて今のところ飲めていないので、お勧めし切れずに・・残念な状況です。どなたか人柱になっていただけますと幸いです。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【超絶にエレガントで滅茶ゴージャスです!このフォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワール、是非とも一度トライされてください!】
 いや~・・驚きました。フォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワールがここまで旨いとは思いませんでした。長い間飲んでいなかったとは言え・・と言うか、余りに初期のイメージが良く無かったのが響いたことも有りますし、エクスクルーシヴを持つエージェントさんとの付き合いがちょうど無かったことも有るかと思います。

 それにしても、

「あの、紙を加えたままピノを飲んでいるかのようなイメージ」

は何だったんだろう・・と思ってしまうほど・・の超絶なエレガンス、フィネスです。


 左の写真は上から順にポマール・レ・リュジアン、シャサーニュ=モンラッシェ、ACブルゴーニュになります。色合いなどぜひご覧くださいませ。

 勿論ですが上級キュヴェほど、その造り手の真の姿を映し出しますが、さりとて下級キュヴェもその延長上になければ飲み手の理解は深まらず、しかも、

「・・高いクラスだけ美味しくてもね・・駄目だよね・・」

と言うような、余り良く無いイメージを植え付けてしまいます。最初に言わせていただきますが、下から上まで、ちゃんと統一され、造り手の意思が全てのワインにキッチリ現れています。


 ポマール・レ・リュジアンは、言わずと知られたポマールのテート・ド・キュヴェ(トップワイン)です。濃密ながらエレガンス、複雑性とも、他の1級畑ものを引き離すと理解されています。

 この非常に淡く美しい色合い・・感動的ですよね。やや黒みを深く持つシャサーニュ=モンラッシェとも、大きく異なる色合いで、ポマールの1級畑が持つ上品さを見せてくれているように思います。


 で、このレ・リュジアン2015年ですが、ビックリするほどの超絶なエレガンスとフィネスを感じさせてくれます。しかも、

「まったく濃く無い!」

です。しかし、ちゃんとキッチリエキスが出ています。これ、どういう事かと言いますと、


「最適な状態に熟した葡萄のみを使用し、ほぼ圧力を掛けずに優しく絞った、非常に贅沢な味わい」

なんですね・・。



 例えば日本酒でも、モロミを絞る時に、ギューっと強い圧力を掛けて、最後の最後まで絞ったら・・どうなるでしょう?・・渋みやエグミ、雑味が出てしまいますよね。でもその分、量が沢山造れる訳です。

 ワインも同じです。絞れるだけ絞ってしまうと、そりゃぁ量は出来ますが、雑味の多い味わいになってしまいます。

 このワインからは、そんな雑味は感じられないどころか、一点の曇りのない美しい姿のみを感じさせてくれます。


 勿論ですが、葡萄の質が良く無ければ、醸造も、絞りも全く意味が有りませんが、

「上質で健康な葡萄だけを使用している・・と感じさせてくれる高質感」

が感じられます。


 なので、今飲んでも滅茶苦茶美味しい!・・しかし、こんなもんじゃないんですよね・・実際は。このワインが熟してきますと豹変するはずなんですね・・だって、素性が滅茶苦茶良いんですから。


 むしろ今は、その姿は「淡泊」に感じられるかもしれません。・・そう、強さは全く無いに等しいほど、スムーズな飲み口なんです。でも少し飲めば判るでしょう・・

「・・これ、只者じゃぁ無いぞ・・」

と言うニュアンスがヒシヒシと伝わってくるはずです。


 言わば、例のルイ・ユエランのような、余り饒舌では無いタイプなんです。非常に贅沢な、葡萄の芯の部分だけをワインにしたような感じです。なので、

「ガシッとした味わいが好きな方にはもしかしたら向かない」

かもしれませんが、

「シルヴァン・パタイユのフルール・ド・ロゼが非常に美味しいと感じられる方には、これ以上無い味わい!」

と感じていただけると思います。


 いや・・贅沢ですよ、これ。最高の贅沢です。高名な生産者のレ・リュジアンが雑に感じてしまう人もおられると思います。それほどまでにこの表情は素晴らしいです。やや高額では有りますが、

「こんなワイン、レストランさんで飲みたいよなぁ・・」

と思っていただけると思います。



 二番目のシャサーニュ=モンラッシェの赤は、レ・リュジアンとはテロワールが全然違うことが色合いからも判ると思います。軽やかなレ・リュジアンに比較し、しっかり強い粘土とシャサーニュらしい強い果実感が特徴です。

 しかしながらレ・リュジアンと同様に非常にエレガントでフィネス感たっぷりです。粘土由来の重厚さを第一に考えるのでしたらこちらのシャサーニュ=モンラッシェ赤をお勧めします。価格もよりリーズナブルですし、

「他の生産者のシャサーニュ=モンラッシェ赤のような鈍重さが無い」

のが特徴です。強い抽出をせず、フェザーのように軽くしか圧を掛けていない感じを受けます。アメリカン・チェリーやブラック・ベリー風の果実味が、非常に高質に感じられます。美味しいです。


 最後はA.C.ブルゴーニュの赤ですが、これはやはりフォンテーヌ=ガニャールのエレガントスタイルを見事に表現できていますので、


「もし、レ・リュジアンやシャサーニュに手を出すのが怖いのなら・・」

このACブルを飲んでみるのが良いかと思います。


 勿論、レ・リュジアンの超絶なエレガンスや、シャサーニュらしい重厚なピノの味わいをエレガントに表現できてはいないです。

 しかし、テクニカルにあるように、ヴォルネイとシャサーニュに有るACブルの区画のブレンドですので、これ、かなりバランスが良いんですね。ヴォルネイが持つ雅さとシャサーニュが持つ大きさや重量感をブレンドしており、しかも、フォンテーヌ=ガニャールの質の良い葡萄とゴージャスなワイン造りにより、とてもエレガントにチェリー風味をエキス味で表現してくれます。

 2014年も美味しかったですが、2015年ものも負けずに・・いや、それ以上に旨いです。


 2015年ものは3アイテム、ご紹介させていただきました。どうしても上級キュヴェのレ・リュジアンの記事の比重が大きくなってしまいますが、これは仕方が無いです。滅茶素晴らしいですから。

 でも、例えば濃密さ、凝縮感命の方が飲まれたら・・

「ん?・・全然言うほどじゃ無いじゃん!」

と怒りを覚えるかもしれませんよ。それほどまでにエレガントなんです。


 濃いものはアバタを隠せます。でも淡いものは隠しようが無いんです。少しの汚れも浮き上がらせてしまうんです。だから淡いワインは造るのが非常に難しいんです。濃いものは最初から濃く造るつもりなら出来ますし、アバタも隠せる訳です。


 素晴らしいピノ・ノワールでした。まだ飲まれていないようでしたら是非とも飲んでいただきたい逸品です。ご検討くださいませ。


「 Les Voillenots Dessus」の区画


 以下は2014年ブルゴーニュ・ルージュのレヴューです。
━━━━━
【ドライでピュア、柔らかでしなやかなエキス系の・・ストレートど真ん中に投げ込んだような高質ピノ・ノワールです!】

 いつ以来なのか・・覚えていないほどですが、フォンテーヌ=ガニャールのワインをご紹介します。へそ曲がりの noisy は、シャルドネでは無くてピノ・ノワールです。

 おそらくシャサーニュ村近郊の畑産と思われる、柔らかでしなやかなテクスチュアを持った秀逸なピノ・ノワールです。シャサーニュ系のピノに有りがちな「甘いピノ・ノワール」では無く、しっかり完全発酵させたドライでエキシーな味わいです。

 やや赤いフラワリーさを感じるノーズにチェリーの果実、粘土がいっぱい・・と言うよりは、白い石灰が透けて見えるような美しい色調、口内を「もっさり」させてしまうような重ったるさも無く、しかししなやかで伸びの良い味わいです。ほんのり煙のようなアロマに石のヒントも高貴さを感じさせてくれます。

 まぁ、シャサーニュの赤は、良いのに当たると滅茶美味しいんです。例えばニーロンさんちの1級の赤などは、非常に少ないし余り評価されていないですが・・時折ご紹介させていただいてますのでご存知ですよね。妙に鉄っぽく重さの有るムルソー赤とも違い、もう少し低域に厚みの有る重厚さが出やすいワインです。

 その辺りの処理が、むしろこのドメーヌが伝統的な造りを続けてきたやり方に、非常にマッチしていると思われますが、滅茶心地良いんですね。これ、とても面白いポイントでして、シャルドネの造り手なのにピノ・ノワールの方が安定して美味しい・・ありゃ・・こんなこと書いちゃうと怒られちゃうかな?・・そのまま誰にも言わずに黙っててくださいね。

 このドメーヌのシャルドネは、滅茶出来が良いものと垢抜けないものが同居していまして、中々に選択が難しいんですね。しかも、出来が良いものが毎年一緒・・と言う感じでも無く、ただ、上級キュヴェは総じて出来は良いです。中級クラスが今一つの場合、もしくは良いものと、もう少し安いなら・・とか、もうちょっと頑張ってくれよ・・みたいななのが混じる感じで、中々にね・・ムズイんですね。・・内緒の話しです。なので当たると・・

「フォンテーヌ=ガニャールのシャルドネってこんなに素晴らしいの?」

と驚く羽目になります。なのに・・ACブルは毎年非常に安定感が有ります。

 これなら納得していただけるだろう・・と言う魂胆でのご案内です。ぜひ飲んでみて欲しいと思っています。ご検討くださいませ。



収穫時の「Les Longbois」の区画


2018 Batard-Montrachet Grand Cru Special Set
バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ・スペシャル・セット

15588_15850
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール
ルーミエ&F.ガニャールスペシャルセットはお一人様どれか1セットのみ

■ 2018年のフォンテーヌ=ガニャール白は評判通り滅茶美味しいんですが、どうも手が出せないようなので、無理矢理セットを組ませていただきました。
◆◆◆2018 Chambolle-Musigny Georges Roumier 750ML 1本との計2本、スペシャル・セットです。どなた様もスペシャル・セットはどれか1セットのみになります。1セット以上ご注文されますと、キャンセルさせていただきますのでご了承くださいませ。
■エージェント情報
 シャルドネ種100%。最も古い木は1930年に植樹されたもので南西~南東向きの緩やかな斜面の粘土質と砂泥が混ざりあった畑に3つの区画を所有、合計面積は約0.3haになります。白い花や甘い柑橘系果実のアロマ、肉厚な果実味と酸味、たっぷりとした旨味の余韻が長い味わいです。クリオ=バタールよりも熟成に少し時間を要します。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥93,800 (外税) 
【こちらはG.ルーミエ 2018 シャルム=シャンベルタン 1本とフォンテーヌ=ガニャール 2018 バタール=モンラッシェとの超スペシャル・セットです。ティム・アトキン氏95ポイント、アドヴォケイト・ヴィノス94ポイント、バーガウンド93ポイント!】
 ティム・アトキン氏はバタールがモンラッシェを抑えてトップ・評価と言うことでしょうかね。モンラッシェと言うワインは大変に気まぐれですから、へそを曲げてしまうとバタールに負けてしまうことは良く起こり得ます。何度かそんな経験もしました。ですが、物凄く良く出来たバタールとモンラッシェは全くの同格と言えます。区別付かないんですね。ラ・ターシュにおけるレ・ゴーディショ・オ・ラターシュみたいなものです。

 ですが、価格もモンラッシェの半分ですし・・これはかなりお買い得なんじゃないでしょうか?・・でも、海外メディアにも頼れないとすると・・noisy が飲むしか無いか・・とも感じますが、大赤字になってしまうので実現しないだろうなぁ・・すみません・・。


 以下は以前のレヴューです。
-----
【ル・モンラッシェには僅かに及ばなかったが・・実質、ル・モンラッシェ同等と見て良いはず!海外は4万円ですから・・ここは狙い目?】

 ほぼほぼ全てのメディアが95ポイントで揃ったバタール=モンラッシェです。・・いや、1級マルトロワで充分、それに近い感じは取れましたけど・・。

 まぁ、バタールと言うのは「庶子」と言う意味ですから、「そっくり」と言う意味を込めている訳ですね。でも、数年前までならフォンテーヌ=ガニャールのモンラッシェは緊張感が漲るタイプだとは思わなかったと思いますが、2017年もののフォンテーヌ=ガニャールのシャルドネを飲むに付け、「化け物!」に近いものを想像してしまいます。ご検討くださいませ。

95 points Allen Meadows Burghound
95 points Decanter
95 points Robert Parker's Wine Advocate
95 Points Jasper Morris Inside Burgundy
93-95 points Vinous
94 points John Gilman

以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【このトップ・キュヴェ3アイテムは相当に評価が高いです!】

 え~・・いつか飲んでやろうと虎視眈々と狙っていますが、さすがにこのクラスともなりますと、如何にnoisy が浪費家でもそう易々とは開けられません。

 しかし、昔から上級キュヴェの素晴らしさには定評が有ったフォンテーヌ=ガニャールですが、2015年ものの1級、村名シャルドネを飲みますと、


「以前の妙な硬さはどこへやら。超エレガントで柔らかく、いつ飲んでも美味しいに違いない・・」

と思わせてくれます。


 2015年のル・モンラッシェは、ヴュー・フロム・ザ・セラーのジョン・ギルマン氏が98ポイント。この方はブルゴーニュ専門ですが、評判は良いようです。noisy は余り知らない評論家さんです。また、ワイン・アドヴォケイトは94~96 ポイント、厳しいので有名なバーガウンドのアラン・メドウズ氏は94ポイントです。

 モンラッシェと言うワインは、気難しさは人一倍ですが、やはりあの漲る緊張感、熟成時の膨大なフレーヴァーに出会えたなら、どんなピノ・ノワールも吹っ飛んでしまうと思わせる凄みが有ると思います。


 2015年のバタール=モンラッシェは、ジョン・ギルマン氏が96ポイント、デカンター誌とアラン・メドウズ氏が93ポイントと言う評価が見当たりました。

 このバタール=モンラッシェは「モンラッシェの庶子」と言われるほど瓜二つ・・と言われます。凄いバタールに出会うのは、滅多に当たらないモンラッシェを飲むより確率が高いとも・・(^^ 言われてます。まぁ、このようなシャルドネの最高峰を開けるときこそ、

「時間をたっぷり使える時にこそ開けましょう!」
「もしくはリリース直後にそのポテンシャルの素晴らしさを味わってしまいましょう!」

と言うのが良いかと思います。中途半端な時期に抜栓してしまいますと、まったく死んだようにうんともすんとも言わず、

「・・騙された~!」

と・・やりきれない思いをすることになります。


 だから何とかその結果を他の人の性にしたいところが人間の性では有りますが、それは自分の性なんですね。気を付けましょう。


 2015年のクリオ=バタール=モンラッシェは、ワイン・アドヴォケイトのニール・マーティン氏が92~94ポイントとしています。すでに上級キュヴェを飲まれた担当さんの話しでは、

「クリオは今飲んでも滅茶開いていて美味しい。」

とのことです。


 バタールとモンラッシェは似た性格で、少し締まっているようです。まぁ、noisy に嗾けられたからと言って、さっさと開けてしまう方はいないと思いますけど!

 そんな訳で、希少な世界を代表するシャルドネ3品をご紹介させていただきました。ぜひご検討くださいませ。noisy もこのどれかを・・今年中に何とか開けたいと思っています。


緩やかな傾斜の区画


2018 Batard-Montrachet Grand Cru Special Set
バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ・スペシャル・セット

15577_15850
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール
ルーミエ&F.ガニャールスペシャルセットはお一人様どれか1セットのみ

■ 2018年のフォンテーヌ=ガニャール白は評判通り滅茶美味しいんですが、どうも手が出せないようなので、無理矢理セットを組ませていただきました。
◆◆◆2018 Chambolle-Musigny Georges Roumier 750ML 1本との計2本、スペシャル・セットです。どなた様もスペシャル・セットはどれか1セットのみになります。1セット以上ご注文されますと、キャンセルさせていただきますのでご了承くださいませ。
■エージェント情報
 シャルドネ種100%。最も古い木は1930年に植樹されたもので南西~南東向きの緩やかな斜面の粘土質と砂泥が混ざりあった畑に3つの区画を所有、合計面積は約0.3haになります。白い花や甘い柑橘系果実のアロマ、肉厚な果実味と酸味、たっぷりとした旨味の余韻が長い味わいです。クリオ=バタールよりも熟成に少し時間を要します。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥152,800 (外税) 
【G.ルーミエ、2018ボンヌ=マールとの偉大なワイン・スペシャル・セットです。ティム・アトキン氏95ポイント、アドヴォケイト・ヴィノス94ポイント、バーガウンド93ポイント!】
 ティム・アトキン氏はバタールがモンラッシェを抑えてトップ・評価と言うことでしょうかね。モンラッシェと言うワインは大変に気まぐれですから、へそを曲げてしまうとバタールに負けてしまうことは良く起こり得ます。何度かそんな経験もしました。ですが、物凄く良く出来たバタールとモンラッシェは全くの同格と言えます。区別付かないんですね。ラ・ターシュにおけるレ・ゴーディショ・オ・ラターシュみたいなものです。

 ですが、価格もモンラッシェの半分ですし・・これはかなりお買い得なんじゃないでしょうか?・・でも、海外メディアにも頼れないとすると・・noisy が飲むしか無いか・・とも感じますが、大赤字になってしまうので実現しないだろうなぁ・・すみません・・。


 以下は以前のレヴューです。
-----
【ル・モンラッシェには僅かに及ばなかったが・・実質、ル・モンラッシェ同等と見て良いはず!海外は4万円ですから・・ここは狙い目?】

 ほぼほぼ全てのメディアが95ポイントで揃ったバタール=モンラッシェです。・・いや、1級マルトロワで充分、それに近い感じは取れましたけど・・。

 まぁ、バタールと言うのは「庶子」と言う意味ですから、「そっくり」と言う意味を込めている訳ですね。でも、数年前までならフォンテーヌ=ガニャールのモンラッシェは緊張感が漲るタイプだとは思わなかったと思いますが、2017年もののフォンテーヌ=ガニャールのシャルドネを飲むに付け、「化け物!」に近いものを想像してしまいます。ご検討くださいませ。

95 points Allen Meadows Burghound
95 points Decanter
95 points Robert Parker's Wine Advocate
95 Points Jasper Morris Inside Burgundy
93-95 points Vinous
94 points John Gilman

以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【このトップ・キュヴェ3アイテムは相当に評価が高いです!】

 え~・・いつか飲んでやろうと虎視眈々と狙っていますが、さすがにこのクラスともなりますと、如何にnoisy が浪費家でもそう易々とは開けられません。

 しかし、昔から上級キュヴェの素晴らしさには定評が有ったフォンテーヌ=ガニャールですが、2015年ものの1級、村名シャルドネを飲みますと、


「以前の妙な硬さはどこへやら。超エレガントで柔らかく、いつ飲んでも美味しいに違いない・・」

と思わせてくれます。


 2015年のル・モンラッシェは、ヴュー・フロム・ザ・セラーのジョン・ギルマン氏が98ポイント。この方はブルゴーニュ専門ですが、評判は良いようです。noisy は余り知らない評論家さんです。また、ワイン・アドヴォケイトは94~96 ポイント、厳しいので有名なバーガウンドのアラン・メドウズ氏は94ポイントです。

 モンラッシェと言うワインは、気難しさは人一倍ですが、やはりあの漲る緊張感、熟成時の膨大なフレーヴァーに出会えたなら、どんなピノ・ノワールも吹っ飛んでしまうと思わせる凄みが有ると思います。


 2015年のバタール=モンラッシェは、ジョン・ギルマン氏が96ポイント、デカンター誌とアラン・メドウズ氏が93ポイントと言う評価が見当たりました。

 このバタール=モンラッシェは「モンラッシェの庶子」と言われるほど瓜二つ・・と言われます。凄いバタールに出会うのは、滅多に当たらないモンラッシェを飲むより確率が高いとも・・(^^ 言われてます。まぁ、このようなシャルドネの最高峰を開けるときこそ、

「時間をたっぷり使える時にこそ開けましょう!」
「もしくはリリース直後にそのポテンシャルの素晴らしさを味わってしまいましょう!」

と言うのが良いかと思います。中途半端な時期に抜栓してしまいますと、まったく死んだようにうんともすんとも言わず、

「・・騙された~!」

と・・やりきれない思いをすることになります。


 だから何とかその結果を他の人の性にしたいところが人間の性では有りますが、それは自分の性なんですね。気を付けましょう。


 2015年のクリオ=バタール=モンラッシェは、ワイン・アドヴォケイトのニール・マーティン氏が92~94ポイントとしています。すでに上級キュヴェを飲まれた担当さんの話しでは、

「クリオは今飲んでも滅茶開いていて美味しい。」

とのことです。


 バタールとモンラッシェは似た性格で、少し締まっているようです。まぁ、noisy に嗾けられたからと言って、さっさと開けてしまう方はいないと思いますけど!

 そんな訳で、希少な世界を代表するシャルドネ3品をご紹介させていただきました。ぜひご検討くださいませ。noisy もこのどれかを・・今年中に何とか開けたいと思っています。


緩やかな傾斜の区画


2018 Bourgogne Blanc
ブルゴーニュ・ブラン

15860
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

◆◆◆実は超希少なA.C.ブル・シャルドネです!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥4,350 (外税) 
【レアなA.C.ブル!価格以上のものを感じていただけます!】
 是非、あの滅茶美味しかったドミニク・ラフォンのA.C.ブル2017と比較してみて欲しいと思います。シャサーニュのエレガンスを、ドミニクのA.C.ブルとほぼ同等の集中力で、異なる表現をしているのが判ると思います。ミネラリティの豊富さとシャサーニュ=モンラッシェの高貴さ・・それに尽きると思います。

 時間切れになってしまったので・・すみません。6本だけです。



 以下は以前のレヴューです。
-----
【!】


 今回は・・飲みませんでした。非常に引きの強いシャルドネなんですね・・なので、減らしてしまうのを恐れて・・上のクラスをテイスティングしています。

 感覚的には・・今までの感じだと、シャサーニュ=モンラッシェとさして変わらない感じ・・だと思ってもらって良いかもしれません。


 因みに全文は掲載できませんが、バーガウンドはこんな感じの評価です・・このクラスに点は付けないんですよね・・ズルいな~。

 マッチ棒、洋ナシ、リンゴの香り、そして少量のペトロール、レモンのような柑橘、リッチで活気のあるジューシーなフレーバー。これは比較的まれな出来のブルゴーニュで見逃すこと無く・・云々


 飲んでみてください。美味しいはず・・です!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【滅茶素晴らしいです!質感の高さに震えるでしょう!確実に村名クラス!2016年のフォンテーヌ=ガニャール白は、ミシェル・ニーロン+アルファ!】

 実は激レアに近いのがこのフォンテーヌ=ガニャールさんちのA.C.ブルゴーニュ・ブランです。noisy もようやっと分けていただけた感じです。おそらく、めちゃ美味しいし価格もリーズナブルなので、レストラン・ユースで引っ張りだこなのでしょう。良くご存知の方なら・・もしくは、美味しいフレンチなどをご賞味される趣味の方なら、一度はこのワインを愛でたんじゃないかと思います。

 左のグラスの写真を是非ご覧ください。もう・・見ただけで判りますよね・・気品が映り込んでいるでしょう?・・まぁ、それは冗談だとしても、見事に美しい、淡い緑をまとった張力のあるイメージが湧いてくると思います。

 2015年ものも下から上まで、滅茶美味しかったんですが、・・いや、A.C.ブルは今回のご紹介が初めてですが、

「滅茶美味しかった2015年ものを軽~~く超えて来た、素晴らしい味わい!」

です。

 しかもこのA.C.ブルで充分に美味い・・!村名クラス以上の仕上がりだと思われます・・ホントですよ。嘘じゃないです。勿論そうは感じない方もいらっしゃるかもしれませんが、noisy 的には全く本気で言ってます。

 何せ、あのミシェル・ニーロンにも似たテッカテカの光沢の有る・・クリスタルでコーティングされたような表情を感じるニーロンさんのシャサーニュ・ワインに酷似していて、それにプラスして、そのコーティング上に柔らかく細やかな微細な表情が、見事に蒸着されているんですね・・。

 そうだなぁ・・超エレガントなムルソー・・・と言うようなニュアンスでしょうか?・・そもそもニーロンさんのシャサーニュ系のワインは、言ってみればシャサーニュらしくない、やや硬めのコーティングが有りますよね。一般的にはシャサーニュはどこか柔らかで、最初から砲身を開放状態の大砲・・みたいな、いつでもオッケー・・のようなニュアンスが有りますが、ニーロンさんにはそれは無く、そのコーティングが漏れてきて弾けた要素の美味しさを愛でる・・みたいなところが有ります。

 このブル・・・と言うか、2016年のフォンテーヌ=ガニャールさんの白に共通しているのは、そんなテカテカコーティングに加え、そのコーティング上に、先のシャサーニュ=モンラッシェ・ブランが持つ、柔らかな表情を、

「超繊細にほんの少しだけトッピング」

しているような感じなんですね。・・想像してみてください・・美味しく無い訳が無いですよね。


 バキバキに硬いルフレーヴさんのACブルも、何年かの熟成でまさにピュリニーそっくりなワインに成りますが、

「それは硬すぎるし平板すぎるでしょう?」

と言いたくなるような見事な球体の味わいが有ります。


 貴重なワインだと思います。飲んで色々と判って良かったですが・・飲んで数が減ってしまったことに残念な気持ちになると言う、とても複雑な気持ちです。是非飲んでビックリしてください!お勧めです。


2018 Chassagne-Montrachet Blanc
シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン

15859
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。「La Bergerie(ラ ベルジュリー)」や「 Les Voillenots Dessus(レ ヴワユノ ドゥシュ)」など7区画の葡萄を使用、葡萄の植樹は最も古い木で1960年、所有畑の面積は約1.7haになります。白い花やリンゴの香り、酸味は控えめでタッチも柔らかく、程よく甘味もあってオイリーで飲みやすい味わいです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥7,380 (外税) 
【ティム・アトキン氏は2017年ものアドヴォケイトの評価に1点加えて91ポイント!・・シャサーニュ白でこれは凄いです!】
 え~・・すみません・・時間が来ちゃいました。そろそろ新着を出さないと・・お客様に怒られてしまうので、余り書けません。

 ですが、

「史上最強のシャサーニュ=モンラッシェ・ブランはこれ!」

です。村名で91点なんて・・まず付かない点でしょう。

 本当は色々書きたいんですが、申し訳ない・・後で補完します。

 1級には確実に及ばないが、かなり接近戦には持ち込めるだけのポテンシャルがあると・・思ってください。お勧めします!



 以下は以前のレヴューです。
-----
【90 points! Robert Parker's Wine Advocate です!これは超お買い得!】

 余りに美味しい、切り裂きジャックみたいなマルトロワ・ブランのエレガンスを、僅かに「鈍角」に持って行って「飲みやすさ」に振ったバランスがこのシャサーニュ村名の白だと思ってください・・。そうしたら手を出しやすいでしょう?


 そもそもフォンテーヌ=ガニャールのシャルドネは、そんなには割り当てをもらえないんですよ。特に安いクラスは・・ブルゴーニュ・シャルドネやシャサーニュ村名は、レストランさんでもひっぱりだこのようで、需要が多いので・・ワイン屋はどうしたって後回しになってしまうのは理解出来ます。


 あ、そうそう・・昨今の新型コロナウイルスの性で、皆さんも自重気味・・でもそれだとこの先の経済状況が不安になってきてしまいますよね。

 ただし・・やることが無い・・(^^;; 営業職のあるお客様は、自宅でお仕事をしているとおっしゃってました。「テレワーク」と言うそうですが、会社に来てもらっても、またお得先に行ってもらっても困る・・と言うことだそうです。

「・・どうすりゃいいの?」

って感じですよね。


 まぁ、noisy のところはそんなことは無いですが、

「超美味しくてリーズナブルなのに・・お客様の引きが悪い・・どうすりゃいいの?」

と言うようなことは・・ここでも散々起こっています。


 氷のように冷ややかでテクスチュアは滑らか、質の高い柑橘と、僅かにそれらを勝るバランスで包み込む透明なミネラリティ・・伸びやかに香るアロマに、うっとりしていただけます。

「甘くてシャバっと拡散してしまうようなシャサーニュでは無い!」

です。是非ともご検討くださいませ。超お勧めです!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【べらぼうに美味しいです!・・でも数は有りません!】

 余りのACブル・ブランの美味しさにビックリしてしまいましたが、反面、

「・・でも、2016年のシャサーニュの白が普通の出来以下だったら困っちゃうなぁ・・」

と、まだ見ぬ上級キュヴェへの不安も持っていた noisy です。


 そりゃぁ・・そうです。テイスティングは下のクラスから順々に行って行くのが普通なんですが、それでも、中には飛び抜けて素晴らしいものが有ったりしますんで、A.C.ブル・ブランが2016年、たまたまそうだった・・と言うことなら、今まで皆さんにお伝えしてきた内容を修正しなくちゃならなくなってしまいますしね・・。


 ですが・・この村名シャサーニュ=モンラッシェも、言ってみれば、

「飛び抜けて素晴らしい!・・しかも特徴もバッチリ!」

なので、ヘタすれば1級クラスと同等・・などと言いたくなってしまいます。

 しかしながら数は本当に無く、出来れば飲んで数を減らしたく無かったのが本心では有りますが、まだ復活してから2年目ですんで、2015年ものを結構な数、テイスティングしたとは言え、天候の影響が厳しかった2016年もののチェックも怠れないと言うことで、村名も開けてみました。


 まさに・・A.C.ブル・ブランのコラムでも書きましたが、テクスチュアはまるでミシェル・ニーロン並みのテッカテカ、つっるつるのものです。

 しかもワインを口に入れる前の素晴らしいアロマにビックリです!ほんのりとオイリーなんですが、胡麻っぽい特徴的なアロマが、煙っぽさと一緒にノーズに飛び込んで来ます。スピードも有り、適度な柔らかさと硬さが交錯し、ミネラリティの豊富さを感じさせてくれます。口に含むと柔らかい酸はまん丸で、入った液体の表面張力をも感じます。ぷりっぷり・・なんですね。

 酸っぱい酸はほぼ無く、上品さ、気品が漂いつつノーズに抜けて行きます。マッタリとしつつ余韻は長くたなびき、柑橘系と非柑橘を上品に再現しながら消えて行きます。

 シャサーニュと言うよりは・・いや、シャサーニュでは有るんですが、もっとピュリニーっぽいし、滅茶苦茶上品で硬く無いムルソー・シャルムを飲んでいるかのようでも有ります。いや・・絶品ですね・・。今飲んでも充分に満足していただけるかと思います。これだと1級クラスの2016年が楽しみでは有るんですが、

「2~3本しか・・無い!」

ので・・ごめんなさい。・・村名でこれだけ美味しければ、価格上昇の抑えられた・・もしくは前年とほぼ同様ですので、1級クラスはべらぼうな仕上がりになっているでしょう。

 残りは5本ですので・・是非お早めにご検討くださいませ。お勧めします!



 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2018 Chassagne-Montrachet 1er Cru la Boudriotte
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ラ・ブードリオット

15854
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級ブードリオットに格付けされる「Les Fairendes(レ フェランド)」という場所に約0.8haの畑を所有。葡萄の植樹は古いもので1945年、小石が多く散らばる木目細かい粘土質土壌の南東向きの区画になります。白い花のアロマ、繊細さと力強さのバランスが素晴らしく、ストレートでカッチリとした味わい。ガニャール ドラグランジュの1級ブードリオットとの違いはこちらのほうが樽熟期間が短く、さらに新樽率が高いことです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,580 (外税) 
【ティム・アトキン氏はなんと・・クリオ=バタールと同じ94ポイント!・・まぁ、確かにラモネさんのブードリオットは超えてると思いますが・・】
 美味しいです。このブードリオットは、先代のラモネさんの思い入れの大きい畑でして、赤のクロ・ド・ラ・ブードリオットは特に、

「シャサーニュのロマネ=コンティ」

と言って憚りませんでした。残念ながら、noisy 的には、その意味をクロ・ド・ラ・ブードリオットからいただくことは出来ませんでしたが・・・。


 ラモネさんのワインも、最近は入手し辛いんですが、それでも時折何とか飲んでいます。2018年ものはラモネさんを完全に超えたと思える仕上がりです・・が、クリオ=バタールと一緒には、中々し辛いところでは有ります。

 noisy的には、93.5~94ポイントで、ある意味ティムさんと同じ評価です。ですので、

「相当に素晴らしい!」

のは間違い在りませんが、やはりクロ・デ・ミュレが忘れられないなぁ・・僅かな違いなのかもしれないけれど!・・でもブードリオットが持つ、細かい部分の表現・・その組成の複雑さから来るものなのでしょうが、ある意味、とても独特です。是非飲んでみて下さい。お勧めします!



 以下は以前のレヴューです。
-----
【ほぼほぼ・・ラモネさんのラ・ブードリオットと同じ評価です!】


 アドヴォケイトはラモネさんのラ・ブードリオットに93ポイント、フォンテーヌ=ガニャールには92ポイントと1ポイントの差を付けていますが、逆にヴィノスはラモネさんのラ・ブードリオットに91ポイント、フォンテーヌ=ガニャールに91~93ポイントです。

 なので・・結果は・・どうなんでしょうね。少なくとも我々にはプライスではかなり有利かと思います。因みにユベール・ラミーの2017年サン=トーバン・アン・ルミイィにヴィノスは94ポイント、付けてますが、


「スタイルは結構に異なる」

とも思いますし、でも、

「ラミーの硬質なクリスタル的ミネラリティのコーティングを2017年フォンテーヌ=ガニャールのシャルドネも持っている!」

と言ったら・・ビックリするかな?・・非常にフォンテーヌ=ガニャール、美味しいです。ご検討くださいませ。

91-93 points Vinous
92 points Allen Meadows Burghound
92 points John Gilman
92 points Robert Parker's Wine Advocate

以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【こちらは他の評価者が見当たりませんでした・・】

 まぁ、量の少ない年ならでは・・でしょうか。非常に少ないので、テイスティングも困難だったのか、noisy の探し方が悪いのか・・見当たりませんでした。すみません。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


 上の写真は緩やかな傾斜のカイユレの畑


2018 Chassagne-Montrachet 1er Cru Morgeot Blanc
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・モルジョ・ブラン

15855
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級モルジョに格付けされる「Les Brussonnes(レ ブリュソンヌ)」という場所に約0.23haの畑を所有。葡萄の植樹は1956年で小石の多い粘土質土壌です。若いうちは引き締まりのある固さがありますが、豊かなミネラル旨味と苦味のある力強い味わいで熟成させると真価を発揮します。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,580 (外税) 
【ティム・アトキン氏は93ポイントと、かなりの高評価です!・・noisy も高く評価しています!】
 実はですね・・このモルジョは、テイスティングの順番が早かったので・・偉いビックリしたんですね。もう、繊細なアロマ、煙とか石とか・・なんて精妙なんだと思ったものです。そのうえで、

「今までに無いほど集中している!」

と感じたので、全く勘違いをしてのテイスティングが始まってしまいました。

「モルジョの出来が滅茶良いんじゃないか?」

などと思っていたんですね。


 いや、それはとんでもない勘違いでした。モルジョは・・ある意味、2018年のフォンテーヌ=ガニャールの1級では、アベレージだったんですね・・(^^;; それほどまでに2018年のフォンテーヌ=ガニャールが素晴らしい・・そういうことなんです。

 ですので、1級シャサーニュ白は、どれを飲んでも納得していただけると思いますし、それぞれのテロワールの違いをクッキリと感じることができるはずです。

 ティム・アトキンさんは93ポイントで、93.5点のnoisy とほぼ同様です。滅茶美味しい!・・そして是非、柑橘果実の美味しさに触れてみて下さい。お勧めです!


 以下は以前のレヴューです。
-----
【ジョン・ギルマン氏は92Pointsでした。】

 少なくてとても飲めないので、テイスティング・レヴュワー達のポイントを掲載させていただきますね。

 ジョン・ギルマン氏は92Points、飲み頃 2018~2035と言う評価です。アドヴォケイトのニール・マーティン氏は91Pointsでした。2015年ものもほぼ同様です。




 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2018 Chassagne-Montrachet 1er Cru la Maltroie Blanc
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ラ・マルトロワ・ブラン

15858
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級マルトロワに格付けされる「Ez Cretz(エ クレ)」と「Les Rebichets(レ ルビシェ)」という場所に約0.8haの区画を所有。葡萄は1950~60年に植えられ、土壌はフィルター状の軽めの粘土質、日当たりが良く暖かい場所で葡萄の成熟が早いのが特徴です。シャサーニュ モンラッシェ1級の中でも酸味が柔らかく、凝縮感や余韻はそこまでありませんがバランス良いタッチの飲みやすさがあるワインです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,580 (外税) 
【写真で比較しても一目瞭然!・・緑掛った美しい黄色の濃度に、その集中力は描かれていると思います。】
 色々有りまして、二度も飲んでしまいましたので、良~く覚えていますよ。1万円で購入できる高質なシャルドネとして、全くのトップレベルと言って良い仕上がりです。以前はそんなご紹介は出来ませんでしたでしょう?・・そうなんですよ。

「2018年ものフォンテーヌ=ガニャールは以前と全然違う!」

のは間違い在りません。


 ティム・アトキン氏は92ポイントですが、noisy は93.0ポイントです。二度も飲んでいますんで・・ここはズレません。マッタリとした粘っこさ、オイリーさに柑橘がピュアに漂います。素直な味わいなので・・スッキリと果実だけを感じてしまうと低い点になってしまうかと思いますが、実は結構に・・複雑です。基本的には、素晴らしいモルジョと同格で、圧巻のクロ・デ・ミュレの出来には及ばないかな・・と思っています。

 ただし、どのワインも1級は6本しかないので・・もう早い者勝ちですみません。ここで一応、再度推させていただきますが・・


「2018年のフォンテーヌ=ガニャールは飲まなければいけないワイン!」

です。ご検討くださいませ。



 以下は以前のレヴューです。
-----
【激旨いです!ガラスを身にまとった甘露な柑橘フルーツが口内を切り裂いて入って来るかのようです!】

相当に旨い!・・です。テクスチュアはまるでユベール・ラミーのようにコーティングされたガラス、クリスタルで、しかも非常に冷ややかです・・から、

「口内が少し暖かい時に、超美味しい氷アイスを突っ込んだ感じ」

にも・・似ていると思います。


 ラミーのコーティング感の在るテクスチュアはそっくりでも、その後の振る舞いが異なります。ラミーはやはりそこでやや「ムッツリ」するんですよね・・。圧が凄いのは判るし、時を経ればその圧が解けてきてポテンシャルが開花する「だろう」と判ります。

 しかしこのフォンテーヌ=ガニャールのラ・マルトロワはそこからが違うんですよ。もうそこに、すでに「快楽」が有る・・と言ってしまって良いかと思います。

 だから、切り裂くように冷たい、滅茶滑らかな甘露が入って来て、それがじんわりと弾ける・・・しかしそれらは非常に精緻に行われる・・と言う感じでしょうか。

 これを美味しく無いとは誰も言えないのでは?・・と思いますよ。

 因みに、各メディアはこんな感じです。

92 Points from Jasper Morris Inside Burgundy
89-91 points Vinous
90 points Allen Meadows - Burghound
90 points John Gilman


 ん~・・どうやってもフォンテーヌ=ガニャールのル・モンラッシェの評価を上げたくないのが響いているかもしれません。と言うか、どうしても以前のフォンテーヌ=ガニャールのイメージを拭えないのでしょう。

 しかしながら・・間違い無く、相当に旨いです。noisy はポテンシャル93ポイントまで有ります。ご検討くださいませ。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【ジョン・ギルマン氏は92Points!】

 少なくてとても飲めないので、テイスティング・レヴュワー達のポイントを掲載させていただきますね。

 ジョン・ギルマン氏は92Points、飲み頃予想 2021~2045+ 。アドヴォケイトのニール・マーティン氏は90Points でした。因みにVinous のタンザーさんは2015年のこのワインを 89-91 points と評価していますので、大方・・2016年の方が上と言うことが言えるかと思います。

 タンザーさんは、

「このマルトロワは1950年代に植え替えられたが、この数年のうちに再度植え替えられるだろう・・」

と言ってます。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2018 Chassagne-Montrachet 1er Cru Vergers Blanc
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ヴェルジェ・ブラン

15856
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。所有する約0.71haの畑は東から南向きの緩やかな斜面の鉄分を多く含む赤土土壌で、1972年に葡萄は植えられました。ハツラツとした酸味が良く出る区画で、オイリーさもありますが瑞々しい果実味が豊かで余韻にしっかりとした酸味を感じられる緊張感のある味わいです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,580 (外税) 
【青々した爽快な風景が浮かんできます!・・やはりヴェルジェ・・繊細です!】
 ティム・アトキンさんは93ポイントで、実はnoisy と全く同じです。これも畑の特徴がいつもよりクッキリ良く出ているのは、

「2018年ものの集中さが、凸凹をハッキリと見せられるようになった原因」

かと思います。

 ダレたシャサーニュは全く見えません。集中し、フィネスと高貴さを感じさせてくれます。植生とか、芝生を渡ってくる風とか・・(^^;; イメージ的にはそんな感じですよ。余り noisy らしくない表現ですので止めておきますが・・。

 もうミネラリティの総量が以前と全く違っているように思います。むしろ全盛期のドラグランジェの上級キュヴェを想起させてくれます・・飲んでみて下さい。お勧めします!


 以下は以前のレヴューです。
-----
【ここはねらい目・・でしょう!非常にリーズナブルです!】


 とっても正直なティム・アトキンさんが94ポイントも付けちゃってるのが・・面白いですよね・・。これはねらい目としては見逃せないポイントです。その他の方々は価格やロケーションで点を付けちゃってるかもしれません・・そう願いたいです。

94 points Decanter
92 points John Gilman
92 points Robert Parker's Wine Advocate
90-92 points Vinous
90 points Allen Meadows Burghound


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【ジョン・ギルマン氏は92Pointsでした。】

 少なくてとても飲めないので、テイスティング・レヴュワー達のポイントを掲載させていただきますね。

 ジョン・ギルマン氏は92Points、飲み頃 2018~2035と言う評価です。アドヴォケイトのニール・マーティン氏は91Pointsでした。2015年ものもほぼ同様です。




 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2018 Chassagne-Montrachet 1er Cru Clos des Murees Monopole
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・クロ・デ・ミュレ・モノポール

15857
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級区画クロ サン ジャンも名乗れる「Les Murées(レ ミュレ)」という畑を単独所有しています。広さは約0.34ha、粘土が少なく石が多く散らばる土壌で葡萄は1971年に植樹されました。比較的暖かい早熟な畑で他の1級よりもエレガントで繊細な味わいになりやすい特徴があります。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,580 (外税) 
【これはサクッと・・買いましょう!デラ旨です!】
 数が有る訳では無いので、余り書きません。書いても空しいだけですので・・ティム・アトキン氏は93ポイントですが、

「noisy は95点、付けたい!」

 いや、付けますとは言ってないですよ・・付けたいと・・付けるかもしれないと・・。たぶん、付けるだろうと・・思います。ひっくり返るほど美味しいと思いました!・・この畑の真の実力を初めて知った・・と感じます。

 激繊細で緊張感がまた・・格上のワインにも似た風情が有るんです。何も言わずに買ってください。


 以下は以前のレヴューです。
-----
【ジョン・ギルマン氏は92Pointsでした。】

 少なくてとても飲めないので、テイスティング・レヴュワー達のポイントを掲載させていただきますね。

 ジョン・ギルマン氏は92Points、飲み頃 2018~2035と言う評価です。アドヴォケイトのニール・マーティン氏は91Pointsでした。2015年ものもほぼ同様です。




 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2018 Chassagne-Montrachet 1er Cru Cailleret Blanc
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・カイユレ・ブラン

15853
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級カイユレに格付けされる「Vigne Derière(ヴィーニュ デリエール)」という場所に約0.56haの畑を所有し、葡萄は1962~66年に植えられました。畑は緩やかな斜面になっており、表面は白土で覆われ、その下に粘土が堆積しています。石灰質が多い斜面上部の葡萄はミネラルを、粘土質が多い下部の葡萄はリッチさをワインに与える特徴があり、ハツラツとした酸味とミネラル、若いうちは力強くて四角さを感じるカッチリとした味わいがあります。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥12,200 (外税) 
【粘性の強い、ややオイリーさに粘土の赤みを感じさせつつ、柑橘果実を心地良く、濃密に表現してくれます!】
 2015年ものは飲めていますが、このところは飲めなかったカイユレです。2015年の時のレヴューとは・・結構に異なるはずです。

 ただただエレガントでバランスの良かった・・しかも石のようなニュアンスが強かったと記憶していますが・・もう全然違います。

 おそらくミネラリティがより多くなり、畑の力を充分に発揮できているので、地中奥に存在する地質をかなり表現できていると感じます。なので、粘性がたっぷりで、そこには白ワインにはあまり感じることの無い、

「赤いニュアンス」

がほんのり感じられます。

 そして粘っこく口内にまとわりつき、そこで感じるのがフィネスがもう・・たっぷりです!滅茶美味しいです!

 ティム・アトキンさんは93ポイントで、noisy的評価よりは少し低いですが、まぁ・・同じくらいだと言って良いと思います。もう・・以前のフォンテーヌ=ガニャールはいない!・・と思ってください。超美味しいです。お勧めします!



 以下は以前のレヴューです。
-----
【飲めませんので・・すみません・・91~94ポイントまで幅の有る評価です!】


 こちらも評価の高いシャサーニュ1級カイユレです。1級畑ものは価格的にはやはり「ラ・ロマネ」が高価で次点がこのカイユレです。


91-94 points Vinous
93 points John Gilman
93 Points Jasper Morris Inside Burgundy
93 points Robert Parker's Wine Advocate
91 points Allen Meadows Burghound


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【ジョン・ギルマンさんは94ポイントでした!】
 少なくてとても飲めないので、テイスティング・レヴュワー達のポイントを掲載させていただきますね。

 ジョン・ギルマン氏は94Points、2021~2045が飲み頃と言う、かなり高い評価です。アドヴォケイトのニール・マーティン氏は92Points と低いですね・・この方はいつもこんな感じでは有りますが・・。因みにジョン・ギルマン氏は2015年も94Points で同評価、ニール・マーティン氏は90~92Pointsですので、2015年よりは良いと感じていらっしゃるのでしょう。だとすると、2015年のこのワインをテイスティングしているnoisyとしますと・・何だかな・・低すぎるでしょ!・・と言いたいところです。

 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2018 Chassagne-Montrachet 1er Cru la Romanee
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ラ・ロマネ

15852
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級区画ラ ロマネの東側に約0.35haの畑を所有、東向きの急傾斜で日中は暑いですが西日は当たらないので夜は冷える場所です。きめの細かい粘土質土壌で葡萄の樹齢は約50年、寒暖の差が大きく成熟がゆっくり進むので複雑なアロマのある葡萄が収穫出来ます。熟した濃厚な果実味と酸味、若いうちは固さがありますが肉厚な旨味と素晴らしい余韻の長さがこのワインのポテンシャルを感じさせます。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥13,850 (外税) 
【ついに飲めました~!・・ラ・ロマネ、最高です!】
 いや~・・美味しいです~・・ラ・ロマネ、その名前の響きも良いですが、実にエレガントで繊細に香り、じわ~っと膨らんで甘美さを放出、余韻に掛けて高貴さを漂わせつつビターさのあるミネラリティを口内に感じさせながら・・いつまでも居座ってくれます・・(^^;; 滅茶お美味しい・・ラモネさんのリュショットを超えてくる見事な味わいだと思います。

 因みにティム・アトキン氏は93ポイントとかなり自重気味・・94点でも良いんじゃないかと思いますが・・このエレガンスは元から物凄いですが、そこに集中感が備わった2018年のフォンテーヌ=ガニャールを、海外メディアはまともには評価していない・・それは何故なんだろう?・・と言う思いがかなり強いです。

 noisy的には、確実に2017年ものを超えて来ています。アドヴォケイトは2017年ものは94ポイントですから、それ以上付いていないとおかしい・・と思っています。ですが、noisy は2017年もののラ・ロマネは飲めていませんので強くは言えません。(他のコラムで言わせていただきますが・・)

 ですが、このラ・ロマネ・・・相当に旨いです。想像を超えてくると思います。ご検討くださいませ。


 以下は以前のレヴューです。
-----
【クリオ=バタールとほぼ同評価の1級畑!】

 これはお買い得だなぁ・・と思うんですね~~・・95ポイントまで付いている・・いや、この人は良く判らない人では有りますが、それでもクリオの評価点とほぼ同じですよね。価格も非常にリーズナブルですので・・是非ご検討くださいませ!

92-95 points Vinous
94 points Robert Parker's Wine Advocate
93 points Allen Meadows - Burghound
93 points John Gilman
17.5/20Jancis Robinson

以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【ジョン・ギルマン氏は94Points!】

 少なくてとても飲めないので、テイスティング・レヴュワー達のポイントを掲載させていただきますね。

 ジョン・ギルマン氏は94Points、 飲み頃予想は 2022~ 2045+ でした。因みにVinous のタンザーさんは2015年ものを92~94Points と評価しています。

 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【1級畑でトップのラ・ロマネ!残念ながらこちらだけは飲めませんでした・・】 

<傾斜の急なラロマネの畑>

 いや、良い写真ですね。ラ・グランド・モンターニュの丘の南側に有るラ・ロマネ1級です。飲もうと思って・・いや、シャサーニュやカイユレが非常に美味しいもんで、

「こりゃぁ行ける!」

と踏んでのラ・ロマネ抜栓だったんですが、


「あ、noisy さん、ラ・ロマネは少なくて追加は無理ですが大丈夫ですか?」

と言われちゃったんですね。


「えっ?・・そうなの?」

と、それまで意気揚々だったんですが、急に弱気の虫が疼きだし、

「・・んじゃ・・1回ご案内してから考えようか・・」

と言うことにしてしまいました。まぁ、ただでさえこれだけ開けてしまいますと、商売には中々ならないんですけど、フォンテーヌ=ガニャールのイメージを掴むためには、ある程度飲まないと判りませんからね。


 で、一応ですが他の方の評価を探してみますと、タンザーさんの 91~94 Points と言うのが見当たりました。結構に高い評価でした。

 1級カイユレも、また1級モルジョも、村名も、スタイルは全く同様ながら、テロワールで性格が本当に大きく違うのが判ります。

 相当に良いと思いますが・・飲んでないのでこれ位にしておきますね。ぜひご検討くださいませ。

 


2018 Criots-Batard-Montrachet Grand Cru
クリオ=バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ

15851
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。所有畑の広さは約0.3haで葡萄の植樹は1930年、南東向きの粘土質土壌で石が多く見られます。隣接するバタール モンラッシェよりも少し低地になるので北風の影響を受けにくく、さらに日当たりが良いので葡萄の成熟が早いのが特徴。パイナップルなどの南国果実のようなアロマ、ハツラツとした酸味と直線的な味わい、力強くもバランスの取れた味わいです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥34,800 (外税) 
【ティム・アトキン氏はモンラッシェと同ポイントで94ポイントでした!】
 ん~・・低いなぁ・・と思います。noisy が思いっきり自重しつつも94ポイント付けた1級クロ・デ・ミュレに、ティム・アトキン氏は93ポイントで・・で、クリオ=バタールに94ポイントじゃ、ちょっと計算が合いませんよ。

 ですが、こちらも相当にお買い得とおもいます。ご検討くださいませ。

 以下は以前のレヴューです。
----
【そもそもはクリオとバタールは一緒の畑ですから・・】

 おそらくですが、クリオ=バタールとバタールのどちらにするか・・と言うような点で悩むとしても、ほとんど「好みの問題」で終わってしまうと思うんですね。

 そもそもは・・昔はどちらも「バタール」でした。アペラシオンの改定で分けられた訳です。で、より金属的に感じられるクリオの特徴が良く判るようになった・・と、noisy的には感じています。

 まぁ、バタールと言う区画は相当に広さが有ったので、その位置により出来がまばらになり、クラスが分けられたと思います。そのクラスが分けられたことにより、またブルゴーニュワインが商業的に成功を収めたことにより、その「位置」に合った育て方が出来るようになったとも言えます。

 そして今、ユベール・ラミーの成功もまた、この「クリオ」を持っている他の生産者にとって、良い指針になったと思いますよ。弦が伸び放題のルロワとラミーの畑を見て、何も思わなかったら・・逆にそれこそ変ですよね。ご検討くださいませ。


95 points John Gilman
92-95 points Vinous
94 points Allen Meadows Burghound
94 points Decanter(Tim Atklin)
94 points Robert Parker's Wine Advocate

以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【このトップ・キュヴェ3アイテムは相当に評価が高いです!】

 え~・・いつか飲んでやろうと虎視眈々と狙っていますが、さすがにこのクラスともなりますと、如何にnoisy が浪費家でもそう易々とは開けられません。

 しかし、昔から上級キュヴェの素晴らしさには定評が有ったフォンテーヌ=ガニャールですが、2015年ものの1級、村名シャルドネを飲みますと、


「以前の妙な硬さはどこへやら。超エレガントで柔らかく、いつ飲んでも美味しいに違いない・・」

と思わせてくれます。


 2015年のル・モンラッシェは、ヴュー・フロム・ザ・セラーのジョン・ギルマン氏が98ポイント。この方はブルゴーニュ専門ですが、評判は良いようです。noisy は余り知らない評論家さんです。また、ワイン・アドヴォケイトは94~96 ポイント、厳しいので有名なバーガウンドのアラン・メドウズ氏は94ポイントです。

 モンラッシェと言うワインは、気難しさは人一倍ですが、やはりあの漲る緊張感、熟成時の膨大なフレーヴァーに出会えたなら、どんなピノ・ノワールも吹っ飛んでしまうと思わせる凄みが有ると思います。


 2015年のバタール=モンラッシェは、ジョン・ギルマン氏が96ポイント、デカンター誌とアラン・メドウズ氏が93ポイントと言う評価が見当たりました。

 このバタール=モンラッシェは「モンラッシェの庶子」と言われるほど瓜二つ・・と言われます。凄いバタールに出会うのは、滅多に当たらないモンラッシェを飲むより確率が高いとも・・(^^ 言われてます。まぁ、このようなシャルドネの最高峰を開けるときこそ、

「時間をたっぷり使える時にこそ開けましょう!」
「もしくはリリース直後にそのポテンシャルの素晴らしさを味わってしまいましょう!」

と言うのが良いかと思います。中途半端な時期に抜栓してしまいますと、まったく死んだようにうんともすんとも言わず、

「・・騙された~!」

と・・やりきれない思いをすることになります。


 だから何とかその結果を他の人の性にしたいところが人間の性では有りますが、それは自分の性なんですね。気を付けましょう。


 2015年のクリオ=バタール=モンラッシェは、ワイン・アドヴォケイトのニール・マーティン氏が92~94ポイントとしています。すでに上級キュヴェを飲まれた担当さんの話しでは、

「クリオは今飲んでも滅茶開いていて美味しい。」

とのことです。


 バタールとモンラッシェは似た性格で、少し締まっているようです。まぁ、noisy に嗾けられたからと言って、さっさと開けてしまう方はいないと思いますけど!

 そんな訳で、希少な世界を代表するシャルドネ3品をご紹介させていただきました。ぜひご検討くださいませ。noisy もこのどれかを・・今年中に何とか開けたいと思っています。


緩やかな傾斜の区画


2018 Batard-Montrachet Grand Cru
バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ

15850
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。最も古い木は1930年に植樹されたもので南西~南東向きの緩やかな斜面の粘土質と砂泥が混ざりあった畑に3つの区画を所有、合計面積は約0.3haになります。白い花や甘い柑橘系果実のアロマ、肉厚な果実味と酸味、たっぷりとした旨味の余韻が長い味わいです。クリオ=バタールよりも熟成に少し時間を要します。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥34,800 (外税) 
【ティム・アトキン氏95ポイント、アドヴォケイト・ヴィノス94ポイント、バーガウンド93ポイント!】
 ティム・アトキン氏はバタールがモンラッシェを抑えてトップ・評価と言うことでしょうかね。モンラッシェと言うワインは大変に気まぐれですから、へそを曲げてしまうとバタールに負けてしまうことは良く起こり得ます。何度かそんな経験もしました。ですが、物凄く良く出来たバタールとモンラッシェは全くの同格と言えます。区別付かないんですね。ラ・ターシュにおけるレ・ゴーディショ・オ・ラターシュみたいなものです。

 ですが、価格もモンラッシェの半分ですし・・これはかなりお買い得なんじゃないでしょうか?・・でも、海外メディアにも頼れないとすると・・noisy が飲むしか無いか・・とも感じますが、大赤字になってしまうので実現しないだろうなぁ・・すみません・・。


 以下は以前のレヴューです。
-----
【ル・モンラッシェには僅かに及ばなかったが・・実質、ル・モンラッシェ同等と見て良いはず!海外は4万円ですから・・ここは狙い目?】

 ほぼほぼ全てのメディアが95ポイントで揃ったバタール=モンラッシェです。・・いや、1級マルトロワで充分、それに近い感じは取れましたけど・・。

 まぁ、バタールと言うのは「庶子」と言う意味ですから、「そっくり」と言う意味を込めている訳ですね。でも、数年前までならフォンテーヌ=ガニャールのモンラッシェは緊張感が漲るタイプだとは思わなかったと思いますが、2017年もののフォンテーヌ=ガニャールのシャルドネを飲むに付け、「化け物!」に近いものを想像してしまいます。ご検討くださいませ。

95 points Allen Meadows Burghound
95 points Decanter
95 points Robert Parker's Wine Advocate
95 Points Jasper Morris Inside Burgundy
93-95 points Vinous
94 points John Gilman

以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【このトップ・キュヴェ3アイテムは相当に評価が高いです!】

 え~・・いつか飲んでやろうと虎視眈々と狙っていますが、さすがにこのクラスともなりますと、如何にnoisy が浪費家でもそう易々とは開けられません。

 しかし、昔から上級キュヴェの素晴らしさには定評が有ったフォンテーヌ=ガニャールですが、2015年ものの1級、村名シャルドネを飲みますと、


「以前の妙な硬さはどこへやら。超エレガントで柔らかく、いつ飲んでも美味しいに違いない・・」

と思わせてくれます。


 2015年のル・モンラッシェは、ヴュー・フロム・ザ・セラーのジョン・ギルマン氏が98ポイント。この方はブルゴーニュ専門ですが、評判は良いようです。noisy は余り知らない評論家さんです。また、ワイン・アドヴォケイトは94~96 ポイント、厳しいので有名なバーガウンドのアラン・メドウズ氏は94ポイントです。

 モンラッシェと言うワインは、気難しさは人一倍ですが、やはりあの漲る緊張感、熟成時の膨大なフレーヴァーに出会えたなら、どんなピノ・ノワールも吹っ飛んでしまうと思わせる凄みが有ると思います。


 2015年のバタール=モンラッシェは、ジョン・ギルマン氏が96ポイント、デカンター誌とアラン・メドウズ氏が93ポイントと言う評価が見当たりました。

 このバタール=モンラッシェは「モンラッシェの庶子」と言われるほど瓜二つ・・と言われます。凄いバタールに出会うのは、滅多に当たらないモンラッシェを飲むより確率が高いとも・・(^^ 言われてます。まぁ、このようなシャルドネの最高峰を開けるときこそ、

「時間をたっぷり使える時にこそ開けましょう!」
「もしくはリリース直後にそのポテンシャルの素晴らしさを味わってしまいましょう!」

と言うのが良いかと思います。中途半端な時期に抜栓してしまいますと、まったく死んだようにうんともすんとも言わず、

「・・騙された~!」

と・・やりきれない思いをすることになります。


 だから何とかその結果を他の人の性にしたいところが人間の性では有りますが、それは自分の性なんですね。気を付けましょう。


 2015年のクリオ=バタール=モンラッシェは、ワイン・アドヴォケイトのニール・マーティン氏が92~94ポイントとしています。すでに上級キュヴェを飲まれた担当さんの話しでは、

「クリオは今飲んでも滅茶開いていて美味しい。」

とのことです。


 バタールとモンラッシェは似た性格で、少し締まっているようです。まぁ、noisy に嗾けられたからと言って、さっさと開けてしまう方はいないと思いますけど!

 そんな訳で、希少な世界を代表するシャルドネ3品をご紹介させていただきました。ぜひご検討くださいませ。noisy もこのどれかを・・今年中に何とか開けたいと思っています。


緩やかな傾斜の区画


2018 le Montrachet Grand Cru
ル・モンラッシェ・グラン・クリュ

15849
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1978年にリシャール氏の義理の祖父にあたるエドモンド ガニャール氏が畑を購入し、1996年からフォンテーヌ家で醸造するようになりました。所有畑の面積は僅か0.07haで土壌は泥灰土と粘土質から構成され、南東向きの緩やかな斜面に樹齢60~70年の葡萄が植えられています。年間生産量は最大でも600本ほどしかなく、非常にオイリーで濃厚、凝縮した果実味と酸味、ミネラル旨味と苦味、どこまでも続くような余韻がこのワインのポテンシャルを物語っています。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥89,990 (外税) 
【ちょっと信じられない海外メディア評価です。】
 アドヴォケイトが95ポイント、ヴィノス 94ポイント、ティム・アトキンさん 94ポイントと・・ちょっと信じられないほど低調です。

「・・え?・・ティム・アトキンさん、モルジョの赤に93点で・・モンラッシェに94点は無いんじゃないの?」

と思いません?


 だって、noisy は9アイテムもフォンテーヌ=ガニャールの2018年ものをテイスティングしていまして、確実に今までのフォンテーヌ=ガニャールの出来で、最高の仕上がりだと思っていますから・・

「何言ってるかわからないです・・」

としか言いようが無いですね。


 95点もついていますから、失敗作と言うことは有り得ませんので・・意味不明です。ご検討くださいませ。


 以下は以前のレヴューです。
-----
【ジャスパー・モリス97ポイント、アドヴォケイト96ポイント、デカンター96ポイントの凄いル・モンラッシェです!】

 高評価のル・モンラッシェです。シャサーニュ側のモンラッシェと言うことになろうかと思います。飲めてはいないのですが、素晴らしい1級マルトロワ・ブランや下級クラスを見れば、劇的な仕上がりになっていることが想像できます。

 モンラッシェとしての評価的には、ラギッシュ、ソゼとほぼ同様、ジャドやアンリ・ボワイヨを超え、ラモネとは同様か僅かに下回ったか、コント・ラフォンは93~98ポイントまでのように幅は有りながらも多くのメディアが評価しているので僅かに勝てなかったか・・と言うところかと思います。

 当代随一のモンラッシェです。この前にひざまづけば飲ませてくれると言うなら、やっちゃいますよね~・・。是非ご検討くださいませ!

97 Points Jasper Morris
96 points Decanter (Tim Atkin)
96 points Robert Parker's Wine Advocate
93-96 points Vinous
95 points Burghound (Allen Meadows)


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【このトップ・キュヴェ3アイテムは相当に評価が高いです!】

 え~・・いつか飲んでやろうと虎視眈々と狙っていますが、さすがにこのクラスともなりますと、如何にnoisy が浪費家でもそう易々とは開けられません。

 しかし、昔から上級キュヴェの素晴らしさには定評が有ったフォンテーヌ=ガニャールですが、2015年ものの1級、村名シャルドネを飲みますと、


「以前の妙な硬さはどこへやら。超エレガントで柔らかく、いつ飲んでも美味しいに違いない・・」

と思わせてくれます。


 2015年のル・モンラッシェは、ヴュー・フロム・ザ・セラーのジョン・ギルマン氏が98ポイント。この方はブルゴーニュ専門ですが、評判は良いようです。noisy は余り知らない評論家さんです。また、ワイン・アドヴォケイトは94~96 ポイント、厳しいので有名なバーガウンドのアラン・メドウズ氏は94ポイントです。

 モンラッシェと言うワインは、気難しさは人一倍ですが、やはりあの漲る緊張感、熟成時の膨大なフレーヴァーに出会えたなら、どんなピノ・ノワールも吹っ飛んでしまうと思わせる凄みが有ると思います。


 2015年のバタール=モンラッシェは、ジョン・ギルマン氏が96ポイント、デカンター誌とアラン・メドウズ氏が93ポイントと言う評価が見当たりました。

 このバタール=モンラッシェは「モンラッシェの庶子」と言われるほど瓜二つ・・と言われます。凄いバタールに出会うのは、滅多に当たらないモンラッシェを飲むより確率が高いとも・・(^^ 言われてます。まぁ、このようなシャルドネの最高峰を開けるときこそ、

「時間をたっぷり使える時にこそ開けましょう!」
「もしくはリリース直後にそのポテンシャルの素晴らしさを味わってしまいましょう!」

と言うのが良いかと思います。中途半端な時期に抜栓してしまいますと、まったく死んだようにうんともすんとも言わず、

「・・騙された~!」

と・・やりきれない思いをすることになります。


 だから何とかその結果を他の人の性にしたいところが人間の性では有りますが、それは自分の性なんですね。気を付けましょう。


 2015年のクリオ=バタール=モンラッシェは、ワイン・アドヴォケイトのニール・マーティン氏が92~94ポイントとしています。すでに上級キュヴェを飲まれた担当さんの話しでは、

「クリオは今飲んでも滅茶開いていて美味しい。」

とのことです。


 バタールとモンラッシェは似た性格で、少し締まっているようです。まぁ、noisy に嗾けられたからと言って、さっさと開けてしまう方はいないと思いますけど!

 そんな訳で、希少な世界を代表するシャルドネ3品をご紹介させていただきました。ぜひご検討くださいませ。noisy もこのどれかを・・今年中に何とか開けたいと思っています。


緩やかな傾斜の区画


2018 Bourgogne Passetoutgrains
ブルゴーニュ・パストゥグラン

15866
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャサーニュモンラッシェ村の東にある「LesSaugeots(レソージョ)」という区画に樹齢約45年のピノノワールとガメが一緒に植えられています。葡萄の比率は各50%ずつで最初から混ぜて醸造。醸造方法は基本的に他の赤ワインと同じですが、フレッシュな果実味を活かすために新樽は使わず旧樽のみで熟成させています。色調淡くチャーミングな果実味と酸味、軽やかでバランス良く飲みやすい味わい。ブルゴーニュルージュ同様、ブルゴーニュパストゥグランとしては高いレベルの造りになっています。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,590 (外税) 
【この美しい色合いを是非愛でてください!エレガントさ、フィネス、優しさに加えて、しっかりコアの有る見事なパスグラです!】
 とても美味しいです!・・いつも言ってますが、この位の濃度が好きなんですよね・・。ルジェのパスグラも非常に美味しいですが、noisy にとっては、普段飲みとしますと少し濃い目かな・・位に感じています。

 なので、以前はトラペのア・ミニマとか、ダンジェルヴィーユのパスグラが好みだったんですが、価格も踏まえるとなりますと、フォンテーヌ=ガニャールのこのパスグラが一躍最有力になっています。

 何せ2018年もののフォンテーヌ=ガニャールのワインのエキスの充実度は素晴らしいですよ。海外メディアは2017年ものとの比較が全く出来ていないと思います。ほとんど評価が以前と変わらないですから・・。アルコール分も高く無く(ベストと思える12.5度です!)、しかもエレガントでコアが有り充実している・・そして、ピノ・ノワールのしっかりした複雑性のある集中した果皮のニュアンスを、ガメの伸びやかな、どこまでも膨らもうとする純粋な味わいがマッチ・・フランボワーズ、ベリーのニュアンスに包まれる・・何も文句の出ない、言うことない仕上がりです。

 滅茶美味しいので是非!・・是非飲んでみて下さい。お勧めします!めっちゃピュアです!


 以下は以前のレヴューです。
-----
【ピュアで精緻!不足無し!・・フォンテーヌ=ガニャール的なエレガンスを知る良い1本です!】

 美味しいですね~。とても美味しいです。フォンテーヌ=ガニャールの下級クラスもレストランさんで人気のようですが、それも納得できるようなピュアで汚れ無き味わいです。

 最近のブルゴーニュワインは、確かに高騰してはいますが、その恩恵も有ると思います。利益が出るようになったので、それを設備投資や人的な部分に回せるんですね。

 そして、畑の拡張が望めないブルゴーニュですから、既存のワインをブラッシュアップするしか・・無いんですよ。

 だから、以前は酸っぱくて味わいの薄いワインが多かったパストゥグランも、最近はやたら美味しく感じ無いですか?ベリーやチェリーが見事に感じられ、しかも「強過ぎず適度な感じ」に仕上がり、不足感を感じない・・むしろA.C.ブルが昔の村名並みにしっかりして来ていますから、

「品格の有るパストゥグランが滅茶美味しい!」

と言うような感じになっているんだと思います。

 決して濃く無く、ガメのベリー感とピノのチェリー感を、その時のタイミングで味わいを変化させ、感じさせてくれます。

 そそてフォンテーヌ=ガニャール的なエレガンスもそれを助長してます。化粧は余りせず、ピュアで「充分と感じさせるバランス」で赤ワインを仕上げています。

 むしろフォンテーヌ=ガニャールのシャルドネは結構に濃密さも有りますので、

「充実したシャルドネとエレガントな赤ワイン」

がフォンテーヌ=ガニャールの特徴と言えるでしょう。リーズナブルですので是非、フォンテーヌ=ガニャールの赤ワインも飲んでみてください。お勧めです!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【非常にピュアです!ブルゴーニュワインのエレガンスを表現した、ややライトな美しいワインです!】

 非常にエレガントで愛らしい、ややライトな方向に振った飲みやすいパストゥグランです。

 昨今はパストゥグランの立ち位置が上方へと変わって来ていると感じますが、どちらかと言えば以前のパストゥグランの軽さはそのままに、よりエレガンスに磨きを掛けたような味わい・・と言えば良いでしょうか。

 立ち位置が上方へと変わって来ている・・と言うのは、以前よりブルゴーニュ・ルージュの立ち位置や価格が上昇し、色々なドメーヌがブルゴーニュ・ルージュのプライスを上昇させてきた背景には、

「おらん家のA.C.ブルゴーニュは普通のとは・・違うのよ・・」

と言うようなスタンスが有ると思います。


 そりゃぁ・・もう、8千円クラスのA.C.ブルもザラに有りますし、トップ・ドメーヌに至っては「うん万円」と言うビックリなものも有りますしね。

 さらには、畑の拡充、より拡大することが困難なのがブルゴーニュです。

 そんな中で、今までよりも、

「より手間暇を欠けて仕上げたワイン」

と言う立ち位置になって来たと思うんですね。なので、ひと昔前と比較しますと、A.C.ブルの味わいは格段に上昇していて、さらには、それに引っ張られるかのようにその下のクラスのガメを混ぜ込んだデイリーワイン、パストゥグランも品質向上が為されていると感じています。

 このフォンテーヌ=ガニャールのパストゥグランは、非常にエレガントで軽量級、超ドライでさらっと飲みやすいエレガンスに満ちた味わいです。ベリーやチェリー、やや軽めのミネラリティは、むしろエレガンスをより感じさせてくれます。

 しかし・・このガメが入っていることこそが、実は「ミソ」でして、

「長く放置しておいたパストゥグランが滅茶苦茶素晴らしいことになってる!」

と言うような経験をされた方々も多いと思うんですね。・・そう、ガメが完熟すると、ビックリするようなブケを発揮するんですね・・。ピノ・ノワールよりは大抵の場合、早く崩壊しますんで、その時の物凄い芳香にピノ・ノワールの躯体が下支えしているような感じで・・これ、ビックリしますが、正にこのフォンテーヌ=ガニャールのパストゥグランのようなアイテムこそが、その候補となりうると感じます。

 今でもピュアで旨いですし、数年で滅茶美味しくなりますんで、

「その時が飲み頃」

では有るんですが、その・・ずっと先の話しになります。もしセラーをお持ちでしたら・・そんなことをやってみるとブルゴーニュワインの奥深さが判ると思いますよ。今までのブルゴーニュワインはなんだったんだ!・・と思われるかもしれません。飲んでみてください。お勧めです。


2018 Chassagne-Montrachet Rouge
シャサーニュ=モンラッシェ・ルージュ

15865
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。所有畑の面積は約1.3haで「 Les Voillenots Dessus(レ ヴワユノ ドゥシュ)」や「 Mouchottes(ムショット)」など5~6区画の葡萄を使用、葡萄の植樹は最も古いもので1938年、土壌は泥灰石灰質になります。色合いは鮮やかなルビー色で香りも高く、酸味柔らかでなめらかなタンニン、バランス良く飲みやすい味わいです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥5,650 (外税) 
【2017年ものとの比較・・是非写真を見てください・・これほどまでに違うんですよ・・海外メディアはテイスティングしているのに・・ポイントさえスルーが多かったです!】
 え~・・それでもティム・アトキン氏の評価が見つかりまして・・89ポイントでした。頑張ってちゃんと見てくれた方では有りますが、この出来で89点だと・・評価の体系が崩壊してしまいます。どんなに低くても90点ですが、ヴィノスなどは全くやる気無しで87ポイント・・。そんなんじゃ評判、落ちちゃいますよ・・ヴィノスの・・。

 この、2017年までのエレガントさに磨きを掛けた味わいに加えて、見事な「集中度」を得たのが2018年ものです。ベリー、チェリーの果実ニュアンスを濃密に感じさせつつも、まったくのドライで、エキスの集中度が果実の甘みに相当、素晴らしいバランスをしています。半面、2017年ものまで有ったフラワリーなアロマは・・かき消されるようになってしまいましたが、果実の伸びやかな高域の表情に変わっていると考えられます。

 ミネラリティも・・

「以前の倍くらい、有るんじゃない?・・」

と言いたくなるような、フィネスバッチリの石灰的かつクリスタル的なミネラリティが折半でたっぷり存在していますから、どこかナイーヴで内向的なラモネさんのシャサーニュと比較しますと(以前のヴィンテージのイメージが比較対象では有りますが)、確実に超えて来たと感じました。

 価格も実に魅力的。なので、ここを避けて通ってしまうと、

「何か飲もうと思ってセラーの扉を開けたものの、飲めるようなワインが入っていない・・」

ことに気付き、そっと扉を閉じる・・なんて良く有りそうなシュチュエーションを避けることができます。・・おそらくnoisy のお客様には、そんな経験をされた方が多いんじゃないかと思うんですね・・。

 で、そんな時に飲んでいただいたら、

「フォンテーヌ=ガニャールのピノって・・美味しいじゃん!」

と感じていただけると確信しています。是非飲んでみて下さい。お勧めします!



 以下は以前のレヴューです。
-----
【甘さゼロ!タイトに締まったスレンダーな躯体からエレガントなニュアンスが滲んで来ます!】

 良い傾向だと思います。豊かだがやや甘く、少しダレた感じに仕上がりかねないシャサーニュ=モンラッシェのピノ・ノワールなんですが、そんな傾向は・・「ゼロ」です。非常にドライですし、現状はスレンダーと言うかスタイリッシュと言うか、やや細身の身体をしています。

 そもそもフォンテーヌ=ガニャールの赤と言えば・・いや、下のクラスのシャルドネもそうでしたが、確かに元々からドライでスレンダーでは有りました。

 しかし、ミネラリティの支えや、「豊か」の反対である「貧しい」と表現したくなる言葉を使うか、「エレガント」と言う誉め言葉になるかは、テイスターの感覚によるものになってくる訳ですね。

 むしろ以前は「少し貧しい感じ」しかしなかった訳ですが、この2~3年で急に(noisy的には)変わって来た訳です。やはりワインが売れ始めたのもあると思いますし、高い価格で売れるようになったことも一因かと思います。どんどん・・変わって来ているんですね。

 この色合いを是非みていただきたいと思います。もし甘さを感じるシャサーニュだとしたら、こんなに美しい赤にはならないでしょう。もっと黒みや茶が入った色で、強さを感じさせてくるでしょう?誰がどう見ても、「エレガント系だよね・・」と言いたくなる色合いです。

 ベリーやチェリー、そしてそれらの花、果実に加え、天を目指して伸びようとするその弦の先までピュアに表現してくれています。

 もっともパスグラやA.C.ブル赤のように早飲みしても良いかと思いますが、少なくとももう少し暖かくなるまで・・4月とかまで待つと、さらに膨らみが増すでしょうし、2~3年の熟成で果実感が非常に向上するのが判りますので、スレンダーなボディも良いけれど、「もう少し胸やお尻のでっぱりも欲しいぞ!」と言うようなご希望も有るようでしたら、セラーでお待ちください。むしろ、フォンテーヌ=ガニャールのヴォルネイ・クロ・デ・シェヌなど、今飲んでも「超繊細で超エレガント」な美味しさで迎えてくれますので、予算さえ許せばクロ・デ・シェヌを先に飲むのも有りだと思います。

 リーズナブルなシャサーニュ赤です。是非飲んでみて下さい。お勧めします!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【滅茶美味しいです!そして非常にリーズナブル!】

 まぁ確かに、シャサーニュのピノ・ノワールには裏切られて来た感の有る・・と言うか、若干のネガティヴ感を持ち合わせていらっしゃる方もおられるかもしれない・・とは思います。

 と言うよりも、それはボーヌの赤全体に言えることかと思え、ニュイの赤に比べれば、各段に低い場所にヒエラルキーを構成しているんじゃないかと思うんですね。

 しかしながら、ここまでブルゴーニュワインが高騰してくるとなると・・いや、それは実は間違いで、

「今までがリーズナブル過ぎた」

とも言える訳ですしね・・。

 なので、

「例えボーヌだろうがシャロネーズだろうが、美味しいピノ・ノワールをリーズナブルに探すべき!」

と言うのが本題になるべきなのに・・それが判っていながらも、やはりニュイの人気ドメーヌの人気ワインにだけ意識が行ってしまう方がほとんどで有ることも事実でしょう。

 ただし、noisy としましては、そんな両方を扱っている訳ですし、ニュイでもボーヌでも、

「タイムリーなプライスで、ドンピシャに美味しいピノ・ノワールを探し続けている」

と言うことを判っていただきたいな・・と思うんですね。


「・・いや、判ってますよ・・noisyさん!」

とおっしゃってくださるお客様も大勢おられるんですが、それでもまだ、自身では「力量不足」を嘆いてはいる訳です。


 2014年のドメーヌ・ド・ベレーヌのニュイ=サン=ジョルジュにせよ、A.C.ブルにせよ、このフォンテーヌ=ガニャールとは全くタイプは違うものの、滅茶苦茶美味しいし滅茶苦茶リーズナブルだと・・思うんですけどね。非常に良く売れておりまして・・でもその割には、言葉での反応は薄いかなぁ・・などとも思ってしまいます。

 むしろ、ヴォルネイ的な、エキスたっぷりタイプにシャサーニュのやや重厚な味わいで支えている・・そんなイメージなのがこのシャサーニュ=モンラッシェ村名です。

 ヴォルネイの明るさとシャサーニュのほんのりとした重量感があり、チェリーそのもののリアルな果実、それはフォンテーヌ=ガニャールならではの「エレガンス」と言う言葉で評したい・・と思います。

 2015年ものは「あっけらかん」とした軽やかな美味しさ・・が、非常に心地良い佳酒でした・・残念ながら余り売れてはいませんが・・。

 2016年ものは、そんな軽やかさもどこかに持ちつつも、ブルゴーニュワインの醍醐味・・と言うか、「彼と彼女」で比喩される「ブルゴーニュとボルドー」の対比を思えば、「彼」で有る「ブルゴーニュ」の重厚ささえきちんと持ちつつ、エレガンスを失っていないと言うことに驚かされる訳です。

 非常に良いワインなんですが何故か人気に火が付かない・・まぁ仕方が無いにせよ、今回も、

「是非一度は飲んでみてください!」

とお勧めしたい訳ですね。旨いです。是非飲んでみてください。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【超絶にエレガントで滅茶ゴージャスです!このフォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワール、是非とも一度トライされてください!】
 いや~・・驚きました。フォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワールがここまで旨いとは思いませんでした。長い間飲んでいなかったとは言え・・と言うか、余りに初期のイメージが良く無かったのが響いたことも有りますし、エクスクルーシヴを持つエージェントさんとの付き合いがちょうど無かったことも有るかと思います。

 それにしても、

「あの、紙を加えたままピノを飲んでいるかのようなイメージ」

は何だったんだろう・・と思ってしまうほど・・の超絶なエレガンス、フィネスです。


 左の写真は上から順にポマール・レ・リュジアン、シャサーニュ=モンラッシェ、ACブルゴーニュになります。色合いなどぜひご覧くださいませ。

 勿論ですが上級キュヴェほど、その造り手の真の姿を映し出しますが、さりとて下級キュヴェもその延長上になければ飲み手の理解は深まらず、しかも、

「・・高いクラスだけ美味しくてもね・・駄目だよね・・」

と言うような、余り良く無いイメージを植え付けてしまいます。最初に言わせていただきますが、下から上まで、ちゃんと統一され、造り手の意思が全てのワインにキッチリ現れています。


 ポマール・レ・リュジアンは、言わずと知られたポマールのテート・ド・キュヴェ(トップワイン)です。濃密ながらエレガンス、複雑性とも、他の1級畑ものを引き離すと理解されています。

 この非常に淡く美しい色合い・・感動的ですよね。やや黒みを深く持つシャサーニュ=モンラッシェとも、大きく異なる色合いで、ポマールの1級畑が持つ上品さを見せてくれているように思います。


 で、このレ・リュジアン2015年ですが、ビックリするほどの超絶なエレガンスとフィネスを感じさせてくれます。しかも、

「まったく濃く無い!」

です。しかし、ちゃんとキッチリエキスが出ています。これ、どういう事かと言いますと、


「最適な状態に熟した葡萄のみを使用し、ほぼ圧力を掛けずに優しく絞った、非常に贅沢な味わい」

なんですね・・。



 例えば日本酒でも、モロミを絞る時に、ギューっと強い圧力を掛けて、最後の最後まで絞ったら・・どうなるでしょう?・・渋みやエグミ、雑味が出てしまいますよね。でもその分、量が沢山造れる訳です。

 ワインも同じです。絞れるだけ絞ってしまうと、そりゃぁ量は出来ますが、雑味の多い味わいになってしまいます。

 このワインからは、そんな雑味は感じられないどころか、一点の曇りのない美しい姿のみを感じさせてくれます。


 勿論ですが、葡萄の質が良く無ければ、醸造も、絞りも全く意味が有りませんが、

「上質で健康な葡萄だけを使用している・・と感じさせてくれる高質感」

が感じられます。


 なので、今飲んでも滅茶苦茶美味しい!・・しかし、こんなもんじゃないんですよね・・実際は。このワインが熟してきますと豹変するはずなんですね・・だって、素性が滅茶苦茶良いんですから。


 むしろ今は、その姿は「淡泊」に感じられるかもしれません。・・そう、強さは全く無いに等しいほど、スムーズな飲み口なんです。でも少し飲めば判るでしょう・・

「・・これ、只者じゃぁ無いぞ・・」

と言うニュアンスがヒシヒシと伝わってくるはずです。


 言わば、例のルイ・ユエランのような、余り饒舌では無いタイプなんです。非常に贅沢な、葡萄の芯の部分だけをワインにしたような感じです。なので、

「ガシッとした味わいが好きな方にはもしかしたら向かない」

かもしれませんが、

「シルヴァン・パタイユのフルール・ド・ロゼが非常に美味しいと感じられる方には、これ以上無い味わい!」

と感じていただけると思います。


 いや・・贅沢ですよ、これ。最高の贅沢です。高名な生産者のレ・リュジアンが雑に感じてしまう人もおられると思います。それほどまでにこの表情は素晴らしいです。やや高額では有りますが、

「こんなワイン、レストランさんで飲みたいよなぁ・・」

と思っていただけると思います。



 二番目のシャサーニュ=モンラッシェの赤は、レ・リュジアンとはテロワールが全然違うことが色合いからも判ると思います。軽やかなレ・リュジアンに比較し、しっかり強い粘土とシャサーニュらしい強い果実感が特徴です。

 しかしながらレ・リュジアンと同様に非常にエレガントでフィネス感たっぷりです。粘土由来の重厚さを第一に考えるのでしたらこちらのシャサーニュ=モンラッシェ赤をお勧めします。価格もよりリーズナブルですし、

「他の生産者のシャサーニュ=モンラッシェ赤のような鈍重さが無い」

のが特徴です。強い抽出をせず、フェザーのように軽くしか圧を掛けていない感じを受けます。アメリカン・チェリーやブラック・ベリー風の果実味が、非常に高質に感じられます。美味しいです。


 最後はA.C.ブルゴーニュの赤ですが、これはやはりフォンテーヌ=ガニャールのエレガントスタイルを見事に表現できていますので、


「もし、レ・リュジアンやシャサーニュに手を出すのが怖いのなら・・」

このACブルを飲んでみるのが良いかと思います。


 勿論、レ・リュジアンの超絶なエレガンスや、シャサーニュらしい重厚なピノの味わいをエレガントに表現できてはいないです。

 しかし、テクニカルにあるように、ヴォルネイとシャサーニュに有るACブルの区画のブレンドですので、これ、かなりバランスが良いんですね。ヴォルネイが持つ雅さとシャサーニュが持つ大きさや重量感をブレンドしており、しかも、フォンテーヌ=ガニャールの質の良い葡萄とゴージャスなワイン造りにより、とてもエレガントにチェリー風味をエキス味で表現してくれます。

 2014年も美味しかったですが、2015年ものも負けずに・・いや、それ以上に旨いです。


 2015年ものは3アイテム、ご紹介させていただきました。どうしても上級キュヴェのレ・リュジアンの記事の比重が大きくなってしまいますが、これは仕方が無いです。滅茶素晴らしいですから。

 でも、例えば濃密さ、凝縮感命の方が飲まれたら・・

「ん?・・全然言うほどじゃ無いじゃん!」

と怒りを覚えるかもしれませんよ。それほどまでにエレガントなんです。


 濃いものはアバタを隠せます。でも淡いものは隠しようが無いんです。少しの汚れも浮き上がらせてしまうんです。だから淡いワインは造るのが非常に難しいんです。濃いものは最初から濃く造るつもりなら出来ますし、アバタも隠せる訳です。


 素晴らしいピノ・ノワールでした。まだ飲まれていないようでしたら是非とも飲んでいただきたい逸品です。ご検討くださいませ。


「 Les Voillenots Dessus」の区画


 以下は2014年ブルゴーニュ・ルージュのレヴューです。
━━━━━
【ドライでピュア、柔らかでしなやかなエキス系の・・ストレートど真ん中に投げ込んだような高質ピノ・ノワールです!】

 いつ以来なのか・・覚えていないほどですが、フォンテーヌ=ガニャールのワインをご紹介します。へそ曲がりの noisy は、シャルドネでは無くてピノ・ノワールです。

 おそらくシャサーニュ村近郊の畑産と思われる、柔らかでしなやかなテクスチュアを持った秀逸なピノ・ノワールです。シャサーニュ系のピノに有りがちな「甘いピノ・ノワール」では無く、しっかり完全発酵させたドライでエキシーな味わいです。

 やや赤いフラワリーさを感じるノーズにチェリーの果実、粘土がいっぱい・・と言うよりは、白い石灰が透けて見えるような美しい色調、口内を「もっさり」させてしまうような重ったるさも無く、しかししなやかで伸びの良い味わいです。ほんのり煙のようなアロマに石のヒントも高貴さを感じさせてくれます。

 まぁ、シャサーニュの赤は、良いのに当たると滅茶美味しいんです。例えばニーロンさんちの1級の赤などは、非常に少ないし余り評価されていないですが・・時折ご紹介させていただいてますのでご存知ですよね。妙に鉄っぽく重さの有るムルソー赤とも違い、もう少し低域に厚みの有る重厚さが出やすいワインです。

 その辺りの処理が、むしろこのドメーヌが伝統的な造りを続けてきたやり方に、非常にマッチしていると思われますが、滅茶心地良いんですね。これ、とても面白いポイントでして、シャルドネの造り手なのにピノ・ノワールの方が安定して美味しい・・ありゃ・・こんなこと書いちゃうと怒られちゃうかな?・・そのまま誰にも言わずに黙っててくださいね。

 このドメーヌのシャルドネは、滅茶出来が良いものと垢抜けないものが同居していまして、中々に選択が難しいんですね。しかも、出来が良いものが毎年一緒・・と言う感じでも無く、ただ、上級キュヴェは総じて出来は良いです。中級クラスが今一つの場合、もしくは良いものと、もう少し安いなら・・とか、もうちょっと頑張ってくれよ・・みたいななのが混じる感じで、中々にね・・ムズイんですね。・・内緒の話しです。なので当たると・・

「フォンテーヌ=ガニャールのシャルドネってこんなに素晴らしいの?」

と驚く羽目になります。なのに・・ACブルは毎年非常に安定感が有ります。

 これなら納得していただけるだろう・・と言う魂胆でのご案内です。ぜひ飲んでみて欲しいと思っています。ご検討くださいませ。



収穫時の「Les Longbois」の区画


2018 Chassagne-Montrachet 1er Cru Morgeot Rouge
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・モルジョ・ルージュ

15863
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■海外メディア情報
93 Points Tim Atkin
■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級モルジョに格付けされる「Les Brussonnes(レ ブリュソンヌ)」という場所に約0.23haの畑を所有。葡萄の植樹は1956年で小石の多い粘土質土壌です。若いうちは引き締まりのある固さがありますが、豊かなミネラル旨味と苦味のある力強い味わいで熟成させると真価を発揮します。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥7,850 (外税) 
【赤果実が美味しいクロ・サン=ジャンに対しこちらは、黒果実が多く入ってくる重厚な味わいで見事です!・・ティム・アトキン氏は93ポイント!】
 だって・・こんなに違うんですよ?・・単にヴィンテージ背景がそうさせただけ・・とも言えなくもないですが、やはり2017年ものに見えて来ていた「集中感」の延長じゃないかと思うんですね。ガニャール・ド・ラグランジュの良い畑を得て、人的にも、畑的にも成長した可能性が高いと踏んでいます。やはり1年見ないと・・全然違うことが良く判ると思います。

 何せこの見た目ですから、誰も「フォンテーヌ=ガニャールのピノだね・・」などとは思わないはずです。

「ん・・シャンボール=ミュジニー・レ・シャルムかな?」

なんて言っちゃいますよ。

 ミネラリティの豊富さは、以前のヴィンテージの倍ほども有るかと思います。そして抜栓してからすぐ・・おいしいはずですが、そのミネラリティに保護され、時にこの時期は1週間なんてへっちゃらで持ってしまいます・・実験済みです・・ポマール・レ・リュジアンはだいぶ閉じこもってしまいましたけどね。こちらは全然大丈夫。ある意味、凄いバランスです。

 2018年もののフォンテーヌ=ガニャールは、村名以下が13度(パスグラ12.5度)、1級が13.5度と言う、理想的なアルコール度数です。ハッキリ言って・・揃いすぎ?・・どうやったんだろ?・・こんなにビターなのに・・畑で潜在アルコール度数を見て収穫しない限り、出来ない仕業では有りますよね?

 で、こちらは黒果実で、赤果実のクロ・サン=ジャンと見事に対比できます。むしろ複雑性が高いのはこちらのモルジョ、エレガンスと言うか、高域の複雑性が高いのがクロ・サン=ジャンで、比較してしまえばこちらがパワフル、あちらがエレガント・・と言えるかもしれません。

 ティム・アトキン氏は93ポイントで、シャサーニュの1級赤としては、かなりの評価だと言えます・・普通はこれだけ高く付けてはくれませんから。きっちりとポテンシャルでの判断のできる方だからこそ、この評価になるのでしょう。実はnoisy的には93.5点で、クロ・サン=ジャン、モルジョとも同ポイントと付けていました。まぁ・・これは、ボトルに残ったワインを何日も飲みますから若干の変化は有りますので、ほぼティム・アトキン氏と同じ評価だと言えます。

 とても美味しいと思います。是非飲んでみて下さい!お勧めします!


 以下は以前のレヴューです。
-----
【例えばこの2アイテム、モルジョとクロ・サン=ジャンは翌日に激変!・・でも一日目のエレガンスたっぷりの味わいも捨てがたい・・】

 「あ~・・noisy さんですね?・・いつもブログ、拝見させていただいてます~!面白いですよね・・参考にさせていただいてます~!」

 と、最近は良く言われるんですね。

「(ん?・・ブログ?)」

とは一瞬、思うんですが、

「(ん~・・確かにこれはブログ調だよな~・・ワイン屋のページには余り見えんかもしれないなぁ・・)」

と反省することしきりになっています。もっと軽く仕上げてしまえば楽ですし、経費も掛からないし、商売は楽だし、身体も空くんですけど、そうしてしまうと説得力が全くなくなりますから・・難しいものです。


 左の写真は村の南にある、結構に南端では有りますが、著名な畑の「モルジョ」です。修道院の有ったところですね。

 で、色合いを見てください。下の写真と比較しますと、やや濃い感じで黒みが入っているように見えるかと思います。

 下の写真は「クロ・サン=ジャン」。村の真上(西)に有る1級畑です。なので、この2つの1級畑はそれなりの距離が有ります。でも基本的にはどちらも赤も白も植えられています。

 モルジョは赤さのある、そしてやや重量感のある粘っこい粘土由来の表情を感じます。でもフォンテーヌ=ガニャールのピノですから超エレガントで超ドライです。むしろ軽やかさまで感じるはずです。

 クロ・サン=ジャンは北にレ・ショーメ、そのレ・ショーメの下がレ・ヴェルジェですから、石灰系のミネラリティがより強いです。やや明るい赤ですよね?・・相当に違うでしょう? 


 クロ・サン=ジャンはもちろん、エレガントで軽やかでフラワリーなアロマに軽妙で白っぽい石灰系のミネラリティを多分に感じます。このバランスが実に良くて、クイクイ飲めてしまうんですね。

 で、ところがです。1日目はそんなやや軽やかですが、モルジョの粘っこさとクロ・サン=ジャンの切れの良い味わいに満たされていました。それが2日目になると、滅茶膨らんでくるんですよ。モルジョの粘土はまるでクロワッサンのようにふんわりと膨らんで、サクッサクな・・でも表面に塗られたバター、もしくは載せたチーズのような粘っこさも感じさせてくれ、ワインだけで完成した見事な味わいに変化していました。

 クロ・サン=ジャンも果実と花のアロマに艶やかさが出て来て、モルジョの重量感を結構に削った感じに軽やかな果実が乗っかり、これもまた非常に良い感じに変わっていたんですね。

 この2つを比較すると、村の北側の、結構に白っぽい石灰が強い畑と、赤さが表情に出てくるテロワールが見事に判りますし、何より美味しい・・(^^;

 そしてモルジョは「とても深~~い表情」に一変しますので、さらに変化して行く表情を拾い上げ、救い上げて楽しむことが出来るんですね。

 1級畑が大台を超えずに飲めるのは、そろそろ最後かもしれません。是非・・この超絶にドライでエレガントなピノ・ノワール、飲んでみて欲しいと思います。お勧めします!


2018 Chassagne-Montrachet 1er Cru Clos Saint-Jean Rouge
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・クロ・サン=ジャン・ルージュ

15864
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■海外メディア情報
92Points Tim Atkin
■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級モルジョに格付けされる「Les Brussonnes(レ ブリュソンヌ)」という場所に約0.23haの畑を所有。葡萄の植樹は1956年で小石の多い粘土質土壌です。若いうちは引き締まりのある固さがありますが、豊かなミネラル旨味と苦味のある力強い味わいで熟成させると真価を発揮します。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥7,850 (外税) 
【めっちゃ美味しいです~!・・ちょっとシャンボールを彷彿させられちゃいます!これは超お勧め!ティム・アトキン氏も92ポイントと高評価です!】
 どうでしょう~・・?もう、全然違うワインに見えてしまわないでしょうか?・・ちょっとビックリの集中感です。まるでシャンボールの某大ドメーヌのような・・いや、止めておきましょう。でも近い位の感激は有ると思いますよ。

 赤~い・・とても集中した小粒の果実に、少し黒い果実が混じる感じで、総体としますと「赤い」感じがとてもしっかりしています。濃いと言える見栄えでは有りますが、そもそもが超エレガントな組成ですし、そんな造りなんですよね。

 もし2017年以前のクロ・サン=ジャンやモルジョの赤に、何か不足が有ったとするので有れば、それは間違い無く、

「集中感」

です。

 2018年ものはそれをしっかり得ましたので、元々フィネス感、エレガント感バッチリですから・・鬼に金棒、天下無双でしょう?

「いや・・でも反対にちょっと濃そう・・に見えるけど・・」

と思われるかもしれませんが、ミネラル感も素晴らしく高く、まったくそんな「濃さ」は感じません。「濃いスル」なのかもしれませんが、noisy的には「濃い」とは思えないバランスです。

 その上で、甘く無い赤果実がとてもしっかりしていますんで・・これ、本当に美味しいですよ。是非飲んでみて下さい。超お勧めします!とてもリーズナブルです!


 以下は以前のレヴューです。
-----
【例えばこの2アイテム、モルジョとクロ・サン=ジャンは翌日に激変!・・でも一日目のエレガンスたっぷりの味わいも捨てがたい・・】

 「あ~・・noisy さんですね?・・いつもブログ、拝見させていただいてます~!面白いですよね・・参考にさせていただいてます~!」

 と、最近は良く言われるんですね。

「(ん?・・ブログ?)」

とは一瞬、思うんですが、

「(ん~・・確かにこれはブログ調だよな~・・ワイン屋のページには余り見えんかもしれないなぁ・・)」

と反省することしきりになっています。もっと軽く仕上げてしまえば楽ですし、経費も掛からないし、商売は楽だし、身体も空くんですけど、そうしてしまうと説得力が全くなくなりますから・・難しいものです。


 左の写真は村の南にある、結構に南端では有りますが、著名な畑の「モルジョ」です。修道院の有ったところですね。

 で、色合いを見てください。下の写真と比較しますと、やや濃い感じで黒みが入っているように見えるかと思います。

 下の写真は「クロ・サン=ジャン」。村の真上(西)に有る1級畑です。なので、この2つの1級畑はそれなりの距離が有ります。でも基本的にはどちらも赤も白も植えられています。

 モルジョは赤さのある、そしてやや重量感のある粘っこい粘土由来の表情を感じます。でもフォンテーヌ=ガニャールのピノですから超エレガントで超ドライです。むしろ軽やかさまで感じるはずです。

 クロ・サン=ジャンは北にレ・ショーメ、そのレ・ショーメの下がレ・ヴェルジェですから、石灰系のミネラリティがより強いです。やや明るい赤ですよね?・・相当に違うでしょう? 


 クロ・サン=ジャンはもちろん、エレガントで軽やかでフラワリーなアロマに軽妙で白っぽい石灰系のミネラリティを多分に感じます。このバランスが実に良くて、クイクイ飲めてしまうんですね。

 で、ところがです。1日目はそんなやや軽やかですが、モルジョの粘っこさとクロ・サン=ジャンの切れの良い味わいに満たされていました。それが2日目になると、滅茶膨らんでくるんですよ。モルジョの粘土はまるでクロワッサンのようにふんわりと膨らんで、サクッサクな・・でも表面に塗られたバター、もしくは載せたチーズのような粘っこさも感じさせてくれ、ワインだけで完成した見事な味わいに変化していました。

 クロ・サン=ジャンも果実と花のアロマに艶やかさが出て来て、モルジョの重量感を結構に削った感じに軽やかな果実が乗っかり、これもまた非常に良い感じに変わっていたんですね。

 この2つを比較すると、村の北側の、結構に白っぽい石灰が強い畑と、赤さが表情に出てくるテロワールが見事に判りますし、何より美味しい・・(^^;

 そしてモルジョは「とても深~~い表情」に一変しますので、さらに変化して行く表情を拾い上げ、救い上げて楽しむことが出来るんですね。

 1級畑が大台を超えずに飲めるのは、そろそろ最後かもしれません。是非・・この超絶にドライでエレガントなピノ・ノワール、飲んでみて欲しいと思います。お勧めします!


2018 Volnay Premier Cru Clos des Chenes
ヴォルネイ・プルミエ・クリュ・クロ・デ・シェーヌ

15861
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ヴォルネイ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。葡萄の植樹は1985年で所有畑の面積は約0.22ha、小石の多い粘土質土壌で傾斜のある区画です。色合いは深紅でブラックベリーのような濃厚なフルーツのアロマ、タンニンも力強く、骨格のしっかりしているワインです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,750 (外税) 
【・・笑ってしまうような違い・・是非ご覧くださいませ!・・ヴォルネイ新時代の参加者として認定させていただきます!】
 もう・・笑ってしまうような2017年ものとの見た目の違いと、思わず笑ってしまうような・・口入れ後の「快感」・・に驚いてください。

「いや~・・ヴォルネイって、本当に美味しい!」

と思っていただけるに違い無いです。

 しかもクロ・デ・シェヌは、ポマール・レ・リュジアンより価格設定が安く、しかもヴォルネイとトップ・クリマの一つなんですね。

 味わい的には、

「激エレガンス!激赤果実!超繊細!」

です。


 申し訳ないんですが、実はnoisy的にはより値の張るリュジアンより、高い評価をしています。残念ながらティム・アトキン氏の評価が見当たらず、ヴィノスのものだけでした。

 でも、余りアテにはしていないヴィノスでさえ・・ボルドー舌なんじゃないかと思っていますが・・

「92ポイント」

なんですね。ある意味、これはもうえげつなく高い評価だと思っていまして、noisy 的には94.5(94+)点ですので、差はあるにせよ、低い評価しかできないメディアの評価でも、かなり参考になるんじゃないかと思うんですね。

 実に高質な赤果実と黒果実、紫も少し入り込むでしょうか。その表情がまた・・素晴らしい!繊細な糸を撚り合わせたようなテクスチュアに、果実とミネラリティの非常にリアルな表現が浮かんできます。ですので、

「もう・・笑うしかない!・・」

と思いますよ。ほぼ1万円で購入できるワインでは、最強の部類に入ると踏んでいます。数は無いので・・お早めにご検討くださいませ。

「フォンテーヌ=ガニャール?・・ふん・・」

とスルーしてしまうと・・残念なことになると思います。少なくともこの見事な「色彩」をご覧くださいませ。


 以下は以前のレヴューです。
-----
【激旨!・・この超細い糸で繊細に織られた表情に接してみて下さい!・・勿論、乱暴に扱ってはいけませんよ・・丁寧にお願いいたします。】

「きゃ~っ!・・」

と、思わず絶叫を出したくなってしまうような、実にエレガントで深~~い・・「旨味の中にも漂うフィネス」とも言うべき見事な果実感を感じさせてくれる「クロ・デ・シェヌ」です。フォンテーヌ=ガニャールの赤のトップ・キュヴェですね。

 やはりこのヴォルネイ1級格のクロ・デ・シェヌと言う畑は別格の美味しさのバランスを持っていますね~。勿論ですが、村の真ん中に有って、ほとんどが旧領主たちの邸宅になっている部分・・「何とかデュック」と言われる1級畑や、カイユレなどのパワフルな味わいも素晴らしいと思いますが、村の南端に有る・・つまりムルソーやモンテリーとの境界に有るこの「クロ・デ・シェヌ」のエレガンスは、人間を引き付ける魅力に溢れていると感じてしまいます。

 ただし、マット・クレイマーさんもその著書で書いていますが、

「私には少し物足りない」

と・・実に正直に言っています。


 noisy も今まで何度か感じたことでは有りまして、

「このクロ・デ・シェヌと言う畑は確かに素晴らしい表情を持った稀有な畑だが、醸造は相当に難しいのかも・・?」

と思っていました。


 つまり、力ずくで造ってしまうと、「少し野暮っぽい」味わいになってしまいがちで、そんなクロ・デ・シェヌに随分と出会ったものです。

 しかしながら先般ご紹介させていただきましたティエリー・グラントネの2017年クロ・デ・シェヌの美味しさにはぶっ飛びましたし、このフォンテーヌ=ガニャールの、まさに「エレガンスの塊から漏れてくる微細な表情」にも感動しました。

 そしてその2つ、グラントネとフォンテーヌ=ガニャールのクロ・デ・シェヌは、根っこの部分で同様なものを感じますが、

「根本的な設計が全然異なる」

と感じるんですね。


 グラントネは、濃密な葡萄を結構に「さらっ」と抽出し、ほんの僅かな甘みを残した醸造をしているはずです。

 フォンテーヌ=ガニャールは、健康だがグラントネほどの濃密さを持った葡萄にはせず、それを「さらっ」と抽出してエレガンスとクロ・デ・シェヌならではの微細な香気成分を得ているように感じます。

 どちらも非常に美味しいと思います。そして、結構に「外れ」の多かったクロ・デ・シェヌが、本来の姿をちゃんと見せてくれるようになったことがとても嬉しいです。

 細い糸も太い糸も、「くんずほぐれつ」のグラントネと、滅茶細い絹のような糸を織り込んだかのようなフォンテーヌ=ガニャール。比べてみなければ詰まらないですよ。是非飲んでみて下さい。少ないですが・・超お勧めです!


2018 Pommard Premier Cru les Rugiens
ポマール・プルミエ・クリュ・レ・リュジアン

15862
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ポマール
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

◆◆◆■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。葡萄の植樹は1985年で所有畑の面積は約0.22ha、小石の多い粘土質土壌で傾斜のある区画です。色合いは深紅でブラックベリーのような濃厚なフルーツのアロマ、タンニンも力強く、骨格のしっかりしているワインです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥10,480 (外税) 
【流石にポマール随一の畑、リュジアン!・・パワフルさ、複雑性が半端無いです!心地良いスパイスに翻弄されます!】
 すみません・・ティム・アトキン氏の評価が見当たりませんでした。ヴィノスで評価していましたが、掲載に値しない評価だと判断しましたので入れませんでした。

 2017年ものと比較しても一段と磨きの掛かったリュジアンでした。このノーズに漂う中程度の軽さの存在から、

「あ・・リュジアン・・かな?」

みたいなスパイシーさを感じさせてくれます。ちょっと肉々しく、少しだけワイルドで、

「焼肉とか、バーベキューには最高だろう!」

と思わせてくれます。鳥系だと少しワインが勝ってしまう感じ・・それほどに2018年ものは充実しています。


 ティム・アトキン氏の評価は見当たりませんでしたが、おそらく評点を出しているはずで・・ちょっと気になりますね。noisy的には93.5~94ポイントと感じていました。なので・・

「フォンテーヌ=ガニャールのnoisy的評価は相当上がっている!」

とお考え下さい。

 少し置いた方が良いですよ・・リュジアンだけは!ご検討くださいませ。滅茶安いと思います!


 以下は以前のレヴューです。
-----
【超繊細系のポマール・リュジアン!・・2017年ものは膨らみが出てくるまで少し待ちましょう!】

 超繊細系のポマールの寵児、リュジアンです。ポマール的な土っぽさとは無縁の、ハイトーンに伸びて行くアロマが特徴とも言えます。

 このフォンテーヌ=ガニャールは100%除梗と聞いていたんですが・・どうなんでしょう?・・ちょっと変わって来たんじゃ無いかな?・・気のせいか?・・とにかく、何の証拠も無いので迂闊なことは言えませんが、結構に自然派に寄って来ている気がします・・特にピノは。なので、100%除梗でこんな風に・・と言う点で、ちょっと疑問が無い訳では有りません。

 で、リュジアンは決して重みに長けたワインでは無いんですが、ここまでエレガントに仕上がるのは別の意味でビックリです。

 軽やかでフラワリー、繊細な糸を織り込んだかのような見事なテクスチュアです。そしてものの見事に「ドライ」です。全く土臭さが無く、圧を掛けずに軽く絞った結果としてのエレガンスなのかな?・・と感じました。

 そう、どちらかと言えば、ハイツ・ロシャルデのリュジアンにも似ていて・・ただしあちらは全房発酵が間違いない・・フォンテーヌ=ガニャールは100%除梗ですし、そのニュアンスもちゃんとは有るものの、似ているんですね~。

 ヴォルネイ・クロ・デ・シェヌ2017年の超絶に美味しいバランスに比較すると、まだまだこのドメーヌのトップ・キュヴェたる2017年リュジアンの成長は、ポテンシャルをたっぷり感じるものの、少し遅い感じです。2015年ものは最初から美味しかったんですけどね。

 なので、軽やかなバランスで美味しく飲むには、この先2~3カ月は置くべきかと思います。そして徐々に押し出しや膨らみが出てくるはずですので、少なくとも2~3年はボトルで熟成させてください。

 ただしこのワイン、だいぶ昔に飲んだロベール・シリュグの2008年のグラン=ゼシェゾーと同類のものを感じましたので、秘めているものは大きそうで、膨らみも「突然に」やってくると思います。ご検討くださいませ。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【!】

 余りに少なく・・でも2015年ものも少し前に再入荷しましたので、一旦落ち着いてはいます。しかし何度も言いますが、2015年のリュジアン、物凄いワインです。2016年ものは少なすぎて今のところ飲めていないので、お勧めし切れずに・・残念な状況です。どなたか人柱になっていただけますと幸いです。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【超絶にエレガントで滅茶ゴージャスです!このフォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワール、是非とも一度トライされてください!】
 いや~・・驚きました。フォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワールがここまで旨いとは思いませんでした。長い間飲んでいなかったとは言え・・と言うか、余りに初期のイメージが良く無かったのが響いたことも有りますし、エクスクルーシヴを持つエージェントさんとの付き合いがちょうど無かったことも有るかと思います。

 それにしても、

「あの、紙を加えたままピノを飲んでいるかのようなイメージ」

は何だったんだろう・・と思ってしまうほど・・の超絶なエレガンス、フィネスです。


 左の写真は上から順にポマール・レ・リュジアン、シャサーニュ=モンラッシェ、ACブルゴーニュになります。色合いなどぜひご覧くださいませ。

 勿論ですが上級キュヴェほど、その造り手の真の姿を映し出しますが、さりとて下級キュヴェもその延長上になければ飲み手の理解は深まらず、しかも、

「・・高いクラスだけ美味しくてもね・・駄目だよね・・」

と言うような、余り良く無いイメージを植え付けてしまいます。最初に言わせていただきますが、下から上まで、ちゃんと統一され、造り手の意思が全てのワインにキッチリ現れています。


 ポマール・レ・リュジアンは、言わずと知られたポマールのテート・ド・キュヴェ(トップワイン)です。濃密ながらエレガンス、複雑性とも、他の1級畑ものを引き離すと理解されています。

 この非常に淡く美しい色合い・・感動的ですよね。やや黒みを深く持つシャサーニュ=モンラッシェとも、大きく異なる色合いで、ポマールの1級畑が持つ上品さを見せてくれているように思います。


 で、このレ・リュジアン2015年ですが、ビックリするほどの超絶なエレガンスとフィネスを感じさせてくれます。しかも、

「まったく濃く無い!」

です。しかし、ちゃんとキッチリエキスが出ています。これ、どういう事かと言いますと、


「最適な状態に熟した葡萄のみを使用し、ほぼ圧力を掛けずに優しく絞った、非常に贅沢な味わい」

なんですね・・。



 例えば日本酒でも、モロミを絞る時に、ギューっと強い圧力を掛けて、最後の最後まで絞ったら・・どうなるでしょう?・・渋みやエグミ、雑味が出てしまいますよね。でもその分、量が沢山造れる訳です。

 ワインも同じです。絞れるだけ絞ってしまうと、そりゃぁ量は出来ますが、雑味の多い味わいになってしまいます。

 このワインからは、そんな雑味は感じられないどころか、一点の曇りのない美しい姿のみを感じさせてくれます。


 勿論ですが、葡萄の質が良く無ければ、醸造も、絞りも全く意味が有りませんが、

「上質で健康な葡萄だけを使用している・・と感じさせてくれる高質感」

が感じられます。


 なので、今飲んでも滅茶苦茶美味しい!・・しかし、こんなもんじゃないんですよね・・実際は。このワインが熟してきますと豹変するはずなんですね・・だって、素性が滅茶苦茶良いんですから。


 むしろ今は、その姿は「淡泊」に感じられるかもしれません。・・そう、強さは全く無いに等しいほど、スムーズな飲み口なんです。でも少し飲めば判るでしょう・・

「・・これ、只者じゃぁ無いぞ・・」

と言うニュアンスがヒシヒシと伝わってくるはずです。


 言わば、例のルイ・ユエランのような、余り饒舌では無いタイプなんです。非常に贅沢な、葡萄の芯の部分だけをワインにしたような感じです。なので、

「ガシッとした味わいが好きな方にはもしかしたら向かない」

かもしれませんが、

「シルヴァン・パタイユのフルール・ド・ロゼが非常に美味しいと感じられる方には、これ以上無い味わい!」

と感じていただけると思います。


 いや・・贅沢ですよ、これ。最高の贅沢です。高名な生産者のレ・リュジアンが雑に感じてしまう人もおられると思います。それほどまでにこの表情は素晴らしいです。やや高額では有りますが、

「こんなワイン、レストランさんで飲みたいよなぁ・・」

と思っていただけると思います。



 二番目のシャサーニュ=モンラッシェの赤は、レ・リュジアンとはテロワールが全然違うことが色合いからも判ると思います。軽やかなレ・リュジアンに比較し、しっかり強い粘土とシャサーニュらしい強い果実感が特徴です。

 しかしながらレ・リュジアンと同様に非常にエレガントでフィネス感たっぷりです。粘土由来の重厚さを第一に考えるのでしたらこちらのシャサーニュ=モンラッシェ赤をお勧めします。価格もよりリーズナブルですし、

「他の生産者のシャサーニュ=モンラッシェ赤のような鈍重さが無い」

のが特徴です。強い抽出をせず、フェザーのように軽くしか圧を掛けていない感じを受けます。アメリカン・チェリーやブラック・ベリー風の果実味が、非常に高質に感じられます。美味しいです。


 最後はA.C.ブルゴーニュの赤ですが、これはやはりフォンテーヌ=ガニャールのエレガントスタイルを見事に表現できていますので、


「もし、レ・リュジアンやシャサーニュに手を出すのが怖いのなら・・」

このACブルを飲んでみるのが良いかと思います。


 勿論、レ・リュジアンの超絶なエレガンスや、シャサーニュらしい重厚なピノの味わいをエレガントに表現できてはいないです。

 しかし、テクニカルにあるように、ヴォルネイとシャサーニュに有るACブルの区画のブレンドですので、これ、かなりバランスが良いんですね。ヴォルネイが持つ雅さとシャサーニュが持つ大きさや重量感をブレンドしており、しかも、フォンテーヌ=ガニャールの質の良い葡萄とゴージャスなワイン造りにより、とてもエレガントにチェリー風味をエキス味で表現してくれます。

 2014年も美味しかったですが、2015年ものも負けずに・・いや、それ以上に旨いです。


 2015年ものは3アイテム、ご紹介させていただきました。どうしても上級キュヴェのレ・リュジアンの記事の比重が大きくなってしまいますが、これは仕方が無いです。滅茶素晴らしいですから。

 でも、例えば濃密さ、凝縮感命の方が飲まれたら・・

「ん?・・全然言うほどじゃ無いじゃん!」

と怒りを覚えるかもしれませんよ。それほどまでにエレガントなんです。


 濃いものはアバタを隠せます。でも淡いものは隠しようが無いんです。少しの汚れも浮き上がらせてしまうんです。だから淡いワインは造るのが非常に難しいんです。濃いものは最初から濃く造るつもりなら出来ますし、アバタも隠せる訳です。


 素晴らしいピノ・ノワールでした。まだ飲まれていないようでしたら是非とも飲んでいただきたい逸品です。ご検討くださいませ。


「 Les Voillenots Dessus」の区画


 以下は2014年ブルゴーニュ・ルージュのレヴューです。
━━━━━
【ドライでピュア、柔らかでしなやかなエキス系の・・ストレートど真ん中に投げ込んだような高質ピノ・ノワールです!】

 いつ以来なのか・・覚えていないほどですが、フォンテーヌ=ガニャールのワインをご紹介します。へそ曲がりの noisy は、シャルドネでは無くてピノ・ノワールです。

 おそらくシャサーニュ村近郊の畑産と思われる、柔らかでしなやかなテクスチュアを持った秀逸なピノ・ノワールです。シャサーニュ系のピノに有りがちな「甘いピノ・ノワール」では無く、しっかり完全発酵させたドライでエキシーな味わいです。

 やや赤いフラワリーさを感じるノーズにチェリーの果実、粘土がいっぱい・・と言うよりは、白い石灰が透けて見えるような美しい色調、口内を「もっさり」させてしまうような重ったるさも無く、しかししなやかで伸びの良い味わいです。ほんのり煙のようなアロマに石のヒントも高貴さを感じさせてくれます。

 まぁ、シャサーニュの赤は、良いのに当たると滅茶美味しいんです。例えばニーロンさんちの1級の赤などは、非常に少ないし余り評価されていないですが・・時折ご紹介させていただいてますのでご存知ですよね。妙に鉄っぽく重さの有るムルソー赤とも違い、もう少し低域に厚みの有る重厚さが出やすいワインです。

 その辺りの処理が、むしろこのドメーヌが伝統的な造りを続けてきたやり方に、非常にマッチしていると思われますが、滅茶心地良いんですね。これ、とても面白いポイントでして、シャルドネの造り手なのにピノ・ノワールの方が安定して美味しい・・ありゃ・・こんなこと書いちゃうと怒られちゃうかな?・・そのまま誰にも言わずに黙っててくださいね。

 このドメーヌのシャルドネは、滅茶出来が良いものと垢抜けないものが同居していまして、中々に選択が難しいんですね。しかも、出来が良いものが毎年一緒・・と言う感じでも無く、ただ、上級キュヴェは総じて出来は良いです。中級クラスが今一つの場合、もしくは良いものと、もう少し安いなら・・とか、もうちょっと頑張ってくれよ・・みたいななのが混じる感じで、中々にね・・ムズイんですね。・・内緒の話しです。なので当たると・・

「フォンテーヌ=ガニャールのシャルドネってこんなに素晴らしいの?」

と驚く羽目になります。なのに・・ACブルは毎年非常に安定感が有ります。

 これなら納得していただけるだろう・・と言う魂胆でのご案内です。ぜひ飲んでみて欲しいと思っています。ご検討くださいませ。



収穫時の「Les Longbois」の区画


2015 le Montrachet Grand Cru
ル・モンラッシェ・グラン・クリュ

13512
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1978年にリシャール氏の義理の祖父にあたるエドモンド ガニャール氏が畑を購入し、1996年からフォンテーヌ家で醸造するようになりました。所有畑の面積は僅か0.07haで土壌は泥灰土と粘土質から構成され、南東向きの緩やかな斜面に樹齢60~70年の葡萄が植えられています。年間生産量は最大でも600本ほどしかなく、非常にオイリーで濃厚、凝縮した果実味と酸味、ミネラル旨味と苦味、どこまでも続くような余韻がこのワインのポテンシャルを物語っています。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥89,990 (外税) 
【このトップ・キュヴェ3アイテムは相当に評価が高いです!】
 え~・・いつか飲んでやろうと虎視眈々と狙っていますが、さすがにこのクラスともなりますと、如何にnoisy が浪費家でもそう易々とは開けられません。

 しかし、昔から上級キュヴェの素晴らしさには定評が有ったフォンテーヌ=ガニャールですが、2015年ものの1級、村名シャルドネを飲みますと、


「以前の妙な硬さはどこへやら。超エレガントで柔らかく、いつ飲んでも美味しいに違いない・・」

と思わせてくれます。


 2015年のル・モンラッシェは、ヴュー・フロム・ザ・セラーのジョン・ギルマン氏が98ポイント。この方はブルゴーニュ専門ですが、評判は良いようです。noisy は余り知らない評論家さんです。また、ワイン・アドヴォケイトは94~96 ポイント、厳しいので有名なバーガウンドのアラン・メドウズ氏は94ポイントです。

 モンラッシェと言うワインは、気難しさは人一倍ですが、やはりあの漲る緊張感、熟成時の膨大なフレーヴァーに出会えたなら、どんなピノ・ノワールも吹っ飛んでしまうと思わせる凄みが有ると思います。


 2015年のバタール=モンラッシェは、ジョン・ギルマン氏が96ポイント、デカンター誌とアラン・メドウズ氏が93ポイントと言う評価が見当たりました。

 このバタール=モンラッシェは「モンラッシェの庶子」と言われるほど瓜二つ・・と言われます。凄いバタールに出会うのは、滅多に当たらないモンラッシェを飲むより確率が高いとも・・(^^ 言われてます。まぁ、このようなシャルドネの最高峰を開けるときこそ、

「時間をたっぷり使える時にこそ開けましょう!」
「もしくはリリース直後にそのポテンシャルの素晴らしさを味わってしまいましょう!」

と言うのが良いかと思います。中途半端な時期に抜栓してしまいますと、まったく死んだようにうんともすんとも言わず、

「・・騙された~!」

と・・やりきれない思いをすることになります。


 だから何とかその結果を他の人の性にしたいところが人間の性では有りますが、それは自分の性なんですね。気を付けましょう。


 2015年のクリオ=バタール=モンラッシェは、ワイン・アドヴォケイトのニール・マーティン氏が92~94ポイントとしています。すでに上級キュヴェを飲まれた担当さんの話しでは、

「クリオは今飲んでも滅茶開いていて美味しい。」

とのことです。


 バタールとモンラッシェは似た性格で、少し締まっているようです。まぁ、noisy に嗾けられたからと言って、さっさと開けてしまう方はいないと思いますけど!

 そんな訳で、希少な世界を代表するシャルドネ3品をご紹介させていただきました。ぜひご検討くださいませ。noisy もこのどれかを・・今年中に何とか開けたいと思っています。


緩やかな傾斜の区画


2017 Chassagne-Montrachet 1er Cru Morgeot Rouge
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・モルジョ・ルージュ

15054
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級モルジョに格付けされる「Les Brussonnes(レ ブリュソンヌ)」という場所に約0.23haの畑を所有。葡萄の植樹は1956年で小石の多い粘土質土壌です。若いうちは引き締まりのある固さがありますが、豊かなミネラル旨味と苦味のある力強い味わいで熟成させると真価を発揮します。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥7,850 (外税) 


2017 Chassagne-Montrachet 1er Cru Clos Saint-Jean Rouge
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・クロ・サン=ジャン・ルージュ

15055
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級モルジョに格付けされる「Les Brussonnes(レ ブリュソンヌ)」という場所に約0.23haの畑を所有。葡萄の植樹は1956年で小石の多い粘土質土壌です。若いうちは引き締まりのある固さがありますが、豊かなミネラル旨味と苦味のある力強い味わいで熟成させると真価を発揮します。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥8,150 (外税) 
【例えばこの2アイテム、モルジョとクロ・サン=ジャンは翌日に激変!・・でも一日目のエレガンスたっぷりの味わいも捨てがたい・・】
 「あ~・・noisy さんですね?・・いつもブログ、拝見させていただいてます~!面白いですよね・・参考にさせていただいてます~!」

 と、最近は良く言われるんですね。

「(ん?・・ブログ?)」

とは一瞬、思うんですが、

「(ん~・・確かにこれはブログ調だよな~・・ワイン屋のページには余り見えんかもしれないなぁ・・)」

と反省することしきりになっています。もっと軽く仕上げてしまえば楽ですし、経費も掛からないし、商売は楽だし、身体も空くんですけど、そうしてしまうと説得力が全くなくなりますから・・難しいものです。


 左の写真は村の南にある、結構に南端では有りますが、著名な畑の「モルジョ」です。修道院の有ったところですね。

 で、色合いを見てください。下の写真と比較しますと、やや濃い感じで黒みが入っているように見えるかと思います。

 下の写真は「クロ・サン=ジャン」。村の真上(西)に有る1級畑です。なので、この2つの1級畑はそれなりの距離が有ります。でも基本的にはどちらも赤も白も植えられています。

 モルジョは赤さのある、そしてやや重量感のある粘っこい粘土由来の表情を感じます。でもフォンテーヌ=ガニャールのピノですから超エレガントで超ドライです。むしろ軽やかさまで感じるはずです。

 クロ・サン=ジャンは北にレ・ショーメ、そのレ・ショーメの下がレ・ヴェルジェですから、石灰系のミネラリティがより強いです。やや明るい赤ですよね?・・相当に違うでしょう? 


 クロ・サン=ジャンはもちろん、エレガントで軽やかでフラワリーなアロマに軽妙で白っぽい石灰系のミネラリティを多分に感じます。このバランスが実に良くて、クイクイ飲めてしまうんですね。

 で、ところがです。1日目はそんなやや軽やかですが、モルジョの粘っこさとクロ・サン=ジャンの切れの良い味わいに満たされていました。それが2日目になると、滅茶膨らんでくるんですよ。モルジョの粘土はまるでクロワッサンのようにふんわりと膨らんで、サクッサクな・・でも表面に塗られたバター、もしくは載せたチーズのような粘っこさも感じさせてくれ、ワインだけで完成した見事な味わいに変化していました。

 クロ・サン=ジャンも果実と花のアロマに艶やかさが出て来て、モルジョの重量感を結構に削った感じに軽やかな果実が乗っかり、これもまた非常に良い感じに変わっていたんですね。

 この2つを比較すると、村の北側の、結構に白っぽい石灰が強い畑と、赤さが表情に出てくるテロワールが見事に判りますし、何より美味しい・・(^^;

 そしてモルジョは「とても深~~い表情」に一変しますので、さらに変化して行く表情を拾い上げ、救い上げて楽しむことが出来るんですね。

 1級畑が大台を超えずに飲めるのは、そろそろ最後かもしれません。是非・・この超絶にドライでエレガントなピノ・ノワール、飲んでみて欲しいと思います。お勧めします!


2017 Pommard Premier Cru les Rugiens
ポマール・プルミエ・クリュ・レ・リュジアン

15053
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ポマール
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

◆◆◆■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。葡萄の植樹は1985年で所有畑の面積は約0.22ha、小石の多い粘土質土壌で傾斜のある区画です。色合いは深紅でブラックベリーのような濃厚なフルーツのアロマ、タンニンも力強く、骨格のしっかりしているワインです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,990 (外税) 
【超繊細系のポマール・リュジアン!・・2017年ものは膨らみが出てくるまで少し待ちましょう!】
 超繊細系のポマールの寵児、リュジアンです。ポマール的な土っぽさとは無縁の、ハイトーンに伸びて行くアロマが特徴とも言えます。

 このフォンテーヌ=ガニャールは100%除梗と聞いていたんですが・・どうなんでしょう?・・ちょっと変わって来たんじゃ無いかな?・・気のせいか?・・とにかく、何の証拠も無いので迂闊なことは言えませんが、結構に自然派に寄って来ている気がします・・特にピノは。なので、100%除梗でこんな風に・・と言う点で、ちょっと疑問が無い訳では有りません。

 で、リュジアンは決して重みに長けたワインでは無いんですが、ここまでエレガントに仕上がるのは別の意味でビックリです。

 軽やかでフラワリー、繊細な糸を織り込んだかのような見事なテクスチュアです。そしてものの見事に「ドライ」です。全く土臭さが無く、圧を掛けずに軽く絞った結果としてのエレガンスなのかな?・・と感じました。

 そう、どちらかと言えば、ハイツ・ロシャルデのリュジアンにも似ていて・・ただしあちらは全房発酵が間違いない・・フォンテーヌ=ガニャールは100%除梗ですし、そのニュアンスもちゃんとは有るものの、似ているんですね~。

 ヴォルネイ・クロ・デ・シェヌ2017年の超絶に美味しいバランスに比較すると、まだまだこのドメーヌのトップ・キュヴェたる2017年リュジアンの成長は、ポテンシャルをたっぷり感じるものの、少し遅い感じです。2015年ものは最初から美味しかったんですけどね。

 なので、軽やかなバランスで美味しく飲むには、この先2~3カ月は置くべきかと思います。そして徐々に押し出しや膨らみが出てくるはずですので、少なくとも2~3年はボトルで熟成させてください。

 ただしこのワイン、だいぶ昔に飲んだロベール・シリュグの2008年のグラン=ゼシェゾーと同類のものを感じましたので、秘めているものは大きそうで、膨らみも「突然に」やってくると思います。ご検討くださいませ。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【!】

 余りに少なく・・でも2015年ものも少し前に再入荷しましたので、一旦落ち着いてはいます。しかし何度も言いますが、2015年のリュジアン、物凄いワインです。2016年ものは少なすぎて今のところ飲めていないので、お勧めし切れずに・・残念な状況です。どなたか人柱になっていただけますと幸いです。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【超絶にエレガントで滅茶ゴージャスです!このフォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワール、是非とも一度トライされてください!】
 いや~・・驚きました。フォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワールがここまで旨いとは思いませんでした。長い間飲んでいなかったとは言え・・と言うか、余りに初期のイメージが良く無かったのが響いたことも有りますし、エクスクルーシヴを持つエージェントさんとの付き合いがちょうど無かったことも有るかと思います。

 それにしても、

「あの、紙を加えたままピノを飲んでいるかのようなイメージ」

は何だったんだろう・・と思ってしまうほど・・の超絶なエレガンス、フィネスです。


 左の写真は上から順にポマール・レ・リュジアン、シャサーニュ=モンラッシェ、ACブルゴーニュになります。色合いなどぜひご覧くださいませ。

 勿論ですが上級キュヴェほど、その造り手の真の姿を映し出しますが、さりとて下級キュヴェもその延長上になければ飲み手の理解は深まらず、しかも、

「・・高いクラスだけ美味しくてもね・・駄目だよね・・」

と言うような、余り良く無いイメージを植え付けてしまいます。最初に言わせていただきますが、下から上まで、ちゃんと統一され、造り手の意思が全てのワインにキッチリ現れています。


 ポマール・レ・リュジアンは、言わずと知られたポマールのテート・ド・キュヴェ(トップワイン)です。濃密ながらエレガンス、複雑性とも、他の1級畑ものを引き離すと理解されています。

 この非常に淡く美しい色合い・・感動的ですよね。やや黒みを深く持つシャサーニュ=モンラッシェとも、大きく異なる色合いで、ポマールの1級畑が持つ上品さを見せてくれているように思います。


 で、このレ・リュジアン2015年ですが、ビックリするほどの超絶なエレガンスとフィネスを感じさせてくれます。しかも、

「まったく濃く無い!」

です。しかし、ちゃんとキッチリエキスが出ています。これ、どういう事かと言いますと、


「最適な状態に熟した葡萄のみを使用し、ほぼ圧力を掛けずに優しく絞った、非常に贅沢な味わい」

なんですね・・。



 例えば日本酒でも、モロミを絞る時に、ギューっと強い圧力を掛けて、最後の最後まで絞ったら・・どうなるでしょう?・・渋みやエグミ、雑味が出てしまいますよね。でもその分、量が沢山造れる訳です。

 ワインも同じです。絞れるだけ絞ってしまうと、そりゃぁ量は出来ますが、雑味の多い味わいになってしまいます。

 このワインからは、そんな雑味は感じられないどころか、一点の曇りのない美しい姿のみを感じさせてくれます。


 勿論ですが、葡萄の質が良く無ければ、醸造も、絞りも全く意味が有りませんが、

「上質で健康な葡萄だけを使用している・・と感じさせてくれる高質感」

が感じられます。


 なので、今飲んでも滅茶苦茶美味しい!・・しかし、こんなもんじゃないんですよね・・実際は。このワインが熟してきますと豹変するはずなんですね・・だって、素性が滅茶苦茶良いんですから。


 むしろ今は、その姿は「淡泊」に感じられるかもしれません。・・そう、強さは全く無いに等しいほど、スムーズな飲み口なんです。でも少し飲めば判るでしょう・・

「・・これ、只者じゃぁ無いぞ・・」

と言うニュアンスがヒシヒシと伝わってくるはずです。


 言わば、例のルイ・ユエランのような、余り饒舌では無いタイプなんです。非常に贅沢な、葡萄の芯の部分だけをワインにしたような感じです。なので、

「ガシッとした味わいが好きな方にはもしかしたら向かない」

かもしれませんが、

「シルヴァン・パタイユのフルール・ド・ロゼが非常に美味しいと感じられる方には、これ以上無い味わい!」

と感じていただけると思います。


 いや・・贅沢ですよ、これ。最高の贅沢です。高名な生産者のレ・リュジアンが雑に感じてしまう人もおられると思います。それほどまでにこの表情は素晴らしいです。やや高額では有りますが、

「こんなワイン、レストランさんで飲みたいよなぁ・・」

と思っていただけると思います。



 二番目のシャサーニュ=モンラッシェの赤は、レ・リュジアンとはテロワールが全然違うことが色合いからも判ると思います。軽やかなレ・リュジアンに比較し、しっかり強い粘土とシャサーニュらしい強い果実感が特徴です。

 しかしながらレ・リュジアンと同様に非常にエレガントでフィネス感たっぷりです。粘土由来の重厚さを第一に考えるのでしたらこちらのシャサーニュ=モンラッシェ赤をお勧めします。価格もよりリーズナブルですし、

「他の生産者のシャサーニュ=モンラッシェ赤のような鈍重さが無い」

のが特徴です。強い抽出をせず、フェザーのように軽くしか圧を掛けていない感じを受けます。アメリカン・チェリーやブラック・ベリー風の果実味が、非常に高質に感じられます。美味しいです。


 最後はA.C.ブルゴーニュの赤ですが、これはやはりフォンテーヌ=ガニャールのエレガントスタイルを見事に表現できていますので、


「もし、レ・リュジアンやシャサーニュに手を出すのが怖いのなら・・」

このACブルを飲んでみるのが良いかと思います。


 勿論、レ・リュジアンの超絶なエレガンスや、シャサーニュらしい重厚なピノの味わいをエレガントに表現できてはいないです。

 しかし、テクニカルにあるように、ヴォルネイとシャサーニュに有るACブルの区画のブレンドですので、これ、かなりバランスが良いんですね。ヴォルネイが持つ雅さとシャサーニュが持つ大きさや重量感をブレンドしており、しかも、フォンテーヌ=ガニャールの質の良い葡萄とゴージャスなワイン造りにより、とてもエレガントにチェリー風味をエキス味で表現してくれます。

 2014年も美味しかったですが、2015年ものも負けずに・・いや、それ以上に旨いです。


 2015年ものは3アイテム、ご紹介させていただきました。どうしても上級キュヴェのレ・リュジアンの記事の比重が大きくなってしまいますが、これは仕方が無いです。滅茶素晴らしいですから。

 でも、例えば濃密さ、凝縮感命の方が飲まれたら・・

「ん?・・全然言うほどじゃ無いじゃん!」

と怒りを覚えるかもしれませんよ。それほどまでにエレガントなんです。


 濃いものはアバタを隠せます。でも淡いものは隠しようが無いんです。少しの汚れも浮き上がらせてしまうんです。だから淡いワインは造るのが非常に難しいんです。濃いものは最初から濃く造るつもりなら出来ますし、アバタも隠せる訳です。


 素晴らしいピノ・ノワールでした。まだ飲まれていないようでしたら是非とも飲んでいただきたい逸品です。ご検討くださいませ。


「 Les Voillenots Dessus」の区画


 以下は2014年ブルゴーニュ・ルージュのレヴューです。
━━━━━
【ドライでピュア、柔らかでしなやかなエキス系の・・ストレートど真ん中に投げ込んだような高質ピノ・ノワールです!】

 いつ以来なのか・・覚えていないほどですが、フォンテーヌ=ガニャールのワインをご紹介します。へそ曲がりの noisy は、シャルドネでは無くてピノ・ノワールです。

 おそらくシャサーニュ村近郊の畑産と思われる、柔らかでしなやかなテクスチュアを持った秀逸なピノ・ノワールです。シャサーニュ系のピノに有りがちな「甘いピノ・ノワール」では無く、しっかり完全発酵させたドライでエキシーな味わいです。

 やや赤いフラワリーさを感じるノーズにチェリーの果実、粘土がいっぱい・・と言うよりは、白い石灰が透けて見えるような美しい色調、口内を「もっさり」させてしまうような重ったるさも無く、しかししなやかで伸びの良い味わいです。ほんのり煙のようなアロマに石のヒントも高貴さを感じさせてくれます。

 まぁ、シャサーニュの赤は、良いのに当たると滅茶美味しいんです。例えばニーロンさんちの1級の赤などは、非常に少ないし余り評価されていないですが・・時折ご紹介させていただいてますのでご存知ですよね。妙に鉄っぽく重さの有るムルソー赤とも違い、もう少し低域に厚みの有る重厚さが出やすいワインです。

 その辺りの処理が、むしろこのドメーヌが伝統的な造りを続けてきたやり方に、非常にマッチしていると思われますが、滅茶心地良いんですね。これ、とても面白いポイントでして、シャルドネの造り手なのにピノ・ノワールの方が安定して美味しい・・ありゃ・・こんなこと書いちゃうと怒られちゃうかな?・・そのまま誰にも言わずに黙っててくださいね。

 このドメーヌのシャルドネは、滅茶出来が良いものと垢抜けないものが同居していまして、中々に選択が難しいんですね。しかも、出来が良いものが毎年一緒・・と言う感じでも無く、ただ、上級キュヴェは総じて出来は良いです。中級クラスが今一つの場合、もしくは良いものと、もう少し安いなら・・とか、もうちょっと頑張ってくれよ・・みたいななのが混じる感じで、中々にね・・ムズイんですね。・・内緒の話しです。なので当たると・・

「フォンテーヌ=ガニャールのシャルドネってこんなに素晴らしいの?」

と驚く羽目になります。なのに・・ACブルは毎年非常に安定感が有ります。

 これなら納得していただけるだろう・・と言う魂胆でのご案内です。ぜひ飲んでみて欲しいと思っています。ご検討くださいませ。



収穫時の「Les Longbois」の区画


2017 Chassagne-Montrachet 1er Cru Clos des Murees Monopole
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・クロ・デ・ミュレ・モノポール

15048
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級区画クロ サン ジャンも名乗れる「Les Murées(レ ミュレ)」という畑を単独所有しています。広さは約0.34ha、粘土が少なく石が多く散らばる土壌で葡萄は1971年に植樹されました。比較的暖かい早熟な畑で他の1級よりもエレガントで繊細な味わいになりやすい特徴があります。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,500 (外税) 
【ジョン・ギルマン氏は92Pointsでした。】
 少なくてとても飲めないので、テイスティング・レヴュワー達のポイントを掲載させていただきますね。

 ジョン・ギルマン氏は92Points、飲み頃 2018~2035と言う評価です。アドヴォケイトのニール・マーティン氏は91Pointsでした。2015年ものもほぼ同様です。




 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2017 Chassagne-Montrachet 1er Cru Vergers Blanc
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ヴェルジェ・ブラン

15047
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。所有する約0.71haの畑は東から南向きの緩やかな斜面の鉄分を多く含む赤土土壌で、1972年に葡萄は植えられました。ハツラツとした酸味が良く出る区画で、オイリーさもありますが瑞々しい果実味が豊かで余韻にしっかりとした酸味を感じられる緊張感のある味わいです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,480 (外税) 
【ここはねらい目・・でしょう!非常にリーズナブルです!】

 とっても正直なティム・アトキンさんが94ポイントも付けちゃってるのが・・面白いですよね・・。これはねらい目としては見逃せないポイントです。その他の方々は価格やロケーションで点を付けちゃってるかもしれません・・そう願いたいです。

94 points Decanter
92 points John Gilman
92 points Robert Parker's Wine Advocate
90-92 points Vinous
90 points Allen Meadows Burghound


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【ジョン・ギルマン氏は92Pointsでした。】

 少なくてとても飲めないので、テイスティング・レヴュワー達のポイントを掲載させていただきますね。

 ジョン・ギルマン氏は92Points、飲み頃 2018~2035と言う評価です。アドヴォケイトのニール・マーティン氏は91Pointsでした。2015年ものもほぼ同様です。




 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2017 Chassagne-Montrachet 1er Cru Morgeot Blanc
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・モルジョ・ブラン

15046
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級モルジョに格付けされる「Les Brussonnes(レ ブリュソンヌ)」という場所に約0.23haの畑を所有。葡萄の植樹は1956年で小石の多い粘土質土壌です。若いうちは引き締まりのある固さがありますが、豊かなミネラル旨味と苦味のある力強い味わいで熟成させると真価を発揮します。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,480 (外税) 
【ジョン・ギルマン氏は92Pointsでした。】
 少なくてとても飲めないので、テイスティング・レヴュワー達のポイントを掲載させていただきますね。

 ジョン・ギルマン氏は92Points、飲み頃 2018~2035と言う評価です。アドヴォケイトのニール・マーティン氏は91Pointsでした。2015年ものもほぼ同様です。




 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2017 Chassagne-Montrachet 1er Cru la Boudriotte
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ラ・ブードリオット

15045
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級ブードリオットに格付けされる「Les Fairendes(レ フェランド)」という場所に約0.8haの畑を所有。葡萄の植樹は古いもので1945年、小石が多く散らばる木目細かい粘土質土壌の南東向きの区画になります。白い花のアロマ、繊細さと力強さのバランスが素晴らしく、ストレートでカッチリとした味わい。ガニャール ドラグランジュの1級ブードリオットとの違いはこちらのほうが樽熟期間が短く、さらに新樽率が高いことです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,100 (外税) 
【ほぼほぼ・・ラモネさんのラ・ブードリオットと同じ評価です!】

 アドヴォケイトはラモネさんのラ・ブードリオットに93ポイント、フォンテーヌ=ガニャールには92ポイントと1ポイントの差を付けていますが、逆にヴィノスはラモネさんのラ・ブードリオットに91ポイント、フォンテーヌ=ガニャールに91~93ポイントです。

 なので・・結果は・・どうなんでしょうね。少なくとも我々にはプライスではかなり有利かと思います。因みにユベール・ラミーの2017年サン=トーバン・アン・ルミイィにヴィノスは94ポイント、付けてますが、


「スタイルは結構に異なる」

とも思いますし、でも、

「ラミーの硬質なクリスタル的ミネラリティのコーティングを2017年フォンテーヌ=ガニャールのシャルドネも持っている!」

と言ったら・・ビックリするかな?・・非常にフォンテーヌ=ガニャール、美味しいです。ご検討くださいませ。

91-93 points Vinous
92 points Allen Meadows Burghound
92 points John Gilman
92 points Robert Parker's Wine Advocate

以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【こちらは他の評価者が見当たりませんでした・・】

 まぁ、量の少ない年ならでは・・でしょうか。非常に少ないので、テイスティングも困難だったのか、noisy の探し方が悪いのか・・見当たりませんでした。すみません。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


 上の写真は緩やかな傾斜のカイユレの畑


2017 Chassagne-Montrachet 1er Cru Cailleret Blanc
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・カイユレ・ブラン

15044
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級カイユレに格付けされる「Vigne Derière(ヴィーニュ デリエール)」という場所に約0.56haの畑を所有し、葡萄は1962~66年に植えられました。畑は緩やかな斜面になっており、表面は白土で覆われ、その下に粘土が堆積しています。石灰質が多い斜面上部の葡萄はミネラルを、粘土質が多い下部の葡萄はリッチさをワインに与える特徴があり、ハツラツとした酸味とミネラル、若いうちは力強くて四角さを感じるカッチリとした味わいがあります。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥11,700 (外税) 
【飲めませんので・・すみません・・91~94ポイントまで幅の有る評価です!】

 こちらも評価の高いシャサーニュ1級カイユレです。1級畑ものは価格的にはやはり「ラ・ロマネ」が高価で次点がこのカイユレです。


91-94 points Vinous
93 points John Gilman
93 Points Jasper Morris Inside Burgundy
93 points Robert Parker's Wine Advocate
91 points Allen Meadows Burghound


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【ジョン・ギルマンさんは94ポイントでした!】
 少なくてとても飲めないので、テイスティング・レヴュワー達のポイントを掲載させていただきますね。

 ジョン・ギルマン氏は94Points、2021~2045が飲み頃と言う、かなり高い評価です。アドヴォケイトのニール・マーティン氏は92Points と低いですね・・この方はいつもこんな感じでは有りますが・・。因みにジョン・ギルマン氏は2015年も94Points で同評価、ニール・マーティン氏は90~92Pointsですので、2015年よりは良いと感じていらっしゃるのでしょう。だとすると、2015年のこのワインをテイスティングしているnoisyとしますと・・何だかな・・低すぎるでしょ!・・と言いたいところです。

 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2017 Criots-Batard-Montrachet Grand Cru
クリオ=バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ

15042
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。所有畑の広さは約0.3haで葡萄の植樹は1930年、南東向きの粘土質土壌で石が多く見られます。隣接するバタール モンラッシェよりも少し低地になるので北風の影響を受けにくく、さらに日当たりが良いので葡萄の成熟が早いのが特徴。パイナップルなどの南国果実のようなアロマ、ハツラツとした酸味と直線的な味わい、力強くもバランスの取れた味わいです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥31,590 (外税) 
【そもそもはクリオとバタールは一緒の畑ですから・・】
 おそらくですが、クリオ=バタールとバタールのどちらにするか・・と言うような点で悩むとしても、ほとんど「好みの問題」で終わってしまうと思うんですね。

 そもそもは・・昔はどちらも「バタール」でした。アペラシオンの改定で分けられた訳です。で、より金属的に感じられるクリオの特徴が良く判るようになった・・と、noisy的には感じています。

 まぁ、バタールと言う区画は相当に広さが有ったので、その位置により出来がまばらになり、クラスが分けられたと思います。そのクラスが分けられたことにより、またブルゴーニュワインが商業的に成功を収めたことにより、その「位置」に合った育て方が出来るようになったとも言えます。

 そして今、ユベール・ラミーの成功もまた、この「クリオ」を持っている他の生産者にとって、良い指針になったと思いますよ。弦が伸び放題のルロワとラミーの畑を見て、何も思わなかったら・・逆にそれこそ変ですよね。ご検討くださいませ。


95 points John Gilman
92-95 points Vinous
94 points Allen Meadows Burghound
94 points Decanter(Tim Atklin)
94 points Robert Parker's Wine Advocate

以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【このトップ・キュヴェ3アイテムは相当に評価が高いです!】

 え~・・いつか飲んでやろうと虎視眈々と狙っていますが、さすがにこのクラスともなりますと、如何にnoisy が浪費家でもそう易々とは開けられません。

 しかし、昔から上級キュヴェの素晴らしさには定評が有ったフォンテーヌ=ガニャールですが、2015年ものの1級、村名シャルドネを飲みますと、


「以前の妙な硬さはどこへやら。超エレガントで柔らかく、いつ飲んでも美味しいに違いない・・」

と思わせてくれます。


 2015年のル・モンラッシェは、ヴュー・フロム・ザ・セラーのジョン・ギルマン氏が98ポイント。この方はブルゴーニュ専門ですが、評判は良いようです。noisy は余り知らない評論家さんです。また、ワイン・アドヴォケイトは94~96 ポイント、厳しいので有名なバーガウンドのアラン・メドウズ氏は94ポイントです。

 モンラッシェと言うワインは、気難しさは人一倍ですが、やはりあの漲る緊張感、熟成時の膨大なフレーヴァーに出会えたなら、どんなピノ・ノワールも吹っ飛んでしまうと思わせる凄みが有ると思います。


 2015年のバタール=モンラッシェは、ジョン・ギルマン氏が96ポイント、デカンター誌とアラン・メドウズ氏が93ポイントと言う評価が見当たりました。

 このバタール=モンラッシェは「モンラッシェの庶子」と言われるほど瓜二つ・・と言われます。凄いバタールに出会うのは、滅多に当たらないモンラッシェを飲むより確率が高いとも・・(^^ 言われてます。まぁ、このようなシャルドネの最高峰を開けるときこそ、

「時間をたっぷり使える時にこそ開けましょう!」
「もしくはリリース直後にそのポテンシャルの素晴らしさを味わってしまいましょう!」

と言うのが良いかと思います。中途半端な時期に抜栓してしまいますと、まったく死んだようにうんともすんとも言わず、

「・・騙された~!」

と・・やりきれない思いをすることになります。


 だから何とかその結果を他の人の性にしたいところが人間の性では有りますが、それは自分の性なんですね。気を付けましょう。


 2015年のクリオ=バタール=モンラッシェは、ワイン・アドヴォケイトのニール・マーティン氏が92~94ポイントとしています。すでに上級キュヴェを飲まれた担当さんの話しでは、

「クリオは今飲んでも滅茶開いていて美味しい。」

とのことです。


 バタールとモンラッシェは似た性格で、少し締まっているようです。まぁ、noisy に嗾けられたからと言って、さっさと開けてしまう方はいないと思いますけど!

 そんな訳で、希少な世界を代表するシャルドネ3品をご紹介させていただきました。ぜひご検討くださいませ。noisy もこのどれかを・・今年中に何とか開けたいと思っています。


緩やかな傾斜の区画


2017 Batard-Montrachet Grand Cru
バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ

15041
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。最も古い木は1930年に植樹されたもので南西~南東向きの緩やかな斜面の粘土質と砂泥が混ざりあった畑に3つの区画を所有、合計面積は約0.3haになります。白い花や甘い柑橘系果実のアロマ、肉厚な果実味と酸味、たっぷりとした旨味の余韻が長い味わいです。下記クリオ バタールよりも熟成に少し時間を要します。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥31,590 (外税) 
【ル・モンラッシェには僅かに及ばなかったが・・実質、ル・モンラッシェ同等と見て良いはず!海外は4万円ですから・・ここは狙い目?】
 ほぼほぼ全てのメディアが95ポイントで揃ったバタール=モンラッシェです。・・いや、1級マルトロワで充分、それに近い感じは取れましたけど・・。

 まぁ、バタールと言うのは「庶子」と言う意味ですから、「そっくり」と言う意味を込めている訳ですね。でも、数年前までならフォンテーヌ=ガニャールのモンラッシェは緊張感が漲るタイプだとは思わなかったと思いますが、2017年もののフォンテーヌ=ガニャールのシャルドネを飲むに付け、「化け物!」に近いものを想像してしまいます。ご検討くださいませ。

95 points Allen Meadows Burghound
95 points Decanter
95 points Robert Parker's Wine Advocate
95 Points Jasper Morris Inside Burgundy
93-95 points Vinous
94 points John Gilman

以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【このトップ・キュヴェ3アイテムは相当に評価が高いです!】

 え~・・いつか飲んでやろうと虎視眈々と狙っていますが、さすがにこのクラスともなりますと、如何にnoisy が浪費家でもそう易々とは開けられません。

 しかし、昔から上級キュヴェの素晴らしさには定評が有ったフォンテーヌ=ガニャールですが、2015年ものの1級、村名シャルドネを飲みますと、


「以前の妙な硬さはどこへやら。超エレガントで柔らかく、いつ飲んでも美味しいに違いない・・」

と思わせてくれます。


 2015年のル・モンラッシェは、ヴュー・フロム・ザ・セラーのジョン・ギルマン氏が98ポイント。この方はブルゴーニュ専門ですが、評判は良いようです。noisy は余り知らない評論家さんです。また、ワイン・アドヴォケイトは94~96 ポイント、厳しいので有名なバーガウンドのアラン・メドウズ氏は94ポイントです。

 モンラッシェと言うワインは、気難しさは人一倍ですが、やはりあの漲る緊張感、熟成時の膨大なフレーヴァーに出会えたなら、どんなピノ・ノワールも吹っ飛んでしまうと思わせる凄みが有ると思います。


 2015年のバタール=モンラッシェは、ジョン・ギルマン氏が96ポイント、デカンター誌とアラン・メドウズ氏が93ポイントと言う評価が見当たりました。

 このバタール=モンラッシェは「モンラッシェの庶子」と言われるほど瓜二つ・・と言われます。凄いバタールに出会うのは、滅多に当たらないモンラッシェを飲むより確率が高いとも・・(^^ 言われてます。まぁ、このようなシャルドネの最高峰を開けるときこそ、

「時間をたっぷり使える時にこそ開けましょう!」
「もしくはリリース直後にそのポテンシャルの素晴らしさを味わってしまいましょう!」

と言うのが良いかと思います。中途半端な時期に抜栓してしまいますと、まったく死んだようにうんともすんとも言わず、

「・・騙された~!」

と・・やりきれない思いをすることになります。


 だから何とかその結果を他の人の性にしたいところが人間の性では有りますが、それは自分の性なんですね。気を付けましょう。


 2015年のクリオ=バタール=モンラッシェは、ワイン・アドヴォケイトのニール・マーティン氏が92~94ポイントとしています。すでに上級キュヴェを飲まれた担当さんの話しでは、

「クリオは今飲んでも滅茶開いていて美味しい。」

とのことです。


 バタールとモンラッシェは似た性格で、少し締まっているようです。まぁ、noisy に嗾けられたからと言って、さっさと開けてしまう方はいないと思いますけど!

 そんな訳で、希少な世界を代表するシャルドネ3品をご紹介させていただきました。ぜひご検討くださいませ。noisy もこのどれかを・・今年中に何とか開けたいと思っています。


緩やかな傾斜の区画


2016 Chassagne-Montrachet 1er Cru la Maltroie Blanc
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ラ・マルトロワ・ブラン

14112
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級モルジョに格付けされる「Les Brussonnes(レ ブリュソンヌ)」という場所に約0.23haの畑を所有。葡萄の植樹は1956年で小石の多い粘土質土壌です。若いうちは引き締まりのある固さがありますが、豊かなミネラル旨味と苦味のある力強い味わいで熟成させると真価を発揮します。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥10,680 (外税) 
【ジョン・ギルマン氏は92Points!】
 少なくてとても飲めないので、テイスティング・レヴュワー達のポイントを掲載させていただきますね。

 ジョン・ギルマン氏は92Points、飲み頃予想 2021~2045+ 。アドヴォケイトのニール・マーティン氏は90Points でした。因みにVinous のタンザーさんは2015年のこのワインを 89-91 points と評価していますので、大方・・2016年の方が上と言うことが言えるかと思います。

 タンザーさんは、

「このマルトロワは1950年代に植え替えられたが、この数年のうちに再度植え替えられるだろう・・」

と言ってます。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2016 Chassagne-Montrachet 1er Cru Morgeot Blanc
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・モルジョ・ブラン

14111
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級モルジョに格付けされる「Les Brussonnes(レ ブリュソンヌ)」という場所に約0.23haの畑を所有。葡萄の植樹は1956年で小石の多い粘土質土壌です。若いうちは引き締まりのある固さがありますが、豊かなミネラル旨味と苦味のある力強い味わいで熟成させると真価を発揮します。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥10,680 (外税) 
【ジョン・ギルマン氏は92Pointsでした。】
 少なくてとても飲めないので、テイスティング・レヴュワー達のポイントを掲載させていただきますね。

 ジョン・ギルマン氏は92Points、飲み頃 2018~2035と言う評価です。アドヴォケイトのニール・マーティン氏は91Pointsでした。2015年ものもほぼ同様です。




 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2016 Chassagne-Montrachet 1er Cru la Boudriotte
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ラ・ブードリオット

14110
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級カイユレに格付けされる「Vigne Derière(ヴィーニュ デリエール)」という場所に約0.56haの畑を所有し、葡萄は1962~66年に植えられました。畑は緩やかな斜面になっており、表面は白土で覆われ、その下に粘土が堆積しています。石灰質が多い斜面上部の葡萄はミネラルを、粘土質が多い下部の葡萄はリッチさをワインに与える特徴があり、ハツラツとした酸味とミネラル、若いうちは力強くて四角さを感じるカッチリとした味わいがあります。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥10,680 (外税) 
【こちらは他の評価者が見当たりませんでした・・】
 まぁ、量の少ない年ならでは・・でしょうか。非常に少ないので、テイスティングも困難だったのか、noisy の探し方が悪いのか・・見当たりませんでした。すみません。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2016 Chassagne-Montrachet Rouge
シャサーニュ=モンラッシェ・ルージュ

14105
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。所有畑の面積は約1.3haで「 Les Voillenots Dessus(レ ヴワユノ ドゥシュ)」や「 Mouchottes(ムショット)」など5~6区画の葡萄を使用、葡萄の植樹は最も古いもので1938年、土壌は泥灰石灰質になります。色合いは鮮やかなルビー色で香りも高く、酸味柔らかでなめらかなタンニン、バランス良く飲みやすい味わいです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥6,500 (外税) 
【滅茶美味しいです!そして非常にリーズナブル!】
 まぁ確かに、シャサーニュのピノ・ノワールには裏切られて来た感の有る・・と言うか、若干のネガティヴ感を持ち合わせていらっしゃる方もおられるかもしれない・・とは思います。

 と言うよりも、それはボーヌの赤全体に言えることかと思え、ニュイの赤に比べれば、各段に低い場所にヒエラルキーを構成しているんじゃないかと思うんですね。

 しかしながら、ここまでブルゴーニュワインが高騰してくるとなると・・いや、それは実は間違いで、

「今までがリーズナブル過ぎた」

とも言える訳ですしね・・。

 なので、

「例えボーヌだろうがシャロネーズだろうが、美味しいピノ・ノワールをリーズナブルに探すべき!」

と言うのが本題になるべきなのに・・それが判っていながらも、やはりニュイの人気ドメーヌの人気ワインにだけ意識が行ってしまう方がほとんどで有ることも事実でしょう。

 ただし、noisy としましては、そんな両方を扱っている訳ですし、ニュイでもボーヌでも、

「タイムリーなプライスで、ドンピシャに美味しいピノ・ノワールを探し続けている」

と言うことを判っていただきたいな・・と思うんですね。


「・・いや、判ってますよ・・noisyさん!」

とおっしゃってくださるお客様も大勢おられるんですが、それでもまだ、自身では「力量不足」を嘆いてはいる訳です。


 2014年のドメーヌ・ド・ベレーヌのニュイ=サン=ジョルジュにせよ、A.C.ブルにせよ、このフォンテーヌ=ガニャールとは全くタイプは違うものの、滅茶苦茶美味しいし滅茶苦茶リーズナブルだと・・思うんですけどね。非常に良く売れておりまして・・でもその割には、言葉での反応は薄いかなぁ・・などとも思ってしまいます。

 むしろ、ヴォルネイ的な、エキスたっぷりタイプにシャサーニュのやや重厚な味わいで支えている・・そんなイメージなのがこのシャサーニュ=モンラッシェ村名です。

 ヴォルネイの明るさとシャサーニュのほんのりとした重量感があり、チェリーそのもののリアルな果実、それはフォンテーヌ=ガニャールならではの「エレガンス」と言う言葉で評したい・・と思います。

 2015年ものは「あっけらかん」とした軽やかな美味しさ・・が、非常に心地良い佳酒でした・・残念ながら余り売れてはいませんが・・。

 2016年ものは、そんな軽やかさもどこかに持ちつつも、ブルゴーニュワインの醍醐味・・と言うか、「彼と彼女」で比喩される「ブルゴーニュとボルドー」の対比を思えば、「彼」で有る「ブルゴーニュ」の重厚ささえきちんと持ちつつ、エレガンスを失っていないと言うことに驚かされる訳です。

 非常に良いワインなんですが何故か人気に火が付かない・・まぁ仕方が無いにせよ、今回も、

「是非一度は飲んでみてください!」

とお勧めしたい訳ですね。旨いです。是非飲んでみてください。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【超絶にエレガントで滅茶ゴージャスです!このフォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワール、是非とも一度トライされてください!】
 いや~・・驚きました。フォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワールがここまで旨いとは思いませんでした。長い間飲んでいなかったとは言え・・と言うか、余りに初期のイメージが良く無かったのが響いたことも有りますし、エクスクルーシヴを持つエージェントさんとの付き合いがちょうど無かったことも有るかと思います。

 それにしても、

「あの、紙を加えたままピノを飲んでいるかのようなイメージ」

は何だったんだろう・・と思ってしまうほど・・の超絶なエレガンス、フィネスです。


 左の写真は上から順にポマール・レ・リュジアン、シャサーニュ=モンラッシェ、ACブルゴーニュになります。色合いなどぜひご覧くださいませ。

 勿論ですが上級キュヴェほど、その造り手の真の姿を映し出しますが、さりとて下級キュヴェもその延長上になければ飲み手の理解は深まらず、しかも、

「・・高いクラスだけ美味しくてもね・・駄目だよね・・」

と言うような、余り良く無いイメージを植え付けてしまいます。最初に言わせていただきますが、下から上まで、ちゃんと統一され、造り手の意思が全てのワインにキッチリ現れています。


 ポマール・レ・リュジアンは、言わずと知られたポマールのテート・ド・キュヴェ(トップワイン)です。濃密ながらエレガンス、複雑性とも、他の1級畑ものを引き離すと理解されています。

 この非常に淡く美しい色合い・・感動的ですよね。やや黒みを深く持つシャサーニュ=モンラッシェとも、大きく異なる色合いで、ポマールの1級畑が持つ上品さを見せてくれているように思います。


 で、このレ・リュジアン2015年ですが、ビックリするほどの超絶なエレガンスとフィネスを感じさせてくれます。しかも、

「まったく濃く無い!」

です。しかし、ちゃんとキッチリエキスが出ています。これ、どういう事かと言いますと、


「最適な状態に熟した葡萄のみを使用し、ほぼ圧力を掛けずに優しく絞った、非常に贅沢な味わい」

なんですね・・。



 例えば日本酒でも、モロミを絞る時に、ギューっと強い圧力を掛けて、最後の最後まで絞ったら・・どうなるでしょう?・・渋みやエグミ、雑味が出てしまいますよね。でもその分、量が沢山造れる訳です。

 ワインも同じです。絞れるだけ絞ってしまうと、そりゃぁ量は出来ますが、雑味の多い味わいになってしまいます。

 このワインからは、そんな雑味は感じられないどころか、一点の曇りのない美しい姿のみを感じさせてくれます。


 勿論ですが、葡萄の質が良く無ければ、醸造も、絞りも全く意味が有りませんが、

「上質で健康な葡萄だけを使用している・・と感じさせてくれる高質感」

が感じられます。


 なので、今飲んでも滅茶苦茶美味しい!・・しかし、こんなもんじゃないんですよね・・実際は。このワインが熟してきますと豹変するはずなんですね・・だって、素性が滅茶苦茶良いんですから。


 むしろ今は、その姿は「淡泊」に感じられるかもしれません。・・そう、強さは全く無いに等しいほど、スムーズな飲み口なんです。でも少し飲めば判るでしょう・・

「・・これ、只者じゃぁ無いぞ・・」

と言うニュアンスがヒシヒシと伝わってくるはずです。


 言わば、例のルイ・ユエランのような、余り饒舌では無いタイプなんです。非常に贅沢な、葡萄の芯の部分だけをワインにしたような感じです。なので、

「ガシッとした味わいが好きな方にはもしかしたら向かない」

かもしれませんが、

「シルヴァン・パタイユのフルール・ド・ロゼが非常に美味しいと感じられる方には、これ以上無い味わい!」

と感じていただけると思います。


 いや・・贅沢ですよ、これ。最高の贅沢です。高名な生産者のレ・リュジアンが雑に感じてしまう人もおられると思います。それほどまでにこの表情は素晴らしいです。やや高額では有りますが、

「こんなワイン、レストランさんで飲みたいよなぁ・・」

と思っていただけると思います。



 二番目のシャサーニュ=モンラッシェの赤は、レ・リュジアンとはテロワールが全然違うことが色合いからも判ると思います。軽やかなレ・リュジアンに比較し、しっかり強い粘土とシャサーニュらしい強い果実感が特徴です。

 しかしながらレ・リュジアンと同様に非常にエレガントでフィネス感たっぷりです。粘土由来の重厚さを第一に考えるのでしたらこちらのシャサーニュ=モンラッシェ赤をお勧めします。価格もよりリーズナブルですし、

「他の生産者のシャサーニュ=モンラッシェ赤のような鈍重さが無い」

のが特徴です。強い抽出をせず、フェザーのように軽くしか圧を掛けていない感じを受けます。アメリカン・チェリーやブラック・ベリー風の果実味が、非常に高質に感じられます。美味しいです。


 最後はA.C.ブルゴーニュの赤ですが、これはやはりフォンテーヌ=ガニャールのエレガントスタイルを見事に表現できていますので、


「もし、レ・リュジアンやシャサーニュに手を出すのが怖いのなら・・」

このACブルを飲んでみるのが良いかと思います。


 勿論、レ・リュジアンの超絶なエレガンスや、シャサーニュらしい重厚なピノの味わいをエレガントに表現できてはいないです。

 しかし、テクニカルにあるように、ヴォルネイとシャサーニュに有るACブルの区画のブレンドですので、これ、かなりバランスが良いんですね。ヴォルネイが持つ雅さとシャサーニュが持つ大きさや重量感をブレンドしており、しかも、フォンテーヌ=ガニャールの質の良い葡萄とゴージャスなワイン造りにより、とてもエレガントにチェリー風味をエキス味で表現してくれます。

 2014年も美味しかったですが、2015年ものも負けずに・・いや、それ以上に旨いです。


 2015年ものは3アイテム、ご紹介させていただきました。どうしても上級キュヴェのレ・リュジアンの記事の比重が大きくなってしまいますが、これは仕方が無いです。滅茶素晴らしいですから。

 でも、例えば濃密さ、凝縮感命の方が飲まれたら・・

「ん?・・全然言うほどじゃ無いじゃん!」

と怒りを覚えるかもしれませんよ。それほどまでにエレガントなんです。


 濃いものはアバタを隠せます。でも淡いものは隠しようが無いんです。少しの汚れも浮き上がらせてしまうんです。だから淡いワインは造るのが非常に難しいんです。濃いものは最初から濃く造るつもりなら出来ますし、アバタも隠せる訳です。


 素晴らしいピノ・ノワールでした。まだ飲まれていないようでしたら是非とも飲んでいただきたい逸品です。ご検討くださいませ。


「 Les Voillenots Dessus」の区画


 以下は2014年ブルゴーニュ・ルージュのレヴューです。
━━━━━
【ドライでピュア、柔らかでしなやかなエキス系の・・ストレートど真ん中に投げ込んだような高質ピノ・ノワールです!】

 いつ以来なのか・・覚えていないほどですが、フォンテーヌ=ガニャールのワインをご紹介します。へそ曲がりの noisy は、シャルドネでは無くてピノ・ノワールです。

 おそらくシャサーニュ村近郊の畑産と思われる、柔らかでしなやかなテクスチュアを持った秀逸なピノ・ノワールです。シャサーニュ系のピノに有りがちな「甘いピノ・ノワール」では無く、しっかり完全発酵させたドライでエキシーな味わいです。

 やや赤いフラワリーさを感じるノーズにチェリーの果実、粘土がいっぱい・・と言うよりは、白い石灰が透けて見えるような美しい色調、口内を「もっさり」させてしまうような重ったるさも無く、しかししなやかで伸びの良い味わいです。ほんのり煙のようなアロマに石のヒントも高貴さを感じさせてくれます。

 まぁ、シャサーニュの赤は、良いのに当たると滅茶美味しいんです。例えばニーロンさんちの1級の赤などは、非常に少ないし余り評価されていないですが・・時折ご紹介させていただいてますのでご存知ですよね。妙に鉄っぽく重さの有るムルソー赤とも違い、もう少し低域に厚みの有る重厚さが出やすいワインです。

 その辺りの処理が、むしろこのドメーヌが伝統的な造りを続けてきたやり方に、非常にマッチしていると思われますが、滅茶心地良いんですね。これ、とても面白いポイントでして、シャルドネの造り手なのにピノ・ノワールの方が安定して美味しい・・ありゃ・・こんなこと書いちゃうと怒られちゃうかな?・・そのまま誰にも言わずに黙っててくださいね。

 このドメーヌのシャルドネは、滅茶出来が良いものと垢抜けないものが同居していまして、中々に選択が難しいんですね。しかも、出来が良いものが毎年一緒・・と言う感じでも無く、ただ、上級キュヴェは総じて出来は良いです。中級クラスが今一つの場合、もしくは良いものと、もう少し安いなら・・とか、もうちょっと頑張ってくれよ・・みたいななのが混じる感じで、中々にね・・ムズイんですね。・・内緒の話しです。なので当たると・・

「フォンテーヌ=ガニャールのシャルドネってこんなに素晴らしいの?」

と驚く羽目になります。なのに・・ACブルは毎年非常に安定感が有ります。

 これなら納得していただけるだろう・・と言う魂胆でのご案内です。ぜひ飲んでみて欲しいと思っています。ご検討くださいませ。



収穫時の「Les Longbois」の区画


2016 Chassagne-Montrachet 1er Cru Rouge
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ルージュ

14104
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 ピノノワール種100%。2016年は霜の被害で収穫量が少なかったために1級区画の「ClosSaint-Jean(クロサンジャン)」と「Morgeot(モルジョ)」をアルコール醗酵から混ぜて醸造。標高が高く斜面の畑に植えられているクロサンジャンの葡萄はフルーティさとエレガントさを表現し、ほぼ平地で粘土質が多い畑に植えられているモルジョの葡萄は力強さと骨格、タンニンを表現しています。色調濃くたっぷりとした果実味、ハツラツとした酸味がありとても飲みやすい仕上がりになっています。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,290 (外税) 
【いつもは別にリリースしているリューディのワインをブレンドせざるを得なかった!・・しかし、非常にリーズナブルな1級ピノ・ノワールです!】
 クロ・サン=ジャンとモルジョのブレンドと言うことです。このような年にはこのような、通常のヴィンテージでは見られないようなワインが出来ますが、そう言う意味では非常にレアなワインですよね。

 1994年には、あのドメーヌ・ルロワでも、病気の旦那さんを介護していたために、マダム・ビーズは物凄いブレンドでワインをリリースしています。グラン・クリュまで村名にしちゃったんですから・・。

 しかしこの話しにはかなりの「落ち」が有って、当初は非常に安かったんですが、日を追う毎にプライスを上げて行ったようです。なので、ヴォーヌ=ロマネ1994の最終価格は、物凄いことになっていたようです。noisy も、

「ドメーヌ・ルロワがこんな価格で良いのかなぁ・・?」

と訝しげに思っていたんですが、

「何だ・・やっぱりいつもの手か・・」

と言うオチだったんですね。


 しかしこちらは格落ちこそさせてませんが、1級を名乗りつつ、価格はど~んと下げています。しかも数量は微量です・・ので、今のところ飲んではおりません。格下のキュヴェをテイスティングした限りにおいては、2015年同様・・・もしくはよりエキスたっぷりに仕上がっているはず・・と予想しています。ご検討くださいませ。

 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2018 Bourgogne Passetoutgrains
ブルゴーニュ・パストゥグラン

15271
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャサーニュモンラッシェ村の東にある「LesSaugeots(レソージョ)」という区画に樹齢約45年のピノノワールとガメが一緒に植えられています。葡萄の比率は各50%ずつで最初から混ぜて醸造。醸造方法は基本的に他の赤ワインと同じですが、フレッシュな果実味を活かすために新樽は使わず旧樽のみで熟成させています。色調淡くチャーミングな果実味と酸味、軽やかでバランス良く飲みやすい味わい。ブルゴーニュルージュ同様、ブルゴーニュパストゥグランとしては高いレベルの造りになっています。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,590 (外税) 
【美しさに加えて濃度・密度も備えたパスグラはもう無敵!・・この劇的な変化をした滅茶しなやかな12度の液体、2018年ものを是非飲んでみて下さい!】
「きゃ~!」・・です。

「どうしちゃったの~~?」

ですよ。


 以前も実に美しいワインで、淡くて、滑らかで、エレガントで美味しいパスグラだったんですが・・

「以前のヴィンテージと色が全然違う!」

のがお判りいただけるかと思います・・でしょ?もう劇的に「別のモノ」みたいな雰囲気です。


 でもこれ、エレガントさは全く変わっていないと思われるんですよ。そしてしなやかさも・・極上の舌触りもです。

 そしてなんとアルコール分は12度!です。・・これ以上薄いと「のっぺら」としてしまいますし、13.5度にまでなると・・普通かな・・でも14度だと「強い」と感じてしまうのがピノ・ノワール・ファンの気付かぬ意識だと思います。

 そして、葡萄の質の良さは、飲めばだれでも判りますよ。もう極上と言って良いほどです。これが2018年もの1年で終わってしまうのか、それともこれ以降持続するのかで、結構に変わってくると思うんですね。

 だって・・これほど美味しいものを誰もが放っておくはずが無いですから。


 もし、最上の飲み心地を得たいのならこのパストゥグランを、ビロードの口当たりと「ピノ・ノワールの粋の密」を得たいのならブルゴーニュ・ピノ・ノワールをお選びください。滅茶美味しいです!・・2019年、どうなるのかも楽しみ!こうご期待!



 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【ピュアで精緻!不足無し!・・フォンテーヌ=ガニャール的なエレガンスを知る良い1本です!】
 美味しいですね~。とても美味しいです。フォンテーヌ=ガニャールの下級クラスもレストランさんで人気のようですが、それも納得できるようなピュアで汚れ無き味わいです。

 最近のブルゴーニュワインは、確かに高騰してはいますが、その恩恵も有ると思います。利益が出るようになったので、それを設備投資や人的な部分に回せるんですね。

 そして、畑の拡張が望めないブルゴーニュですから、既存のワインをブラッシュアップするしか・・無いんですよ。

 だから、以前は酸っぱくて味わいの薄いワインが多かったパストゥグランも、最近はやたら美味しく感じ無いですか?ベリーやチェリーが見事に感じられ、しかも「強過ぎず適度な感じ」に仕上がり、不足感を感じない・・むしろA.C.ブルが昔の村名並みにしっかりして来ていますから、

「品格の有るパストゥグランが滅茶美味しい!」

と言うような感じになっているんだと思います。

 決して濃く無く、ガメのベリー感とピノのチェリー感を、その時のタイミングで味わいを変化させ、感じさせてくれます。

 そそてフォンテーヌ=ガニャール的なエレガンスもそれを助長してます。化粧は余りせず、ピュアで「充分と感じさせるバランス」で赤ワインを仕上げています。

 むしろフォンテーヌ=ガニャールのシャルドネは結構に濃密さも有りますので、

「充実したシャルドネとエレガントな赤ワイン」

がフォンテーヌ=ガニャールの特徴と言えるでしょう。リーズナブルですので是非、フォンテーヌ=ガニャールの赤ワインも飲んでみてください。お勧めです!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【非常にピュアです!ブルゴーニュワインのエレガンスを表現した、ややライトな美しいワインです!】

 非常にエレガントで愛らしい、ややライトな方向に振った飲みやすいパストゥグランです。

 昨今はパストゥグランの立ち位置が上方へと変わって来ていると感じますが、どちらかと言えば以前のパストゥグランの軽さはそのままに、よりエレガンスに磨きを掛けたような味わい・・と言えば良いでしょうか。

 立ち位置が上方へと変わって来ている・・と言うのは、以前よりブルゴーニュ・ルージュの立ち位置や価格が上昇し、色々なドメーヌがブルゴーニュ・ルージュのプライスを上昇させてきた背景には、

「おらん家のA.C.ブルゴーニュは普通のとは・・違うのよ・・」

と言うようなスタンスが有ると思います。


 そりゃぁ・・もう、8千円クラスのA.C.ブルもザラに有りますし、トップ・ドメーヌに至っては「うん万円」と言うビックリなものも有りますしね。

 さらには、畑の拡充、より拡大することが困難なのがブルゴーニュです。

 そんな中で、今までよりも、

「より手間暇を欠けて仕上げたワイン」

と言う立ち位置になって来たと思うんですね。なので、ひと昔前と比較しますと、A.C.ブルの味わいは格段に上昇していて、さらには、それに引っ張られるかのようにその下のクラスのガメを混ぜ込んだデイリーワイン、パストゥグランも品質向上が為されていると感じています。

 このフォンテーヌ=ガニャールのパストゥグランは、非常にエレガントで軽量級、超ドライでさらっと飲みやすいエレガンスに満ちた味わいです。ベリーやチェリー、やや軽めのミネラリティは、むしろエレガンスをより感じさせてくれます。

 しかし・・このガメが入っていることこそが、実は「ミソ」でして、

「長く放置しておいたパストゥグランが滅茶苦茶素晴らしいことになってる!」

と言うような経験をされた方々も多いと思うんですね。・・そう、ガメが完熟すると、ビックリするようなブケを発揮するんですね・・。ピノ・ノワールよりは大抵の場合、早く崩壊しますんで、その時の物凄い芳香にピノ・ノワールの躯体が下支えしているような感じで・・これ、ビックリしますが、正にこのフォンテーヌ=ガニャールのパストゥグランのようなアイテムこそが、その候補となりうると感じます。

 今でもピュアで旨いですし、数年で滅茶美味しくなりますんで、

「その時が飲み頃」

では有るんですが、その・・ずっと先の話しになります。もしセラーをお持ちでしたら・・そんなことをやってみるとブルゴーニュワインの奥深さが判ると思いますよ。今までのブルゴーニュワインはなんだったんだ!・・と思われるかもしれません。飲んでみてください。お勧めです。


2018 Bourgogne Rouge
ブルゴーニュ・ルージュ

15270
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

◆◆◆物凄いポテンシャル!飲み心地も素晴らしいです!
■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。葡萄の木の樹齢は約50年で所有畑の面積は約0.9ha、白亜粘土質と泥灰質土壌が混じり合い、ヴォルネー村の「Les Longbois(レ ロンボワ)」とシャサーニュ モンラッシェ村の「La Platière(ラ プラティエール)」に畑があります。色合いはとても淡いですが、素晴らしい果実味がありストラクチャーがしっかりしていてワインの色とのギャップに驚かされます。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,490 (外税) 
【・・はい・・写真を見比べて・・是非ご購入ください・・。飲み心地も最高!密度の高い極上ピノ・ノワールの純な美味しさに触れてみましょう!】
「・・これ、マジか・・?」

と、最初は信じられませんでした。

 何か間違ったのか?・・どこかで入れ違えたとか?・・とか、色々考えてしまいまして、結局、この2018年のフォンテーヌガニャール、2本も開けてしまいました・・。

 だって、劇的に・・それまでのフォンテーヌ=ガニャールのA.C.ブルとは、見た目が全然違うじゃないですか。

 2016、2017年と来て・・とても美しいピノ・ノワールでしたし美味しかったです。人気が有るとか無いとかではないですが全く残らないワインです。

 でもどちらかと言えば、淡くてエレガントで、しなやかさも有って・・でも凝縮感は感じないけれどエキスはしっかり有る・・そんなイメージでした。


 ところが、これですよ。この色彩。余程健康的に葡萄が育って熟したものが収穫でき、かつ、選別も相当にきっちりしないと、こんな色合いにはならないはずです。


 なので、もう一枚、貼っちゃいます。2本目です。

 杞憂でした。同じです。一枚目の写真は結構に前にテイスティングしており、「ボトルの底の方」をグラスに入れています。ので、ちょっと透明度が出ていないかな。

 二枚目の写真は6月30日~7月1日の撮影だと思います。これは見ていただけますとお判りのように、ボトルの上の部分ですね。より明るく透明感がアップして撮れていると思います。

 凝縮感・・と言ってしまうと、

「ん?濃い味なのかな?」

と伝わってしまうのを恐れて・・そうは言いません。密度がとても高いです。


 しかしながら味わいの延長はあくまで2016、2017年ものの上に有ります。実にエレガントです。そして非常にドライ・・。酸のバランスも心地良く、果実のニュアンスが、まだ花の内からのアロマと熟した果実のアロマが混然一体となっています。

 エッジを感じないまろやかな口内感覚で、僅かな襞の触感を感じさせながら、質の良さを漂わせつつの余韻です。

 しかもこれ、相当に長い期間も良い熟成をするんじゃないか?・・とさえ思わせるんですね。結構、長く検証させていただきましたから・・。

 そして、So2もかなり少ないと思われますが非常に健全。なので・・

「ど~しちゃったの?フォンテーヌ=ガニャール!」

と言うことになっちゃった訳です。少なくともラモネさんのシャサーニュより美味しい・・(すみません・・)。


 なので、これは是非とも飲んでみていただき、ご意見を頂戴いただければと思います。何せ、今のブルゴーニュで、

「12.5度のピノ・ノワールを、この葡萄の熟度で出来る!」

のが信じられません。ある意味、圧巻・・ビックラしたのもお判りいただけると思います。ご検討くださいませ。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【ドライでピュア!こちらも化粧ッ気無しの、ほんのりナチュラルさも感じるピノ・ノワールです!】

 ヴォルネイのレ・ロンボワとシャサーニュ=モンラッシェのプラティエールのブレンドです。どちらもA.C.ブルの畑ですが、惜しいところで村名になってない感じの畑でして、例えばレ・ロンボワの真上はクロ・マルタンで村名畑ですし、プラティエールの約半分は村名畑です。

 ですので、結構にしっかりしていますよ。非常にドライですがピノの味が濃いです。この、ドライな味わいと言う部分が味噌でして、シャサーニュの赤は甘くなりがち、レ・ロンボワ辺りはシャルドネに向いた畑が多いので石灰が強くなりがち・・と言うことで、シャサーニュのプラティエールをしっかり発酵させてボディを造り、レ・ロンボワで石灰系ミネラリティの支えにする・・と言うような設計なのかもしれません。

 パスグラ同様に非常にエレガントで、樽の要素もほぼ感じません。非常にピュアです。価格もリーズナブルですから、さらっと今飲んでも良いですし、2年ほど置いても深みが出て来て、ややワイルドさが加わり、さらに良化してくると思います。是非飲んでみて下さい。お勧めです!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【フォンテーヌ=ガニャールならではのエレガンスをバランス良く表現している、とても良い仕上がりの2016年です。】

 これも美味いです。最も、素晴らしいリュジアン並み・・などとは絶対に言いません。A.C.ブルクラスとして、またA.C.シャサーニュ村名クラスを比較にしての視点で、とてもピュアで美味しいと感じます。

 どうやらヴォルネイとシャサーニュの各村の畑をブレンドしているようですが、例えばシャサーニュの赤・・と聞くと、

「もしかしたら少し甘め?」

と想像される方は、かなり経験の有る方だと思われます。

 そう、確かにシャサーニュの赤系のワインは・・遅熟させてやや甘く仕上げるパターンが多かったと言えます。濃くマッチョなワインを造ろうとしていたと思うんですね。

 しかしながら、世界の愛好家たちの嗜好がPKさん誘導のものから解放されたのも原因の一つかもしれませんが、

「ん?・・濃いブルゴーニュ?・・甘いって?・・それはブルゴーニュワインじゃないよ。」

と、彼らは少し前までの自身が造っていたワインのことなど他人事のように言うかもしれません。


 それほどまでに、やや甘いシャサーニュ赤は一斉に姿を消し、黒くて酸の無い、でも横方向にだけはパレットが拡がることも無くなったと言えます。

 このA.C.ブルもそんなエキスたっぷり、ブルゴーニュワインらしいピュアでエレガンスを強く感じるものに仕上がっています。

「2016年って、オフヴィンテージでしょ?」

と言われるかもしれません。


 しかしながらここに来て判ったことは、

「2016年ものは量は物凄く少ないが、出来たワインの90%ほどは非常に質が良い(良質な造り手のもの限定)」

と言うことですね。


 なので、質が悪いと言う意味の「オフ・ヴィン」で有れば、「それは間違い」であり、量が無いと言う意味なら「正解」と言うことになります。


 純でピュア、アロマも味わいも伸びの良い、エレガントなワインです。ルイ・ユエランのワインのような、「シミジミさ」では無く、むしろ、

「ハツラツとしながらも愛らしい表情を持ったA.C.ブル」

です。是非飲んでみてください。お勧めします!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【超絶にエレガントで滅茶ゴージャスです!このフォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワール、是非とも一度トライされてください!】
 いや~・・驚きました。フォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワールがここまで旨いとは思いませんでした。長い間飲んでいなかったとは言え・・と言うか、余りに初期のイメージが良く無かったのが響いたことも有りますし、エクスクルーシヴを持つエージェントさんとの付き合いがちょうど無かったことも有るかと思います。

 それにしても、

「あの、紙を加えたままピノを飲んでいるかのようなイメージ」

は何だったんだろう・・と思ってしまうほど・・の超絶なエレガンス、フィネスです。


 左の写真は上から順にポマール・レ・リュジアン、シャサーニュ=モンラッシェ、ACブルゴーニュになります。色合いなどぜひご覧くださいませ。

 勿論ですが上級キュヴェほど、その造り手の真の姿を映し出しますが、さりとて下級キュヴェもその延長上になければ飲み手の理解は深まらず、しかも、

「・・高いクラスだけ美味しくてもね・・駄目だよね・・」

と言うような、余り良く無いイメージを植え付けてしまいます。最初に言わせていただきますが、下から上まで、ちゃんと統一され、造り手の意思が全てのワインにキッチリ現れています。


 ポマール・レ・リュジアンは、言わずと知られたポマールのテート・ド・キュヴェ(トップワイン)です。濃密ながらエレガンス、複雑性とも、他の1級畑ものを引き離すと理解されています。

 この非常に淡く美しい色合い・・感動的ですよね。やや黒みを深く持つシャサーニュ=モンラッシェとも、大きく異なる色合いで、ポマールの1級畑が持つ上品さを見せてくれているように思います。


 で、このレ・リュジアン2015年ですが、ビックリするほどの超絶なエレガンスとフィネスを感じさせてくれます。しかも、

「まったく濃く無い!」

です。しかし、ちゃんとキッチリエキスが出ています。これ、どういう事かと言いますと、


「最適な状態に熟した葡萄のみを使用し、ほぼ圧力を掛けずに優しく絞った、非常に贅沢な味わい」

なんですね・・。



 例えば日本酒でも、モロミを絞る時に、ギューっと強い圧力を掛けて、最後の最後まで絞ったら・・どうなるでしょう?・・渋みやエグミ、雑味が出てしまいますよね。でもその分、量が沢山造れる訳です。

 ワインも同じです。絞れるだけ絞ってしまうと、そりゃぁ量は出来ますが、雑味の多い味わいになってしまいます。

 このワインからは、そんな雑味は感じられないどころか、一点の曇りのない美しい姿のみを感じさせてくれます。


 勿論ですが、葡萄の質が良く無ければ、醸造も、絞りも全く意味が有りませんが、

「上質で健康な葡萄だけを使用している・・と感じさせてくれる高質感」

が感じられます。


 なので、今飲んでも滅茶苦茶美味しい!・・しかし、こんなもんじゃないんですよね・・実際は。このワインが熟してきますと豹変するはずなんですね・・だって、素性が滅茶苦茶良いんですから。


 むしろ今は、その姿は「淡泊」に感じられるかもしれません。・・そう、強さは全く無いに等しいほど、スムーズな飲み口なんです。でも少し飲めば判るでしょう・・

「・・これ、只者じゃぁ無いぞ・・」

と言うニュアンスがヒシヒシと伝わってくるはずです。


 言わば、例のルイ・ユエランのような、余り饒舌では無いタイプなんです。非常に贅沢な、葡萄の芯の部分だけをワインにしたような感じです。なので、

「ガシッとした味わいが好きな方にはもしかしたら向かない」

かもしれませんが、

「シルヴァン・パタイユのフルール・ド・ロゼが非常に美味しいと感じられる方には、これ以上無い味わい!」

と感じていただけると思います。


 いや・・贅沢ですよ、これ。最高の贅沢です。高名な生産者のレ・リュジアンが雑に感じてしまう人もおられると思います。それほどまでにこの表情は素晴らしいです。やや高額では有りますが、

「こんなワイン、レストランさんで飲みたいよなぁ・・」

と思っていただけると思います。



 二番目のシャサーニュ=モンラッシェの赤は、レ・リュジアンとはテロワールが全然違うことが色合いからも判ると思います。軽やかなレ・リュジアンに比較し、しっかり強い粘土とシャサーニュらしい強い果実感が特徴です。

 しかしながらレ・リュジアンと同様に非常にエレガントでフィネス感たっぷりです。粘土由来の重厚さを第一に考えるのでしたらこちらのシャサーニュ=モンラッシェ赤をお勧めします。価格もよりリーズナブルですし、

「他の生産者のシャサーニュ=モンラッシェ赤のような鈍重さが無い」

のが特徴です。強い抽出をせず、フェザーのように軽くしか圧を掛けていない感じを受けます。アメリカン・チェリーやブラック・ベリー風の果実味が、非常に高質に感じられます。美味しいです。


 最後はA.C.ブルゴーニュの赤ですが、これはやはりフォンテーヌ=ガニャールのエレガントスタイルを見事に表現できていますので、


「もし、レ・リュジアンやシャサーニュに手を出すのが怖いのなら・・」

このACブルを飲んでみるのが良いかと思います。


 勿論、レ・リュジアンの超絶なエレガンスや、シャサーニュらしい重厚なピノの味わいをエレガントに表現できてはいないです。

 しかし、テクニカルにあるように、ヴォルネイとシャサーニュに有るACブルの区画のブレンドですので、これ、かなりバランスが良いんですね。ヴォルネイが持つ雅さとシャサーニュが持つ大きさや重量感をブレンドしており、しかも、フォンテーヌ=ガニャールの質の良い葡萄とゴージャスなワイン造りにより、とてもエレガントにチェリー風味をエキス味で表現してくれます。

 2014年も美味しかったですが、2015年ものも負けずに・・いや、それ以上に旨いです。


 2015年ものは3アイテム、ご紹介させていただきました。どうしても上級キュヴェのレ・リュジアンの記事の比重が大きくなってしまいますが、これは仕方が無いです。滅茶素晴らしいですから。

 でも、例えば濃密さ、凝縮感命の方が飲まれたら・・

「ん?・・全然言うほどじゃ無いじゃん!」

と怒りを覚えるかもしれませんよ。それほどまでにエレガントなんです。


 濃いものはアバタを隠せます。でも淡いものは隠しようが無いんです。少しの汚れも浮き上がらせてしまうんです。だから淡いワインは造るのが非常に難しいんです。濃いものは最初から濃く造るつもりなら出来ますし、アバタも隠せる訳です。


 素晴らしいピノ・ノワールでした。まだ飲まれていないようでしたら是非とも飲んでいただきたい逸品です。ご検討くださいませ。




 以下は2014年ブルゴーニュ・ルージュのレヴューです。
━━━━━
【ドライでピュア、柔らかでしなやかなエキス系の・・ストレートど真ん中に投げ込んだような高質ピノ・ノワールです!】

 いつ以来なのか・・覚えていないほどですが、フォンテーヌ=ガニャールのワインをご紹介します。へそ曲がりの noisy は、シャルドネでは無くてピノ・ノワールです。

 おそらくシャサーニュ村近郊の畑産と思われる、柔らかでしなやかなテクスチュアを持った秀逸なピノ・ノワールです。シャサーニュ系のピノに有りがちな「甘いピノ・ノワール」では無く、しっかり完全発酵させたドライでエキシーな味わいです。

 やや赤いフラワリーさを感じるノーズにチェリーの果実、粘土がいっぱい・・と言うよりは、白い石灰が透けて見えるような美しい色調、口内を「もっさり」させてしまうような重ったるさも無く、しかししなやかで伸びの良い味わいです。ほんのり煙のようなアロマに石のヒントも高貴さを感じさせてくれます。

 まぁ、シャサーニュの赤は、良いのに当たると滅茶美味しいんです。例えばニーロンさんちの1級の赤などは、非常に少ないし余り評価されていないですが・・時折ご紹介させていただいてますのでご存知ですよね。妙に鉄っぽく重さの有るムルソー赤とも違い、もう少し低域に厚みの有る重厚さが出やすいワインです。

 その辺りの処理が、むしろこのドメーヌが伝統的な造りを続けてきたやり方に、非常にマッチしていると思われますが、滅茶心地良いんですね。これ、とても面白いポイントでして、シャルドネの造り手なのにピノ・ノワールの方が安定して美味しい・・ありゃ・・こんなこと書いちゃうと怒られちゃうかな?・・そのまま誰にも言わずに黙っててくださいね。

 このドメーヌのシャルドネは、滅茶出来が良いものと垢抜けないものが同居していまして、中々に選択が難しいんですね。しかも、出来が良いものが毎年一緒・・と言う感じでも無く、ただ、上級キュヴェは総じて出来は良いです。中級クラスが今一つの場合、もしくは良いものと、もう少し安いなら・・とか、もうちょっと頑張ってくれよ・・みたいななのが混じる感じで、中々にね・・ムズイんですね。・・内緒の話しです。なので当たると・・

「フォンテーヌ=ガニャールのシャルドネってこんなに素晴らしいの?」

と驚く羽目になります。なのに・・ACブルは毎年非常に安定感が有ります。

 これなら納得していただけるだろう・・と言う魂胆でのご案内です。ぜひ飲んでみて欲しいと思っています。ご検討くださいませ。



収穫時の「Les Longbois」の区画


2017 Bourgogne Passetoutgrains
ブルゴーニュ・パストゥグラン

15058
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャサーニュモンラッシェ村の東にある「LesSaugeots(レソージョ)」という区画に樹齢約45年のピノノワールとガメが一緒に植えられています。葡萄の比率は各50%ずつで最初から混ぜて醸造。醸造方法は基本的に他の赤ワインと同じですが、フレッシュな果実味を活かすために新樽は使わず旧樽のみで熟成させています。色調淡くチャーミングな果実味と酸味、軽やかでバランス良く飲みやすい味わい。ブルゴーニュルージュ同様、ブルゴーニュパストゥグランとしては高いレベルの造りになっています。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,590 (外税) 
【ピュアで精緻!不足無し!・・フォンテーヌ=ガニャール的なエレガンスを知る良い1本です!】
 美味しいですね~。とても美味しいです。フォンテーヌ=ガニャールの下級クラスもレストランさんで人気のようですが、それも納得できるようなピュアで汚れ無き味わいです。

 最近のブルゴーニュワインは、確かに高騰してはいますが、その恩恵も有ると思います。利益が出るようになったので、それを設備投資や人的な部分に回せるんですね。

 そして、畑の拡張が望めないブルゴーニュですから、既存のワインをブラッシュアップするしか・・無いんですよ。

 だから、以前は酸っぱくて味わいの薄いワインが多かったパストゥグランも、最近はやたら美味しく感じ無いですか?ベリーやチェリーが見事に感じられ、しかも「強過ぎず適度な感じ」に仕上がり、不足感を感じない・・むしろA.C.ブルが昔の村名並みにしっかりして来ていますから、

「品格の有るパストゥグランが滅茶美味しい!」

と言うような感じになっているんだと思います。

 決して濃く無く、ガメのベリー感とピノのチェリー感を、その時のタイミングで味わいを変化させ、感じさせてくれます。

 そそてフォンテーヌ=ガニャール的なエレガンスもそれを助長してます。化粧は余りせず、ピュアで「充分と感じさせるバランス」で赤ワインを仕上げています。

 むしろフォンテーヌ=ガニャールのシャルドネは結構に濃密さも有りますので、

「充実したシャルドネとエレガントな赤ワイン」

がフォンテーヌ=ガニャールの特徴と言えるでしょう。リーズナブルですので是非、フォンテーヌ=ガニャールの赤ワインも飲んでみてください。お勧めです!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【非常にピュアです!ブルゴーニュワインのエレガンスを表現した、ややライトな美しいワインです!】

 非常にエレガントで愛らしい、ややライトな方向に振った飲みやすいパストゥグランです。

 昨今はパストゥグランの立ち位置が上方へと変わって来ていると感じますが、どちらかと言えば以前のパストゥグランの軽さはそのままに、よりエレガンスに磨きを掛けたような味わい・・と言えば良いでしょうか。

 立ち位置が上方へと変わって来ている・・と言うのは、以前よりブルゴーニュ・ルージュの立ち位置や価格が上昇し、色々なドメーヌがブルゴーニュ・ルージュのプライスを上昇させてきた背景には、

「おらん家のA.C.ブルゴーニュは普通のとは・・違うのよ・・」

と言うようなスタンスが有ると思います。


 そりゃぁ・・もう、8千円クラスのA.C.ブルもザラに有りますし、トップ・ドメーヌに至っては「うん万円」と言うビックリなものも有りますしね。

 さらには、畑の拡充、より拡大することが困難なのがブルゴーニュです。

 そんな中で、今までよりも、

「より手間暇を欠けて仕上げたワイン」

と言う立ち位置になって来たと思うんですね。なので、ひと昔前と比較しますと、A.C.ブルの味わいは格段に上昇していて、さらには、それに引っ張られるかのようにその下のクラスのガメを混ぜ込んだデイリーワイン、パストゥグランも品質向上が為されていると感じています。

 このフォンテーヌ=ガニャールのパストゥグランは、非常にエレガントで軽量級、超ドライでさらっと飲みやすいエレガンスに満ちた味わいです。ベリーやチェリー、やや軽めのミネラリティは、むしろエレガンスをより感じさせてくれます。

 しかし・・このガメが入っていることこそが、実は「ミソ」でして、

「長く放置しておいたパストゥグランが滅茶苦茶素晴らしいことになってる!」

と言うような経験をされた方々も多いと思うんですね。・・そう、ガメが完熟すると、ビックリするようなブケを発揮するんですね・・。ピノ・ノワールよりは大抵の場合、早く崩壊しますんで、その時の物凄い芳香にピノ・ノワールの躯体が下支えしているような感じで・・これ、ビックリしますが、正にこのフォンテーヌ=ガニャールのパストゥグランのようなアイテムこそが、その候補となりうると感じます。

 今でもピュアで旨いですし、数年で滅茶美味しくなりますんで、

「その時が飲み頃」

では有るんですが、その・・ずっと先の話しになります。もしセラーをお持ちでしたら・・そんなことをやってみるとブルゴーニュワインの奥深さが判ると思いますよ。今までのブルゴーニュワインはなんだったんだ!・・と思われるかもしれません。飲んでみてください。お勧めです。


2017 Bourgogne Rouge
ブルゴーニュ・ルージュ

15057
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール
2020/04/03(金)より出荷可能

■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。葡萄の木の樹齢は約50年で所有畑の面積は約0.9ha、白亜粘土質と泥灰質土壌が混じり合い、ヴォルネー村の「Les Longbois(レ ロンボワ)」とシャサーニュ モンラッシェ村の「La Platière(ラ プラティエール)」に畑があります。色合いはとても淡いですが、素晴らしい果実味がありストラクチャーがしっかりしていてワインの色とのギャップに驚かされます。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,490 (外税) 
【ドライでピュア!こちらも化粧ッ気無しの、ほんのりナチュラルさも感じるピノ・ノワールです!】
 ヴォルネイのレ・ロンボワとシャサーニュ=モンラッシェのプラティエールのブレンドです。どちらもA.C.ブルの畑ですが、惜しいところで村名になってない感じの畑でして、例えばレ・ロンボワの真上はクロ・マルタンで村名畑ですし、プラティエールの約半分は村名畑です。

 ですので、結構にしっかりしていますよ。非常にドライですがピノの味が濃いです。この、ドライな味わいと言う部分が味噌でして、シャサーニュの赤は甘くなりがち、レ・ロンボワ辺りはシャルドネに向いた畑が多いので石灰が強くなりがち・・と言うことで、シャサーニュのプラティエールをしっかり発酵させてボディを造り、レ・ロンボワで石灰系ミネラリティの支えにする・・と言うような設計なのかもしれません。

 パスグラ同様に非常にエレガントで、樽の要素もほぼ感じません。非常にピュアです。価格もリーズナブルですから、さらっと今飲んでも良いですし、2年ほど置いても深みが出て来て、ややワイルドさが加わり、さらに良化してくると思います。是非飲んでみて下さい。お勧めです!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【フォンテーヌ=ガニャールならではのエレガンスをバランス良く表現している、とても良い仕上がりの2016年です。】

 これも美味いです。最も、素晴らしいリュジアン並み・・などとは絶対に言いません。A.C.ブルクラスとして、またA.C.シャサーニュ村名クラスを比較にしての視点で、とてもピュアで美味しいと感じます。

 どうやらヴォルネイとシャサーニュの各村の畑をブレンドしているようですが、例えばシャサーニュの赤・・と聞くと、

「もしかしたら少し甘め?」

と想像される方は、かなり経験の有る方だと思われます。

 そう、確かにシャサーニュの赤系のワインは・・遅熟させてやや甘く仕上げるパターンが多かったと言えます。濃くマッチョなワインを造ろうとしていたと思うんですね。

 しかしながら、世界の愛好家たちの嗜好がPKさん誘導のものから解放されたのも原因の一つかもしれませんが、

「ん?・・濃いブルゴーニュ?・・甘いって?・・それはブルゴーニュワインじゃないよ。」

と、彼らは少し前までの自身が造っていたワインのことなど他人事のように言うかもしれません。


 それほどまでに、やや甘いシャサーニュ赤は一斉に姿を消し、黒くて酸の無い、でも横方向にだけはパレットが拡がることも無くなったと言えます。

 このA.C.ブルもそんなエキスたっぷり、ブルゴーニュワインらしいピュアでエレガンスを強く感じるものに仕上がっています。

「2016年って、オフヴィンテージでしょ?」

と言われるかもしれません。


 しかしながらここに来て判ったことは、

「2016年ものは量は物凄く少ないが、出来たワインの90%ほどは非常に質が良い(良質な造り手のもの限定)」

と言うことですね。


 なので、質が悪いと言う意味の「オフ・ヴィン」で有れば、「それは間違い」であり、量が無いと言う意味なら「正解」と言うことになります。


 純でピュア、アロマも味わいも伸びの良い、エレガントなワインです。ルイ・ユエランのワインのような、「シミジミさ」では無く、むしろ、

「ハツラツとしながらも愛らしい表情を持ったA.C.ブル」

です。是非飲んでみてください。お勧めします!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【超絶にエレガントで滅茶ゴージャスです!このフォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワール、是非とも一度トライされてください!】
 いや~・・驚きました。フォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワールがここまで旨いとは思いませんでした。長い間飲んでいなかったとは言え・・と言うか、余りに初期のイメージが良く無かったのが響いたことも有りますし、エクスクルーシヴを持つエージェントさんとの付き合いがちょうど無かったことも有るかと思います。

 それにしても、

「あの、紙を加えたままピノを飲んでいるかのようなイメージ」

は何だったんだろう・・と思ってしまうほど・・の超絶なエレガンス、フィネスです。


 左の写真は上から順にポマール・レ・リュジアン、シャサーニュ=モンラッシェ、ACブルゴーニュになります。色合いなどぜひご覧くださいませ。

 勿論ですが上級キュヴェほど、その造り手の真の姿を映し出しますが、さりとて下級キュヴェもその延長上になければ飲み手の理解は深まらず、しかも、

「・・高いクラスだけ美味しくてもね・・駄目だよね・・」

と言うような、余り良く無いイメージを植え付けてしまいます。最初に言わせていただきますが、下から上まで、ちゃんと統一され、造り手の意思が全てのワインにキッチリ現れています。


 ポマール・レ・リュジアンは、言わずと知られたポマールのテート・ド・キュヴェ(トップワイン)です。濃密ながらエレガンス、複雑性とも、他の1級畑ものを引き離すと理解されています。

 この非常に淡く美しい色合い・・感動的ですよね。やや黒みを深く持つシャサーニュ=モンラッシェとも、大きく異なる色合いで、ポマールの1級畑が持つ上品さを見せてくれているように思います。


 で、このレ・リュジアン2015年ですが、ビックリするほどの超絶なエレガンスとフィネスを感じさせてくれます。しかも、

「まったく濃く無い!」

です。しかし、ちゃんとキッチリエキスが出ています。これ、どういう事かと言いますと、


「最適な状態に熟した葡萄のみを使用し、ほぼ圧力を掛けずに優しく絞った、非常に贅沢な味わい」

なんですね・・。



 例えば日本酒でも、モロミを絞る時に、ギューっと強い圧力を掛けて、最後の最後まで絞ったら・・どうなるでしょう?・・渋みやエグミ、雑味が出てしまいますよね。でもその分、量が沢山造れる訳です。

 ワインも同じです。絞れるだけ絞ってしまうと、そりゃぁ量は出来ますが、雑味の多い味わいになってしまいます。

 このワインからは、そんな雑味は感じられないどころか、一点の曇りのない美しい姿のみを感じさせてくれます。


 勿論ですが、葡萄の質が良く無ければ、醸造も、絞りも全く意味が有りませんが、

「上質で健康な葡萄だけを使用している・・と感じさせてくれる高質感」

が感じられます。


 なので、今飲んでも滅茶苦茶美味しい!・・しかし、こんなもんじゃないんですよね・・実際は。このワインが熟してきますと豹変するはずなんですね・・だって、素性が滅茶苦茶良いんですから。


 むしろ今は、その姿は「淡泊」に感じられるかもしれません。・・そう、強さは全く無いに等しいほど、スムーズな飲み口なんです。でも少し飲めば判るでしょう・・

「・・これ、只者じゃぁ無いぞ・・」

と言うニュアンスがヒシヒシと伝わってくるはずです。


 言わば、例のルイ・ユエランのような、余り饒舌では無いタイプなんです。非常に贅沢な、葡萄の芯の部分だけをワインにしたような感じです。なので、

「ガシッとした味わいが好きな方にはもしかしたら向かない」

かもしれませんが、

「シルヴァン・パタイユのフルール・ド・ロゼが非常に美味しいと感じられる方には、これ以上無い味わい!」

と感じていただけると思います。


 いや・・贅沢ですよ、これ。最高の贅沢です。高名な生産者のレ・リュジアンが雑に感じてしまう人もおられると思います。それほどまでにこの表情は素晴らしいです。やや高額では有りますが、

「こんなワイン、レストランさんで飲みたいよなぁ・・」

と思っていただけると思います。



 二番目のシャサーニュ=モンラッシェの赤は、レ・リュジアンとはテロワールが全然違うことが色合いからも判ると思います。軽やかなレ・リュジアンに比較し、しっかり強い粘土とシャサーニュらしい強い果実感が特徴です。

 しかしながらレ・リュジアンと同様に非常にエレガントでフィネス感たっぷりです。粘土由来の重厚さを第一に考えるのでしたらこちらのシャサーニュ=モンラッシェ赤をお勧めします。価格もよりリーズナブルですし、

「他の生産者のシャサーニュ=モンラッシェ赤のような鈍重さが無い」

のが特徴です。強い抽出をせず、フェザーのように軽くしか圧を掛けていない感じを受けます。アメリカン・チェリーやブラック・ベリー風の果実味が、非常に高質に感じられます。美味しいです。


 最後はA.C.ブルゴーニュの赤ですが、これはやはりフォンテーヌ=ガニャールのエレガントスタイルを見事に表現できていますので、


「もし、レ・リュジアンやシャサーニュに手を出すのが怖いのなら・・」

このACブルを飲んでみるのが良いかと思います。


 勿論、レ・リュジアンの超絶なエレガンスや、シャサーニュらしい重厚なピノの味わいをエレガントに表現できてはいないです。

 しかし、テクニカルにあるように、ヴォルネイとシャサーニュに有るACブルの区画のブレンドですので、これ、かなりバランスが良いんですね。ヴォルネイが持つ雅さとシャサーニュが持つ大きさや重量感をブレンドしており、しかも、フォンテーヌ=ガニャールの質の良い葡萄とゴージャスなワイン造りにより、とてもエレガントにチェリー風味をエキス味で表現してくれます。

 2014年も美味しかったですが、2015年ものも負けずに・・いや、それ以上に旨いです。


 2015年ものは3アイテム、ご紹介させていただきました。どうしても上級キュヴェのレ・リュジアンの記事の比重が大きくなってしまいますが、これは仕方が無いです。滅茶素晴らしいですから。

 でも、例えば濃密さ、凝縮感命の方が飲まれたら・・

「ん?・・全然言うほどじゃ無いじゃん!」

と怒りを覚えるかもしれませんよ。それほどまでにエレガントなんです。


 濃いものはアバタを隠せます。でも淡いものは隠しようが無いんです。少しの汚れも浮き上がらせてしまうんです。だから淡いワインは造るのが非常に難しいんです。濃いものは最初から濃く造るつもりなら出来ますし、アバタも隠せる訳です。


 素晴らしいピノ・ノワールでした。まだ飲まれていないようでしたら是非とも飲んでいただきたい逸品です。ご検討くださいませ。




 以下は2014年ブルゴーニュ・ルージュのレヴューです。
━━━━━
【ドライでピュア、柔らかでしなやかなエキス系の・・ストレートど真ん中に投げ込んだような高質ピノ・ノワールです!】

 いつ以来なのか・・覚えていないほどですが、フォンテーヌ=ガニャールのワインをご紹介します。へそ曲がりの noisy は、シャルドネでは無くてピノ・ノワールです。

 おそらくシャサーニュ村近郊の畑産と思われる、柔らかでしなやかなテクスチュアを持った秀逸なピノ・ノワールです。シャサーニュ系のピノに有りがちな「甘いピノ・ノワール」では無く、しっかり完全発酵させたドライでエキシーな味わいです。

 やや赤いフラワリーさを感じるノーズにチェリーの果実、粘土がいっぱい・・と言うよりは、白い石灰が透けて見えるような美しい色調、口内を「もっさり」させてしまうような重ったるさも無く、しかししなやかで伸びの良い味わいです。ほんのり煙のようなアロマに石のヒントも高貴さを感じさせてくれます。

 まぁ、シャサーニュの赤は、良いのに当たると滅茶美味しいんです。例えばニーロンさんちの1級の赤などは、非常に少ないし余り評価されていないですが・・時折ご紹介させていただいてますのでご存知ですよね。妙に鉄っぽく重さの有るムルソー赤とも違い、もう少し低域に厚みの有る重厚さが出やすいワインです。

 その辺りの処理が、むしろこのドメーヌが伝統的な造りを続けてきたやり方に、非常にマッチしていると思われますが、滅茶心地良いんですね。これ、とても面白いポイントでして、シャルドネの造り手なのにピノ・ノワールの方が安定して美味しい・・ありゃ・・こんなこと書いちゃうと怒られちゃうかな?・・そのまま誰にも言わずに黙っててくださいね。

 このドメーヌのシャルドネは、滅茶出来が良いものと垢抜けないものが同居していまして、中々に選択が難しいんですね。しかも、出来が良いものが毎年一緒・・と言う感じでも無く、ただ、上級キュヴェは総じて出来は良いです。中級クラスが今一つの場合、もしくは良いものと、もう少し安いなら・・とか、もうちょっと頑張ってくれよ・・みたいななのが混じる感じで、中々にね・・ムズイんですね。・・内緒の話しです。なので当たると・・

「フォンテーヌ=ガニャールのシャルドネってこんなに素晴らしいの?」

と驚く羽目になります。なのに・・ACブルは毎年非常に安定感が有ります。

 これなら納得していただけるだろう・・と言う魂胆でのご案内です。ぜひ飲んでみて欲しいと思っています。ご検討くださいませ。



収穫時の「Les Longbois」の区画


2017 Chassagne-Montrachet Rouge
シャサーニュ=モンラッシェ・ルージュ

15056
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。所有畑の面積は約1.3haで「 Les Voillenots Dessus(レ ヴワユノ ドゥシュ)」や「 Mouchottes(ムショット)」など5~6区画の葡萄を使用、葡萄の植樹は最も古いもので1938年、土壌は泥灰石灰質になります。色合いは鮮やかなルビー色で香りも高く、酸味柔らかでなめらかなタンニン、バランス良く飲みやすい味わいです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥5,200 (外税) 
【甘さゼロ!タイトに締まったスレンダーな躯体からエレガントなニュアンスが滲んで来ます!】
 良い傾向だと思います。豊かだがやや甘く、少しダレた感じに仕上がりかねないシャサーニュ=モンラッシェのピノ・ノワールなんですが、そんな傾向は・・「ゼロ」です。非常にドライですし、現状はスレンダーと言うかスタイリッシュと言うか、やや細身の身体をしています。

 そもそもフォンテーヌ=ガニャールの赤と言えば・・いや、下のクラスのシャルドネもそうでしたが、確かに元々からドライでスレンダーでは有りました。

 しかし、ミネラリティの支えや、「豊か」の反対である「貧しい」と表現したくなる言葉を使うか、「エレガント」と言う誉め言葉になるかは、テイスターの感覚によるものになってくる訳ですね。

 むしろ以前は「少し貧しい感じ」しかしなかった訳ですが、この2~3年で急に(noisy的には)変わって来た訳です。やはりワインが売れ始めたのもあると思いますし、高い価格で売れるようになったことも一因かと思います。どんどん・・変わって来ているんですね。

 この色合いを是非みていただきたいと思います。もし甘さを感じるシャサーニュだとしたら、こんなに美しい赤にはならないでしょう。もっと黒みや茶が入った色で、強さを感じさせてくるでしょう?誰がどう見ても、「エレガント系だよね・・」と言いたくなる色合いです。

 ベリーやチェリー、そしてそれらの花、果実に加え、天を目指して伸びようとするその弦の先までピュアに表現してくれています。

 もっともパスグラやA.C.ブル赤のように早飲みしても良いかと思いますが、少なくとももう少し暖かくなるまで・・4月とかまで待つと、さらに膨らみが増すでしょうし、2~3年の熟成で果実感が非常に向上するのが判りますので、スレンダーなボディも良いけれど、「もう少し胸やお尻のでっぱりも欲しいぞ!」と言うようなご希望も有るようでしたら、セラーでお待ちください。むしろ、フォンテーヌ=ガニャールのヴォルネイ・クロ・デ・シェヌなど、今飲んでも「超繊細で超エレガント」な美味しさで迎えてくれますので、予算さえ許せばクロ・デ・シェヌを先に飲むのも有りだと思います。

 リーズナブルなシャサーニュ赤です。是非飲んでみて下さい。お勧めします!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【滅茶美味しいです!そして非常にリーズナブル!】

 まぁ確かに、シャサーニュのピノ・ノワールには裏切られて来た感の有る・・と言うか、若干のネガティヴ感を持ち合わせていらっしゃる方もおられるかもしれない・・とは思います。

 と言うよりも、それはボーヌの赤全体に言えることかと思え、ニュイの赤に比べれば、各段に低い場所にヒエラルキーを構成しているんじゃないかと思うんですね。

 しかしながら、ここまでブルゴーニュワインが高騰してくるとなると・・いや、それは実は間違いで、

「今までがリーズナブル過ぎた」

とも言える訳ですしね・・。

 なので、

「例えボーヌだろうがシャロネーズだろうが、美味しいピノ・ノワールをリーズナブルに探すべき!」

と言うのが本題になるべきなのに・・それが判っていながらも、やはりニュイの人気ドメーヌの人気ワインにだけ意識が行ってしまう方がほとんどで有ることも事実でしょう。

 ただし、noisy としましては、そんな両方を扱っている訳ですし、ニュイでもボーヌでも、

「タイムリーなプライスで、ドンピシャに美味しいピノ・ノワールを探し続けている」

と言うことを判っていただきたいな・・と思うんですね。


「・・いや、判ってますよ・・noisyさん!」

とおっしゃってくださるお客様も大勢おられるんですが、それでもまだ、自身では「力量不足」を嘆いてはいる訳です。


 2014年のドメーヌ・ド・ベレーヌのニュイ=サン=ジョルジュにせよ、A.C.ブルにせよ、このフォンテーヌ=ガニャールとは全くタイプは違うものの、滅茶苦茶美味しいし滅茶苦茶リーズナブルだと・・思うんですけどね。非常に良く売れておりまして・・でもその割には、言葉での反応は薄いかなぁ・・などとも思ってしまいます。

 むしろ、ヴォルネイ的な、エキスたっぷりタイプにシャサーニュのやや重厚な味わいで支えている・・そんなイメージなのがこのシャサーニュ=モンラッシェ村名です。

 ヴォルネイの明るさとシャサーニュのほんのりとした重量感があり、チェリーそのもののリアルな果実、それはフォンテーヌ=ガニャールならではの「エレガンス」と言う言葉で評したい・・と思います。

 2015年ものは「あっけらかん」とした軽やかな美味しさ・・が、非常に心地良い佳酒でした・・残念ながら余り売れてはいませんが・・。

 2016年ものは、そんな軽やかさもどこかに持ちつつも、ブルゴーニュワインの醍醐味・・と言うか、「彼と彼女」で比喩される「ブルゴーニュとボルドー」の対比を思えば、「彼」で有る「ブルゴーニュ」の重厚ささえきちんと持ちつつ、エレガンスを失っていないと言うことに驚かされる訳です。

 非常に良いワインなんですが何故か人気に火が付かない・・まぁ仕方が無いにせよ、今回も、

「是非一度は飲んでみてください!」

とお勧めしたい訳ですね。旨いです。是非飲んでみてください。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【超絶にエレガントで滅茶ゴージャスです!このフォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワール、是非とも一度トライされてください!】
 いや~・・驚きました。フォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワールがここまで旨いとは思いませんでした。長い間飲んでいなかったとは言え・・と言うか、余りに初期のイメージが良く無かったのが響いたことも有りますし、エクスクルーシヴを持つエージェントさんとの付き合いがちょうど無かったことも有るかと思います。

 それにしても、

「あの、紙を加えたままピノを飲んでいるかのようなイメージ」

は何だったんだろう・・と思ってしまうほど・・の超絶なエレガンス、フィネスです。


 左の写真は上から順にポマール・レ・リュジアン、シャサーニュ=モンラッシェ、ACブルゴーニュになります。色合いなどぜひご覧くださいませ。

 勿論ですが上級キュヴェほど、その造り手の真の姿を映し出しますが、さりとて下級キュヴェもその延長上になければ飲み手の理解は深まらず、しかも、

「・・高いクラスだけ美味しくてもね・・駄目だよね・・」

と言うような、余り良く無いイメージを植え付けてしまいます。最初に言わせていただきますが、下から上まで、ちゃんと統一され、造り手の意思が全てのワインにキッチリ現れています。


 ポマール・レ・リュジアンは、言わずと知られたポマールのテート・ド・キュヴェ(トップワイン)です。濃密ながらエレガンス、複雑性とも、他の1級畑ものを引き離すと理解されています。

 この非常に淡く美しい色合い・・感動的ですよね。やや黒みを深く持つシャサーニュ=モンラッシェとも、大きく異なる色合いで、ポマールの1級畑が持つ上品さを見せてくれているように思います。


 で、このレ・リュジアン2015年ですが、ビックリするほどの超絶なエレガンスとフィネスを感じさせてくれます。しかも、

「まったく濃く無い!」

です。しかし、ちゃんとキッチリエキスが出ています。これ、どういう事かと言いますと、


「最適な状態に熟した葡萄のみを使用し、ほぼ圧力を掛けずに優しく絞った、非常に贅沢な味わい」

なんですね・・。



 例えば日本酒でも、モロミを絞る時に、ギューっと強い圧力を掛けて、最後の最後まで絞ったら・・どうなるでしょう?・・渋みやエグミ、雑味が出てしまいますよね。でもその分、量が沢山造れる訳です。

 ワインも同じです。絞れるだけ絞ってしまうと、そりゃぁ量は出来ますが、雑味の多い味わいになってしまいます。

 このワインからは、そんな雑味は感じられないどころか、一点の曇りのない美しい姿のみを感じさせてくれます。


 勿論ですが、葡萄の質が良く無ければ、醸造も、絞りも全く意味が有りませんが、

「上質で健康な葡萄だけを使用している・・と感じさせてくれる高質感」

が感じられます。


 なので、今飲んでも滅茶苦茶美味しい!・・しかし、こんなもんじゃないんですよね・・実際は。このワインが熟してきますと豹変するはずなんですね・・だって、素性が滅茶苦茶良いんですから。


 むしろ今は、その姿は「淡泊」に感じられるかもしれません。・・そう、強さは全く無いに等しいほど、スムーズな飲み口なんです。でも少し飲めば判るでしょう・・

「・・これ、只者じゃぁ無いぞ・・」

と言うニュアンスがヒシヒシと伝わってくるはずです。


 言わば、例のルイ・ユエランのような、余り饒舌では無いタイプなんです。非常に贅沢な、葡萄の芯の部分だけをワインにしたような感じです。なので、

「ガシッとした味わいが好きな方にはもしかしたら向かない」

かもしれませんが、

「シルヴァン・パタイユのフルール・ド・ロゼが非常に美味しいと感じられる方には、これ以上無い味わい!」

と感じていただけると思います。


 いや・・贅沢ですよ、これ。最高の贅沢です。高名な生産者のレ・リュジアンが雑に感じてしまう人もおられると思います。それほどまでにこの表情は素晴らしいです。やや高額では有りますが、

「こんなワイン、レストランさんで飲みたいよなぁ・・」

と思っていただけると思います。



 二番目のシャサーニュ=モンラッシェの赤は、レ・リュジアンとはテロワールが全然違うことが色合いからも判ると思います。軽やかなレ・リュジアンに比較し、しっかり強い粘土とシャサーニュらしい強い果実感が特徴です。

 しかしながらレ・リュジアンと同様に非常にエレガントでフィネス感たっぷりです。粘土由来の重厚さを第一に考えるのでしたらこちらのシャサーニュ=モンラッシェ赤をお勧めします。価格もよりリーズナブルですし、

「他の生産者のシャサーニュ=モンラッシェ赤のような鈍重さが無い」

のが特徴です。強い抽出をせず、フェザーのように軽くしか圧を掛けていない感じを受けます。アメリカン・チェリーやブラック・ベリー風の果実味が、非常に高質に感じられます。美味しいです。


 最後はA.C.ブルゴーニュの赤ですが、これはやはりフォンテーヌ=ガニャールのエレガントスタイルを見事に表現できていますので、


「もし、レ・リュジアンやシャサーニュに手を出すのが怖いのなら・・」

このACブルを飲んでみるのが良いかと思います。


 勿論、レ・リュジアンの超絶なエレガンスや、シャサーニュらしい重厚なピノの味わいをエレガントに表現できてはいないです。

 しかし、テクニカルにあるように、ヴォルネイとシャサーニュに有るACブルの区画のブレンドですので、これ、かなりバランスが良いんですね。ヴォルネイが持つ雅さとシャサーニュが持つ大きさや重量感をブレンドしており、しかも、フォンテーヌ=ガニャールの質の良い葡萄とゴージャスなワイン造りにより、とてもエレガントにチェリー風味をエキス味で表現してくれます。

 2014年も美味しかったですが、2015年ものも負けずに・・いや、それ以上に旨いです。


 2015年ものは3アイテム、ご紹介させていただきました。どうしても上級キュヴェのレ・リュジアンの記事の比重が大きくなってしまいますが、これは仕方が無いです。滅茶素晴らしいですから。

 でも、例えば濃密さ、凝縮感命の方が飲まれたら・・

「ん?・・全然言うほどじゃ無いじゃん!」

と怒りを覚えるかもしれませんよ。それほどまでにエレガントなんです。


 濃いものはアバタを隠せます。でも淡いものは隠しようが無いんです。少しの汚れも浮き上がらせてしまうんです。だから淡いワインは造るのが非常に難しいんです。濃いものは最初から濃く造るつもりなら出来ますし、アバタも隠せる訳です。


 素晴らしいピノ・ノワールでした。まだ飲まれていないようでしたら是非とも飲んでいただきたい逸品です。ご検討くださいませ。


「 Les Voillenots Dessus」の区画


 以下は2014年ブルゴーニュ・ルージュのレヴューです。
━━━━━
【ドライでピュア、柔らかでしなやかなエキス系の・・ストレートど真ん中に投げ込んだような高質ピノ・ノワールです!】

 いつ以来なのか・・覚えていないほどですが、フォンテーヌ=ガニャールのワインをご紹介します。へそ曲がりの noisy は、シャルドネでは無くてピノ・ノワールです。

 おそらくシャサーニュ村近郊の畑産と思われる、柔らかでしなやかなテクスチュアを持った秀逸なピノ・ノワールです。シャサーニュ系のピノに有りがちな「甘いピノ・ノワール」では無く、しっかり完全発酵させたドライでエキシーな味わいです。

 やや赤いフラワリーさを感じるノーズにチェリーの果実、粘土がいっぱい・・と言うよりは、白い石灰が透けて見えるような美しい色調、口内を「もっさり」させてしまうような重ったるさも無く、しかししなやかで伸びの良い味わいです。ほんのり煙のようなアロマに石のヒントも高貴さを感じさせてくれます。

 まぁ、シャサーニュの赤は、良いのに当たると滅茶美味しいんです。例えばニーロンさんちの1級の赤などは、非常に少ないし余り評価されていないですが・・時折ご紹介させていただいてますのでご存知ですよね。妙に鉄っぽく重さの有るムルソー赤とも違い、もう少し低域に厚みの有る重厚さが出やすいワインです。

 その辺りの処理が、むしろこのドメーヌが伝統的な造りを続けてきたやり方に、非常にマッチしていると思われますが、滅茶心地良いんですね。これ、とても面白いポイントでして、シャルドネの造り手なのにピノ・ノワールの方が安定して美味しい・・ありゃ・・こんなこと書いちゃうと怒られちゃうかな?・・そのまま誰にも言わずに黙っててくださいね。

 このドメーヌのシャルドネは、滅茶出来が良いものと垢抜けないものが同居していまして、中々に選択が難しいんですね。しかも、出来が良いものが毎年一緒・・と言う感じでも無く、ただ、上級キュヴェは総じて出来は良いです。中級クラスが今一つの場合、もしくは良いものと、もう少し安いなら・・とか、もうちょっと頑張ってくれよ・・みたいななのが混じる感じで、中々にね・・ムズイんですね。・・内緒の話しです。なので当たると・・

「フォンテーヌ=ガニャールのシャルドネってこんなに素晴らしいの?」

と驚く羽目になります。なのに・・ACブルは毎年非常に安定感が有ります。

 これなら納得していただけるだろう・・と言う魂胆でのご案内です。ぜひ飲んでみて欲しいと思っています。ご検討くださいませ。



収穫時の「Les Longbois」の区画


2017 Volnay Premier Cru Clos des Chenes
ヴォルネイ・プルミエ・クリュ・クロ・デ・シェーヌ

15052
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ヴォルネイ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。葡萄の植樹は1985年で所有畑の面積は約0.22ha、小石の多い粘土質土壌で傾斜のある区画です。色合いは深紅でブラックベリーのような濃厚なフルーツのアロマ、タンニンも力強く、骨格のしっかりしているワインです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,750 (外税) 
【激旨!・・この超細い糸で繊細に織られた表情に接してみて下さい!・・勿論、乱暴に扱ってはいけませんよ・・丁寧にお願いいたします。】
「きゃ~っ!・・」

と、思わず絶叫を出したくなってしまうような、実にエレガントで深~~い・・「旨味の中にも漂うフィネス」とも言うべき見事な果実感を感じさせてくれる「クロ・デ・シェヌ」です。フォンテーヌ=ガニャールの赤のトップ・キュヴェですね。

 やはりこのヴォルネイ1級格のクロ・デ・シェヌと言う畑は別格の美味しさのバランスを持っていますね~。勿論ですが、村の真ん中に有って、ほとんどが旧領主たちの邸宅になっている部分・・「何とかデュック」と言われる1級畑や、カイユレなどのパワフルな味わいも素晴らしいと思いますが、村の南端に有る・・つまりムルソーやモンテリーとの境界に有るこの「クロ・デ・シェヌ」のエレガンスは、人間を引き付ける魅力に溢れていると感じてしまいます。

 ただし、マット・クレイマーさんもその著書で書いていますが、

「私には少し物足りない」

と・・実に正直に言っています。


 noisy も今まで何度か感じたことでは有りまして、

「このクロ・デ・シェヌと言う畑は確かに素晴らしい表情を持った稀有な畑だが、醸造は相当に難しいのかも・・?」

と思っていました。


 つまり、力ずくで造ってしまうと、「少し野暮っぽい」味わいになってしまいがちで、そんなクロ・デ・シェヌに随分と出会ったものです。

 しかしながら先般ご紹介させていただきましたティエリー・グラントネの2017年クロ・デ・シェヌの美味しさにはぶっ飛びましたし、このフォンテーヌ=ガニャールの、まさに「エレガンスの塊から漏れてくる微細な表情」にも感動しました。

 そしてその2つ、グラントネとフォンテーヌ=ガニャールのクロ・デ・シェヌは、根っこの部分で同様なものを感じますが、

「根本的な設計が全然異なる」

と感じるんですね。


 グラントネは、濃密な葡萄を結構に「さらっ」と抽出し、ほんの僅かな甘みを残した醸造をしているはずです。

 フォンテーヌ=ガニャールは、健康だがグラントネほどの濃密さを持った葡萄にはせず、それを「さらっ」と抽出してエレガンスとクロ・デ・シェヌならではの微細な香気成分を得ているように感じます。

 どちらも非常に美味しいと思います。そして、結構に「外れ」の多かったクロ・デ・シェヌが、本来の姿をちゃんと見せてくれるようになったことがとても嬉しいです。

 細い糸も太い糸も、「くんずほぐれつ」のグラントネと、滅茶細い絹のような糸を織り込んだかのようなフォンテーヌ=ガニャール。比べてみなければ詰まらないですよ。是非飲んでみて下さい。少ないですが・・超お勧めです!


2017 Bourgogne Blanc
ブルゴーニュ・ブラン

15051
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

◆◆◆実は超希少なA.C.ブル・シャルドネです!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥4,350 (外税) 
【!】

 今回は・・飲みませんでした。非常に引きの強いシャルドネなんですね・・なので、減らしてしまうのを恐れて・・上のクラスをテイスティングしています。

 感覚的には・・今までの感じだと、シャサーニュ=モンラッシェとさして変わらない感じ・・だと思ってもらって良いかもしれません。


 因みに全文は掲載できませんが、バーガウンドはこんな感じの評価です・・このクラスに点は付けないんですよね・・ズルいな~。

 マッチ棒、洋ナシ、リンゴの香り、そして少量のペトロール、レモンのような柑橘、リッチで活気のあるジューシーなフレーバー。これは比較的まれな出来のブルゴーニュで見逃すこと無く・・云々


 飲んでみてください。美味しいはず・・です!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【滅茶素晴らしいです!質感の高さに震えるでしょう!確実に村名クラス!2016年のフォンテーヌ=ガニャール白は、ミシェル・ニーロン+アルファ!】

 実は激レアに近いのがこのフォンテーヌ=ガニャールさんちのA.C.ブルゴーニュ・ブランです。noisy もようやっと分けていただけた感じです。おそらく、めちゃ美味しいし価格もリーズナブルなので、レストラン・ユースで引っ張りだこなのでしょう。良くご存知の方なら・・もしくは、美味しいフレンチなどをご賞味される趣味の方なら、一度はこのワインを愛でたんじゃないかと思います。

 左のグラスの写真を是非ご覧ください。もう・・見ただけで判りますよね・・気品が映り込んでいるでしょう?・・まぁ、それは冗談だとしても、見事に美しい、淡い緑をまとった張力のあるイメージが湧いてくると思います。

 2015年ものも下から上まで、滅茶美味しかったんですが、・・いや、A.C.ブルは今回のご紹介が初めてですが、

「滅茶美味しかった2015年ものを軽~~く超えて来た、素晴らしい味わい!」

です。

 しかもこのA.C.ブルで充分に美味い・・!村名クラス以上の仕上がりだと思われます・・ホントですよ。嘘じゃないです。勿論そうは感じない方もいらっしゃるかもしれませんが、noisy 的には全く本気で言ってます。

 何せ、あのミシェル・ニーロンにも似たテッカテカの光沢の有る・・クリスタルでコーティングされたような表情を感じるニーロンさんのシャサーニュ・ワインに酷似していて、それにプラスして、そのコーティング上に柔らかく細やかな微細な表情が、見事に蒸着されているんですね・・。

 そうだなぁ・・超エレガントなムルソー・・・と言うようなニュアンスでしょうか?・・そもそもニーロンさんのシャサーニュ系のワインは、言ってみればシャサーニュらしくない、やや硬めのコーティングが有りますよね。一般的にはシャサーニュはどこか柔らかで、最初から砲身を開放状態の大砲・・みたいな、いつでもオッケー・・のようなニュアンスが有りますが、ニーロンさんにはそれは無く、そのコーティングが漏れてきて弾けた要素の美味しさを愛でる・・みたいなところが有ります。

 このブル・・・と言うか、2016年のフォンテーヌ=ガニャールさんの白に共通しているのは、そんなテカテカコーティングに加え、そのコーティング上に、先のシャサーニュ=モンラッシェ・ブランが持つ、柔らかな表情を、

「超繊細にほんの少しだけトッピング」

しているような感じなんですね。・・想像してみてください・・美味しく無い訳が無いですよね。


 バキバキに硬いルフレーヴさんのACブルも、何年かの熟成でまさにピュリニーそっくりなワインに成りますが、

「それは硬すぎるし平板すぎるでしょう?」

と言いたくなるような見事な球体の味わいが有ります。


 貴重なワインだと思います。飲んで色々と判って良かったですが・・飲んで数が減ってしまったことに残念な気持ちになると言う、とても複雑な気持ちです。是非飲んでビックリしてください!お勧めです。


2017 Chassagne-Montrachet Blanc
シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン

15050
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。「La Bergerie(ラ ベルジュリー)」や「 Les Voillenots Dessus(レ ヴワユノ ドゥシュ)」など7区画の葡萄を使用、葡萄の植樹は最も古い木で1960年、所有畑の面積は約1.7haになります。白い花やリンゴの香り、酸味は控えめでタッチも柔らかく、程よく甘味もあってオイリーで飲みやすい味わいです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥6,950 (外税) 
【90 points! Robert Parker's Wine Advocate です!これは超お買い得!】
 余りに美味しい、切り裂きジャックみたいなマルトロワ・ブランのエレガンスを、僅かに「鈍角」に持って行って「飲みやすさ」に振ったバランスがこのシャサーニュ村名の白だと思ってください・・。そうしたら手を出しやすいでしょう?


 そもそもフォンテーヌ=ガニャールのシャルドネは、そんなには割り当てをもらえないんですよ。特に安いクラスは・・ブルゴーニュ・シャルドネやシャサーニュ村名は、レストランさんでもひっぱりだこのようで、需要が多いので・・ワイン屋はどうしたって後回しになってしまうのは理解出来ます。


 あ、そうそう・・昨今の新型コロナウイルスの性で、皆さんも自重気味・・でもそれだとこの先の経済状況が不安になってきてしまいますよね。

 ただし・・やることが無い・・(^^;; 営業職のあるお客様は、自宅でお仕事をしているとおっしゃってました。「テレワーク」と言うそうですが、会社に来てもらっても、またお得先に行ってもらっても困る・・と言うことだそうです。

「・・どうすりゃいいの?」

って感じですよね。


 まぁ、noisy のところはそんなことは無いですが、

「超美味しくてリーズナブルなのに・・お客様の引きが悪い・・どうすりゃいいの?」

と言うようなことは・・ここでも散々起こっています。


 氷のように冷ややかでテクスチュアは滑らか、質の高い柑橘と、僅かにそれらを勝るバランスで包み込む透明なミネラリティ・・伸びやかに香るアロマに、うっとりしていただけます。

「甘くてシャバっと拡散してしまうようなシャサーニュでは無い!」

です。是非ともご検討くださいませ。超お勧めです!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【べらぼうに美味しいです!・・でも数は有りません!】

 余りのACブル・ブランの美味しさにビックリしてしまいましたが、反面、

「・・でも、2016年のシャサーニュの白が普通の出来以下だったら困っちゃうなぁ・・」

と、まだ見ぬ上級キュヴェへの不安も持っていた noisy です。


 そりゃぁ・・そうです。テイスティングは下のクラスから順々に行って行くのが普通なんですが、それでも、中には飛び抜けて素晴らしいものが有ったりしますんで、A.C.ブル・ブランが2016年、たまたまそうだった・・と言うことなら、今まで皆さんにお伝えしてきた内容を修正しなくちゃならなくなってしまいますしね・・。


 ですが・・この村名シャサーニュ=モンラッシェも、言ってみれば、

「飛び抜けて素晴らしい!・・しかも特徴もバッチリ!」

なので、ヘタすれば1級クラスと同等・・などと言いたくなってしまいます。

 しかしながら数は本当に無く、出来れば飲んで数を減らしたく無かったのが本心では有りますが、まだ復活してから2年目ですんで、2015年ものを結構な数、テイスティングしたとは言え、天候の影響が厳しかった2016年もののチェックも怠れないと言うことで、村名も開けてみました。


 まさに・・A.C.ブル・ブランのコラムでも書きましたが、テクスチュアはまるでミシェル・ニーロン並みのテッカテカ、つっるつるのものです。

 しかもワインを口に入れる前の素晴らしいアロマにビックリです!ほんのりとオイリーなんですが、胡麻っぽい特徴的なアロマが、煙っぽさと一緒にノーズに飛び込んで来ます。スピードも有り、適度な柔らかさと硬さが交錯し、ミネラリティの豊富さを感じさせてくれます。口に含むと柔らかい酸はまん丸で、入った液体の表面張力をも感じます。ぷりっぷり・・なんですね。

 酸っぱい酸はほぼ無く、上品さ、気品が漂いつつノーズに抜けて行きます。マッタリとしつつ余韻は長くたなびき、柑橘系と非柑橘を上品に再現しながら消えて行きます。

 シャサーニュと言うよりは・・いや、シャサーニュでは有るんですが、もっとピュリニーっぽいし、滅茶苦茶上品で硬く無いムルソー・シャルムを飲んでいるかのようでも有ります。いや・・絶品ですね・・。今飲んでも充分に満足していただけるかと思います。これだと1級クラスの2016年が楽しみでは有るんですが、

「2~3本しか・・無い!」

ので・・ごめんなさい。・・村名でこれだけ美味しければ、価格上昇の抑えられた・・もしくは前年とほぼ同様ですので、1級クラスはべらぼうな仕上がりになっているでしょう。

 残りは5本ですので・・是非お早めにご検討くださいませ。お勧めします!



 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2017 Chassagne-Montrachet 1er Cru la Maltroie Blanc
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ラ・マルトロワ・ブラン

15049
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級マルトロワに格付けされる「Ez Cretz(エ クレ)」と「Les Rebichets(レ ルビシェ)」という場所に約0.8haの区画を所有。葡萄は1950~60年に植えられ、土壌はフィルター状の軽めの粘土質、日当たりが良く暖かい場所で葡萄の成熟が早いのが特徴です。シャサーニュ モンラッシェ1級の中でも酸味が柔らかく、凝縮感や余韻はそこまでありませんがバランス良いタッチの飲みやすさがあるワインです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,100 (外税) 
【激旨いです!ガラスを身にまとった甘露な柑橘フルーツが口内を切り裂いて入って来るかのようです!】
相当に旨い!・・です。テクスチュアはまるでユベール・ラミーのようにコーティングされたガラス、クリスタルで、しかも非常に冷ややかです・・から、

「口内が少し暖かい時に、超美味しい氷アイスを突っ込んだ感じ」

にも・・似ていると思います。


 ラミーのコーティング感の在るテクスチュアはそっくりでも、その後の振る舞いが異なります。ラミーはやはりそこでやや「ムッツリ」するんですよね・・。圧が凄いのは判るし、時を経ればその圧が解けてきてポテンシャルが開花する「だろう」と判ります。

 しかしこのフォンテーヌ=ガニャールのラ・マルトロワはそこからが違うんですよ。もうそこに、すでに「快楽」が有る・・と言ってしまって良いかと思います。

 だから、切り裂くように冷たい、滅茶滑らかな甘露が入って来て、それがじんわりと弾ける・・・しかしそれらは非常に精緻に行われる・・と言う感じでしょうか。

 これを美味しく無いとは誰も言えないのでは?・・と思いますよ。

 因みに、各メディアはこんな感じです。

92 Points from Jasper Morris Inside Burgundy
89-91 points Vinous
90 points Allen Meadows - Burghound
90 points John Gilman


 ん~・・どうやってもフォンテーヌ=ガニャールのル・モンラッシェの評価を上げたくないのが響いているかもしれません。と言うか、どうしても以前のフォンテーヌ=ガニャールのイメージを拭えないのでしょう。

 しかしながら・・間違い無く、相当に旨いです。noisy はポテンシャル93ポイントまで有ります。ご検討くださいませ。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【ジョン・ギルマン氏は92Points!】

 少なくてとても飲めないので、テイスティング・レヴュワー達のポイントを掲載させていただきますね。

 ジョン・ギルマン氏は92Points、飲み頃予想 2021~2045+ 。アドヴォケイトのニール・マーティン氏は90Points でした。因みにVinous のタンザーさんは2015年のこのワインを 89-91 points と評価していますので、大方・・2016年の方が上と言うことが言えるかと思います。

 タンザーさんは、

「このマルトロワは1950年代に植え替えられたが、この数年のうちに再度植え替えられるだろう・・」

と言ってます。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2017 Chassagne-Montrachet 1er Cru la Romanee
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ラ・ロマネ

15043
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級区画ラ ロマネの東側に約0.35haの畑を所有、東向きの急傾斜で日中は暑いですが西日は当たらないので夜は冷える場所です。きめの細かい粘土質土壌で葡萄の樹齢は約50年、寒暖の差が大きく成熟がゆっくり進むので複雑なアロマのある葡萄が収穫出来ます。熟した濃厚な果実味と酸味、若いうちは固さがありますが肉厚な旨味と素晴らしい余韻の長さがこのワインのポテンシャルを感じさせます。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥13,850 (外税) 
【クリオ=バタールとほぼ同評価の1級畑!】
 これはお買い得だなぁ・・と思うんですね~~・・95ポイントまで付いている・・いや、この人は良く判らない人では有りますが、それでもクリオの評価点とほぼ同じですよね。価格も非常にリーズナブルですので・・是非ご検討くださいませ!

92-95 points Vinous
94 points Robert Parker's Wine Advocate
93 points Allen Meadows - Burghound
93 points John Gilman
17.5/20Jancis Robinson

以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【ジョン・ギルマン氏は94Points!】

 少なくてとても飲めないので、テイスティング・レヴュワー達のポイントを掲載させていただきますね。

 ジョン・ギルマン氏は94Points、 飲み頃予想は 2022~ 2045+ でした。因みにVinous のタンザーさんは2015年ものを92~94Points と評価しています。

 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【1級畑でトップのラ・ロマネ!残念ながらこちらだけは飲めませんでした・・】 

<傾斜の急なラロマネの畑>

 いや、良い写真ですね。ラ・グランド・モンターニュの丘の南側に有るラ・ロマネ1級です。飲もうと思って・・いや、シャサーニュやカイユレが非常に美味しいもんで、

「こりゃぁ行ける!」

と踏んでのラ・ロマネ抜栓だったんですが、


「あ、noisy さん、ラ・ロマネは少なくて追加は無理ですが大丈夫ですか?」

と言われちゃったんですね。


「えっ?・・そうなの?」

と、それまで意気揚々だったんですが、急に弱気の虫が疼きだし、

「・・んじゃ・・1回ご案内してから考えようか・・」

と言うことにしてしまいました。まぁ、ただでさえこれだけ開けてしまいますと、商売には中々ならないんですけど、フォンテーヌ=ガニャールのイメージを掴むためには、ある程度飲まないと判りませんからね。


 で、一応ですが他の方の評価を探してみますと、タンザーさんの 91~94 Points と言うのが見当たりました。結構に高い評価でした。

 1級カイユレも、また1級モルジョも、村名も、スタイルは全く同様ながら、テロワールで性格が本当に大きく違うのが判ります。

 相当に良いと思いますが・・飲んでないのでこれ位にしておきますね。ぜひご検討くださいませ。

 


2017 le Montrachet Grand Cru
ル・モンラッシェ・グラン・クリュ

15040
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1978年にリシャール氏の義理の祖父にあたるエドモンド ガニャール氏が畑を購入し、1996年からフォンテーヌ家で醸造するようになりました。所有畑の面積は僅か0.07haで土壌は泥灰土と粘土質から構成され、南東向きの緩やかな斜面に樹齢60~70年の葡萄が植えられています。年間生産量は最大でも600本ほどしかなく、非常にオイリーで濃厚、凝縮した果実味と酸味、ミネラル旨味と苦味、どこまでも続くような余韻がこのワインのポテンシャルを物語っています。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥89,990 (外税) 
【ジャスパー・モリス97ポイント、アドヴォケイト96ポイント、デカンター96ポイントの凄いル・モンラッシェです!】
 高評価のル・モンラッシェです。シャサーニュ側のモンラッシェと言うことになろうかと思います。飲めてはいないのですが、素晴らしい1級マルトロワ・ブランや下級クラスを見れば、劇的な仕上がりになっていることが想像できます。

 モンラッシェとしての評価的には、ラギッシュ、ソゼとほぼ同様、ジャドやアンリ・ボワイヨを超え、ラモネとは同様か僅かに下回ったか、コント・ラフォンは93~98ポイントまでのように幅は有りながらも多くのメディアが評価しているので僅かに勝てなかったか・・と言うところかと思います。

 当代随一のモンラッシェです。この前にひざまづけば飲ませてくれると言うなら、やっちゃいますよね~・・。是非ご検討くださいませ!

97 Points Jasper Morris
96 points Decanter (Tim Atkin)
96 points Robert Parker's Wine Advocate
93-96 points Vinous
95 points Burghound (Allen Meadows)


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【このトップ・キュヴェ3アイテムは相当に評価が高いです!】

 え~・・いつか飲んでやろうと虎視眈々と狙っていますが、さすがにこのクラスともなりますと、如何にnoisy が浪費家でもそう易々とは開けられません。

 しかし、昔から上級キュヴェの素晴らしさには定評が有ったフォンテーヌ=ガニャールですが、2015年ものの1級、村名シャルドネを飲みますと、


「以前の妙な硬さはどこへやら。超エレガントで柔らかく、いつ飲んでも美味しいに違いない・・」

と思わせてくれます。


 2015年のル・モンラッシェは、ヴュー・フロム・ザ・セラーのジョン・ギルマン氏が98ポイント。この方はブルゴーニュ専門ですが、評判は良いようです。noisy は余り知らない評論家さんです。また、ワイン・アドヴォケイトは94~96 ポイント、厳しいので有名なバーガウンドのアラン・メドウズ氏は94ポイントです。

 モンラッシェと言うワインは、気難しさは人一倍ですが、やはりあの漲る緊張感、熟成時の膨大なフレーヴァーに出会えたなら、どんなピノ・ノワールも吹っ飛んでしまうと思わせる凄みが有ると思います。


 2015年のバタール=モンラッシェは、ジョン・ギルマン氏が96ポイント、デカンター誌とアラン・メドウズ氏が93ポイントと言う評価が見当たりました。

 このバタール=モンラッシェは「モンラッシェの庶子」と言われるほど瓜二つ・・と言われます。凄いバタールに出会うのは、滅多に当たらないモンラッシェを飲むより確率が高いとも・・(^^ 言われてます。まぁ、このようなシャルドネの最高峰を開けるときこそ、

「時間をたっぷり使える時にこそ開けましょう!」
「もしくはリリース直後にそのポテンシャルの素晴らしさを味わってしまいましょう!」

と言うのが良いかと思います。中途半端な時期に抜栓してしまいますと、まったく死んだようにうんともすんとも言わず、

「・・騙された~!」

と・・やりきれない思いをすることになります。


 だから何とかその結果を他の人の性にしたいところが人間の性では有りますが、それは自分の性なんですね。気を付けましょう。


 2015年のクリオ=バタール=モンラッシェは、ワイン・アドヴォケイトのニール・マーティン氏が92~94ポイントとしています。すでに上級キュヴェを飲まれた担当さんの話しでは、

「クリオは今飲んでも滅茶開いていて美味しい。」

とのことです。


 バタールとモンラッシェは似た性格で、少し締まっているようです。まぁ、noisy に嗾けられたからと言って、さっさと開けてしまう方はいないと思いますけど!

 そんな訳で、希少な世界を代表するシャルドネ3品をご紹介させていただきました。ぜひご検討くださいませ。noisy もこのどれかを・・今年中に何とか開けたいと思っています。


緩やかな傾斜の区画


2016 Chassagne-Montrachet Blanc
シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン

14113
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。「La Bergerie(ラ ベルジュリー)」や「 Les Voillenots Dessus(レ ヴワユノ ドゥシュ)」など7区画の葡萄を使用、葡萄の植樹は最も古い木で1960年、所有畑の面積は約1.7haになります。白い花やリンゴの香り、酸味は控えめでタッチも柔らかく、程よく甘味もあってオイリーで飲みやすい味わいです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥7,690 (外税) 
【べらぼうに美味しいです!・・でも数は有りません!】
 余りのACブル・ブランの美味しさにビックリしてしまいましたが、反面、

「・・でも、2016年のシャサーニュの白が普通の出来以下だったら困っちゃうなぁ・・」

と、まだ見ぬ上級キュヴェへの不安も持っていた noisy です。


 そりゃぁ・・そうです。テイスティングは下のクラスから順々に行って行くのが普通なんですが、それでも、中には飛び抜けて素晴らしいものが有ったりしますんで、A.C.ブル・ブランが2016年、たまたまそうだった・・と言うことなら、今まで皆さんにお伝えしてきた内容を修正しなくちゃならなくなってしまいますしね・・。


 ですが・・この村名シャサーニュ=モンラッシェも、言ってみれば、

「飛び抜けて素晴らしい!・・しかも特徴もバッチリ!」

なので、ヘタすれば1級クラスと同等・・などと言いたくなってしまいます。

 しかしながら数は本当に無く、出来れば飲んで数を減らしたく無かったのが本心では有りますが、まだ復活してから2年目ですんで、2015年ものを結構な数、テイスティングしたとは言え、天候の影響が厳しかった2016年もののチェックも怠れないと言うことで、村名も開けてみました。


 まさに・・A.C.ブル・ブランのコラムでも書きましたが、テクスチュアはまるでミシェル・ニーロン並みのテッカテカ、つっるつるのものです。

 しかもワインを口に入れる前の素晴らしいアロマにビックリです!ほんのりとオイリーなんですが、胡麻っぽい特徴的なアロマが、煙っぽさと一緒にノーズに飛び込んで来ます。スピードも有り、適度な柔らかさと硬さが交錯し、ミネラリティの豊富さを感じさせてくれます。口に含むと柔らかい酸はまん丸で、入った液体の表面張力をも感じます。ぷりっぷり・・なんですね。

 酸っぱい酸はほぼ無く、上品さ、気品が漂いつつノーズに抜けて行きます。マッタリとしつつ余韻は長くたなびき、柑橘系と非柑橘を上品に再現しながら消えて行きます。

 シャサーニュと言うよりは・・いや、シャサーニュでは有るんですが、もっとピュリニーっぽいし、滅茶苦茶上品で硬く無いムルソー・シャルムを飲んでいるかのようでも有ります。いや・・絶品ですね・・。今飲んでも充分に満足していただけるかと思います。これだと1級クラスの2016年が楽しみでは有るんですが、

「2~3本しか・・無い!」

ので・・ごめんなさい。・・村名でこれだけ美味しければ、価格上昇の抑えられた・・もしくは前年とほぼ同様ですので、1級クラスはべらぼうな仕上がりになっているでしょう。

 残りは5本ですので・・是非お早めにご検討くださいませ。お勧めします!



 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2016 Chassagne-Montrachet 1er Cru Cailleret Blanc
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・カイユレ・ブラン

14109
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級カイユレに格付けされる「Vigne Derière(ヴィーニュ デリエール)」という場所に約0.56haの畑を所有し、葡萄は1962~66年に植えられました。畑は緩やかな斜面になっており、表面は白土で覆われ、その下に粘土が堆積しています。石灰質が多い斜面上部の葡萄はミネラルを、粘土質が多い下部の葡萄はリッチさをワインに与える特徴があり、ハツラツとした酸味とミネラル、若いうちは力強くて四角さを感じるカッチリとした味わいがあります。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥13,090 (外税) 
【ジョン・ギルマンさんは94ポイントでした!】
 少なくてとても飲めないので、テイスティング・レヴュワー達のポイントを掲載させていただきますね。

 ジョン・ギルマン氏は94Points、2021~2045が飲み頃と言う、かなり高い評価です。アドヴォケイトのニール・マーティン氏は92Points と低いですね・・この方はいつもこんな感じでは有りますが・・。因みにジョン・ギルマン氏は2015年も94Points で同評価、ニール・マーティン氏は90~92Pointsですので、2015年よりは良いと感じていらっしゃるのでしょう。だとすると、2015年のこのワインをテイスティングしているnoisyとしますと・・何だかな・・低すぎるでしょ!・・と言いたいところです。

 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2016 Chassagne-Montrachet 1er Cru la Romanee
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ラ・ロマネ

14108
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級区画ラ ロマネの東側に約0.35haの畑を所有、東向きの急傾斜で日中は暑いですが西日は当たらないので夜は冷える場所です。きめの細かい粘土質土壌で葡萄の樹齢は約50年、寒暖の差が大きく成熟がゆっくり進むので複雑なアロマのある葡萄が収穫出来ます。熟した濃厚な果実味と酸味、若いうちは固さがありますが肉厚な旨味と素晴らしい余韻の長さがこのワインのポテンシャルを感じさせます。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥15,350 (外税) 
【ジョン・ギルマン氏は94Points!】
 少なくてとても飲めないので、テイスティング・レヴュワー達のポイントを掲載させていただきますね。

 ジョン・ギルマン氏は94Points、 飲み頃予想は 2022~ 2045+ でした。因みにVinous のタンザーさんは2015年ものを92~94Points と評価しています。

 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【1級畑でトップのラ・ロマネ!残念ながらこちらだけは飲めませんでした・・】 

<傾斜の急なラロマネの畑>

 いや、良い写真ですね。ラ・グランド・モンターニュの丘の南側に有るラ・ロマネ1級です。飲もうと思って・・いや、シャサーニュやカイユレが非常に美味しいもんで、

「こりゃぁ行ける!」

と踏んでのラ・ロマネ抜栓だったんですが、


「あ、noisy さん、ラ・ロマネは少なくて追加は無理ですが大丈夫ですか?」

と言われちゃったんですね。


「えっ?・・そうなの?」

と、それまで意気揚々だったんですが、急に弱気の虫が疼きだし、

「・・んじゃ・・1回ご案内してから考えようか・・」

と言うことにしてしまいました。まぁ、ただでさえこれだけ開けてしまいますと、商売には中々ならないんですけど、フォンテーヌ=ガニャールのイメージを掴むためには、ある程度飲まないと判りませんからね。


 で、一応ですが他の方の評価を探してみますと、タンザーさんの 91~94 Points と言うのが見当たりました。結構に高い評価でした。

 1級カイユレも、また1級モルジョも、村名も、スタイルは全く同様ながら、テロワールで性格が本当に大きく違うのが判ります。

 相当に良いと思いますが・・飲んでないのでこれ位にしておきますね。ぜひご検討くださいませ。

 


2016 Pommard Premier Cru les Rugiens
ポマール・プルミエ・クリュ・レ・リュジアン

14103
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ポマール
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

◆◆◆2015年ものは凄い出来でした!2016年はそれを超えてくると思われます。僅少。
■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。葡萄の植樹は1985年で所有畑の面積は約0.22ha、小石の多い粘土質土壌で傾斜のある区画です。色合いは深紅でブラックベリーのような濃厚なフルーツのアロマ、タンニンも力強く、骨格のしっかりしているワインです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥11,300 (外税) 
【!】
 余りに少なく・・でも2015年ものも少し前に再入荷しましたので、一旦落ち着いてはいます。しかし何度も言いますが、2015年のリュジアン、物凄いワインです。2016年ものは少なすぎて今のところ飲めていないので、お勧めし切れずに・・残念な状況です。どなたか人柱になっていただけますと幸いです。


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【超絶にエレガントで滅茶ゴージャスです!このフォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワール、是非とも一度トライされてください!】
 いや~・・驚きました。フォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワールがここまで旨いとは思いませんでした。長い間飲んでいなかったとは言え・・と言うか、余りに初期のイメージが良く無かったのが響いたことも有りますし、エクスクルーシヴを持つエージェントさんとの付き合いがちょうど無かったことも有るかと思います。

 それにしても、

「あの、紙を加えたままピノを飲んでいるかのようなイメージ」

は何だったんだろう・・と思ってしまうほど・・の超絶なエレガンス、フィネスです。


 左の写真は上から順にポマール・レ・リュジアン、シャサーニュ=モンラッシェ、ACブルゴーニュになります。色合いなどぜひご覧くださいませ。

 勿論ですが上級キュヴェほど、その造り手の真の姿を映し出しますが、さりとて下級キュヴェもその延長上になければ飲み手の理解は深まらず、しかも、

「・・高いクラスだけ美味しくてもね・・駄目だよね・・」

と言うような、余り良く無いイメージを植え付けてしまいます。最初に言わせていただきますが、下から上まで、ちゃんと統一され、造り手の意思が全てのワインにキッチリ現れています。


 ポマール・レ・リュジアンは、言わずと知られたポマールのテート・ド・キュヴェ(トップワイン)です。濃密ながらエレガンス、複雑性とも、他の1級畑ものを引き離すと理解されています。

 この非常に淡く美しい色合い・・感動的ですよね。やや黒みを深く持つシャサーニュ=モンラッシェとも、大きく異なる色合いで、ポマールの1級畑が持つ上品さを見せてくれているように思います。


 で、このレ・リュジアン2015年ですが、ビックリするほどの超絶なエレガンスとフィネスを感じさせてくれます。しかも、

「まったく濃く無い!」

です。しかし、ちゃんとキッチリエキスが出ています。これ、どういう事かと言いますと、


「最適な状態に熟した葡萄のみを使用し、ほぼ圧力を掛けずに優しく絞った、非常に贅沢な味わい」

なんですね・・。



 例えば日本酒でも、モロミを絞る時に、ギューっと強い圧力を掛けて、最後の最後まで絞ったら・・どうなるでしょう?・・渋みやエグミ、雑味が出てしまいますよね。でもその分、量が沢山造れる訳です。

 ワインも同じです。絞れるだけ絞ってしまうと、そりゃぁ量は出来ますが、雑味の多い味わいになってしまいます。

 このワインからは、そんな雑味は感じられないどころか、一点の曇りのない美しい姿のみを感じさせてくれます。


 勿論ですが、葡萄の質が良く無ければ、醸造も、絞りも全く意味が有りませんが、

「上質で健康な葡萄だけを使用している・・と感じさせてくれる高質感」

が感じられます。


 なので、今飲んでも滅茶苦茶美味しい!・・しかし、こんなもんじゃないんですよね・・実際は。このワインが熟してきますと豹変するはずなんですね・・だって、素性が滅茶苦茶良いんですから。


 むしろ今は、その姿は「淡泊」に感じられるかもしれません。・・そう、強さは全く無いに等しいほど、スムーズな飲み口なんです。でも少し飲めば判るでしょう・・

「・・これ、只者じゃぁ無いぞ・・」

と言うニュアンスがヒシヒシと伝わってくるはずです。


 言わば、例のルイ・ユエランのような、余り饒舌では無いタイプなんです。非常に贅沢な、葡萄の芯の部分だけをワインにしたような感じです。なので、

「ガシッとした味わいが好きな方にはもしかしたら向かない」

かもしれませんが、

「シルヴァン・パタイユのフルール・ド・ロゼが非常に美味しいと感じられる方には、これ以上無い味わい!」

と感じていただけると思います。


 いや・・贅沢ですよ、これ。最高の贅沢です。高名な生産者のレ・リュジアンが雑に感じてしまう人もおられると思います。それほどまでにこの表情は素晴らしいです。やや高額では有りますが、

「こんなワイン、レストランさんで飲みたいよなぁ・・」

と思っていただけると思います。



 二番目のシャサーニュ=モンラッシェの赤は、レ・リュジアンとはテロワールが全然違うことが色合いからも判ると思います。軽やかなレ・リュジアンに比較し、しっかり強い粘土とシャサーニュらしい強い果実感が特徴です。

 しかしながらレ・リュジアンと同様に非常にエレガントでフィネス感たっぷりです。粘土由来の重厚さを第一に考えるのでしたらこちらのシャサーニュ=モンラッシェ赤をお勧めします。価格もよりリーズナブルですし、

「他の生産者のシャサーニュ=モンラッシェ赤のような鈍重さが無い」

のが特徴です。強い抽出をせず、フェザーのように軽くしか圧を掛けていない感じを受けます。アメリカン・チェリーやブラック・ベリー風の果実味が、非常に高質に感じられます。美味しいです。


 最後はA.C.ブルゴーニュの赤ですが、これはやはりフォンテーヌ=ガニャールのエレガントスタイルを見事に表現できていますので、


「もし、レ・リュジアンやシャサーニュに手を出すのが怖いのなら・・」

このACブルを飲んでみるのが良いかと思います。


 勿論、レ・リュジアンの超絶なエレガンスや、シャサーニュらしい重厚なピノの味わいをエレガントに表現できてはいないです。

 しかし、テクニカルにあるように、ヴォルネイとシャサーニュに有るACブルの区画のブレンドですので、これ、かなりバランスが良いんですね。ヴォルネイが持つ雅さとシャサーニュが持つ大きさや重量感をブレンドしており、しかも、フォンテーヌ=ガニャールの質の良い葡萄とゴージャスなワイン造りにより、とてもエレガントにチェリー風味をエキス味で表現してくれます。

 2014年も美味しかったですが、2015年ものも負けずに・・いや、それ以上に旨いです。


 2015年ものは3アイテム、ご紹介させていただきました。どうしても上級キュヴェのレ・リュジアンの記事の比重が大きくなってしまいますが、これは仕方が無いです。滅茶素晴らしいですから。

 でも、例えば濃密さ、凝縮感命の方が飲まれたら・・

「ん?・・全然言うほどじゃ無いじゃん!」

と怒りを覚えるかもしれませんよ。それほどまでにエレガントなんです。


 濃いものはアバタを隠せます。でも淡いものは隠しようが無いんです。少しの汚れも浮き上がらせてしまうんです。だから淡いワインは造るのが非常に難しいんです。濃いものは最初から濃く造るつもりなら出来ますし、アバタも隠せる訳です。


 素晴らしいピノ・ノワールでした。まだ飲まれていないようでしたら是非とも飲んでいただきたい逸品です。ご検討くださいませ。


「 Les Voillenots Dessus」の区画


 以下は2014年ブルゴーニュ・ルージュのレヴューです。
━━━━━
【ドライでピュア、柔らかでしなやかなエキス系の・・ストレートど真ん中に投げ込んだような高質ピノ・ノワールです!】

 いつ以来なのか・・覚えていないほどですが、フォンテーヌ=ガニャールのワインをご紹介します。へそ曲がりの noisy は、シャルドネでは無くてピノ・ノワールです。

 おそらくシャサーニュ村近郊の畑産と思われる、柔らかでしなやかなテクスチュアを持った秀逸なピノ・ノワールです。シャサーニュ系のピノに有りがちな「甘いピノ・ノワール」では無く、しっかり完全発酵させたドライでエキシーな味わいです。

 やや赤いフラワリーさを感じるノーズにチェリーの果実、粘土がいっぱい・・と言うよりは、白い石灰が透けて見えるような美しい色調、口内を「もっさり」させてしまうような重ったるさも無く、しかししなやかで伸びの良い味わいです。ほんのり煙のようなアロマに石のヒントも高貴さを感じさせてくれます。

 まぁ、シャサーニュの赤は、良いのに当たると滅茶美味しいんです。例えばニーロンさんちの1級の赤などは、非常に少ないし余り評価されていないですが・・時折ご紹介させていただいてますのでご存知ですよね。妙に鉄っぽく重さの有るムルソー赤とも違い、もう少し低域に厚みの有る重厚さが出やすいワインです。

 その辺りの処理が、むしろこのドメーヌが伝統的な造りを続けてきたやり方に、非常にマッチしていると思われますが、滅茶心地良いんですね。これ、とても面白いポイントでして、シャルドネの造り手なのにピノ・ノワールの方が安定して美味しい・・ありゃ・・こんなこと書いちゃうと怒られちゃうかな?・・そのまま誰にも言わずに黙っててくださいね。

 このドメーヌのシャルドネは、滅茶出来が良いものと垢抜けないものが同居していまして、中々に選択が難しいんですね。しかも、出来が良いものが毎年一緒・・と言う感じでも無く、ただ、上級キュヴェは総じて出来は良いです。中級クラスが今一つの場合、もしくは良いものと、もう少し安いなら・・とか、もうちょっと頑張ってくれよ・・みたいななのが混じる感じで、中々にね・・ムズイんですね。・・内緒の話しです。なので当たると・・

「フォンテーヌ=ガニャールのシャルドネってこんなに素晴らしいの?」

と驚く羽目になります。なのに・・ACブルは毎年非常に安定感が有ります。

 これなら納得していただけるだろう・・と言う魂胆でのご案内です。ぜひ飲んでみて欲しいと思っています。ご検討くださいませ。



収穫時の「Les Longbois」の区画


2016 Bourgogne Blanc
ブルゴーニュ・ブラン

14102
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
750ML 在庫    ご注文数   本
¥4,580 (外税) 
【滅茶素晴らしいです!質感の高さに震えるでしょう!確実に村名クラス!2016年のフォンテーヌ=ガニャール白は、ミシェル・ニーロン+アルファ!】
 実は激レアに近いのがこのフォンテーヌ=ガニャールさんちのA.C.ブルゴーニュ・ブランです。noisy もようやっと分けていただけた感じです。おそらく、めちゃ美味しいし価格もリーズナブルなので、レストラン・ユースで引っ張りだこなのでしょう。良くご存知の方なら・・もしくは、美味しいフレンチなどをご賞味される趣味の方なら、一度はこのワインを愛でたんじゃないかと思います。

 左のグラスの写真を是非ご覧ください。もう・・見ただけで判りますよね・・気品が映り込んでいるでしょう?・・まぁ、それは冗談だとしても、見事に美しい、淡い緑をまとった張力のあるイメージが湧いてくると思います。

 2015年ものも下から上まで、滅茶美味しかったんですが、・・いや、A.C.ブルは今回のご紹介が初めてですが、

「滅茶美味しかった2015年ものを軽~~く超えて来た、素晴らしい味わい!」

です。

 しかもこのA.C.ブルで充分に美味い・・!村名クラス以上の仕上がりだと思われます・・ホントですよ。嘘じゃないです。勿論そうは感じない方もいらっしゃるかもしれませんが、noisy 的には全く本気で言ってます。

 何せ、あのミシェル・ニーロンにも似たテッカテカの光沢の有る・・クリスタルでコーティングされたような表情を感じるニーロンさんのシャサーニュ・ワインに酷似していて、それにプラスして、そのコーティング上に柔らかく細やかな微細な表情が、見事に蒸着されているんですね・・。

 そうだなぁ・・超エレガントなムルソー・・・と言うようなニュアンスでしょうか?・・そもそもニーロンさんのシャサーニュ系のワインは、言ってみればシャサーニュらしくない、やや硬めのコーティングが有りますよね。一般的にはシャサーニュはどこか柔らかで、最初から砲身を開放状態の大砲・・みたいな、いつでもオッケー・・のようなニュアンスが有りますが、ニーロンさんにはそれは無く、そのコーティングが漏れてきて弾けた要素の美味しさを愛でる・・みたいなところが有ります。

 このブル・・・と言うか、2016年のフォンテーヌ=ガニャールさんの白に共通しているのは、そんなテカテカコーティングに加え、そのコーティング上に、先のシャサーニュ=モンラッシェ・ブランが持つ、柔らかな表情を、

「超繊細にほんの少しだけトッピング」

しているような感じなんですね。・・想像してみてください・・美味しく無い訳が無いですよね。


 バキバキに硬いルフレーヴさんのACブルも、何年かの熟成でまさにピュリニーそっくりなワインに成りますが、

「それは硬すぎるし平板すぎるでしょう?」

と言いたくなるような見事な球体の味わいが有ります。


 貴重なワインだと思います。飲んで色々と判って良かったですが・・飲んで数が減ってしまったことに残念な気持ちになると言う、とても複雑な気持ちです。是非飲んでビックリしてください!お勧めです。


2016 Bourgogne Rouge
ブルゴーニュ・ルージュ

14106
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。葡萄の木の樹齢は約50年で所有畑の面積は約0.9ha、白亜粘土質と泥灰質土壌が混じり合い、ヴォルネー村の「Les Longbois(レ ロンボワ)」とシャサーニュ モンラッシェ村の「La Platière(ラ プラティエール)」に畑があります。色合いはとても淡いですが、素晴らしい果実味がありストラクチャーがしっかりしていてワインの色とのギャップに驚かされます。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,490 (外税) 
【フォンテーヌ=ガニャールならではのエレガンスをバランス良く表現している、とても良い仕上がりの2016年です。】
 これも美味いです。最も、素晴らしいリュジアン並み・・などとは絶対に言いません。A.C.ブルクラスとして、またA.C.シャサーニュ村名クラスを比較にしての視点で、とてもピュアで美味しいと感じます。

 どうやらヴォルネイとシャサーニュの各村の畑をブレンドしているようですが、例えばシャサーニュの赤・・と聞くと、

「もしかしたら少し甘め?」

と想像される方は、かなり経験の有る方だと思われます。

 そう、確かにシャサーニュの赤系のワインは・・遅熟させてやや甘く仕上げるパターンが多かったと言えます。濃くマッチョなワインを造ろうとしていたと思うんですね。

 しかしながら、世界の愛好家たちの嗜好がPKさん誘導のものから解放されたのも原因の一つかもしれませんが、

「ん?・・濃いブルゴーニュ?・・甘いって?・・それはブルゴーニュワインじゃないよ。」

と、彼らは少し前までの自身が造っていたワインのことなど他人事のように言うかもしれません。


 それほどまでに、やや甘いシャサーニュ赤は一斉に姿を消し、黒くて酸の無い、でも横方向にだけはパレットが拡がることも無くなったと言えます。

 このA.C.ブルもそんなエキスたっぷり、ブルゴーニュワインらしいピュアでエレガンスを強く感じるものに仕上がっています。

「2016年って、オフヴィンテージでしょ?」

と言われるかもしれません。


 しかしながらここに来て判ったことは、

「2016年ものは量は物凄く少ないが、出来たワインの90%ほどは非常に質が良い(良質な造り手のもの限定)」

と言うことですね。


 なので、質が悪いと言う意味の「オフ・ヴィン」で有れば、「それは間違い」であり、量が無いと言う意味なら「正解」と言うことになります。


 純でピュア、アロマも味わいも伸びの良い、エレガントなワインです。ルイ・ユエランのワインのような、「シミジミさ」では無く、むしろ、

「ハツラツとしながらも愛らしい表情を持ったA.C.ブル」

です。是非飲んでみてください。お勧めします!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【超絶にエレガントで滅茶ゴージャスです!このフォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワール、是非とも一度トライされてください!】
 いや~・・驚きました。フォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワールがここまで旨いとは思いませんでした。長い間飲んでいなかったとは言え・・と言うか、余りに初期のイメージが良く無かったのが響いたことも有りますし、エクスクルーシヴを持つエージェントさんとの付き合いがちょうど無かったことも有るかと思います。

 それにしても、

「あの、紙を加えたままピノを飲んでいるかのようなイメージ」

は何だったんだろう・・と思ってしまうほど・・の超絶なエレガンス、フィネスです。


 左の写真は上から順にポマール・レ・リュジアン、シャサーニュ=モンラッシェ、ACブルゴーニュになります。色合いなどぜひご覧くださいませ。

 勿論ですが上級キュヴェほど、その造り手の真の姿を映し出しますが、さりとて下級キュヴェもその延長上になければ飲み手の理解は深まらず、しかも、

「・・高いクラスだけ美味しくてもね・・駄目だよね・・」

と言うような、余り良く無いイメージを植え付けてしまいます。最初に言わせていただきますが、下から上まで、ちゃんと統一され、造り手の意思が全てのワインにキッチリ現れています。


 ポマール・レ・リュジアンは、言わずと知られたポマールのテート・ド・キュヴェ(トップワイン)です。濃密ながらエレガンス、複雑性とも、他の1級畑ものを引き離すと理解されています。

 この非常に淡く美しい色合い・・感動的ですよね。やや黒みを深く持つシャサーニュ=モンラッシェとも、大きく異なる色合いで、ポマールの1級畑が持つ上品さを見せてくれているように思います。


 で、このレ・リュジアン2015年ですが、ビックリするほどの超絶なエレガンスとフィネスを感じさせてくれます。しかも、

「まったく濃く無い!」

です。しかし、ちゃんとキッチリエキスが出ています。これ、どういう事かと言いますと、


「最適な状態に熟した葡萄のみを使用し、ほぼ圧力を掛けずに優しく絞った、非常に贅沢な味わい」

なんですね・・。



 例えば日本酒でも、モロミを絞る時に、ギューっと強い圧力を掛けて、最後の最後まで絞ったら・・どうなるでしょう?・・渋みやエグミ、雑味が出てしまいますよね。でもその分、量が沢山造れる訳です。

 ワインも同じです。絞れるだけ絞ってしまうと、そりゃぁ量は出来ますが、雑味の多い味わいになってしまいます。

 このワインからは、そんな雑味は感じられないどころか、一点の曇りのない美しい姿のみを感じさせてくれます。


 勿論ですが、葡萄の質が良く無ければ、醸造も、絞りも全く意味が有りませんが、

「上質で健康な葡萄だけを使用している・・と感じさせてくれる高質感」

が感じられます。


 なので、今飲んでも滅茶苦茶美味しい!・・しかし、こんなもんじゃないんですよね・・実際は。このワインが熟してきますと豹変するはずなんですね・・だって、素性が滅茶苦茶良いんですから。


 むしろ今は、その姿は「淡泊」に感じられるかもしれません。・・そう、強さは全く無いに等しいほど、スムーズな飲み口なんです。でも少し飲めば判るでしょう・・

「・・これ、只者じゃぁ無いぞ・・」

と言うニュアンスがヒシヒシと伝わってくるはずです。


 言わば、例のルイ・ユエランのような、余り饒舌では無いタイプなんです。非常に贅沢な、葡萄の芯の部分だけをワインにしたような感じです。なので、

「ガシッとした味わいが好きな方にはもしかしたら向かない」

かもしれませんが、

「シルヴァン・パタイユのフルール・ド・ロゼが非常に美味しいと感じられる方には、これ以上無い味わい!」

と感じていただけると思います。


 いや・・贅沢ですよ、これ。最高の贅沢です。高名な生産者のレ・リュジアンが雑に感じてしまう人もおられると思います。それほどまでにこの表情は素晴らしいです。やや高額では有りますが、

「こんなワイン、レストランさんで飲みたいよなぁ・・」

と思っていただけると思います。



 二番目のシャサーニュ=モンラッシェの赤は、レ・リュジアンとはテロワールが全然違うことが色合いからも判ると思います。軽やかなレ・リュジアンに比較し、しっかり強い粘土とシャサーニュらしい強い果実感が特徴です。

 しかしながらレ・リュジアンと同様に非常にエレガントでフィネス感たっぷりです。粘土由来の重厚さを第一に考えるのでしたらこちらのシャサーニュ=モンラッシェ赤をお勧めします。価格もよりリーズナブルですし、

「他の生産者のシャサーニュ=モンラッシェ赤のような鈍重さが無い」

のが特徴です。強い抽出をせず、フェザーのように軽くしか圧を掛けていない感じを受けます。アメリカン・チェリーやブラック・ベリー風の果実味が、非常に高質に感じられます。美味しいです。


 最後はA.C.ブルゴーニュの赤ですが、これはやはりフォンテーヌ=ガニャールのエレガントスタイルを見事に表現できていますので、


「もし、レ・リュジアンやシャサーニュに手を出すのが怖いのなら・・」

このACブルを飲んでみるのが良いかと思います。


 勿論、レ・リュジアンの超絶なエレガンスや、シャサーニュらしい重厚なピノの味わいをエレガントに表現できてはいないです。

 しかし、テクニカルにあるように、ヴォルネイとシャサーニュに有るACブルの区画のブレンドですので、これ、かなりバランスが良いんですね。ヴォルネイが持つ雅さとシャサーニュが持つ大きさや重量感をブレンドしており、しかも、フォンテーヌ=ガニャールの質の良い葡萄とゴージャスなワイン造りにより、とてもエレガントにチェリー風味をエキス味で表現してくれます。

 2014年も美味しかったですが、2015年ものも負けずに・・いや、それ以上に旨いです。


 2015年ものは3アイテム、ご紹介させていただきました。どうしても上級キュヴェのレ・リュジアンの記事の比重が大きくなってしまいますが、これは仕方が無いです。滅茶素晴らしいですから。

 でも、例えば濃密さ、凝縮感命の方が飲まれたら・・

「ん?・・全然言うほどじゃ無いじゃん!」

と怒りを覚えるかもしれませんよ。それほどまでにエレガントなんです。


 濃いものはアバタを隠せます。でも淡いものは隠しようが無いんです。少しの汚れも浮き上がらせてしまうんです。だから淡いワインは造るのが非常に難しいんです。濃いものは最初から濃く造るつもりなら出来ますし、アバタも隠せる訳です。


 素晴らしいピノ・ノワールでした。まだ飲まれていないようでしたら是非とも飲んでいただきたい逸品です。ご検討くださいませ。




 以下は2014年ブルゴーニュ・ルージュのレヴューです。
━━━━━
【ドライでピュア、柔らかでしなやかなエキス系の・・ストレートど真ん中に投げ込んだような高質ピノ・ノワールです!】

 いつ以来なのか・・覚えていないほどですが、フォンテーヌ=ガニャールのワインをご紹介します。へそ曲がりの noisy は、シャルドネでは無くてピノ・ノワールです。

 おそらくシャサーニュ村近郊の畑産と思われる、柔らかでしなやかなテクスチュアを持った秀逸なピノ・ノワールです。シャサーニュ系のピノに有りがちな「甘いピノ・ノワール」では無く、しっかり完全発酵させたドライでエキシーな味わいです。

 やや赤いフラワリーさを感じるノーズにチェリーの果実、粘土がいっぱい・・と言うよりは、白い石灰が透けて見えるような美しい色調、口内を「もっさり」させてしまうような重ったるさも無く、しかししなやかで伸びの良い味わいです。ほんのり煙のようなアロマに石のヒントも高貴さを感じさせてくれます。

 まぁ、シャサーニュの赤は、良いのに当たると滅茶美味しいんです。例えばニーロンさんちの1級の赤などは、非常に少ないし余り評価されていないですが・・時折ご紹介させていただいてますのでご存知ですよね。妙に鉄っぽく重さの有るムルソー赤とも違い、もう少し低域に厚みの有る重厚さが出やすいワインです。

 その辺りの処理が、むしろこのドメーヌが伝統的な造りを続けてきたやり方に、非常にマッチしていると思われますが、滅茶心地良いんですね。これ、とても面白いポイントでして、シャルドネの造り手なのにピノ・ノワールの方が安定して美味しい・・ありゃ・・こんなこと書いちゃうと怒られちゃうかな?・・そのまま誰にも言わずに黙っててくださいね。

 このドメーヌのシャルドネは、滅茶出来が良いものと垢抜けないものが同居していまして、中々に選択が難しいんですね。しかも、出来が良いものが毎年一緒・・と言う感じでも無く、ただ、上級キュヴェは総じて出来は良いです。中級クラスが今一つの場合、もしくは良いものと、もう少し安いなら・・とか、もうちょっと頑張ってくれよ・・みたいななのが混じる感じで、中々にね・・ムズイんですね。・・内緒の話しです。なので当たると・・

「フォンテーヌ=ガニャールのシャルドネってこんなに素晴らしいの?」

と驚く羽目になります。なのに・・ACブルは毎年非常に安定感が有ります。

 これなら納得していただけるだろう・・と言う魂胆でのご案内です。ぜひ飲んでみて欲しいと思っています。ご検討くださいませ。



収穫時の「Les Longbois」の区画


2016 Bourgogne Passetoutgrains
ブルゴーニュ・パストゥグラン

14107
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャサーニュモンラッシェ村の東にある「LesSaugeots(レソージョ)」という区画に樹齢約45年のピノノワールとガメが一緒に植えられています。葡萄の比率は各50%ずつで最初から混ぜて醸造。醸造方法は基本的に他の赤ワインと同じですが、フレッシュな果実味を活かすために新樽は使わず旧樽のみで熟成させています。色調淡くチャーミングな果実味と酸味、軽やかでバランス良く飲みやすい味わい。ブルゴーニュルージュ同様、ブルゴーニュパストゥグランとしては高いレベルの造りになっています。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,590 (外税) 
【非常にピュアです!ブルゴーニュワインのエレガンスを表現した、ややライトな美しいワインです!】
 非常にエレガントで愛らしい、ややライトな方向に振った飲みやすいパストゥグランです。

 昨今はパストゥグランの立ち位置が上方へと変わって来ていると感じますが、どちらかと言えば以前のパストゥグランの軽さはそのままに、よりエレガンスに磨きを掛けたような味わい・・と言えば良いでしょうか。

 立ち位置が上方へと変わって来ている・・と言うのは、以前よりブルゴーニュ・ルージュの立ち位置や価格が上昇し、色々なドメーヌがブルゴーニュ・ルージュのプライスを上昇させてきた背景には、

「おらん家のA.C.ブルゴーニュは普通のとは・・違うのよ・・」

と言うようなスタンスが有ると思います。


 そりゃぁ・・もう、8千円クラスのA.C.ブルもザラに有りますし、トップ・ドメーヌに至っては「うん万円」と言うビックリなものも有りますしね。

 さらには、畑の拡充、より拡大することが困難なのがブルゴーニュです。

 そんな中で、今までよりも、

「より手間暇を欠けて仕上げたワイン」

と言う立ち位置になって来たと思うんですね。なので、ひと昔前と比較しますと、A.C.ブルの味わいは格段に上昇していて、さらには、それに引っ張られるかのようにその下のクラスのガメを混ぜ込んだデイリーワイン、パストゥグランも品質向上が為されていると感じています。

 このフォンテーヌ=ガニャールのパストゥグランは、非常にエレガントで軽量級、超ドライでさらっと飲みやすいエレガンスに満ちた味わいです。ベリーやチェリー、やや軽めのミネラリティは、むしろエレガンスをより感じさせてくれます。

 しかし・・このガメが入っていることこそが、実は「ミソ」でして、

「長く放置しておいたパストゥグランが滅茶苦茶素晴らしいことになってる!」

と言うような経験をされた方々も多いと思うんですね。・・そう、ガメが完熟すると、ビックリするようなブケを発揮するんですね・・。ピノ・ノワールよりは大抵の場合、早く崩壊しますんで、その時の物凄い芳香にピノ・ノワールの躯体が下支えしているような感じで・・これ、ビックリしますが、正にこのフォンテーヌ=ガニャールのパストゥグランのようなアイテムこそが、その候補となりうると感じます。

 今でもピュアで旨いですし、数年で滅茶美味しくなりますんで、

「その時が飲み頃」

では有るんですが、その・・ずっと先の話しになります。もしセラーをお持ちでしたら・・そんなことをやってみるとブルゴーニュワインの奥深さが判ると思いますよ。今までのブルゴーニュワインはなんだったんだ!・・と思われるかもしれません。飲んでみてください。お勧めです。


2015 Chassagne-Montrachet Blanc
シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン

13518
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。「La Bergerie(ラ ベルジュリー)」や「 Les Voillenots Dessus(レ ヴワユノ ドゥシュ)」など7区画の葡萄を使用、葡萄の植樹は最も古い木で1960年、所有畑の面積は約1.7haになります。白い花やリンゴの香り、酸味は控えめでタッチも柔らかく、程よく甘味もあってオイリーで飲みやすい味わいです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥7,480 (外税) 


2015 Chassagne-Montrachet 1er Cru Cailleret
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・カイユレ

13516
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級カイユレに格付けされる「Vigne Derière(ヴィーニュ デリエール)」という場所に約0.56haの畑を所有し、葡萄は1962~66年に植えられました。畑は緩やかな斜面になっており、表面は白土で覆われ、その下に粘土が堆積しています。石灰質が多い斜面上部の葡萄はミネラルを、粘土質が多い下部の葡萄はリッチさをワインに与える特徴があり、ハツラツとした酸味とミネラル、若いうちは力強くて四角さを感じるカッチリとした味わいがあります。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥12,990 (外税) 
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2015 Chassagne-Montrachet 1er Cru la Romanee
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ラ・ロマネ

13515
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級区画ラ ロマネの東側に約0.35haの畑を所有、東向きの急傾斜で日中は暑いですが西日は当たらないので夜は冷える場所です。きめの細かい粘土質土壌で葡萄の樹齢は約50年、寒暖の差が大きく成熟がゆっくり進むので複雑なアロマのある葡萄が収穫出来ます。熟した濃厚な果実味と酸味、若いうちは固さがありますが肉厚な旨味と素晴らしい余韻の長さがこのワインのポテンシャルを感じさせます。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥15,350 (外税) 
【1級畑でトップのラ・ロマネ!残念ながらこちらだけは飲めませんでした・・】

<傾斜の急なラロマネの畑>

 いや、良い写真ですね。ラ・グランド・モンターニュの丘の南側に有るラ・ロマネ1級です。飲もうと思って・・いや、シャサーニュやカイユレが非常に美味しいもんで、

「こりゃぁ行ける!」

と踏んでのラ・ロマネ抜栓だったんですが、


「あ、noisy さん、ラ・ロマネは少なくて追加は無理ですが大丈夫ですか?」

と言われちゃったんですね。


「えっ?・・そうなの?」

と、それまで意気揚々だったんですが、急に弱気の虫が疼きだし、

「・・んじゃ・・1回ご案内してから考えようか・・」

と言うことにしてしまいました。まぁ、ただでさえこれだけ開けてしまいますと、商売には中々ならないんですけど、フォンテーヌ=ガニャールのイメージを掴むためには、ある程度飲まないと判りませんからね。


 で、一応ですが他の方の評価を探してみますと、タンザーさんの 91~94 Points と言うのが見当たりました。結構に高い評価でした。

 1級カイユレも、また1級モルジョも、村名も、スタイルは全く同様ながら、テロワールで性格が本当に大きく違うのが判ります。

 相当に良いと思いますが・・飲んでないのでこれ位にしておきますね。ぜひご検討くださいませ。

 


2015 Chassagne-Montrachet 1er Cru Morgeot
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・モルジョ

13517
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。1級モルジョに格付けされる「Les Brussonnes(レ ブリュソンヌ)」という場所に約0.23haの畑を所有。葡萄の植樹は1956年で小石の多い粘土質土壌です。若いうちは引き締まりのある固さがありますが、豊かなミネラル旨味と苦味のある力強い味わいで熟成させると真価を発揮します。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥10,800 (外税) 
【誰もが美味しい!と言うに違い無い王道の味わい!しかも超絶にエレガンスを感じさせてくれます!】
 べらぼうに美味しいです。フィネスの担当のK君から、

「フォンテーヌ=ガニャールはいつも本当に美味しくて・・云々」

と聞かされ続け、

「(・・ホントかぁ・・?)」

と内心思いつつ、


「(そんなに言うなら・・試してみようか・・)」

と、2015年ものから扱いを大きく増やして、テイスティングに臨んでみた訳です。


 2014年もののACブル赤で、それまでに持っていた印象が変わったことも大きいですが、シャルドネの方はトライしてなかったんですね。2015年のピノ・ノワール3アイテムは書いた通りです。かなりの代物でした。


 で、まずは村名シャサーニュ=モンラッシェ・ブラン2015年です。これがですね・・実に美味しかったんですよ。何よりソフトなテクスチュアでアロマのスピードが速い!・・これはかなりの自然派の特徴でして、アロマティックで良く薫ります。同時にSo2も少ないようで、このソフトなフカフカ感、そして酔い覚めの心地良さからも判ります。

 非常にドライなんですが、中域が見事に膨らんでくれます。その上で、

「滅茶弱い抽出」

が特筆されるかと思います。つまり、良い状態で収穫された葡萄の良い部分だけを優しく抽出している訳です。特には、白ワインの場合は最初に圧搾しますんで、その時の「圧」が弱いのが感じられるんですね。優しく優しく・・抽出され、発酵に移っているのが伝わって来ます。このエレガンスはそうやって生み出されているのでしょうが、どこか女性的な柔らかさを感じます。最近は余り飲んでないのでハッキリは言えませんが、ドメーヌ・ルフレーヴのワインに感じる硬さとは、全く違う個性に思えます。まぁ、ルフレーヴも熟すと美味しいですけどね。

 このエレガンス、フィネスはシャルドネだけに留まらず、ピノ・ノワールにも同様に感じられるものです。非常にゴージャスなんですが、

「成金的では無い」

です。

「どうや~・・これは!」

と言うようなこれ見よがしな饒舌さは伝わって来ないんですよ。むしろ、


「わては・・こうでおます。お好きならどうぞ・・。」

と一歩も二歩も引いている感じがします。詫び寂びっぽいですが、気品に満ちた味わいです。素晴らしい!一推しです。


 1級のモルジョになりますと、グググっと輪郭がハッキリして来ます。味わい的には村名シャサーニュの延長上に有り、モルジョに感じられることの多い、石、煙、スパイス、果物の皮などの要素がふんだんに感じられます。粘性もかなり有り、ややオイリーで締まり気味です。硬いと言うほどではなく、そこはフカフカとした畑に転がる石、土壌構成によるミネラリティでしょう。粘土と硬い石が半々・・と言った風情です。これも超熟でしょうしかなり素晴らしいです。


 この3アイテムではやはりこの1級のカイユレが抜けていますね。こればかりはもう・・しょうがない。シャサーニュの村の中央上部に有りまして、モルジョ的な粘土も感じますがモルジョほどは多く無く、その分、もっと「あっけらかん」とした明るい表情を創り出すミネラリティを多く持っています。

 色合いからもそれは見受けられるかと思いますが、少し「薄い緑」が見えるでしょうか。ムルソーの石切り場のような、大理石的なイメージのミネラリティを持っているように感じました。最も、ムルソーの中央上部の畑のような、厳しすぎるようにさえ感じるミネラリティほどでは無く、

「やはり超絶にエレガント!」

と感じられるようなフォンテーヌ=ガニャールのスタイルを貫いていると感じました。


 どのキュヴェも美味いですが、やはり最初は「村名シャサーニュ=モンラッシェ」でお試しいただき、気に入られたら上級キュヴェにも手を伸ばしていただきたいと思います。

 おそらくどのキュヴェも、どんなタイミングで飲まれても、「硬くて飲めない・勿体ない」とまでは行かないと思うんですね。それなりの表情はいつも出してくれると思います。

 素晴らしいエレガンスとフィネスを持つワインたちでした。今後も楽しみです!是非ポートフォリオに加えてください。お勧めします!


緩やかな傾斜のカイユレの畑


2015 Batard-Montrachet Grand Cru
バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ

13513
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。最も古い木は1930年に植樹されたもので南西~南東向きの緩やかな斜面の粘土質と砂泥が混ざりあった畑に3つの区画を所有、合計面積は約0.3haになります。白い花や甘い柑橘系果実のアロマ、肉厚な果実味と酸味、たっぷりとした旨味の余韻が長い味わいです。下記クリオ バタールよりも熟成に少し時間を要します。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥36,400 (外税) 


2015 Criots-Batard-Montrachet Grand Cru
クリオ=バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ

13514
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 シャルドネ種100%。所有畑の広さは約0.3haで葡萄の植樹は1930年、南東向きの粘土質土壌で石が多く見られます。隣接するバタール モンラッシェよりも少し低地になるので北風の影響を受けにくく、さらに日当たりが良いので葡萄の成熟が早いのが特徴。パイナップルなどの南国果実のようなアロマ、ハツラツとした酸味と直線的な味わい、力強くもバランスの取れた味わいです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥36,400 (外税) 
【このトップ・キュヴェ3アイテムは相当に評価が高いです!】
 え~・・いつか飲んでやろうと虎視眈々と狙っていますが、さすがにこのクラスともなりますと、如何にnoisy が浪費家でもそう易々とは開けられません。

 しかし、昔から上級キュヴェの素晴らしさには定評が有ったフォンテーヌ=ガニャールですが、2015年ものの1級、村名シャルドネを飲みますと、


「以前の妙な硬さはどこへやら。超エレガントで柔らかく、いつ飲んでも美味しいに違いない・・」

と思わせてくれます。


 2015年のル・モンラッシェは、ヴュー・フロム・ザ・セラーのジョン・ギルマン氏が98ポイント。この方はブルゴーニュ専門ですが、評判は良いようです。noisy は余り知らない評論家さんです。また、ワイン・アドヴォケイトは94~96 ポイント、厳しいので有名なバーガウンドのアラン・メドウズ氏は94ポイントです。

 モンラッシェと言うワインは、気難しさは人一倍ですが、やはりあの漲る緊張感、熟成時の膨大なフレーヴァーに出会えたなら、どんなピノ・ノワールも吹っ飛んでしまうと思わせる凄みが有ると思います。


 2015年のバタール=モンラッシェは、ジョン・ギルマン氏が96ポイント、デカンター誌とアラン・メドウズ氏が93ポイントと言う評価が見当たりました。

 このバタール=モンラッシェは「モンラッシェの庶子」と言われるほど瓜二つ・・と言われます。凄いバタールに出会うのは、滅多に当たらないモンラッシェを飲むより確率が高いとも・・(^^ 言われてます。まぁ、このようなシャルドネの最高峰を開けるときこそ、

「時間をたっぷり使える時にこそ開けましょう!」
「もしくはリリース直後にそのポテンシャルの素晴らしさを味わってしまいましょう!」

と言うのが良いかと思います。中途半端な時期に抜栓してしまいますと、まったく死んだようにうんともすんとも言わず、

「・・騙された~!」

と・・やりきれない思いをすることになります。


 だから何とかその結果を他の人の性にしたいところが人間の性では有りますが、それは自分の性なんですね。気を付けましょう。


 2015年のクリオ=バタール=モンラッシェは、ワイン・アドヴォケイトのニール・マーティン氏が92~94ポイントとしています。すでに上級キュヴェを飲まれた担当さんの話しでは、

「クリオは今飲んでも滅茶開いていて美味しい。」

とのことです。


 バタールとモンラッシェは似た性格で、少し締まっているようです。まぁ、noisy に嗾けられたからと言って、さっさと開けてしまう方はいないと思いますけど!

 そんな訳で、希少な世界を代表するシャルドネ3品をご紹介させていただきました。ぜひご検討くださいませ。noisy もこのどれかを・・今年中に何とか開けたいと思っています。


緩やかな傾斜の区画


2015 Bourgogne Rouge
ブルゴーニュ・ルージュ

13511
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。葡萄の木の樹齢は約50年で所有畑の面積は約0.9ha、白亜粘土質と泥灰質土壌が混じり合い、ヴォルネー村の「Les Longbois(レ ロンボワ)」とシャサーニュ モンラッシェ村の「La Platière(ラ プラティエール)」に畑があります。色合いはとても淡いですが、素晴らしい果実味がありストラクチャーがしっかりしていてワインの色とのギャップに驚かされます。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,490 (外税) 


2015 Chassagne-Montrachet Rouge
シャサーニュ=モンラッシェ・ルージュ

13510
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。所有畑の面積は約1.3haで「 Les Voillenots Dessus(レ ヴワユノ ドゥシュ)」や「 Mouchottes(ムショット)」など5~6区画の葡萄を使用、葡萄の植樹は最も古いもので1938年、土壌は泥灰石灰質になります。色合いは鮮やかなルビー色で香りも高く、酸味柔らかでなめらかなタンニン、バランス良く飲みやすい味わいです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥6,490 (外税) 


2015 Pommard Premier Cru les Rugiens
ポマール・プルミエ・クリュ・レ・リュジアン

13509
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ポマール
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

◆◆◆奇跡的に再入荷!・・素晴らしいワインです!ビックリすること請け合いです!
■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。葡萄の植樹は1985年で所有畑の面積は約0.22ha、小石の多い粘土質土壌で傾斜のある区画です。色合いは深紅でブラックベリーのような濃厚なフルーツのアロマ、タンニンも力強く、骨格のしっかりしているワインです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥11,300 (外税) 
【超絶にエレガントで滅茶ゴージャスです!このフォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワール、是非とも一度トライされてください!】
 いや~・・驚きました。フォンテーヌ=ガニャールのピノ・ノワールがここまで旨いとは思いませんでした。長い間飲んでいなかったとは言え・・と言うか、余りに初期のイメージが良く無かったのが響いたことも有りますし、エクスクルーシヴを持つエージェントさんとの付き合いがちょうど無かったことも有るかと思います。

 それにしても、

「あの、紙を加えたままピノを飲んでいるかのようなイメージ」

は何だったんだろう・・と思ってしまうほど・・の超絶なエレガンス、フィネスです。


 左の写真は上から順にポマール・レ・リュジアン、シャサーニュ=モンラッシェ、ACブルゴーニュになります。色合いなどぜひご覧くださいませ。

 勿論ですが上級キュヴェほど、その造り手の真の姿を映し出しますが、さりとて下級キュヴェもその延長上になければ飲み手の理解は深まらず、しかも、

「・・高いクラスだけ美味しくてもね・・駄目だよね・・」

と言うような、余り良く無いイメージを植え付けてしまいます。最初に言わせていただきますが、下から上まで、ちゃんと統一され、造り手の意思が全てのワインにキッチリ現れています。


 ポマール・レ・リュジアンは、言わずと知られたポマールのテート・ド・キュヴェ(トップワイン)です。濃密ながらエレガンス、複雑性とも、他の1級畑ものを引き離すと理解されています。

 この非常に淡く美しい色合い・・感動的ですよね。やや黒みを深く持つシャサーニュ=モンラッシェとも、大きく異なる色合いで、ポマールの1級畑が持つ上品さを見せてくれているように思います。


 で、このレ・リュジアン2015年ですが、ビックリするほどの超絶なエレガンスとフィネスを感じさせてくれます。しかも、

「まったく濃く無い!」

です。しかし、ちゃんとキッチリエキスが出ています。これ、どういう事かと言いますと、


「最適な状態に熟した葡萄のみを使用し、ほぼ圧力を掛けずに優しく絞った、非常に贅沢な味わい」

なんですね・・。



 例えば日本酒でも、モロミを絞る時に、ギューっと強い圧力を掛けて、最後の最後まで絞ったら・・どうなるでしょう?・・渋みやエグミ、雑味が出てしまいますよね。でもその分、量が沢山造れる訳です。

 ワインも同じです。絞れるだけ絞ってしまうと、そりゃぁ量は出来ますが、雑味の多い味わいになってしまいます。

 このワインからは、そんな雑味は感じられないどころか、一点の曇りのない美しい姿のみを感じさせてくれます。


 勿論ですが、葡萄の質が良く無ければ、醸造も、絞りも全く意味が有りませんが、

「上質で健康な葡萄だけを使用している・・と感じさせてくれる高質感」

が感じられます。


 なので、今飲んでも滅茶苦茶美味しい!・・しかし、こんなもんじゃないんですよね・・実際は。このワインが熟してきますと豹変するはずなんですね・・だって、素性が滅茶苦茶良いんですから。


 むしろ今は、その姿は「淡泊」に感じられるかもしれません。・・そう、強さは全く無いに等しいほど、スムーズな飲み口なんです。でも少し飲めば判るでしょう・・

「・・これ、只者じゃぁ無いぞ・・」

と言うニュアンスがヒシヒシと伝わってくるはずです。


 言わば、例のルイ・ユエランのような、余り饒舌では無いタイプなんです。非常に贅沢な、葡萄の芯の部分だけをワインにしたような感じです。なので、

「ガシッとした味わいが好きな方にはもしかしたら向かない」

かもしれませんが、

「シルヴァン・パタイユのフルール・ド・ロゼが非常に美味しいと感じられる方には、これ以上無い味わい!」

と感じていただけると思います。


 いや・・贅沢ですよ、これ。最高の贅沢です。高名な生産者のレ・リュジアンが雑に感じてしまう人もおられると思います。それほどまでにこの表情は素晴らしいです。やや高額では有りますが、

「こんなワイン、レストランさんで飲みたいよなぁ・・」

と思っていただけると思います。



 二番目のシャサーニュ=モンラッシェの赤は、レ・リュジアンとはテロワールが全然違うことが色合いからも判ると思います。軽やかなレ・リュジアンに比較し、しっかり強い粘土とシャサーニュらしい強い果実感が特徴です。

 しかしながらレ・リュジアンと同様に非常にエレガントでフィネス感たっぷりです。粘土由来の重厚さを第一に考えるのでしたらこちらのシャサーニュ=モンラッシェ赤をお勧めします。価格もよりリーズナブルですし、

「他の生産者のシャサーニュ=モンラッシェ赤のような鈍重さが無い」

のが特徴です。強い抽出をせず、フェザーのように軽くしか圧を掛けていない感じを受けます。アメリカン・チェリーやブラック・ベリー風の果実味が、非常に高質に感じられます。美味しいです。


 最後はA.C.ブルゴーニュの赤ですが、これはやはりフォンテーヌ=ガニャールのエレガントスタイルを見事に表現できていますので、


「もし、レ・リュジアンやシャサーニュに手を出すのが怖いのなら・・」

このACブルを飲んでみるのが良いかと思います。


 勿論、レ・リュジアンの超絶なエレガンスや、シャサーニュらしい重厚なピノの味わいをエレガントに表現できてはいないです。

 しかし、テクニカルにあるように、ヴォルネイとシャサーニュに有るACブルの区画のブレンドですので、これ、かなりバランスが良いんですね。ヴォルネイが持つ雅さとシャサーニュが持つ大きさや重量感をブレンドしており、しかも、フォンテーヌ=ガニャールの質の良い葡萄とゴージャスなワイン造りにより、とてもエレガントにチェリー風味をエキス味で表現してくれます。

 2014年も美味しかったですが、2015年ものも負けずに・・いや、それ以上に旨いです。


 2015年ものは3アイテム、ご紹介させていただきました。どうしても上級キュヴェのレ・リュジアンの記事の比重が大きくなってしまいますが、これは仕方が無いです。滅茶素晴らしいですから。

 でも、例えば濃密さ、凝縮感命の方が飲まれたら・・

「ん?・・全然言うほどじゃ無いじゃん!」

と怒りを覚えるかもしれませんよ。それほどまでにエレガントなんです。


 濃いものはアバタを隠せます。でも淡いものは隠しようが無いんです。少しの汚れも浮き上がらせてしまうんです。だから淡いワインは造るのが非常に難しいんです。濃いものは最初から濃く造るつもりなら出来ますし、アバタも隠せる訳です。


 素晴らしいピノ・ノワールでした。まだ飲まれていないようでしたら是非とも飲んでいただきたい逸品です。ご検討くださいませ。


「 Les Voillenots Dessus」の区画


 以下は2014年ブルゴーニュ・ルージュのレヴューです。
━━━━━
【ドライでピュア、柔らかでしなやかなエキス系の・・ストレートど真ん中に投げ込んだような高質ピノ・ノワールです!】

 いつ以来なのか・・覚えていないほどですが、フォンテーヌ=ガニャールのワインをご紹介します。へそ曲がりの noisy は、シャルドネでは無くてピノ・ノワールです。

 おそらくシャサーニュ村近郊の畑産と思われる、柔らかでしなやかなテクスチュアを持った秀逸なピノ・ノワールです。シャサーニュ系のピノに有りがちな「甘いピノ・ノワール」では無く、しっかり完全発酵させたドライでエキシーな味わいです。

 やや赤いフラワリーさを感じるノーズにチェリーの果実、粘土がいっぱい・・と言うよりは、白い石灰が透けて見えるような美しい色調、口内を「もっさり」させてしまうような重ったるさも無く、しかししなやかで伸びの良い味わいです。ほんのり煙のようなアロマに石のヒントも高貴さを感じさせてくれます。

 まぁ、シャサーニュの赤は、良いのに当たると滅茶美味しいんです。例えばニーロンさんちの1級の赤などは、非常に少ないし余り評価されていないですが・・時折ご紹介させていただいてますのでご存知ですよね。妙に鉄っぽく重さの有るムルソー赤とも違い、もう少し低域に厚みの有る重厚さが出やすいワインです。

 その辺りの処理が、むしろこのドメーヌが伝統的な造りを続けてきたやり方に、非常にマッチしていると思われますが、滅茶心地良いんですね。これ、とても面白いポイントでして、シャルドネの造り手なのにピノ・ノワールの方が安定して美味しい・・ありゃ・・こんなこと書いちゃうと怒られちゃうかな?・・そのまま誰にも言わずに黙っててくださいね。

 このドメーヌのシャルドネは、滅茶出来が良いものと垢抜けないものが同居していまして、中々に選択が難しいんですね。しかも、出来が良いものが毎年一緒・・と言う感じでも無く、ただ、上級キュヴェは総じて出来は良いです。中級クラスが今一つの場合、もしくは良いものと、もう少し安いなら・・とか、もうちょっと頑張ってくれよ・・みたいななのが混じる感じで、中々にね・・ムズイんですね。・・内緒の話しです。なので当たると・・

「フォンテーヌ=ガニャールのシャルドネってこんなに素晴らしいの?」

と驚く羽目になります。なのに・・ACブルは毎年非常に安定感が有ります。

 これなら納得していただけるだろう・・と言う魂胆でのご案内です。ぜひ飲んでみて欲しいと思っています。ご検討くださいませ。



収穫時の「Les Longbois」の区画


2014 Bourgogne Rouge
ブルゴーニュ・ルージュ

12507
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・フォンテーヌ=ガニャール

750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,190 (外税) 
【ドライでピュア、柔らかでしなやかなエキス系の・・ストレートど真ん中に投げ込んだような高質ピノ・ノワールです!】
 いつ以来なのか・・覚えていないほどですが、フォンテーヌ=ガニャールのワインをご紹介します。へそ曲がりの noisy は、シャルドネでは無くてピノ・ノワールです。

 おそらくシャサーニュ村近郊の畑産と思われる、柔らかでしなやかなテクスチュアを持った秀逸なピノ・ノワールです。シャサーニュ系のピノに有りがちな「甘いピノ・ノワール」では無く、しっかり完全発酵させたドライでエキシーな味わいです。

 やや赤いフラワリーさを感じるノーズにチェリーの果実、粘土がいっぱい・・と言うよりは、白い石灰が透けて見えるような美しい色調、口内を「もっさり」させてしまうような重ったるさも無く、しかししなやかで伸びの良い味わいです。ほんのり煙のようなアロマに石のヒントも高貴さを感じさせてくれます。

 まぁ、シャサーニュの赤は、良いのに当たると滅茶美味しいんです。例えばニーロンさんちの1級の赤などは、非常に少ないし余り評価されていないですが・・時折ご紹介させていただいてますのでご存知ですよね。妙に鉄っぽく重さの有るムルソー赤とも違い、もう少し低域に厚みの有る重厚さが出やすいワインです。

 その辺りの処理が、むしろこのドメーヌが伝統的な造りを続けてきたやり方に、非常にマッチしていると思われますが、滅茶心地良いんですね。これ、とても面白いポイントでして、シャルドネの造り手なのにピノ・ノワールの方が安定して美味しい・・ありゃ・・こんなこと書いちゃうと怒られちゃうかな?・・そのまま誰にも言わずに黙っててくださいね。

 このドメーヌのシャルドネは、滅茶出来が良いものと垢抜けないものが同居していまして、中々に選択が難しいんですね。しかも、出来が良いものが毎年一緒・・と言う感じでも無く、ただ、上級キュヴェは総じて出来は良いです。中級クラスが今一つの場合、もしくは良いものと、もう少し安いなら・・とか、もうちょっと頑張ってくれよ・・みたいななのが混じる感じで、中々にね・・ムズイんですね。・・内緒の話しです。なので当たると・・

「フォンテーヌ=ガニャールのシャルドネってこんなに素晴らしいの?」

と驚く羽目になります。なのに・・ACブルは毎年非常に安定感が有ります。

 これなら納得していただけるだろう・・と言う魂胆でのご案内です。ぜひ飲んでみて欲しいと思っています。ご検討くださいませ。