ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2020.12.23 
Last Update 2020.12.23  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ジャコモ・コンテルノ

ジャコモ・コンテルノ

イタリア Giacomo Conterno ピエモンテ
● 泣く子も黙る・・かも・・しれないバローロの重鎮、ジャコモ・コンテルノをご紹介します。本当に久しぶりです。高くなっちゃいましたから・・こんなになるんだったら、買える時に買っておけばよかったと後悔しています。

 現在はどうなんでしょうね・・日本のエージェントさんはいないのかな?・・以前は有ったんですが、今は・・とんと見ないです。


1964 Barolo
バローロ

12990

赤 フルボディ
イタリア
ピエモンテ
バローロ
ジャコモ・コンテルノ

◆◆◆リリースから半世紀以上経過していますのでエチケッタに汚れ、キズなど御座います。ご了承くださいませ。
■エージェント情報
 「伝等派バローロの巨匠」「極めつきの伝統主義者」と評されるジョバンニ・コンテルノ氏が牽引してきた、バローロの偉大な造り手「ジャコモ・コンテルノ」。ジョバンニ・コンテルノ氏は2004年に他界していますが、新世代が取り入れたオークの小樽には目もくれずに、古典的手法を重んじながら卓越したバローロを生み出すことで知られていました。なお、現代派と古典派の間に位置するような「中間派」の大御所、アルド・コンテルノ氏は、ジョバンニ氏の弟さんです。
 巨大なスラヴォニアン・オーク(大樽)の中で、長期に渡る熟成を行うことで生み出される、非常に力強く長命なバローロ。イタリアワイン好きなら、セラーに導かずにはおれない逸品ですよ!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥59,800 (外税) 
【先々代のジャコモさんご存命中、アルド・コンテルノ独立前の、ジョヴァンニさんとの共作の貴重なバローロです!】
 何と、先々代のジャコモ・コンテルノさんがご存命であった頃、先代のジョヴァンニと弟さんのアルドが仕上げたの秀逸年、1964年のバローロです。アルド・コンテルノは1969年の独立ですから、まだ力を合わせて造っていた頃のバローロです。

 モンフォルティーノはもう・・一体幾らになってしまうか、想像もつかないですが、どうもね・・セラー・トラッカーなどを見ると、リゼルヴァよりもこのシンプル・バローロの方が評価が高いんですよね。


 アドヴォケイトはこのシンプル・バローロに98ポイントも付けているらしいんですが、どうなんでしょう・・未確認です。すみません。でも、セラー・トラッカーは、96ポイントが1人、95ポイントが1人、92ポイントが1人、評価無し2人と、この1年の間に5人が評価しています。

 評価無しの1人は、

「残念ながら死んでいる・・」

とのこと。

 またもう1人は、評点は付けなかったもののそれなりに好印象だったようです。長く持ち過ぎたようでわずかに退色しているが、柔らかくてフラワー的で素晴らしく20分ほどですべての良さが出た・・同じ年のリゼルヴァを試してみたい・・とのこと。

 特に96ポイント付けている方はまぁ饒舌で、よほど素晴らしかったのでしょう。その反面、1人の方は全然ダメだったと言うことで、

「ダメな確率は20%」

と言うことでしょうか。

 評点を付けなかった2人の方を「ネガティヴ」と判断するなら、40%の確率でアウトですが、1人は文を読む限りは好印象のようです。

 まぁ、古酒の場合はまず、

「ボトルの個体差有り」

ですから、運が有る程度左右するでしょう。


 それに、抜栓の技術も大きいですよ。何せ半世紀以上経過しているワインですから(ボトル詰めからも約半世紀)、コルクを抜くのに手間取り、余分な酸素を早めに送り込んでしまったり、せっかく落とした澱を結果的に混ぜてしまったり・・で、かなり印象が異なります。

 外観から色合いを見ると、ある程度はそのコンディションと言うか状態は見極められますが、

「古酒嫌い」「早く諦めてしまう方」

は、例え状態が良くても、「こりゃ駄目だ・・」と思ってしまうかもしれませんね。


 後はやはり、どうやって飲むか?・・が重要です。ここはやはり、

「古酒用のグラスを用意する」

のは必須でしょう。


 抜栓後のホストテイスティングで、どんなグラスを使うかを決めるべきです。まだまだ行けると判断すれば、口が開いたグラスを使うべきでしょうし、この先は落ちる一方だと思えば、ロブマイヤーワイングラスIIIとかの古酒用を使うべきです。

 これは非常に・・と言うか、やってみるとビックリするはずですが、「もう駄目だ」と思っていたワインが「実はしっかり生きていた」・・とまで変わるほど・・です。

 それに、これはお客様から伺った話ですが、随分前にバロン・テナールの1985年モンラッシェをご案内した時、色合いに不安が有ったボトルをジャンク品としてリーズナブルに販売させていただいた時のこと。

 夕方5時頃、レストランさんに持ち込んで抜栓し、最初はスリムなシャルドネと言った風情が30分くらいで甘味やボリュームが出始め、かなり美味しくなったそうです。でもちょうど大晦日で時間が無く1時間ほどで、全部を飲まずにご帰宅されたと言うことです。

 ところがその後・・が凄いことになってしまったようで、そのレストランさんから連絡が有り、年越しの時間帯にピークが有って、とても美味しくいただいたと・・。

 帰られる時、まだまだこれから出そうな感じだったとのことでしたので、自分(たち)は残念でしたが、周りの方に幸せを分けてあげられたんじゃないかな・・と思います。


 なので、諦めも肝心ですが、安易に諦めないのも重要ですよね。特にポテンシャルの有りそうなワインは・・。


 コンディションの悪そうなボトルは弾きますが、それでもダメな時はダメでしょうし、当たる時は当たるでしょう。ご自分の持てるもの全てを出し切って、先々代がご健在だった頃のこの希少なバローロをご堪能いただければと思います。

 もしダメだったら御免なさい。それしか言えませんがご健闘を祈ります。


2009 Barolo Cascina Francia
バローロ・カッシーナ・フランチャ

12272

赤 フルボディ
イタリア
ピエモンテ
バローロ
ジャコモ・コンテルノ

■エージェント情報
 「伝等派バローロの巨匠」「極めつきの伝統主義者」と評されるジョバンニ・コンテルノ氏が牽引してきた、バローロの偉大な造り手「ジャコモ・コンテルノ」。ジョバンニ・コンテルノ氏は2004年に他界していますが、新世代が取り入れたオークの小樽には目もくれずに、古典的手法を重んじながら卓越したバローロを生み出すことで知られていました。なお、現代派と古典派の間に位置するような「中間派」の大御所、アルド・コンテルノ氏は、ジョバンニ氏の弟さんだそうです。
 巨大なスラヴォニアン・オーク(大樽)の中で、長期に渡る熟成を行うことで生み出される、非常に力強く長命なバローロのパーカーポイントは96点!イタリアワイン好きなら、セラーに導かずにはおれない逸品ですよ!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥19,980 (外税) 
【納得できるプライスでしょう!評価も非常に高いです!】
 1993年のリゼルヴァ・モンフォルティーノのご紹介を最後に、noisy も手を出すことなく今に至ってしまっているかと思います。マンモス弩級のバローロ・・しかも古典派の重鎮、アルド・コンテルノの兄弟蔵ながら、造りは正反対に近い伝統派です。

 そんなバローロですから、勿論、タンニンぎっしりなネッビオーロです。バリック派、バローロボーイズのバローロに慣れた昨今の方々なら、

「・・どっひゃ~!・・しっぶ~~~い!」

と・・若飲みしたジャコモ・コンテルノのボトルを眺めつつ、恨めしく思うかもしれません。


 しかしながら、このカッシーナ・フランチャも、そんなネッビオーロの特徴でもあるタンニンをたっぷり持ちつつも、その質は極上な滑らかさを持っています・・・大量ですけどね。

 油の多い赤い肉に合わせるには、こんなタンニンたっぷりの若いカッシーナ・フランチャは、実はとっても良い相棒になってくれたりします。ワイン単体の素晴らしさも有るんですが、やはり渋みに弱い方は、脂身とマリアージュさせると、質の良さに感動するでしょう。

 もっとも、真の飲み頃までは延々と時間が必要かと・・思います。アドヴォケイトは96Points、飲み頃は2018~2035 と、その辺はちと軽く見ている感じはします。あちらの方は平気で云ポンドのステーキ肉を平らげますんで、その辺の感覚が違うんでしょうね。少なくとも和風なフレンチ・・いや、日本人向けでしたら、2035年になってから・・でしょう。

 いずれにしましても、今回は非常にリーズナブルです。素晴らしいワインかと思います。ご検討くださいませ。