ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
Last Update 2020.09.17  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ジャン・ポール・テヴネ

フランス Jean Paul Thevenet ブルゴーニュ
● Noisy's 初登場のジャン=ポール・テヴネをご紹介します。ボージョレの自然派の重鎮、モルゴンの優れた生産者と言ったらこの人・・でしょう。マルセル・ラピエール、ギイ・ブルトン、ジャン・フォワイヤールとジャン=ポール・テヴネで「四人組」と言われています。やはりこの時代の自然派らしくジュール・ショヴェに師事、昔からの造りに立ち返り、ピュアなワインを造りだしています。


■Jean-Paul Thevenet
 ジャン=ポール・テヴネは、Marcel Lapierre/マルセル・ラピエール、Guy Breton/ギィ・ブルトン、Jean Foillard/ジャン=フォワイヤールとともに、自然派ボジョレーの代表的な生産者として知られおり、アメリカのワイン情報誌「ワイン・アドヴォケート」(ロバート・パーカー刊行)では「ギャング・オブ・フォー(4人組)」として取り上げられております。

 ボージョレのエミール・ペイノーと呼ばれるJules Chauvet/ジュール・ショーヴェの教えを実践して、「自然派ワイン造り」に励んでいる造り手で、このモルゴン・ヴィエイユ・ヴィーニュは、所有する1.5ha.の有機栽培の古木から造られる、大変香り豊かなワインで、15~25週間もの発酵期間を終え、約6ヵ月間の大樽熟成ののちに瓶詰され15度で定温保存されています。


2014 Morgon Vieille Vignes
モルゴン・ヴィエイユ・ヴィーニュ

13737
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ボージョレ
ジャン・ポール・テヴネ
◆◆◆2018/12/15(土)より出荷可能
■エージェント情報
テイスティングノート:
 チェリーやオレンジの皮のニュアンスに加え、木を燃やした時のような豪華なトースト香。非常に良く熟しており、桃の甘さとサクランボの種のような苦みがあります。余韻には紅茶とハチミツが感じられ、長く続きます。このワインからのおもてなしは、複雑かつ空想的なものです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,750 (外税) 
【これほどまでに著名なのに日本では何故か無名でした!・・美味い!!】
 例えばマルセル・ラピエールは名前もワインも世に広まり、日本ではワインファンならその名も味わいもまず知らない人はいない・・と言えるでしょう。モルゴン・キュヴェ・マルセル・ラピエールの純粋な美味しさは、人々を魅了して来ました。

 それにジャン・フォワイヤールもまた、自然派を良く知る人で有れば、マルセル・ラピエール以上の素晴らしさが有る・・と知っているでしょう。モルゴン・キュヴェ・ピィの素晴らしさは群を抜きます。

 ギイ・ブルトンもまた、知名度は前述の2名には及ばないかもしれませんが、ナチュラルさとピュアさの融合した素晴らしく膨らみの有る味わいには、ファンもまた多いです。noisy もヌーボーの時期には随分とお世話になりました。

 前述3名を含め同じ「四人組」とアドヴォケイトから評されながらも、日本では知名度ほぼ無し、名前は聞いたことはあるが飲んだことも出会ったことも無し・・のような感じなのが、「ジャン=ポール・テヴネ」さんなんですね。noisy も随分昔、飲んだことが有りますが、今現在、エクスクルーシヴがどこに有るのか、全然判りませんでした。

 ひょんなことから・・サンリバティーさんの扱いだと言うことが判りまして・・いや、サンリバティーさんは余り営業されないので判らないんですね・・。ほぼ百貨店ルートにしか流れて無かったんですよね。なので、百貨店さんとほぼ無縁の方には、ジャン=ポール・テヴネのワインは出会いの機会が無かった・・と言うことになります。

 で、サンプルをいただきまして飲んでみますと・・いや~・・良いですね~。良いワインが持つオーラみたいなものに包まれています。まだ完全には熟していないんですが、今のバランスで充分以上に旨さが伝わって来ます。

 暑い太陽の光を浴びたフカフカの土、そしてモルゴン独特の鉄っぽい・・マンガンっぽいミネラリティが光と融合して心地良いスパイス感を生み、生まれつつあるフラワリーな・・ほんのり熟したニュアンスをノーズに運びながら、アナログチックに長い余韻を伝えて来ます。

「・・これもガメ・・なんだよなぁ・・」

と、必ずや感じられるに違いありません。ピノ・ノワールじゃないんだ・・と思いなおす羽目になります。


 完全エキスの味わいは、将来的に「どっか~ん!」と花開く物凄い香りのカプセルを考えられないほど内包しています。今はまだそのほんの少しだけを嗅ぎ取ることが可能ですが、それでもう・・充分ですよ。


 確かに、ラピエールもフォワイヤールもブルトンも素晴らしい。でももう・・

「ちょっと高過ぎて手が出ない・・」

と思われているかもしれませんよね。


 今回はエージェント様にご協力いただき、滅茶苦茶リーズナブルにご案内致します。飲み頃とは言いませんが、「飲んで良い頃」です。一般には4千円弱ほどだと思いますが・・4人組のトップ・キュヴェはもう5千円以上に成って来ています。

 とてもリーズナブルです!そして今飲んで良い頃!・・是非ご堪能ください。ガメの秀逸さ、旨さを再確認されると思います。超お勧めです!