インデックスページへ
ここから移動
してください-->
新着情報メールサービス
インデックスページへ
フレンチ 1
1ページ目
フレンチ 2
2ページ目
シャンパーニュ
泡もの特集
3ページ目
必見!イタリアン
アメリカンワイン
4ページ目
Last Update 2004/11/24
2004年第15弾 4ページ目
新着ページは4月1日以降も例外がありますが基本的には税別(外税)です。(^_^;;
在庫の表示 は、このページにアクセスした段階での数量です。タイミングによりすでに完売している事があります。
在庫の確認はここをクリックしてくださいね。こちらからもご注文いただけます。
イタリア■□ Baron Widmann □■アルト・アディージェ
バロン ウィットマン
● 今回イタリアのトップは、アルト・アディージェのスター、バロン・ウィットマンです。前回の新着でご案内した、ニードリストのラグレイン・グリエスはいかがだったでしょうか?少量の販売でしたが、飲まれた方なら「豊富なミネラル」「フィネス」「全体像の美しさ」に心を惹かれたに違い有りません。

 バロン・ウィットマンのアンドレアス・ヴィドマンもニードリスト、クエンホフ/ピーター・ブリガー、フランツ・ゴイヤール と共に、アルト・アディージェの4人組と言われ、常に高い評価を得てきました。実際この4人組は仲が良く、切磋琢磨して素晴らしいワインを造る努力を続けています。

 ところが、地元のレストランでほとんどが消費されてしまうのと、日本の輸入量も極僅かなため、一部のレストランさんに入るのみで、一般の方にはなかなか出回らない状況でした。今回はラシーヌさんのご協力により、僅かですが4人組のワインを確保することが出来ました。その中でも素晴らしい質を持つウィットマンのご紹介になったわけです。

 そもそも、アルト・アディージェがどこにあるのかご存じない方も多いでしょう。地図で簡単に言えば、フリウーリの左側、ヴェネトの上側に位置し、オーストリア・スイスと国境を接しています。オーストリア帝国に属していた歴史と地理上の関係からドイツ語圏ですので、ワインの名前もそれに近いものになっています。

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印 This is my type!
2002Sudtiroler Cabernet Merlot Rot
2002 ズュートティローラー・カベルネ・メルロー・ロート
ちょっと頑張ってお奨め!

ちょっと頑張ってお奨め!
750ml 在庫
ご注文数
¥2,990(外税)
 

【類い希な凝縮感とミネラル感..とても寒い地域のワインとは思えない出来映え!超お薦めです!】

 入荷時期の関係から、このワインをリアルワインガイドに紹介できなかったのが悔やまれる、素晴らしいワインです。でもNoisy's新着メンバーの方には、その方が良いのでしょう。ぴかいち、お薦めの赤ワインです。

 膨大なミネラル感はウィットマンのワインの特徴でもありますが、大方のこの当たりの地域のワインにも言えます。時には膨大なミネラル故の硬さが、近寄りがたいニュアンスとして捉えられてしまうのですが..。ウィットマンのワインは「果実味もたっぷり」あるんですね。膨大なミネラル感と果実の凝縮感の両立..これは有りそうで無いです。

 クリスタルのような膜を張る膨大なミネラルと中央から縦横奥へと無尽に拡がろうとする果実味..。そして余韻まで決してバラけず、美しい輪郭を保つ全体像。紫色の小果実の集合体のアロマは実に香しくフィネスに溢れている..。

 ただ力任せに強いワインでは有りません。酸の多様さと美しさが根底にあり、暖かみと冷たさ、繊細さと表現力という相反する要素を持っています。
「アルト・アディージェって良く判らないしぃ〜..」
などと喰わず嫌いを言わず、是非ともトライしてみてください。お薦めするにはそれなり以上のものが有ります。もちろん、予算の有る方は下の「アウホフ」もご検討ください。食中のパフォーマンスもかなり期待してください。あまり数は有りませんが..お薦めです。
 

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印 This is my type!
2002Sudtiroler Cabernet Merlot Auhof
2002 ズュートティローラー・カベルネ・メルロー・アウホフ
ちょっと頑張ってお奨め!

ちょっと頑張ってお奨め!
750ml 在庫
ご注文数
¥3,760(外税)
 

【アウホフを飲まなければロートで充分でしょう..素晴らしいクオリティです】

 「アウホフ」なのか「オウホフ」が正しいのか..判断できません。ドイツ語圏ですし、オーストリアのウィーン近郊に Auhof と言う地名が有るようです。アウトバーンと言いますので、ここでは「アウホフ」で通したいと思います。

 この「アウホフ」は上記でご紹介のロートの上級キュヴェと言って差し支えないでしょう。区画名を冠したカベルネとメルローのブレンドです。で、どこが違うか..と言えば..

 表題にも書きましたが、ロートで充分旨いのですが、アウホフは質感・フィネスにさらなる磨きが掛かっています。このワインを一押しにしたいのは山々なんですが、ロートの出来が素晴らしいために2番目にもって来ました。こちらは熟成も期待できるポテンシャルを持っています。
 
 味わいはほぼ延長上にありますので、ロートの欄をご覧ください。ちょっと贅沢なデイリーにロートを、ワインにうるさいお友達を混乱させたいなら「アウホフ」をご選択されると良いでしょう。もちろん、余裕が有れば「オウホフ」を数本熟成させるのもおもしろいと思いますよ。カプセライズされた果実味が10年後にどのようなブケを出してくれるか、とても楽しみなワインです。もちろん今飲んでも素晴らしい!お薦めします。
 

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印 This is my type!
2002Sudtiroler Vernatsch
2002 ズュートティローラー・ヴェルナッチ
ちょっと頑張ってお奨め!

ちょっと頑張ってお奨め!
750ml 在庫
ご注文数
¥1,840(外税)
 

【エレガントで可憐..ライトボディに仕上げたスキアーヴァです】

 こちらはスキアーヴァ種を使用した、比較軽めの華やかなワインです。
「スキアーヴァ って何じゃい!」
などと言われそうですが、このあたりでは地品種として沢山造られています。色は淡めのルビーですが、しっかりと発散する繊細な香りは充分に評価できますし、芯の強さを持っています。このことから、かなり収穫量を落としているんじゃないかな?と推測しています。

 フレッシュさと ややこなれたニュアンスが同居していますので、有りがちに口中を「薄辛く」させることは有りません。ベリー系の果実と ちょっと白ワインっぽいニュアンス、ミネラル、ボディは軽めだが旨味を持つ綺麗な酸が余韻を引き締めています。料理の邪魔をしないのが良いですね。これもお薦めです。

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印 This is my type!
2003Sudtiroler Weish
2003 ズュートティローラー・ヴァイシュ
ちょっと頑張ってお奨め!

ちょっと頑張ってお奨め!
750ml 在庫
ご注文数
¥2,400(外税)
 

【ブレンドによるミネラルたっぷりの白!】

 素晴らしく香るアルト・アディージェです。これもミネラルが膨大!グラスから膜が出現するかのようです。それに混じって柑橘系、白・黄色のちょうど良い熟度のフルーツのニュアンスを感じます。

 ちなみにセパージュは、ピノ・ビアンコ、ピノ・グリージョ、シャルドネです。北イタリア産の白に有りがちな鋭角的に一部が突出したものではなく、穏やかながら要素と総量が多いという、実に願ったり叶ったりのアロマです。

 ボディは膨らみを徐々に大きくしてゆきますし、ピノ・グリージョのものかと想像していますが、後口の若干のビターが余韻を引き締めています。質感も価格以上のものがありますので、この位で仕上がっているのは喜ばしいですね。


 フリウーリもようやく支持されるようになってきましたが、お隣のアルト・アディージェはまだまだこれからです。最近のガンベロ・ロッソを見ても、この地域の白ワインが「トレ」をかなり取得しています。安くて実に旨い..白ワインです。今飲んでOK!お薦めします。

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印 This is my type!
2003Sudtiroler Sauvignon
2003 ズュートティローラー・ソーヴィニヨン
ちょっと頑張ってお奨め!

ちょっと頑張ってお奨め!
750ml 在庫
ご注文数
¥2,400(外税)
 

【これも素晴らしい!ピュアで優美なソーヴィニヨンです】

 あんまり素晴らしいのが多いので..言葉で伝えるのがとても難しいです..。こちらはソーヴィニヨン種単一による白です。

 膨大なミネラルと、その隙間から蜜やハーブ、石、白・黄の花、果実。抜栓直後はバランス良く実に旨いです!ボディの膨らみとまったり続く余韻も素晴らしい!とても優美でピュアな仕上がりです。ポテンシャルはヴァイシュよりもワンランク上かもしれません。

 しかし、30分〜1時間ほどで閉じ始めると、やや硬さが目立ってきます。ポテンシャルが高い分、仕方がないのかな?と思います。半年〜1年後からがベストですが、飲めるものは飲んでOKですよね。デイリーには少し高めかな?と思いますが、レストランさんで重宝される理由が良く判ると思いますよ。ヴァイシュもソーヴィニヨンも実にピュアで美しい..。是非この美しさに..浸ってみてください。お薦めです。
イタリア■□ Librandi □■カラブリア
リブランディ
● さて、今回は二番手に甘んじてしまいましたが、赤のデイリーとしてはトップにお薦めすべきワインです。カラブリアのリブランディです。

 カラブリアはイタリアンブーツの先端に位置します。東から西にプーリア、パジリカータ、カラブリアというようになっています。あまり馴染みがない地域かもしれませんが、
「セリエA レッジーナの中村俊輔」
と言えば判ってもらえるでしょうか..。レッジーナもこの地域のチームです。

 まあ、お薦めするからには、美味しいと思っていただけると確信しています。チャーミングながら味幅があり、味わい深いワインです。

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印 This is my type!
2001Ciro Rosso Classico
2001 チロ・ロッソ・クラシコ
ちょっと頑張ってお奨め!

ちょっと頑張ってお奨め!
750ml 在庫
ご注文数
¥1,200(外税)
 

【 「ん?ブルゴーニュのピノ?..微妙に違うけど、これは「有り!」 】

 実際2000年までのこのワインをテイスティングしていましたが、販売するには至りませんでした。そこそこなのですが、洗練されていないのが理由です。(リアルワインガイドには上級キュヴェのグラヴェッロをご紹介しました) ところが1998年、ドナート・ラナーティ氏にエノロジストが変わった影響でしょうか、目に見えて質感が向上してきました。今回は無くなってしまいましたがビアンコ共々なかなか良いです。

 ガリオッポ種単一セパージュによるチロ・ロッソ・クラシコですが、香りはチェリーやベリーの風味になめし革が混じります。
「おっ、ブルゴーニュっぽい!」
と思われるかもしれません。なかなか艶めかしく趣のある香りです。ボディは中庸、膨らみがあり、余韻もブル・ピノに比較すればやや太めで上々な出来です。

 また、タンニンの質が良く、表面上強くは現れませんので、渋みに弱い方でもOKです。今回、もっとも安価ながら、多くの方に支持していただけるワインだと思います。
イタリア■□ Morgante □■シチリア
モルガンテ
●シチリアはネロ・ダヴォラのご紹介です。今回は (も?) 葡萄品種の多様さは凄いことになっていますが、シチリアのネロ・ダヴォラ種で多くのイタリアワイン・ファンを魅了している「ドン・アントニオ」です。

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2001Don Antonio Nero d'Avola
2001 ドン・アントニオ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml 在庫
ご注文数
¥2,850(外税)
 

【例年の凝縮感は無いものの、その分マリアージュさせやすいです..パワー + 洗練さ !】

 初めて ドン・アントニオ を飲んだときの衝撃は、今も忘れません。真っ黒な色合いからの強い凝縮感は、荒削りながらも過熟させずに端正な一面をも持っていたからです。暑い地域のワインは、どこか繊細さに欠け、力任せで粗野に成りがちです。事実、このシチリアのワインは、そのような傾向に有ったわけです。

 2001年もさすがの出来映えですが、むしろ2000年以前の方がパワフルで、「らしさ」を表現していたように思います。リアルワインガイドの次号、第8号にもおそらく出るはずですので、お楽しみにしてください。

 感じられるのは黒系の小果実、コーヒー、チョコ、ミネラル。太く伸びやかなノーズです。スケール感は例年よりもやや小さめだがコンパクトに纏まり、中庸のボディから横にやや拡がりながら収束します。まあ、比較の問題でコンパクト、と言っていますので、内地のワイン、特に北の産地に比較すれば大きなものです。

 若干置いた方が美味しくなるかな?と思いますが、果実味が充実していますので今でもOKでしょう。ブルゴーニュ専門家のタンザーさんは 「85ポイント」と散々な評価です。noisy にしてみれば、
「どこを見てそんなに低いのか理解できない」
です。
 また、アドヴォケイト紙はイタリア専門家のダニエル・トーマセスさんが「92ポイント」 と高い評価..これも noisy に言わせれば、
「奢りすぎ。過大評価」
だと思います。
「ポテンシャルで最大、91ポイントまでは考えられるかな..」
というところで、
今飲んで 88 ポテンシャル90 というのが妥当だと思います。この力強く黒みの有る果実味をお楽しみください。お薦めします。


2001 Morgante Don Antonio
Morgante
Sicily, Italy
Nero d'Avola (a dry red table wine)


The 2001 Don Antonio, as in other years the prototype Nero d’Avola of Sicily, is a very dark ruby red with a potent and very ample nose of rich red and black fruit and chocolate. The deep, concentrated and sustained flavors are very sensual in their velvety texture, but have power to spare on the finish. Drink: 2004-2014.
 
Sicily’s finest Nero d’Avola-based wines? Over the past four years they have been made by the Morgante family at Grotte, near Agrigento, with the inspired assistance of Riccardo Cotarella, and this year as well they appear to have something which gives them that extra margin of distinction.

Reviewer Daniel Thomases
Rating   92 Points
Maturity  Drink 2004-2014
Cost    $28
Wine Advocate #154 (Aug 2004)より抜粋
イタリア■□ Mario Marengo □■ピエモンテ
マリオ マレンゴ
●さて、マrク・デ・グラツィア・セレクションから、若干ですが柔らかくなりはじめた素敵なバローロをご紹介しましょう。
 かのエリオ・アルターレをして、
「マリオのブルナーテの畑は最高だ」
と、言わしめるバローロです。

 また、「クリュ・ブルナーテ」は持っている造り手がごく僅かです。ラ・モッラ地区とバローロ地区にまたがる実に秀逸なクリュで、飲み頃に成るまでにはかなりの時間を必要とします。

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
1998Barolo Brunate
1998 バローロ・ブルナーテ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml 在庫
ご注文数
¥5,350(外税)
 

【びっくり価格で登場!業界最安値更新に違いない...って..言うじゃない?】

 質が良いのは間違い無い..が、飲み時が問題になる、グレートなワインです。ちょっと下のタンザーさんのレヴューをご覧ください。2つ続けて書いてありますが、出された時期が違います。英文を読むのが面倒な方は、ポイントだけでも見てください。
1998 Mario Marengo Barolo Brunate
Good deep red. Musky, perfumed aromas of redcurrant, cherry, raspberry and espresso; complex and enticing. Then quite backward in the mouth and currently hiding its texture and sweetness. But already offers lovely rose petal perfume and appears to be sucking up the oak element more quickly than the '97. Quite unevolved and hard to assess today. 90-94 points
Stephen Tanzer's International Wine Cellar, Nov/Dec '00 より抜粋

($60) Medium-deep red. Musky aromas of sweet red berries, dried rose and coffee grounds. Sweetly floral in the mouth, with slightly tart-edged but refreshing flavors of cranberry and blood orange. As much like young Burgundy as Barolo. Already offers compelling inner-mouth perfume. (Marc de Grazia; numerous importers) 89 points
Stephen Tanzer's International Wine Cellar, Nov/Dec '02 より抜粋
 
 どうでしょう?2000年には 90−94と評価していましたが、2002年には 89 とダウン提示です。タンザーさんは有る意味、とても正直だと思いますが、バローロを良くは知らないんじゃないかと思います。

 2000年のレヴューはおそらく樽からの試飲ですね。まだリリースされていないはずですから当然です。そして2002年はリリース直後ですね。そこから想像するに..樽からの膨大なフレーヴァーを過大に評価した..もしくは、瓶詰めされて固くなったバローロを過小評価した..のどちらかです。

 実際、若い時期にバローロの評価をするのは実に困難でテイスター泣かせです。これは、クレリコのペルクリスティーナのご紹介欄にも書いたはずですが、ちょっとやそっとでは、バローロの偉大なクリュの理解など出来はしないと..勝手に思っています。知りたければ古いバローロを飲むべし!71年を、61年を飲んでから評価せよ..と言いたいですね。

 まあ、ペルクリスティーナほどの滅茶苦茶な凝縮感は無いですが、あと3〜5年経ったら..結構開きますし、官能的な香りに「くらくら」することは間違い有りません。また、20年間は充分に成長するはずです。とても安いお買い物かな?と..思います。

 現在は幾分柔らかくなったとは言え、まだまだ要素の95%が黙りこくっています。ただし、ワインラヴァーとすれば、固い状態のバローロも知らないといけません..。是非とも飲んでみて、何とか開かせよう、要素を探し出そうと..努力してみてください。抜栓して2週間後に、酸化臭の隙間から、世にも香しき官能的な香りが感じられるかもしれません。

 最高に美味しい状態で飲みたい人にはとてもお勧めできません。最低でも80%の要素は閉じているのを理解して..お楽しみください。
イタリア■□ Antonio Ferrari □■プーリア
アントニオ フェッラーリ
●全く気づかず予約しましたが、アドヴォケイト誌で97ポイントという高評価を得ているそうです。noisy は単に、
「偉大な1959年のワインが蔵出しで2万円を切って販売できる」
と思っただけなんです..そう..ただそれだけ..

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
1959Solaria Jonica
1959 ソラリア イオニカ
ちょっと頑張ってお奨め!

500ml 在庫
ご注文数
¥16,900(外税)
 

【もう無くなりそうです..】

 実際、ネットの世界は情報が早いので、すでに手に入れられた方もいらしゃるでしょう..。noisy はのんびりしてますから..。本当は、
「1本飲んで、どんなワインか確かめて販売しよう..」
と、思っていましたが、上記のようにアドヴォケイト誌が高い点を付けていたことが判明し、急に飲む気が無くなってしまいました..。

 それでも、せっかくですのでちゃんと紹介しないと..いけませんね。

 他のサイトでは、
「レチョート(アパッシメント=陰干しの技術)で造られた甘口ワイン」
と紹介されていましたが、コトはそんなに単純では無いようです..。(そのように聞いていますの)

 この1959年は、フランスも最高のヴィンテージになった年です。ボルドーの赤・白、ブルゴーニュの赤も最高の年です。

 そして、このプーリアではこの年、アフリカ大陸からの熱風が吹き付けたため、樹になったままの葡萄が乾燥して「干しぶどう」になってしまったそうです。その干しぶどうは、通常の圧搾機は固くて使用できないため、人間の脚で踏みつぶして圧搾したそうです。膨大な糖分を発酵しきれず出来たのがこのワイン..プリミティーヴォによる甘口デザートワインなんですね。

 そして、ワイナート誌にも出ていたんですね..。そちらもご参考にされてください。今、1959年のワインを買おうと思っても、これほど状態が良く、しかもリーズナブルでポイントの高いものは二度と出てこないでしょう。それだけはほぼ確実だと思います。おはやめにどうぞ..


 ■マルサラ的な酸化風味があるが、ドライフラワー、干しイチジク、エスプレッソ、ダークチョコレートの、複雑で、勢いのある香り。信じられないほど黒っぽいインクのような色。熟成してまろやかになっているのだが、高いアルコールに支えられ、そこ知れぬパワーがむくむくとわき上がり、長大な余韻まで悠然として続く。これが現行品とはすごい。飲み頃:NOW 【96点】
美術出版社 ワイナート 第20号より抜粋

1959 Antonio Ferrari Solaria Jonica
Antonio Ferrari
Apulia, Italy
Primitivo (a sweet red dessert wine)


No, the vintage date of this wine is not an error. Just released, it is a selection of old-vine Primitivo grown south of Taranto and only now hitting the market. No one seems to know whether the fermentation was stopped by fortifying the wine or if it just stopped on its own as a result of the superlative richness of the must, but the fact remains that, with close to 14% of alcohol, it is as sweet as a great Recioto, a wine which it greatly resembles. Still an amazingly fresh ruby color, it features a decadent nose of blackberry jam, raisins, chocolate, and licorice, a texture of sheer satin, great warmth and roundness, a sweetness which never becomes cloying, precise and focused flavors, and a finish as long as the fade-out to “Hey Jude”. The producer is negotiating with an importer for this and other wines, but it is presently available at Piero Selvaggio’s Valentino restaurant in Santa Monica and at Alain Ducasse’s Louis XV restaurant in Monte Carlo, for those willing to fling a few shekels around.

Reviewer Daniel Thomases
Rating   97 Points
Maturity  
Cost    $150.00
Wine Advocate #154 (Aug 2004)より抜粋
イタリア■□ Salvatore Molettieri □■カンパーニャ
サルヴァトーレ モレッティエーリ
● イタリアのページもこんな事はなかったでしょう..。カンパーニャのワインをトップに持ってきました。今回も自信があります。

 また、「アッリャニコ」という品種によるワインなんですが、知らない方も多いと思います。飲まず嫌いは駄目ですよ..。ポテンシャルがとても高いです。

 そもそも「カンパーニャ」も位置が難しいですよね。地図をトスカーナから見て 北から順に左側(リグリア海側)、トスカーナ --> (ウンブリア) --> ラッツィオ --> カンパーニャ
という感じです。南イタリアですので、暖かさから、酸の無いワインが造られると思いきや..しっかりしたワインになるんです。

 また、PKさんもいつの間にか、サルヴァトーレ・モレッティエーリのタウラージに高い評価をしたようで..。注目してほしい造り手です。
 

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2002Irpinia Rosso Aglianico Cinque Querce
2002 イルピーニャ・ロッソ アッリャニコ・チンクエ・クエルチェ
ちょっと頑張ってお奨め!

ちょっと頑張ってお奨め!
750ml 在庫
ご注文数
¥1,760(外税)
 

【 アリャニコってこんなに美味しかったの?と言っていただけると..確信しています。】

 実際、こんなに旨いと思っていなかったので..少し出遅れてしまいました。今 noisy が持っている分で最後のようです。次回入荷には少し時間が掛かるようですから、この機会に是非お求め下さい。

 タウラージで有名なモレッティエーリですが、このイルピーニャ・ロッソも素晴らしいです。けっして濃くは無いと思うのですが..(人により感じ方はそれぞれですが、滅茶苦茶濃い..と記載している方も)、どこかボルドー風のニュアンスにミネラルの量を倍増、スミレやスパイス、赤紫の小果実・花が香ります。ボディは中程度でお食事を壊すような物凄く強い個性は有りません。奥行きに幅が有り、ほんのりビターとスイートが交互に余韻に現れます。精巧緻密な寄せ木細工を見るような..そんなイメージを抱きました。

 とっても美味しいデイリー価格のワインですので、沢山購入して欲しい..のですが、後4ケース弱ほどで終了です。すみません..。RWGにも出させていただきましたので、きっと良いポイントが付くと思います。(付かなかったらどうしましょ..)今回一押しのイタリアンワインです。


 こちらは2001年の イルピーニャ のレヴューです..

2001 Salvatore Molettieri Irpinia Rosso Vigna Cinque Querce
Salvatore Molettieri
Campania, Italy
Dry Red Table Wine


The 2001 Cinque Querce Irpinia Rosso is startling in comparison to its peers, a full ruby red with powerfully fragrant aromas of red berry fruit, flowers, and minerals, and the length, the level of concentration, and the shapeliness of the tannins make it frankly superior to the vast majority of Taurasi now on the market. The bad news is that this is a limited edition wine.


Reviewer Daniel Thomases
Rating   90 Points
Maturity  
Cost    $18
Wine Advocate #154 (Aug 2004)より抜粋
イタリア■□ Nicola Manferrari □■ヴェネツィア=ジュリア
ニコラ マンフェラーリ
●フリウーリから、素晴らしいワインが到着しています。フリウーリと言えば、ミアーニ、グラヴネール、イエルマンが著名ですが、ボルゴ・デル・ティリオもこれからどんどん有名になっていくのは間違いない造り手です。その名を「ニコラ・マンフェラーリ」..。カンティーナを緻密な計算で切り盛りする凄腕です。覚えておいてくださいね。

 今回ご紹介のワインは、ボルゴ・デ・ティリオのセカンドラインですが、それを意識させないクオリティの高さを持っています。

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2000Milleuve Rosso I.G.T.
2000 ミッレウヴェ・ロッソ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml 在庫
ご注文数
¥2,050(外税)
 

【ようやっとミッレヴヴェ・ロッソの登場です..】
 ビアンコは何度もご紹介しているのですが、ロッソを紹介するタイミングが無くて困っていました。ようやくです..。

 ボルゴ・デル・ティリオで使用しなかったメルローとカベルネで造られるセカンドラインのワインです。が、これが素晴らしい..旨いんです。信じられないかもしれませんが、個性の強いこの地域の葡萄が、良い意味で丸くなって「えぐくない」味わいを出しています。

 ヴェネツィア・ジュリア、もしくはフリウーリと言えば、華やかな良く香るワインに仕上がります。ところが、多くの場合、香りの個性が突出して強く感じられ、「〜過ぎる」状態で感じられます。これは、時間が解決する問題ですが、感じやすい日本人には、ちょっとツライ部分でも有りました。

 こう考えれば判って貰えるでしょうか?香辛料・ハーブを一杯使用した料理が、外人さんには喜ばれても、日本人にはきつすぎる..ちょっと匂いすぎるイメージです。

 ミッレヴヴェ・ロッソですが、口当たりや舌触りはボルドー的にも感じられますが、味わいそのものはブルゴーニュ的です。ちょっと粒々した舌触りを除けば、ブルゴーニュの良くできた村名クラス..とウソを付いてもバレ無いかもしれません..(^.^;; そして、六味のバランスがとても良いので、デイリーには最高ですよ。

 一般的には3000円近くで販売されていると思いますので、お買い得な価格帯だと思います。新聞紙にくるんでちょっとワイン通の友人に、
「良く来たね。さあ、駆けつけブラインド!」
と、茶目っ気を見せるのも良いでしょう。とても都合の良い具合に、ブルゴーニュ瓶に似たボトルです。

 まあ、そんな暗いことを考えずとも、美味しいのには変わり有りません。ん?散々飲んでるから味わいは知ってる??..すみません、ちょっと遅かったですかね..でもお薦めです。

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
This is my type! This is my type!
1998Milleuve Bianco Dolce I.G.T.
1998 ミッレウヴェ・ビアンコ ドルチェ
ちょっと頑張ってお奨め!

ちょっと頑張ってお奨め!
750ml 在庫
ご注文数
¥2,200(外税)
 

【なんと..ドルチェ(甘口)をご紹介します。 甘すぎず、切ない感じがとても旨いです!技術の確かさを感じます】
 辛口ビアンコは何度もご紹介しているのですが、このドルチェは初めてですね。noisy も初めて飲みましたが..びっくりです。

 ミネラル、蜜、杏、キャラメルのクリーミーなブケ、ファットなボディに 切ない甘さ..。ホント、切ない気持ちになるような心地よい甘さです。そして特筆すべきは「複雑さと厚み」です。簡単に香りを幾つか列挙していますが、そんな単純なモンじゃ済みません。それに舌触りが滑らかでボディに厚みがあります。

 余り良くは知らないのですが、陰干しの技術を使っていると思います。(極僅かに痕跡が認められます)そして、酸味の構成・豊かさと甘さが何と言っても素晴らしいですね。甘いワインに目がない noisy は、グラスの残り香をいつまでも「くんくん」と嗅いでいました..。是非とも飲んでみてください。甘いもの嫌いのあなたにこそ、飲んでいただきたいドルチェです。素晴らしいです。
イタリア■□ Cantine Del Notaio □■パジリカータ
カンティーネ デル ノタイオ
●南イタリアはパジリカータで素晴らしいアッリャニコを創っているカンティーナです。昨年ご紹介した2000年は爆発する果実味、しっとりした味わいで超人気になりました。

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
2001Aglianico del Vulture La Firma
2001 アッリャニコ・デル・ヴュルトゥレ ラ・フィルマ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml 在庫
ご注文数
¥4,400(外税)
 

【昨年とはうって変わって..エレガンス重視のスタイルです..】
 物凄く濃い色合いからは、ちょっと肩すかしを食らうほど..しなやかでエレガントなアッリャニコが顔をだしたので、思わず..
「うへ、おわ?」
と、声に成らない奇声を上げてしまいました。

 上記でも書きましたが2000年のラ・フィルマはとんでもないほどの果実味で、びっくり仰天させられましたので、2001年のテイスティングでも構えてしまったようです。現状は果実味は裏側に回っていて、それでもしなやかさとフィネスで美味しく飲めてしまいます。

 タンザーさんは92点で評価、ポイヤックっぽいノーズだと言っています。noisy も、アッリャニコ種にはボルドーのワインと同じようなニュアンスを受け取っていますので、
「ブルゴーニュを離れて変なところで気が合うなあ..」
などと..思ってしまいました。

 いずれにしても今飲むので有れば、優しくエレガントなワインです。2〜3年置くと、隠れていた果実味が正体を現すかもしれません。(これには確証が有りませんが..)パジリカータを代表する素晴らしいワインですので、カンパーニャのイルピーニャ・ロッソとの比較も面白いでしょう。お薦めします。


2001 Cantina del Notaio La Firma Aglianico del Vulture
($40) Deep ruby-red. Complex, somewhat Pauillac-like nose melds black cherry, cedar, licorice, oregano and shoe polish. Dense and broad-shouldered, with deep, chewy flavors of medicinal black cherry, bitter chocolate and sexy oak, all lifted by a floral aspect. Large-scaled and solidly structured wine, with 14.5% alcohol. (A Marc de Grazia selection; importers include Michael Skurnik Wines, Syosset, NY; Vin Divino, Chicago, IL; and Estate Wines Ltd., San Rafael, CA)
92 points

Stephen Tanzer's International Wine Cellar, Sep/Oct 03 より抜粋
 
イタリア■□ Argiolas □■サルディーニャ
アルジォラス
●皆さんはご存じでしょうか。サルディーニャの島に咲く一輪の黒みがかった紫の花..トゥリガを..。暑い島のワインとは思えないほどのエレガンス、フィネスを持ち、縦に積み上がる果実味と秀逸な量の酸味、とても長い美しい収束のパフォーマンスに心躍らされます。

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印  
1994Turriga V.d.T.
1994 トゥリガ
ちょっと頑張ってお奨め!

ちょっと頑張ってお奨め!
750ml 在庫
ご注文数
¥9,600(外税)
 


This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印  
1995Turriga I.G.T. Isola dei Nuraghi
1995 トゥリガ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml 在庫
ご注文数
¥9,600(外税)
 


This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印  
1997Turriga I.G.T. Isola dei Nuraghi
1997 トゥリガ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml 在庫
ご注文数
¥9,600(外税)
 


This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印  
1999Turriga I.G.T. Isola dei Nuraghi
1999 トゥリガ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml 在庫
ご注文数
¥7,100(外税)
 

 何でかな〜..残るなんて思いも寄らなかったんですが..素晴らしいワインですよ..

【人には教えたくない..と言う方が多いです。】

 まあ、飲んでみなんしょ、としか言えません。味わいは上記で書いてしまいました。それで外れは有りません。このワインの伸びやかさは、美しい多量のミネラルに支えられているおかげだと思います。それでも良く有りがちなマイナス面「甘み」です。ところがこのワインには妙な甘さが全く無く、美しく完全発酵しています。それが長期熟成をも可能にしているんですね。

 また味わいは全く違うにしても、ブルゴーニュの上級ピノ・ノアールのようなフィネスを持ったワインですから、海外の評論家の方から95点以上のクラシックなポイントを戴くことは有り得ません。( うっ..) が、飲んだら判るその美しさ!しかも今回は、最新ヴィンテージの99年はじめ、94年、95年、97年とご紹介です。94年は..出来れば再度飲んでみたいですね。興味のある方へ。


1994 Argiolas Turriga Isola dei Naraghi
Healthy deep red-ruby. Perfumed aromas of redcurrant, blackberry, eucalyptus and spice. Fresh, penetrating and intensely flavored, with dark chocolate and mocha notes complicating the berry flavors. Tight core of spice contributes to the impression of structure. Strong but harmonious acidity. Finishes quite spicy, with supple tannins. Built to age. (Winebow) 91 points
Stephen Tanzer's International Wine Cellar, Jan/Feb 00 より抜粋
  
1995 Argiolas Turriga Isola dei Naraghi
Argiolas
Sardinia, Italy
Proprietary Blend (a dry red table wine)


The 1995 Turriga exhibits abundant quantities of toasty, new French oak in its lavishly wooded nose. Competing with the oak are black cherry and berry notes. In the mouth, the wine is medium to full-bodied, ripe, and internationally-styled, with a compressed, dry, tannic finish. Although very good, it is not quite up to previous vintages. Drink it over the next 4-5 years.

Reviewer Robert Parker
Rating   87 Points
Maturity  Drink 2000-2005
Cost    $45
Wine Advocate #130 (Aug 2000)より抜粋
 
1997 Argiolas Turriga Isola dei Naraghi
Blackish ruby with purple highlights. Blackberry and blueberry fruit notes on the nose, along with sandalwood and dark chocolate; offers impressive aromatic impact. Massive and structured on the palate, with sweet flavors of blackberry, mocha and toasted oak. The tannins are still evolving but there no sense of roughness. Offers superb potential. 92 points
Stephen Tanzer's International Wine Cellar, Jul/Aug '01 より抜粋
 
1999 Argiolas Turriga Isola dei Naraghi
Argiolas
Sardinia, Italy
Proprietary Blend (a dry red table wine)


The 1999 Turriga is one of the best examples yet of this wine, a standard-bearer for Italy’s south for well over a decade. A blend of Cannonau, Carignano, Bovale and Malvasia Nera, with the latter three grapes supplying ? like Syrah and Mourvedre in southern France ? tannins and color in support of the Grenache, its high-intensity nose of plum jam and macerated cherries, lavender, and Mediteranean herbs is followed by rich, ripe, and velvety flavors, warmly alcoholic, caressing in texture, and long and resonant on the finish and aftertaste. Drink: 2005-2018.
 
The largest private estate making quality wine in Sardinia, Argiolas received its original impetus from the counsels of Giacomo Tachis, at the time the chief oenologist of Antinori and creator of both Tignanello and Sassicaia. The line is now larger and more complete but quality, if anything, has further improved, and these are essential wines for those looking to discover what the wines and viticulture of Sardinia are all about.

Reviewer Daniel Thomases
Rating   92 Points
Maturity  Drink 2005-2018
Cost    $55
Wine Advocate #154 (Aug 2004)より抜粋
 
イタリア■□ Querciabella □■トスカーナ
クエルチャベッラ
● もうクエルチェベッラの時代じゃないのかな..と残念な気持ちも有りますが、飲んだらやっぱり美味しいですよね。一世風靡したカマルティーナの10年ものが少量入荷です。イタリアの古酒ファンの方!昔を思い出してみませんか?

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印  
1994Camartina V.d.T.
1994 カマルティーナ
ちょっと頑張ってお奨め!


ちょっと頑張ってお奨め!
750ml 在庫
ご注文数
 
¥6,650(外税)

【..】
 凝縮感とハイセンスな仕上がりで、スーパートスカーナの存在を知らしめたカマルティーナです。ワイナート誌も創刊されて間もない第4号「超トスカーナ」にも大きく取り上げられていました。ガレストロ土壌からのサンジョヴェーゼにカベルネをセパージュしています。

 バリックで仕上げられたワインは伸びやかで力強くバリック負けせずに主張し、存在をアピールしてくれました。「あ、イタリアにはこんなに素晴らしいワインもあるんだ..」と、思ったことを覚えています。

 今回のロットのテイスティングは間に合いませんでしたので控えさせていただきますが、イタリアワインファンの方の中には、このワインに色々と教えてもらった..という方も多くいらっしゃるでしょう。10年もののイタリアンなど、安く買える時代では無くなりつつありますので、昔を思い出しながらグラスを傾けるのも乙なものでしょう。また、このワインを知らない新しいファンの方も、新しいスタイルを創りだしたカマルティーナを是非飲んでみてください。ちょうど飲み頃だと..思うのですが..。どうでしょうか。
イタリア■□ Montepeloso □■トスカーナ
モンテペローゾ
●ボルゲリの南、スヴェレートは、上記のトゥア・リータで有名になった土地ですね。もっとも、トゥア・リータの畑もサッシカイアに葡萄を供給していたとされているようですので、大いなるポテンシャルを秘めた土地なのでしょう。NOISY'S 初登場のモンテペローゾです。

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
1998Nardo I.G.T.Rosso M.G.
1998 ナルド マグナム・ボトル
ちょっと頑張ってお奨め!


1500ml 在庫
ご注文数
 
¥11,500(外税)

【さすがにマグナムなので..飲みません。】
サンジョヴェーゼにカベルネをブレンドしています。希少なマグナムです。

1998 Montepeloso Nardo
Montepeloso
Tuscany, Italy
Proprietary Blend (a dry red table wine)


Well balanced is the 1998 Nardo. It exhibits a deep, saturated ruby/purple color in addition to gorgeously jammy blackberry and cassis flavors infused with smoke, minerals, licorice, and toast. There is terrific intensity as well as a long, medium to full-bodied finish with well-integrated acidity, tannin, and wood. It should drink well for 10-15 years.



Reviewer Robert Parker
Rating   90 Points
Maturity  Drink 2000-2015
Cost    $55
Wine Advocate #130 (Aug 2000)より抜粋
 
イタリア■□ Dal Forno Romano □■ヴェネト
ダル フォルノ ロマーノ
●イタリアを代表し、世界のトップと渡り合うべきワインを造る、偉大な生産者です。ダル・フォルノ・ロマーノのアマローネともなればnoisy とて、そうは何度も飲んじゃいませんが、口内を満たすダーク・パープルのチョコレートには、歯を真っ黒にしながら悦びを爆発させたものです。

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
1998Amarone della Valpolicella Vigneto di Monte Lodoletta
1998 アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ ヴィネート・ディ・モンテ・ロドレッタ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml 在庫
ご注文数
 
¥29,300(外税)

【..未テイスティングです】

 そうは「スコン」と抜栓できません。30年は充分持つに違いない、世界を代表するワインです。アパッシメント(陰干し)で濃度と複雑さを出しています。滅茶苦茶濃いワインです。

 ところで、アドヴォケイト誌もイタリアはPKさんからダニエル・トーマスさんに担当が代わり、それに伴って基準も変わったようです。

1989年 96 Robert Parker
1990年 95 Robert Parker
1994年 97 Robert Parker
1995年 98 Robert Parker
1996年 99 Robert Parker
1997年 99 Robert Parker
1998年 96 Daniel Thomases

 と、PKさんのオーバー96が当たり前だった視点から、少し引いたところに移りました。このダニエル・トーマスさんですが、冷静な目をお持ちのようです。時にはそれが慎重すぎるポイントになってしまうことも有るようですが(クレリコのコラム参照)、理解されない100点近くを連発するよりは良いかもしれません。


 このクラスのワインは、どなたでも飲める価格にはなりえませんが、数人で集まるワイン会の締めには、最高の演出となるでしょう。気難しいボルドー・グランヴァンよりも扱いは優しく味わいは優れています。機会がありましたら..飲んでみてください。


1998 Dal Forno Romano Amarone della Valpolicella Vigneto di Monte Lodoletta
Dal Forno Romano
Valpolicella, Veneto, Italy
Proprietary Blend (a dry red table wine)


The 1998 Amarone della Valpolicella Vigneto di Monte Lodoletta is a supreme example of this wine, almost overwhelming in its aromatic impact, luxuriously sweet, ripe, jammy, and chocolatey, mouthfilling and powerful in flavor, broad and caressing, solid and sustained from the attack to the lengthy, lingering finish, superbly shaped and balanced, pedal to the floor power and shapely elegance all in one package. The score is probably too conservative, but it can easily be checked over the next 25 years.


Reviewer Daniel Thomases
Rating   96 Points
Maturity  Drink 2004-2029
Cost    $400
Wine Advocate #154 (Aug 2004)より抜粋
  

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
1999Valpolicella Superiore Vigneto di Monte Lodoletta
1999 ヴァルポリチェッラ・スペリオーレ ヴィネート・ディ・モンテ・ロドレッタ
ちょっと頑張ってお奨め!


750ml 在庫
ご注文数
 
¥8,800(外税)

【ロマーノのヴァルポリチェッラは別格です。】

 99年はとても出来が良いようです。98年、97年よりも良いかも知れませんね。それだけに現状は結構バラバラ..です。抜栓後、30分ほどで少々膨らみも出るし、まとまってきますが、今飲むのは厳しいですね。

 深く落ち込んでゆく底なしのブラックフルーツにスパイス、ミネラル。口に含むと暴れてちょっとキツイ。アルコール分の高さと果実味の多さ、酸度の適切さは感じるものの、本当にバラバラ。2年ほど置くと、とても秀逸な味わいに激変するだろう。

 今飲んで 88、 ポテンシャル 92 飲み頃 2006 - 2014 と言ったところでしょう。素晴らしい!けど、飲み方は注意してくださいね。


1999 Dal Forno Romano Valpolicella Vigneto di Monte Lodoletta
Dal Forno Romano
Valpolicella, Veneto, Italy
Proprietary Blend (a dry red table wine)


Romano Dal Forno’s Valpolicella bottling regularly shows an intensity, muscularity, and length which most Amarone cannot match, and the 1999 Valpolicella Vigneto di Monte Lodoletta, though not at the enviable level which this wine reaches in warmer, less rainy vintages, is still pretty impressive stuff. Potent and penetrating in aroma, with ample and ripe notes of plums, blackberries, and black cherries, it is a strapping, deep, and sustained wine which needs to shed a bit of its youthful exuberance and untamed force. When it does, the score could well seem unnecessarily prudent. Drink: 2006-2015.

Reviewer Daniel Thomases
Rating   90 Points
Maturity  Drink 2006-2015
Cost    $100
Wine Advocate #154 (Aug 2004)より抜粋
  

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印  
1995Nettare Bianco I.G.T. 375ML
1995 ネッターレ・ビアンコ ハーフボトル
ちょっと頑張ってお奨め!


375ml 在庫
ご注文数
 
¥9,480(外税)


This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
1997Nettare Bianco I.G.T. 375ML
1997 ネッターレ・ビアンコ ハーフボトル
ちょっと頑張ってお奨め!


375ml 在庫
ご注文数
 
¥10,400(外税)

【とても希少な アパッシメントによるデザートワインです】
 甘いワインに興味のない方が多いですから仕方のないことかも知れませんが、いつかきっと気が付くときがあると思っています。
「甘いものは嫌いだ」
と粋がってみたところで( noisy がそうでした..)、結局は甘みに惹かれていることに気が付いていないだけ..なんじゃないかと、拙い経験からですが思ってしまいます。極論ですが世の中の食物・飲料から甘みを全て取ってしまったら、こんなに味気ないことはありません。また、極僅かな甘みが、味わいを大きくすることもあります。この、「甘いワイン」ですが、良くできた極甘のワインは、以外に思われるかもしれませんが、食中酒として最適で有る場合が多いです。機会があったらやってみてくださいね。

 ところで、このネッターレですが、ガルガーネガ種を主体にアパッシメント(陰干し)の技術を用いて造られた、デザートワインです。柑橘系の香りや南国のフルーツ、スパイス、そして甘みと酸味が口の中を満たします。95年を飲んだときは..とても幸せな気持ちになれました。 noisy の場合は、柑橘系などと簡単に書いていますが、これとて実に複雑で..あんまり書くと嫌みになるので書かないようにしています。1988年、1990年、 1994年、 1995年、 1997年と、今までに5回のみ、良年だけにリリースされます。素晴らしいです。冷たくしてお楽しみ下さい。
イタリア■□ Clerico □■ピエモンテ
クレリコ
●ドメニコ・クレリコの手による、(書いてないけど)バローロ・リセルヴァです。凄いポテンシャルが有ります。正規ものでは有りませんが、それよりもかなり安く仕上がりました。20年後のためにご購入下さい。買っておいて本当に良かった..と思えるに違い有りません。

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
1998Barolo Percristina
1998 バローロ・ペルクリスティーナ
ちょっと頑張ってお奨め!

ちょっと頑張ってお奨め!
750ml 在庫
ご注文数
 
¥11,100(外税)

【人智を超えたポテンシャルです..】

 いや、本当にテイスター殺しのワインです。
「こんなもん、どうやってポテンシャルを取れって言うんじゃ〜!」
と、本間さんならずとも大声を出して叫びたい気持ちになってしまいます。(ご.ごめん..)

 今年の1月だったそうですが、リアルワインガイドのテイスティングでもそうでした。こんなに硬いワインはボルドーにも有り得ず..さりとて、テイスティングに許されるのは、抜栓直後の5分ほどと、30分後の2度のみ..。noisy 的には高めのポイントを付けたと記憶していますが、それでもかなり悩まされたはずです。

 結局残ったワインを noisy が持って帰り、4週間ほど!ちびりちびりと飲んでみました..。凄いです。物凄い..化け物でした。さすがに酸化による香りの変質は有りましたが、4週間(一ヶ月ですよ..)経ったら出てくる、沸いてくる..。ボディは膨れあがり、味わいは拡がって..いや、とてもびっくりしたのを覚えています。

 そんな訳で、noisy と同じ経験をしたい方は止めませんが、最低15年、出来れば20年は置いて欲しいほどグレートなポテンシャルを持っています。(10年じゃおそらく無理ですよ。)20年後に成人式を迎えられるお子さんをお持ちの方には、結婚の時に持たせてあげてちょうど良いでしょう。成人式では青二才です。

 また、下記のアドヴォケイト誌の評価を見てください。PKさんも「spectacular (壮観だ)」と言っていますが、(92−93)の評価。ところが2年後、ダニエル・トーマスさんが 89へとダウン提示しています。はっきり言ってこれは大間違い。noisy 的には 96点オーバーのクラシックワインであることは間違い有りません。

 まあ、本当に凄いワインというのは、リリース後数年は理解されないのでしょう。noisy の場合も、たまたまそんな経験が有ったために、少しだけ理解可能だったのでしょう。セラーの中に忘れて仕舞うべき..グレートなワインです。


今飲んで 91 ポテンシャル 93 飲み頃予想 2007〜2025

150L超小樽新樽で熟成される同社のフラッグシップワイン。テイスティングした時はクローズしていたが、ノンフィルターの濃厚なガーネットは視覚的に見てもモノが違う。口に含むとアルコールの高さゆえ非常に滑らかであるが、口内の血管が開くのが認識できるほど。タンニンの質はパヤナほど力強くなく、エレガントなタッチであるが余韻はむしろこちらのほうが長い。二巡目のテイスティングでも沈黙しているこのワインのサービスはいつどのようにすれば良いのか考えてしまう。一体、飲み頃はいつなのだろうか?本間敦 (04年01月試飲)
(有)寿スタジオ リアルワインガイド第5号より抜粋

1998 Domenico Clerico Barolo Mosconi Per Cristina Riserva
Domenico Clerico
Monforte, Barolo, Piedmont, Italy
Nebbiolo (a dry red table wine)


The 1998 Barolo Mosconi Per Cristina Riserva reveals aromas of sweet black fruit intermixed with new oak, blueberry, flowers, and an underlying minerality. Full-bodied, powerful, deep, and chewy, this youthful, backward 1998 is spectacular. Anticipated maturity: 2003-2018.

Reviewer Robert Parker
Rating   (92-93) Points
Maturity  Drink 2003-2018
Cost    $80
Wine Advocate #137 (Oct 2001)より抜粋
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

The 1998 vintage did not give the producer fruit of the same superb quality, as evidenced by the 1998 Barolo Per Cristina. The dark color is promising, but the nose is just a touch too ripe and the tannins, despite the overall intensity of the flavors, less ample, generous, and round. Anticipated maturity: 2006-2018.

Reviewer Daniel Thomases
Rating   89 Points
Maturity  Drink 2003-2018
Cost    $75
Wine Advocate #149 (Oct 2003)より抜粋
  
イタリア■□ Matteo & Claudio Alario □■ピエモンテ
マッテオ エ クラウディオ アラリオ
● マルク・デ・グラツィア・セレクションから、クラウディオ・アラリオの バルベーラ・ダルバをご紹介します。

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 
1997Barbera d'Alba Valletta
1997 バルベーラ・ダルバ ヴァッレッタ
ちょっと頑張ってお奨め!

750ml 在庫
ご注文数
 
¥2,700(外税)

【バローロ風のバルベーラ・ダルバ??です..】

 美味しいか美味しくないかとか、良いか悪いかで判断している noisy にとって、グレーゾーンのワインと極稀に出会います。それは noisy 自身の能力の問題と直結している場合が殆どですが、そうとも言えない事象とも、本当に稀に出くわします。

 例えば、いい加減でいつも迷惑ばかり掛けられてる(と、自分で思っている)友人なのに、何故か憎めない..むしろ好意を持っているかもしれない人って..いらっしゃるでしょう?このクラウディオ・アラリオの97年 バルベーラ・ダルバ・ヴァッレッタ がそんなタイプなんです。

 良く言えば、高貴なバローロを目指した高尚な味わい..と言えるのですが、どこか野暮ったさが有り、ほのぼのとした美味しさと、「それは違うんじゃないの?」という反感が同居しています。洗練されてはいないが捨てきれない美味しさを発見してしまったワインです。

 長期熟成を求められるバローロは、良くも悪くもその熟成期間の影響を受けます。また、ネッビオーロが持つ膨大なタンニンをどう処理するか、もしくは抽出しないかで仕上がるスタイルが全く違ってきます。この「ヴァッレッタ」は前者の古典的バローロの味わいに似たニュアンスが沢山受け取れるワインです。

 前回、とても沢山ご購入いただいたトリンケロのバルベーラとは、有る意味対極に有ります。しみじみした美味しさ、複雑さと、どこか田舎っぽい、野暮ったい部分が、むしろ好感を持って迎えることが出来る..実に不思議な味わいです。時間とともに開発されてゆく余地も残されています。興味のある方へ。

1997 Claudio Alario Barbera d'Alba Valletta
Deep red. Currant, spice cake and tarry oak on the nose. Generous and dense, with red berry and coconut flavors enlivened by firm acids. Finishes ripe and long, with good cut. 88 points
Stephen Tanzer's International Wine Cellar, Jan/Feb 00 より抜粋
イタリア■□ Luciano Sandrone □■ピエモンテ
ルチアーノ サンドローネ
●さて、バローロボーイズの重鎮、エレガンスの極みとも言えるピエモンテのワインを造り出している「ルチアーノ・サンドローネ」さんの秀逸なバルベーラ・ダルバのバック・ヴィンテージのご紹介です。前回はドルチェットでした..。

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
1999Barbera d'Alba
バルベーラ・ダルバ
ちょっと頑張ってお奨め!

ちょっと頑張ってお奨め!
750ml 在庫
ご注文数
¥3,600(外税)
 

【バックヴィンテージ..おそらくちょうど飲み頃です。】

 エレガンス、フィネスに充ちたサンドローネさんの飲み頃バルベーラ・ダルバです。今回は、海外市場より少量を買い付けました。そのため、テイスティングしていませんので..悪しからず..。

 すでにご存じの方も多いでしょう。また、前回のドルチェットをお飲みになった方は、サンドローネのピュアで端正な造りに、満足されたことと思います。今回ロットは数が無く、飲めないのでお薦めは控えめですが、見つけたら「さくっ」買うべきワインだと..思います。


1999 Luciano Sandrone Barbera d'Alba
Luciano Sandrone 
Barbera d'Alba, Piedmont, Italy
Barbera (a dry red table wine)

One of Sandrone's least heralded yet consistently gorgeous efforts is his Barbera d'Alba. The wine was aged in old foudres, and is a beautiful supple, soft, fruit-driven offering with elegance, loads of strawberry and cherry fruit, earth, and spice. The 1999 is fat and deep colored. It is best drunk during its first 4-5 years of life.


Reviewer Robert Parker
Rating   90 Points
Maturity  Drink 2001-2006
Cost    $23
Wine Advocate #137 (Oct 2001)より抜粋
 
アメリカ■□ Baywood □■パソ・ロブレス
ベイウッド
●いや〜、本当に久しぶりです。noisy がアメリカのワインを選択するなんて..自分で驚いてしまいます。まあ、新世界に縁遠い noisy の眼鏡に叶ったアメリカンワインって..興味有りませんか?

This is my type! 良いものは良い印 是非チェックしてね印 美味しい印 若くても飲めちゃう印
1999Zinfandel Vinyard Select
ジンファンデル ヴィンヤード・セレクト
ちょっと頑張ってお奨め!

ちょっと頑張ってお奨め!
750ml 在庫
ご注文数
¥1,480(外税)
 

【 noisy が選ぶとデイリーな カリフォルニアも こう なる..】

 ね、これだけで興味がそそられるでしょう? えっ?それだけじゃ駄目?..(T.T.

 しっとりとして充分なだけ濃厚、ピュアで繊細な一面を持った収束の美しいジンファンデルです。旨いです..。珍しく1本近く飲んでしまいました。

 紫や黒みがかった赤い、とても小さな実の果実が想像できます。ブラックベリー、ラズベリー、チェリーやコーヒーなどですね。そして、それには「熟れすぎて腐ったようなニュアンス」は全く無く..理解可能な冷たさを隠し持っています。ほんの少しワイルドでジャミー、スパイシー、ミディアムボディながらリッチな香りと味わいです。テクスチャーの質感も程良いですし、他に特筆すべきは、
「甘ったるくない」
「後口が苦すぎず、ピュアな酸味が心地よく収束する」
「不足がちの酸を補填するために色々と弄った形跡が認められない」
 ( 真実は 判りませんけどね..)
ことです。

 甘ったるさと過熟によるだらしない果実味は有りませんので、「フランスワイン命」の方でもこれはOK!まあ、noisy が言うんだから間違い無い..でしょう。デイリー価格ながら、新着の最後の最後、「オオトリ」を務めるワインです。全ての方にお薦めします。旨いです。
過去ログ (リンク先でのご注文は出来ません。2002年以前の新着も残っていません。
                               また、「新着 Ver. タイプ・ゲリラ」の過去ログはその性格上抹殺してあります..)
2002年第1弾 2002年第2弾 2002年第3弾 2002年第4弾 2002年第5弾   
2002年第6弾 2002年第7弾 2002年第8弾 2002年第9弾 2002年第10弾
2002年第11弾 2002年第12弾 2002年第13弾 2002年第14弾 2002年第15弾
2002年第16弾 2002年17弾 2002年第18弾  2002年第19弾
2003年第1弾 2003年第2弾 2003年第3弾 2003年第4弾 2003年第5弾
2003年第6弾 2003年第7弾 2003年第8弾 2003年第9弾 2003年第10弾
2003年第11弾 2003年第12弾 2003年第13弾 2003年第14弾 2003年第15弾
2004年第1弾 2004年第2弾 2004年第3弾 2004年第4弾 2004年第5弾
2004年第6弾 2004年第7弾 2004年第8弾 2004年第9弾 2004年第10弾
2004年第11弾 2004年第12弾 2004年第13弾 2004年第14弾
ここから移動
してください-->
新着情報メールサービス
インデックスページへ
フレンチ 1
1ページ目
フレンチ 2
2ページ目
シャンパーニュ
泡もの特集
3ページ目
必見!イタリアン
アメリカンワイン
4ページ目
UP 2004/11/24
このホームページの文章・グラフィックの著作権はNOISY'S WINE SELECTS 原酒店 にあります。無断転載・使用をお断りいたします。
e-mail to Noisy