ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.05.06 
Last Update 2021.05.06  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ヴィットーリオ・グラツィアーノ

ヴィットーリオ・グラツィアーノ

イタリア Vittorio Graziano エミーリア=ロマーニャ
● ロマーニャ近辺のワインは、「発泡してないと売れない」と言われていまして、自然な発泡(フリッザンテ)をしているのが普通です。

 しかしながらその発泡は、「後からガスを足す」方式が多く、特にランブルスコは99%が「自然では無い発泡」をしていると言われています。

 そんな中で、品種にもこだわった自然な栽培、自然な発泡、ポテンシャルの有る味わいを造り出している素晴らしい造り手をご紹介します。ヴィットーリオ・グラツィアーノです。


■独創的な感覚とこだわり、ヴィットーリオにしか造り出せない繊細かつ圧倒的な味わいのランブルスコ。

 モデナより南へ10km、丘陵地との境目にあるカステルヴェートロ・ディ・モデナ。ランブルスコの中でもグラスパロッサを用いた「Modeneseモデネーゼ」と呼ばれるランブルスコの銘醸地でもある。その中でも、古典的な瓶内醗酵を行っている造り手の中で、グラツィアーノを知らない人間はいない。

 現在生産されているランブルスコの99%を占める、平地でのブドウ栽培と、大型のアウトグラーヴェ(加圧式ステンレスタンク)による大量生産。しかし、ヴィットーリオが追求するのは残りの1%、自然環境を重視したブドウ栽培と、古典的な瓶内醗酵を前提として極力介入や添加を行わない醸造。畑では自然環境をメインに考え、不耕起、無肥料による草生栽培を実践。人為的な介入を最小限に抑えることで、ブドウそれぞれの持つ個性(野性味)を引き出す。ブドウについても畑に残っていた古樹より自ら苗木を取り、クローン選抜される以前のランブルスコ系のグラスパロッサ、サラミーノ、ソルバーラ。

「ランブルスコ系統でいえば、モデナを代表するといってもいいグラスパロッサは、その名の通り梗(及び葉)が赤く、果皮の厚みと房の大きさあるブドウ。だけど、巷にあるグラスパロッサには、この畑にあるような個性はほとんど見られないな。そのように改良されてしまっているんだ。そして最も古くからあるとされているソルバーラ、結実がとても悪く色調も薄いけど、素晴らしく繊細な香りと骨太な酸を持っている。そして房が小さいサラミーノは果実が密集、豊かなタンニン。トレッビアーノについても同じ、モンタナーロは厚い果皮と十分なエキス分。そしてスパーニャは未知な部分が多いブドウだけれど、繊細な酸と奥行きのあるブドウ。」

そう語るヴィットーリオ。

 醸造においてもその考えは一貫しており、酵母添加や温度管理を行わないのはもちろん、ステンレスタンクやポンプを使用せず、木樽での醗酵、オリ引きやボトル詰めについても重力以外の負荷をかけない手法にこだわる。収穫後、木樽にて短期間のマセレーション(ランブルスコにおいては約7日)を行い、果皮との接触によりゆっくりと醗酵を促す。

 オリ引きを行った後にボトル詰めを行い、ワインの中に残った糖分と酵母が再び活動するのを待つ。再醗酵を終えた後、ここからがヴィットーリオの本質ともいえる部分。オリとともに長期間の熟成を行うことで、オリからのエキス分を十分に引き出すことができるというヴィットーリオ。スボッカトゥーラ(オリ抜き)は行わず、SO2についても収穫時にごく少量使用するのみ。一方で、それだけの長い期間オリと一緒だというのに、オリの持つネガティブな要素が一切感じられないという事に驚かされてしまう。

 タルビアナーツはモデナに残る最古の醸造法に由来する、と語るヴィットーリオ。収穫したモンタナーロを果皮と共に木樽へ。醗酵によって形成される果帽(果皮や種子が醗酵の勢いで浮き上がり、フタのようになったもの)を、櫂入れや攪拌など一切行わずに、果帽によって密閉された状態のまま、可能な限り熟成したという白。

 サッソスクーロはマルボ・ジェンティーレなど、地ブドウばかり6種類。果実として熟成するタイミングの違う6つを、完熟した順番に樽に加えていくという赤。どちらも彼独自の哲学の元、常識に縛られない手法によって造られたワイン。必要な事だけ行う、自然環境を優先した栽培と、独創性豊かな醸造哲学。他にはない個性と圧倒的な味わいを持ったワイン。素晴らしい造り手の一人です。


N.V.(2015) Ripa di Sopravento V.d.T.
リーパ・ディ・ソプラヴェント V.d.T.

12079
自然派
白 中口
イタリア
エミーリア=ロマーニャ
ヴィットーリオ・グラツィアーノ

■エージェント情報
白微泡 トレッビアーノ・モンタナーロ、トレッビアーノ・ディ・スパーニャ、樹齢 16~30 年。収穫後ごく短期間のマセレーションを行い木樽にて醗酵を行う。進行段階と残糖分を確認しつつボトル詰め、瓶内で再び醗酵が始まる。その後瓶内にて約 24 か月の熟成。スボッカトゥーラ(オリ抜き)は行わずにリリース。SO2 は収穫時にごく少量使用するのみ。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,500 (外税) 
【超極楽な味わいながら、実はポテンシャルもしっかり!柑橘な果実が嬉しい本格派の弱発泡性白です!】
 これは非常に判り易く、しかも充実した味わいです。

 そうですね・・超本格派のムスカデ・シュール・リーを想像してみてください・・。その葡萄のムスカデがもっとポテンシャル高くて、皮がもっと分厚いような感じなんですね。しかしながら、単純に澱と長く接触させていた感じじゃぁ無い・・ペティアン的な造りに近いと思いますが、一般的なペティアンのような軽いものでも無い・・そこがこの極楽な味わいを生んでいるのかな?と・・思っています。

 そして非常にナチュラルですが、決して揮発酸的なアロマが臭わないのが素晴らしい!快活で、柑橘が見事に香り、ほんのり口内で泡が弾けつつまたノーズに柑橘がさく裂・・酵母の分解香の複雑さを漂わせつつ消えてゆきます。

 色合いもややくすんでいるように見えるかもしれませんが、ナチュラル感こそ有れど、ビオ臭い方には向いていません。

 安易に飲んでもとても美味しいですが、味わいつつ飲んでも納得できる構成と充実した要素を持っています。ムスカデのようにメロン的でも有り、ソーヴィニヨンのようにレモンチックでも有ります。非常に出来が良い・・きっと喜んでいただけると思います。是非飲んでみてください!超お勧めします!


2014 Lambrusco Fontana dei Boschi
ランブルスコ・フォンタナ・デイ・ボスキ I.G.T.

11478
自然派
赤 ミディアムボディ
イタリア
エミーリア=ロマーニャ
ヴィットーリオ・グラツィアーノ

■エージェント情報
赤微泡 ランブルスコ グラスパロッサ主体、樹齢 16~30 年。
収穫後約 5 日間のマセレーションを行い木樽にて醗酵を行う。進行段階と残糖分を確認しつつボトル詰め、瓶内で再び醗酵が始まる。その後瓶内にて約24か月の熟成。スボッカトゥーラ(オリ抜き)は行わずにリリース。SO2 は収穫時にごく少量使用するのみ。
 モデナの南、Collina(コッリーナ)と呼ばれる小高い丘が続く地域。カステルヴェートロにヴィットーリオのカンティーナはある。近代化・大型化が進むランブルスコの現状を憂い、本来のランブルスコ造りを追求。50年以上前の古樹を引き継ぎ、自然環境を優先した農法。樹のバランス感を尊重し、必要最低限の介入。あまりの収穫量の少なさに、周囲からは奇人扱いされてしまうほど。醸造についても当然のことながら酵母添加は行わず、温度管理やポンプなどを避け重力を用いるなど、近代的な設備を使用せず、瓶内2次醗酵(再醗酵)、そして最も驚かされるのが、その後オリと共に約24か月もの瓶内熟成を行う。
「DOCの中で本当に旨いランブルスコは造れないよ。」
と笑うヴィットーリオ。オリ抜きをせずに造られる彼のランブルスコ、美味しいを通り越して気持ち良ささえ感じる。想像を越えた味わい。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,950 (外税) 
【こんなランブルスコは飲んだことがおそらく無い方がほとんどでしょう。本格派で自然派、素晴らしくピュア&ナチュラルな味わいです!】
 ライトなタッチで爽やかな、とても飲み易いのがランブルスコである・・と思ってませんか?・・まぁ、確かに現在のランブルスコはそんな傾向ですよね。それも半分ほどがそのようになっているんじゃなくて、

「ほぼ100%が偽物?」

 まぁ、偽物と言うのはどうかと思いますが、99%が偽物だとしたら、真贋の決着は付き辛いことこの上無いでしょう。

 ヴィットーリオのこの濃密で特徴のある複雑な味わいのしっかりしたランブルスコは、非常にピュアでナチュラル・・で、

「まったく甘く無い!」

です。

 甘さで逃げることはせず、ただただ本物の葡萄の素直な味わいを追及した結果として、

「多数派では無い本格派」

になっちゃった訳ですね。


 飲んでみると紫に赤が入ったグラデュエーションの有る色調から、さほどは強く無い泡・・当初はそれなりに旺盛ですが徐々に落ち着いてきます。ベリーやザクロ、チェリーのワイルドな果実感、全く甘く無く、中域はドライな果実感で占められています。余韻も非常に長く、果実感をしっかり感じさせつつ収束します。

 重量感も結構有り、決して軽薄なランブルスコでは有りません。むしろ・・

「しっかりした赤ワインにガスが有る」

と思っていただいた方が良いですね。この深い味わいは澱と一緒に長く接触させていることから来るのでしょう。


 また、合わせる料理も結構に赤い獣肉でも大丈夫・・と言うか、良く合うと思います。本格派のランブルスコ・・いかがでしょうか?・・決して安物と比較しないでください。お勧めします!