ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.05.13 
Last Update 2021.05.13  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・デ・ランブレイ

デ・ランブレイ

フランス Domaine des Lambrays ブルゴーニュ
Domaine des LambraysDomaine index -- Open All Column
● はっきり言って、日本でインターネットが実質始まった1996年~1998年頃、クロ・デ・ランブレイなどどこを探しても見当たらない状況でした。ラシーヌの塚原さん、合田さんが訳されたPKさんのバーガンディで、

「昔は良かったが今は失望・・・」

みたいなコメントが、やはり大きく響いていたのかもしれません。

 それでも noisy は、このランブレイが好きでした。どこか無骨で、ちょっと足りない感は常に有るんだけれど、ヴォーヌ=ロマネの偉大なグラン・クリュに通じる芳香と、モレ・サン=ドニ村の紋章にもある「狼(だと思うんだけど・・)」そのもののイメージが、心にしっくり来ていたからです。

 1992年ものはどうだったか忘れましたが、1994年もののクロ・デ・ランブレイは結構販売していたと記憶しています。円形を乱すエッジはあるものの、それなりに大きく、なによりもブケ、アロマの偉大さは、まさにグラン・クリュの名に恥じず、偉大だったと言われる数十年前を感じさせてくれるのに不足は有りませんでした。

 昨今はいつの間にか評価も上がり、ル・クラスメンではトップの三ツ星を取った年も有ることなどから、急激に価格も上昇しています。

 今回はまずまず・・リーズナブルなプライスで購入出来ましたのでご案内いたします。モレ=サン=ドニのグラン・クリュ、クロ・デ・ランブレイです。


2011 Clos des Lambrays Grand Cru
クロ・デ・ランブレイ・グラン・クリュ

12440

赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
モレ=サン=ドニ
ドメーヌ・デ・ランブレイ
750ML 在庫 
¥23,800 (外税)
【クロ・デ・ランブレイも完全復活??ワイルドなニュアンスを大きな構成で柔らかく見せてくれるグラン・クリュです。】
 冒頭にも書きましたが、1990年代はまだ、このようなクロ・デ・ランブレイとかクロ・ド・タール、まだ1級だったラ・グランド・リュとかが非常にリーズナブルで、
「あ~でもない、ここがだめ、いや意外と好きだな・・」
とかね・・。自由闊達に自分の感想を言いつつ、少ない情報の中で、ワイン自体から伝わる情報を自分の感覚で分析などしつつ・・いや、楽しい時代だったなぁ・・と思い返しています。
 DRCだって1万円台から買えたし、クロ・デ・ランブレイなどは5千円ほど、クロ・ド・タールは1万円したかな?・・ラ・グランド・リュは数千円じゃ無きゃ買わなかったけど、そんなワインを簡単に開けられたんですね。
 インポーターさんによってはコンディションが悪いものが有る・・なんてのも、そんなことをやっていたからこそ自然と判ったし、
「リーズナブルなのに非常に旨いのはどうしてだ?」
な...