ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.09.24  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ラ・カステッラーダ

イタリア La Castellada フリウーリ=ヴェネツィア・ジュリア
La CastelladaDomaine index -- Open All Column
● ラ・カステッラーダです。今回は赤も2アイテム有ります。ようやっと飲めました!・・古酒的に思うかもしれませんが、2006年を飲んだ限りにおいては、

「結構普通に・・凄く美味しい・・」

ことに驚きました。ナチュラルでピュア・・でした。白ワインほどのアヴァンギャルドな色合いでは無いことも有るのかもしれませんが、エレガントさをしっかり持ったクオリティの高い赤でした。

 白の方は今回はテイスティングできませんでしたが、以前のコラムより転載していますのでご覧ください。



ニーコ
■トラディショナルからの発展

 今回来日のニコロ ベンサ(通称ニーコ)は知識の宝庫にして、自分のワインにも他人のワインにも非常にシニカルで、だけど彼なりのブレない審美眼を持ち合わせていて、そしてお茶目。非常に礼儀正しく、理知的で論理的に物を説明することにも長けているが、いちど熱くなると止まらないニーコ。

 お父さんが経営していたトラットリア用のワインを仕込んでいたニーコ&ジョルジョベンサ兄弟は1985年からボトリングを開始します。近所にグラヴナーやラディコン、ちょっと離れたところでエディカンテやアンジョリーノなど、刺激し合える相手にも恵まれ、テロワール、ブドウの個性、年の個性、そして造り手の個性(思い)を最大限に反映したワインを目指し切磋琢磨してゆきます。

 トラディショナルなワイン" などと聞くと、私たち日本人的には、伝統的というくらいだから、昔の農民がやっていたような造りをしたワインのことなのかな、などと思ってしまいますが、ニーコ、ラディコン、ダーリオ プリンチッチなどが指す、"トラディショナルな(白)ワイン"とは、培養酵母を使用して、温度管理をしながら、モストのみで醗酵させ、酸化防止剤をたくさん添加し、目の細かいフィルターにかけてボトリングをしたもの。

1985年当時は彼らが言うところの "トラディショナルな造り" こそ、クオリティ白ワインの生産方法であり、今は伝統を飛び越えて古代の造りにまで回帰しているグラヴナーを含む彼らでさえ、良いワインを造るために必要なことだと考えていたのです。

そこから現在までに彼らが辿った、醸造に関する考えの変遷は、本当にドラスティックなものがあります。もちろん造り手各々で多少の前後はありますが、概ね以下のように変遷していきます。




■ニーコのプロとしての矜持


1985年当時:
 ステンレスタンクで、培養酵母を添加して、温度管理をしながらの醗酵

1980年代後半-90年代前半:
 樽内でのアルコール醗酵&熟成を採用、それにより醗酵中の温度管理ができなくなり、醗酵温度が高くなり、温度が高いので野生酵母だけでも十分に醗酵を円滑に進められるので、培養酵母の添加をやめる。リッチな風味を付けるために、皆こぞって新樽を使用するように。

1995年:
 白ワイン生産にも醸し醗酵(皮や種ごとの醗酵)を始める。新樽に対して懐疑的になり、大樽を導入し始める。

1997年以降:
 グラヴナーやラディコンはアルコール醗酵の全工程を木製の開放醗酵槽で皮ごと行うようになる。グラヴナーはアンフォラでの醸造を実験的に開始。ラディコンは1999年、一部のワインを酸化防止剤無添加でボトリング、2002年以降は全てのワインを無添加でリリース。
 この間、より凝縮したブドウを得るために畑では植樹密度を上げ、単位面積当たりの収量を約半分にまで落としていきます。化学肥料の使用もやめ、ボルドー液以外の農薬を使わず、草生栽培を実践します。

 この過程の中で、常に白か黒というようなラディカルな選択をしてきたグラヴナーやラディコンに対し、ニーコというよりもラ カステッラーダというワイナリーは、牛歩戦術とでもいうのか、小さく確実にひとつひとつ歩を進めてきた観があります。

 ニーコ自身、自分のワインにはエレガンスを求める傾向があり、ラディコンのように野性味溢れるワインを個人的には認めつつ(好んで飲みつつ)も、自分のスタイルではないと考え、なおかつカステッラーダのワインを毎年買うお客さんが彼らのワインに期待、イメージするものから大きく逸脱したものは造るべきではないというプロとしての矜持みたいなものも持っているように感じます。

 白の醸し醗酵に関しても、一部にやるだけで全量にやるわけではなかったり、その期間も短いことなど、何人かの造り手からしてみたら、どっちつかずだとか中途半端だと言われてしまい、ニーコ自身もそう言われている事を自覚しながらもゆっくりと前に進み…。

 この醸しに関して現在では、

・長い期間の醸しはブドウの品質が本当に良い年のみに許される

・アロマティックな品種に関しては、苦味が出てしまうため、良い年であっても長い醸しに向かない

という考えに至っています。


 醸し醗酵終了直後のシャルドネ
■誤解を超えて伝えたいこと

 友人が書くワインショップのメルマガで、"誤解されていると思うワイナリーランキング" なるものを発表していたのですが、輝ける第2位の栄誉を賜ったのがラ カステッラーダでした。

 ちなみに1位も3位もヴィナイオータの取り扱いワイリー…ヴィナイオータは代表も含め、世間から誤解されることが多いようです。

 話を少々戻しますが、そのメルマガで伝えたかったのは、これほど普遍的味わいを持つ間口の広い、そしてちゃんと飲んでみると実に奥が深いワインがなぜもっと評価されないのか?ということだったのだと思います。

 ラディコンのワインの色を見て、引く人がいても、ニーコのワインの色でビビる人はそういないと思いますし、味わいも然り。ヴィナイオータが多く扱うような、白ワインなのにオレンジ色とか茶色がかったワインなどに代表される、外観ないし香りが "一般的な" ワインと比べて異質なものが、時として愛情さえ込めて"変態ワイン" などと呼ばれることがあります。"変" と呼ばれてしまうこと自体に非常に違和感を感じますが、多数決の論理でいうところのメジャーでないもの→マイナー→変という意味で使われているのだということは理解しているつもりです。

 とはいえ、太陽が常に燦々と降り注ぐ場所で暮らしていたら、肌の色が濃くなることのほうが自然…つまり変じゃないですよね?太陽を酸素に、肌をワインと置き換えれば十分に説明可能かと。

 100歩譲って、この "変" を受け入れたとしても、見た目も香りも味わいも造りも"変" なワインもあれば、見た目も香りも味わいもそんな "変" じゃないけど、造りは結構 "変" なワインもあるわけです。この時点で"変" というくくりには何の意味もなくなるような気がするのですが、いかがなものでしょう?


 リボッラ ジャッラ
「普遍」と「変」の間にあるもの

 "自然派" ワインを愛する人たちが、

「変(色が濃いこと、濁っていること、還元していることなど)であっても美味けりゃいいじゃん」

という本来の立場から、自然派ワインは(視覚、嗅覚的に)判りやすく変であるべきだ、と思ってしまっているような節を感じてしまうことに、自然派変態イタリアワインのインポーターと認知されているのかもしれないヴィナイオータは、危惧を覚えてしまうのです。自然派変態ワインという小さな(マイナーな)世界にも多様性があり、酵母由来の還元臭が立ち上がりにあるものもあれば、そんなニュアンスが皆無なものもあるニーコのワインの凄いところは、畑、セラーで貫かれている哲学が、どうやら"変" と呼ばれてしまうものにもかかわらず、ワイン自体が全然 "変" でないことで、それこそもしかしたらニーコの思惑通りなのかもしれませんよね。

 ヴィナイオータ的には、世の中の "普遍" と "変" をつなぐ橋として、ニーコのワインの立ち位置は非常に重要であると考えています。変であろうがなかろうが、ワインとして普通に美味しくて、スムーズに飲めて、そして次の日体が重くならなかったのなら、それでいいじゃありませんかスロヴェニアと国境を接するオスラーヴィアで、前当主ジュゼッペ・ベンサが経営するレストラン用に始められたワイン造りは、1985年から彼の息子たちジョルジョとニコロに引き継がれた。ニコロ・ベンサは同じオスラーヴィアに住むスタニスラオ・ラディコンやダーリオ・プリンチッチと同級生であり、ブドウ栽培とワイン醸造の両面で互いに影響を受けあっている。ベンサ兄弟は自然・土地・伝統に最大限の敬意を払い、自然環境や生態系に悪影響を及ぼさぬよう有機農法を実践している。ワイナリーにおいても畑同様の哲学から、出来る限り人為的な工程を経ずに醸造。全ての工程で温度管理をせず、白ワインにもこの地方でも70年代まで一般的に行なわれていた、木製の開放醗酵槽でのマセレーションと野生酵母によるアルコール醗酵を行い、大樽や使い古した小樽で熟成、2酸化硫黄の添加もボトリング時に少量のみ、ノンフィルターでボトリングなど伝統的な醸造法を用いている。年生産約22000~24000本。


2006 Collio Rosso della Castellada
コッリオ・ロッソ・デッラ・カステッラーダ

12736
自然派
赤 フルボディ
イタリア
フリウーリ=ヴェネツィア・ジュリア
コッリオ
ラ・カステッラーダ

750ML 在庫 
¥5,080 (外税)
【めちゃしなやかなメルロ!骨格のカベルネ!・・ビオなのにビオっぽさは無く、ただナチュラルなアロマとテクスチュアが素晴らしいです!】
 ようやっとラ・カステッラーダのロッソが飲めました!2006年ものです・・前回入荷時はかなり減らされまして、飲むことはできませんでした。今回は2006年ものと2003年ものを仕入れられましたので、ちゃんとご案内させていただきます。
 例えばラ・カステッラーダの白ワイン・・・リボッラとかブレンドものとかを飲みますと、そのやや酸化した色合いから、
「・・ん?・・結構バリバリのアヴァンギャルド系なのかな?」
と最初から思ってしまいがちでは有りますが、当初わずかな酸化のニュアンスは有りつつも、徐々にピュアさが全面に出て来て美しい果実感を感じることが出来ます。しかも酔い覚めは非常に軽く、身体への浸透も楽なワインです。
 つまり、「ほぼ普通の・・ビオでは無いワインと、さしては変わらない」と言えるんですが、「さして変わらない」のレベルは人それぞれでして、人に寄り、
「・・ん...



2003 Collio Rosso della Castellada
コッリオ・ロッソ・デッラ・カステッラーダ

12735
自然派
赤 フルボディ
イタリア
フリウーリ=ヴェネツィア・ジュリア
コッリオ
ラ・カステッラーダ

750ML 在庫 
¥6,490 (外税)
【めちゃしなやかなメルロ!骨格のカベルネ!・・ビオなのにビオっぽさは無く、ただナチュラルなアロマとテクスチュアが素晴らしいです!】
 ようやっとラ・カステッラーダのロッソが飲めました!2006年ものです・・前回入荷時はかなり減らされまして、飲むことはできませんでした。今回は2006年ものと2003年ものを仕入れられましたので、ちゃんとご案内させていただきます。
 例えばラ・カステッラーダの白ワイン・・・リボッラとかブレンドものとかを飲みますと、そのやや酸化した色合いから、
「・・ん?・・結構バリバリのアヴァンギャルド系なのかな?」
と最初から思ってしまいがちでは有りますが、当初わずかな酸化のニュアンスは有りつつも、徐々にピュアさが全面に出て来て美しい果実感を感じることが出来ます。しかも酔い覚めは非常に軽く、身体への浸透も楽なワインです。
 つまり、「ほぼ普通の・・ビオでは無いワインと、さしては変わらない」と言えるんですが、「さして変わらない」のレベルは人それぞれでして、人に寄り、
「・・ん...



2009 Collio Ribolla Gialla
コッリオ・リボッラ・ジャッラ

12734
自然派
白 辛口
イタリア
フリウーリ=ヴェネツィア・ジュリア
コッリオ
ラ・カステッラーダ

750ML 在庫 
¥3,890 (外税)
【ビオディナミコによるコッリオ!!ひとつの回答がここにある!? 】
◆飲めていないので以前のレヴューをそのまま流用しています。
 ラ・カステッラーダのコンテナが着いたようです。非常に評判が良いので今回も頑張ってみました・・が、やはり人気のキュヴェは少ないですし、バックヴィンテージも発注数をかなり削られてしまいました。
 今回は赤のメルロも有りますが、数量的に飲むのが厳しく、もし売れなかったら・・・次回にテイスティングして再度掲載いたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。
 ビオディナミコながらもビオ臭い感じはあまりしない・・でも、ニュートラル・・自然な酸化を許容している造り・・と感じられるラ・カステッラーダですが、今回のテイスティングは2008年のリボッラ・ジャッラです。
 果皮浸漬からの色合いと思われますが、ややゴールドの強い色合いは、一見すると・・
「・・おい・・ソーテルヌかよ~!」
 とも言いたくなるような官能...



2009 Collio Bianco della Castellada
コッリオ・ビアンコ・デッラ・カステッラーダ

12733
自然派
白 辛口
イタリア
フリウーリ=ヴェネツィア・ジュリア
コッリオ
ラ・カステッラーダ

750ML 在庫 
¥3,890 (外税)
【ビオディナミコによるコッリオ!!ひとつの回答がここにある!? 】
◆飲めていないので以前のレヴューをそのまま流用しています。
 ラ・カステッラーダのコンテナが着いたようです。非常に評判が良いので今回も頑張ってみました・・が、やはり人気のキュヴェは少ないですし、バックヴィンテージも発注数をかなり削られてしまいました。
 今回は赤のメルロも有りますが、数量的に飲むのが厳しく、もし売れなかったら・・・次回にテイスティングして再度掲載いたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。
 ビオディナミコながらもビオ臭い感じはあまりしない・・でも、ニュートラル・・自然な酸化を許容している造り・・と感じられるラ・カステッラーダですが、今回のテイスティングは2008年のリボッラ・ジャッラです。
 果皮浸漬からの色合いと思われますが、ややゴールドの強い色合いは、一見すると・・
「・・おい・・ソーテルヌかよ~!」
 とも言いたくなるような官能...


 
2005 Collio Merlot
コッリオ・メルロー

11756
自然派
赤 フルボディ
イタリア
フリウーリ=ヴェネツィア・ジュリア
コッリオ
ラ・カステッラーダ

750ML 在庫 
¥4,190 (外税)
【ビオディナミコによるコッリオ!!ひとつの回答がここにある!? 】
 ラ・カステッラーダのコンテナが着いたようです。非常に評判が良いので今回も頑張ってみました・・が、やはり人気のキュヴェは少ないですし、バックヴィンテージも発注数をかなり削られてしまいました。
 今回は赤のメルロも有りますが、数量的に飲むのが厳しく、もし売れなかったら・・・次回にテイスティングして再度掲載いたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。
 ビオディナミコながらもビオ臭い感じはあまりしない・・でも、ニュートラル・・自然な酸化を許容している造り・・と感じられるラ・カステッラーダですが、今回のテイスティングは2008年のリボッラ・ジャッラです。
 果皮浸漬からの色合いと思われますが、ややゴールドの強い色合いは、一見すると・・
「・・おい・・ソーテルヌかよ~!」
 とも言いたくなるような官能さを併せ持った美しい色合いです。
 多くのビオの生産者にある...


 
2008 Collio Ribolla Gialla
コッリオ・リボッラ・ジャッラ

11758
自然派
白 辛口
イタリア
フリウーリ=ヴェネツィア・ジュリア
コッリオ
ラ・カステッラーダ

750ML 在庫 
¥3,850 (外税)
【ビオディナミコによるコッリオ!!ひとつの回答がここにある!? 】
 ラ・カステッラーダのコンテナが着いたようです。非常に評判が良いので今回も頑張ってみました・・が、やはり人気のキュヴェは少ないですし、バックヴィンテージも発注数をかなり削られてしまいました。
 今回は赤のメルロも有りますが、数量的に飲むのが厳しく、もし売れなかったら・・・次回にテイスティングして再度掲載いたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。
 ビオディナミコながらもビオ臭い感じはあまりしない・・でも、ニュートラル・・自然な酸化を許容している造り・・と感じられるラ・カステッラーダですが、今回のテイスティングは2008年のリボッラ・ジャッラです。
 果皮浸漬からの色合いと思われますが、ややゴールドの強い色合いは、一見すると・・
「・・おい・・ソーテルヌかよ~!」
 とも言いたくなるような官能さを併せ持った美しい色合いです。
 多くのビオの生産者にある...


 
2008 Collio Bianco della Castellada
コッリオ・ビアンコ・デッラ・カステッラーダ

11753
自然派
白 辛口
イタリア
フリウーリ=ヴェネツィア・ジュリア
コッリオ
ラ・カステッラーダ

750ML 在庫 
¥3,850 (外税)
【ビオディナミコによるコッリオ!!ひとつの回答がここにある!? 】
 ラ・カステッラーダのコンテナが着いたようです。非常に評判が良いので今回も頑張ってみました・・が、やはり人気のキュヴェは少ないですし、バックヴィンテージも発注数をかなり削られてしまいました。
 今回は赤のメルロも有りますが、数量的に飲むのが厳しく、もし売れなかったら・・・次回にテイスティングして再度掲載いたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。
 ビオディナミコながらもビオ臭い感じはあまりしない・・でも、ニュートラル・・自然な酸化を許容している造り・・と感じられるラ・カステッラーダですが、今回のテイスティングは2008年のリボッラ・ジャッラです。
 果皮浸漬からの色合いと思われますが、ややゴールドの強い色合いは、一見すると・・
「・・おい・・ソーテルヌかよ~!」
 とも言いたくなるような官能さを併せ持った美しい色合いです。
 多くのビオの生産者にある...