ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.05.06 
Last Update 2021.05.06  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

モンテ・ダッローラ

モンテ・ダッローラ

イタリア Monte dall'Ora ヴェネト
Monte dall'OraDomaine index -- Open All Column
● ラシーヌさんのヴァルポリチェッラの造り手をご紹介します。ラルコも美味いですが、このモンテ・ダッローラも、スタイルは微妙に異なるものの非常に素晴らしいワインをリリースしています。

 まずはヴァルポリチェッラの2種をご紹介しますが、これまたまるで性格が反対です。それでいてどちらも捨てがたい魅力がたっぷり有る・・是非飲んでいただきたいワインです。


ワイナリー名 Monte dall’Ora
モンテ・ダッローラ
創業年 1995年

国・地域 ヴェネト ・ イタリア
地区/村 ヴァルポリチェッラ/サン・ピエトロ・カリアーノ
代表者 Carlo Veturini
カルロ・ヴェントゥリーニ
畑面積 5 ha
主要品種コルヴィーナ(Corvina)

平均生産量 25.000本/年


【ドメーヌについて】
モンテ・ダッローラ ワイナリーは、ヴァルポリチェッラ・ゾーンの歴史的な中心地に位置しており、郊外の歴史あるカステルロットの丘から降りてくる道の脇にある。カステルロット丘陵地域内、ワイナリーの畑の近くで、ヴィティス・ヴィニフェラ種のブドウの種が存在していたことを裏づける考古学的な発見は、5世紀このかた当地域でブドウが栽培され、果汁を絞られ、発酵されていたことを確証するものである。カステルロットは、古くから商業の要所であった。古代ローマ人はまさしく、今日レチョートやアマローネという名前で知られるヴァルポリチェッラ地域の、ワインのプロモーターにして商人だったのだ。

 レチョートとアマローネのための最高のブドウは、モンテ・ダッローラの南東向きの畑から収穫される。畑の表土は、石灰質および泥灰質土壌で、深さ30~70cmの層にはモレーン土壌がある。こういう土壌構成のため、ブドウの根の組織は地中に進んで根を張り、岩盤に到達することができるす。また、夏季には水分を補い、多雨のときにはブドウの樹の水分バランスを保ちながら、過剰な水分を地下深くに排水する機能がある。現在のテラス(段丘)の配置は人為の産物であり、過去2000年におよぶ、人類の絶え間ない営為の所産なのだ。

 栽培は家族がおこなう仕事であり、幾世代にもわたって伝承されていくもの。ブドウ畑と大地に対する彼らの愛情は、モンテ・ダッローラを購入した1995年に、現実のものとなった。この地で私たちは、昔からある土壌を守るための石壁を修復し、オゼレータやクロアティーナというヴァルポリチェッラの古くからある土着の品種の樹を植えなおした。また、新しいセラーをつくり、「畑の購入後、数年以内にワインをボトルにつめたい」という当初の夢を実現させた。醸造設備には、最新の醸造技術を体現した機器をそろえました。ストックの保管とワインの熟成にあてられるセラーは、最上級ワインであるレチョートとアマローネを寝かせるのに最適な湿度と温度を保つため、凝灰岩をくりぬいて造った。

 カステルロット丘陵にある畑以外に、カリアーノのサン・ピエトロ周辺、肥沃な平野部に、別の区画のブドウ畑がある。ここからは、ヴァルポリチェッラ・クラッシコと、ヴァルポリチェッラ・クラッシコ・スペリオーレという、伝統的なワインができる。前者は、ボリュームのある味わいを持ち、なめらかで若々しさがあって、1年以内に飲まれるべきワインだ。スペリオーレのほうは、最低でも1年間のバリック(フレンチ・オークの小樽)で熟成させることにより、より高度のまろやかさと骨格をそなえられる。

 「私たちのワイナリーの哲学は、優れた品質のワインを探求し続けることだ。それは畑の中での、忍耐を要する手作業によって可能になる。冬季の剪定では、より重要な一年目の若枝を選択して残すことができる。4月から5月にかけては、樹勢を抑え、かつ風通しをよくするために、枝と複数出てしまった芽をさらに間引きし、7月には、太陽の光を最も浴びやすい位置にある、優れたブドウの房だけを成熟させるために、余分な房を切り取る。結果、一本の樹になるブドウの数は2~3房となります。絶好な畑の向きと、風とおりの良さという、私たちの畑の気候条件が、偉大なワインを生み出すのだ。豊かで偉大な個性を持つワインという賜物を生み出すこのすばらしいブドウ畑に、私たちは惜しまず労力を捧げ、あとは季節の移り変わりを見守るだけ。私たちの大地が年毎もたらす新たな喜びに、私たちは大いに満足している。私たちは、畑の中で科学的な合成物や除草剤を用いない。土壌の耕作のためにおこなう農作業としては、ブドウの樹列の間に草を生やさせることと、樹列そのものに働きかける軽めの作業が挙げられる。ブドウ畑における

植物の衛生状態の劣化を招かないために、湿度を測る雨量計や、昆虫の動きを監視するための罠やフェロモンを用いて、定期的に管理している。この方法を用いる上で、私たちが施すのは、唯一、銅と硫黄を用いた処置だけなのだ。」 (生産者HP抄訳)

【畑について】
土壌:石灰質および泥灰質で、深さ30~70cmの層にはモレーン土壌がある

【醸造について】
醗酵:
熟成:ステンレスタンク、バリック(フレンチ・オークの小樽、主に旧樽)、またはタランソー産のフレンチオーク製大樽(5hl:トノー)、25hlの大樽
ビン詰め後さらに10ヶ月間~12ヶ月間落ち着かせる。
マセレーション:低温浸漬


2018 Valpolicella Classico Saseti
ヴァルポリチェッラ・クラシコ・サセーティ

14394

赤 ミディアムボディ
イタリア
ヴェネト
モンテ・ダッローラ
750ML 在庫 
¥1,890 (外税)
【このリーズナブルなサセーティに首っ丈です・・ふんわりとしなやかでエキスがシミジミ美味い!・・それでいて実は「アタシ脱いだら凄いんです」!】
 え~・・イタリアのワインです。ヴァルポリチェッラ・クラシコですが・・こんなに可憐な色合いです。美しいでしょう・・?
 そうなんですよ。まるで、2013年のピノ・ノワールをグラスに注いだかのような、やや淡いルビーな色合いで、しかも全く「一面的に塗られたようなものでは無い」、深遠さを感じさせる見事な色合いです。
 味わいもですね・・ブラインドで出したら必ずどなたかは、
「ブルゴーニュ!」
と言ってくれるに違いない、僅かにワイルドなチェリーが主体、奥にベリーなニュアンスも有ってエキスがしっかり出て旨味が有りますんで、
「・・こりゃ、勘違いしてもしょうがない・・」
と言うレベルに仕上がっています。
「ホントにヴァルポリなの?」
と、エチケッタを見るまでは信じられないかもしれませんよ。
 それに、ちゃんとブルゴーニュ的に、後半は静かな「押し」を...


2015 Valpolicella Classico Superiore Camporenzo
ヴァルポリチェッラ・クラシコ・スペリオーレ・カンポレンツォ

13772

赤 ミディアムボディ
イタリア
ヴェネト
モンテ・ダッローラ
750ML 在庫 
¥2,780 (外税)
【こちらも見事に甘く無い・・超複雑なヴァルポリチェッラ!・・しかも価格もリーズナブル!エレガント&ピュアなサセーティと是非お比べください!】
 以前ご紹介させていただいた2014年のヴァルポリチェッラ・カンポレンツォは、本当に・・
「あっと言う間」
に無くなってしまいました。価格もリーズナブルですし、素晴らしくピュアでリーズナブルな「サセーティとの対比」がまた何とも言えず楽しかったことも有るかもしれません。
「・・もう無いの・・?」
「・・すみません・・」
 どうも・・売れ線のワインの数量管理は難しいものです。良いなぁ・・と思って再注文すると、エージェントさんも切らしているパターンが多くなっています。
 で、ヴィンテージが進んでのカンポレンツォ2015年がようやく入って来たので、アマローネのストローパと一緒に仕入れてみたんですね。
 やっぱり旨いですね。非常に複雑で練れた・・滑らかさが特徴です。2014年ものよりもポテンシャルは有りそうですよ。勿論ですが1年若い分は感じますけどね。


2010 Amarone Della Valpolicella Classico Stropa
アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラッシコ・ストローパ

13773

赤 ミディアムボディ
イタリア
ヴェネト
ヴァルポリチェッラ
モンテ・ダッローラ
750ML 在庫 
¥10,500 (外税)
【物凄い縦構造!・・そしてゴージャスなのに見事にドライ!・・アマローネと言うワインにお持ちのイメージを大きく覆す逸品です!】
 いや~・・こんなに良いとは思わなかったので今まで扱っていませんでしたが、まだまだ知られない素晴らしい造り手がいたもんだと・・感心してしまいました。
 最も、あの超リーズナブルながらも素晴らしくエレガントなヴァルポリチェッラ・サセーティを造り出すモンテ・ダッローラですから、
「アマローネも美味いに違いない・・」
と言うような予想は立つ訳です。
 しかしながら、アマローネと言うワインは色んな意味で特別です。クインタレッリやダル・フォルノ=ロマーノと言う二大巨頭がいらっしゃり、そのイメージが「イコール」で「アマローネ」にすり替わってしまっている世情でも有ります。
 いや、そうでは無いとしても、彼らのレベルに到達しない・・と思われてしまうと、まず評価が付いて来ない・・と言うことにもなり、衆人の知るところにはなりにくい・・と言うような結果になってしまいがちです。


2017 Valpolicella Classico Saseti
ヴァルポリチェッラ・クラシコ・サセーティ

13525

赤 ミディアムボディ
イタリア
ヴェネト
モンテ・ダッローラ
750ML 在庫 
¥1,890 (外税)
【このリーズナブルなサセーティに首っ丈です・・ふんわりとしなやかでエキスがシミジミ美味い!・・それでいて実は「アタシ脱いだら凄いんです」!】
 え~・・イタリアのワインです。ヴァルポリチェッラ・クラシコですが・・こんなに可憐な色合いです。美しいでしょう・・?
 そうなんですよ。まるで、2013年のピノ・ノワールをグラスに注いだかのような、やや淡いルビーな色合いで、しかも全く「一面的に塗られたようなものでは無い」、深遠さを感じさせる見事な色合いです。
 味わいもですね・・ブラインドで出したら必ずどなたかは、
「ブルゴーニュ!」
と言ってくれるに違いない、僅かにワイルドなチェリーが主体、奥にベリーなニュアンスも有ってエキスがしっかり出て旨味が有りますんで、
「・・こりゃ、勘違いしてもしょうがない・・」
と言うレベルに仕上がっています。
「ホントにヴァルポリなの?」
と、エチケッタを見るまでは信じられないかもしれませんよ。
 それに、ちゃんとブルゴーニュ的に、後半は静かな「押し」を...


2014 Valpolicella Classico Superiore
ヴァルポリチェッラ・クラシコ・スペリオーレ

13526

赤 ミディアムボディ
イタリア
ヴェネト
モンテ・ダッローラ
750ML 在庫 
¥2,680 (外税)
【超エレガントなサセーティとは真逆のスタイル!本格的なヴァルポリチェッラは、懐の深いマリアージュを見せてくれます!】
 一目瞭然とはこのことですよね。ヴァルポリチェッラ・クラシコのサセーティとは、色合いの傾向すら・・違って見えるかと思います。
 色合いってすごく大事なんですよね。沢山の情報をくれます。やや暗く、サセーティよりもかなり濃く、しかしグラス越しの指はしっかり見える濃度・・です。
 ピュアなサセーティの味わいや香りは、ワインの素直な美味しさをストレートに伝えてくれます。しかしこちらはヴァルポリチェッラ・クラシコ・スペリオーレと、名前が長くなっているだけのことは有りますよ。とても高質で、複雑性に富み、濃密な味わいを感じさせてくれます。
 この複雑性がま~・・この位の価格のワインでは通常得られないようなものでして、もしかすると「リパッソ」しているかもしれませんね。リパッソと言うのは、アマローネなどの搾りかすが残る樽に発酵させたワインを入れ、再度発酵させたワインのことです。もしくはリパ...