ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.07.23 
Last Update 2021.07.23  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ユッタ・アンブロジッチ

ユッタ・アンブロジッチ

オーストリア Jutta Ambrositsch ウィーン
Jutta AmbrositschDomaine index -- Open All Column
● 皆様にオーストリアの新たな風をお届けしたいと思います。非常に小さな造りのオーストリアワインですが、驚くべき栽培方法を、あのビオディナミの提唱者である、「ルドルフ・シュタイナー」が生まれたオーストリアで行っています。

 時にビオディナミのワインは、それを実践する人間の崇高な意識から、「想像しえない結果」「好ましくない表情」を生んでしまいがちです。

 それはきっと、人間の身体にとっての影響は良い方に出るのかもしれません。でも、化学薬品に頼りたくないと言う自然を愛するがゆえに、余りに揮発酸が強過ぎた「飲みにくいワイン」「美しさを欠いた表情」になっている場合も有ります。

 このユッタ・アンブロジッチが造る伸びやかで、超高域まで美しく拡がる素直なアロマは、確実にワインファンの何パーセントかの支持者を得ることでしょう。抜栓した瞬間から立ち昇る美しいアロマに驚いていただきたいと思います。またそのアロマからは、

「非常に少ない酸化防止剤使用」

を感じていただけると思います。


 シャルドネばかりが白ワインの魅力を見せるものでもなく、重厚長大な味わいだけが白ワインの美味しさではないことに気付くはずです。


 その美味しさには、単に単一品種を丁寧に育て上げる手法も有りますし、それはその品種の持つ美味しさを感じさせてくれます。

 一方、例えばアルザスのマルセル・ダイスが、一人孤独に奮闘し、今や彼の代名詞ともなった、

「混植によるグラン・クリュ」

からも判りますが、ユッタ・アンブロジッチもまた、運命のいたずらか、「混植の畑」からワインをリリースできる幸運を得ました。


 我々飲み手としますと、その手塩にかけた単一品種の畑ものと、元より混植で沢山の品種が一同に植わっている「ゲミシュター・サッツ」と呼ばれる混植混醸ものの両方を味わえるということになり、

「薄いなぁ・・平板だし・・後口が寂しいよなぁ・・」

と言ったような、一般的な辛口オーストリアの白ワインに対するネガティヴなイメージを一新させてくれると感じています。


 基本的には一部を除き、残糖感・甘みが全く無い「超辛口」です。ほんのり甘みを残しました・・と言うような部分さえありませんし、「シュペート」表示のワインでさえ、

「・・ん・?・・甘く・・無い・・よね・・?」

と、周りの誰かの同意を得たくなるようなほどの、有るか無いかの甘みです。


 この超辛口で繊細な構造から、何十年もワインを飲み続けている猛者までをも、納得させてしまう酸の組み立て、構造、美しさを見せてくれます。

 あの素晴らしい「ガイヤーホフ」のワインとも、全く違う表情です。是非ともこのユッタ・アンブロジッチのどこまでも高域に伸びて行く美しいアロマを体験していただきたいと思います。




 2004年、ユッタ・アンブロジッチは著名な広告代理店でのグラフィック・デザイナーの地位を放棄し、ブドウ畑にすべてを捧げる道を選びました。Oberwart地区、Eisenbergにあるわずか127本の、オーストリアでは決してメジャーではないリースリング種。ここから彼女のワイン造りはスタートしたのです。

 ユッタは故郷であるブルゲンランドのウヴェ・シーファーに導かれ、ハンス・ニットナウスの元で研鑽を積みました。古い老舗の造り手が集まるウィーンの地で醸造所を持たない後発のユッタは、すべてのワインの根源であるブドウに愛情を注ぎます。夫であるマルコと共に、ひたむきに、従順に、誰の目にも明らかなほど懸命に働くことでウィーンの生産者達の信頼を掴みとっていきました。

 今日では、彼女は夫と共に、Sievering、Grinzing、Nussberg、Stammersdorfのドナウ川沿いの町に3ヘクタールの畑を所有しています。すべて有機栽培で畑の中で生まれたものを堆肥にする循環農法です。

 当然ながら収穫はすべて手作業、発酵に培養酵母は一切使いません。ワイン畑に加え、2008年からは400年前の建物で念願のブッシェンシャンク(併設型の居酒屋)も年に10~14度、週末に開いています。



■エージェント情報他

 この造り手の名前を知ったのは2009年ワイナート52号で鹿取みゆきさんが書いた記事でした。ワイン造りに新規参入する若者たちも登場している。そのひとり、ユッタ・アンブロスティッシュは現在34歳。彼女自らが畑に出て、ブドウを育てている。

 ビオディナミとビオロジック栽培を実施、醸造はヴィーニンガーに委託している。日本の若手新規生産者と似たような形態をウィーンで見つけたのは大変興味深かった。ただ大きく違うのは、樹齢50年の混植の畑を20年契約で借りることができていること。中には20種類のブドウが混植されている畑もあった。

 彼女のワインは04年初リリースだが、後述のクリナリウム7、ツム・シュヴァルツェン・カーメルなど、すでにウィーン市街のワインバーやレストランからの引き合いも強い。本人も、ガッツもハートもある魅力的な造り手だった。
(ワイナート52号より抜粋)


 ウィーンのみならずオーストリアのワインシーンで最も注目を集めている生産者の一人で、実際、彼女のワインが未だに輸出されていなかったことに驚きました。ワインを飲んだ瞬間、その驚きは大きな喜びに変わりました。このワインを皆様にお届けできることをとても嬉しく思っています。


2018 (Roter Gemischter Satz )Rakete
(ローター・ゲミシュター・サッツ・)ラケーテ

15153
自然派
赤 辛口
オーストリア
ウィーン
ユッタ・アンブロジッチ
750ML 在庫 
¥2,790 (外税)
【Shake resolutely、 Drink chilled!抜栓直後は、喉を一直線に目指す爽やかなベリー風味のビール風・・10分も経つと深みがしっかりピノ・ノワール風!これは滅茶美味しいです!】
 ようやっと入って来ましたアンブロジッチの「赤」です。2013年のブルゴーニュの赤ワインのような「淡い」色合いに、かすかに写り込んでいる「濁り」のようなものが見えるでしょうか。
 まぁ、清澄していないのでこのようになる訳ですが、この手の比較的安価な自然派ワインは、揮発酸がプンプンしてるか、酸が不足しているか、全体のバランスが良くないものが多いです。もっとも・・それは揮発酸を除けば自然派ワインに限らずでは有ります。
 良くありがちなのが、「飴」っぽい感じですね。べっこう飴とか・・。もうこれが有ると、
「・・嘘つき!」
と思ってしまいますが、本当に多いですよ。そして中身が無くてペラペラです。色合いも一面的で、見るからに美味しく無さそう・・。まだまだそんなのが多く出回っています。
 感性豊かで素晴らしいワインを造るアンブロジッチだとは言え、オーストリアの赤ですから・...


2017 Gemischter Satz Furchtegott
ゲミシュター・サッツ・フルシュテゴート

14536
自然派
白 辛口
オーストリア
ウィーン
ユッタ・アンブロジッチ
750ML 在庫 
¥6,450 (外税)
【2017年はフルシュテゴートも物凄いです!】
 美味しいですね~・・実は、このキュヴェは昨年にもう届いておりました。飲んでみたらもう・・ビックリ!余りの美味しさにずっこける程でした。
 ですが、何故かそのままになってしまいまして・・そうだ、ご紹介しなければ・・と言うことで、ようやく日の目を浴びることになったんですね。
 なので、今回はこのフルシュテゴート、2本も開けてしまっています。写真は2本目・・です。
 いや~・・綺麗でしょう?・・何とも言えない美しい色合いです。通常、このような透明瓶に入れてしまうと・・チープな感じになってしまうんですが、存在感のある色合いがそれを許していません。
 こちらはユッタ・アンブロジッチの最高峰の一つです。前回入荷分はヴェルシュリースリングのみで仕上げていましたが、2017年ものはリースリング、ツィアファンドラー、ヴェルシュリースリングを一緒に植えた畑のようです。
 そして...


2017 Gemischter Satz Reserviert
ゲミシュター・サッツ・レゼルヴィエルト

15154
自然派
白 辛口
オーストリア
ウィーン
ユッタ・アンブロジッチ
750ML 在庫 
¥5,680 (外税)
【ユッタ・アンブロジッチの最高峰はレゼアヴェからレゼルヴィエルトへ名称変更?・・この辺りも大変革が起きているオーストリアのワイン事情が有りそうです!】
 見事なまでにブリッブリに熟した葡萄をワインに昇華出来たに違いないと思わせられるようなユッタ・アンブロジッチのゲミシュター・サッツ、トップ・クラスのレゼルヴィエルトです。
 2016年ものは「レゼアヴェ」と言う名前でした。エチケットはそのレゼアヴェのものとソックリですが、微妙に名前が異なっています。
 レゼルヴィエルトはリザベーションと言う意味のようですので、意味合いは同じ、母国語にあやかったのかと思いますが、採れた畑も異なるようで、
「予約すべき最高のワイン」
と言う意味合いじゃないかと想像しています。
 また、ゲミシュター・サッツ(混植)がオーストリアワインの世界を変革し始めているようで、ゲミシュター・サッツの規格そのものもしょっちゅう変わる・・つまり、畑毎に仕込んだらこの名前、ブレンドしたらこっちの名前、また、これをやったらゲミシュター・サッツは名乗れな...


2017 Gemischter Satz Kosmopolit
ゲミシュター・サッツ・コスモポリート

15151
自然派
白 辛口
オーストリア
ウィーン
ユッタ・アンブロジッチ
750ML 在庫 
¥2,490 (外税)
【ゲミシュター・サッツによる複雑、かつ、はち切れんばかりの膨張感ある酸の美味しさ!2017年ものはリアリティ溢れる果実感も上です。】
 全域に美味しさの溢れる、非常にドライな白ワインです。ゲミシュター・サッツ(混植)で造られる、極めて珍しい白ワインです。
 ユッタ・アンブロジッチのゲミシュター・サッツの白ワイン全てに言えることでも有るのですが、
「ドライだからと言って、薄辛い面はゼロ。見事に美しい果実酸が真ん丸なパレットを描く!」
ので、相当に高いポテンシャルだと感じさせてくれるんですね。
 ベースのゲミシュター・サッツで有りながらも、それは全く変わりません。
 ドイツのモーゼルのような厳しい酸の強さ、やや尖った刺すような酸では無く、量はしっかりありながらも、接触面は綺麗に丸められています。とても滑らかなんですね。
 ハキハキしているのに乱暴者では無い・・しっかり落ち着いてちゃんとこなしてくれる優等生でありつつ、ちゃんと自己主張をしています。
 オーストリアの白ワインも、このとこ...


2017 Gemischter Satz Satellit
ゲミシュター・サッツ・サテリート

15152
自然派
白 辛口
オーストリア
ウィーン
ユッタ・アンブロジッチ
750ML 在庫 
¥2,950 (外税)
【コスモポリートで充分旨いですが、繊細な表情はサテリートが上!伸びやかさと酸の美味しさ、エキスの美味しさをお楽しみください。】
 この美しい色合いをご覧くださいませ。僅かに緑色の入った美しいレモン色、レモンの肌の色と言うか、柑橘の肌の色か・・
 果実感がバッチリありながらも非常に伸びやかです。そして高域に伸びて行きながら、繊細な表情をその各々のベクトルの終端で見せてくれます。
 ユッタ・アンブロジッチはヴィニュロンです。ビオ、ビオロジックでゲミシュター・サッツの畑を栽培しています。
 そして今、そのゲミシュター・サッツは、オーストリアのワインの核となろうとしているようです。
 しかし彼女は自分で醸造はせず、葡萄を育むことに精を出し、あとは仲間に自分の葡萄を委託するんですね。
 委託醸造と言うのは非常に難しいことです。どこまでが自分の仕事で、委託先の仕事はどこまでか。託された葡萄は託した本人の希望に沿うワインに仕上がっているのか?
 細かいことは判りませんが、どうでしょう・・単に「...


2015 Welschriesling Furchtegot
ヴェルシュリースリング・フルシュテゴート

13504
自然派
白 辛口
オーストリア
ウィーン
ユッタ・アンブロジッチ
750ML 在庫 
¥6,550 (外税)
【これは凄い・・太さが半端ないです!しかも高域までどこまでも伸びて行きます!】
 ヴェルシュリースリング種による単一品種ワインです。ゲミシュター・サッツのワインでは有りません。しかしユッタの最高峰のキュヴェです。
 この色・・凄いですね。少し赤くないですか・・?かなり遅くまで熟させたような感じなのかもしれませんが、美しい伸びやかな酸がたっぷり有り、また非常に太いです。
 また、このワインに限り、腰高さは全く感じません。それと同時に過分な重さも有りません。素晴らしいバランスを持っていると感じました。
 エージェントさんはムルソーのような・・と言っておりましたが、どうでしょう・・。ミネラリティがかなり違うように思います。ブルゴーニュを多く販売する者にとっては、安易には言えないかな・・とは思いますが、クラスとしての白ワインの表現であれば充分に妥当です。
 そしてこのフルシュテゴードはユッタのワインの中では最重量級です。しかも感じられるフルーツ等の表情...


2016 Riesling Rosengartel
リースリング・ローゼンガルテル

13508
自然派
白 辛口
オーストリア
ウィーン
ユッタ・アンブロジッチ
750ML 在庫 
¥5,700 (外税)
【・・どう表現したら良いんだろう・・と、とても悩みました。しかしポテンシャルの凄さをヒシヒシと感じます。まるで怪物くんです。】
 ユッタのワインを10アイテム飲み、それぞれに、
「なるほどなぁ・・じゃぁ、こんな感じに書こうかな・・」
と言うようなイメージを持って、各コラムを書いています。いつもの事ですが、
「・・わしゃ物書きか!」
と思いながら、どうしようもなく他愛も無く罪深い駄文を考えてキーボードを打つのに時間を浪費している訳です。
 でも、味わいにはたっぷり納得しながら、何と表現したら良いものか・・と悩まされたのがこの・・「リースリング・ローゼンガルテル」です。しかもこれ、
「ユッタのトップワインのひとつ」
なんですよ。
 それをうまい表現が見当たらないって言うんですからね。本当にワイン屋泣かせです。
 だって、
「普通に有るそこらのリースリングじゃ無いオーラが出まくっている」
んですから・・。
 例えばドイツのリースリングのように、細いパ...


2016 Gruner Veltliner Reisenberg
グリューナー・ヴェルトリーナー・ライゼンベアク

13506
自然派
白 辛口
オーストリア
ウィーン
ユッタ・アンブロジッチ
750ML 在庫 
¥4,880 (外税)
【是非ガイヤーホフの グリューナー・ヴェルトリーナーと比べてみてください!方向性は違うものの、このドライでピュアで繊細な表情は最高!】
 ガイヤーホフのワインに出会ったときはビックリしましたね~。
「オーストリアワインでこんなに凄いのが有るんだ!」
と、目から鱗が落ちるような・・いや、目玉が飛び出るような驚きでした。
 実際、非常に美味しいですし、下級のローゼンベルクでも充分!・・と思わされてしまう完成度の高さを感じました。
 自然派ワインたる伸びの良さ、薫りのスピードの速さを持ち、ディテールの美しさを感じさせてくれました。
 でも、敢えて言えば、それは、
「ユッタの造るワインとは方向性が違う」
と言えます。
 やはり、ガイヤーホフの素晴らしいワインは、世界基準を見ている・・もしくは基準がフレンチだ・・と言う点です。ユッタのワインはそうでは無い。オーストリアの畑を見ている・・その上で、それをリリースしているだけ・・なのかなと。
 ユッタのグリューナーは全く甘く無いです。...


2016 Ein Liter Wien
アイン・リター・ヴィエン

13505
自然派
白 辛口
オーストリア
ウィーン
ユッタ・アンブロジッチ
1000ML 在庫 
¥2,620 (外税)
【様々なキュヴェをブレンドした、普段飲み用のリッターワインです!決して初心者向きだとは言えませんけど!】
 結局エージェントさんに良いように騙されて、日本に入って来た「ユッタ・アンブロジッチ」のキュヴェ全て、10本をも開ける羽目になったnoisy ですが、実際のところは非常に楽しい時間を過ごさせていただきました。
 ピュアで自然で美味しい、まだ見ぬ世界へ足を踏み入れ、ひとつひとつ自身で確認出来ると言うのは醍醐味でも有ります。
 しかしながらその世界が、素晴らしい世界なのか、どうしようもない世界なのかは体験してみないと判らない訳ですし、一歩、二歩、三歩と足を進めて行くうちに、
「・・や~めた。詰まらないから元の世界に戻ろう!」
と言うことだってあるんですね。今まで散々経験してきたように。
 でも、ユッタのワインは、決してそうはさせませんでした。とても面白い、楽しい、美味しい世界だったんです。
 この「アイン・リター・ヴィエン」は、そんなユッタのワインの「普段飲...


2016 Bilateral Gemischter Satz Kosmopolit
ビラテル・ゲミシュター・サッツ・コスモポリート

13499
自然派
白 辛口
オーストリア
ウィーン
ユッタ・アンブロジッチ
750ML 在庫 
¥2,380 (外税)
【ゲミシュター・サッツ!是非ともこの言葉、覚えてください。混植混醸がもたらす太い味わい!惚れ惚れとしてしまいます!】
 まぁ、「太い味わい」が有ると言いうことは、「細い味わい」も有ります。
 オーストリアの白ワインに対するイメージは・・もちろん人それぞれでは有りますが、一般的に、
「少しシャバい(薄い)」
「芯が細い感じ?」
「集中してない」
 のような、少しネガティヴに表現されるものが多いと思います。
 まずユッタのワインに共通することを上げますと、
1.滅茶苦茶ピュア
2.滅茶苦茶ドライ(ごく一部例外有り)
3.普通のオーストリアワインのようなシャバさ無し
4.So2の使用量が滅茶少ない
です。この時点でもう・・かなり違うと思うんですね。
 しかしながら、これもごく一部の品種やワインを例外とさせていただきますが、オーストリアのワインは総じて、
「軽い」
です。
 重心が高い位置に有る・・と言っても良いかもしれませ...


2016 Kahlenberger Gemischter Satz Satellit
カーレンベルガー・ゲミシュター・サッツ・サテリート

13500
自然派
白 辛口
オーストリア
ウィーン
ユッタ・アンブロジッチ
750ML 在庫 
¥2,790 (外税)
【超ドライ!爽快です!この腰高のバランスがこれからの暑い季節にピッタリです!】
 これ、旨いですね。非常にピュアです。そしてものの見事なくらいのドライで、ここまで残糖感が無いと気持ち良いです。他の白ワインの甘みが気に成って来てしまいます。
 色合いは洋ナシ色・・と言うのが良いかどうかわかりませんが、ピュアなフルーツの色彩をしています。こちらもゲミシュター・サッツですので、
「ド太い芯の有る味わい」
です。
 単純では有りますが、より価格の安いコスモポリートよりも味幅が太く、やや重心が低いように思います。とはいってもフレンチのシャルドネのようなドシッと安定した重みのあるものでは有りません。
 また、一般のオーストリアワインのようなシャバさは無く、たっぷりとしています。洋ナシやレモンと言ったフルーツ感、柑橘系フルーツ感も有りますが、より繊細なフラワリーさの方が現在は強いようです。時間と共にさらに膨らみ、超高域への伸びが凄いです!もちろんですが...


2016 Gemischter Satz Satellit
ゲミシュター・サッツ・グロッケントゥルム

13501
自然派
白 辛口
オーストリア
ウィーン
ユッタ・アンブロジッチ
750ML 在庫 
¥3,650 (外税)
【とても涼やかです!しかも硬い石灰のようなミネラリティがふんだんに感じられます。】
 ゲミシュター・サッツのワインです。これはやや硬質ですね。その硬さが解れてくると膨らみと涼しさが出てくる・・と言うようなニュアンスです。
 勿論ですが、ユッタのワインに共通の「太さ」は、一般のオーストリアワインには無いものですし、より下級のゲミシュター・サッツを飲んだ時は、
「・・いや、これで充分でしょ」
と感じさせられたものの、上を飲むと・・
「・・いや、参ったな・・こりゃ」
と感じずにはいられません。
 このグロッケントゥルムもとてもド太い芯を感じる超ドライな腰高バランスの白ワインです。どこまでもピュア、そしてそれがどこまでも天高く伸びて行くような感じがします。フルーツ感は繊細で、徐々に膨らみを見せてくれますので、おそらくまだ若いのでしょうが、このバランスでも充分に美味しいと思ってしまいます。
 ミネラル感だけを言えば、コルトン=シャルルマーニ...


2016 Gemischter Satz Sieveringer Ringelspiel
ゲミシュター・サッツ・シーヴェリンガー・リンゲルシュピール

13502
自然派
白 辛口
オーストリア
ウィーン
ユッタ・アンブロジッチ
750ML 在庫 
¥4,050 (外税)
【さすがにレゼアヴェには及ばないが、古木由来の深い構造からの超高域に伸びて行く美しいアロマを堪能できます!!】
 圧巻のフルーツ感を見せる、デープリンガー・ゲミシュター・サッツ・レゼアヴェ にはやはり及ばないものの、
「結構近いものを感じる素晴らしいゲミシュター・サッツ!」
です。
 やはり古木の良さが出ているんでしょうが、それが判るんですよね。この、何とも言えない「洋ナシ」のようなピンク掛かった色合い、どうでしょう?美しいと思えるでしょうか。見たことの無い感じの色合いじゃないかと思うんですよね。
 So2を使用しないで付いた酸化の色合いでは無いですよね?さりとて、スキン・コンタクト、もしくは長期マセレーションによるものでも無さそうです。こんな感じの中間色系は、ユッタのゲミシュター・サッツにはほぼ共通しているように感じます。
 そして決して重くは無く、軽快さを失わない美しいワインなんですが、
「低域の・・と言うより、縦方向の深い構造はかなり感じる」
味わいで...


2016 Doblinger Gemischter Satz Reserve
デープリンガー・ゲミシュター・サッツ・レゼアヴェ

13507
自然派
白 辛口
オーストリア
ウィーン
ユッタ・アンブロジッチ
750ML 在庫 
¥5,700 (外税)
【今までにこんなことは体験したことは無いでしょう。「フルーティ」とはこのようなワインに対してのみ使われるべき言葉です!凄い!】
 どこの馬の骨かも判らないような白ワインに、こんなに高価なプライスを付けてお勧めしたところで、お客様の興味を引くことができるのだろうか・・と言うような不安は無い訳では有りません。
 しかしながら、ここまでピュアで、しかも甘みなど全く感じられないエクストラ・ドライな味わいを、ものの見事な構成の酸バランスで表現した、
「有り得ないフルーツ感!」
の美味しい白ワインを、お勧めしない訳には行きません。
 おそらくnoisy も含め、皆さんも、「フルーティ」の意味を間違って捉えていた・・と言いたくなるほど、ものの見事に「フルーティ」なんです。
 アロマティックさは溢れんばかり、プックリと膨れた生きの良いフルーツのアロマの漂いが、部屋に感じられます。そのディテールの美しさは何と表現したら良いのか・・、非常に難しいです。
 しかし、今まで余り「フルーティです」と言うよ...


2015 Himmelfarht Spate
ヒンメルファルト・シュペート

13503
自然派
白 辛口
オーストリア
ニーダーエステライヒ
テルメンレギオン
ユッタ・アンブロジッチ
750ML 在庫 
¥3,380 (外税)
【遅摘みなので甘いです・・と言いたいところですが辛口です!・・このバランスも何とも言えず旨いです!オーストリアの伝説的希少品種ブレンド白ワインです!】
 これはシュペートと書いて有りますんで「遅摘み」ですが、甘くは無い・・甘いか?・・いや、辛すぎないってだけかな?・・と言うような感じで、結局は辛口だと判断しました。
「・・甘い白ワインください!」
と言っていらした方に販売したら、間違いなくクレーム対象になってしまいます。
 むしろ、ユッタのワインは、
「超絶に辛口。それでいてディテールが非常に美しい!」
ですから、
「普通の辛口位のレベル」
と思っていただいて良いと思います。甘さに敏感な方が、
「もしかしたらちょっと甘いかも・・」
と感じるくらいかと思います。
 その上で、このワインはオーストリアの希少品種であるツィアファンドラー(シュペートロート)とロートギプフラーによる伝説的なブレンドワインなんですね。でもこちらはゲミシュター・サッツではなく、伝統的な製法で仕込まれたようです...