ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.09.21  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・バシュレ=モノ

フランス Domaine Bachelet-Monnot ブルゴーニュ
Domaine Bachelet-MonnotDomaine index -- Open All Column
● 2018年のバシュレ=モノをご案内させていただきます。お待ちになられていた方も多いかと思います。何せリーズナブルですし、質感はトップクラスに引けを取らないレベルにまで来ていますし、若くてさらなる成長も毎年見せていますし、何より、

「バシュレ=モノらしいフレッシュで大柄なブルゴーニュワイン!」

を見せてくれますから、楽しみは増しこそすれ減ることが無いんですね。


 noisy も、2018年ものにつきましても出来うる限りのテイスティングをさせていただきました。結果、

「飲めなかったのはバタール=モンラッシェだけ」

です。これはもう・・2本しか入らないのでどうしようもないキュヴェです。


 しかしながら、2018年もののバシュレ=モノを11アイテムテイスティングさせていただいて判るのは、

「すべてのキュヴェが同じ方向を向いている」

ことですから、

「ピュリニー=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・フォラティエールの素晴らしさが全てを語っている!」

と言うことになるでしょう。


 いや~もう・・これはいけないですよ。旨すぎる・・(^^;; もう、飲むには若くて早過ぎるのは誰の目にも明らかでは有りますが、

「今飲んでも感動ものの美味しさ!・・次から次へとエンドレスにグラスを口に運んでしまう!」

ことを保証します・・。


 勿論ですが、そのすぐ下のレ・ルフェールも凄いですよ。パカレも同じキュヴェを造っている(いた?)んですが、すんなり超えて来ているとさえ感じます。

 そしてピュリニー村名、シャサーニュ村名も絶好調で大柄な味わいを見せてくれますし、ムルソー1級・クロ・デュ・クロマンとマランジュ1級・フシェールも、今飲んでも最高に旨いです。

 皆さんも気になっているに違いないサン=トーバン1級アン・ルミイィはミネラリティが凄過ぎて、今は少し硬いです。そしてA.C.ブルゴーニュ白は、それらのベースになっている要素をリーズナブルに、そして同じライン上での美味しさを感じさせてくれる佳酒でした。


 赤も美味しかったです。ラミーのものとはまた異なる感覚のピノ・ノワールで、クラシカルながらも適度に凝縮し、果実感も充実、味わいの幅の広さと僅かに残るフレッシュ感が、バシュレ・モノの真骨頂でしょう。マランジュ、A.C.ブル赤共にお勧めです。


 バシュレ=モノらしさ・・要素の多様さと味わいの幅の大きさですね。多くのブルゴーニュワインはマロラクティックで全てをまろやかにしてしまいますが、バシュレ=モノはきちんと・・元の残像を残していると感じます。残した上でまろやかにしている・・とも言えるかもしれませんが、このような造り手は他にいないのでは?・・とさえ感じます。

 言ってみれば、ルフレーヴとラフォンの中間・・でしょうか。

 素晴らしい2018年ものでした。是非飲んでみて下さい。お勧めします!

-----
 2017年のバシュレ=モノが入って来ました。2017年ものはサン=トーバン村の産は天候の性で非常に少ないようです。

 昨年まではそこそこに数量を押さえることが可能だったんですが、人気も高くなってきている性でしょうか、入荷数は激減です。インポーターさんの話しによると「5ケースしかない」キュヴェが結構あるようです。

 そんな中、2016年ものと同様とまでには行きませんでしたが、かなりのアイテムをテイスティングさせていただきました。そしてある確信を持ちました。

「1990年台のドメーヌ・ラモネよりも素晴らしい!」

 まぁ、言ってしまえば、その頃はラモネのサン=トーバンなどは4千円もしないで買えたわけです。余り見向きもされないワインでした。

 しかし、例えば1994年のサン=トーバンなどは・・滅茶美味しかったです・・。何よりリーズナブルですし、何より・・ラモネですから・・。

 そして、ラモネもシャサーニュの造り手です。シャサーニュの1級は濃度も有り、複雑性も高く美味しいワインです。でも、リリース直後は硬くて飲めなかったなぁ・・などと思い返しますと、2017年のバシュレ=モノのシャサーニュと1990年台のラモネのシャサーニュを天秤に掛け、どっちを選ぶか?・・と言われれば、

「・・バシュレ・モノの方が旨いしリーズナブル!」

と言ってしまうと思います。


 4~5年前までは、強めのバリックの風味が少し浮き、マロしきれなかったか、コントロールしたかは判りませんが、通常のマロよりも「リンゴ酸」を多く残す造りが、フレッシュさと快活さを強めに感じさせるものの、それさえも少し違和感としてとらえていたようにも思います。

 しかし、もう2017年ものを飲んで、そこを突いてくる方はいらっしゃらないでしょう。ムルソーのクロ・デュ・クロマンなど・・滅茶苦茶旨いですよ・・。感性の世界です。ヴォルネイに近いクロ・デュ・クロマン(あの一時を風靡したル・プレ・ド・マンシュの真下ですから)ですが、この村の北の粘土質が顔を出すムルソーにおいて、

「これ以上のムルソーは無い!」

と言っても大げさでは無いでしょう。


 そして、村名シャサーニュも、村名ピュリニーも非常に美味しいです。シャサーニュを飲むとラモネを思い出します。めっちゃ似てます・・。そして、ラモネより凝縮していてバランス良く見事だと感じてしまいました。

 レジョナルも美味しいです。ピノはヴォルネイを少々しっかりさせたような部分と、シャキッとさせた部分が両立して存在し、それが見事にはまっていますし、シャルドネはMWのジャスパー・モリスさんも激賞しているのが理解できほど、見事な出来栄えです。


 数年前までは確かに・・リキミのあるワインたちでした。しかしここ2017年に至り、トップ生産者の仲間入りを果たしたと言って良いと思います。是非ご検討いただけましたら幸いです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2016年のバシュレ=モノが到着です。残念ながらラ・ロマネ、アモー・デュ・ブラニーのリリースは無かったようです。しかしながら、リリースされたキュヴェはどれも素晴らしい出来・・・のようです。

 バタール、レ・フォラティエール、レ・ルフェール、ムルソー1級は・・残念ながら飲めませんでしたが、ACブル赤も含め、2016年のネガティヴなイメージは全く感じられない出来でした。

 ただし2016年ものは非常に数が無いです。是非お早めにご検討くださいませ。



 2015年のバシュレ=モノのフルラインナップが到着です。最初に言っておきます。2015年のバシュレ=モノのシャルドネは滅茶苦茶濃密です!ミネラリティも膨大!・・ビックリすると思います!

 noisy も2011年から注目し続け、素晴らしい2013年ものをテイスティングしてから・・

「・・2014年に品質も人気も爆発するかも・・しれない・・」

と感じていました。

 しかしながら noisy の思いとは裏腹に、2013年バシュレ=モノの売れ行きは今ひとつでした。・・まぁ、日頃の忙しさと他にもテイスティングしなくてはならないアイテムの多さ、また、それ故に仕入れ出来る数量の少なさから、

「新着情報発行時のバシュレ=モノのテイスティング量の少なさ」

から、

「どれほど良いと判断していても、それをお客様にちゃんと伝えられなかった。」

と言う後悔が有ったのは事実です。


 例えば、バシュレ=モノの2013年、2014年を飲めば、バシュレ=モノが、今どんなクラスのワインを造っているのかが理解出来ます。ブルゴーニュ・シャルドネの大御所たちに完全に並び、いつ抜こうか、抜けるか・・と言うポジションです。

 それは海外の評論家さんたちも理解していると見え、例えば彼らのトップ・キュヴェであるバタール=モンラッシェ2014をアドヴォケイトは94~96Points、タンザーさんは92~95Pointsと評価しつつ、あの自然派シャルドネの事実上のトップ、ドメーヌ・ルフレーヴのバタール=モンラッシェ2014をアドヴォケイトは90~92Points、タンザーさんは93~95Points と評価しています。

 アドヴォケイトは明らかにバシュレ=モノに軍配を上げ、タンザーさんはほぼ同格と見ているようです。

 同様にピュリニー・フォラティエール2014年もバシュレ=モノにアドヴォケイトは93~95Pointsタンザーさんは92~94Pointsとクラスでトップの評価をしています。

 もうすでに大御所たちに並んでいると言え、しかもまだ成長をしていることが、2013年と2014年のバシュレ=モノのワインから伝わってきます。


 ですので、2015年バシュレ=モノは採算度外視で・・、ほぼ全部のアイテムのテイスティングを実行することにしました。・・ただしすみません、上記に記載の凄いバタール=モンラッシェのみは、「まだ」テイスティング出来てはいません。

 追加がほぼ出来ないブルゴーニュの小さな生産者ですので、営業的にはかなり厳しいのですが、

「ユベール・ラミーと共にボーヌ・シャルドネのトップになりうる若いドメーヌ、それがバシュレ=モノ」

と判断することが出来ました。

 しかもまだ価格はリーズナブルです。フォラティエールでさえこのプライスですから・・


 素晴らしい2015年になりました。是非ともご検討いただきご購入していただきたいと強く思っています。ではどうぞよろしくお願いします。


グリーン掛かった素晴らしい色合いのマランジュ・フシェールとゴールドが実に美しいサン=トーバン・アン・ルミイィ


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブルゴーニュ・シャルドネの新時代を開くに違いない・・きっとそうだ・・と、思えるような若い世代の造り手、バシュレ=モノをご紹介します。前評判は高かったのですが、中々テイスティングの機会が無く、スルーしていましたが、

「感性が素晴らしい!」

と思える味わいで、これはお奨めしなければと・・思った次第です!

 細かいテクニカルなどはいずれ・・・書こうと思っていますが、余り資料が無く、

1.自然派的なアプローチの農法だがビオではなさそうだ-->ピュアだがビオ的な香りはほぼ無い
2.ある意味古い造りと新しい感性のマリアージュ?-->その辺りがピュアさの理由?

 味わいはきっと気に入っていただけると・・思います。そしてプライスも頑張ってます!かなりお買い得!ですが、決して品質が劣るわけでは有りません。是非飲んでみて欲しい!一推しです! 

Domaine Bachelet-Monnot / ドメーヌ・バシュレ=モノ

“If you have not discovered them yet now is the time.”Neal Martin The Wine Advocate

“もし、あなたが未だバシュレ=モノを知らなかったならば、今が知るべきその時なのです”

 ドメーヌ・バシュレ=モノは、コート・ド・ボーヌの南、マランジュのデジーズ村にあります。

 このドメーヌは、2005年1月、当時20代の若さであったマルクとアレクサンドル兄弟の2人が祖父や父のワイン造りを引き継ぐという形で設立されました。
マルクとアレクサンドルは醸造の学校を卒業した後、フランスや海外でもワイン造りの経験を積んできました。
 実績のない若いバシュレ兄弟ですが、友人であるヴァンサン・ダンセールやオリヴィエ・ラミーといった新世代のライジングスター達から大きな刺激と導きを得たことは想像に難くありません。

 Bourgogne Aujourd’hui誌やRuvue de Vins de Franceといった現地メディアはもちろん、InternationalWine Cellar誌といった国際的なワインのメディアで輝かしい称賛を受けたバシュレ兄弟。かつて“未来を継ぐ新しい造り手”と呼ばれた兄弟は今もなお、高い品質を追求しています。


 バシュレ兄弟が本拠を構えるマランジュから、サントネ、ピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェ、そしてグラン・クリュとなるバタール・モンラッシェを含む畑は、現在では23ヘクタールの畑を手掛けています。
彼らは畑のもつ力を最大限に生かすことが、より良いワインを造る近道だと確信しています。

 日々、土壌に非常に注意深い作業を施し、ぶどうの木を健全に保つよう、見守っています。除草剤は一切使わず、ブドウの根が奥深くまで伸びるように丁寧に手入れをしています。収穫は全て手摘みで行い、その後、空気圧式圧搾機で時間をかけてゆっくり果汁を搾ります。その後、アペラシオンによって新樽の比率を変えながら、12~18ヶ月熟成します。この熟成を経て、ワインはフレッシュ感と複雑性を備えた洗練されたワインとなります。現在ではブルゴーニュ伝統の228リットル樽からドゥミ=ミュイと呼ばれる350~500リットルの樽の割合を増やし、より緻密で純粋な果実味とテロワールの表現を志しています。


2018 Bourgogne Rouge
ブルゴーニュ・ルージュ

15384
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥3,290 (外税)
【美味しいブルゴーニュ・ピノ・ノワールの見本・・みたいな出来です!】
 そもそもバシュレ=モノのワインに残糖感など感じたことはまず・・無いと思います。白も赤も・・です。勿論ですが計測しますと、どんなにドライに仕上がっていたとしても喰い切れなかった糖分が僅かに検出されるんですけどね。でも全く甘く無い・・見事にドライな味筋です。
 このところは随分とナチュラルさも出て来たように感じるようになったバシュレ=モノのピノ・ノワールですが、So2の少なさか、醸造由来か、それとも畑の仕立て由来か?・・は、判断の難しいところでは有りますが、危険性を感じないナチュラル感は、飲んでいても楽しいですし、飲み終えてからも身体が非常に楽です。
 何より・・味わいも見事でして、やはり村を超えてセパージュした設計通りの味わいがそれを可能にしているのかもしれません。
 ふんわりと柔らかなアロマにはチェリーのノート、石灰、スパイス、中程度のボディにふっくらとした膨らみ、フレ...



2018 Maranges Rouge Vieilles Vignes
マランジュ・ルージュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ

15385
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
マランジュ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥3,890 (外税)
【マランジュのピノ・ノワールの将来性を知ることが出来る1本です!】
 これは困った・・何も情報が無い・・エージェントさんは資料も送ってくれないし、マランジュ1級赤の評価は散見されるものの、村名V.V.は全く出てこない・・しかも、マランジュ1級赤は、目を疑うかのような凄い評価・・・しかも、このマランジュ村名V.V.も相当美味しい・・どうしよう・・
 まぁ、エージェントさんもサン=トーバン・アン・ルミイィの畑はヴォルネイ寄りのムルソー北側に在り・・なんて資料を平気で送って来てますから、頭から信じてしまうと色々問題も起きてしまいますし・・
 困ったので何も書かない・・と言う訳には行かないのがワイン屋の辛いところですが、飲んでいれば少なくとも美味しいとか、好みに合わないとかは判る訳でして、20年前までは造り手関係の資料など、全く手に入らないのが普通でしたから、自分の思うところを何とか言葉にして伝えようとして来て今が有るんですね。
 なので・・思い...



2018 Bourgogne Blanc
ブルゴーニュ・ブラン

15374
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥3,480 (外税)
【2018年ものA.C.ブル・ブランは非常にポテンシャル高いです!何故か人より低い評価点のアラン・メドゥズさんが90ポイント、付けてます!】
「Outstanding Sweet Spot!!」
 だそうです・・。これはアラン・メドゥズさん、バーガウンドですね。なるほど・・スウィート・スポットとスウィートが掛かっているのかな?・・ちょっと良くは判りませんが。
 アラン・メドゥズさんとヴィノスの誰かさんは87~89ポイントで同ポイントの評価点でした。これは本人たちは相当に高い評価をしたつもりの点なのでしょう。実際にはちゃんと飲んで点を付けたとしても、評価点は掲載しないのが・・A.C.ブルクラスに見られますしね。なので、相当に良いと思われた・・だけど、実際に点を高くしてしまうと、他のキュヴェとのバランスが取れなくなる恐れがある・・ので、言葉の方で調整したのかもしれませんね。・・いや~・・穿った見方をしてまして・・すみません。ライバル意識でもあるのかな?
 非常にポテンシャル高いです。バシュレ=モノらしい、見事に大柄...



2018 Santenay Blanc
サントネ・ブラン

15375
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
サントネ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥4,390 (外税)
【なんとヴィノスは2018年サントネ・ブランに90ポイントも!・・2017年ものはムルソー風でしたが、2018年はシャサーニュ風にランクアップ??】
 美味しいです!・・バシュレ=モノらしい、すがすがしさが口内を押し広げるかのように入って来ます。そして、ほんのり滑らかでわずかなオイリーさと細やかな石灰、白いフルーツや柑橘フルーツ、瑞々しさが膨らみます。
 2017年ものはオイリーさがもっと在ったように思いますが、2018年ものはそこはやや穏やかで、代わりにリアルなフルーツ感が増えた様に思います。
 コート=ドールの南端はマランジュですが、その北がサントネでして、さらにその北がシャサーニュになります。サントネはシャサーニュ同様の地層が出ている畑が散見されるそうですので、味わいも似たようなニュアンスなるのかもしれません。以前は力のある生産者が育っていなかった性も在るのでしょうが、
「90ポイント!」
などと付くようなワインは、まず在りませんでしたし、何よりメディアのテイスターが余り行かなかったことも、知名度に欠ける存...



2018 Maranges 1er Cru la Fussiere Blanc
マランジュ・プルミエ・クリュ・ラ・フシェール・ブラン

15376
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
マランジュ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥4,990 (外税)
【コート=ドールの南端の奇跡のシャルドネです!】
 まぁ・・ブルゴーニュファンがマランジュと聞いて良い顔が出来るのは、この「バシュレ=モノ」を知る人だけじゃないか?・・なんて思ってしまいます。それほどのポテンシャルと味わいと価格がミスマッチなアペラシオンはありません。
 それに・・このレ・フシェールのコラムをご覧の皆さま、赤のコラムも是非ご覧くださいね。ニール・マーティンさんは、
「This comes highly recommended!」
と言いつつ、90~92ポイントも付けちゃってます。あの、人より低いポイントを付けるのが趣味なんじゃないのかな?と思えるようなアラン・メドゥズさんだって、赤のマランジュに89~91ポイントも付けちゃってますから・・はい。いや、あくまでそれはピノの話ですけどね。
 で、この美しい淡い緑を取り込んだ黄色の素晴らしいレ・フシェールですが、非常に美味しいです。タイトさも有りますが柔ら...



2018 Saint-Aubin 1er Cru en Remilly
サン=トーバン・プルミエ・クリュ・アン・ルミイィ

15377
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
サン=トーバン
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥6,450 (外税)
【世の中で最もリーズナブルで、最も評価の高いサン=トーバンがこのバシュレ=モノのアン・ルミイィです!マンモス級のミネラリティに出会えます!】
 noisy のお客様にはもう、確実な知名度を誇る「サン=トーバン1級アン・ルミイィ」です。
 でも・・
「世の中で最もリーズナブルで、最も評価の高いサン=トーバンがこのバシュレ=モノのアン・ルミイィです!・・って、ユベール・ラミーのことじゃないの?」
 ・・まぁ、そうとも言えなくはないんですが、価格はやはりバシュレ=モノの方がリーズナブルなんですよ。
 写真が余り上手く撮れてはいないんですが、非常に美しいゴールドな色合いです。ミネラリティも物凄く、目にも見えるんじゃないかと思えるほどです。
 因みに、ニール・マーティンさんは91~93ポイント、ジャスパー・モリスさんは90~93ポイントです。例のごとく、アラン・メドゥズさんはそこから1ポイントマイナスしていただくとピッタリになります(90~92)。
 で、この6千円代の価格ですから・・はい、前述の件はバ...



2018 Chassagne-Montrachet
シャサーニュ=モンラッシェ

15378
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥6,850 (外税)
【アラン・メドゥズは89~92ポイント!「・・一体、どうしちゃったの?」と思えるほどの高評価!・・白いフルーツ主体に輝く黄色のフルーツ!美味しいです!】
「Burghound Outstanding Top Value!!」
って書いてありましたよ。よっぽど気に入っちゃったんでしょうね・・メドゥズさん。
 いつもはこんなに高いポイントは付けないんですけどね。
 因みにピュリニー村名の方は89~91ポイントで、ピュリニーよりも評価が高いし、考えられないほどの価値!などと書いちゃってるんですね~。
 もっと言ってしまうと、かのシャルパー・モリス氏は正反対。シャサーニュ村名は87~90ポイントで、ピュリニー村名が89~91ポイントです。ちょっと面白いでしょう?
「なんだ・・結局自分の好みで評価?」
と思われても仕方が無いですよね。・・noisyも気を付けよう・・。
 今飲んでもかなり美味しいです。白いフルーツ主体ですね・・梨とか洋梨、リンゴ系・・非常に瑞々しいですよ。
 こちらはもう、もしピュリニー...



2018 Puligny-Montrachet
ピュリニー=モンラッシェ

15380
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥7,650 (外税)
【ニール・マーティン90~92、アラン・メドゥズ&ジャスパー・モリス89~91!質感高く大柄なピュリニー=モンラッシェ!旨いです!】
 そりゃぁね、ルフェールやフォラティエールには勝てる訳無いですね。それは仕方が無い・・どちらもグラン・クリュ真っ青な出来ですから。
 でもこのピュリニー=モンラッシェ村名、バシュレ=モノらしさをどこも削っていない、しかもそれら1級と全く同じライン上にある味わいなんですね。
 ですから、黄色いフルーツ感が増し増し、バシュレ=モノらしい味幅がしっかり有る、ドライなピュリニーなんですね。
 上値で言うと92ポイントクラスですから、1級クラスに肉薄している感じです。不足しているとするなら、ルフェールやフォラティエールが持つ優雅さだけ・・です。もうここは、畑の素性がモロに出て来てしまいますから・・。豊かさはそれら1級にはどうにも叶わないと思ってください。
 でも、タイトな美味しさなら負けませんし、要素からの表情が出てくると・・ピュリニーらしい豪奢なフルーツが表に出て来ますよ。...



2018 Mersault Clos du Cromin
ムルソー・クロ・デュ・クロマン

15379
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ムルソー
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥7,650 (外税)
【コント・ラフォンのムルソー並み!・・そこにバシュレ=モノらしい・・口内を押し広げるように膨らむ大きさとフレッシュさが還って来ます!】
「とっても・・1万以上はだせないけど、その下で滅茶おいしいシャルドネが飲みたい!」
 そうでしょう・・。noisy が美味しい美味しい言うもんだから、世の中のピノ・ノワールファンがシャルドネファンに変身しはじめてます・・いや、そう思ってしまうほど白ワインが売れています。そうじゃなきゃ、税込5千円のドミニク・ラフォン、A.C.ブル白が200本も動きません。
 もちろん、ドミニク・ラフォンのA.C.ブル2017や、メオ=カミュゼのオート=コート白2018は、驚くほどの美味しさですよね。5千円クラスではもう考えられないほどの美味しさです。
 でももし先の1万円以内で・・と言うことでしたらどうでしょう?今ならこのクロ・デュ・クロマン2018年をお薦めします。でもきっとすぐ無くなってしまうので、また他の美味しいシャルドネを探す旅を続けることになってしまう訳ですが・・(^^;;



2018 Puligny-Montrachet 1er Cru les Referts
ピュリニー=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・ルフェール

15381
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥11,990 (外税)
【これも滅茶苦茶美味しいです!気品ある黄色いフルーツがてんこ盛り!】
 実はこの畑、ピュリニーではもっとも北の東側にある1級なんですね。
 あのムルソー・シャルムと境界で接していますが・・
「どうしてこんなに違うのよ?」
と一瞬思うほど、ブリッブリな黄色の濃いフルーツに出会えるんですね。
 例えばフィリップ・パカレも同じ名前のキュヴェを仕込んでいましたが、どちらかと言えばパカレはムルソー・シャルム風のイメージを感じさせていました。でもこの見事なルフェールに、そんなムルソーらしさは色濃く有りません。
 むしろ、誰もが想像する・・
「ピュリニーらしいまっ黄色で豪奢なフルーツ!」
を、まったくそのまんまに・・いや、そこにバシュレ・モノらしい大柄さやフレッシュさを載せて、持って来てくれるんですね。
 だからもう、今飲んでも滅茶美味しいです!全然硬いと思わせないです。・・いや、本当はまだ20%位の表情では有ると思いますよ...



2018 Puligny-Montrachet 1er Cru les Folatieres
ピュリニー=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・フォラティエール

15382
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥12,890 (外税)
【素晴らしいです!・・今飲んでもこの美味しさに気付かぬはずがない!まさにシャルドネが生む甘露とも言うべき見事な味わいでした!】
 めっちゃ美味しいです!美味しさとポテンシャルから言えば、この3倍の価格のワインを超えていると思います・・。ディテールも素晴らしいし、複雑性も、エレガンスも、質感も素晴らしい!狂喜乱舞の味わいです。だからみんな、ピュリニーのシャルドネって大好きになっちゃうんですよね。
 ただし、1級のレ・ルフェールも、このフォラティエールには当然ながら及ばないとしても、素晴らしい美味しさだったので、どっちを選ぶかは悩むところでは有るかと思いますよ。
 グラン・クリュ・モンラッシェが持つ偉大な緊張感までは持ち合わせてはいないが、その禿山の北側のレ・フォラティエールは、モンラッシェが持たない低域・中低域の押し出しの凄さとまろやかさを持っています。
「いつかやってみたい・・モンラッシェとフォラティエールのブレンド・・・」
などと、シャルドネファンが聞いたら卒倒しそうなことを考えたことが有...



2018 Batard-Montrachet Grand Cru
バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ

15383
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥42,800 (外税)
【もちろん、バシュレ=モノのトップ・キュヴェです。日本への入荷は数えるほど!】
 ジャスパー・モリス氏はBBR社を離れてしまったようでして、BBR社も扱っていたバシュレ=モノをテイスティングできなくなったようです。なので、2017年ものに97ポイント付けたのがおそらく彼にとって最後のテイスティング・・と言うことになろうかと想像しています。
 2018年ものには、ヴィノスが93~95、アラン・メドゥズが92~94ポイントと言うのが見当たりました。・・まぁ、noisy的にこのアラン・メドゥズの評価は、バタール=モンラッシェは飲めていないとは言え、レ・ルフェール2018と同じ・・です。1級レ・ルフェール、滅茶美味しいですよ。バタールはそう簡単には栓を抜けないでしょうが、ルフェールなら・・このプライスですからね。
 でもやはりバシュレ・モノのバタール=モンラッシェ、飲みたいですよね。素晴らしい2018の1級の2アイテムを飲めば、そこに心は動いてしまいます。
...



2017 Bourgogne Rouge
ブルゴーニュ・ルージュ

14624
自然派
赤 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥3,380 (外税)
【非常に美味しいです!見事なバランス!バシュレ=モノらしいフレッシュさと滑らかさの競演の表現に磨きが掛かっています!】
 非常にドライに仕上がったA.C.ブルです。シャサーニュ系のピノはやや甘みを感じるものが多いんですが、
「バシュレ=モノのA.C.ブル赤は滅茶ドライ!」
です。
 しかもそれで旨味が無いかと言えば決してそうなってはおらず、キッチリと酸の旨味を感じさせてくれますし、コアが有る見事なバランスです。
 ほったらかしなマロをやっているとは思えない、見事な「止め場所」のマロでも有ります。フレッシュさをほんの僅かに感じさせつつ、、テクスチュアの良さ、滑らかさ、柔らかさを出し、しかも襞から香ってくるかのような、ほんのりとした「艶」を感じさせてくれます。
 これ、旨いです!どうしてもコート・ド・ニュイのピノばかりに行きたくなるのは判りますが、実はシャサーニュはピノ・ノワールの畑って多いんですね。
 で、バシュレ=モノはこのA.C.ブル赤にはシャサーニュを使わず(使えず?...



2017 Bourgogne Blanc
ブルゴーニュ・ブラン

14603
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥3,480 (外税)
【見事!!素晴らしいです!】

 非常に優れています。バシュレ=モノらしい快活な味わいです。そして、非常に・・滑らかです。
 新樽の使用率は20%ほどかと思いますが、
「樽のニュアンスが無い訳ではないが突出していない・・か気が付かない」
レベルなのに、
「新しい樽の使用による酸化の調整具合が絶妙」
で、
「それによって生まれるアロマと味わいが見事!」
だと言えるかと思います。
 ピュリニー的な味わいで、「ブリブリっとした果実」が感じられます。あの、ジャスパー・モリス氏は何と、90ポイントも付けています!・・A.C.ブルにですよ?・・ピュリニー=モンラッシェ村名に90点・・では有りません。間違いなく、
「A.C.ブルに90ポイント!」
 まぁ、よほど気に入ったのでしょう!・・noisy も何故か嬉しいですよ・・正直な人が増えて!
 オルヴォーさんも、...



2017 Santenay Blanc
サントネ・ブラン

14616
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
サントネ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥4,450 (外税)
【2017年ものもムルソー・スタイル!!・・(^^ この高質さからは、サントネイの白だとはきっと思わないでしょう!】
 サントネイの白です。普通は余り・・皆さんも食指を伸ばさないでしょう。
 でも、稀にサントネイでも優れた白は見当たります。ピュアでフレッシュ系に仕上げると、結構に美味しいです。
 しかし、マロをして高級シャルドネにしようとして失敗するパターンがほとんどなんです。上手く立ち回らないとこうはならないんですね。
 コート=ドールの南のドンケツにあるサントネイでは有りますが、このように上手に仕上げると非常に美味しいです。ムルソーの北側的な味わいですから、
「ムルソー・クロ・デュ・クロマン」
との共通項が結構に・・感じられます。
 バシュレ=モノ・・来ちゃいましたか・・ね?・・後は余りに人気が出過ぎて価格が上がり過ぎないことを祈ります。是非飲んでみてください!
 以下は以前のレヴューです。
【2016年ものは何とムルソー・スタイル!!・・余りの旨さに思...



2017 Maranges 1er Cru la Fussiere Blanc
マランジュ・プルミエ・クリュ・ラ・フシェール・ブラン

14617
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
マランジュ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥4,990 (外税)
【バシュレ=モノを知るならこの1本!・・そしてマランジュの将来性をも知ることになります!】
 いや~・・美味しいですね~・・ギリ5千円ですが、5千円でこれだけのパフォーマンスを経験できるなら、全くお買い得だというしか在りません。
 元々はnoisy も、マランジュはあまり好きでは無く・・(すみません・・)、1級畑が出来たなんて聞いても余り興味も湧かず、でもテイスティングをすると、平板でエッジの利いた角で「グザリ」と刺される感じが何ともね・・嫌だったんですね。
 なので、
「マランジュに旨いものなし」
などと平気で言ってました。
 まぁ、さらに言ってしまえば、このバシュレ=モノのマランジュ1級フシェールにだって・・同じことを言っていたんです。
 でも、・・この3年でしょうか。ま~・・大きく向上しましたよ。そして2017年ものですが、
「めちゃんこ美味しい!」
です。
 前言を軽く翻してしまうnoisy もいけませんが、しかしそれ...



2017 Saint-Aubin 1er Cru en Remilly
サン=トーバン・プルミエ・クリュ・アン・ルミイィ

14618
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
サン=トーバン
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥6,450 (外税)
【人気のアイテムですが少なくて申し訳ありません・・お早めにどうぞご検討くださいませ。】
 すみません・・2017年ものは天候の影響でサン=トーバンの生産量は非常に少なく、いつもなら二ケースはいただけるんですが・・飲めませんでした。
 アドヴォケイト誌は90~92ポイント、エレガントで非常に余韻の長い素晴らしいワイン・・と評しています。
 以下は以前のレヴューです。
【めっちゃ美味しいです!ムルソー的な硬いミネラリティとピュリニー的な柔らかなミネラリティの競演!・・このキュヴェで充分かも!】
 ア・ヴュー・フロム・ザ・セラーのジョン・ギルマン氏は90ポイント、アドヴォケイトのニール・マーティン氏は88~90ポイントと、とてもアヴェレージの高い評価をいただいているようです。でも・・noisy 的にはもっと高いですが・・。
 このアン・ルミイィはご存知の通り、あのモンラッシェのすぐ傍・・です。なので、
「やや繊細さを鈍感に」
「密度の高い味...



2017 Chassagne-Montrachet
シャサーニュ=モンラッシェ

14619
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥6,850 (外税)
【この辺を飲むとラモネさんとの共通項が見当たっちゃいますね~・・!タンザーさんはピュリニー89~91ポイントと渋めの評価です。】
 海外のメディア評価は、「シャサーニュ=モンラッシェ2017」については残念ながら見当たりませんでした・・美味しいのに・・ね。
 少なくとも、「甘みにかまけた味わいの良くあるシャサーニュ」では有りません。非常にドライだが、良いシャルドネ特有の気品高い旨味成分を持つ見事な味わいです。
 しかし、現状で滅茶存在感のあるムルソー・クロ・デュ・クロマン・・を飲んでしまうと、このタイミングでの抜栓はお勧めはできず、1~2カ月は休めて欲しいのが希望です。シャサーニュもピュリニーも・・です。少しだけ早いです。
 上の写真がピュリニーです。ま~・・見分けがつかないですよ・・色などソックリです。
 そして、どちらも・・何故かラモネさんを思い出してしまいます。何せ、両アイテム一緒に開けていますから、その「似ている」と思ってしまってからは、どうしても・・それが感覚から離れないんですね~。...



2017 Puligny-Montrachet
ピュリニー=モンラッシェ

14621
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥7,650 (外税)
【この辺を飲むとラモネさんとの共通項が見当たっちゃいますね~・・!タンザーさんはピュリニー89~91ポイントと渋めの評価です。】
 海外のメディア評価は、「シャサーニュ=モンラッシェ2017」については残念ながら見当たりませんでした・・美味しいのに・・ね。
 少なくとも、「甘みにかまけた味わいの良くあるシャサーニュ」では有りません。非常にドライだが、良いシャルドネ特有の気品高い旨味成分を持つ見事な味わいです。
 しかし、現状で滅茶存在感のあるムルソー・クロ・デュ・クロマン・・を飲んでしまうと、このタイミングでの抜栓はお勧めはできず、1~2カ月は休めて欲しいのが希望です。シャサーニュもピュリニーも・・です。少しだけ早いです。
 上の写真がピュリニーです。ま~・・見分けがつかないですよ・・色などソックリです。
 そして、どちらも・・何故かラモネさんを思い出してしまいます。何せ、両アイテム一緒に開けていますから、その「似ている」と思ってしまってからは、どうしても・・それが感覚から離れないんですね~。...



2017 Mersault Clos du Cromin
ムルソー・クロ・デュ・クロマン

14620
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ムルソー
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥7,650 (外税)
【激うま!クロ・デュ・クロマン・・飲まないと後悔します!】
 クロ・デュ・クロマン!・・素晴らしいです!呆れるほど・・今でも超旨い!・・
 まぁ、確かにムルソー・ペリエールほどまでには昇華していないにせよ、むしろ、プティ・ペリエールと言いたくなるような見事な丸み、テクスチュアの滑らかさ、そしてブリッブリな果実が有ります。
 これ、是非飲んで欲しい・・です!アドヴォケイトは89~91+と、もしかしたら低めに思えてしまうかもしれませんが、バタールでさえ 92~94 と言う評価しかしていませんので、アドヴォケイト的には妥当なものになっているんでしょう。
 グラスをぶん回して・・楽しんでみてください。今飲んでも充分に納得できると思います。・・いや、飲み頃だなんて、絶対言いませんよ。「今飲んでも納得できる美味しさ!」です。ご堪能くださいませ!
 以下は以前のレヴューです。
【2015年ものも美味かった!このキュヴェは上級キュヴェ...



2017 Puligny-Montrachet 1er Cru les Referts
ピュリニー=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・ルフェール

14622
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥11,990 (外税)
【アドヴォケイト誌は92~94ポイントと、あのレ・フォラティエールと同評価!・・希少なバタール=モンラッシェ2017と1ポイント差です!】
 飲めない3兄弟の1本です。テイスティングでの評価は、例え1ポイントでも異なれば、
「それは確実に違う」
と言う意思の表明です。
 しかし、同じ評価とするならば・・アレコレプラスしたりマイナスしたりした結果として同じになった・・と言うことでして、一般的な畑の格から行けば「レ・フォラティエール」が上なのかな・・とされているように思いますが、ムルソー・レ・シャルムの真横のレ・ルフェールの検討は驚きでも有ります。
 でも・・確かにこれ、滅茶旨いんですよね。2年ほど前にはバタール以外は全部飲めましたんで、
「レ・フォラティエールよりリーズナブルだけれど負けてない!」
のは確認済です。
 ですので、ここはねらい目かな?・・と思います。是非ご検討くださいませ。
 以下は以前のレヴューです。
【希少なバシュレ=モノのトップ・キュヴェの一つです。レ・ル...



2017 Puligny-Montrachet 1er Cru les Folatieres
ピュリニー=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・フォラティエール

14623
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥12,890 (外税)
【ジャスパー・モリス氏95ポイント、アドヴォケイト誌92~94ポイント!これは間違いの無い確実過ぎる選択でしょう!】
 残念ながら飲めないキュヴェです。非常に少ないです・・が、バシュレ=モノのトップ・キュヴェのひとつですから・・。
 ジャスパー・モリス氏は95ポイント、付けてます。アドヴォケイトは92~94ポイントで、今までで最高か?と一瞬思ったんですが、2014年ものに92~95ポイントを付けていまして、結局「??」です。評価者が違うというのも有るかもしれませんが、リアルワインガイドのように「今飲んで点」「ポテンシャル点」では無いことを考えますと、先が読み切れず評価し切れていないのかもしれません。
 noisy も出来るだけ開けるようにしていますが、流石にこの入荷数ですと・・ここまでが限界でした。
 しかし、世界最高峰の「レ・フォラティエール」で有ることは間違いないでしょう。
 因みにルフレーヴさんちのレ・フォラティエール2017年の評価は・・
96 points Deca...



2017 Batard-Montrachet Grand Cru
バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ

14625
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥42,800 (外税)
【ついに来た!ジャスパー・モリス氏97ポイント!!驚くほど長い後味・・だそうです!】
 あ~・・ここでグラスの写真を出せたなら・・などと思ってしまいます。事実、バシュレ=モノのテイスティングは非常にエキサイトします。それもA.C.ブル・クラスから・・です。
 インサイド・バーガンディ・コムを主宰するMWのジャスパー・モリス氏は97ポイントと大激賞・・最もA.C.ブルのシャルドネにも90ポイント付けていますから、よほど2017年もののバシュレ=モノが気に入ったんでしょう。
 甘さに頼らず、本当に適切だと感じる程度の樽の関与のアロマ、漏れてくる柑橘果実、張力、オイリーさにも滲むフィネスなど、飲んでいて非常に楽しいです。
 そして、あのアドヴォケイトも93~95ポイントと、ウィリアム・ケリー氏が評価しています。昨年の2016年ものが、ジョン・ギルマン氏の93ポイントでしたから、
「今までで最高の仕上がり!」
であることは間違い無いでしょう。
 ...



2016 Batard-Montrachet Grand Cru
バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ

13746
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥38,200 (外税)
【希少なバシュレ=モノのトップ・キュヴェです。バタール=モンラッシェはView From The Cellar のジョン・ギルマン氏は94Points!】
 バシュレ=モノの2016年ものの今年の到着は8月終盤と言う、とても中途半端な時期になってしまいましたので、すべてのテイスティングが終わらず、でもエージェントさんからは8月中に引き取って欲しい云云かんぬんで仕方なく・・無理して仕入れた訳ですが、さすがに10アイテム以上?もあるラインナップの全てを、たった6日間でテイスティングするには至りませんでした。
 しかしながら2016年ものの傾向はしっかりと読め、グラマラスさも有りつつもちょうど良く、バシュレ=モノらしい、ほんのりビターさを感じさせるミネラリティがたっぷりな味わいに、
「2016年のシャルドネ、悪く無いどころか、かなり良いんじゃないのかな?」
などと感じ始めています。
 例えばあのオーレリアン・ヴェルデのオート=コート白でさえ、たっぷりな味わいはシャルドネの個性をしっかり発揮しているように思いましたし、無駄の無...



2016 Puligny-Montrachet 1er Cru les Folatieres
ピュリニー=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・フォラティエール

13745
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥11,800 (外税)
【希少なバシュレ=モノのトップ・キュヴェのひとつです。レ・フォラティエールはView From The Cellar のジョン・ギルマン氏は93Points!】
 バシュレ=モノの2016年ものの今年の到着は8月終盤と言う、とても中途半端な時期になってしまいましたので、すべてのテイスティングが終わらず、でもエージェントさんからは8月中に引き取って欲しい云云かんぬんで仕方なく・・無理して仕入れた訳ですが、さすがに10アイテム以上?もあるラインナップの全てを、たった6日間でテイスティングするには至りませんでした。
 しかしながら2016年ものの傾向はしっかりと読め、グラマラスさも有りつつもちょうど良く、バシュレ=モノらしい、ほんのりビターさを感じさせるミネラリティがたっぷりな味わいに、
「2016年のシャルドネ、悪く無いどころか、かなり良いんじゃないのかな?」
などと感じ始めています。
 例えばあのオーレリアン・ヴェルデのオート=コート白でさえ、たっぷりな味わいはシャルドネの個性をしっかり発揮しているように思いましたし、無駄の無...



2016 Puligny-Montrachet 1er Cru les Referts
ピュリニー=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・ルフェール

13744
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥11,080 (外税)
【希少なバシュレ=モノのトップ・キュヴェの一つです。レ・ルフェールはView From The Cellar のジョン・ギルマン氏は93Points!】
 バシュレ=モノの2016年ものの今年の到着は8月終盤と言う、とても中途半端な時期になってしまいましたので、すべてのテイスティングが終わらず、でもエージェントさんからは8月中に引き取って欲しい云云かんぬんで仕方なく・・無理して仕入れた訳ですが、さすがに10アイテム以上?もあるラインナップの全てを、たった6日間でテイスティングするには至りませんでした。
 しかしながら2016年ものの傾向はしっかりと読め、グラマラスさも有りつつもちょうど良く、バシュレ=モノらしい、ほんのりビターさを感じさせるミネラリティがたっぷりな味わいに、
「2016年のシャルドネ、悪く無いどころか、かなり良いんじゃないのかな?」
などと感じ始めています。
 例えばあのオーレリアン・ヴェルデのオート=コート白でさえ、たっぷりな味わいはシャルドネの個性をしっかり発揮しているように思いましたし、無駄の無...



2016 Mersault Clos du Cromin
ムルソー・クロ・デュ・クロマン

13742
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ムルソー
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥7,480 (外税)
【2015年ものも美味かった!このキュヴェは上級キュヴェを喰う可能性が高いです!】
 バシュレ=モノの2016年ものの今年の到着は8月終盤と言う、とても中途半端な時期になってしまいましたので、すべてのテイスティングが終わらず、でもエージェントさんからは8月中に引き取って欲しい云云かんぬんで仕方なく・・無理して仕入れた訳ですが、さすがに10アイテム以上?もあるラインナップの全てを、たった6日間でテイスティングするには至りませんでした。
 しかしながら2016年ものの傾向はしっかりと読め、グラマラスさも有りつつもちょうど良く、バシュレ=モノらしい、ほんのりビターさを感じさせるミネラリティがたっぷりな味わいに、
「2016年のシャルドネ、悪く無いどころか、かなり良いんじゃないのかな?」
などと感じ始めています。
 例えばあのオーレリアン・ヴェルデのオート=コート白でさえ、たっぷりな味わいはシャルドネの個性をしっかり発揮しているように思いましたし、無駄の無...



2016 Puligny-Montrachet
ピュリニー=モンラッシェ

13743
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥7,980 (外税)
【グラマラスなピュリニー=モンラッシェの個性をバシュレ=モノ的に表現した見事な味わいです!】
 皆さんはやはり、シャサーニュとピュリニーが近いプライスなら・・
「そりゃぁ・・ピュリニーでしょ!」
と思うかもしれません。
 やっぱり外向的ですしね~。柔らかいですし、愛想が良いですよね・・。シャサーニュは時折甘いですしね・・でもバシュレ=モノのワインは甘く無いですよ。
 こちらのピュリニーもとても良い出来でした。ジョン・ギルマン氏は91+ ポイントだそうですよ。・・色んな意味でちょっと呆れちゃいましたけど・・。いや、高い評価をいただけたのは、自分のことのようにうれしいですけどね。
 でも何でシャサーニュが90ポイントなの?・・と言う疑問は残りますね。ど~もその辺がアバウトなんですよね・・。そりゃ、2016年のシャサーニュは、確かに
「今は・・」
そうかも、それで良いかもしれませんけどね。でも、あと何年かしたら、完全に追い付く感じがします。



2016 Chassagne-Montrachet
シャサーニュ=モンラッシェ

13741
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥6,650 (外税)
【やっぱりこのシャサーニュ村名は凄い!】
 ジョン・ギルマン氏も90ポイント付けている・・・noisy 的にはある種、彼の代表作とも感じるシャサーニュ村名です。非常に・・素晴らしいです。
 もう・・以前に申し上げているように、何も変わりません。2016年もの、シャサーニュ以南はかなり良かったようです。このワインについては、2015年ものを上回るポイントを付けて良いと思います。ただし、飲み頃は・・何しろ到着がいつもの年よりも早いですから・・。涼しくなってから、秋以降にしていただきますと、より美味しいと思います。
 まぁ、ジョン・ギルマン氏は90点だとしても、noisy 的にはRWG的なポテンシャル点として、もっと付けます。このワインは是非飲んで欲しいですね。とてもバシュレ=モノ的で有り、シャサーニュ村名としても、もっとも優れたワインに仕上がったと感じました。お勧めします!是非飲んでみてください!
 以下は以前のレヴ...



2016 Saint-Aubin 1er Cru en Remilly
サン=トーバン・プルミエ・クリュ・アン・ルミイィ

13736
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
サン=トーバン
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥5,190 (外税)
【めっちゃ美味しいです!ムルソー的な硬いミネラリティとピュリニー的な柔らかなミネラリティの競演!・・このキュヴェで充分かも!】
 ア・ヴュー・フロム・ザ・セラーのジョン・ギルマン氏は90ポイント、アドヴォケイトのニール・マーティン氏は88~90ポイントと、とてもアヴェレージの高い評価をいただいているようです。でも・・noisy 的にはもっと高いですが・・。
 このアン・ルミイィはご存知の通り、あのモンラッシェのすぐ傍・・です。なので、
「やや繊細さを鈍感に」
「密度の高い味わいをやや緩慢に」
「フルーツの具象感をやや粗雑に」
(^^;;
 すみません・・でもそうとしか言いようが無い。共通部分がモンラッシェと非常に有る畑なんですよ。
 なので、プティ・プティ・モンラッシェ位に思っていただいて飲むには、このワインは最高なんじゃないかと思いますよ。
 パカレのサン=トーバン1級を考えてみてください。1万円超えです。よっぽどバシュレ=モノの方がクオリティ高いかも・・と思ってま...



2016 Maranges 1er Cru la Fussiere Blanc D.L.
マランジュ・プルミエ・クリュ・ラ・フシェール・ブラン

13735
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
マランジュ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥4,990 (外税)
【唯一無二の個性!・・納得していただけるに違いない見事な味わいです!ジョン・ギルマン氏は何と90ポイント!】
 マランジュの白ワインに90点オーバーが付くことになるとは、時代も変わったものだと思われるかもしれません。noisy だって・・そう思いますよ。長年ワインに携わる仕事をしながら、マランジュを美味しいと感じることになるとは・・この数年前までは思ってもいませんでした。
 何せ、
「硬い、土ムサイ、苦い、垢抜けない、バランス悪い」
と、5拍子以上に良く無いポイントを上げられちゃうアペラシオンでした。ここマランジュまでくると、
「ブルゴーニュと言って良いのか?」
と思えるほど、違う個性とバランスを感じたものです。
 しかしこのバシュレ=モノの1級ラ・フシェール・ブランと出会ってからは大分考え方が変わりました。だって・・美味しいので・・そうなっちゃいますよね。
 個性が有っても、それを人間が良いと思えるベクトルに方向を持って行かない限り、「受けないワイン」に...



2016 Santenay Blanc
サントネ・ブラン

13734
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
サントネ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥4,480 (外税)
【2016年ものは何とムルソー・スタイル!!・・余りの旨さに思わずFace Bookで「美味ゃい・・美味ゃい!」と呟いて??しまいました!】
 こりゃぁ・・今でも最高に美味いです!
「・・美味い白ワインは緑色が透けて見える・・」
などとnoisy は言っておりますが、この写真からはその淡い緑色が見えると思いませんか?・・いや、グラスの下に敷いてあるテーブルクロスの模様のことでは有りませんよ。ワイン自体の色合いに・・です。
 2015年ものは、グラマラスで柔らかいシャサーニュ=モンラッシェ・ブランを速攻で想像させる見事な味わいだったんですが、2016年ものはムルソー・クロ・デュ・クロマンそっくり!ねっとり、マッタリとしつつも切れ上がりが有り、中域も見事に膨らみ、ムルソーのど真ん中っぽい、少量の粘土と多量の石灰が織りなすハーモニーに酷似しているように感じます。
 そのねっとりさ、マッタリさから・・見事なエキスから・・ですが、熟したフルーツのニュアンスがバンバン出て来ます。バシュレ=モノらしいドライさのピュアさ...



2016 Bourgogne Blanc
ブルゴーニュ・ブラン

13733
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥3,400 (外税)
【2016年のバシュレ=モノを知るには、まずこれを飲まないと!グイッと量も飲めるがバシュレ=モノらしい繊細な表現が詰まっています!】
 想像力を働かせると「なるほど・・そういうことなのかもしれん・・」と素直に思える良い出来のACブルゴーニュ・ブランです。
 やはりなんと言ってもピュリニーに有るACブルの畑由来の葡萄が基本・・に有るのでしょう。ピュリニーらしい大らかさと包容力に満ち、豊かさとスムーズな飲み口を感じさせてくれます。一つ上のクラスのサントネイ・ブランの出来が凄いので、少し霞んでしまいがちでは有るんですが・・サントネイ以上のキュヴェを飲まなきゃ良いです・・(^^;; そうすれば物凄く幸せです。
 色合いも良いですよね。薄い緑が透けて見える素晴らしい映像です。この日は台風一過で余りに暑くて、しかもその日に到着したものをその日に飲んじゃってますから、その要素によるマイナス分を見てテイスティングをしなければいけないんですが、そんなことも忘れてしまうような優れたバランスでした。
 ワインって面白いのは、...



2016 Bourgogne Rouge
ブルゴーニュ・ルージュ

13747
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥3,280 (外税)
【2016年もののネガティヴなイメージはゼロ!・・・2015年ものより濃密で大柄、素晴らしい仕上がりです!】
 素晴らしい色合いですよね。目に見える情報だけでも、
「こりゃ、素晴らしいに違いない」
と思わせてくれます。
 色合いの濃さもそう、透き通った具合からにじみ出てくる、見えない「裏にあるもの」の存在も伝わってくるかのように思います。
 実際に飲んでみると非常に大柄で、シャサーニュ=モンラッシェ・ルージュをさらに巨大化したようなイメージです。
 シャサーニュ=モンラッシェ・ルージュの多くは・・いくつかの生産者を除き、まず・・甘いです。柔らかいんですけどね・・ドライなことはまず無い。その甘さが、ピノ好きを避けさせるのかな・・とも思いますが、こちらはブルゴーニュ・ルージュながら、とてもドライでシャサーニュの存在が非常に大きい・・と思ってください。
 ただし大柄なだけに、完全に仕上がっている状態・・とは言い難く、ただバランス的に、「美味しく飲める状態」では有ります...



2015 Puligny-Montrachet
ピュリニー=モンラッシェ

13019
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥7,100 (外税)
【滅茶ゴージャス!きっとピュリニーに抱くイメージそのままです!】
 まぁ、これだけ水平でガンガン開けますと、色んな事に気付きます。バシュレ=モノらしい超高域の表現もそうです。結構難しいことをやってるのかな?・・単に畑の位置で発酵槽を変えてるだけじゃ無いよなぁ・・などもそうですが、何よりも・・一般に言うところの、
「テロワールが見事に違うことを見せつけている」
と気付かされます。
 他のコラムでも書きましたが、マランジュ・フシェールとサン=トーバン・アン・ルミイィの、余りの色の違いもそうですが、これは完全に畑の個性でしょう。
 豊かでゴージャスなムルソー・・って、ペリエール以外にも在ると思い出させてくれるのもクロ・デュ・クロマンです。これなんぞ、下手をすると「ムルソーと言わないかもしれない・・」シャルドネですが、モロに畑の個性、そのものです。
 こちらは、根底に厳しいミネラリティを持つクロ・デュ・クロマンとも違うミネラリティ、...



2015 Bourgogne Rouge
ブルゴーニュ・ルージュ

13024
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥2,920 (外税)
【ワンクラス以上上のACブル!複数村の畑をブレンドすることによって、複雑で構造の大きなACブルゴーニュ・ルージュに仕上がっています!】
 余りに2014年のバシュレ=モノがリーズナブルで、しかも高ポテンシャル、確実な成長が見え、飲んでいて楽しいので、2015年ものはピノ・ノワールも海外の評判が良い・・とのエージェントさんの話しを信じ、今までは避けて来た赤も仕入れてみました。
 まぁ、ボーヌのピノ・ノワールはニュイに比べ、いや、一部の・・例えばヴォルネイ辺りの秀逸な畑を除けばやや酸の丸みに欠ける表情が有るのが普通かと思いますが、リーズナブルなクラスで上出来なものは、元々価格も安いし、残念ながら?、シャルドネへの転換が様々な理由によって出来ないことにより、樹齢も年々高くなり、しかし価格は為替の上げ下げ程度と言うことから、目の付け所で有るアイテムでも有ります。
 もしフランスに自由に行けるような環境で、しかも、各ドメーヌ・メゾンに立ち入り、試飲出来るようであるなら、滅茶苦茶美味しくてリーズナブルなブルゴーニュ・ピノ・...



2015 Bourgogne Blanc
ブルゴーニュ・ブラン

13013
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥3,200 (外税)
【溢れ出るポテンシャル!漲るパワー!美しく伸びやかな薄緑の弦・黄色の果実!2015年のバシュレ=モノは、取り敢えずこれを飲むべし!】
 いきなり来ました!2015年のACブルゴーニュは、もう・・ボトルの太さ、重さから言っても2千円のワインでは有り得ません。実際のところは三千円はするんですが、その威容なボトルはACブルとも思えない存在感です。
 しかもその栓を抜けばもう・・飲まずとも判るでしょう。漏れ出るアロマの力強さ、生き生きとどこまでも伸びて行くような高域のアロマが唯モノでは無いと告げているかのようでした。
 2014年のこのワインは、2013年までに感じた「微妙に薄いかな?」と言うものを打ち消す、非常にバランスの良いものでしたが、2015年ものは、そのレベルを大きく超越して来ました。
「この膨大なエネルギーを閉じ込めるべくのこのド太いボトル!」
と考えるのが良いかと思いますが、ハッキリ言って「驚きのレベル」です。
「・・またまた~・・そんなこと言って~・・売りたいがためでしょ~よ!」...



2015 Santenay Blanc
サントネ・ブラン

13014
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
サントネ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥3,980 (外税)
【サントネーって・・忘れてください・・と思いたくなるような見事なシャサーニュっぷりです!旨い!】
 ACブル・シャルドネの出来が半端ないのでおそらく霞んでしまうであろう、サントネの白ですが・・これも素晴らしいです。村名ワインたるポテンシャルはACブルを越えて来ます。
 そのミネラリティの組成は2014年のコラムでも書きましたが、シャサーニュ村名そっくりで、もしブラインドテイスティングをしたなら、誰も「サントネ」とは言わないでしょう・・まぁ、そんな村を知らなきゃそもそも言わないでしょうけどね。
 で・・
「ん?・・ACブルも、ACサントネもシャサーニュ村名並みなんて言っちゃって、シャサーニュ村名はど~すんのよ?」
と思われるかもしれませんが・・大丈夫です。
「・・だって、シャサーニュ村名、信じられない位に美味しいから!」
 まぁ、シャサーニュはシャサーニュのコラムをご覧ください。
 このサントネ・ブランですが、赤より白の方が良いワインに当たるのが...



2015 Maranges 1er Cru la Fussiere Blanc D.L.
マランジュ・プルミエ・クリュ・ラ・フシェール・ブラン

13015
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
マランジュ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥4,590 (外税)
【このフシェールは他の畑とは見事に違う個性を持っています。美味しいマランジュはバシュレ=モノだけ?・・これは旨いです!】
 美しい薄緑、僅かに乳白色が入ったかのようなミネラリティの組成、アロマを感じさせる、とてもバランス良く旨いマランジュ1級です。
 そもそもnoisy自身、マランジュのワインには懐疑的で、特にピノ・ノワールには扁平な位置に重心が有り、今一つ美味しく無い・・と感じる場合ばかりで、余りご紹介する機会も無いアペラシオンであることは確かです。
 むしろローヌのサン=ペレ辺りのミネラリティに近いようなニュアンスを感じるこのフシェールは、シャサーニュに似たニュアンスを感じさせるACブル、ACサントネとは、全く違ったアロマを感じさせます。緑色が有る程度しっかり入ったニュアンスなんですね。黄色に緑が入れば黄緑なんでしょうが、緑と黄色の両方を感じます。
 それでいて、ブルゴーニュのシャルドネが持つ重心のベストな位置は同じで、腰高だったり、低過ぎて野暮ったくなることもなく、また非常にまろやかな...



2015 Saint-Aubin 1er Cru en Remilly
サン=トーバン・プルミエ・クリュ・アン・ルミイィ

13016
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
サン=トーバン
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥5,190 (外税)
【次世代ブルゴーニュ・シャルドネを担うだろうユベール・ラミーとバシュレ=モノの接点!2014年ものはアドヴォケイトが何と・・92~94Points ってホント?】
 まぁ・・このアン・ルミイィは、あのモンラッシェと地続き・・と言うか、真裏と言うか、同じ標高と言うか・・ただちょっとだけ西向きと言うだけで有って、土壌などはかなり似通っているんだろうと。少なくとモンラッシェとは言えずとも、その見事な味わいは、
「モンラッシェと書けないピュリニー!」
のようで有り、やや西向きの分、冷ややかさをまとうことが有る・・程度になってきていると思います。
 勿論ですが、単にアン・ルミイィと言っても、そのある程度の広さの有る畑の中での違いさえも有る訳ですが、
「ん?・・じゃぁ、凄いって言ってるユベール・ラミーもアン・ルミイィを造ってるよね?」
と言うことに気付くわけでして、
「・・そうか・・じゃぁ、ユベール・ラミーとの違いも同じクリマで比較が出来るってことだ!」
と言うことなんですよね。
 なので今から年明けのラミーの「密...



2015 Chassagne-Montrachet
シャサーニュ=モンラッシェ

13017
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥5,980 (外税)
【これは必買!素晴らしいです!是非飲んでみてください!】
 あちゃ~・・です。駄目ですよ・・こんなの。
 まさか、単なるシャサーニュがここまで素晴らしいとは思わないので、12本しか買ってないんですよね・・。まぁ、ACブルも素晴らしいし、他のどのキュヴェも旨いので、良いっちゃ良いんですけどね。でも、
「このシャサーニュは、今飲んでも滅茶苦茶旨い!」
です。
 ある意味、フォラティエールが持つ「球体」のニュアンスをも持っています。・・いや、勘違いしないでください。フォラティエール並みでは無いですよ。感覚が・・このつるっつるの玉のようなエレガントな感触がそっくりなんです。
 そこはシャルドネファンなら判ってくれますよね・・。それに出会いたくてシャルドネを飲んでるんじゃないかとさえ思っちゃいます。
 要素は2014年ものと同様ながら・・この出来はちょっと出色かと思います。超お勧めです!
 以下は2014年以前のレ...



2015 Mersault Clos du Cromin
ムルソー・クロ・デュ・クロマン

13018
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ムルソー
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥6,490 (外税)
【厳しいだけでは無い、とても豊かな面をみせてくれる非常にゴージャスなムルソーです!】
 いや~・・これは旨い・・見事な村名リューディ、クロ・デュ・クロマンです。一般的に思われているであろうムルソーとは違うぞ!・・その上でかなり高質なバランスを見せているムルソーも有るんだぞ!・・と言うことを証明するワインでも有ります。
 通常、noisy は、
「ムルソーは非常に厳しいミネラリティ、大理石にも例えられるものがたっぷり在るから・・」
と言う場合が多いんです。まぁ、そのようなアイテムの扱いが多いと言うことになりますね。レ・シャルムやジュヌヴリエール、そしてレ・ナルヴォーとかレ・ルージュとか・・です。
 しかしながら、これらは皆、
「ムルソー村の南端、もしくは西に在る畑」
なんですよ。
 でもそれだけじゃなくて北寄りの、ヴォルネイに近い部分の畑も有ります。アペラシオン的に言いますとヴォルネイ=サントノとかの1級畑では有りますが、ピノ・ノワー...



2015 Puligny-Montrachet 1er Cru Hameau de Blagny
ピュリニー=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・アモー・デュ・ブラニー

13020
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥9,180 (外税)
【初の扱いです!村の西(上部)にあるムッチリ、冷ややかさたっぷりの素晴らしいピュリニー1級です!】
 あの有名なガレンヌ、そして、トリュッフィエールに接したアモー・デュ・ブラニーです。
 ピュリニーと言えば比較的「派手」なパフォーマンスを口入直後から見せるかな・・と言うような印象かと思いますが、この北西に有る一連の畑はちょっと違う個性なんですね。むしろ、
「ピュリニー的な直情的な部分も有るが、奥ゆかしさを持つ」
と言えます。
 今回初めて扱うことになったキュヴェなので、楽しみにしていましたが、いや・・これも素晴らしいです。トリュッフィエールのような独特のキノコのようなアロマでは無いものの、似たようなニュアンスが「仄かに香る」点では同様で、冷ややかで湿ったニュアンスはソックリかもしれません。
 膨大なミネラリティやエキスの粘度、集中度は同じ2015年のキュヴェと同様で有り、もし、このバシュレ=モノのアイテムだけを飲まれたとしたら、
「バシュレ=モノの20...



2015 Chassagne-Montrachet 1er Cru la Romanee
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ラ・ロマネ

13021
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥9,950 (外税)
【細かな一粒一粒が表情を出して来ます!比較的饒舌な高質シャルドネ!非常に美味しいです!】
 濃密な2015年のバシュレ=モノは、2014年よりも饒舌で有るとは安易には言えません。その濃密、凝縮、半端ないミネラリティゆえに、その表情は、
「荒れた状態では力強さは判っても細やかな表情は伝わってこない」
と言えます。
 まぁ、十数アイテムのテイスティングを短い期間でこなすわけですから、最初の数本は揺れた直後でもある訳でして、それでもその分をちゃんと調整して見ることが出来るか、真実の姿を見極められるかどうかが、テイスターとしての力の見せどころでも有り、また、そんな部分を何とか理解して欲しいと言うような親心も有って、本来ならば、この入荷本数なら決して飲めるような状況では無いにせよ、
「一人の造り手の個性やその背景、一連のアイテムのテロワール、その違い」
を理解するには良い機会かと、下手すれば1日4本も1級クラスを開けることになる訳ですね。
 まぁ、お客...



2015 Puligny-Montrachet 1er Cru les Referts
ピュリニー=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・ルフェール

13022
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥9,950 (外税)
【2014年ものにアドヴォケイトは93~95Points 付けましたが、2015年ものはあっさり抜いたと思われます。これも一推し!】
 「わ~お!」です。フォラティエールが無かったら、これがトップの出来!バランス最高です!
 ムルソー・レ・シャルム・ドス(レ・シャルムの上側)に接するルフェールですので、レ・シャルムを4割、ピュリニー1級的要素6割と考えていただくと良いかな?・・ピュリニーにしてはとても硬質な、ややクリスタル的なツヤツヤ感、硬さを持つ味わいです。
 果実の出方も同様に輝いていて、2015年のバシュレ=モノのパワフルさ、ミネラリティの膨大さが有りますので、構造の確かさと相まって、黄色の果実が輝いています。
 アドヴォケイトが2014年ものに93~95Points も 付けましたし noisyも一推しにしましたので、昨年はあっという間に売れちゃいました。2015年はどうでしょうかね・・余りにフォラティエールが凄いので霞み気味では有りますが、この硬質さ故の美味しさはフォラティエールには有りません...



2015 Puligny-Montrachet 1er Cru les Folatieres
ピュリニー=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・フォラティエール

13023
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥10,690 (外税)
【素晴らしいです!これは頭一つ抜け出してます!・・モンラッシェが持つ見事な造形をも感じます!】
 いや~・・これは逸品ですね。数が無くて勿体無いんで、飲むかどうか迷ったんですが、これが家で開いてるってことが、今、noisy の一番の楽しみです。
 2014年ものはアドヴォケイトでも92~95Pints と弾けてた評価でしたが、2015年ものはまだレヴューが届かず、アドヴォケイトの評価は判りません。
 バタールのコラムでも書きましたが、noisy の信頼していないテイスター(平気でグランクリュの飲み頃期間を今から5~6年と書く方です)が92~94Points と評価していましたので、
「・・きっとそんなレベルじゃないんだろうなぁ・・」
と思ってます。
 抜栓した瞬間から転げだすような「玉になったフルーツ感とアロマ」は、コンディションの良いモンラッシェを開けた時のようなニュアンスにそっくりです。モンラッシェの持つ独特の金属的ミネラリティだけが、やや違うミネラ...



2015 Batard-Montrachet Grand Cru
バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ

13025
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥38,200 (外税)
【バシュレ=モノのトップワイン!某評論家は92~95Points だそうです・・が・・】
 さすがにこれは軽々しく開けられない・・すみません。まだ飲んだことが無いので、そのうちに飲ませて貰えるかもしれないな~・・と・・図々しくも予定に入れちゃってますが・・(^^;;
 noisy が最も信頼していない評論家さんが92~95Points と評価している2015年のバタール=モンラッシェです。あの凄い2015年フォラティエールを飲めば、そんなもんじゃないだろうと簡単に想像出来ますが、まぁ、ワインは好みですからね・・。好みをモロに持ち込んでしまうテイスターは信用できません。
 非常に希少なグラン・クリュです。まだこんな価格で買えます。お早めにどうぞ!
 以下は以前のコメントです。
【アドヴォケイトも94~96Points!ブルゴーニュの偉大なシャルドネのひとつでしょう!】
 この10日間ほどの間は、毎日のようにバシュレ=モノの素晴らしいシャルドネを味わっ...



2014 Bourgogne Blanc
ブルゴーニュ・ブラン

12298
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥3,080 (外税)
【偉大な2014年ブルゴーニュ・シャルドネ!未来のブルゴーニュを牽引するのはバシュレ=モノ・・と思わせてくれる、ノーズまで華やかな逸品です!】
 まずバシュレ=モノ2014年について最初にお伝えしたいことは、
「ユベール・ラミー2014年を美味しいと思った方なら必ず評価してくれるだろう。」
とnoisyは感じていること・・そして、
「ユベール・ラミーの太く滑らかで低重心な味わいともかなり違う味わい。」
ながらも、
「おそらくこの2つのドメーヌは将来のブルーニュ・シャルドネのシーンの主役足りえるだろう。」
と言うことなんです。
 何しろ、購入したキュヴェのほとんど全てを飲んで確かめてますんで・・(^^;; 営業的には大赤字ですが、
それだけ力を注ぐだけの価値が有ると踏んでの大盤振る舞いです。是非とも何か1本でも・・飲んでみて欲しい・・暮れの押し詰まりに詰まった時期に、noisyなりに一生懸命、キーボードを叩いています。
 このブルゴーニュ・ブランですが、キャプスュルが巻かれた非常...



2014 Santenay Blanc
サントネ・ブラン

12299
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
サントネ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥3,680 (外税)
【まるでシャサーニュ=モンラッシェ!若々しく華やか、充実した冷ややかな酸がリアルな果実を感じさせてくれます!】
 noisy も初の扱いとなるバシュレ=モノのサントネイです。ご存知の通りサントネイは、シャサーニュ=モンラッシェの南に接するコート=ドールのどん尻に位置する村です。
 で、おそらくですが・・ほぼ勘違いされていると思われるのが、実は生産されるワインのほとんどが「赤、ピノ・ノワール」で有って、「白、シャルドネ」は非常に少なく、古い資料では全体の1%と言われています。現状、赤ワイン全盛ですが、北隣のシャサーニュ村がシャルドネに切り替えて成功していることを考えれば、若干なりともそのパーセンテージは変わっているかもしれません。
 しかし、やや大雑把な味わい・・もしくは、繊細だが薄い・・と思われるものが多いピノ・ノワールに対し、希少なシャルドネは、
「シャサーニュ=モンラッシェに似て素晴らしいものに当たる確率が高い」
のが事実です。
 「サントネイは赤より白」・・と思っ...



2014 Maranges 1er Cru la Fussiere Blanc
マランジュ・プルミエ・クリュ・ラ・フシェール・ブラン

12300
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
マランジュ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥4,290 (外税)
【呆れるほど美味しい!緑に輝く、何にも似ていないようで、何かに似ているような・・素晴らしいシャルドネです!アドヴォケイトも90~92Points!】
 めっちゃ旨いです!・・まぁ、
「マランジュに旨いもの無し」
と言っていた noisy にとっては非常に唇が寒い訳ですが、飲んだら旨いものを駄目とは言えないんですよね・・。
 で、左の写真もそうなんですが、是非、造り手紹介の部分の一番下の写真もご覧ください。左側がこのマランジュ1級フシェールで、左側がサン=トーバン1級アン・ルミイィです。
 ・・そう、明らかに違う色彩ですよね?
 そうなんですよ。完全に「グリーン」の存在が大きい色調をしているんです。右のアン・ルミイィは美しいゴールド、もしくは黄色ですが、フシェールは緑の色が多く入っています。
 実はこのマランジュ、サントネイの南に位置するアペラシオンでして、
「・・あれ?コート=ドールの南のどん尻がサントネイじゃないの?」
と思われるかもしれませんが・・それで正解です。単に丘が連続してなくて...



2014 Saint-Aubin 1er Cru en Remilly
サン=トーバン・プルミエ・クリュ・アン・ルミイィ

12301
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
サン=トーバン
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥4,890 (外税)
【次世代ブルゴーニュ・シャルドネを担うだろうユベール・ラミーとバシュレ=モノの接点!アドヴォケイトが何と・・92~94Points ってホント?】
 まぁ・・このアン・ルミイィは、あのモンラッシェと地続き・・と言うか、真裏と言うか、同じ標高と言うか・・ただちょっとだけ西向きと言うだけで有って、土壌などはかなり似通っているんだろうと。少なくとモンラッシェとは言えずとも、その見事な味わいは、
「モンラッシェと書けないピュリニー!」
のようで有り、やや西向きの分、冷ややかさをまとうことが有る・・程度になってきていると思います。
 勿論ですが、単にアン・ルミイィと言っても、そのある程度の広さの有る畑の中での違いさえも有る訳ですが、
「ん?・・じゃぁ、凄いって言ってるユベール・ラミーもアン・ルミイィを造ってるよね?」
と言うことに気付くわけでして、
「・・そうか・・じゃぁ、ユベール・ラミーとの違いも同じクリマで比較が出来るってことだ!」
と言うことなんですよね。
 なので今から年明けのラミーの「密...



2014 Mersault Clos du Cromin
ムルソー・クロ・デュ・クロマン

12303
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ムルソー
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥5,850 (外税)
【厳しいだけでは無い、とても豊かな面をみせてくれる非常にゴージャスなムルソーです!】
 いや~・・これは旨い・・見事な村名リューディ、クロ・デュ・クロマンです。一般的に思われているであろうムルソーとは違うぞ!・・その上でかなり高質なバランスを見せているムルソーも有るんだぞ!・・と言うことを証明するワインでも有ります。
 通常、noisy は、
「ムルソーは非常に厳しいミネラリティ、大理石にも例えられるものがたっぷり在るから・・」
と言う場合が多いんです。まぁ、そのようなアイテムの扱いが多いと言うことになりますね。レ・シャルムやジュヌヴリエール、そしてレ・ナルヴォーとかレ・ルージュとか・・です。
 しかしながら、これらは皆、
「ムルソー村の南端、もしくは西に在る畑」
なんですよ。
 でもそれだけじゃなくて北寄りの、ヴォルネイに近い部分の畑も有ります。アペラシオン的に言いますとヴォルネイ=サントノとかの1級畑では有りますが、ピノ・ノワー...



2014 Chassagne-Montrachet
シャサーニュ=モンラッシェ

12302
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥5,680 (外税)
【飲めば思い出すラモネのシャサーニュ!・・素晴らしいです!】
 
「バシュレ=モノのシャルドネって・・一体、誰に似ているの?」
と聞かれたら・・少なくともこのシャサーニュ=モンラッシェを飲む方には・・
「ドメーヌ・ラモネでしょう。しかしラモネさんより美味しいかも・・いや、やや豊かでミネラリティも高いかも・・」
と言うと思います。
 香りを嗅ぎ、グラスを傾け、口内に流し始めた中間地点までは、
「かなりソックリ」
と理解しています。
 まぁ、それでもバシュレ=モノの超高域の表現は、他の生産者には余り無い・・とは言えます。
 そして、中間以降は、モア・ミネラリティとモア果実味ですね。
 そういう意味では、このワインのアペラシオンは違うとしてもルフレーヴさん的かもしれません。それほど硬くは成りませんが・・。
 しかし、コント・ラフォンさん的では無い・・と思います。こちらに似ているのはやはりユベ...



2014 Puligny-Montrachet
ピュリニー=モンラッシェ

12305
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥6,150 (外税)
【滅茶ゴージャス!きっとピュリニーに抱くイメージそのままです!】
 まぁ、これだけ水平でガンガン開けますと、色んな事に気付きます。バシュレ=モノらしい超高域の表現もそうです。結構難しいことをやってるのかな?・・単に畑の位置で発酵槽を変えてるだけじゃ無いよなぁ・・などもそうですが、何よりも・・一般に言うところの、
「テロワールが見事に違うことを見せつけている」
と気付かされます。
 他のコラムでも書きましたが、マランジュ・フシェールとサン=トーバン・アン・ルミイィの、余りの色の違いもそうですが、これは完全に畑の個性でしょう。
 豊かでゴージャスなムルソー・・って、ペリエール以外にも在ると思い出させてくれるのもクロ・デュ・クロマンです。これなんぞ、下手をすると「ムルソーと言わないかもしれない・・」シャルドネですが、モロに畑の個性、そのものです。
 こちらは、根底に厳しいミネラリティを持つクロ・デュ・クロマンとも違うミネラリティ、...



2014 Chassagne-Montrachet 1er Cru la Romanee
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ラ・ロマネ

12306
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥9,180 (外税)
【濃密!繊細!ピュア!実に素晴らしいです!これは必飲!】
 いや~・・この3品は絶品です!・・素晴らしいですね・・。確かに、6千円までのクラスのバシュレ=モノのワインも、優れたバランスとポテンシャルで旨いですが、9千円代の3アイテム、ラ・ロマネ、ルフェール、フォラティエールの甘露な味わいには適わないです。
 もっともカミサンなどは、スイスイ飲めなくなるのが嫌なようで・・6千円台までのワインが好きなようですが、noisy としますと、
「ん~・・・そこは比べないで・・」
と思ってしまいます。もう、クラスが違っちゃう訳です。ほんの少量だけ口に含み、口内で転がすだけでもう・・美味しさに参ってしまいます。香りもホント素晴らしいです・・。
 シャサーニュ=モンラッシェ・ラ・ロマネは、ラ・グランド・モンターニュに有るトップ・クリマです。非常に目の細やかな真っ白い石灰に、様々なミネラリティが交じり合って感じられます。やや赤みやオレンジ色...



2014 Puligny-Montrachet 1er Cru les Referts
ピュリニー=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・ルフェール

12307
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥9,180 (外税)
【濃密!繊細!ピュア!実に素晴らしいです!これは必飲!】
 いや~・・この3品は絶品です!・・素晴らしいですね・・。確かに、6千円までのクラスのバシュレ=モノのワインも、優れたバランスとポテンシャルで旨いですが、9千円代の3アイテム、ラ・ロマネ、ルフェール、フォラティエールの甘露な味わいには適わないです。
 もっともカミサンなどは、スイスイ飲めなくなるのが嫌なようで・・6千円台までのワインが好きなようですが、noisy としますと、
「ん~・・・そこは比べないで・・」
と思ってしまいます。もう、クラスが違っちゃう訳です。ほんの少量だけ口に含み、口内で転がすだけでもう・・美味しさに参ってしまいます。香りもホント素晴らしいです・・。
 シャサーニュ=モンラッシェ・ラ・ロマネは、ラ・グランド・モンターニュに有るトップ・クリマです。非常に目の細やかな真っ白い石灰に、様々なミネラリティが交じり合って感じられます。やや赤みやオレンジ色...



2014 Puligny-Montrachet 1er Cru les Folatieres
ピュリニー=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・フォラティエール

12308
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥9,950 (外税)
【濃密!繊細!ピュア!実に素晴らしいです!これは必飲!】
 いや~・・この3品は絶品です!・・素晴らしいですね・・。確かに、6千円までのクラスのバシュレ=モノのワインも、優れたバランスとポテンシャルで旨いですが、9千円代の3アイテム、ラ・ロマネ、ルフェール、フォラティエールの甘露な味わいには適わないです。
 もっともカミサンなどは、スイスイ飲めなくなるのが嫌なようで・・6千円台までのワインが好きなようですが、noisy としますと、
「ん~・・・そこは比べないで・・」
と思ってしまいます。もう、クラスが違っちゃう訳です。ほんの少量だけ口に含み、口内で転がすだけでもう・・美味しさに参ってしまいます。香りもホント素晴らしいです・・。
 シャサーニュ=モンラッシェ・ラ・ロマネは、ラ・グランド・モンターニュに有るトップ・クリマです。非常に目の細やかな真っ白い石灰に、様々なミネラリティが交じり合って感じられます。やや赤みやオレンジ色...



2014 Batard-Montrachet Grand Cru
バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ

12309
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥36,900 (外税)
【アドヴォケイトも94~96Points!ブルゴーニュの偉大なシャルドネのひとつでしょう!】
 この10日間ほどの間は、毎日のようにバシュレ=モノの素晴らしいシャルドネを味わっていました。そして、今まであやふやだった気持ちに踏ん切りが付いたと言えます。
 まずは・・
「バシュレ=モノのワインは異常に安い!」
と言うことが言えます。
 何故って・・ACブルでさえ3千円ほどですが、完全にクラスを超えています。見た目も、ブルでさえ超太瓶に入っていますので高級感が有ります。
 そして、
「テロワールをきちんと表現出来ている」
んですね。
 これは非常に大事なことです。シャサーニュは・・ラモネらしく、ピュリニーは・・そんなに硬く無いですがルフレーヴっぽいです。そして1級以上はもの凄いですが、きちんとテロワールを表しているので飲んでいて非常に楽しいです。
 驚きはマランジュ・レ・フシェール・ブランにも有りました。やや緑色の液体から、とてもじ...



2013 Saint-Aubin 1er Cru en Remilly
サン=トーバン・プルミエ・クリュ・アン・ルミイィ

11625
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
サン=トーバン
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥5,190 (外税)
【次世代のブルゴーニュ・シャルドネのトップランナーが造った2013年は心底ピュア!!余分な虚飾を一切廃した純な味わいです!】
 ん~・・こうまで安定していると、「若手の期待の星」と一言で片付けてはいられないのかもしれないと思い始めています。ドメーヌでは無いので立場が違うとは言え、やはり期待の星と言われる「バンジャマン・ルルー」とは、スタイルが大きく異なっているし、バシュレ=モノもバンジャマン・ルルーも安定度はとても高い。
 唐突に比較に出してしまったのでおそらくその意味するところも判らないと思うので申し訳ないんですが、結構、ここは重要な部分かな・・と思うので、書いておこうかなと。単にドメーヌとネゴスと言う問題だけでは無くて、ワインに対する考え方とか、生き方とかに関わっているような気がするんですね。
 例えばバンジャマンの場合は、どのキュヴェを飲んでも、非常に濃密で深みが有って、また常に平均以上の仕上がりをしていると思う。いつ抜栓しても、置かれた状況でそれなりのパフォーマンスを期待出来、しかもそれを「さ...



2013 Mersault Clos du Cromin
ムルソー・クロ・デュ・クロマン

11626
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ムルソー
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥5,890 (外税)
【次世代のブルゴーニュ・シャルドネのトップランナーが造った2013年は心底ピュア!!余分な虚飾を一切廃した純な味わいです!】
 ん~・・こうまで安定していると、「若手の期待の星」と一言で片付けてはいられないのかもしれないと思い始めています。ドメーヌでは無いので立場が違うとは言え、やはり期待の星と言われる「バンジャマン・ルルー」とは、スタイルが大きく異なっているし、バシュレ=モノもバンジャマン・ルルーも安定度はとても高い。
 唐突に比較に出してしまったのでおそらくその意味するところも判らないと思うので申し訳ないんですが、結構、ここは重要な部分かな・・と思うので、書いておこうかなと。単にドメーヌとネゴスと言う問題だけでは無くて、ワインに対する考え方とか、生き方とかに関わっているような気がするんですね。
 例えばバンジャマンの場合は、どのキュヴェを飲んでも、非常に濃密で深みが有って、また常に平均以上の仕上がりをしていると思う。いつ抜栓しても、置かれた状況でそれなりのパフォーマンスを期待出来、しかもそれを「さ...



2013 Puligny-Montrachet 1er Cru Hameau de Blagny
ピュリニー=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・アモー・デュ・ブラニー

11627
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥7,950 (外税)
【次世代のブルゴーニュ・シャルドネのトップランナーが造った2013年は心底ピュア!!余分な虚飾を一切廃した純な味わいです!】
 ん~・・こうまで安定していると、「若手の期待の星」と一言で片付けてはいられないのかもしれないと思い始めています。ドメーヌでは無いので立場が違うとは言え、やはり期待の星と言われる「バンジャマン・ルルー」とは、スタイルが大きく異なっているし、バシュレ=モノもバンジャマン・ルルーも安定度はとても高い。
 唐突に比較に出してしまったのでおそらくその意味するところも判らないと思うので申し訳ないんですが、結構、ここは重要な部分かな・・と思うので、書いておこうかなと。単にドメーヌとネゴスと言う問題だけでは無くて、ワインに対する考え方とか、生き方とかに関わっているような気がするんですね。
 例えばバンジャマンの場合は、どのキュヴェを飲んでも、非常に濃密で深みが有って、また常に平均以上の仕上がりをしていると思う。いつ抜栓しても、置かれた状況でそれなりのパフォーマンスを期待出来、しかもそれを「さ...



2013 Puligny-Montrachet 1er Cru les Referts
ピュリニー=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・レ・ルフェール

11628
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥9,180 (外税)
【次世代のブルゴーニュ・シャルドネのトップランナーが造った2013年は心底ピュア!!余分な虚飾を一切廃した純な味わいです!】
 ん~・・こうまで安定していると、「若手の期待の星」と一言で片付けてはいられないのかもしれないと思い始めています。ドメーヌでは無いので立場が違うとは言え、やはり期待の星と言われる「バンジャマン・ルルー」とは、スタイルが大きく異なっているし、バシュレ=モノもバンジャマン・ルルーも安定度はとても高い。
 唐突に比較に出してしまったのでおそらくその意味するところも判らないと思うので申し訳ないんですが、結構、ここは重要な部分かな・・と思うので、書いておこうかなと。単にドメーヌとネゴスと言う問題だけでは無くて、ワインに対する考え方とか、生き方とかに関わっているような気がするんですね。
 例えばバンジャマンの場合は、どのキュヴェを飲んでも、非常に濃密で深みが有って、また常に平均以上の仕上がりをしていると思う。いつ抜栓しても、置かれた状況でそれなりのパフォーマンスを期待出来、しかもそれを「さ...



2013 Chassagne-Montrachet 1er Cru la Romanee
シャサーニュ=モンラッシェ・プルミエ・クリュ・ラ・ロマネ

11630
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
シャサーニュ=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥9,580 (外税)
【次世代のブルゴーニュ・シャルドネのトップランナーが造った2013年は心底ピュア!!余分な虚飾を一切廃した純な味わいです!】
 ん~・・こうまで安定していると、「若手の期待の星」と一言で片付けてはいられないのかもしれないと思い始めています。ドメーヌでは無いので立場が違うとは言え、やはり期待の星と言われる「バンジャマン・ルルー」とは、スタイルが大きく異なっているし、バシュレ=モノもバンジャマン・ルルーも安定度はとても高い。
 唐突に比較に出してしまったのでおそらくその意味するところも判らないと思うので申し訳ないんですが、結構、ここは重要な部分かな・・と思うので、書いておこうかなと。単にドメーヌとネゴスと言う問題だけでは無くて、ワインに対する考え方とか、生き方とかに関わっているような気がするんですね。
 例えばバンジャマンの場合は、どのキュヴェを飲んでも、非常に濃密で深みが有って、また常に平均以上の仕上がりをしていると思う。いつ抜栓しても、置かれた状況でそれなりのパフォーマンスを期待出来、しかもそれを「さ...



2013 Batard-Montrachet Grand Cru
バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ

11631
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥36,900 (外税)
【次世代のブルゴーニュ・シャルドネのトップランナーが造った2013年は心底ピュア!!余分な虚飾を一切廃した純な味わいです!】
 ん~・・こうまで安定していると、「若手の期待の星」と一言で片付けてはいられないのかもしれないと思い始めています。ドメーヌでは無いので立場が違うとは言え、やはり期待の星と言われる「バンジャマン・ルルー」とは、スタイルが大きく異なっているし、バシュレ=モノもバンジャマン・ルルーも安定度はとても高い。
 唐突に比較に出してしまったのでおそらくその意味するところも判らないと思うので申し訳ないんですが、結構、ここは重要な部分かな・・と思うので、書いておこうかなと。単にドメーヌとネゴスと言う問題だけでは無くて、ワインに対する考え方とか、生き方とかに関わっているような気がするんですね。
 例えばバンジャマンの場合は、どのキュヴェを飲んでも、非常に濃密で深みが有って、また常に平均以上の仕上がりをしていると思う。いつ抜栓しても、置かれた状況でそれなりのパフォーマンスを期待出来、しかもそれを「さ...


2011 Puligny-Montrachet
ピュリニー=モンラッシェ

10479
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・バシュレ=モノ
750ML 在庫 
¥5,800 (外税)
【ゴージャス感が出てくる少し前!!】
 とてもピュアなピュリニーです。ミネラリティもバッチリ・・。少しムルソー寄りに畑があるのかもしれませんが、ムルソー的にとても硬い岩盤のようなミネラリティとエレガンスのあるやや軽めの石灰のようなものが混在して感じられるように思います。
 バシュレ=モノさんは、樽の使い方が非常に上手で、このまだ若い段階で、確かに新樽を使用しているのが判るが、「樽っぽい」と思えるほどのニュアンスには感じず、とても自然な感じに仕上がっています。
 色合いを見ていただけると判るかもしれませんが、決して濃い目の黄色にはなっておらず、どこか緑が入ったような、活き活きとした色合いです。
 おそらくですが、遅い収穫をして糖度を上げることを心掛けると言うよりも、若々しいリアルな葡萄の表現を大事にしているのかと思います。
 そしてミネラリティが鈍重では無く、硬さは感じさせながらもタップリと、やや軽やかに...