ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.09.30  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・フィリップ・ポルシュロン

フランス Domaines Phileppe Porcheron ボルドー
Domaines Phileppe PorcheronDomaine index -- Open All Column
● ヴァランドローのテュヌヴァンとミシェル・ロランのタッグで、ボルドー左岸初のガレージワイナリーと世間を騒がせた「マロジャリア」をご紹介します。

 右岸のメルロ、もしくはフラン・・と言うようなイメージが有る二人ですので、まさかマルゴーで!?・・と言うのが大方の受け取られ方だったのでしょう。少し前になりますが一度だけご案内させていただいたかと思います。

 1999年が初ヴィンテージでオーナーはフィリップ・ポルシュロン、醸造責任に者にテュヌヴァン夫妻、コンサルタントにミシェル・ロランという布陣で年間7000本以下・・と言う、極上のワインを極少量しか生産しないポリシーです。


2008 Marojallia A.C.Margaux
マロジャリア・A.C.マルゴー

11745

赤 フルボディ
フランス
ボルドー
マルゴー
ドメーヌ・フィリップ・ポルシュロン

750ML 在庫 
¥9,450 (外税)
【マルゴーとは何ぞや?・・との想いを深くするに違いない逸品!!】
 アペラシオン・マルゴーのガレージワインです。テュヌヴァン、ミシェル・ロランのタッグですから、好きか嫌いかは別にして、現在最強のタッグと言えるのは間違い無いでしょう。
 ミシェル・ロランも色々言われますが、やはり彼の特徴は、
「タンニンがベストな状況で収穫をする」
ことから始まるのかな・・と思っています。濃いだ薄いだと言う話しは本質ではないのでしょう。
 今まではまず手に入らないのと、購入出来ても数本・・と言う状況でしたので、個人的興味は有っても、飲むことが適いませんでしたfが。今回は2007年と2008年の両方を1ケースずつGETできましたので、何とか2007年を1本・・飲んでみました!・・非常に興味深い経験で面白かったですね~。
 まず、マルゴーと言えば第一級のシャトー・マルゴーを思い浮かべると思います。他にも幾つか重要なシャトーがマルゴーには存在しますが...



2007 Marojallia A.C.Margaux
マロジャリア A.C.マルゴー

11746

赤 フルボディ
フランス
ボルドー
マルゴー
ドメーヌ・フィリップ・ポルシュロン

750ML 在庫 
¥8,300 (外税)
【マルゴーとは何ぞや?・・との想いを深くするに違いない逸品!!】
 アペラシオン・マルゴーのガレージワインです。テュヌヴァン、ミシェル・ロランのタッグですから、好きか嫌いかは別にして、現在最強のタッグと言えるのは間違い無いでしょう。
 ミシェル・ロランも色々言われますが、やはり彼の特徴は、
「タンニンがベストな状況で収穫をする」
ことから始まるのかな・・と思っています。濃いだ薄いだと言う話しは本質ではないのでしょう。
 今まではまず手に入らないのと、購入出来ても数本・・と言う状況でしたので、個人的興味は有っても、飲むことが適いませんでしたfが。今回は2007年と2008年の両方を1ケースずつGETできましたので、何とか2007年を1本・・飲んでみました!・・非常に興味深い経験で面白かったですね~。
 まず、マルゴーと言えば第一級のシャトー・マルゴーを思い浮かべると思います。他にも幾つか重要なシャトーがマルゴーには存在しますが...