ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.05.06 
Last Update 2021.05.06  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ラ・ラギューヌ・エ・ポール・ジャブレ・エネ

ラ・ラギューヌ・エ・ポール・ジャブレ・エネ

フランス la Lagune et Paul Jaboulet Aine ボルドー
la Lagune et Paul Jaboulet AineDomaine index -- Open All Column
● フレンチワインにしては珍しいコンセプトのワインをご紹介します。何と、格付けボルドーのシャトー、ラギューヌと、ローヌの大御所自然派のポール・ジャブレ・エネの葡萄をブレンドすると言う、

「・・それってちょっと・・どうなのよ・・?」

と、色んな意味のクエスチョンが有りつつも、

「・・大御所同士でそんなことすると・ど~なっちゃうのか確かめてみたい・・」

気持ちも有るんじゃないかと思うんですね。つまり、少し心が動かされる部分を持ったワインかな・・と。しかも、今回は一般的と思われる5千円ほどの価格を大きく下回ってご案内可能だったので、

「フレンチワインの新たな潮流?」

になるかもしれない、エヴィデンスを扱ってみることにしました!


■エージェント情報
 ポール・ジャブレと、ボルドーの格付け3級シャトー「ラ・ラギューヌ」の2大ワイナリーで醸造責任者を務める才媛「カロリーヌ・フレイ氏」が、ボルドーとローヌを行き来するうちにこの2つの銘醸地のワインをブレンドすることで素晴らしいワインが出来るに違いないという確信の下に生み出されたキュヴェ「エヴィデンス・パー・カロリーヌ」をご紹介いたしましょう。

 カロリーヌ氏は、シャンパーニュの名門・フレイ家に生まれ、ボルドー大学醸造学部を首席で卒業したという、まさに眩いばかりの経歴を持った大注目の人物。ボルドー大学では、ボルドー白ワインの醸造に革命的転回をもたらしたと言われるドゥニ・デュブルデュー教授に師事し、先端を行くワイン醸造の知識を積み上げていったそうです。

 ボルドー大学卒業後、2004年にラ・ラギューヌの醸造責任者に就任し、さらに2006年にはポール・ジャブレからも、醸造責任者に招かれたカロリーヌ氏。フランスが誇る素晴らしい二つの銘醸地、そしてその地を代表する品種である「カベルネ・ソーヴィニヨン」と「シラー」。この二つのブドウ品種を用いて、さらに上質なワインを造ることを決めたカロリーヌ氏は、これら二つのブドウ品種に捧げる忠誠心の証として、このキュヴェに「カロリーヌによるエヴィデンス(証拠)」という名を付けたそうです。

 2010年は、ボルドー、ローヌの両地域は同じような気象条件だったそうで、春は乾燥し、夏は気温が高く降水量の少ない日が続いたということでした。しかしながら、いずれの地域においても細やかで力強いタンニンが得られ、各地域のポテンシャルを十分に証明する「証拠」の名に相応しいワインが出来上がったのです!


2010 Evidence par Caroline Rouge V.d.F.
エヴィデンス・パー・カロリーヌ・ルージュV.d.F.

4420
自然派
赤 フルボディ
フランス
ボルドー
ラ・ラギューヌ・エ・ポール・ジャブレ・エネ
750ML 在庫 
¥3,150 (外税)
【中々に優れたバランス。濃密だが疲れないエキス系の芯を持った味わいです!】
 何と、ボルドーとローヌを混ぜちゃいました~!・・と言う、ちょっと安易に軽いノリとも思えるようなワインのご紹介です。
 ただ、そうは言っても・・3級格付けのシャトーとポール・ジャブレのジョイントですから、「安易」と一気にやっつけて遠ざけるのもどうかな・・と。きっと同じお気持ちの方も多いでしょうし、日本人は「改革」と称して伝来のものと古来のものを良い感じに合わせて新しいものを作り上げてしまう気質も有りますから、
「ボルドー左岸とローヌのシラーか~・・」
と、すでに頭の中で想像を始めちゃってるんじゃないかと思うんですね。
 ラーメンなどは、中国から伝来したもの・・とされていますが、今ではもう・・完全な日本食。しかも地方で色々なアレンジをされて、地方色も豊かですし、今もまだ進化中とも言えるかと思います。
 偉大なる農業国であるフランスはやはり伝統を重んじる部分が多く...