ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.09.24  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ルイ・フルーロ

フランス Louis Fleurot ブルゴーニュ
Louis FleurotDomaine index -- Open All Column
● 初めての扱いです。評判が良さそうだし、中々リーズナブルなブルゴーニュワインが無いので試したかったんですね。エレガント系でエキス系・・脱力系も少し入った優しい味わいでした!


■エージェント情報
 もともと樽職人だったルイ・フルーロさんが、1975年から徐々に畑を買い足し、1993年にニュイ・サン・ジョルジュ村に設立したドメーヌです。1998年に甥のドニ・バザール(写真)が継承。ぶどう栽培に精通する彼は、ファビエンヌ・ボニーの栽培の先生でもあります。

 「完熟した健康なぶどうが、自然に美味しいワインになります。根を地中深くに伸ばすため、化学肥料や農薬の使用は極力抑えるべきですが、かといって完全無農薬が一概に良いかというと、それは疑問です。少なくともブルゴーニュでは、無農薬栽培されているぶどうにカビが生えているものが多く、ぶどうが可哀そうで可哀そうで・・・」。

 自然に対する彼の深い洞察は、その半自給自足的なライフスタイルに立脚しています。野菜を家庭菜園でまかなっているのはもちろんのこと、ウサギ、鶏、ハト、そして・・・豚(自分でソーセージをつくります)まで、ドメーヌを訪問すると、その動物の数に驚かされます。ちなみに趣味は、「釣り」。また、叔父のルイ・フルーロ翁(2012年現在75歳)が壮健だった2010年までは、翁自身が森に入って木を選び、切って乾燥させ、年間20樽の新樽を作ってこのドメーヌで使用していました。

 「叔父は長年、AOCニュイ・サン・ジョルジュの「レ・ザルジラ」にトマトを植えていて、「ここのトマトが甘くてうまいんじゃ~」とか言ってましたが、それはさすがにぶどうに植え替えさせてもらいました(笑)。ちなみにこの畑はカラスがぶどうをたくさん食べてくれるので、グリーンハーベストをする必要はありません(おぬしも負けておらぬな!)」。

 そんなドニ・バザールが造るワインは、ぶどう本来の滋味旨味がしみじみと感じられ、笑うと目が線になる彼の笑顔のように、優しく、癒される味わいです。「ブシャール・ペール・エ・フィス」などの名門メゾンから、「オーレリアン・ヴェルデ」といった気鋭の新世代まで、バルクワイン購入のリクエストが引きも切らないのもよく分かります。


2015 Bourgogne Rouge
ブルゴーニュ・ルージュ

13697
自然派
赤 フルボディ
フランス
ブルゴーニュ
ルイ・フルーロ

750ML 在庫 
¥2,580 (外税)
【超エレガント系ニュイ=サン=ジョルジュ的、優しい味わいのACブルです!】
 これは飲めば判りますね・・。ニュイ=サン=ジョルジュ的なスパイスの出方、でも土臭い感じが無く、スパイシー過ぎない、重く無い味わいが響いてきます。
 色はそれなりに付いていますが、やはり畑の組成なんでしょう。決して「押しの強いワインでは無く」、もさッともせず、バランスの良さ、飲み口の良さ、軽妙さに利点を感じます。
 同じようにリーズナブルなACブルに、毎年かなりの量が売れるロッシュ・ド・ベレーヌ・・・いや、こちらはメゾンものでは有りますが、
「ロッシュ・ド・ベレーヌのピノ・ノワールは少し酸っぱい・・」
と感じられるようでしたら、こちらのルイ・フルーロのACブルが合うかもしれません。
 やはりこのヴォーヌ=ロマネ近辺、ニュイ=サン=ジョルジュ近辺は日照が良いのか土壌なのかは判りませんが・・・いや、その両方なんでしょうが、決して酸は尖がらないんですね。むしろ「弱め...