ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2022.10.03 
Last Update 2022.10.03  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・アルヌー・ラショー

アルヌー・ラショー

フランス Domaine Arnoux-Lachaux ブルゴーニュ
Domaine Arnoux-LachauxDomaine index -- Open All Column
● 久しぶりのアルヌー=ラショーです。ネゴスはパスカル・ラショーでリリースしていました。古くからのブルゴーニュワインファンにとっては、ロベール・アルヌーと言った方が通りは良いですよね。noisy も折に触れ、テイスティングをしていました。

「・・・が!」

 大事件です!・・2018年にエチケットを更新したんですが・・その時に再度テイスティングしておけば良かったと悔やんでいます。

「2018年もののアルヌー=ラショーが大ブレーク!」

 したんですね・・。知らなかった・・気付いたのはお客さんが言われてから・・ですので去年の夏頃だったかと。

「アルヌー=ラショーは2018年の村名で10万以上で取引されてますよ・・。A.C.ブルでも数万円、グラン・クリュだと20~30万円です。」


 え~・・?・・A.C.ブルのピノ・ファンが3万円以上って・・マジですか!?

 と、調べてみましたら、どこのショップも在庫は無く、オークションでは確かに・・村名ヴォーヌ=ロマネでも12万円とかで落札されています。もう・・ビックリです・・。


 確かにピノ・ファンは良いワインでは有ったですが、noisy的にはザラっとしたテクスチュアと前面に出て来やすいタンニンの姿が今ひとつな感覚で・・それでもアルヌー=ラショーは良いロケーションの畑を沢山お持ちですし、

「アルヌー=ラショーはいつか化けるかもしれない・・」

とは思っていたのは確かです。


 息子さんのシャルルさんがドメーヌに入ったと聞いていたので、その時チェックはしたのですが・・まぁ、余り変わらず・・そのままにしてしまったんですね。迂闊でした。

 で、仕方がないのでエージェントさんに我が儘を聞いてもらって・・何とか12本だけ分けていただきました。ですので、取りあえずは判断基準にしていた「2019ブルゴーニュ・ピノ・ファン」を飲ませていただきましたので、内容はコラムをご覧ください。

 でも価格は高いですよね~・・。エ*テ*さんは、8千円に消費税での販売をすでに終えてましたが即完売のようで・・まぁ、これは安かったです。因みにnoisy が分けていただいたエージェントさんの小売標準価格は1万円ですのでより高いです。noisy が高くしている訳では有りませんので悪しからず・・。

 また、今まで余り仕入れていないので、トップ・キュヴェのロマネ=サン=ヴィヴァンや1級のグラン・スショなどの看板ワインはいただけませんでしたのでリクエストされましても有りません。

 なお、2019年ものは2018年ものを凌ぐ仕上がりだと思われます。そうなって来ますと、A.C.ブルを仮に定価で販売させていただいても3倍にはなると見込むのでしょう、すぐにオークションに並んでしまうので・・もう、どのような神経をなさっているのか不思議ですが、Noisy wine の裏貼りが付いたまんま・・オークションに出品されているのを見ると、本当にガッカリしてしまいます。

 ですので、申し訳ございませんが販売条件を付けさせていただきました。どうぞご了承くださいませ。

 なお、巷では「プティD.R.C.」と言われて持ち上げられています。確かに2019年もののピノ・ファンを飲みますと、D.R.C.的でも有りますしルロワ的でもあり、マルセル・ダイスの姿も見えるかのようです。noisy も何年か掛けて、その実力がアップした様を検証させていただこうと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

■エージェント情報
 ヴォーヌ・ロマネ村を中心に豪華な特級、一級畑を多く所有する事からも度々プチDRCと称されているドメーヌ・アルヌー・ラショー(2006年ヴィンテージまでのドメーヌ・ロベール・アルヌー)は、ブドウ栽培家としては200年以上も同じ場所に居を構えるという旧家。1950年代に元詰めを始め、畑を拡張させたロベール・アルヌーと1985年から1995年まで一緒に働き、5代目当主として後を継いだ娘婿パスカル・ラショーは理論整然と几帳面な性格の持ち主で品質向上への舵を取り、2005年に新調した醸造設備と地下セラーは機能性に優れ、今日でもまるで新品の様で清潔そのもの。鮮明で密度の濃い果実味とヴォーヌ・ロマネらしい優美さと力強さを持つスタイルとして国際市場でも高い人気を誇り、ドメーヌの名声を更に高める事に成功。

現在は2012年ヴィンテージより参画しているパスカルの長男、シャルル・ラショーの主導により一層とテロワールの最大限の表現とナチュラルなタッチのワイン造りを目指している。特にマダム・ビーズ・ルロワとの親交を通じ影響を受けておりビオディナミを導入。日々畑仕事に励みながら自然と収量を落とし凝縮した健全なぶどうを元に控えめな抽出や全房発酵、SO2無添加の醸造、補糖なしで低めの自然なアルコール度数、新樽の比率を下げるなど果敢に攻め、細かい微調整を行いながら更なる高みを目指している。新樽比率はACブルゴーニュ、村名で10%程度、一級で20%、特級で30%。2018年産より伝統回帰をベースにモダンさも加えた今日のドメーヌの方向性を反映した印象的なラベルデザインへと一新。


2019 Echezeaux les Rouges Grand Cru
エシェゾー・レ・ルージュ・グラン・クリュ

16623
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
フラジェ=エシェゾー
ドメーヌ・アルヌー・ラショー
2019アルヌー=ラショーはお一人様どれか1本のみ限定+こちらは条件の無いワインを1万円以上
750ML 在庫 
¥80,750 (外税)
【2018年ものを遥かに超えたのかもしれない・・非常に希少な2019年エシェゾー・レ・ルージュです!】
 2019年のアルヌー=ラショーはもう少しいただけるかと思ったんですが、全部合わせても12本・・・1本飲んでしまったのでご紹介可能なのは11本だけです。
 兎に角2018年もののアルヌー=ラショーの人気と価格は異常でして、オークションサイトでは2018年のエシェゾー・レ・ルージュが30万円で落札・・いや、嘘じゃないですよ。以下のページをコピー&ペーストでご覧ください。もう・・ビックリです・・。
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h1024785564
 因みに、2019年もののエシェゾー・レ・ルージュに、ジャスパー・モリス氏は上値で98ポイントです。実際には96~98ポイントと幅を持たせていますが、2018年ものについてもジャスパーさんは評価していまして・・なんと、
「93~96ポイント!」
なんですね・...


2019 Chambolle-Musigny
シャンボール=ミュジニー

16618
自然派
赤 フルボディ
フランス
ブルゴーニュ
シャンボール=ミュジニー
ドメーヌ・アルヌー・ラショー
2019アルヌー=ラショーはお一人様どれか1本のみ限定+こちらは条件の無いワインを7千円(税別)以上
750ML 在庫 
¥19,000 (外税)
【アドヴォケイトは上値93ポイント!】
「アルヌー=ラショーの2018年以降もののオークション落札価格が異常!」
と、アチコチのコラムで書かせていただきましたが、実は異常なのはオークションだけじゃないんですね。
「実は・・海外のワイン屋にも、日本のワイン屋にも、2018年もの以降は在庫が全く無い!」
んですよ。
 検索して見当たるのは、例えばアルマン・ルソーとかD.R.C.とかルロワとかを、べらぼうな価格で並べている「再販サイト」です。「コレクション何とか」とか、「レアワイン何とか」みたいな名前が付いていると思います。日本の某ショッピングモールにも有りますよね?
 その海外の再販サイトを覗いてみますと、何と・・
2018 Domaine Arnoux-Lachaux Les Chaumes 200万円
2018 Domaine Arnoux-Lachaux Nuits-Saint-Geo...


2019 Vosne-Romanee Les Hautes Maizieres
ヴォーヌ=ロマネ・レ・ゾート・メジエール

16622
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
フラジェ=エシェゾー
ドメーヌ・アルヌー・ラショー
2019アルヌー=ラショーはお一人様どれか1本のみ限定+こちらは条件の無いワインを8千円以上
750ML 在庫 
¥22,325 (外税)
【2017年以前のアルヌー=ラショーとは、だいぶ違ってきているようです・・】
 以前のアルヌー=ラショーのイメージは、濃い目の・・以前のエチケットに入っている「茶色のライン」がその果実感を表しているような感じで、赤と言うより少し黒~茶に寄った果実感、少しタニックなキュヴェも有り、テクスチュアは少し襞のあるような感じ・・バランスは悪く無いが、どことなく取っつきにくい時もあるが、熟すと低域から高域までバランスの良い味わいになる・・そんな感覚を持っていました。
 しかしこの何年かは結構にエキスが綺麗に出始めたかな?・・とは思っていたんですが、そこまで強く印象に残る・・と言うような感じでは無く・・
 あ、例えばフーリエですね。2005年までは「リーズナブルな価格」で結構販売させていただいたワインでした。ところが2006年ものは大幅値上げになったので、約束していた数量だけは引き取るけれど、次の2007年はもう・・などと考えつつ2006年もののA.C.ブルをテイステ...


2019 Vosne-Romanee
ヴォーヌ=ロマネ

16621
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ヴォーヌ=ロマネ
ドメーヌ・アルヌー・ラショー
2019アルヌー=ラショーはお一人様どれか1本のみ限定+こちらは条件の無いワインを7千円(税別)以上
750ML 在庫 
¥19,000 (外税)
【ジャスパー・モリス氏は格上の村名ヴォーヌ=ロマネ・レ・ゾート・メジェールよりこの村名ヴォーヌ=ロマネを高く評価!】
 ん~・・ピノ・ファンをテイスティングするか、それともこの村名ヴォーヌ=ロマネを開けるか・・悩んだのですが、結局、以前から馴染みのあるピノ・ファンをテイスティングしてしまいましたので細かな部分は判りません。
 オークションの最新の落札価格が・・なんと、2019村名ヴォーヌ=ロマネが11万円弱、2018年が13万円超え・・です。
「・・・オカシイじゃないの?・・大丈夫?」
と思ってしまいますが・・。
 気になるようでしたらご自身でお確かめください・・。
https://auctions.yahoo.co.jp/closedsearch/closedsearch?va=%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%8C%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC&vo=&ve=&auccat=0&...


2019 Nuits-Saint-Georges les Poisets
ニュイ=サン=ジョルジュ・レ・ポワゼ

16620
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ニュイ=サン=ジョルジュ
ドメーヌ・アルヌー・ラショー
2019アルヌー=ラショーはお一人様どれか1本のみ限定+こちらは条件の無いワインを5千円(税別)以上
750ML 在庫 
¥15,200 (外税)
【何と村名で上値93ポイントです!】
 1級レ・カイユ直下のレ・ポワゼです。オークションの物凄い落札価格はここではもう書きません。(・・あ、記事を書いている順番はバラバラですので、書かないと書いた下の記事に出ている場合もあり得ます・・すみません。)
 アドヴォケイトもジャスパー・モリスさんも91~93ポイントと、村名のリューディとしましては相当に・・高い評点で揃ってます。なので、
「プロゼは相当に良さそう!」
だと思います。
 レ・カイユの直下ですし、アルヌー=ラショーですから・・普通に行けば、「単にエレガントタイプ」で有ることは・・絶対に無さそうに思えてしまいます。アルヌーは濃い目でしたからね。
 ですが、シャルルは利いた話しではどうやら・・
「濃くてもエレガントなワイン」
を目指しているらしいので、やはり飲まなきゃ判らない!・・のが真相でしょう。
 ですので、この貴重な201...


2019 Nuits-Saint-Georges
ニュイ=サン=ジョルジュ

16619
自然派
赤 フルボディ
フランス
ブルゴーニュ
ニュイ=サン=ジョルジュ
ドメーヌ・アルヌー・ラショー
2019アルヌー=ラショーはお一人様どれか1本のみ限定+こちらは条件の無いワインを5千円(税別)以上
750ML 在庫 
¥15,200 (外税)
【こちらのニュイ=サン=ジョルジュは、ヴォーヌ=ロマネ側の区画のブレンドです。】
 こちらもジャスパー・モリス氏、上値93ポイントのニュイ=サン=ジョルジュです。一昔前ならニュイ=サン=ジョルジュ村名で93ポイントなど、考えられないほど高い評価だった訳ですが、アルヌー=ラショーの村名の評価を見ていると、
「93ポイントじゃ普通・・」
にしか見えないですよね。
 別のアイテムの「レ・ポワゼ」は、ニュイの村の南のドンケツに近い位置にあります(アペラシオンとしてのニュイ=サン=ジョルジュでは無く村としてのニュイ=サン=ジョルジュ)。
 こちらのニュイ=サン=ジョルジュは、ヴォーヌ=ロマネ側(北)に所有する村名クリマのブレンドになりますので、村の南にあるレ・ポワゼは単独で、それ以外をブレンドしていることになります。ヴォーヌ=ロマネ側は結果的に酸がソフト・・と言うことなんでしょうし、小石の多いレ・ポワゼのミネラリティとはブレンドしても合わない・・と言うよう...


2019 Bourgogne Pinot Fin
ブルゴーニュ・ピノ・ファン

16617
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・アルヌー・ラショー
2019アルヌー=ラショーはお一人様どれか1本のみ限定+こちらは条件の無いワインを5千円(税別)以上
750ML 在庫 
¥9,500 (外税)
【ん?・・ミルランダージュ?・・クラシカルな栽培・醸造から脱皮したモダン・ブルゴーニュ!・・ルロワ的でもあり、マルセル・ラピエール的!・・これは受けが良いのが判る仕上がりです!】
 「なるほどね~・・。そう来たのか・・!」
 と思ってしまいました。どちらかと言えばクラシカルで、熟してはいるが少し多めのタンニンの存在が少し野暮ったいニュアンスを滲ませていた昔のアルヌーのワインとは・・
「・・もう、全然違うじゃん!」
と感じられるブルゴーニュファンもいらっしゃるに違いないと思ってしまいました。
 ですがどうでしょうか・・。今のブルゴーニュワインファンにとっては、好ましいと思っていただける方がほとんどで、否定派は非常に少ないと思いますよ。
 むしろ現在のブルゴーニュワインの主流は、
「実は自然派と隠れ自然派!」
なんですね。ビオだったり、それに近い栽培をし全房発酵に持ち込む・・全部をそうしないまでも、それが理想だと思っている・・。造り手たちはそんな気持ちなのでしょう。
 飲み手たちも以前は、
「還元してる・・」
...