ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.09.24  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

シャトー・テルトル・ド・ラ・ムレール

フランス Chateau Tertre de la Mouleyre  ボルドー
Chateau Tertre de la Mouleyre Domaine index -- Open All Column
● 「あれ~・・?知らないシャトーだけど、名前もエチケットもロートブッフに似てるね~!」

 ・・・そうなんですよ・・。ホント、良く似ていますよね。実はテルトル・ロートブッフと超関係有りのシャトーなんですね。それに何と・・

「味わいもかなり似ている!」

ので・・

 それに、

「ビオロジック!」

なので・・それに、

「テルトル・ロートブッフの半額以下!!」

なので・・

超お奨めなんです!!

 テルトル・ド・ラ・ムレールはサンテミリオンの東に位置するSaint-Etienne-de-Lisse(サン=テティエンヌ・ド・リス)村にわずか1.66ヘクタールの畑から生産されています。
 近くにはヴァランドローやロル ヴァランタン、また2010年にグランクリュ クラッセに昇格したフルールカーディナル等の畑が隣接しています。
 1950年、現当主のエリック氏の母方の両親はサンテミリオンに5haとカスティオンに2haのブドウ畑を購入しました。

 1983年にお爺さんが亡くなり、エリックの両親が管理する事になりましたが、経済的に問題があったので畑を少しずつ売却し現在の1.66haが残りました。

 1994年からエリックが管理するようにました。エリックはヴィンテージの特徴を捉え、フルーティーなワインを作る事を心がけています。
彼は6歳の時からお爺さんと一緒に畑で仕事を手伝い、8歳の時には一人でブドウの管理をする事が出来ていました。1994年からワインを生産しており、ブドウ畑ではビオロジック栽培を実践。

 2001年からオーガニック、カリテフランス認証を受けています。畑の樹齢は40年で6区画に分かれておりトラクターは使わず全ての作業は手で行っています。もちろん収穫も手で行い区画毎に収穫しタンクへ運びます。
 醸造は自然酵母で発酵を行い、ボルドーの伝統的な方法を用い約3週間のキュヴェゾン。又温度が30度以上になった場合はデレスタージュを行い温度を下げます。マロラクティック醗酵はタンクで行い全体の65%は新樽。残りの35%はタンクで約16カ月間の熟成を行います。彼はこのワイン造り以外に2004年よりシャトー・テルトル・ロートブッフでも働いており、畑と醸造の管理もしています。また、テルトル・ロートブフのオーナーでもあるフランソワ・ミジャヴィル氏の娘ニナさんは彼の妻であり、現在はこのワイン造りにも参加しています。
●栽培について
 葡萄の成長をよく観察し、病気にならないように予防すること。非常にシンプルな考え方です。テルトル・ロートブフのミジャヴィル氏とは同じ考え方でよく意見交換もしています。葡萄は過熟手前の完熟状態で収穫します。葡萄が完熟することによって、醸造時に発生する香りをよく抽出することが出来ます。
 また、葡萄本来の香りは、熟成によって失われますが、醸造によって得られた香りは熟成することにより安定し、経年によってより綺麗な熟成の香りになると考えています。

畑面積:1.66ヘクタール、1.2ヘクタールはサン=テティエンヌ・ド・リス村の平地に位置しています。最も標高が高いところで80メートル。残りの0.46ヘクタールは標高50メートルの西向きと北向き斜面です。

アペラシオン:サンテミリオン
土壌:石灰粘土質。表土に粘土と細かい砂、石灰が混じります。下層はヒトデ石灰岩です。
平均樹齢:40年葡萄品種:メルロー80%、カベルネ・フラン20%


 長きに渡り、私たちの舌を魅了してくれた素晴らしい2009年、2010年の後で、特異な気候条件となった2011がやってきました。収穫の日付、その品質については、当初、まったく想像もつきませんでした。温厚で乾いた冬を経て、2010年よりも10日早く開花しました。(1900年から見て、2番目に暑い4月となりました)非常に早い生育を約束された年となったのです。
 しかし結果的に水不足により、結実が遅くなり、例年通りの成長速度となりました。水不足を私たちの偉大なテロワールが補助的に作用したのです、粘土石灰質土壌!)

 そしてこのことで、私たちはこの年が非常に偉大なミレジムとなるべく進んでいることを確信したのです。残念ながら、7月は降水がなく、涼しくなり、ヴェレゾンが7月18日となりました。葡萄の成熟は遅く、乾いた冷涼な8月、9月となりました。異例かつ複雑な成熟を迎えた年となったのです。私は株という株、房という房を見て回り、手作業で未熟果を排除しました。この丁寧な処置のお蔭で、腐敗果はほとんど出ませんでした。そしてボトリティスが落ち着いたタイミングで天気予報を見て収穫が決まったのです。2011年は9月22日に収穫を始め、24日に終了しました。2011年は、美しく溌剌としたヴィンテージです。黒系果実、カシス、桑の実、甘いタンニンを持っています。黒いサクランボやプラムの香りを伴う、十分に長い余韻へと続きます。

【メディア情報】
 毎年、デキャンター誌では、テルトル・ロートブフのセラーで無名なワインを選出する試飲を行います。今年、本誌で最も衝撃的だったのは、サン=テミリオンで有機栽培を行う小さなシャトー、テルトル・ド・ラ・ムレールでした。巨星テルトル・ロートブフの直後に提供されましたが、それにも関わらずそのピュアさと透明感は輝いていました。
 オーナーのエリックはテルトル・ロートブッフで以前働いていた時に(テルトル・ロートブフのオーナー)フランソワの娘で現在、妻であるニナに出会いました。2008年までは、この小さな土地(1.6ヘクタール)から生産されるワインは樽でネゴシアンに売られていました。ニナは彼の一大決心に対する評価を敢えて求めてはいません。しかしエリックのワインがニナの父親と同じワインのレベルを持っていることは明らかなのです。
Nicola Arcedeckne-ButlerMW2011 5月


2013 Chateau Tertre de la Mouleyre Saint-Emilion Grand Cru
シャトー・テルトル・ド・ラ・ムレール・サンテミリオン・グラン・クリュ

12639

赤 フルボディ
フランス
ボルドー
サンテミリオン
シャトー・テルトル・ド・ラ・ムレール

750ML 在庫 
¥6,680 (外税)
【収穫量8HL/HA、生産本数1800本 と言う希少なテルトル・ド・ラ・ムレール2013年!厳しかった年に素晴らしい可能性を持ったサンテミリオンを造り出しました!】
 このところは何ヴィンテージか続けてテルトル・ド・ラ・ムレールをご案内していますので、少しずつファンの方が増えてきているような感触を持っています。
 やはりあの「テルトル=ロートブッフ」にそっくりで、官能的なサンテミリオンを感じさせてくれる・・それにしては、かなりリーズナブル・・と言うのが、皆さんの感覚でしょう。
 noisy 的にも同様で、
「このポテンシャルで1万円しないのは非常にお買い得・・でも、1万だとちょっと売れないだろうなぁ・・」
というような考えでいます。
 で、何とかこの2013年も続けて扱いたいと思っていた訳ですが・・
「ん?・・た、高い!」
 そうなんですよ・・。テルトル=ロートブッフも真っ青な価格が付いていたんです。上代設定12000円・・です。
 そりゃぁ・・わかりますよ・・普段5000本造れるところが1800本しか取...



2012 Chateau Tertre de la Mouleyre Saint-Emilion Grand Cru
シャトー・テルトル・ド・ラ・ムレール・サンテミリオン・グラン・クリュ

11719

赤 フルボディ
フランス
ボルドー
サンテミリオン
シャトー・テルトル・ド・ラ・ムレール

750ML 在庫 
¥6,250 (外税)
【べらぼうに旨い!・・本家のロートブッフを超えた??】
 写真がこのようなものしか見当たらなくて申し訳有りません・・。掲載の写真のためにもう一本開けると価格を上げざるを得なくなってしまいますので、「液量が少ない・・しかもモンラッシェグラスに注いでいて、いつもと違う店頭での写真」です。
 店内なので、光量は多いのですがシアン系の色が少ないかもしれません。
 実を言いますと、前回は2011年のテルトル・ド・ラ・ムレールをご紹介しました。反響も有り、「美味しい!」とのお声もいただきました。・・が、2011年も美味しかったんですが、2012年の素晴らしさには少し足りず・・しかしながら、価格差が物凄く有りまして、その時の(2015年夏)2012年の販売を見送ったと言う経過が有ります。
 2011年は上代6500円・・5490円で販売させていただきました。2012年ものは何と上代8000円です・・。だから、この価格は物凄く頑張っちゃったん...