ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.09.24  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ボルゴーニョ

イタリア Borgogno ピエモンテ
BorgognoDomaine index -- Open All Column
● 本当に久しぶりのご案内になります。ジャコモ・ボルゴーニョの、半世紀以上も前の古酒、バローロ・リゼルヴァをご紹介します。


1944 Baroli Riserva
バローロ・リゼルヴァ

13922

赤 ミディアムボディ
イタリア
ピエモンテ
バローロ
ボルゴーニョ

750ML 在庫 
¥38,800 (外税)
【希少な希少な・・1944年ものです!】
 もう、3/4世紀も前の・・バローロです。世界的には戦争中・・と言うか、1943年9月8日にイタリア王国が連合国に降伏していますので、その直後・・・ですね・・生まれてないす。
 ま・・記念碑的なワイン・・と言ったら良いでしょうか。ボトルを光にあててみると・・
「・・淡い・・」
です。
 でも、赤い色合いは非常にエレガントな感じで存在しています。澱は多いですよ。なので、
「移動して直後のワイン会に出そう!」
なんて・・絶対に考えないでくださいね。
 また、美味しいのを前提に・・と言うか、自分が美味しいかどうかを第一の基準にされる方が稀にいらっしゃいますが、このような古酒はそういう判断を元にするものでは有りません。
「何とか美味しくいただくにはどうしたら良いか?」
「・・まだちゃんと生きていた!・・良かった・・いや意外にも美味かった・・ワイ...



1975 Baroli Riserva
バローロ・リゼルヴァ

13923

赤 フルボディ
イタリア
ピエモンテ
バローロ
ボルゴーニョ

750ML 在庫 
¥15,800 (外税)
【希少な43年経過もの・・1975年ものバローロです!】
 平均的なヴィンテージとされる1975年ものです。1944年ものの色合いの淡さを見てしまえば、むしろ濃いとも言えますが・・いや、しっかりしている・・と言うべきでしょうか。
 1974年は良い年でしたが次の年は平均的、もしくは少し落ちる星2つ位とお考えいただくと良いと思います。色合いは照りも有ります。澱も少し・・でも年代並みです。エチケッタも比較的綺麗ですので、ボルゴーニョお得意の後年出荷物でしょう。ご検討くださいませ。
 以下は以前のレヴューです。
 絶対に大きく外すことが無いバローロの古酒を造るジャコモ・ボルゴーニョです。抜栓のタイミングによっては、とても大きな感動を与えてくれる可能性も有りますよ。もうかなり昔に開けたジャコモ・ボルゴーニョの1957年のバローロ・リゼルヴァの芳香には、驚愕させられました。部屋中を埋め尽くすバローロのブケに、ノックアウトされたのを思い出し...



1968 Baroli Riserva
バローロ・リゼルヴァ

12803

赤 フルボディ
イタリア
ピエモンテ
バローロ
ボルゴーニョ

750ML 在庫 
¥18,800 (外税)
【希少な希少な・・1968年ものです!】
 絶対に大きく外すことが無いバローロの古酒を造るジャコモ・ボルゴーニョです。抜栓のタイミングによっては、とても大きな感動を与えてくれる可能性も有りますよ。もうかなり昔に開けたジャコモ・ボルゴーニョの1957年のバローロ・リゼルヴァの芳香には、驚愕させられました。部屋中を埋め尽くすバローロのブケに、ノックアウトされたのを思い出します。
 その頃から比べれば、プライスはかなり上がってしまいましたが、ジャコモ・ボルゴーニョのバローロは、まさにクラシックな造りをしています。大樽で何年も寝かせ、熟成させた古酒を沢山持ち、飲み頃になったらリリースするというものです。
 しかしながら1968年のピエモンテは絶対的に「オフ・ヴィンテージ」ですし、世界的にも全く良く無かった年ですよね。
 ですからそろそろ50歳を迎えると思われる1968年生まれのワインファンの方は、長きに渡って寂しい思い...