ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.09.27  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・レ・グランド・ヴィーニュ

フランス Domaine les Grandes Vignes ロワール
Domaine les Grandes VignesDomaine index -- Open All Column
● ロワールの生きの良いピュアな自然派の造り手をご紹介させていただきます。自然派の生産者のワインもそれなりな価格に上昇して行く中で、ハッキリした立ち位置をビジョン出来ていると感じます。ジャン=フランソワ・ヴァイランが率いる「ドメーヌ・レ・グランド・ヴィーニュ」。

 それに加え、造り始めた当初はピュアな味わいで有っても、いつしかSo2の不使用にこだわり過ぎ、ワインなのかヴィネガーなのかと判断しかねるような造り手さえいる中、

「出来る限り使わないが、使わなければならない時は躊躇しない」

と言う考えのようであり、その判断の確かさと、仕上がったワインのナチュラルさから、とてもクレバーな造り手だと感じています。是非お見知りおきください。


━━━━━
■エージェント情報
◇2008年からビオディナミに転換しポテンシャルが開花。期待の新規生産者は抜群の安定感で活躍間違いなしです!

【出会い】
 メチャクチャ暑かった2019年夏のフランス。フランス滞在も10日を過ぎ、次第に疲れが溜まっていった時期に晩御飯で訪問したワインバーで彼らのワインと出会いました。昼間にかなり集中力を求められる訪問をしていた私達は疲れきっていて、食事もワインも進んでいきませんでした。

「お任せで何かお勧めの赤ある?」

 と聞いて出してきたのが、レ グランド ヴィーニュのピノー ドニス。これが僕達の疲れを吹き飛ばしました!
 20年近く前に一世を風靡したロワールの某大御所生産者を想起させる、薄い色調でありながら芯のある味わいと濃すぎないタンニン。クリアで伸びのある味筋は正にエナジードリンクでした。このワインは絶対に日本で紹介したい!と思い、帰国後に即連絡する事となりました。

【今回の輸入に至るまで】

 今回ご案内させて頂く前に、11月に東京で行われたルネッサンス・デ・アペラシオンにも出展しておりますし、弊社オフィスで行われた試飲会でもお披露目させていただきましたので、ご存知の方も多いかと思われます。お試し頂きました皆様には感じて頂けたかと思いますが、とても素直で実直な味わいと安定感のある酒質、お財布にも優しい価格は多くのインポーターの目を引きました。
多くの問い合わせがあった中、一番最初にコンタクトを取り、誠実な対応を継続していた野村ユニソンとタッグを組んでこれから優れたワインを案内していける事となりました。

【ドメーヌについて】

 17世紀から代々土地を引き継いできた現当主のジャン=フランソワ・ヴァイランは、ワイン造りにのみ全神経を集中させる生粋のヴィニュロン。シュナン・ブラン、シャルドネ、ピノードニス、カベルネ・フラン、グロロー等をメインに栽培しています。

 2008年からビオディナミに転換しましたが、そのきっかけになったのは同じアンジューでビオディナミの大家として君臨しているマルク・アンジェリ氏。彼のワインに触れていくことで、

「よりワインの本質に触れる様なワインを造って行かなければならない」

と思ったんだと語りました。

「そしてその為には葡萄をより健全にしていく必要があり、それに最も適したアプローチがビオディナミと感じた」

とも語り、それから10年以上取り組んでいます。

 ワインは基本的にサン・スフルで瓶詰めされていますが、よくあるサン・スフルありきのワイン造りではなく、その時にワインが持つエネルギーや状態、ヴィンテージに応じて、必要があれば酸化防止剤は微量なら入れる事も躊躇わない柔軟な考えを持つ生産者です。

 全部で10以上のキュヴェを造るレ グランド ヴィーニュですが、今回は初回入荷ということで、ペティアンを含めた4アイテムが初入荷する事となりました。レストランでのグラスワインとして、ご家庭でも普段飲みできるカリテプリなナチュラルワインとして今後大活躍するベーシックな4アイテムです。是非、お試し下さい!



N.V.(2019) Pineau d'Aunis V.d.F.
ピノ・ドーニス V.d.F.

15240
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ロワール
ドメーヌ・レ・グランド・ヴィーニュ

750ML 在庫 
¥2,590 (外税)
【あの 「パタXX」初期の再来を思わせる見事な味わいです!・・価格も実に魅力的!】
 これ・・おいしいです!・・そしてちょっとノスタルジック・・いや、個人的に・・・です。
 まぁ、ピノー・ドニス100%で自然派と言えば・・あの、パタリロでは無く、クリスチャン・ショサールが造っていたパタXXを思い出してしまいます。そして結構に・・味わいもソックリ!・・むしろ昨今のパタXXはクリスチャン・ショサールが造っていた頃の味わいでは無いとさえ思えてなりません。
 あの、漏斗を頭に乗せたパタXXの図柄は、発売当初、結構に評判を得ました。そして、ショサールが造る他のワインも大人気でした・・・。
 何せ、あのティエリー・ピュズラの醸造学校の先生でしたから・・。彼の造るロワールワインは、今や伝説になってしまったと思います。
 このワインが持つ空気感や存在感は、正にそんなショサールが造っていたロワール・ワインに似通っていると感じます。エージェントさんの情報にも、立場上で...



N.V.(2019) Bulle Nature V.d.F.
ビュル・ナチュール V.d.F.

15241
自然派
白 辛口
フランス
ロワール
ドメーヌ・レ・グランド・ヴィーニュ

750ML 在庫 
¥2,490 (外税)
【これは美味しい!泡質も結構に細やかで持続します!ドライながら旨味もしっかり・・次回はノン・デゴルジュマン・タイプも試してみようと思ってます!】
 どうでしょう?・・顔が良いでしょう?・・いや、リアルワインガイド誌第70号の noisy の写真のことでは有りませんよ。この、ちょっと気を惹かれるような泡の下の淡い黄色な色合いと、その細やかな泡と中くらいの泡と、泡のエクボの感じの「顔」です。泡ものがお好きな方には、結構にバレバレなんじゃないかと、少しヒヤヒヤしてはいるんですが・・(^^;;
 まぁ、いつものように深夜に帰宅・・いや、もう翌日になってからでは有りますが、その時に、
「立てて置いたワインを車で持ち帰ってテイスティングがてら夕食を摂る」
のが、年間360日ほどの noisy の日常です。
 なので、どうしても・・車が揺れますから、完全に落ち着かせるのが難しいんですね。よっぽど高級なワインをしっかり落ち着かせてテイスティングしたい時は、本当に慎重に、揺らさないように持ち帰るんですが、さすがに毎日のことです...