ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2022.10.03 
Last Update 2022.10.03  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

マヌエル・プルチーニ

マヌエル・プルチーニ

イタリア Manuel Pulcini トスカーナ
Manuel PulciniDomaine index -- Open All Column
● ビオですが危険性の無い、非常にピュアなワインです。しかもちゃんと「ナチュラル」。そう来なきゃ・・いけないですよね。

 トスカーナはルッカの、2017年に設立されたカンティーナですのでまだ新しいですが、

「飲んだら・・只者じゃないのは誰でも理解できるはず!」

です。こんな若者たちがどんどん増えていますから、とても楽しみですよね!


■ 古代の農村の価値を現代へと繋ぐ架け橋に

 マヌエル・プルチーニはトスカーナのルッカ近郊にある耕作放棄されたブドウ畑を借りて2017 年に自身のワイナリーを設立しました。彼が目指したのは、古代の価値の発見、本
物の農業、自然なワイン醸造を通して、現代人が忘れてしまったライフスタイルとブドウ畑を継承していくための新しいワイン造りのプロジェクトでした。このプロジェクトを通してマヌエルは伝統的な農業と現代の世界をつなぐ架け橋になりたいと考えています。

■自然の四大元素『水・風・火・土』を象徴するワイン
 モンタルチーノのフォンテレンツァなどのビオディナミを実践する幾つかのワイナリーで働いてきたマヌエルは、設立当初からビオディナミを実践。「水と風と火と土」を地球上に存在
する自然の四大元素と捉え、この四つの要素を象徴するワインを造っています。どれも酸とミネラルと冷涼感があり、特に白ワインは、従来のイタリアにない新時代のフィネスとエレガンスを感じさせるコストパフォーマンスの高いワインです。

 Manuel Pulcini マヌエル・プルチーニはローマ生まれの現在35才。両親がローマ郊外に小さなカーヴを所有していたため、小さい頃からワインが身近にありました。自然にワイン造りに関心を持ったマヌエルはピサ大学でワイン醸造学の学位を取得。その後、モンタルチーノのフォンテレンツァなどのビオディナミを実践するトスカーナの幾つかのワイナリーで働き、ビオディナミとナチュラルワイン造りへと惹かれていきました。

 トスカーナには愛情を込めて手入れされていたブドウ畑が数えきれないほどあります。しかし、現代産業の流入によって見捨てられてしまいました。これらの畑は過去の農村の遠い思い出になってしまっています。マヌエルはこの衰退する農村の流れに反抗することを決意。友人のサポートで、トスカーナのルッカ近郊に約2.3 ヘクタールの耕作放棄されたブドウ畑を借りて2017 年1 月に自身のワイナリーを設立しました。

 マヌエルが目指したのは、ブドウ畑に新しい生命を吹き込み、現代的醸造学のワイン造りから解放された、自然を尊重したワイン造りのプロジェクトでした。マヌエル・プルチーニにインスピレーションを与えているのは以下のような考え方です。

 四大元素、「水と風と火と土」は地球上に存在するあらゆる物質の原料となる自然の要素であり、生命を生む原型であり、宇宙の原理です。これは残していかなければならない農村の哲学です。 現在の狂気に満ちたグローバリスムの世界においては、自然への回帰とは、過去の農村の価値を再発見し、土の上で額に汗して働くことです。マヌエルは以下のように語っています。

「私たちがエネルギーと情熱をもって追求するプロジェクトは、古代の価値の発見、本物の農業、自然なワイン醸造を通して、忘れられたライフスタイルとブドウ畑を継承していくための新しいワイン造りのプロジェクトです。私たちはこのプロジェクトを通して伝統的な農業と現代の世界とをつなぐ架け橋になりたいのです。」

四大元素説:万物は水風火土(地)の四つの元素から成り立っているという思想。古代ローマやギリシャ時代から支持され、プラトンやアリストテレスの思想もこの四大元素の考え方を基にしていると言われる。

 ワイナリーの畑はルッカの近郊(北西)にあります。総栽培面積は約2.3 ヘク
タールで、実に14 品種ものブドウが栽培されています。しかし、0.1 ヘクタールに満たない品種が殆どで、主要品種はトレッビアーノ、シラー、サンジョヴェになります。区画は大きく4 つに分かれています。栽培はビオディナミで、最初の数年は500 番や501 番調剤を使用していましたが、形式的ではない、より適切なビオディナミを実践するために、数年以内に
動物や牛糞、調剤などを購入できるよう準備中です。施肥に関しては、堆肥や有機肥料は全く用いていません。その代わりに、緑肥として、ハーブや野菜、豆などを畑で栽培しています。土壌の種類に応じて、西洋アブラナや蕪、インゲン、クローバーなどを栽培しています。これらの植物や野菜は地中に有益な窒素を供給してくれるからです。また、畑の植物多様性を維持するためと有害な昆虫を避けるために、畝の間に自然なカバークロップを生やしています。

 耕耘は、1 畝毎交互に2 年に1 回行っています(1 年目は偶数の畝、2 年目は奇数の畝)。ブドウ木にストレスを与えないように、夏季に伸びた新梢の先端を切る摘芯は行いません。グリーンハーヴェストや除葉も基本的に行いません。また畑に過剰な負荷を掛けないように、重い農業機械は可能限り使用していません。

 醸造においては、人為的介入を最小限にし、化学的な技術や人工添加物は一切使わずに、野生酵母による自然な発酵でワイン造りを行っています。SO2 は、ボトリング後のワインのネガティブな反応を避けるために必要最低限のみ添加しています。ワイナリーの畑は他の産地と比べてph が高いため、ブドウの酸が低くなり、非常に酸化リスクがあるため、現在までのところ、他のナチュラルワインと比較した場合、SO2 のトータル値はやや高くなっています。

 しかし、今後、徐々に減少できるように努力しているところです。マヌエルは、酸とミネラル、フレッシュ感がある飲みやすいワインを目指しています。ワイナリーの畑は標高がそれほど高くはなく(約300m)、ミクロクリマによる要因よりも、的確な収穫日と最高の房の選択によってこの目的を実現しています。そして、「水と風と火と土」を地球上に存在する自然の四大元素と捉え、この四つの要素を象徴するワインを造っています。


2019 Vizioramingo Rosso I.G.T. Toscana
ヴィジィオラミンゴ・ロッソ I.G.T. トスカーナ

16295
自然派
赤 ミディアムボディ
イタリア
トスカーナ
スヴェレート
マヌエル・プルチーニ
750ML 在庫 
¥3,780 (外税)
【2017年設立のカンティーナの2019年もののロッソが半端無い出来・・って、・・ちょっと興味、湧きませんか?】
 実は、このマヌエル・プルチーニは、Noisy wine には一昨年に白2アイテムだけが届きました。飲んでみたら・・ありゃりゃ・・やってくれちゃいましたね~!・・素晴らしいワインだったんですね・・葡萄品種は高貴種では有りませんでしたが、
「何よりピュアで、しっとりふっくらナチュラル!・・しかも危険性ゼロのアヴァンギャルド性無し!」
です。
 noisy 的には、生成された揮発酸で余韻にまで大きく食い込んで、
「何を飲んでも同じ余韻」
って・・焼酎割りの梅サワー飲んでいるんじゃないんだからさ・・と思ってしまうので、そのようなワインは基本的に販売していません。出来るだけ買いたく無い・・(^^;; すみません、そのようなワインが欲しい方は、他の自然派ワインショップを当たっていただいた方が確率は高いと思います。最もビオワインの管理にそぐわない高い温度で管理されてるショ...


2019 Bercio del Sirca Bianco I.G.T. Toscana
ベリチオ・デル・シルカ・ビアンコ I.G.T. トスカーナ

15847
自然派
白 辛口
イタリア
トスカーナ
スヴェレート
マヌエル・プルチーニ
750ML 在庫 
¥2,950 (外税)
【物凄く硬質で冷ややかなミネラリティ!縦伸び系の構造からのエレガンスを感じさせるアロマ!・・そろそろ良いはず・・です!】
 実はこの2019年のベリチオ・デル・シルカ・ビアンコとマロカ・ビアンコが入荷したのは2020年の11月でして・・2019年の収穫から1年ちょっとでしょう?・・
「仕上がったばかりなのに余りに美味しいマロカとマンモスなミネラリティで硬質、縦伸びのベリチオ・デ・ル・シルカ!」
の扱いに・・困っていた訳ですね。出来うることなら一緒にご紹介したいじゃないですか・・。
「このベリチオ・・ミネラリティが硬さを出しすぎてて・・ちょっと書き辛い・・」
なんて思っていましたら、若くても横への拡がりが適度にあって凄く美味しいマロカばかりを店頭販売してしまい、マロカが完売してしまったので・・
「余計にベリチオを紹介し辛くなってしまった」
と言うことなんですね。ベリチオしかご紹介しないと・・本当に良~くご存じのお客様から、
「・・あの、マロカが欲しいんですが・・入荷して...


2020 Maroca Bianco I.G.T. Toscana
マロカ・ビアンコ I.G.T. トスカーナ

16294
自然派
白 辛口
イタリア
トスカーナ
スヴェレート
マヌエル・プルチーニ
750ML 在庫 
¥2,950 (外税)
【このやや濃い黄色のナチュラルな色彩が美味しさを連れて来てくれます!】
 素晴らしい色合いをしています・・いや・・ビオ的に・・です。畑の地質組成も影響しているんだとは思いますが、アリガチな・・
「どう見てもウーロン茶」
な色合いが多いビオ系の白ワインの暗い色では有りません。
 「どう見てもウーロン茶」ながらも、素晴らしく美味しい果実を感じさせてくれるものは無い・・とは言えず、そんなウーロン茶的に見えたとしても、その色合いには「覇気・光、エナジー」が必ず見て取れます。もっともそれほどのウーロン茶色になるのは、漬け込み系(赤ワイン同様の造り)のものが多いですが、こちらはそこまで長いマセラシオンでは無いようです。
 また、トスカーナの白ですから・・熱にやられて結構に酸が乏しい感じのワインが多いですが、この「マロカ」、とても酸が美しいんですね~・・。トレッビアーノ、マルヴァジア、ヴェルメンティーノと言う、「安い葡萄」で造られているとはちょっと思...