ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.07.22 
Last Update 2021.07.22  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine
■□新着情報MS 2021年第34弾 Ver.1.0 page1□■

 次号発行まで有効です。2021年07月23日(金) より発送を開始いたします。 最短翌日到着地域2021年07月24日(土)! になります。翌々日到着地域で2021年07月25日(日) が最短です。
 発送が集中した際はご希望に添えない場合もございます。
◆新着商品は通常の送料サービスと異なります。「ここ」 で確認
◆在庫表示はページ読込時数です。既に完売もございます。

ニコラ・エ・アレクサンドラ・ロバン

ニコラ・エ・アレクサンドラ・ロバン

フランス Nicolas et Alexandra Robin  ボルドー
● 天使の抱いた金色のハート、愛する兵士を守ったと言われる聖ヴァレンタインに因み、キューピットの役まで引き受けてしまったかのようなシャトー・ロル・ヴァランタンです。まあ、聖ヴァレンタインが守ったのはゲイの話か?・・と云う裏話も有りそうですがそこは穏便に・・。気になる方は調べてみてください。ただし、調べたところで、バレンタインデーには全く関係の無いチョコレートを販売拡大に結びつけた商魂逞しい日本人と、それをいとも優しく受け入れる日本人の素晴らしさに気が付くだけかもしれませんが!


2007 Chateau Rol Valentin A.C. Saint-Emilion Grand Cru
シャトー・ロル・ヴァランタン A.C.サンテミリオン・グラン・クリュ

16085

赤 フルボディ
フランス
ボルドー
サンテミリオン
ニコラ・エ・アレクサンドラ・ロバン

■エージェント情報
 キュートなハートマークがラベルに光る「シャトー・ロル・ヴァランタン」です!オーナーで元サッカー選手のエリック・プリセット氏が手掛けたファースト・ヴィンテージは1995年。まだまだ若いシャトーで、2003年からはラングドックにも進出してワインを造り始めたという行動派です。

 ワインに使うブドウは健全なもののみ、ということにこだわり、かのステファン・ドゥルノンクール氏も醸造責任者を務めたという話題のシャトー。価格・パーカーポイント・ラベルデザイン共に、ワインラヴァー同士の贈り物に最適なアイテムであるはずです!
■海外メディア情報
91 Points Falstaff
90 Points Stephen Tanzer

新着メンバー登録画像  750ML 在庫    ご注文数   本
¥4,980 (外税) 
【美味しかったです!評価が余り上がらない意味がまるで判りません!】---以下は2006年もののテイスティングレヴューです。
 サンテミリオン・グラン・クリュのロル・ヴァランタンです。ゴムリーやシュヴァル・ブランに隣接する畑を持ち、右岸でありながらもどこかに左岸も感じさせる・・・呑むタイミングによっては、全く右岸が出て来ないことも考えられますので、テイスターとするとかなり手強い相手では有ります。まあ、メルロが普通に頑張っているタイミングなら、

「まあ、普通に考えても右岸だし・・・シュヴァルっぽい部分も有るし・・」
などの連想から、近辺の畑を想像しつつたどり着かないとも限りませんが、メルロが大人しくなっているタイミングだと、サンテミリオン的粘土のニュアンスがあまり出てきませんし、砂地のニュアンスだけを受けてしまうと、もう全くの迷路に入ったかのように思われるか、もしくは硬いタイミングだと、
「あ、これはカロン=セギュールね」
などと言い出しかねませんので大幅な注意が必要です。

 まあ、もっともnoisyは昔のように、全くのブラインドでボルドーをテイスティングして当てる・・等と云うようなこともほぼ遣らなくなりましたんで、そのワインの持つポテンシャルを受け取ることのみに精神を集中させる方がほとんどです。

 久し振りに飲んでみましたが・・良いですね~!かなり深いです。しかも今回、noisyが合わせたのは、「カツオの刺身」ですよ!勿論ですが、ソースはヴァレンティーニのエクストラ・ヴァージンに紫峰醤油です。さらには勿論、そんな高級品は普段の noisyの食卓には上がりませんので、普通のカツオです。季節も戻りカツオが出回る前でちょうど境でしょうか。目の前に有る「角上魚類」さんでカミさんが購入したものでしょう。全く臭くならないし、脂のほぼ無い赤身のカツオが非常に旨いです。

 黒味の多い果実に赤や紫の果実が入り、結構な量の白い石灰系ミネラリティです。たっぷりしていますが酸がしっかりバランス良く有り、ダレることは有りません。台風が来ていて蒸し暑いですが、思いの外・・飲んで良かった感が大きいです。粘土由来のややねっとりした感触、高質複雑なコーヒー味の積層ケーキをドライにしたようなニュアンス、中盤以降は結構なエキス由来の味わいを感じさせつつ、これまた結構な長さの余韻を感じます。

 これが90点とかそんな位にしか評価されないのはどうなのかな?・・と思っちゃいますが、確かに95点は付けないかな?・・とも思います。

 だって・・普通に凄く美味しいんですね。複雑だし、格も感じます。でも「凄み」が無いのかな?・・だから評価に繋がらないのかな?・・もしくは、「金色の小さなハートとエンジェル」をエチケットにあしらっているような媚びたワインには高い評価を付けないのか?・・とも思ってしまいます。

 おそらくですね・・評論家さんの点が付かないのは、「どっち付かず」に思われるからなんでしょうね。果実味重視ならそっちに行けば良いし、エキス系の綺麗さ命ならその道に・・と言うことでしょう。果実味もそれなりにしっかり、エキス感もそれなりにしっかり有るもので、「??」と・・なっちゃうのかもしれませんが、普通の日本人ならほぼ間違い無く、

「・・ん?・・いや、旨いね~!」

と言うはずの素晴らしいバランスだと思います。

 また一応ですが相変わらずの

「私、関係在りませんので・・」

 的なエージェント情報を読む限りは、全くどんなワインか想像つかないと思いますが、コッテリ系だけど甘く無い、タイトさの有る滑らかメルローだと思ってください。確かに、ドゥルノンクールっぽいっちゃぽいですよ。ミシェル・ロランのようには甘くならないです。美味しいので・・是非ご検討くださいね。価格もリーズナブルです!

メゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌ・エ・ドメーヌ・ド・ベレーヌ

ロッシュ・ド・ベレーヌ・エ・ド・ベレーヌ

フランス Maison Roche de Bellene et Domaine de Bellene ブルゴーニュ
● メゾンとドメ ーヌのニコラ・ポテルによるワインです。ドメ ーヌものはブルゴーニュの一流ドメーヌものに張り合うレベル、メゾンものはそのワインのクラスに求められるものを充分に理解し味わいを造り上げている、素晴らしいワインたちです。

 


2019 Bourgogne Pinot Noir Cuvee Reserve / Maison Roche de Bellene
ブルゴーニュ・ピノ・ノワール・キュヴェ・レゼルヴ

16113

赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
メゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌ・エ・ドメーヌ・ド・ベレーヌ
2021/06/30(水)より出荷可能です。

◆◆◆ヴィンテージ変更です!
2021/06/30(水)より出荷可能です。
◆◆◆ 大人気のACブルゴーニュ・ピノ・ノワール!ヴィンテージ更新と共に名称変更です。
新着メンバー登録画像  750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,150 (外税) 
【ロッシュ・ド・ベレーヌでのヴィエイユ・ヴィーニュの規定が変更になったため、「キュヴェ・レゼルヴ」と名称変更。相変わらずのコスト・パフォーマンスを見せてくれます!】
 今や2000円そこそこで買えるブルゴーニュ・ピノ・ノワールは絶滅と言って良い状況ですが、もう・・長きに渡り、このプライスを保持しているのは凄いですよね。頭が下がります。

 2017年ものまでは「ヴィエイユ・ヴィーニュ」でしたが、樹齢が35年以上と言う規定で、それ以上の平均樹齢である場合に「ヴィエイユ・ヴィーニュ」を名乗っていました。

 2018年ものからは樹齢50年以上を「ヴィエイユ・ヴィーニュ」表記するように変更したとのことで、「キュヴェ・レゼルヴ」に名称も変更されたとのことでした。

 ですので、中身の設計に基本的には変更無しと思ってください。

 しかしながら広域のA.C.ブルですので、ロット毎に味わいが異なるのは、この手のワインの特徴でも有ります。なので、一度飲んで・・

「ん~・・タイプじゃないかもな~・・」

と思われても、再び購入してみると、

「・・あれ?・・随分旨くなってる・・」

と気に入っていただける可能性も多く在ります。


 今回のロットはポマール風・・かなと思います。今まではライト系の「ヴォルネイ風」の場合が多かったです。エキスが綺麗に出て、酸の美しさが光る味わいでした。言ってみれば冷ややかな酸でハッキリした味わいです。

 2018年ものの今回ロットは、それまでとはやや異なり、僅かに暖かめで鉄分も感じる・・ポマール村名っぽいニュアンスです。尖がった感じが有ったのが今までで、丸みを帯びた感じが今回ロット分・・と思っていただいて結構かなと。

 いずれにしましても非常にコストパフォーマンスの高い見事な味わいでした。難点を上げるとすれば、現状では少しだけ若さもにじむことでしょうか。ご検討くださいませ。お勧めします!


 以下は以前のレヴューです。
-----
【大人気のブルゴーニュ・ピノ・ノワールがヴィンテージ更新して到着します!・・すみません、まだ飲めてませんがまずはご案内だけ!】

 noisy も呆れるほどの売れ行きでして・・いや、何よりもエレガントで美味しいし、このプライスですからね・・売れない訳が無いんですが、2015年は今年の1月に入庫していたのに見落としてまして・・実質、4月からの販売でした。

 でもその後は、何度在庫をアップしても即座に完売と言う状況で、6月半ばにはエージェントさんの在庫を売り切ってしまいました。

 で、新着をご案内する前日になってから、

「2016年ものが入荷し本日より出荷です・・」

と案内をいただきまして・・もう一日早ければ、何とかテイスティングしてポテンシャルを取り、ご案内出来たのに・・と・・。

 ですので、

「・・ロッシュ・ド・ベレーヌのピノ・ノワール2016年、兎に角飲んでみたいぞ!」

と思われた方に、まずご案内させていただきます。


 テイスティングは今週末位になるかと思いますが行って、ページの内容を書き換えるつもりです。

 まぁ、もう随分と長いこと扱わせていただいており、お客様の信頼も厚く完全に定着していますので、


「・・もう無くなっちゃったよ・・」

とおっしゃる方が多いかもしれないと思っています。いつも美味しい・・この価格が信じられないロッシュ・ド・ベレーヌのピノ・ノワールです。是非お試しくださいませ。


 以下は以前のレヴューです。
-----
【やっぱり美味しい!!このコストパフォーマンスの凄さ、感じてみてください!】

 ようやっとの2015年もの、ロッシュ・ド・ベレーヌ・ピノ・ノワールが入荷しました。2014年ものが切れて久しいですが、実はすでに入荷していたものの・・ミスで登録がされていなかったんですね。申し訳ありませんでした。

 まぁ、美味しいのは判り切ったことなのですが、さっそく開けてみました。

 やっぱり良いですね。ヴォルネイバランスの見事な味わいです。ヴォルネイバランス・・などと決めつけていますが、飲めばきっとそう感じていただけるものと思いますよ。

 例えばジュヴレのような、ちょっと粒を感じる複雑な味わい・・と言うのではなく、ほぼ粒を感じさせないシルキーで伸びやかなテクスチュアに織り込まれたチェリーのニュアンス・・軽やかな石灰感、ほんのわずかな鉄っぽさが、ヴォルネイを感じさせてくれるんですね。

 それに、2015年だから・・と、特別に「果実がたんまり!」「ほんのりと甘く」などと言うことは全く無く、いつものように、出っ張るところが無く、欠損がまるでない・・と言う、優等生スタイルです。

 優等生は大抵の場合ちょっと鼻に付くものですが、けっして出しゃばってこない子なんですね・・。

 まぁ、有り得ないコストパフォーマンスでしょう。このプライスで見事にテロワールも、自身のスタイルも感じさせてくれ、ものの見事なバランスを見せてくれるんですから・・。

 エージェントの担当さんが言うには、

「このクラスは非常に引きが良く、特に(フランス国内も含め)レストラン関係に多く出荷されるので、赤字覚悟で造っているらしい・・」

とのことです。


 本当かどうかは推測するしかありませんが、この「エレガンス」と「個性」を感じさせてくれる、コンディションが良く、お財布にやさしいピノ・ノワールは、

「ロッシュ・ド・ベレーヌに尽きる」

と断言できます・・現状で!


 これからどんどん良い感じに仕上がってくるでしょう。勿論、今飲んでも非常に旨いです。ぜひご検討くださいませ!

P.S.写真は色合いについての加工は一切していません!とても綺麗ですよね!


 以下は以前のレヴューです。
-----
【わ~お!!!】

 何とか数量を確保しようと・・何しろ2011年のこのブルゴーニュ・ピノ・ノワールV.V.が底を突いてしまいましたので、2012年なら有るかと思いきや・・

「やはり2012年は圧倒的に少ない」

ようで、年末にまた少々入ってくるようなんですが、売れるようになるとエージェントさんも「惜しい」ようで、中々分けてもらえなくなってしまいました。

 なのでどうやらこの先の追加が無いとするならば、この2ケースで終わってしまうかもしれません。

 それでも先のことは先の話し、美味しいのは間違いないにせよ、取りあえずテイスティングしてみると・・・


「ブラボー!!!」

 この味わいはまさにヴォルネイ村名・・・少し2008年のブルゴーニュ・ピノ・ノワールのような、水羊羹にも似た雰囲気を持ち、雅なヴォルネイの赤い果実をしっかりと表現しています。

 少し若い部分は有るんですが、
「・・だから・・何?」

 これだけの果実のバランスを見せてくれると、そんなことは全く問題に成らないとすら感じてしまいます。

 2011年も旨かったですが、2012年は低収量ゆえの高質さを感じてしまいました。
 こんなワインが今でもこの価格ですから・・・noisy のところのベストセラーであるのもご理解いただけると思います。ピュアでエレガント、雅なACブルゴーニュです・・品切れ御免!でも出きるだけ努力して変えるようにいたします!飲んでビックリしてください!一推し!



以下は2011年の同じワインのコラムより転載しました。
-----
【ニコラの感性が滲む見事な味わい!!】

 このところ、ニコラ・ポテルの作品を何度か続けてご紹介していますが、その理由は・・何と言ってもワインの味わいが良いのが第一。

 しかしながら、一時180円ほどまで上がったユーロが逆転して100円ほどに・・・。

 ワイン屋にとっては有りがたいユーロ安円高の期間は、余りに短いものでしたし、

一度上がった蔵出し価格は滅多に下がらない

 ですから、レジョナルクラスのブルゴーニュでさえ、トップドメーヌは余り造りたがらないにせよ、5千円は当たり前、4千円台なら良心的、3千円台はアベレージクラス以下のワイン・・・のようになってしまっています。

 なので、何とかリーズナブルにピノ・ノワールを楽しんでいただきたい・・と言う気持ちは有るにせよ、中々眼鏡に適う造り手やアイテムを探すのが難しい中、ニコラ・ポテルに戻ってきてしまった部分も有るんですね。

 実際に、この間ご紹介のコルトン=ルナルド特級、マルコンソール1級、レ・スショ1級などは超一流のドメーヌに全く引けを取らない味わいで、飲まれた方も、そのコストパフォーマンス以上のパフォーマンスに驚かれたことと思います。
 そんな中、満を持して・・正規エージェントと交渉の上、ある程度の量を購入する約束で条件をいただいたのがこのブルゴーニュ・ピノ・ノワール・ヴィエイユ・ヴィーニュ2011なんですね。

 前回までの1級、特級クラスには、当たり前ですが及びませんが、まず、こんなプライスのACブルが、直近の輸入ではほぼ有り得ないことをご理解ください。

 そして味筋ですが、ヴォーヌ=ロマネ風の柔らかなテクスチュアを持ちつつも、ヴォーヌ=ロマネほどの温かい酸では無く、ニュイ=サン=ジョルジュ的にややタイトに後に長く伸びてゆくもので、果実も黒系に赤系が混じるバランスで、ややワイルドなニュアンス混じってきますので、ワイルドベリー、もしくはアメリカンチェリーに動物系のスパイスが混じって来ます。

 判りやすく言えば、ジュヴレとヴォーヌのニュアンスを半々に、もしくはモレ2/3とヴォルネイ 1/3 に・・した感じでしょうか?・・実際にはボーヌ近辺の畑じゃないかな?とは推測しますけど。

 因みに正規エージェントの案内文には、
「ステンレスタンク100%」
とか書いてあり、おそらくネットでもそのまんまが流されていることと思いますが、エチケットには

「Eleve en futs chene」
と有りますし、飲んだニュアンスにちゃんと樽由来の香り・味わいが有りますので、フレンチ・オーク使用で間違いありません。そして、ノン・コラージュは間違いないですが、軽くフィルターはしてると思います。

 豊かさが有り、ピノ・ノワールらしいエレガンスと、ピノ・ノワール特有の美しさが有ります。 現在は黒系が頑張ってますが、ニコラお得意の赤系のニュアンスが、春に向けてドンドン出てくる感じがします。かなりの出来栄えだと思いますがいかがでしょうか? 美味しいワインを見つけるのは、ある程度の能力があればそんなに難しいことでは無いと思いますが、そこに・・・

「デイリー価格で・・」

 などと修飾が付いてしまうと、かなりの困難を極める作業に成ってしまいます。ようやっと見つけたリーズナブルピノ・・・ぜひとも飲んでいただきたいと思います。超お勧めです!!

2018 Bourgogne Chardonnay Cuvee Reserve
ブルゴーニュ・シャルドネ・キュヴェ・レゼルヴ

15476

白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
メゾン・ロッシュ・ド・ベレーヌ・エ・ドメーヌ・ド・ベレーヌ

◆◆◆お待たせしました!ヴィンテージ更新、名称変更(ヴィエイユ・ヴィーニュ-->キュヴェ・レゼルヴ)で新入荷です!
新着メンバー登録画像  750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,150 (外税) 
【やはりこのプライスと品質を維持する努力は素晴らしい!】--まだテイスティング出来ていませんので、完了次第に書き直します。以下は以前のレヴューです。
 今の世の中には様々な職種が有って、「何とか関係」としか説明し辛い商売から、

「ITです。」

などと短い言葉で通用するような、最先端?な業界で働く方もいらっしゃるかと思います。noisy も、言っちゃえば「酒屋の親父」に過ぎない訳ですが、ちょっとハイカラに、

「ワインショップ経営」

などと粉飾すれば、少しでもワインに興味さえもっていただいていらっしゃれば、

「(お~・・すげ~・・)」

などと、何となくは良さげに思われているのかもしれないのですが、実際にやっていることと言えば、

「超ブラック」

に終始する訳で、ましてやそれを自分以外に方向を向ければ、仮に自分の息子でさえ、「ふざけんな」と言うような短い言葉で切れられて終わり・・と言うことになろうかと思っています。


 まぁ、さすがにこの歳になってくると、段々目も見えなくなりつつあるし、中々疲れは抜けないし、アチコチ痛いし・・(^^;; 良いことは何も無いですが、それでも何とか目の前の「やらなくてはならないこと」を一つでも片付け無いと全く先に進めないと言う状況に自身が追い込まれる訳ですね。

 さすがに1週間に一度の新着のご案内と言うのは、まぁ、ショッピングモールに出店のショップさんなら当たり前・・と言うか、少ないくらいなのでしょうが、自分の言葉で自分の勧めたいものを販売したいなどと見栄を持っているものですから、さらにはとんでも無い状況に追い込まれてしまう訳です。

 美味しいのは判っているロッシュ・ド・ベレーヌのこの2015年のシャルドネも、

「少し若いだろうが悪い訳が無いのできっとこんな感じの仕上がりだろう・・」

と想像したことを確認するに過ぎないテイスティングでは有っても、やはりそこには新たな発見が有ったり、

「質を落とさず価格を上げず・・まっこと頭が下がるなぁ・・」

と言うような印象をさらに深くしたものです。


 1週間に一回のペースをほぼ崩さないで新着を出すと言うことは、noisy が一人で一枚一枚、手作業でご紹介ページを書いていたら、とてもじゃないが7日間、書き詰めたとしても無理が有りますんで、

「データを入れ、写真をアップし、ポチっとボタンをクリックすると自動的にWebページが出来上がる」

ようにした訳ですね。これなら分業が可能になる訳で本当に楽になりました・・と言うより、今までがま~ひどいものでしたんで。


 しかしながら、そこにたどり着くまでには、苦悩の日々を送らざるを得ない状況に追い込まれていた訳でして、来る日も来る日も、慣れないプログラム作成とバグ出しの繰り返し、そしてまた書き直し、バージョンアップと、悲惨な日々だった訳です。


 でも考えてみれば、ワインを造って市場に出す・・と言うことも、どこか似た様な感じなのかな・・と感じることも有り、

「結局やっていることは同じか?」

などとも思っている訳です。


 このニコラ・ポテルが擁するロッシュ・ド・ベレーヌ、シャルドネも、質を落とさない努力、価格を出来るだけ変えない努力、早くから美味しく飲めるように設計し実現する努力などと言う部分を、テイスティングから感じてしまいます。

 勿論、ようやくでは有りますが2015年ですから、今までの2014年のような滑らかさ、膨らみと言ったようなニュアンスには届かない訳ですね。

 しかしながら、

「若いが故に持っている良さ」

が代わりに備わっている訳です。


 むしろ現段階においては、魚介系の食材には見事にマッチする「フレッシュさ」が有り、二次発酵由来の、時に、

「・・あぁ・・これが無ければどれだけこの刺身は美味いんだろうか・・」

などと残念がることも無い訳です。


 しかも、滑らかさがもっと欲しければ、時間を少し掛けつつ楽しめば良い訳ですから、単に2014年ものの持つ丸さや複雑性を求めることは無いんですね。そしていずれ・・2014年もの以上に、そのように育って行く訳ですから・・。


 何かちょっとクドイ文章で申し訳ありません。良いワインだと思います。今は2018年5月ですが、滑らかさを求めるならルモワスネのブルゴーニュ・ブラン・ルノメ2014年の方が良いかと思います。でもこれからの魚にはこちらの方が良いでしょうし、秋口を越して行くタイミングでは、かなり滑らかさや複雑性も出てくることでしょう。お勧めします。ご検討くださいませ。



 以下は以前のヴィンテージのレヴューです。
----------
【さすがニコラ・ポテル!シャルドネV.V.も非常に旨いです!!!】

 ニコラ・ポテルのネゴシアン・ライン、ロッシュ・ド・ベレーヌの2014年にヴィンテージ更新したシャルドネV.V.です。

 ブルゴーニュ・ピノ・ノワールV.V.の方は Noisy's のベストセラーでして、在庫が3ケース切ると不安になるし、新着のたびに3~6ケースの数量を入れておくのですが、すぐに完売してしまう状態・・。

 まぁ、飲んでいただければお判りかと思いますが、ポテンシャルが確実にプライスを上回り、かつ、現状の味わいも上級クラスを喰いかねないものですので、

「出来るだけ切らしたく無いアイテム」

になっているんですね。


 徐々に温かくなってきたので、シャルドネも美味しい季節になってきたこともあり、久し振りに白も扱うことにしました。

「何てったって安い!」
「バランスが素晴らしい!」
「高級感が有る!」

 これは、ピノ・ノワールV.V.譲りです。ピノの方が非常にヴォルネイっぽい味わいですが、こちらはボーヌ・ブラン的なミネラリティで、チョークのニュアンスに富んだ、やや締まった味わいです。
 ただし、クラスは下でもブルゴーニュはボーヌと思われる地域の高級シャルドネですから、飲むタイミングで結構味わいが異なるかと思います。現状、ややタイトな、フラワリーなアロマをブイブイ出してくれていますが、気温の上昇とともに・・

「どっちに触れるかな・・・?柔らかい方か、さらに締まるか?・・」

 それでも二千円台前半のプライスが、どっちに転んでも・・

「・・ちょっと締まってきたかな・・・でもこれなら納得!」

という結果を出してくれると思います。


 白や黄色の花、果実、蜜、ミネラリティは白っぽく、透明感も備わっています。中域もそれなりに膨らみ、ブルゴーニュ・シャルドネならではの押し味とリニアなカーブを持つ余韻が有ります。美味しいシャルドネです!是非飲んでみてください!お奨めです!

ドメーヌ・クラレンス・ディロンS.A.

クラレンス・ディロンS.A.

フランス Domaine Clarence Dillon S.A. ボルドー
● Noisy wine では余り出てこないボルドーワインのご紹介ですが、通称「グラーヴ」ですね。オー=ブリオンと双璧と言われたラ・ミッション・オー=ブリオンですが、現在は同じ所有者になっています。

 そこにまた・・「オー=ブリオン」を名乗るシャトーを合併したものですから、話が非常にややこしい。ラヴィルとラ・トゥールのオー=ブリオンです。

 なので、「ラ・トゥール」の名前はどこかのシャトーが煩いし、でも消滅させただけでは・・と言うことなのかは判らないにせよ、以前はラ・ミッション・オー=ブリオンのセカンドとして、格下げでリリースしていたものを、

「ラ・トゥール・オー=ブリオンの畑で取れた葡萄でラ・シャペル・ド・ラ・ミッションをリリース」

することになった訳です。

 セパージュも変更したのもあるかもしれませんが、現在は相当に評価も上がっています。


2012 la Chapelle de la Mission Haut-Brion
ラ・シャペル・ド・ラ・ミッション・オー=ブリオン

16076

赤 フルボディ
フランス
ボルドー
グラーヴ
ドメーヌ・クラレンス・ディロンS.A.

■エージェント情報
 一級シャトーのオー・ブリオンの最大のライバルと言われる「ラ・ミッション・オー・ブリオン」。1982年、1989年、2000年と、過去に何度もパーカーポイント100点を獲得しており、その実力と評判は揺るぎないものになっているようです。
 そんなシャトーが1992年からリリースしているセカンド・ワインが「ラ・シャペル・ド・ラ・ミッション・オーブリオン」なのですが、2005年に「ラ・ミッション・オー・ブリオン」と別シャトーの「ラ・トゥール・オー・ブリオン」が併合され、「ラ・トゥール・オー・ブリオン」が消滅したため、「ラ・シャペル・ド・ラ・ミッション・オーブリオン」に元「ラ・トゥール・オー・ブリオン」の畑のブドウが使用されるようになったそうです。
 2012年ヴィンテージは、パーカーポイント90点!
 カベルネ・ソーヴィニヨン56%、メルロー28.5%、カベルネ・フラン15.5%で構成されており、ブーケには赤い果実が感じられ、新鮮さと暖かみが共存しており、タンニンが多く含まれながら口当たりはソフトという「フルボディで果実味あふれる」作品に仕上がっているそうです!
新着メンバー登録画像  750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,450 (外税) 
【なんと2012年・・ティム・アトキン氏は94ポイント!今までのラ・シャペル・ド・ラ・ミッションの最高評価です!】
 noisy も調べて判ったんですが、あの何かと話題を提供してくれる MW 、ティム・アトキン氏は何と、この2012年のラ・シャペル・ド・ラ・ミッションに94ポイントも付けています。いや~・・ビックリです。

 なのでnoisy も久々に飲んでみようと仕入れたのは良いものの・・余りの忙しさに・・いや、テイスティングの・・ですが、当分先になってしまいそうな雰囲気なので、

「とりあえず、何で仕入れようと思ったのか?」

だけでも、忘れない内に書いておこうとの魂胆なんですね。


 どうやらメルロの割合を増やしたようなんですよ。そして今はラ・ミッションの選別葡萄じゃなくて、あの、

「ラ・トゥール・オー=ブリオンの葡萄」

で仕上げているそうなんですね。


 でも、シャトー・ラ・トゥール・オー=ブリオンって、今はもう存在しない訳ですが、以前の評価は、

「まぁ、良いとこ、90点」

でした。


「それなりに美味しいけれど、オー=ブリオンの名がちょっと悲しいか・・な?」

みたいな・・ね。


 それがですよ、何と94ポイントと・・ねぇ・・。やはりオー=ブリオンのチームは凄いんですね・・。

 でも2012年の94ポイントを最高に、今もまだ93ポイント止まりでそれを越せないでいる・・のも何かね・・ラ・トゥール・オー=ブリオンらしくて好きなんですね。

 グラーヴのワインが持つ集中感、軽快感、明るい美味しさは非常に好みです。勿論ですが赤だけじゃなく、セミヨンで仕上げる白も・・高いですけどね。是非ご検討くださいませ!

ジャン=リュック・テュヌヴァン

ジャン=リュック・テュヌヴァン

フランス Jean-Luc Thunevin  ボルドー
● ジャン=リュック・テュヌヴァンと言えば、今や押しも押されぬボルドーの大スターになりましたが、昔はそれでも新参者ですし、畑に雨除けのシートを掛けたからアペラシオンを名乗らせない・・と言うINAOとやりあって、むしろそれが宣伝にもなったような部分も有り、今なら某国の大統領のように・・INAOはテュヌヴァンを思っていたかもしれません。

 でもワインはとても素晴らしい。パワフルでリッチだが、精緻で優雅でエレガンスも有ると言うものです。今回は色々と仕入れてみました。


2016 Virginie de Valandraud A.C.Saint-Emilion Grand Cru
ヴィルジニ・ド・ヴァランドロー A.C.サンテミリオン・グラン・クリュ

16009

赤 フルボディ
フランス
ボルドー
サンテミリオン
ジャン=リュック・テュヌヴァン

■エージェント情報
 テュヌバン氏の一人娘の名前が付けられたワインの元祖である「ヴィルジニー・ド・ヴァランドロー」。ファースト・ヴィンテージは1991年で、ヴァランドローのセカンド・ワイン的な存在として見られていましたが、1997年以降は独立した1キュヴェとしてリリースされているそうです。
 今回ご紹介する2016年ヴィンテージのパーカーポイントは、92点!
 圧倒的な凝縮感に目を見張るという作品ですが、早熟系のシンデレラとして、ヴァランドローの血筋を確かめてみるのもよいかもしれません。
新着メンバー登録画像  750ML 在庫    ご注文数   本
¥6,650 (外税) 
【2016年はグレートイヤー!相当良さそうなので仕入れてみました!因みにヴァランドローのセカンドでは有りません。今では独立したラベルです。】
 メルロー65%、カベルネ・フラン25%、カベルネ・ソーヴィニヨン5%、マルベック4%、カルメネール1%と言うセパージュのようです。

「カルメネール?・・何それ?」

 そう思いますよね~・・。濃い色が出るので、プティ・ヴェルドと同様に補助的に使われる「ボルドー原産種」です。

「どんな味なのか?」

 そう思いますよね~・・。すみません、単独で飲んだことが無い(飲んだかもしれないが覚えてない)ので判らないです。果皮が分厚いんじゃないかと想像します。


 飲んでご案内のつもりだったんですが結局まだ飲めていないので取り合えず・・そのまま出すことにします。シャトー・ヴァランドロー風は(クリーミーさのある樽由来の味わいとかそれなりの濃度とか)おそらく変わらないですね。

シャトー・テルトル・ド・ラ・ムレール

シャトー・テルトル・ド・ラ・ムレール

フランス Chateau Tertre de la Mouleyre  ボルドー
● 「あれ~・・?知らないシャトーだけど、名前もエチケットもロートブッフに似てるね~!」

 ・・・そうなんですよ・・。ホント、良く似ていますよね。実はテルトル・ロートブッフと超関係有りのシャトーなんですね。それに何と・・

「味わいもかなり似ている!」

ので・・

 それに、

「ビオロジック!」

なので・・それに、

「テルトル・ロートブッフの半額以下!!」

なので・・

超お奨めなんです!!

 テルトル・ド・ラ・ムレールはサンテミリオンの東に位置するSaint-Etienne-de-Lisse(サン=テティエンヌ・ド・リス)村にわずか1.66ヘクタールの畑から生産されています。
 近くにはヴァランドローやロル ヴァランタン、また2010年にグランクリュ クラッセに昇格したフルールカーディナル等の畑が隣接しています。
 1950年、現当主のエリック氏の母方の両親はサンテミリオンに5haとカスティオンに2haのブドウ畑を購入しました。

 1983年にお爺さんが亡くなり、エリックの両親が管理する事になりましたが、経済的に問題があったので畑を少しずつ売却し現在の1.66haが残りました。

 1994年からエリックが管理するようにました。エリックはヴィンテージの特徴を捉え、フルーティーなワインを作る事を心がけています。
彼は6歳の時からお爺さんと一緒に畑で仕事を手伝い、8歳の時には一人でブドウの管理をする事が出来ていました。1994年からワインを生産しており、ブドウ畑ではビオロジック栽培を実践。

 2001年からオーガニック、カリテフランス認証を受けています。畑の樹齢は40年で6区画に分かれておりトラクターは使わず全ての作業は手で行っています。もちろん収穫も手で行い区画毎に収穫しタンクへ運びます。
 醸造は自然酵母で発酵を行い、ボルドーの伝統的な方法を用い約3週間のキュヴェゾン。又温度が30度以上になった場合はデレスタージュを行い温度を下げます。マロラクティック醗酵はタンクで行い全体の65%は新樽。残りの35%はタンクで約16カ月間の熟成を行います。彼はこのワイン造り以外に2004年よりシャトー・テルトル・ロートブッフでも働いており、畑と醸造の管理もしています。また、テルトル・ロートブフのオーナーでもあるフランソワ・ミジャヴィル氏の娘ニナさんは彼の妻であり、現在はこのワイン造りにも参加しています。
●栽培について
 葡萄の成長をよく観察し、病気にならないように予防すること。非常にシンプルな考え方です。テルトル・ロートブフのミジャヴィル氏とは同じ考え方でよく意見交換もしています。葡萄は過熟手前の完熟状態で収穫します。葡萄が完熟することによって、醸造時に発生する香りをよく抽出することが出来ます。
 また、葡萄本来の香りは、熟成によって失われますが、醸造によって得られた香りは熟成することにより安定し、経年によってより綺麗な熟成の香りになると考えています。

畑面積:1.66ヘクタール、1.2ヘクタールはサン=テティエンヌ・ド・リス村の平地に位置しています。最も標高が高いところで80メートル。残りの0.46ヘクタールは標高50メートルの西向きと北向き斜面です。

アペラシオン:サンテミリオン
土壌:石灰粘土質。表土に粘土と細かい砂、石灰が混じります。下層はヒトデ石灰岩です。
平均樹齢:40年葡萄品種:メルロー80%、カベルネ・フラン20%


 長きに渡り、私たちの舌を魅了してくれた素晴らしい2009年、2010年の後で、特異な気候条件となった2011がやってきました。収穫の日付、その品質については、当初、まったく想像もつきませんでした。温厚で乾いた冬を経て、2010年よりも10日早く開花しました。(1900年から見て、2番目に暑い4月となりました)非常に早い生育を約束された年となったのです。
 しかし結果的に水不足により、結実が遅くなり、例年通りの成長速度となりました。水不足を私たちの偉大なテロワールが補助的に作用したのです、粘土石灰質土壌!)

 そしてこのことで、私たちはこの年が非常に偉大なミレジムとなるべく進んでいることを確信したのです。残念ながら、7月は降水がなく、涼しくなり、ヴェレゾンが7月18日となりました。葡萄の成熟は遅く、乾いた冷涼な8月、9月となりました。異例かつ複雑な成熟を迎えた年となったのです。私は株という株、房という房を見て回り、手作業で未熟果を排除しました。この丁寧な処置のお蔭で、腐敗果はほとんど出ませんでした。そしてボトリティスが落ち着いたタイミングで天気予報を見て収穫が決まったのです。2011年は9月22日に収穫を始め、24日に終了しました。2011年は、美しく溌剌としたヴィンテージです。黒系果実、カシス、桑の実、甘いタンニンを持っています。黒いサクランボやプラムの香りを伴う、十分に長い余韻へと続きます。

【メディア情報】
 毎年、デキャンター誌では、テルトル・ロートブフのセラーで無名なワインを選出する試飲を行います。今年、本誌で最も衝撃的だったのは、サン=テミリオンで有機栽培を行う小さなシャトー、テルトル・ド・ラ・ムレールでした。巨星テルトル・ロートブフの直後に提供されましたが、それにも関わらずそのピュアさと透明感は輝いていました。
 オーナーのエリックはテルトル・ロートブッフで以前働いていた時に(テルトル・ロートブフのオーナー)フランソワの娘で現在、妻であるニナに出会いました。2008年までは、この小さな土地(1.6ヘクタール)から生産されるワインは樽でネゴシアンに売られていました。ニナは彼の一大決心に対する評価を敢えて求めてはいません。しかしエリックのワインがニナの父親と同じワインのレベルを持っていることは明らかなのです。
Nicola Arcedeckne-ButlerMW2011 5月


2015 Chateau Tertre de la Mouleyre Saint-Emilion Grand Cru
シャトー・テルトル・ド・ラ・ムレール・サンテミリオン・グラン・クリュ

16036
自然派
赤 フルボディ
フランス
ボルドー
サンテミリオン
シャトー・テルトル・ド・ラ・ムレール
2021/06/12(土)より出荷可能

◆◆2021/06/12(土)より出荷可能
■エージェント情報
 エリック・ジャンヌトゥは、幼少期を彼の祖父母と共に、ボルドーのドルドーニュ川右岸、サンテミリオンにほど近いブドウ畑と蔵で過ごした。学校にはわずかな興味しか持つことのできなかったエリックだが、彼の祖父の横にくっつき畑を駆け回ることが何よりもの楽しみだった。
彼のワインに対する興味は6歳のとき訪れた。8歳をむかえる頃には、祖父のワイン造りと、その管理の手伝いをすでにするようになる。これはごく自然なことだった。エリックがワイン醸造を理解したとき、彼はすでに一人の醸造家になっていた。
 1995年、領域を飛び越え、名立たるシャトーのマネージメントを成し遂げた後、ついに自分の故郷のドメーヌへと帰還した。Tertrede la Mouleyreは、小さな丘の頂上の古い水車の横にひっそりと存在する。
ブドウ畑は粘土質と石灰岩土壌で構成されており、サンテミリオンの領域の中にある。1855年の等級分けの際にはAOCに認められていなかったが、今日では神格化された存在の一つとなっている。
 すさまじい数のバリエーションと、ありえないほど恵まれた土壌、特に石灰岩土壌と程よい水分を含んだ環境には驚かされる。Tertrede la Mouleyreのブドウ畑は、2001年以降、有機栽培で管理されている。2ヘクタールに満たない畑に対し、エリックは彼が出来る限りの愛情を注ぎ、慎重に作業をしている。
 エリックは特別な有機堆肥と肥料を使い、常に手作業で手入れを行っている。こういった栽培法にマニュアルなどない。彼のメソッドは、あくまでそれぞれの畑がその時々で必要としているものを感じることにある。カーミットは、これをサンテミリオンの「本質」と呼んでいる。
 エリックの栽培法は、周囲の小さなシャトーとは違う。決して壮大な計画でなければ、容易なことでもない。これこそがもっとも伝統に則ったボルドー(の栽培法)であり、これはまさにペイノーやパーカー以前の、1981年までに構成されていた方法なのだ。
Kemit Lynch Wine Marchantより
新着メンバー登録画像  750ML 在庫    ご注文数   本
¥7,180 (外税) 
【濃密、ドライなメルロの美味しさ、そこにフランの複雑性!・・今や評価は本家を喰い始めた?テルトル・ド・ラ・ムレール2015です!】
 素晴らしい出来でした。濃密でメルロの茶や黒の果実の美味しさを深く、分厚く感じさせてくれます。そして粘土質のメルロに花を添えるのがカベルネ・フラン・・。サンテミリオンの黄金ブレンドですよね。まだまだタイトな部分は有りますが、上品さをちゃんと持ったまま、濃密なクラレットの美味しさをたっぷり感じさせてくれました。

 海外では1万円以上するんじゃないかと思いますよ。ほとんど本家の「ロートブッフ」と同じ価格だったと思います。でも生産量が僅かなので日本ではその存在自体も知られていないと言う状態です。

 それでも少し前にエリックさんが来日されたのかな?・・詳しいレポートをいただきましたのでご紹介致します。


 20年前。初めてテルトル・ロートブフを飲んだ時の衝撃は今でも忘れられません。抜栓直後から開放的な香り、感知レベルを上回るミクロ微粒子のようなタンニン深みのある果実と圧倒的なスケール感、消えない余韻。それまでのボルドー観を一変させてくれる衝撃でした。

 テルトル・ド・ラ・ムレールを初めて試飲した時、本家を彷彿とさせるミクロ微粒子の解放感にテルトル・ロートブフに匹敵する衝撃を受けました。そしてこのワインがロートブフの栽培と醸造を手掛けたエリック氏による物と知り驚きは喜びへと変わりました。評論家や世論のトレンドに流されることなく、葡萄樹一本一本に魂を込めるような丹念な栽培。他のシャトーから2週間ほど遅い収穫により深く熟した果実からは若い段階から何度も裏漉しされたような微細なタンニンが甘く深みのある果実と相まって比類なき個性を描いています。

 山盛りにされた摘みたてのアメリカンチェリー、カシス、甘いクローヴに偉大なカベルネ・フランに感じるモカのような香味が重なります。近く出来るレベルよりも細やかながら存在感のあるタンニンは大きく広がる果実と同調して大きなスケールを描きながら重たさや粘り気のない浮足立つような壮大な長い余韻へと続きます。

 グレイト・ヴィンテージと呼び声の高い2015年ですが、熱量の高い昼と冷涼な夜により非常に長いハンギングタイムは、このワインの超完熟にとって理想的となりました。ワイン・アドヴォケイトやヴィノスは本家テルトル・ロートブフに97点の高得点で賛辞を贈っています。価格を考えると幸か不幸かですが、このワインが評価されたらと想像せずにはいられません。(2021年4月 村岡)


 来日時のレポート

 2017年1月27日~2月2日まで、弊社取扱いのボルドー サン=テミリオンの生産者テルトル・ド・ラ・ムレールのエリック・ジャヌトゥー氏が来日しました。約一週間というわずかな滞在でしたが、今回初来日のエリック氏と供に、彼のワインをご紹介することができた貴重な時間となりました。今回は彼の来日レポートを前半ストーリー中心に村岡、後半テクニカル中心に星野にてお送りさせていただきます。

(株)オルヴォー村岡です。前半、村岡によるワインの紹介レポートを下記の通りお送りいたします。

 クロ・レオの篠原氏に紹介されて、彼のワインを初めて飲んだ時の衝撃は忘れられません。フルーツを裏漉ししたようなキメ細やかなタンニンと和菓子の餡子を思わせる控え目
な甘味。口の中でゴツゴツとぶつかる要素が無く、整然として柔らかく広がる余韻は、ラベルの類似性も相まって昔飲んだ完熟主義のボルドーワインを想起させてくれまし
た。

 その完熟主義のワインこそサン=テミリオンの怪物テルトル・ロートブッフです。エリック氏の経歴を語る上でこのシャトーの栽培・醸造長を2003年から2010年まで務
めていたことを外すわけにはいきません。このごく少量生産ながらも、徹底した低収量と畑仕事により、ワインの本質を形成するのはブドウの品質である、という最も素直な真理を証明したのが、近年、プルミエ・グランクリュ・クラッセへと昇格したヴァランドローであり、テルトル・ロートブフでした。試飲した時の感想が正しかったことに再び驚いたのです。

 10年ごとに格付けが見直される特異性のためか、サン=テミリオンのワインには競争意識が高く、時として人智がテロワールを凌駕するようなダイナミックなイメージがあります。エリック氏は彼の造るワイン、テルトル・ド・ラ・ムレールの味わい同様に、静謐で、押しつけがましさや粘り気の強さが無く、その競争原理とは全く無縁の静かな、そして誠実さが外面に表れているような人でした。

 テルトル・ド・ラ・ムレールはサンテミリオンの東に位置するSaint-Etienne-de-Lisse (サン=テティエンヌ・ド・リス)村にわずか1.66ヘクタールの畑から生産されています。近くにはヴァランドローやロル・ヴァランタン、フルール・カーディナル等の畑が隣接しています。

 6歳からブドウ畑に出ていたというエリック氏、1994年から責任者としてビオディナミ栽培を開始、自分でワインを造り始めましたが、ネゴシアンにワインを樽で売っていました。
 転機となったのは上述のテルトル・ロートブッフを率いる当主フランソワ・ミジャヴィル氏との出会いでした。巨星、テルトル・ロートブッフの栽培・醸造を任されるというのは類まれな才能があったからに他ありませんが、エリック氏は
『良いブドウを造りたい、ブドウに向き合う姿勢が同じだったから。』
と、謙遜します。

 自らが出しゃばることなく、自らの名前で出すワインも造らず、ひたすらブドウに向き合っていたエリック氏の才能はテルトル・ロートブッフで開花しました。ミジャヴィルの娘、ニナ女史の後押しもあり、2008年、エリック氏は自らのワイン、Tertre de la Mouleyre(テルトル・ド・ラ・ムレール)をリリースしたのです。

 イギリスのワイン誌であるDecanterは、彼のワインの衝撃を下記のように語っています。

 エリックのワイン(テルトル・ド・ラ・ムレール)がニナの父親と同じワイン(テルトル・ロートブッフ)のレベルを持っていることは明らかなのです。

Nicola Arcedeckne-ButlerMW(Decanter)2011 5月

 2001年、テルトル・ド・ラ・ムレールが世に出るずっと前に、彼はカリテ・フランス認証、いわゆるABマークを取得しています。しかし、彼のワインのエチケットには、今も小さな文字でAgriculture Biologiqueと書かれているものの、マークは見当たりません。

『消費者がワインではなくて、マークを見て判断してしまうのが好きではないんだ。マークではなく僕のワインを見てほしい。』

 認証を取得するのにもお金がかかります。では、ラベルに表示しないならなぜ、認証を取ったのかという問いかけには、
 『本当にビオロジック栽培をしているの?と聞かれた時に証明出来るから』

とのこと。


 今回の来日時、お客様に対して丁寧に話をしている姿を見ていると、人柄もワインの味わいに反映されているように感じます。京都でおみくじを引いたのですが、結果は末吉、【旅行:やめた方がよろし】と書かれているのを真に受けて、真剣な顔で、『今が旅行中だっていうのにどうしろと言うんだ。』と困っていました。

 テルトル・ド・ラ・ムレールには謙虚で静謐、しなやかで味わいに濁りがなく素直に広がりがあり、飲み手の側に寄り添ってくれるような優しさを感じます。こんなサン=テミリオンがあるんだと知ってもらいたい、ワインです。(村岡)


(株)オルヴォーの星野です。後半は専門的な部分をインタビューしました。

 テルトル・ド・ラ・ムレールのブドウの比率はメルロー80%、カベルネ・フラン20%で構成されています。決して広くはない土地ではありますが、彼は、

『この広さは自分一人で管理できるちょうど良い広さなんだよ。』

と穏やかに語ります。

 ブドウの栽培から醸造まで、収穫作業を除き全て一人で作業をしているのです。エリック氏にとってワイン造りで一番重要なのは【ブドウ栽培】。ワイン造りで重要なことを問うと必ず、

『ワインの出来は80~90%がブドウの質で決まるんだ。ブドウさえ完璧なものを作れば、あとの醸造はいたってシンプルになる。(醸造過程で)余計な手を加えないのが僕のワイン造りのスタイルなんだ。』

と答えます。


 ブドウ栽培において重要としているのは【光合成】と【ブドウの成熟】。畑を管理する上で一番最初に見るのは【葉】なのだそうです。

『若い芽が出るときが、ブドウの樹が“光合成”をしている合図。だから夏季の剪定作業では、樹の頭頂部の葉は刈るものの、上部側面の葉は伸ばしたままにするんだ。』

 そもそも夏季に行う剪定は、余分な葉を刈ることによってブドウに陽を当てるという効果と、風通しを良くすることによってブドウが病気になるのを防ぐ効果が代表的なものとして挙げられます。エリック氏の畑では葉を茂らせることによるリスクは生まれないようです。


『ブドウの樹の新梢を誘引する際、ブドウを地面ギリギリの位置に実らせるように仕立てるんだよ。これとは反対に、葉は樹の上部側面にだけ目一杯茂らせる。こうすることで葉で最大限に光合成しながらも、ブドウの周りだけ風通しの良い状態を作ることができるんだ。』

 確かに彼の畑の写真を見ると、葉は横方向へ茂り、ブドウはほぼ地を這うように低い位置に実っています。

 2つ目の重要な「ブドウの成熟」もまた上で挙げた栽培法と関係しています。エリック氏はブドウが完熟し、地面に落ちる寸前の状態に収穫をします。より成熟した実にするため、地面に近い位置でブドウを実らせることにより、地面からの照り返す温度で熟成を進めさせ、土から吸い上げる栄養素をいち早く吸い取れるような状態を作り出しています。テルトル・ド・ラムレールの畑ではグリーン・ハーベストは行ないません。剪定と芽掻きの段階で収穫量を厳しく制限しています。そして収穫時に選果を行っています。


 収獲の時期も、サン=テミリオンの中でかなり遅い時期に行います。

『僕の畑の収穫は、毎年必ず10月の一週目から始めるんだ。ブドウの完熟が最大限になされるタイミングを待ってからでないと作業は始めない。周りの畑(生産者)と比べると、だいたい1週間~10日くらい遅いんじゃないかな。』

 これらの点が彼のブドウ栽培における重要なポイントとなっているのです。


 醸造方法はエリック氏曰く、“至ってシンプル”に行われています。収穫後、ピジャージュのような強い力は加えず、優しくルモンタージュのみすることで最終的な味わいに雑味を出さないよう注意を払います。熟成は新樽50%、ステンレスタンク50%の割合で。期間は16~18ヶ月。この割合や方法はウィンテージごとに変更されることはありません。


 最後に。エリック氏に彼が自分のワインをどう思っているのか質問してみました。その答えはいたってシンプルでした。

『僕は自分のワインがどういった味わいかは語らない。栽培方法や醸造方法ならいくらでも語る事はできるけどね。だって舌の感じ方は人それぞれだし、飲む場所、人によって多様化するものだから。だから“自分のワインがどんな味?”って聞かれたら、“まあ、飲んでみてよ!!”って答えることにしてるんだよ。』

『僕のワインの味は、“ブドウそのものの味”といっても良い。ヴィンテージごとで醸造方法を変える事はまったくしない。そのため、その年々のブドウの味がそのままその年のワインの味になっているんだよ。当たり前と言われるかもしれないけど、“ワイン=ブドウの味”だと僕は思ってる。』

 エリック氏の作り出すワインはどれも「純粋」で「透明感」のある味わいが特徴です。成熟した赤黒い果実の甘味と酸味、えぐみの素晴らしいバランスと凝縮感。タンニンにはまったく雑味がなく、きめの細かい、なめらかなシルクのようです。余韻に感じる白コショウやクローブのスパイス感があくまで控えめな形で複雑味を加えてくれます。まさに彼のひた向きなブドウ栽培への情熱が伺える、「誠実さ」を感じとることのできるワインなのです。

 今回のアテンド業務中、エリックと供に彼のワインを持ち多くのお客様にお会いし、試飲をしていただきました。その度に彼が真剣にその方々の意見に耳を傾けていたのが印象的でした。是非飲んでいただき、実際に彼の「ブドウ作り」を実感していただきたく思います。(星野)


 ----
 長々とすみません・・ちょっと伝わって来るものがある文章かな・・と思います。この先最低でも四半世紀、保証できる見事なメルロ主体のサンテミリオンです。ご検討くださいませ。



 以下は以前のレヴューです。
-----
【収穫量8HL/HA、生産本数1800本 と言う希少なテルトル・ド・ラ・ムレール2013年!厳しかった年に素晴らしい可能性を持ったサンテミリオンを造り出しました!】

 このところは何ヴィンテージか続けてテルトル・ド・ラ・ムレールをご案内していますので、少しずつファンの方が増えてきているような感触を持っています。

 やはりあの「テルトル=ロートブッフ」にそっくりで、官能的なサンテミリオンを感じさせてくれる・・それにしては、かなりリーズナブル・・と言うのが、皆さんの感覚でしょう。

 noisy 的にも同様で、

「このポテンシャルで1万円しないのは非常にお買い得・・でも、1万だとちょっと売れないだろうなぁ・・」

というような考えでいます。


 で、何とかこの2013年も続けて扱いたいと思っていた訳ですが・・


「ん?・・た、高い!」


 そうなんですよ・・。テルトル=ロートブッフも真っ青な価格が付いていたんです。上代設定12000円・・です。


 そりゃぁ・・わかりますよ・・普段5000本造れるところが1800本しか取れず、しかも反収が激減で1ヘクタール当たりたったの8ヘクトリットルしか出来なかったことを思えば・・2012年の倍にしたところで追いつきません。

 noisy も頑張って・・1万円ギリなプライス付けしかできない・・となれば、


「・・ちょっと無理なんじゃない?」

と諦めざるを得ない状況で、仕入れをしなかったんですね。


 そうしたらエージェントさんの方が折れてくれまして、大幅に条件をくれたんですね。で、何とか昨年並みのプライスを付けられるようになったんです。お客様はそうは思わないでしょうが、ほとんど半額セールな訳です。


 で、さっそく飲んでみると・・弱いヴィンテージであるはずの2013年なんですが・・

「むしろ2012年より充実している。ヴァン・ド・ガルドな仕上がりの2013年!」

だったんです。


 それは、メルロの収穫が少なかったためにセパージュを60%、フランが40%になった性でしょう。テルトル=ロートブッフ的な官能さを奥に秘め、シュヴァル・ブラン的な襞の有るスパイス感が乗っかったような味わいでした。

 同時期に考えてみますと、2012年もののその時の仕上がり具合よりも確実に遅く、ヴァン・ド・ガルドなヴィンテージであることが伺えます。ポテンシャルが高い分、仕上がりも遅い・・そんなイメージです。

 しかし、またそこには驚くほどの違いが有るように感じました。それは、「エナジーの違い」です。もう・・漲っているんですよ・・パワーが。物凄いエネルギーがこの1本に詰まっていると感じました。化け物みたいなエネルギーです。

 バランスも悪く無く、むしろ2012年は小さい仕上がりだったのか?・・と思い返してみるほど。いや、決してそんなことは無いとは思うんですが、

「超絶に低いイールドが葡萄の生命力をボトルに詰め込んだ?」

ようなイメージを受けました。


 今飲んでも飲めなくは無いですが、ほとばしるエナジーと正面切ってぶつかりますから・・

「うおぉ~!・・」

と、そのポテンシャルを受け止めようとすると非常に体力を奪われます・・(^^;; ・・まぁ、何を言ってるのか、全く判らないかもしれませんが、noisy 的な飲み方ができる方は判りやすい表現かと思います。マンモスパワー爆発です。

 しかし、この半年~1年でしっかりまとまってくるはずです。色合いも・・実に美しい赤紫が印象的です。ぜひこの素晴らしいサンテミリオン・グラン・クリュをお楽しみいただければと思います。世の中に1800本です・・

「ん?。・・2013年のサンテミリオン?・・テルトル・ド・ラ・ムレール?・・そんなすごいワインが有ったんだ!」

と、半世紀後には言われることになるやもしれませんよね。ほぼ半世紀前のあのシャトー・ディケムが超不作の1968年に造った珠玉のソーテルヌなどは、もはや、珍品も珍品、価格も一体幾らするのか、想像も出来ません。2013年はそんな年に近いのでしょう。それでも万難を排して、仕上がり品質を落とさずに造った「逸品」です。ぜひご検討くださいませ。




■エージェント情報
(株)オルヴォー村岡です。前半、村岡によるワインの紹介レポートを下記の通りお送りいたします。

 クロ・レオの篠原氏に紹介されて、彼のワインを初めて飲んだ時の衝撃は忘れられません。フルーツを裏漉ししたようなキメ細やかなタンニンと和菓子の餡子を思わせる控え目な甘味。口の中でゴツゴツとぶつかる要素が無く、整然として柔らかく広がる余韻は、ラベルの類似性も相まって昔飲んだ完熟主義のボルドーワインを想起させてくれました。

 その完熟主義のワインこそサン=テミリオンの怪物テルトル・ロートブッフです。エリック氏の経歴を語る上でこのシャトーの栽培・醸造長を2003年から2010年まで務めていたことを外すわけにはいきません。このごく少量生産ながらも、徹底した低収量と畑仕事により、ワインの本質を形成するのはブドウの品質である、という最も素直な真理を証明したのが、近年、プルミエ・グランクリュ・クラッセへと昇格したヴァランドローであり、テルトル・ロートブフでした。試飲した時の感想が正しかったことに再び驚いたのです。

 10年ごとに格付けが見直される特異性のためか、サン=テミリオンのワインには競争意識が高く、時として人智がテロワールを凌駕するようなダイナミックなイメージがあります。エリック氏は彼の造るワイン、テルトル・ド・ラ・ムレールの味わい同様に、静謐で、押しつけがましさや粘り気の強さが無く、その競争原理とは全く無縁の静かな、そして誠実さが外面に表れているような人でした。

 テルトル・ド・ラ・ムレールはサンテミリオンの東に位置するSaint-Etienne-de-Lisse (サン=テティエンヌ・ド・リス)村にわずか1.66ヘクタールの畑から生産されています。近くにはヴァランドローやロル・ヴァランタン、フルール・カーディナル等の畑が隣接しています。

 6歳からブドウ畑に出ていたというエリック氏、1994年から責任者としてビオディナミ栽培を開始、自分でワインを造り始めましたが、ネゴシアンにワインを樽で売っていました。転機となったのは上述のテルトル・ロートブッフを率いる当主フランソワ・ミジャヴィル氏との出会いでした。巨星、テルトル・ロートブッフの栽培・醸造を任されるというのは類まれな才能があったからに他ありませんが、エリック氏は

『良いブドウを造りたい、ブドウに向き合う姿勢が同じだったから。』

と、謙遜します。


 自らが出しゃばることなく、自らの名前で出すワインも造らず、ひたすらブドウに向き合っていたエリック氏の才能はテルトル・ロートブッフで開花しました。ミジャヴィルの娘、ニナ女史の後押しもあり、2008年、エリック氏は自らのワイン、Tertre de la Mouleyre(テルトル・ド・ラ・ムレール)をリリースしたのです。イギリスのワイン誌であるDecanterは、彼のワインの衝撃を下記のように語っています。


 エリックのワイン(テルトル・ド・ラ・ムレール)がニナの父親と同じワイン(テルトル・ロートブッフ)のレベルを持っていることは明らかなのです。
Nicola Arcedeckne-ButlerMW(Decanter)2011 5月

 2001年、テルトル・ド・ラ・ムレールが世に出るずっと前に、彼はカリテ・フランス認証、いわゆるABマークを取得しています。しかし、彼のワインのエチケットには、今も小さな文字でAgriculture Biologiqueと書かれているものの、マークは見当たりません。

『消費者がワインではなくて、マークを見て判断してしまうのが好きではないんだ。マークではなく僕のワインを見てほしい。』

 認証を取得するのにもお金がかかります。では、ラベルに表示しないならなぜ、認証を取ったのかという問いかけには、

 『本当にビオロジック栽培をしているの?と聞かれた時に証明出来るから』

とのこと。


 今回の来日時、お客様に対して丁寧に話をしている姿を見ていると、人柄もワインの味わいに反映されているように感じます。京都でおみくじを引いたのですが、結果は末吉、【旅行:やめた方がよろし】と書か
れているのを真に受けて、真剣な顔で、

『今が旅行中だっていうのにどうしろと言うんだ。』

と困っていました。

 テルトル・ド・ラ・ムレールには謙虚で静謐、しなやかで味わいに濁りがなく素直に広がりがあり、飲み手の側に寄り添ってくれるような優しさを感じます。こんなサン=テミリオンがあるんだと知ってもらいたい、ワインです。(村岡)


(株)オルヴォーの星野です。後半は専門的な部分をインタビューしました。

 テルトル・ド・ラ・ムレールのブドウの比率はメルロー80%、カベルネ・フラン20%で構成されています。決して広くはない土地ではありますが、彼は、

『この広さは自分一人で管理できるちょうど良い広さなんだよ。』

と穏やかに語ります。ブドウの栽培から醸造まで、収穫作業を除き全て一人で作業をしているのです。

 エリック氏にとってワイン造りで一番重要なのは【ブドウ栽培】。ワイン造りで重要なことを問うと必ず、

『ワインの出来は80~90%がブドウの質で決まるんだ。ブドウさえ完璧なものを作れば、あとの醸造はいたってシンプルになる。(醸造過程で)余計な手を加えないのが僕のワイン造りのスタイルなんだ。』

と答えます。

 ブドウ栽培において重要としているのは【光合成】と【ブドウの成熟】。畑を管理する上で一番最初に見るのは【葉】なのだそうです。

『若い芽が出るときが、ブドウの樹が“光合成”をしている合図。だから夏季の剪定作業では、樹の頭頂部の葉は刈るものの、上部側面の葉は伸ばしたままにするんだ。』

 そもそも夏季に行う剪定は、余分な葉を刈ることによってブドウに陽を当てるという効果と、風通しを良くすることによってブドウが病気になるのを防ぐ効果が代表的なものとして挙げられます。エリック氏の畑では葉を茂らせることによるリスクは生まれないようです。

『ブドウの樹の新梢を誘引する際、ブドウを地面ギリギリの位置に実らせるように仕立てるんだよ。これとは反対に、葉は樹の上部側面にだけ目一杯茂らせる。こうすることで葉で最大限に光合成しながらも、ブドウの周りだけ風通しの良い状態を作ることができるんだ。』

 確かに彼の畑の写真を見ると、葉は横方向へ茂り、ブドウはほぼ地を這うように低い位置に実っています。

2つ目の重要な「ブドウの成熟」もまた上で挙げた栽培法と関係しています。エリック氏はブドウが完熟し、地面に落ちる寸前の状態に収穫をします。より成熟した実にするため、地面に近い位置でブドウを実らせることにより、地面からの照り返す温度で熟成を進めさせ、土から吸い上げる栄養素をいち早く吸い取れるような状態を作り出しています。

 テルトル・ド・ラムレールの畑ではグリーン・ハーベストは行ないません。剪定と芽掻きの段階で収穫量を厳しく制限しています。そして収穫時に選果を行っています。収獲の時期も、サン=テミリオンの中でかなり遅い時期に行います。

『僕の畑の収穫は、毎年必ず10月の一週目から始めるんだ。ブドウの完熟が最大限になされるタイミングを待ってからでないと作業は始めない。周りの畑(生産者)と比べると、だいたい1週間~10日くらい遅いんじゃないか
な。』

 これらの点が彼のブドウ栽培における重要なポイントとなっているのです。

 醸造方法はエリック氏曰く、“至ってシンプル”に行われています。収穫後、ピジャージュのような強い力は加えず、優しくルモンタージュのみすることで最終的な味わいに雑味を出さないよう注意を払います。熟成は新樽50%、ステンレスタンク50%の割合で。期間は16~18ヶ月。この割合や方法はウィンテージごとに変更されることはありません。

 今回入荷した2013年ヴィンテージは彼にとって苦難のヴィンテージとなりました。10月の収穫の直前、雹害に遭ったのです。畑の8割を占めるメルローへ雹が直撃したことにより、葉やブドウは傷つき、重要な最後の成熟期にブドウが成熟しない問題が起きてしまいました。

 2008年のファースト・ヴィンテージ以降、テルトル・ド・ラ・ムレールとしてつくられるワインの品種の比率は、畑に植えられている比率と同じメルロー80%、カベルネ・フラン20%で構成されていました。しかしこの年のみメルローの収穫量が激減したために、メルロー60%、カベルネ・フラン40%でつくられることになりました。

 全体の収穫量も通年比の40%となり、毎年約5.000本の生産量に対し、収穫量8hl/ha、生産本数1.800本と大変少ない本数となってしまいました。エリック氏はこの天災に肩を落としました。しかし彼が理想とするブドウの質に辿り着くことを最後まであきらめませんでした。

 テルトル・ド・ラ・ムレールでは、収穫後の選果の作業を全て畑のなかで行います。2013年はとりわけ厳しく選果を行ったそうです。

『栽培が難しい年だからといって手を抜く事はしない。難しい問題が起きた分だけまた手をかけてあげれば良いだけ。だから僕は、2013年の最終的な出来に不満はない。良い状態まで持って行けたと思うよ。』

と自信を持って答えてくれました。



 イレギュラーな構成になった2013年ですが、2014年以降、2015年も天候に恵まれ、ブドウの質も全体の収穫の様子も満足のいくものになったそうです。2014年ヴィンテージの瓶詰めは6月。日本滞在中も、

『早く蔵へ帰らなくては。帰ったらやることが山盛りだ!』

と常に畑と蔵の心配をしていました。


 最後に。エリック氏に彼が自分のワインをどう思っているのか質問してみました。その答えはいたってシンプルでした。

『僕は自分のワインがどういった味わいかは語らない。栽培方法や醸造方法ならいくらでも語る事はできるけどね。だって舌の感じ方は人それぞれだし、飲む場所、人によって多様化するものだから。だから“自分のワインがどんな味?”って聞かれたら、“まあ、飲んでみてよ!!”って答えることにしてるんだよ。』

『僕のワインの味は、“ブドウそのものの味”といっても良い。ヴィンテージごとで醸造方法を変える事はまったくしない。そのため、その年々のブドウの味がそのままその年のワインの味になっているんだよ。当たり前と言われるかもしれないけど、“ワイン=ブドウの味”だと僕は思ってる。』

 エリック氏の作り出すワインはどれも「純粋」で「透明感」のある味わいが特徴です。成熟した赤黒い果実の甘味と酸味、えぐみの素晴らしいバランスと凝縮感。タンニンにはまったく雑味がなく、きめの細かい、なめらかなシルクのようです。余韻に感じる白コショウやクローブのスパイス感があくまで控えめな形で複雑味を加
えてくれます。まさに彼のひた向きなブドウ栽培への情熱が伺える、「誠実さ」を感じとることので
きるワインなのです。

 今回のアテンド業務中、エリックと供に彼のワインを持ち多くのお客様にお会いし、試飲をしていただきました。その度に彼が真剣にその方々の意見に耳を傾けていたのが印象的でした。是非飲んでいただき、実際に彼の「ブドウ作り」を実感していただきたく思います。
(星野)



 以下は以前のヴィンテージのレヴューです。
----------
【べらぼうに旨い!・・本家のロートブッフを超えた??】

 写真がこのようなものしか見当たらなくて申し訳有りません・・。掲載の写真のためにもう一本開けると価格を上げざるを得なくなってしまいますので、「液量が少ない・・しかもモンラッシェグラスに注いでいて、いつもと違う店頭での写真」です。

 店内なので、光量は多いのですがシアン系の色が少ないかもしれません。

 実を言いますと、前回は2011年のテルトル・ド・ラ・ムレールをご紹介しました。反響も有り、「美味しい!」とのお声もいただきました。・・が、2011年も美味しかったんですが、2012年の素晴らしさには少し足りず・・しかしながら、価格差が物凄く有りまして、その時の(2015年夏)2012年の販売を見送ったと言う経過が有ります。

 2011年は上代6500円・・5490円で販売させていただきました。2012年ものは何と上代8000円です・・。だから、この価格は物凄く頑張っちゃったんですよ。勿論ですが、エージェントさんにもご協力いただきました。

 余りにも美味しいので・・何とかご紹介したいと!・・思ったんですね。

 それにですね・・2013年ものですが、

上代12000円! に跳ね上がっちゃってます。2013年はまだ飲んでないですが、テルトル・ド・ラ・ムレールの評価自体が上がってることが大きいように思います。

 味わいですが、2011年のムレールをやや大きく、より要素をギッシリ詰め込んでいます。大抵の場合、そのような詰め込みだとフィネスが失われますが・・全然!・・そして実に妖艶です。脳髄直結!・・「くらっ」と来るかもしれません。

 2011年はややスッキリ目、2012年はほぼ完璧・・とご理解ください。凝縮感は凄く有るがフィネスもたっぷり、色っぽさもバッチリ、スパイシーだがキツクなどならず、中域も現状でも適度に膨らみ、サンテミリオンに良く有りがちな甘さは全く無く、またサンテミリオンに有りがちな「コーヒーやカリントウのような黒さ」も無く、紅を何百回も塗り重ねたような、まるで漆を塗った漆器を思わせるような色彩・・そう、一面の黒塗りつぶしなんだけども、良く見ると艶やかなグラデュエーションになっているような・・いや、ワインの色は黒では無いんですけどね・・。

 実に素晴らしい!・・テルトル・ド・ラ・ムレール2012年です。本家のテルトル・ロートブッフを超えちゃうんじゃないかとも思える凄い仕上がりです。2013年は12000円上代・・どうしようかと悩みが深いですが、ほぼ半額で購入できるこの2012年!絶対お勧めです。ぜひともご検討よろしくお願いいたします!


以下は2011年のこのワインのレヴユーです。
----------

【よりピュアなテルトル・ロートブッフ?!!甘くないサンテミリオンは官能的で肌理細やか!!旨いです!!】

 ビオロジックですが、結構なピュアさに加え、奥にナチュラルさを持っているように思います。写真の映りが今一つでした・・すみません。

 テルトル・ロートブッフで働いているエリックさんと、テルトル・ロートブッフのミジャヴィル家のお嬢さんだったニナさん・・・ですよ。同じくメルロを主体にフランをセパージュ・・

 いや・・・これをテイスティングして・・

「テルトル・ロートブッフでは有りえ無い!」

と言う自信は無いなぁ・・(^^;;


 非常に濃密ながらドライ、少し粘性が有って、しかも肌理が細やかな質の良いタンニンと、紫の果実がタンマリ・・スパイスが穏やかに立ち昇ってくると徐々にボディも膨れ・・ちょっとポムロルっぽくも有り、いや、やっぱりサンテミリオンだろう・・ん?・・左岸の杉の雰囲気も有るのか?・・などと、非常な複雑性も見せてくれますんで、とても楽しめるワインです。

 それに、まだほとんど知られていないワインなんですね・・・でもの次のヴィンテージからは上代も上がり、¥8000になったようで、この先の上昇が気になります。

 ボルドーもこの位の価格でコンディション良くピュアでポテンシャルの高いものに出会うと、

「ブルゴーニュって高いよな?・・」 と思ってしまう自分もいます。

 デカンター誌も書いてますが、ロートブッフの後に飲んでも沈んでしまわなかった・・とは、良く判る気がします。だって・・

「よりピュアなテルトル・ロートブッフ!」

と言う第一印象ですから・・ね。是非ご検討ください。お奨めします!

ドメーヌ・セラファン・ペール・エ・フィス

セラファン・ペール・エ・フィス

フランス Domaine Serafin Pere et Fils ブルゴーニュ
● 2018年のセラファンです。いや~・・デラ旨いです!・・やはり女性が入ると違いますね~・・でも、

「女性的なワインに大きく舵を取るか?」

とも思い始めていた noisy に、ちゃんと釘を刺してくれました。

 クリスチャン・セラファンらしさはそのままに、ミネラリティの増大でテクスチュアの良さ、滑らかさ、伸びの良さを増大・・男が働き女性が助ける・・みたいな、夫唱婦随か陽唱陰和か・・そんな、新生ドメーヌ・セラファンの本当の姿を、

「頑張ってテイスティング!」

をさせていただき、

「これ以上寄るのは無理な写真!」

でご覧いただきます。


 いや~・・シャンボール1級レ・ボード..とんでもないワインでした!他のワインも本当に超お勧めです。是非新生ドメーヌ・セラファンをご存じないブルゴーニュワインファンにこそ、飲んでいただきたいと思います。

-----
 2017年のセラファンのワインが到着です。

 2016年のセラファンは、エキス系の美しいワインへの転身か?・・と思わせるような、それまでもそのフリは有ったにせよ、パワフル型のピノの美味しさから、美しい味わいをその姿にまとわせていました。

 2017年もその傾向が強まるのかな?・・と思いきや・・

 そうじゃなかったんですね。2016年とほぼ同様のスタイルでしたので、パワフル系の面影を残しつつ、綺麗なエキスを抽出しています。

 しかしながら、これはどうでしょうか・・非常に瑞々しいんですよね。余韻の中に・・いや、最後に感じる、清冽な水の如くの残像が、テイスティングさせていただいたどのワインにも感じられます。

 健康的で美しく、しかしパワフル系の下地をも感じさせてくれました。

 今飲むのでしたら、確実に「村名ジュヴレ=シャンベルタン」です。次に「村名ジュヴレ=シャンベルタンV.V.」、そして「A.C.ブルゴーニュ・ルージュ」でしょう。上のキュヴェは3年ほど置いてからのお話しがベストかと思います。

 特に村名ジュヴレは・・今までで最高じゃないか?・・と思えるくらいにバランスが良いです。次世代にバトンを確実に渡したクリスチャン・セラファン、是非ご堪能くださいませ。


■ドメーヌより
 2017年は2016年同様4月に霜害の恐れがあったが藁を燃やして煙幕を張ったおかげで被害は最小限で済んだ。天候は順調で暑かったが度が過ぎるほどではなく、早熟なヴィンテージで畑作業は手間が掛からなかった。葡萄のクオリティは素晴らしく、収穫量も2009年と同じくらい取れたので近年のヴィンテージと比べれば豊作と言って良いだろう。例年よりも口当たりは柔らかくチャーミングな赤い果実味と塩味を感じるほどミネラルが豊か。古木由来のエレガントで凝縮した旨味、酸味のバランスが抜群でピノノワールらしいヴィンテージになっている。
━━━━━
クリスチャン・セラファンさんの2016年が到着しました。昨年の2015年ものから始まったと思われるセラファンさんのワインの、

「早く飲んでもかなり美味しいワインへの変貌」

を確かめるべく、2016年ものの到着を楽しみにしていたんですが・・・・


「・・残念ながら生産量が激減!?」

と言う状況のようで、2015年ものの入荷から比べても目も当てられないほどの惨状ぶりです。


 まぁ、最初から少ないキュヴェでは有りますが、3~4年寝かすとジュヴレ村名と区別の付かないACブルは・・

「たったの2本!」

と言う状況で、その他のワインも1/2から分母が増えて行くだけの・・惨状です。


 村名ジュヴレも6本と言う状況ですし、上級ワインは1~2本ですから、

「・・こりゃぁとても飲めたもんじゃないか・・」

とは思ったものの、上記のようにクリスチァン・セラファンさんのワインの変貌を確かめるべく・・また、すでに引退同様らしい彼の集大成となるかもしれないワインの質を確かめるべく、

「とりあえず1本は開けよう・・」

と決めました。


 そこでアイテムを決めなくてじゃいけない訳ですが、ACブルは2本、村名ジュヴレといつも滅茶美味しい村名ジュヴレV.V.が6本ずつ・・と言う状況ですから・・

「V.V.は美味しいのは当たり前だから・・村名ジュヴレにしよう!」

と言うことにしました。


 そんな感じですので、テイスティングが少なくて申し訳ないのですが、素晴らしかった2015年は「すっからかん」な状況でして、実は人気も高いので・・ご容赦くださいませ。

■エージェント情報2016年

 2016年は霜や病気の被害が大きく、例年の半分くらいしか収穫することができなかった。葡萄の粒も小さくジュースの量が少ないこともさらに生産量の減少に拍車をかけてしまったが、収穫できた葡萄のクオリティはとても高かった。ヴィラージュ物は通常新樽率は70%ほどだが、2016年は葡萄の状態が素晴らしかったので、1級や特級同様に新樽率を100%で醸造している。濃厚な色調と赤い果実のアロマ、凝縮した果実味でストラクチャーもしっかりしており、どちらかというと長熟タイプ。チャーミングさもあるので飲むこともできるが、少し寝かせておきたいヴィンテージ。


━━━━━
 クリスチャン・セラファンさんの2015年が到着です。巷での評判もかなり良いようです。この2~3年の間にも、

「早く飲んでも美味しさの伝わってくるスタイル」

がさらに助長されており、2015年の葡萄の熟度の高さがさらに追い打ちを掛け、

「こりゃぁ・・良いなぁ・・」

と思わせてくれるものになっています。


 村名ジュヴレと村名ジュヴレV.V.を開けてみましたが、現状でどちらも美味しく飲めてしまうほどの仕上がりで、

「ジュヴレ特有の官能感を生む新樽による酸素接触をしつつ、あるタイミングでは何らかの酸素遮断をもしているか?」

とも思えるような生き生きとしたスタイルです。


 まぁ、2015年の葡萄がとても健全だったことの証なのでしょうが、

「構造も大きく、それを埋める要素も多大」

と言うことは、2015年ものはドメーヌ・セラファンとすれば近年でも最高の仕上がりになったと判断出来ると思います。それとともに、

「やはりクリスチャン・セラファンはブルゴーニュワインの基本のキ」

で有り、

「御年78歳にしてまだ進化している」

ことに驚きを感じます。


 記念すべき2015年だと思われます。ぜひご検討くださいませ。



━━━━━
 フィネスさんのドメーヌ・セラファン・ペール・エ・フィス2014年が登場です。2012年までのクリスチャン・セラファンさんのワインは昔と変わらず、クラシカル・・・いや、今でこそクラシカルな造りなのかもしれませんが、新樽をしっかり使用し適度な酸化を促した、ジュヴレならではの妖艶さを持つエキスたっぷりのワインでした。

 新樽を多用するため、どうしても樽の要素がワインに溶け込むのに時間が掛かる傾向にあり、しかもワイン自体が非常にしっかりしているため、リリース直後は少し硬い仕上がりでした。それでも4~5年経ったワインはビックリするほど高質で複雑性に富み、官能感たっぷりの素晴らしいものでした。

 2013年がリリースされ、ある程度数量のいただけたワインをテイスティングしましたが、

「・・ん?・・セラファンもだいぶ変わってきたか?・・」

と思わせるような仕上がりで、特に村名ジュヴレの美味しさに惹かれました。何と・・樽の香りが強く硬いはずの仕上がりを見せるもの・・とばかり思っていたのに、

「思った以上にソフトで滑らかなテクスチュア。官能感はそのまま。ピュアで非常に旨い。」

ワインだったんですね。どうしちゃったんでしょう・・。

 因みに2014年は2013年ものより少し多めにいただきました。入荷の数量から村名ジュヴレと村名ジュヴレV.V.のみのテイスティングですが、2013年ものがリリース直後からジュヴレV.V.の官能さと柔らかい味わいで、村名ジュヴレより飲めたのに対し、2014年ものは、村名ジュヴレの方がリリース直後の時点で美味しく飲めるのには、

「セラファンも徐々に変化している」

と感じています。

 2014年ジュヴレV.V.は、ま~・・日本酒で言えば「新酒」のような状態で、まだ結構荒さを感じますが、ポテンシャルに関してはジュヴレ村名をかなり凌駕していました。4~5年でかなり良い状態になるでしょう。

 その他のキュヴェは少なくて飲めませんが、2014年と言う良いヴィンテージを反映して、セラファンらしいクラシックで大柄なジュヴレになっていることでしょう。ご検討くださいませ。



 1947年、スタニスラ・セラファン氏によって創設されたこのドメーヌは、現当主である息子のクリスチャン氏によって1960年代から徐々に発展を続けてきました。最初に所有した畑はジュヴレ=シャンベルタンの村名で当初はネゴシアンにワインを売っていましたが、1970年から徐々にドメーヌワインとして販売するようになり、1987年には100%ドメーヌ元詰めワインになりました。1990年代にはジュヴレ=シャンベルタン村以外にシャンボール=ミュジニー村やモレ=サン=ドニ村の畑も手に入れ、現在では約5.3haの畑を所有しています。

 葡萄栽培においては自然環境を尊重して、健康で良質な葡萄を作ることを大事にしています。葡萄の木が病気の被害に遭った時の薬剤の使用は出来るだけ最小限に留め、雑草を取り除く際は除草剤は使わずに耕作することで雑草を掘り起こし、さらに土の中に空気を入れることで微生物の活動を活性化させるようにしています。芽掻きや剪定をしっかり行うことで生産量を抑制し、非常に凝縮した葡萄を作っています。

 収穫は全て手摘みで腐敗した葡萄や干からびた葡萄などをしっかり選別し、除梗は約70%行います。ステンレスタンクに入れられた葡萄は醗酵前に低温で浸漬してピノ・ノワールの色とアロマを出し、自然酵母によってアルコール醗酵が始まります。醗酵温度は最高35℃で時間をかけてゆっくり行われます。また、櫂入れをしっかり行なって、アロマやタンニンを引き出します。その後、ブルゴーニュクラスは50%、ジュヴレ=シャンベルタン ヴィラージュは70%、それ以外は100%の新樽率で14~20ヵ月間熟成してノンコラージュ、ノンフィルターで瓶詰されます。また、使用された新樽の一部は毎年エルミタージュのジャン=ルイ・シャヴへ譲渡されています。


2018 Gevrey-Chambertin
ジュヴレ=シャンベルタン

15965

赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ジュヴレ=シャンベルタン
ドメーヌ・セラファン・ペール・エ・フィス

■海外メディア評価
89-91 points Robert Parker's Wine Advocate
88-91 points Allen Meadows - Burghound
■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。「Roncevie(ロンスヴィ)」、「Aux Etelois(オー エトロワ)」、「Creux Brouillard(クルー ブルイヤール)」など5区画に畑があり、広さは約1.5haで樹齢は約30年です。酸味が素晴らしく、果実味豊かで透明感があり、タンニンも滑らかでBourgogne Rougeよりも早く飲めます。
新着メンバー登録画像  750ML 在庫    ご注文数   本
¥10,400 (外税) 
【父クリスチャンさんらしさと娘カトリーヌさんらしさが見事に融合!アドヴォケイトもバーガウンドも上値91ポイントでマッチ!】
「・・ブログ、面白いですよね~・・良く書けるな~・・」

などと最近は声を掛けられることが多くなってきました。

「(・・ん?・・ブログ?・・なんのこっちゃ?)」

と一瞬思うんですが、ま~・・ブログっちゃ、ブログかもしれないですね。インスタとは言われないところが時代遅れなデザインのサイトなのかもしれません。でもこれ、何から何まで・・それこそ先日の「クレジットカードのロック事件」も「wine-selects.comメールアドレス割当」のサーバーの対処まで一人でやってる訳ですから、

「古くてすみません・・考えてる暇がないもんで・・」

とは言わないものの、何とかせんといかんか~・・とも思ったりする訳です。

 どこの店だろうが会社だろうが公的機関、政府に至るまで、世代交代は続いて行く訳で、死ぬまでずっと続けてやることは可能だとしても、

「周りの人が付いて来てくれるかどうかは別の話し」

です。

 勿論、お客様が付いて来てくれるかも非常に重要ですが、スタッフにしてみてもそうですよね・・何から何までやっているとは言え、これに毎日の配送のピッキングと梱包作業まで加わったら寝る暇も無くなってしまいます。なので、どうやって次世代に引き継いでもらうか?・・は、どんな世界でも課題です。

 クリスチャン・セラファンもそうだったのでしょう。この3年ほどで「大きく変化」した訳です。娘さんも姪御さんもいっしょにやっているとのことで、

「ワインが女性化!」

しているのは間違い無いです。そしてそれは、

「大正解」

だと感じられます。そのうえで、


「クリスチャン・セラファンらしさは普遍!」

であるとも言えます。


 なので、ある意味鬼門でも有ったこの「村名ジュヴレ(V.V.表記無し)」のキュヴェが、ここに来て「ググっ」と脚光を浴びて来るんじゃないかと踏んでいます。

 何せリーズナブルですし、美味しさも半端無い・・ただ今までは、

「早い段階ではちと渋かった!」

訳です。


 それが、そんな部分もチラリと見せつつも、飲んでいる最中にも多量のミネラリティの増大でその渋みは見えなくなり、膨らみと伸びを感じさせるようになり、美味しく飲めてしまう訳です。

 この・・

「女性の華やかささえ感じさせる写真映り!」

はどうでしょうね?・・良い感じでしょう?・・輝いてますよね?・・


 美味しいと思います。クリスチャン・セラファンならではの大柄なワインです。ご検討くださいませ。



 以下は以前のレヴューです。
-----
【滅茶苦茶濃密だった2016年から滅茶苦茶バランスの良い、滅茶官能的でそそられるジュヴレ!・・是非今、飲んでみて下さい!】

 これは美味しい!・・飲んでしまいます。ついついグラスに手が伸びる・・(^^;;

 でも2016年の印象とはやや異なります。2016年はとても濃密なエキスで、しかもとても綺麗で、そしてエロティックでした。エキス主体の味わいが最初から有りました。

 2017年ものは、滅茶健康的です!・・色合いだけ見比べますと、2017年の方が濃密に見えるんじゃないかと思うんですね・・でも違うんですよ。

 フィネスは2017年が完全に上回っています。美しいエキスとしては2016年でしょう。

 そして、抜栓直後には2017年ものは・・ほんの少し、「もたっ」とします。まだ完全に落ち着きを取り戻していない・・そんな感じです。

 ところが5分待ったらもう・・いや~・・旨い旨い!・・その「もたっと感」の原因となっていたであろう、非常に質の良いタンニンにキレと厚みが出始めた・・と思ったら、その後は完全に、

「クリスチャン・セラファンの官能の世界」

に引き込まれます。


 そして、なんともベルベッティなテクスチュアに酔いしれつつ、またノーズに却って来る見事な官能さに浸ってしまうんですね。


 さらに余韻の最後には、

「滅茶苦茶にみずみずしい余韻」

が待っていますから・・

「グラスをノーズに」-->「口に含む」-->「クラクラ来ちゃう」-->「瑞々しさで適度にリセット」-->「振り出しにもどる」

をエンドレスにしてしまうんですね~・・。


 これは是非、飲んでいただきたいな!・・と素直に思える素晴らしい村名ジュヴレでした!お勧めします!滅茶旨いです!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【滅茶苦茶濃密!・・新樽率を100%に上げた村名ジュヴレです。・・クリスチャン・セラファンのジュヴレ=シャンベルタンへのこだわりと意思が透けて見えて来ます!】

 申し訳ないですがこの村名ジュヴレしか飲めませんでした。先にお詫び申し上げておきます。すみません・・。

 2015年もののセラファンは明らかに、それまでのクリスチャンのワインとは異なっていました。・・いや、官能的なジュヴレ独特のアロマはそのままに、やや硬かったテクスチュアがソフトに、膨らみを見せていたんです。

 それは抜栓によって、ワインが求めていた酸素を得ることにより急激に変化を起こす・・酸化によりアロマを放出しワインはやや硬くなる・・でもそれまでは柔らかい・・と言うような流れそのものでは無いにせよ、細やかな観察と仕事により、液体が短時間に酸素を取り込めるだけの余力を今まで以上に持った・・それが2015年もの・・と言うnoisy の理解でした。

 そもそもはクリスチャン・セラファンのワインは新樽率が他の生産者よりも高く、まだまだ大きく粗い目を持つ新樽からの酸素供給により、彼のワインは官能的なアロマをリリース直後から放出する甘美なワインになっていました。

 しかしその反動で、しなやかなテクスチュアと膨らみ、ピュア感を幾分か失うことになっていた訳です。

 2015年ものは、今まで通りのシナリオでは無く、しかし彼のワインが持つ甘美なアロマと、抜栓直後から膨らみを増長させてゆく姿とのバランスが、「パーフェクト」だったと感じさせられた訳で、ま~・・非常に美味しく、

「セラファンも新時代に突入か?」

と感じさせてくれました。


 2016年の村名ジュヴレは、それまでおよそ70%だった新樽率を上級キュヴェ同様の100%に上げています。なので、その分は硬さを増したはず・・ですよね?

 まず、アロマがもう・・素晴らしいです。色艶を感じさせる素晴らしい香りです。そして非常に複雑で、様々な色合いを想像させてくれちゃいます。樽を樽香として感じさせるのではなく、すでに他の分子と結合してか、複雑性を醸し出しています。

 味わいも強烈に・・濃密です。口蓋で液体をすり潰したくなってしまいます。2014年ほどでは有りませんが今のタイミングで、僅かにエッジを感じさせますが、ドライで複雑で濃密な味わいが、それをマスキングしていると言えます。

 中域は非常に膨らむ・・とまではいきませんが、2015年の仕上がりに準ずるもので、2015年ものから始まった「抜栓直後からの膨張」ラインは健在です。

 余韻も実に複雑で、濃密ながらも嫌味やリキミとは感じられません。ただし時間を掛けて楽しんだらさらに旨いだろう・・と感じました。


 2016年のジュヴレは厳しかったはずなんですが、ドメーヌ・セラファンでは新樽率を上げるほど、収穫できた葡萄の質は高かったとアナウンスされています。樽を多く掛ける=葡萄の潜在能力が高く無ければできない・・と言うことは判り切ったことですから、やはりそういうことなのでしょう。

 また、例えば村名ジュヴレV.V.とのバランスを見ますと、今までの経験から、

「村名ジュヴレよりもジュヴレV.V.は、さらに膨らむ余力を持っているから、現時点ではジュヴレV.V.が滅茶美味しいはず!」

と言うことが予想出来ます。・・いや、テイスティングすれば確実に判る訳ですが、まぁ、飲まなくても想像に間違いは無いでしょう。

 この官能さはやはりクリスチャン・セラファンならではです。そして厳しかったはずの2016年に、非常に超熟で凄いワインを作り出したんじゃないかと想像させるに値する味わいが村名ジュヴレに有りました。

 すぐに飲むなら村名V.V.、1~2カ月置けるなら村名ジュヴレ、それ以外は2~3年から4~5年、アイテムによりみていただければと思います。勿論、非常に超熟に仕上がったと見えますので、上級キュヴェは30年は持つと思います。是非ご検討いただけましたら幸いです。




以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【近年最高の仕上がり!ジュヴレ=シャンベルタンの基本と言いたい見事な仕上がりです!】

 毎年同じアイテムを飲み続けていると、ヴィンテージの背景はさることながら、それ以外にも多くの情報を受け取れるようになります。その結果、一般的に言われていることが決して正しいものでは無いとか、それは古い情報で現在は当てはまらないとかも含まれます。

 しかし多くのワインメディアが、単に目の前のワインの現在の状況を切り取ることだけに終始し、大きな変化が有ったことを見逃しています。

 あの2006年のドメーヌ・フーリエは衝撃的でした。しかし気付く人はほとんど居なかった訳です。2007年にはリアルワインガイドが気付きそれを持ち上げましたが、他のワインメディアは2009年ものまでさしたる気付きはなかったように思います。劇的な人気になったのは2010年ものからです。多くの人が、

「フーリエって・・素晴らしいんじゃない?」

と気付いたからです。

 noisyにとってはフーリエ2006年は記念碑的でした。何せ、余りの値上がりに、2006年ものの約束数量を仕入れた後は、取り扱いを止めようとさえ考えていたからです。それでも2006年ものの素晴らしさがnoisyの意思を変えさせたんです。

 同じことは2015年もののシルヴァン・パタイユにも言えます。ま~・・値上げがキツイ!・・良いのは判っていても仕入れが15~30%も上がっては、ものによっては前年ものの販売価格を2015年ものの仕入れ価格が上回ってしまいます。ホント、止めようと思ったんですがやはりその素晴らしさがそれを止めさせたんですね。


 2014年もののセラファン、ジュヴレとジュヴレV.V.は素晴らしかったです。近年稀にみるゴージャスな仕上がりで、かつ、今までには余り無かった、

「早く飲んでも美味しい」

と言うオマケがついていました。でもその傾向は2013年ものから見えてはいました。


 2015年ものの村名ジュヴレは惚れ惚れとするような見事な仕上がりです。クリスチャン・セラファンらしい、見事な「官能感」を漂わせる「アロマ」・・これは新樽による酸化熟成が寄与しています。

 しかしながらそれだけにとどまらず、構成自体が非常に大柄です。2014年も素晴らしかったが2015年は一回り大きい。そしてそれをしっかり埋めるだけの要素と、2014年もの同様な「早く飲んでも美味しさが伝わってくる」スタイルと、今までは余り感じられなかった「ピュアさ」が加わっていました。

 セラファンを開けると「セラファン香」とも言いたくなるような官能的アロマが漂いますから、ブラインドでは結構な指標になります。しかし中盤以降は「硬さ」が支配、少し飲みづらい感じが受け取れました。勿論ですがこれは熟成が受け持つ部分ですので、いずれ甘美さへと変化して行きます。

 考えるに・・新樽のパーセンテージを減らしたんじゃないかな・・もしくはやはり、ウイヤージュの頻度が上がったかと思うんですね。

 御年78歳のクリスチャンさんと姪っ子さんでセラーの仕事をしているようですが、酸化熟成の緩やかな樽を増やしているように思います。今飲んでも結構に素晴らしいんですから・・。


 でもおそらく、2015年ジュヴレ=シャンベルタンやV.V.は、ワインメディアには例年とさして変わらない、いつものような評価がなされるでしょう。近年のセラファンのワインの変化には、

「気付きが無い」

と思います。


 柔らかでテクスチュアの伸びの良い、さらには「ピュアさ」が余韻の後口に感じられる素晴らしい仕上がりです。今飲んでそれを感じても良し、数年置いて仕上がってから楽しむのも良しです。少ない2015年もの、ぜひご検討くださいませ。お勧めします!


 以下は2014年、2013年もののレヴューです。
━━━━━
【2013年ものより値下げです!しかも2013年に続きこのジュヴレ・・ありえないほど滅茶苦茶旨いです!】

 旨いです!2013年もののご紹介時に感じたセラファンさんのワインの変化・・それは2014年でも健在でした!この村名は柔らかさが全面に出ていて、そしてセラファンさんらしい「官能さ」もしっかり・・非常に旨いです!

 クリスチャン・セラファンと言えば、新樽をしっかり使う主義で有名でしたので、

「リリース時から香りの柔らかさ、官能感全開ムードに比べて味わいが硬い・・」

恨みが有ったのは事実なんですね。


 ところが、この村名に関しては、「官能感全開!」はそのままに、テクスチュアの柔らかさと開いた要素の放出量がしっかり有るんですよ。2013年ものもそうだったんですが・・2014年も同様にとても飲み易く、今でも楽しめる味わいです。

 新樽をしっかり使う・・とは言いながらも、その使い方の問題なんでしょう。新樽を使うと言うことは、適度な酸化を促す・・と言うことになりますから、昨今の・・

「リリース直後から美味しいブルゴーニュ」

とは、真逆のスタイルでも有ります。


 これはどういうことかと言うと、敢えてなだらかな酸化をさせず、抜栓時に酸素を取り込む余裕をもたせたまま還元的に瓶詰めする・・と言うことです。それによって、リリース直後からある種の・・

「開いた感」

を感じることが出来るんですね。


 しかしながら新樽を普通に使ってしまうと酸化が気孔から促進されますし、ウイヤージュ(補酒)の頻度によってはかなり酸化が促進されることになりますから、

「ウイヤージュをこまめにやることにしたか?」

もしれない・・いや、これは安易な憶測です。


 でも・・そんなニュアンスの感じられる、柔らかな仕上がりでした。ジュヴレワインとしての構造の大きさはそのままです!これは非常に美味しいです。価格も昨年よりも下がってのご案内でお得かと思います。2013年ものを飲まれたお客様は、

「セラファンって、若くても美味しいんだね・・」

と思っていらっしゃるかもしれませんが、少なくともこの村名ジュヴレはその通り!でも上級キュヴェはそうとは限りませんので・・そのおつもりでご検討ください。ジュヴレが持つ最大の魅力、力強く大きな構造を感じさせてくれる逸品です!お勧めします!



 以下は2013年もののレヴューです。
━━━━━
【8990円ジュヴレシリーズ!しかしこのジュヴレ・・ありえないほど滅茶苦茶旨いです!】

 いや~・・困っちゃいましたね~・・。いや、何たってね・・このワイン屋商売、ワインをどう見切るか?・・みたいな所が有りまして、その目に自信が有るからこそ、良いだ悪いだ、凄いだ駄目だと、あ~だこ~だと言える訳です。この造り手はこんな味わいでどの位のランク、味は良いけど価格はちと高い・・とか、若いうちは硬いけれど5年経つと目茶旨いとか・・上のキュヴェはいつも美味しいけれど下に行くに従って並の品質とか・・まぁ、それはワインに対してだけじゃなくて、そのワインを扱うエージェントさんに対しても同様でして、ここんちは品質は悪くないけど時折オオボケかましてくれるとか、品質は悪いけど価格が安いとか・・でもそれは扱わないのでご安心してください。

 で、このセラファンさんですが「新樽の申し子」みたいなところが有りまして、適度な酸化を促す新樽の使用率が高く、リリース時は香りは・・

「めっちゃ凄い!」

のに・・味わいが「硬い・・」「硬さが抜け切らない」のが常でして、ましてや、普通の村名ジュヴレはいつも硬く、ジュヴレV.V.のような濃密さが無いので、

「3年から5年くらい待ってね・・」

と言わざるを得ない状況で、まぁその、そのように完全に見切っていた訳です。


 ところがです・・・。2013年のセラファンがリリースされ、ちょいとばかりですがフィネスさんから戴きまして、何を飲もうかと考えたんですが、

「まぁ・・他はバラの数しかないからとりあえずはやっぱり村名かな?」

と、飲んでみたんですよ。そしたらもう・・


「え~~っ?」

です。目茶柔らかいんですよ。香りはいつもの通り、目茶妖艶でかぐわしく、目の詰まった感じの・・正に素晴らしいジュヴレが持つ凄い香りです。

「・・これでな~・・柔らかけりゃ・・樽が浮いてなきゃ・・凄いのにな~・・」

と思いつつ、口に入れてみたところがそんな状態・・。それでもうビックリしちゃったんですね。こりゃぁ、今までのセラファンさんのイメージを一端、脳から綺麗さっぱり、抜かないといけないかとさえ・・思っちゃいました。

 おそらくですが、彼にとってみれば、ほんの少しだけ弱いヴィンテージだと・・思ったのかもしれません。いや、2014年が入ってきてチェックしてみないとそれは判りませんが、少なくともこのジュヴレの「現状の美味しさ」は初体験です。

 多くの方が、

「セラファン?・・5年経ったらね~・・旨いよね~」

と言うことはご存知でしょう。


 じゃぁ、この2013年の旨さは何なんだ?・・と言うことなんですよね。とても柔らかく、いつもより樽のニュアンスが無く、ただ官能さだけはそのまんまで、今飲んで目茶美味しいとは、やはり、樽の掛け方を変えたとしか思えないんですよね。若干古い樽を使ったんじゃないでしょうか。だからピュアで、酸化から適度に守られ、普通の生産者よりも遅いリリースのこの時期に・・

「ピッタンコのタイミング!」

になったと・・取り合えず理解しています。


 美味しくなったセラファンのワインは非常に貴重です。トップ生産者としての凄さを見せてくれます。まぁ、騙されたと思って飲んでみて欲しいと思います。他のキュヴェも飲みたくなっちゃいましたので、それはまた後ほど・・。もし売れるようならフィネスさんと相談してみますんで、完売でもお声掛けください。店頭でもそんな話しをすると興味を持っていただいて購入される方がおられ、だいぶ減ってます。お奨めです!非常に素晴らしいと思います!!


2018 Gevrey-Chambertin 1er Cru les Corbeaux
ジュヴレ=シャンベルタン・プルミエ・クリュ・レ・コルボー

15963

赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ジュヴレ=シャンベルタン
ドメーヌ・セラファン・ペール・エ・フィス

■エージェント情報
 ピノ・ノワール種100%。葡萄の樹齢は約40年で畑は村のはずれに位置し、広さは約0.5haです。がっちりとしたタンニンが特徴ですが、繊細さも損なわず、CAZETIERSとFONTENYの中間のような印象のワインです。
新着メンバー登録画像  750ML 在庫    ご注文数   本
¥17,480 (外税) 
【2018年ドメーヌ・セラファンのアイテム中、最も赤果実が目立って美味しいキュヴェがこれ!・・目から鱗のセラファンの美味しさ発見です!】
「お~・・ルーミエさんのワインみたい!」

と見えないでしょうか?・・素晴らしい赤い色が目に染みて来ますでしょう?・・そうなんですよ・・ちょっと硬質でシャンボール的、いや、マジ=シャンベルタン的と言いますか、薄い表土の乾いた感じから、素晴らしい凝縮度の滅茶美味しいジュヴレ・・チェリーが実に良いんですよ。

 マット・クレイマーさんはマジ=シャンベルタンについて、

「野生(フルーツ)が弾ける感じ」

とその著作で書いていますがまさにそんな感じ・・。noisy 的な表現だとシャンボール的な硬質感とテクスチュア、そしてミネラリティの多さから、様々な要素が飛び出してくる感じ・・と言うかな?・・と思うんですね。

 で、そもそも黒果実が多い、それが特徴でもあるセラファンさんちのジュヴレに有って・・いや、本当は赤果実もたっぷり有るんですが、若い段階で多く感じる黒果実の存在・・と言うのが正しいかと思いますが、

「この1級レ・コルボーはマジ=シャン風にそこが逆転している」

と思うんですね。むしろ、マジ近辺は「赤い風味が強い」のかもしれません。

 これも美味しいです・・超美味しい!・・シャンボール1級レ・ボードも無茶美味しいですが、その系統の美味しさを持っていました!。

 やはりワインは飲まないと判らないんですよ・・。割り当ても少なく、価格も高いと中々テイスティングも出来ませんが、それだと真実も見えないし変化も見逃してしまう訳で・・それが良く良く身に染みて判ったレ・コルボーのテイスティングでした。ギイヤールさんのはもっと黒いですが・・こうなってくると、所有地の位置関係も知りたくなってしまいますよね。

 1級の中ではリーズナブルでは有りますが、これは相当にお買い得だと思います!ご検討ください!


 以下は以前のレヴューです。
-----
【グラン・クリュ・マジ=シャンベルタンの北、プルミエ・クリュ・フォントニ直下に接するマジ=シャン風やや肉厚な1級です!】

 セラファンさんの1級レ・コルボーとなると、さすがにしょっちゅう開ける訳にも行かないキュヴェです。でも1級レ・コルヴォーはほぼ毎年飲んでますよ。noisy も大好きな生産者さんで、「ドメーヌ・ギイヤール」のレ・コルボーが毎年入荷していますから・・。それに他にもブルーノ・クラヴリエさんとか、いらっしゃいますからね。

 ここのワインは南に接する「マジ=シャンベルタン」に良く似ています・・が、さすがに同じとまでは行きません。やや乾いたニュアンスとスパイシーな果実、野性味・・と言った部分は由来と言えるでしょう。その割にはギイヤールのレ・コルボーは余り売れ行きは芳しく無く、

「何でだろ・・」

と不思議でなりません。


 まぁ、ギイヤールは滅茶苦茶ドライですから・・甘みもへったくれも無いんで、「そっけない」と思われているのかもしれません。かと言って早くから飲めないような妙な硬さは無いんですけどね。

 クリスチャン・セラファンさんのレ・コルボーは、やはりクリスチャン・セラファン風のセラファン香とも言いたくなるような官能さに満ちたアロマです。近年、どんどん早くから美味しくなって来ていますが2017年はいかがなものでしょう。

 アドヴォケイトは91ポイント、2023年から・・と言うことで、やはり3年後辺りからと言うのは間違い無いでしょうが、評価は少し低いように思います。ご検討くださいませ。


2018 Gevrey-Chambertin Vieilles Vignes
ジュヴレ=シャンベルタン・ヴィエイユ・ヴィーニュ

15964

赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ジュヴレ=シャンベルタン
ドメーヌ・セラファン・ペール・エ・フィス

■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。「Vignes Belles(ヴィーニュ ベル)」、「Le Fourneau(ル フルノー)」、「En Champs(アン シャン)」など7区画に畑があり、広さは約1haで樹齢は約60年です。果実味、酸、旨味が凝縮していて、タニックな男性的イメージのワインです。
新着メンバー登録画像  750ML 在庫    ご注文数   本
¥13,890 (外税) 
【激旨!セラファン的ジュヴレを味わうなら是非V.V.を飲んでみて下さい!・・優しく包んでくれる見事なジュヴレです!】
 2017年ものは、

「すぐ飲むのはちょっと待って!」

と書いてましたが、2018年ものは、

「すぐ飲むのも・・OK!」

と書き換えなくてはなりません。2018年ものは早飲みもOKで、しかも熟成も長く可能な仕上がりなんですね。

 noisy は基本的に、テイスティングが終了するまでは、インポーターさんの資料には目を通しません。それは余計な情報で思い込んでしまうことを防ぐ意味と、

「新着を書き始めるまで、単に時間を取れないだけ」

と言う両面が有ります。

 なので、今・・この文を読んで・・納得した訳ですね・・


 2018年の年明けは雨が多く温暖な気候だったが2月から3月に掛けてはとても寒くなった。4月になると徐々に暖かく春らしい陽気になってきて葡萄の成長も加速していった。夏になると気温がどんどん上昇して酷暑と言われた2003年に匹敵するくらいの高い気温の日が続いた。夏の日照時間の長さのおかげで葡萄の成熟は最上と言っても過言ではないほどになり、いわゆる「ピノノワールらしさ」は影を潜めているが、とてもフルーティで新樽を強めに使う我々のワイン造りにはとてもマッチした葡萄だった。現在でもすでに飲めるほど味わいは整っているが、真価はまだ出ていないので愛好家の方々には辛抱強く待って欲しいヴィンテージと言えるだろう。


「現在でもすでに飲めるほど味わいは整っているが、真価はまだ出ていないので愛好家の方々には辛抱強く待って欲しいヴィンテージ」

 そうなんですよ・・そう言いたかった訳です。・・さっさと目を通しておけば良かった・・と言うか、この資料が今ようやく見つかった・・だけでも有ります。

 なので、

「いつものセラファンの充実したG.C.V.V.の味わいに、さらなるミネラリティの増大がこの良く肥えた味わいを魅力的なものにしている!」

と言えます。


 今飲んでも良く、15年置いても良い・・25年はたっぷり持ちます・・そこまで引っ張ったら「見事な官能感溢れるトロットロの味わい」になっているはず・・是非飲んでみて下さい!・・超お勧めです!



 以下は以前のレヴューです。
-----
【すぐ飲むのはちょっと待って!・・しかし、官能的なセラファンさんのジュヴレの神髄をしっかり持っています!】

 2015年もの以来のテイスティングです。村名ジュヴレが偉~い美味しいので、相当期待してテイスティングに入りました。アドヴォケイトは、村名に80点台、このV.V.に91点付けていましたんで、

「村名が89点でV.V.が91点?・・ホントか?」

みたいなノリです。あの味わいが89点で正しいのなら91点はとんでもない評価に思えてしまいます。

 色合いも実に素晴らしいです。2015年ものが消し飛んでしまうほど綺麗です。

 飲んでみると・・

「なるほど~・・!」

でした。


 到着時の味わいだけを見るのであれば、2015年ものが良いです。圧倒的に美味しかったと思います。2017年ものは・・

「まだ落ち着いてない!」

し、

「まだ完全には仕上がり切っていない!」

と言えます。


 これは2017年のセラファンさんのワインの特徴でしょう。まだ「エルヴァージュ中(介護中?子育て中?)」だと思っていただけると間違いないかと。

 すなわち、非常に良い状態で葡萄を収穫できたんじゃないかと推測します。なので、もう少し瓶熟を取らないとまとまらない感じです。

 しかしながら、ポテンシャルは2015年と同様か、それ以上。ピュアさは2015年以上、瑞々しさも2015年以上です。官能感はほぼ一緒。まさにエロティックなジュヴレのアロマは健在で、

「味わいは仕上がっていないがアロマは仕上がっている」

と言う状態です。


 この状態で飲んでしまうと、良く判らないんじゃないかと思いますので、どうしても早飲みしたい方は3カ月ほどお待ちください。待てる方はやはり3年かな?・・その辺の感覚がアドヴォケイトと一緒になってしまって残念ですが・・そこは間違いないでしょう。

 素晴らしい出来の、実に「健康的でエロティックな」ジュヴレV.V.です。是非セラーでエイジングしてください。お勧めします!



 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【2016年ものはACジュヴレのみのテイスティングですので、是非そちらのコラムもご覧ください。】

【もはや「ブラボー!」としか言えない・・クリスチャン・セラファン流スタイルを変えずにまだ進化を続ける・・正に化け物です!】


 これは滅茶苦茶旨いです!・・それにしても、誰にも似ていない、正にクリスチャン・セラファンの世界を見事に描き切っています。

 2014年もののグラスの写真と比べてみてください。2014年ものも滅茶旨かったですが、2015年ものは完全に凌駕しています。

 まったくのドライで残糖感は無し、しかし見事に大きな構造を、見事に複雑な要素を詰め込んだカプセルで埋め尽くしています。

 多くの生産者さんの場合、そのカプセルは「ミネラル」ですが、セラファンさんの場合はそれに加え「タンニン」もその役目をしていると思われます。

 まぁ、ボルドーワインは結構、そのパターンが多いんですが、ブルゴーニュの場合はそんな量のタンニンは無い場合がほとんどですから。

 しかし、クリスチャン・セラファンのV.V.はそこが違うんですね。滅茶質の良い、ホンワカしたタンニンが結構有るんですね。でも、それがブルゴーニュワインのエレガンスやフィネスを損なわないどころか、しっかりと、

「ピノ・ノワールです!」

と主張しています。


 言わば、村名ジュヴレの密度を倍ほどに上げただけ・・なのかもしれませんが、複雑さは倍×倍、存在感も同程度ほど大きく感じられてしまいます。

 口に含むとピノの高貴さに加え存在感が一気に大きく感じられます。

「おお~っ!」

と言いたくなる感じです。


 そこから口内で膨れ上がり、ほんのりとそのタンニンを感じさせます。ベルベッティです。赤や紫の果実に加え、黒っぽい果実がふんだんに・・ビターに感じられ、口内の感覚器官全てをフルに活動させます。中盤からは美しさが増してくるようです。厚みを感じさせながら収束に向かいますが、やや太めのスパイス感がノーズに抜けて行きます。

「・・大柄だな~!」

と感じていただけるでしょう。


 いつもの年なら、

「でもまだ少し渋いか・・」


と書くと思うんですが、2014年ものの時もそうでした。


「いや、今でも美味いんじゃない?」


 近年のクリスチャン・セラファンのワインに共通の感覚です。今までなら、

「村名3年、村名V.V.は5年、寝かしてください。滅茶、甘美で素晴らしい成長をしますよ。」

と言っていたものです。


 2015年ものは、

「今なら飲んでも良いよ!」

と言えるのが嬉しいところです。78歳にして現役、姪っ子さんとともにまだワインは進化をしています。クリスチャン・セラファン、究極のヴィンテージになったと思われます。ぜひご検討くださいませ!お勧めします!




 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【クリスチャン・セラファンの看板ワイン、ジュヴレ=シャンベルタンV.V.と、希少な上級キュヴェのご案内です!2014年ジュヴレV.V.はいつ飲めばいい??】

 まぁ・・この色合いを見ればご納得でしょう・・。長年ワインに接していると、色を見るだけで有る程度までは想像出来ちゃいますよね。

 2013年ものV.V.の、非常に美しいエキスたっぷり系なしなやかワイン・・是非2013年ものの色合いをご覧ください。ストレートな美しい色合いをしています。

 2014年ものV.V.は・・・どうでしょう?・・全然違うでしょ?・・もう、色からして「官能感バリバリ」じゃないですか。


 そうなんです・・。まさに、

「クリスチャン・セラファン、ここに有り!」

の味わいです。


 ジュヴレの偉大なテロワール、力強く、鉄っぽく、大きな構造をたっぷり感じさせてくれる素晴らしい仕上がりです!


 でも・・全然早いですね。2013年ものは美味しく飲めたんですが、2014年ものはようやくワインとして成立したところ・・で、瓶熟期間が不足しています。やや渋さからのエッジも感じますし、パレットも少しイビツです。

 しかしながら、ワインのポテンシャルとしますと村名ジュヴレを遥かに超えたものが感じられます。

「出し切った・・やり切ったぞ!最高のワインだ・・」

と言っているかのようです。そして、


「あとはお前に任せたぞ・・」

と言っているようにも感じます。


 パッキパキに硬いのでは無く、柔らかさも充分に有るけれど、その程度ではポテンシャルがとても隠し切れない・・と言うことなんですね。すなわち2013年ものは素直に美味しいが、2014年の能力には届かなかった・・と言うことです。


 2013年もののようにリリース直後から素晴らしい!・・と言えなかったのは残念では有りますが、それでもその美味しかった2013年ものを完全に置いてきぼりにするポテンシャルが有りました。少なくとも2年、出来れば3年以上おいてから、この出来の素晴らしい2014年ものをご堪能ください。


 また、上級キュヴェも数アイテム届いています。申し訳ないのですが、とても飲めるような数量では無く・・申し訳ございません。多くいただけるようになったら是非、

「20XX年、クリスチャン・セラファン完全ガイド!」

みたいに出来れば・・と思っています。ご検討くださいませ!!



━━━━━
【セラファンも美しいエキス系ワインに変身か?!】

 どうよ~?・・この色合いですよ~?決して淡いとは言わないですが、こんなに黒味の少ない赤い色のニュアンスをバッチリ残し、テーブルクロスが透けそうなセラファンのV.V.を見たことが有るでしょうか?

 まぁ、ペロ=ミノのような真っ黒さだとは言わないですが、セラファンのV.V.はそれなりの黒味と、もう少しの色の濃さはふつうに有ったと思うんですけどね。V.V.の付かないジュヴレ村名が繊細且つエレガントでめちゃ美味しかったので、数は少なかったんですが、売れ筋のV.V.を飲んでみる気になったんですね。それにフィネスさんとのお取引も復活したので、途切れがちだったセラファンのテイスティングもしないといかんな~・・と言う気も有りました。でもまぁ、やはり高価になってきましたので、飲んで販売してると経営的にはちと厳しいですけどね・・。

 昨今は多くのエージェントさんにも言えることですが、在庫を余り増やさないために、基本アソートメントと言うか、割り当てと言うか・・、ワイン屋さんの希望するようには購入できなくなっています。

「ジュヴレは必要だけどシャンボールはいらない・・できればACブルは大目に・・」

なんてことはほぼ不可能です。

 それも生産量が少ない高価なブルゴーニュならまだ良いんですが、2千円とか3千円、下手すれば1円台のワインでも、

「ご希望者が多いので3本ずつです。」

などと平気で割り振っていらっしゃる・・。こちらにしてみれば、

「・・はぁ?」

です。個人のお客様でもその位は購入されるでしょ!って話しで、

「初めての生産者で1軒辺り3本ずつ割り振って、とにかく右から左に流せって?」

みたいに思っちゃうんですね。

 まぁ、販売先を絞ってしまうと在庫になる可能性が大きくなるので仕方ないのは頭では判るんですが、千円台のワインを3~4本いただいたところでね・・色んな意味でロスにしかならないと思うんですけどね・・。ワイン屋さんも飲まず、だから何も知らず、ただエージェントさん発行の定型文を読むか貼り付けるかで仕事を終わらせるんですね。ちゃんと飲んでるのはお客さんだけ。その方が声を上げれば、ネット上ではそれが「そのワイン、その生産者の本質」になってしまう可能性大です。勿論それが正しければですね、何の問題も無いですし、声さえ上がってこない・・と言うことにもなりかねません。誰もが他の人に自分の意見を大声で言いたい方ばかり・・なはずが無いんですね。

 なので結局はそのワインの幻だけが独り歩きしてしまうんです。自費で飲むんですからせめてその分くらいは面倒みて欲しい・・と思うんですけどね。そんな訳なので結局、キャンセルして入ってこないようになる場合が結構多いんです。非常にツライ世の中です。


 愚痴になっちゃいましたが、セラファンは少ないですがちゃんと紹介したいので、何とか開けた2013年の2本目、ジュヴレV.V.です。

 やはり2013年のセラファンは絶妙に旨いです。綺麗だし、ちゃんと膨らむし、樽臭く無いしで言うこと無しです。しかしながら今飲むことを考えれば、ジュヴレ村名をお勧めします。このV.V.の方は村名のみのキュヴェには無い、輝かしい未来に花咲くべくのタイムカプセルをまだしこたま抱えています。凝縮感たっぷり有りますが、エレガンスを損なうものでは無いにせよ、

「ん~・・勿体ないかな~・・」

と言う気になっちゃうんですね・・。貧乏性ですから・・いや、性はいらんか・・。


 なので、今飲むならめちゃ旨い「村名」を推します。3~5年でさらなる高みを覗いてみたい方はこのV.V.をセラーに仕舞ってください。官能さが出てきたら確実に超1級並みなパフォーマンスを見せてくれるでしょう。

 因みにですね・・最近、あちこちの評価機関のポイントを見てみると2013年のブルゴーニュのポイントが高いですね。いつの間に付け替えたんでしょうね・・付け替えてないのかどうか、アドヴォケイトとかタンザーさんとかサトクリフさんとかを普段余り気にしてないので判りませんが、リリース前に散々脅かされたと・・うっすら覚えているのがトラウマ状です。

 後になったら2013年はグレートイヤーとか言われるかもしれません。非常に美しいワインです。是非ご検討くださいませ。

 またその他のキュヴェはさすがに開けられませんで・・すみません。息子はフィネスさんの試飲会で飲んでる可能性が有るんですが、まだとてもコメントなど書ける能力を得ていませんで・・。普段のセラファンさんの「リキミ」みたいなものが無い、ナチュラルな味わいのヴィンテージだと思います。


2018 Morey-Saint-Denis 1er Cru les Milandes
モレ=サン=ドニ・プルミエ・クリュ・レ・ミランド

15966

赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
モレ=サン=ドニ
ドメーヌ・セラファン・ペール・エ・フィス

■エージェント情報
 ピノ・ノワール種100%。葡萄の樹齢は約40年で畑は特級のすぐ近くに位置し、広さは約0.3haです。果実味や酸のバランスが取れていて凝縮感もあり、余韻が長いワインです。
新着メンバー登録画像  750ML 在庫    ご注文数   本
¥17,480 (外税) 
【これも激旨!・・何でこんなに美味しいのか・・と考えてみるに、「やはり透明硬質なミネラリティを得たから」と言う答えしか浮かんできません!】
 もう・・滅茶苦茶寄った写真を、各1級畑のキュヴェで使用しています。これは本当は、

「サムネイルにした時に何の写真を撮ったか判りやすいように」

と言う意味で、最初の1枚をエチケットを中心にして撮ったもので、本来はグラスの色を見せるためのものでは有りませんでした。

 でも、この滅茶寄った写真が結構に真実を表しているような気がしましたので、選択してみたんですね・・どうでしょう?

「セラファンは黒い」

と言うような思い込みは無いでしょうか。いや、キュヴェによっては黒みが全体を覆っている・・覆っていた・・と思う訳です。

 ですが、この3年はどんどん赤みが増して来ました・・

 と言うか、元々有ったんだけれども、赤みに光が灯るようになって来た・・のが大正解かな?・・とも思う訳でして、このレ・ミランド1級の素の姿をちゃんと写した写真になっているような気がするんですね。

 例えば、昔のルーミエさんのモノポール「モレ=サン=ドニ・クロ・ド・ラ・ビュシエール」を思い出してみて下さい。悪くはないし、5年も経つとテクスチュアも改善、8年位経つと相当美味しくなった・・はずです。ですが今や、完全にシャンボール村名を置き去り、しっかり1級以上の美味しさを見せているじゃないですか・・。

 あれ?。。上の文章の「ルーミエさん」を「セラファンさん」に、「クロ・ド・ラ・ビュシエール」を「レ・ミランド」に変えてみて下さい。

「・・おんなじ・・」

でしょ?


 まるで各色のフルーツをミルフィーユにしたかのような素晴らしい味わいです。硬質なミネラリティは、まるでそのミルフィーユに注ぎかけた「僅かな甘みのシュガーコーティング」のようで、このレ・ミランドには全く欠かせない素晴らしい要素の一つです。

 これは本当に美味しい・・できれば縮小していない写真をお見せしたい!・・とも思いますが、noisy のサイトでそれをやってしまいますと・・

「携帯やスマホじゃ重くて見られない・・」

とクレームが来てしまいますんで・・申し訳ありません。


 ですが、この3年で大きく変化したドメーヌ・セラファンを言っていたとは言え、これらの素晴らしい1級群の存在をアピール出来なかったことに申し訳なさを感じています。是非飲んでみて下さい・・どの1級を飲んでも外しませんよ・・レ・カズティエは飲めてはいませんが・・是非ご検討くださいませ!お勧めします!


 以下は以前のレヴューです。
-----
【1級最安値のモレ・レ・ミランドはアドヴォケイト91+でした!】

 モレ=サン=ドニの1級レ・ミランドです。村のほぼ中央に位置するこの畑は、グラン・クリュ・クロ・ド・ラ・ロシュを構成するレ・シャビオ(シャンボール=ミュジニーにも同名の畑が有るが違う畑)の直下に有り、クリスチャン・セラファンさんが所有する部分はその境界に近い部分です。

 ですので、クロ・ド・ラ・ロシュ風だと・・言いたいところですが、中々そうは言えないところが難しいんですね。

 レ・シャビオと言うリューディはクロ・ド・ラ・ロシュでは有りますが、その真上がクロ・サン=ドニなんですよ。この辺りはクロ・ド・ラ・ロシュとクロ・サン=ドニを名乗れる区画が入り組んだようになっていて、むしろクロ・サン=ドニに似ている・・と言う方がより正しいと言えます。また東側、より下部になりますから、その分赤さを多く含む土のニュアンスが多くなる感じです。

 こちらも数が無くて飲めませんが、クロ・サン=ドニとクロ・デ・ランブレイには似たニュアンスが取れるセラファン香の有る1級・・と思われると近いかな・・と思います。

 アドヴォケイトは91+と結構渋め・・しかも、あろうことか・・2027年からと言う飲み頃を言っているようです。まぁ、2027年までに飲め・・と言われるよりはマシですが、あくまで樽からのテイスティングだったようですから、長くても5年後から・・と言う理解で良いと想像しています。飲めませんでしたが・・ご検討くださいませ。


2018 Charmes-Chambertin Grand Cru
シャルム=シャンベルタン・グラン・クリュ

15960

赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ジュヴレ=シャンベルタン
ドメーヌ・セラファン・ペール・エ・フィス

■海外メディア評価
93-96 Points Jasper Morris Inside Burgundy
93-95 Points Robert Parker's Wine Advocate
93 Points Allen Meadows - Burghound
■エージェント情報
ピノ ノワール種100%。畑は「Aux Charmes(オー シャルム)」と「Mazoyères(マゾワイエ)」に位置し、広さは約0.3ha、樹齢65年の古木です。滑らかな口当たりで凝縮感や複雑さがあり、余韻がとても長く残ります。
The Wine Advocate 94 points 2024~2050
新着メンバー登録画像  750ML 在庫    ご注文数   本
¥38,800 (外税) 
【ついに96ポイント以上を獲得!ここからさらに昇り詰められるか?・・が問われます!】
 1999年以来・・とでも言うべきでしょうか、2000年代はほぼほぼ、1999年のアドヴォケイトの97ポイントを超えることが出来ず、95ポイントで頭打ちだったセラファン所有のトップ・クリマ、シャルム=シャンベルタン2018年が96ポイント以上を久々に超えて来ました。まぁ、アドヴォケイト的には上値95ポイントでは有りますが、やはりこれは近年のクリスチャン・セラファンのワインのミネラリティ増大、美しく外向的なワインへの変身が認められつつあることの証でしょう。

 まぁ、1999年にアドヴォケイトで97ポイントとは言っても、評価をされた某テイスターさんが飲み頃を 2005~2012 と評価していましたので・・まぁ、判らなくもないんですが、その先の姿を想像しきれずに、リリース後たった10年ほどの飲み頃期間を「アドヴォケイトで」書いてしまうことへの違和感がいつまでも残像として残ってしまうnoisyでは有ります。

 「5年経ったらクリスチャン・セラファン」は、ものの見事にその某テイスターさんも言ってる訳ですが、7~8年の飲み頃期間は短過ぎる訳ですね。比較してしまえばジュヴレのワインは、もしくはシャルム=シャンベルタンは滅茶長い寿命を持っている訳では無いとしても、その本質を間違って伝えていると思っています。

 で、この頃のドメーヌ・セラファンの躍進は素晴らしいですよ。以前でしたら、リリース直後のテイスティングは中々に厳しいものでした・・口の中が・・(^^;; 質は良いんですが大量のややガサっとしたタンニンが、歯や歯茎にまとわりつき、その感覚がマヒしてくるまではテイスティングが中々進まないんですね。

 ですが昨今はもう・・抜栓直後から官能的なアロマに触れ、タンニンも有るんですが・・それすらもミネラリティの滑らかさに中和され、旨味として感じさせてくれるほどの味わいに変化しています。

 1980年代のブルゴーニュワインの海外メディア評価は散々なものであったものが、1990年代に入り、PKさんの言葉を信じ実証して行ったドメーヌから引き上げられ、PKさんの引退少し前あたりからは、「濃い」「パワフル」「新樽」に寄らずとも、ある程度マトモな評価がされるようになってきました。

 そんな大きな時代の「うねり」の中を、

「♪・・・そんなの関係ね~・・♪」

とばかりに舵取りをして来たクリスチャンさんから娘さんの代にバトンタッチし、親父さんの造って来た味わいを壊すことなく、

「素晴らしいテクスチュアをリリース直後から感じ取れる素晴らしいワイン!」

になったと言えます。


 PKさんは、「セラファンのトップ・キュヴェはレ・カズティエだ」としてきましたが、そんな亡霊は今はいません。このシャルムもまたトップ・キュヴェです。2019年こそは久々に飲みたいと・・思っています。

「飲めるうちが花」

 そんな言葉が寒々と身に染みるようになってきたnoisyです。ご検討くださいませ。


 以下は以前のレヴューです。
-----
【クリスチャン・セラファンのトップキュヴェです!2017年ものの評価はアドヴォケイトで94ポイントです!】

 セラファンさんちの看板とも言えるシャルム=シャンベルタンです。同じくボリューム・ゾ-ンでの看板で有るジュヴレ=シャンベルタンの仕上がりを見ると・・出来は間違い無いと思われます。

 大体にして、セラファンさんのワインのリリース時の評価は、シャルムで良いところ95点位で留まります。もしくは余り早い段階での評価は・・しない方針・・なのかもしれません。

 その、早い段階での評価をしない・・と言うのは、セラファンさんのワインの美味しさを知っている、もしくはちゃんと理解しているから・・とも言えます。5年ほど置くと、それからのこのワインの成長がようやく「つぶさに感じられる」ようになるから・・なんですね。

 ジュヴレの大御所と言えば、しなやかさでアルマン・ルソーさん、そして最近ではトラペさんでしょう。でも、ジュヴレ=シャンベルタンを最大限に表現しているのは、おそらくこのセラファンさんであろうと思います。

 因みに2015年ものの評価は、リアルワインガイド第61号は、何と今飲んで 93+ ポテンシャル 95+ 飲み頃予想 2023~2060 と言う・・マンモスな評価でした。これは第49号で2012年もののポテンシャルを96+ポイントとしたものに続く評価です・・。まぁ、

「2012年を代表するワイン」

と言うことなので同様の凄い仕上がりだと言うことなのでしょう。

 2017年ものは、非常に瑞々しく健康な葡萄が収穫できたと確信しています。素晴らしいワインですがほんの何本・・とかの数量です。ご検討くださいませ。

メゾン・オリヴィエ・バーンスタイン

オリヴィエ・バーンスタイン

フランス Maison Olivier Bernstein ブルゴーニュ
● オリヴィエ・バーンスタイン、Noisy wine としましてはおそらく最後のご案内になるかと思います。BBR社正規品です。

 「1級畑以上のワインしか造らない」と宣言して始まったミクロ・ネゴスですが、noisy としましても興味津々で2008年ものより扱わせていただきました。

 元より標準小売価格は高かったのですが、どこの誰とも知られぬ未知数の新人による、ちょっと高飛車な物言いにも思えるような存在でしたので、

「ま~・・全然売れなかった!」

のが2010年前後の状況でした。

 なのでnoisy としましては興味は有るものの、素人?ド新人?の造る・・いや、1級以下の畑からは造らない・・と言ってるクセに、

「レストラン宛に名刺代わり造っている」

と宣う「村名ジュヴレ=シャンベルタン」を、取りあえず飲んでみよう・・と言うことで飲んでみたら美味しかった・・ので、

「全然売れずに倉庫に積みあがっていた」

はずのそのワインを価格交渉させていただき、2008年ものを6000円弱で売らせていただいたのがキッカケだったと記憶しています。


 これがですね・・大評判でして・・2008年ヴィンテージのエレガントさと、果実の柔らかな美味しさがマッチしていたのがその理由かもしれませんが、相当な数量を販売させていただきました。それがスタートでした。

 しかしながら毎年のように上代設定は高い方に見直され続けまして・・それでも2014年までは、何とか9千円を超えないように・・相当利益を削って対応させていただいておりましたが、2015年には1万3千円になり、2016年ものは完全にアソート販売で12本1セット90万円という馬鹿馬鹿しいと思ってしまうような超巨大なものになってしまいましたので、オリヴィエ・バーンスタインの販売からほぼ撤退することになっていました。

 かつては大量に販売させていただいたその村名ジュヴレ=シャンベルタンも、2017年ものを持って終売になりましたが、バーンスタインの醸造長が何と・・「リシャール・スガン」で有り、彼が独立した(する予定)ことが関係していることも判りました。(この辺りはリシャール・スガンのコラムをお読みくださいませ。)


 オリヴィエ・バーンスタインはアルマン・ルソーと並びたい、もしくは超えたいと思っているようで、ルソー同様、直販主体を目指しているようです。なので、輸入販売のエージェントさんは「邪魔」になるのでしょう・・どうやらB.B.R.社も切られるようですが、最後の荷が入った・・と言うのが実情かと思います。

 ですので、

「さよなら・・オリヴィエ・バーンスタイン!」

と言うような気持ちで、今回はご紹介させていただきます。流石に20万円上代のシャンベルタンをアソートで複数セット仕入れ、多く販売することはNoisy wineも能力不足ですし、先行きが「生産者直販」や「ネット販売禁止」に行き着くのであれば、いつまでもしがみついていても仕方が有りません。


 今回は2017年もののジュヴレ=シャンベルタン1級レ・シャンポーの再入荷分と、初めてのご紹介になります2016年村名ジュヴレ=シャンベルタンをご紹介させていただきます。特に村名ジュヴレ=シャンベルタンには思い入れも有りますし、将来の販売は有り得ないようですので「絶版品」と言うことになろうかと思います。

「そう言えば大ドメーヌのオリヴィエ・バーンスタインって、昔はネゴスで村名も造っていたらしいよ・・」

なんて、20~30年後にSNSなどで言われているようになるのかもしれませんね。


「じゃぁ・・ご縁が有ったら・・また・・よろしくね。」


-----
日本の市場ではまだまだ無名に近いオリヴィエ・バーンスタインですが、それでもエージェントさんレベルでは引っ張りだこ、また海外の評価は年を追う毎に鰻登りで知名度抜群、ついに2015年もののシャンベルタンはあのアルマン・ルソーと(ほぼ?)同様の上代120.000円になってしまいました。

 また、今までは2社が正規で輸入していましたが2015年からは1社体制になったようで、生産量減と入荷数量減で価格も高騰、noisy も・・

「・・もう手も足も前に出せない」

状況に追い込まれてしまいました。


 オリヴィエ・バーンスタインの2015年ものを楽しみにされていらしたお客様には、大変申し訳ございません。

 何しろ村名ジュヴレで40ケースの入荷と聞いており、エージェントさんも鼻息は荒く非常に強気、以前のように、

「xケース買うから・・」

などとの交渉など不可能な状態です。

「noisyさんのところは2ケースですが、他にそんなに行ったショップさんは無いですよ。」

などと言われる始末・・。挙句の果てには、滅茶高く選択自由度の全く無いグラン・クリュとプルミエ・クリュになってしまいまして、このクラスはお茶を濁すだけの仕入れになってしまいました。


 それでも2008年ものからご紹介をし続けたオリヴィエ・バーンスタインですので、

「最後になるかもしれないが村名だけでもテイスティングしよう・・」

と決め、ご案内申し上げます。


━━━━━
 オリヴィエ・バーンスタインの新ヴィンテージが到着です。2008年ものからご紹介させていただいておりましたが、少なくとも2013年ものまでは、さほどの認知度も無く、noisy 的には、

「・・こんなに素晴らしいのにほぼ独り占めで・・すみません・・」

みたいな感じで、例えばジュヴレ村名などはもう大量にご案内させていただいておりましたし、シャンボール1級のラヴロットも、素晴らしいラズベリーと大きな構造・・とても美味しいのに価格はまだ追いついておらず、これも沢山ご購入いただきました。


 しかしながら、もう現在は世界的にも話題になってしまいまして、日本でも散見されるようになり、

「noisy さん・・昨年までのようには行きませんよ。」

とエージェントの担当さんに言われてしまい、落ち込んでいる noisy です。まぁ・・仕方ないですよね。あの滅茶美味しい2010年のジュヴレなどを飲んだ日にゃ、誰でもファンになっちゃいますよね・・。ジュヴレ2008年は6千円切ってご案内していましたしね~・・。


 で、誠に申し訳ないのですが、日本の正規エージェント分としましては、今回ご案内する分で「ラスト」です。売れ線のジュヴレ村名も、たったの24本を確保するのがようやっと・・でした。2010年ものは10ケース以上確保できてましたんで・・五分の一しか有りません。

 その他のキュヴェも、何か良く判らない限定条件が付いてまして・・まぁ、非常に評価の高い「シャンベルタン」や「シャルム=シャンベルタン」などだけを抜かれないように、エージェントさんが工夫されたんでしょうね。なので、各キュヴェ1~2本しかないようになっています。

 ですが、やはり評価自体も高く、ジュヴレを飲んだ限りでは、


「2014年のオリヴィエ・バーンスタインは超絶ポテンシャルを持つ!」

と言えるかと思います。

 ジュヴレ村名でさえ極太ボトルに入り、評価も・・かのティム・アトキン氏は92Points と非常に高いです。noisy 的な、もしくはテイスター的な感覚から言えば、

「ん~・・シャンベルタンの98Points がまず有りきで、そこからジュヴレの評価が決まったような感じもあるかな?」

と言うような気もする訳ですが、ジュヴレ村名の92Points は良い評価だな・・と思われます。


 その他のキュヴェも軒並み高得点をマークしており、またティム・アトキン氏だけではなく、その他のテイスターも似たような評価をしていますので、信頼できるんじゃないかと思っています。

 本来であれば、noisy が全部開けられるような環境が欲しい訳ですが、上級キュヴェはクロ・ド・ヴージョクラスを除いてかなりの値上げになっています。

 ACジュヴレも・・本来はもう、この価格は厳しいのですが、何とか以前と同じ価格を維持してのご紹介です。是非ともご検討くださいませ。

をご存知でしょうか?今までに2008~2009年のジュヴレ村名、シャンボール1級などをご案内させていただき、大好評をいただいています。

 いまや、ワイン業界、特にブルゴーニュ大好き人間達の間では、物凄い噂になっている「ミクロ・ネゴス」です。すなわち、1級畑の、しかも条件の良い畑しか造らない・・そうです。

 しかしながら余りに価格が高く、ご案内し辛い状況でした。今回は特別に・・無理をして、何とか飲んでもらおうと、エージェントさんと交渉の上、何とか・・ギリギリの価格で折り合いました。

 で・・飲んだみたら・・高いのは仕方が無いとしか思えない仕上がり。「パーフェクト!」と言うしかありません。

 



 オリヴィエ・バーンスタインは、ブルゴーニュの新星ネゴシアンとして、近年、ジャンシス・ロビンソンやアレン・メドウズなど数多くのジャーナリストから高く評価されています。

 ブルゴーニュの最高の区画と樹齢の高いブドウの樹、特にプルミエ・クリュ(一級畑)とグラン・クリュ(特級畑)だけにフォーカスし、ファースト・ヴィンテージとなった2007年、10種類=800ケースのワインを造りました。高樹齢の樹から採れるブドウは収穫量が限られているため、生産量はごく僅かです。




 元々、バーンスタインは音楽系出版社の家系に生まれましたが、頻繁にワイン生産地を訪れ、畑や収穫などに触れるうちに、その魅力に取りつかれ、有望なビジネスキャリアを捨て、ボーヌで醸造の勉強を始めました。2002年に短期間アンリ・ジャイエと一緒に仕事をした後、ルーション地方で、自分のドメ ーヌであるマ・ドゥ・ラ・ドゥヴェーズを興しました。ここで造られたワインは、パリの有名レストランなどで評判となり、その成功を基に、2007年、ネゴシアン・ビジネスを開始するため、ブルゴーニュに帰還しました。ブドウという果実そのものを厳選し、その生育状況には細心の注意を普Eい、醸造はジュヴレ・シャンベルタンにある自身のワイナリーで行います。すべて特注のオークの新樽で熟成することにこだわり、濾過や清澄をせず、ワインは一本一本、丁寧に手で瓶に詰められています。


2016 Gevrey-Chambertin Villages
ジュヴレ=シャンベルタン・ヴィラージュ

15730
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ジュヴレ=シャンベルタン
メゾン・オリヴィエ・バーンスタイン

◆◆◆ お一人様2本まで限定でお願いします。
92 Points Vinous Antonio Galloni

■エージェント情報
 樹齢60年。 Carougeot (カルジョ)とLes Epointures(レ・ゼポワンチュール)の2つの区画から採れるブドウのブレンド。新樽で熟成させる。 愛らしくコクのあるピノ・ノワールのフレグランスやラズベリー主体の香りと魅力の多いワイン。味わいは快活で新鮮な果実味そしてフレッシュなフィニッシュ。
新着メンバー登録画像  750ML 在庫    ご注文数   本
¥18,500 (外税) 
【2016年ものは葡萄の熟度は高目で仕上がりは冷ややかなエレガント系!一瞬、初めて扱わせていただいた時の2008年ものを思い出しました!】
 おそらくバーンスタインのワインの最後のテイスティングになるであろう・・2016年ものの村名ジュヴレ=シャンベルタンです。幸か不幸か、一応24本は仕入れが出来ましたので、以前よりは仕入れ価格は当然ながら上がっていますが、販売価格を頑張って抑えて、

「バーンスタイン最後のジュヴレ=シャンベルタン」

をいつか、飲んでみていただけたらと思っています。最も造り手としましては2017年ものジュヴレ村名が最後のリリースになります。

 
 色合いはどうでしょうか・・少しエレガント系に見えますよね。下の2015年ものが赤みが強く、中央の積層赤~黒がしっかりしているのが判るかと思います。比較しますと2016年ものは全体的に均一な感じで、これはピノ・ノワールが「濃くない時」に見える現象でも有ります。・・・え~・・少し後に成りますがご紹介予定の「2018年ヴァーゼンハウス(ドイツ)」のラントヴァインをテイスティングしましたので、ちょっとだけ・・比較の意味で見てみましょうか?

 フランスとドイツと言う国、地質の違いは有りますが、色合いの全体的なトーンは似ているような感じですよね?

 でもバーンスタイン2016年はヴァーゼンハウスのシュペートブルグンダーよりは積層的で濃く、より暗い感じに見えるかと思います。バーンスタインの収穫時期・・と言うか、葡萄の熟度はより高く、少し遅熟的、ヴァーゼンハウスの方は熟度はより低く、少し早熟的なバランスと言うことになろうかと思います。勿論ですが、収穫の月日の比較では有りませんので・・。

 なので、バーンスタイン2016年は晩熟型(遅熟)で酸は柔らか、年代が2年異なるために熟したニュアンスも入り、ヴァーゼンハウス2018年は早熟型で摘み取りはより早く、酸は比較してよりハッキリしたものになっているはずです。この2つの対象では、よりエレガントさを感じるのはヴァーゼンハウスになると思いますが、比較対象をバーンスタインの2015年と2016年にしますと、エレガントさがクッキリするのは2016年と言うことになります。

 で、面白いのでもうひとつ・・写真をご用意したのでご覧くださいませ。

 え~・・3枚目が「リシャール・スガン ジュヴレ村名2018年」です・・(^^;;

「あちゃ~・・濃度の差は有るけど、ソックリじゃん!・・」

と思われたかどうだか・・(^^;;


 「いや・・だいぶ違うぞ・・」と思われた方もいらっしゃろうかと思いますが、やはり似てますよね・・濃度は2018年ものの方が有りますが、少しだけ薄くして、2年ほど経過させたらソックリ?・・かもしれないと思ってしまいます。

 失敗したのは「白いテーブルクロス」が洗濯中で使用できない期間に写真を撮ったことですがご容赦くださいね。

 なので、2016年もの村名ジュヴレ=シャンベルタンは、リシャール・スガンの手になるものだったと言えるでしょうし、2016年ものは2015年、2018年よりも濃度は低めでエレガント系である・・と言えるでしょう。そのうえで、

「エキス系と言うよりも果実味系」

の味わいですので、柔らかなフワフワとしたテクスチュアの酸の穏やかな味わいが特徴・・と言えるでしょう。


 ただしタイミング的にはやや閉じ気味・・と言うか、品温が冷えやすい時の果実味系のワインは、香りは良くても比較して味わいが落ち着いて感じられますので、

「飲まれる際は品温に注意。低くとも14~15度までに上げないと真価を発揮できない」

と言うのは「この寒い時期の鉄則」ですのでご注意くださいね。特に収穫タイミングを遅めに持って行った晩熟型のピノ・ノワールは、酸の柔らかさゆえにその傾向が強くなりますので気を付けましょう。


 オリヴィエ・バーンスタイン、2016年のジュヴレ=シャンベルタン・ヴィラージュのご紹介でした。オリヴィエ・バーンスタイン、これにて終了とさせていただきます。ご愛顧をいただきまして誠に有難うございました。是非ご検討くださいませ。



 以下は2015年もの以前のレヴューです。
-----
【思わず唸らざるを得ない素晴らしい仕上がりでした!村名ジュヴレ=シャンベルタンのポテンシャルは1級並み。価格は全然高く無いです。】

 ワインの素晴らしさはバランスが有ってこそ・・では有りますが、そこはやはり「血筋」なのでしょうかね。レナード・バーンスタイン指揮のベートーベン交響曲第5番「運命」/ バイエルン放送交響楽団 を聴きながらこのレヴューを書いていますが、

「重量感あるものは鈍重になりやすく、軽快感あるものは軽薄になりやすい」

 そんなことを一切感じさせない見事な演奏と指揮だなぁ・・などと感じつつ、聞き過ぎてしまって指が全く動いていないことに気付き、ちと焦っています。Youtube でもバーンスタイン指揮は簡単に見つかりますので、ぜひ俳優さん顔負けの素晴らしい演技を・・いや、指揮と演奏をご覧ください。

 オリヴィエ・バーンスタインの2015年の村名ジュヴレですが、ま~・・集大成的に素晴らしいです。

 まず、何よりこの・・

「滅茶重く、ド太い大迫力のボトル!」

に驚きますよ。

 そして、抜栓してコルクの選択の素晴らしさと、

「・・お、重っ!」

と、思わず声が出てしまうほど重量を感じ、手の小さい人、もしくは女性などで握力の少ない人ならボトルを落としかねないんじゃないかと思えるほどの、ボトルの太さと重量です。


 そしてピュアで華やかで重さもしっかり有り、円の形に立体構造が想像できるような見事なノーズには、深みのあるカラント、スパイス、伸びやかな白い石灰と重みある鉱物系のミネラリティ。ゾクゾクっとさせられます。

 中域は適度に拡がり、まだまだこれから先のために残すべき要素を詰め込んでいることが、あからさまに判るような大きな構造を埋め尽くす要素。余韻も深淵で、しかも最後の最後に葡萄由来の静かで思いきり綺麗なほんの僅かな甘み・・この静かな甘みのような感覚が長~くたなびきます。

 まぁ、全くの良く出来たプルミエ・クリュ・クラスの味わいです。非常に複雑性高く、今は全然・・開いて無いですよ。2014年までは村の中央に有る区画、アン・カルージョとレ・ゼポワンチュールのブレンドでしたが、2015年は村の北端、高い標高にあるレ・ゼヴォスレの葡萄を50%足しているようで、その個性がかなり出ているように感じます。それでも充分に堪能できます。

 このワイン、アルコール度は13.5度と、比較的高目に仕上がっているんですが、ワインの格、繊細さ、エレガンスもしっかりと感じさせてくれます。通常だと大柄では有っても、繊細さを感じさせるのは、若いうちは難しいんですけどね。

 この辺りは・・「血筋」なのかとうらやんでしまいます。素晴らしい出来でした。セラートラッカーは94ポイントを付けた方がいらっしゃいました。タンザーさんは91ポイントです。

 なお、このワインの飲み頃ですが、ポテンシャルを取れて美味しい・・と感じられるようなプロに近い方は今の状態でも、

「わお!」

と感じていただけるでしょうが、通常は3年ほど置いてからが良いと思いますよ。もしどうしても早めに飲みたいと思われるようでしたら、

「2週間しっかり休養させて澱を落とし、昇華熱を使いつつ開かせる努力をする」

のが良いと思います。それでもさして開きはしないと思いますが、美味しさは充分に感じられると思います。

 通常なら3年、本当に良い状態に持って行くなら保存温度にも拠りますが10~15年は掛かると思ってください。

 今回は高いのでプルミエ・クリュは手を出さず、先行き条件が出るようなら仕入れようか・・などと思っています。謀事が上手く行くよう祈ってください・・(^^

 グラン・クリュは、物凄い評価のシャンベルタンと、これまた人気の高いシャルム=シャンベルタンを1本ずつのみの仕入れです。

 シャンベルタンはおおむね98ポイントほど付いているようで、2014年ものと変わらないようですが、価格はビックリ・・ルソー並みです。頑張って価格を出していますが1本だけですので・・。

 また、シャルム=シャンベルタンは概ね94~95Points 辺りになりますでしょうか。これで充分かもしれません。

 何しろこのグラン・クリュはアソートでして、Aグループに重厚長大人気型のシャンベルタンとかクロ・ド・ベズが入り、Bグループにはそれに次ぐクラスと、Aほどの人気は無いクラスが入り、同数だけ予約可能・・になっており、

「Aグループは欲しいが滅茶高いし数が無く、その分にBグループが同じ数だけ付いてくる」

状況なので、

「あっちからあれとこれを仕入れると、こっちからこれとそれを何本入れて・・」

などと計算していたら頭が錯乱して暴発・・

「どうせ飲めないし・・や~めた!」

と言うことになってしまいました。良く忘れずに予約を入れてたものだと、自身に感心しています。


 また話は変わりますが、写真のように何故か・・「ムール貝とジュヴレ=シャンベルタン」と言う食卓でした。

「・・えっ?・・マジすか?」

と思われるかもしれませんが・・これで結構行けちゃいますんですね~。ワインの味わいがピュアだからでしょうか。普通は白ですよね・・アルザスとかロワールとかシャブリとか・・でしょう。

 でもさして匂わずに・・いや、勿論ですがヴァレンティーニのエクストラ・ヴァージンは後から使いましたが、それなりに塩味の効いたムール貝だった性も有りますかね、とても美味しくいただきけました。


 非常に希少な2015年のオリヴィエ・バーンスタインになってしまいました。追加は無理です。村名ジュヴレはお一人様2本まで限定です。ご検討くださいませ。



━━━━━
【ジュヴレ村名とは思えない巨大な構造!滅茶美味しかった2010年を超える仕上がりです!】

 ま~・・抜栓時のアロマの艶やかなこと、スピードの速さに・・度肝を抜かれてしまいました。クラクラするような・・芯の有るアロマがノーズに飛び込んできます。

 まるで「シャペル=シャンベルタンか~?」・・みたいな、シャンベルタンのゆったり、ふっくらしたニュアンスをややタイトに、ドライに、かつ・・凝縮感はそっくり・・みたいな感覚を受けました。ジャドのシャペルをさらに凝縮させ、大柄にしたような感じさえ・・いや、それは言い過ぎかもしれませんが、イメージ的にはそんな感じです。マジ=シャンベルタンの甘美なスパイシーさをマイルドにし、若く飲んだ時の印象にも近いかもしれません。

 ただし、2010年のジュヴレのご紹介のタイミングと、今回の2014年のタイミングは余りに違います。何しろ2010年をご紹介したのはBBR社入れで昨年ですから・・。

 つまり、収穫年から6年経ってのご案内だった訳です。今回の2014年は、収穫年からはまだ3年目ですので、

「3年の差が有る」

訳ですね。


 しかも、ポテンシャル自体は2010年の出来を超えていると思われますから、

「2010年的なソフトさを求めるのなら少なくともあと3年は必要?」

と言えるかなと・・思います。


 もちろんですが、今飲んでも素晴らしいですよ。むしろ硬くなってきている状況下にあるかと思いますが、ポテンシャルを取る飲み方が出来る方なら、思わず声にならないような声が漏れるでしょう。

「・・これで村名かい・・」

と。


 まぁ、ジュヴレの上級キュヴェのような味わいが期待できる素晴らしい村名ジュヴレです。ですが申し訳ありません・・noisy の取り分は24本のみです。これ以上は、もしかしたら先行きBBRさんの分がいただけるかもしれませんが、現状では未定です。

 さすがにバーンスタインの1級、特級クラスには手は出せないとしても、その香しき大きな構造をチェックできるワインになっています。ぜひともご検討くださいませ。お勧めします。


 以下は以前のコメントです。
━━━━━
【上質なエスプレッソのニュアンスを含むややビターな黒系果実!大柄で素晴らしい仕上がりです!】

 このところ自身でも完全にオリヴィエ・バーンスタインの魔曲に嵌ってしまった感のある noisy では有りますが、やはり一度飲んでしまうと、

「次のヴィンテージはどう出るか?」

と・・気になって仕方が無い存在なんですね。


 やっぱりキッチリ旨いんですよ。ちゃんと仕上げてくるし、何よりセンスが良いのが伝わってくるんです。

 非常にエレガントなブルゴーニュ的な美味しさだった2008年、そこに肉を付けた2009年、現状でパーフェクトだと思わざるを得ない2010年、そして少し早いけれど2010年と2008年を合わせたような2013年・・です。

 エージェントさんが2軒ある点、また、持ってくる(輸入)タイミングがそれぞれ違うので、ある程度重なってのご案内が出来る点が強みでもあり、

「・・ん?・・まだバーンスタイン?・・まだ前の飲んでないし・・」

みたいな状況に陥っているのかもしれませんが、それでも、


「旨いですね~・・もっと欲しい。有りますか?」

とおっしゃるタイミングとも合わないもので、是非とも在庫が有る時に買っておいて欲しいアイテムです。そんじょそこらではまず入手不能だと思うんですけどね・・。価格も交渉して頑張ってリーズナブルになるようにしてますし!


 で、今回は2010年ものが¥8.990のところ、為替の具合も有るのかと思いますが、さらに千円も下げてのご案内が出来ることになりました。味わいも・・2010年ともかなり違う美味しさなんですよ。比べて飲んだらきっとビックリですよ。

 2010年ものは、何度も言ってますが真ん丸なパレットに赤黒果実のバランスが最高で、パーフェクト・ジュヴレと表現させていただきました。

 2011年は、2010年を思わせるような大きな構造では有りますが、

「より黒い果実が多く、ややビターな美味しさで非常に大柄。想像させるのはシャルム=シャンベルタンと言うよりもシャンベルタン風」

と言いたくなるような風情です。


 勿論ですが、これがル・シャンベルタンだとは言わないですよ。でも大きさを比べるとおそらく2010年より大きく深く、しかし横の拡がりが2010年とは違ってやや扁平。よりビターでめちゃくちゃしなやかな甘いタンニンが、非常に豊かなシャンベルタン風に感じさせてくれるんです。

 ここにめちゃくちゃ複雑な要素を感じてしまったら、全くのル・シャンベルタンでしょう。さすがにそこまでは行かない・・。でもかなり近い風情を持っている、とても大柄なスタイルでした。

 黒い果実ですから、コーヒー、モカ(・・同じか?)、それも少しビターなので、

「渋みの中に質の良い甘味を感じさせてくれるような上質なエスプレッソ」

に、

「雄大な大地の風情を感じさせてくれるような茶色のニュアンス」

と、赤や紫の多彩な果実感が有り、ミネラリティも突出したものは無いが非常に複雑性に富んでいます。その上で、バランスが非常に良いです。実に旨いですが、他のヴィンテージとも多分に違う仕上がりこそ、ミクロ・ネゴスこその表現と言えるでしょう。そこに彼の個性とセンスの良さを感じるのかもしれません。

 2013年ものは、グラン・クリュと同じ太さの瓶でしたが、2011年ものはそこまで太くはありません。隣に置くと同じワインとは思えないですが、それもまた楽しいかもしれません。

 台風も蒸し暑い空気を運んで来ましたが、2016年の夏は、少なくとも関東はさほど暑く無かったと思います。秋風が吹き始めるこの季節、素晴らしいピノ・ノワールを是非ご堪能くださいませ。お勧めします!素晴らしいです!


2017 Gevrey-Chambertin 1er Cru les Champeaux
ジュヴレ=シャンベルタン・プルミエ・クリュ・レ・シャンポー

14838
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ジュヴレ=シャンベルタン
メゾン・オリヴィエ・バーンスタイン

◆◆◆メディア評価
93 Points 2023~2038 Wine Spectator

■エージェント情報
 樹齢55年以上。土壌は赤土と茶色い土が混在し、母岩が畑表面付近にある。リッチで明るい紫色、 果実味がよく主張しているスタイリッシュで磨かれたブーケ。官能的な味わいから、美しく上品に熟した味わい、そして長いフィニッシュへと移行。 このワインの特徴はその品格と余韻、そして上質な酸味と凝縮されたタンニンで、そのバランスが長期熟成可能なワインであることを約束している。
新着メンバー登録画像  750ML 在庫    ご注文数   本
¥35,950 (外税) 
【2017年ジュヴレ=シャンベルタン1級レ・シャンポーはワインスペクテイター93ポイントでした!】
 一昨年の2019年12月に少量ご案内させていただきました2017年ジュヴレ=シャンベルタン1級レ・シャンポーです。3本だけの入荷でしたので、一瞬で無くなってしまいましたし、メディア評価も見つけられず、また飲めず、高くなる一方で・・

「この先のバーンスタインの扱いは厳しいかも・・」

と思っていたはずです。本当にそうなってしまいました。


 スペクテイターは93ポイントで、評価もまずまず・・と言ったところでしょうが、価格的には、

「ドメーヌ・ルロワのシャンボール村名レ・フレミエと同評価程度」

と言うような部分からは相当安いと言えますが、一般的な1級レ・シャンポーを考えますと、やや高めで有るのは仕方が無いのかもしれません。何せ、追い越せルソー・・追いつくぞルロワ!・・でしょうから。


 ワインファンからしますと、そんな姿を遠くから、もしくは何とか出会うことが出来て見守るのも楽しいものです。

 その昔はドメーヌ・ルロワは新参者に過ぎず、しかしポルシュレと言う凄い醸造長を得て評価を得、独善的?な振る舞いからD.R.C.の共同所有者・経営者の地位を追われても、また良き伴侶を失ってしまっても、凄いワインをリリースしていた訳です。

 noisy も、

「ミュジニーが12万か・・高いよなぁ・・」

と思って躊躇っていたら、次のリストを見ると50%も値上がりしていて・・を繰り返していたら買えなくなってしまった・・みたいな経験は、もう一体何度有ったかなど数え切れないほどですから、

「良い機会だと思えるので有れば、懐が許すのであれば買っておくべき!」

と申し上げておきましょう。


 今や飛ぶ鳥を落とす勢いのユベール・ラミーも2011年以前は全く・・で、「さざ波さえ」起きない状態でした。ほんの6~7年前の話しです。ご検討くださいませ。


 以下はこのワインと同じ2015年ものの、以前のレヴューです。
-----
【まだほとんど出回っていないはずです!・・また、2016年ものと比較しても非常にリーズナブル!】

 まぁ、確かに味筋と言うか、雰囲気はジャイエのワインに似てはいます。ただしジャイエのワインはもう少し低温の漬け込み時間が長いか、もしくは、バーンスタインの方が「潔癖症」なニュアンスがします・・いや・・しました。

 今回は2017年ものバーンスタインの「走り」です。こんな時代になってしまいましたら、今となっては「飲んでおいたほうが良かった」ワインかもしれません。何せ非常に・・高いです。シャンベルタンは上代では20万、実売で15万にはなってしまうでしょう。

 評価的にはまだほとんど出そろっていないんですが、2017年シャルム=シャンベルタンをスペクテイターが95ポイント付けているのを見つけました。1級のレ・シャンポーは大手メディアの評価は見当たらず、しかしほぼほぼ94ポイントほどのようです。(未確認ですがヴィノスが94ポイントと言う情報が有りました。)

 いずれにしましても飲んでご案内は出来ませんし、現在日本の正規代理店のもう一社、ジェロボームさんがどのように販売するかが判りません。ただし2016年は完全なアソートで、条件の悪さに閉口し手を出しませんでしたので、2017年もほぼ同様かと思われます。

 まぁ、シャルム=シャンベルタンはシャンベルタン、クロ・ド・ベズ、マジ=シャンベルタンまでの評価には届かないんですが、95ポイント位まで来ていることと、価格が半分、もしくは1/3ほどでしかありませんので、非常にお買い得です。

 1級レ・シャンポーはこのところ評価も上がって来ていまして、その分、価格も上がって来ています。1万5千円ほどで買えたワインですが、今は村名ジュヴレで2万位はしてしまいますので仕方が無いかな・・と。このプライスも高くは無いと思います。

 非常に少量です。ご検討くださいませ。
 

 以下は以前の他のアイテムを含むレヴューです。
━━━━━
【このクラスは是非とも飲みたかったんですが残念ながら・・1本のみです。】

 え~・・安いかと思います。2010年ものを16900円でご案内させていただきましたので、さしたる値上げにはなっていません。

 それに、あの美味しかった2010年のレ・シャンポーは、タンザーさんの評価では92Pointsでした・・ので、評価者は違えど、2014年の村名ジュヴレと同じなんですね~・・。2014年がどんだけ良いのか、見えるような出来事かと思ったりしています。

 因みにティム・アトキン氏もスペクテイター誌も94Pointsで並んでます。この先、BBRさん分がさらにリーズナブルに仕入れられるとも限りませんが、まぁ・・無理かな・・期待はしていますが、お約束は出来ませんので、ぜひこの機会を逃さぬようお願いいたします。



 以下は2010年のレ・シャンポーのレヴューです。
━━━━━
【優れたワインにしか存在しない構造、大きさとフィネス!滑らかなビターの誘惑!】

 素晴らしいワインでした!・・このところは結構なプライスのワインも続けて開けてご紹介させていただいてますが、その中でも最近のトップと言って過言では無いポテンシャルです。バーンスタインのワインだけ見ても2010年はシャンボール1級ラヴロットも素晴らしい・・紫の果実のニュアンスを多く持ちながら、ボンヌ=マーヌの茶やコゲ茶、大きな構造を持ったワインでした。ジュヴレ村名も完璧と思える仕上がりでまん丸な球体を感じさせてくれました。

 そんな中で、価格も一番高くなりますが、定価で25000円・・! と言う高級ワインのジュヴレ1級・レ・シャンポーをご紹介しようと・・言うわけです。noisy自身、バーンスタインのワインの美味しさにクラクラ来ちゃっているのかもしれません。

 バーンスタインの特徴としては、自然派的なナチュラル感の有るピュアな味筋、揮発酸は無い。果実味は超てんこ盛りタイプでは無く濃くて疲れることは無い。エキスが綺麗に出ていてバランスが素晴らしく良い。新しいように見えて意外にクラシックなのかもしれない?・・などなど、感じる部分は多いですが、ジャイエ系の味わいを自然派風なアプローチで現代風にピュアに表現している・・とも思えます。・・まぁ、アンリ・ジャイエのような長い低温浸漬のニュアンスは有りませんが・・。

 異常に太いボトルから質の良い滑らかな表面のコルクを抜くと、もう・・かなり香ってきます。シャンボールチックなラズベリーなアロマでは無く、もう少し周波数の低い感じのダークチェリーのニュアンスです。香りの上がりの早さは自然派のワインの特徴でも有りますが、それはSo2の使用量にも半比例しているようにも思います。非常にナチュラルなアロマです。

 茶やこげ茶、黒のニュアンスを持つ赤紫の美しい色合いです。

 余りに美しいので・・飲み進めていく時にもう一枚、写真を撮りました。こちらに関してはサイズ調整のみで、色の調整は一切していません。透明度の高い、美しい赤紫が見えます。

 しかし、この赤紫の中に、滅茶苦茶美しい土のニュアンスと、石を沢山集めたようなニュアンス、非常にビターな味わいなんですが、エッジが無く、しかもド太くブ厚いボディが感じられます。わずかながらタンニンも感じられますが・・これについては気付かないかもしれません。質が素晴らしいです。

 ビターなニュアンスは、コーヒー豆由来・・カカオ由来の感じに近く、上手に入れたエスプレッソから香りを抜いた感じ・・ブ厚いビターですが甘くないのに苦くない・・と言う・・上質なチョコのようでも有ります。

 そんな中に鉄っぽさ、妖艶さが見え隠れしています。そして、ジュヴレはまんま球体!・・と表現しましたが、このレ・シャンポーはそこまでは成長しておらず、縦方向、横方向とも楕円・・十字架みたいなXな形をしているように思います。

 ですが今飲んでもバランスが非常に良く、精緻さと複雑さを感じつつ、充分に楽しめると思います。官能感はまだまだこれから・・です。ジュヴレの北西部の1級群が持つ官能感は熟してこそ・・ですね。

 勿論ですがまだまだ熟成します・・約15年以上に渡って美味しく飲めるでしょう。シャンボール1級ラヴロットの方が長く持ちます。ポテンシャルはほぼ同等です。現状ではレ・シャンポーに軍配が上がるかと思いますが、好き嫌いが有りますので何とも決めかねる部分ではあります。

 目茶素晴らしいレ・シャンポーでした!・・この畑はコンブ・オー・モワンヌと隣り合わせ・・と言うか、通り道で1つの区画を斜めに分けたような形になっていますので、コンブ・オー・モワンヌに似ているかもしれません。より少し白っぽいかな?・・とも思います。

 今回はエージェントさんの協力を得て、リーズナブルに(・・と言っても絶対値は高いですが、)ご案内出来ました。是非ご検討いただければと思います!素晴らしいです!

以下は以前のコメントです。
 前にも何回かお伝えしていますが、オリヴィエ・バーンスタインについては日本は正規が2社と言うことになっていて、非常に高価なのと数が無いことで、中々に扱い辛い生産者であることは間違いないです。

 それに「ミクロ・ネゴス」と言うアプローチが日本のピノ・ノワール・ファン、ブルゴーニュ・ワイン・ファンにどれだけ受け入れられているか・・、もしくは、ワイン屋にしても、まずまともに飲んだことが無いだろうと思われることから、まだちゃんと受け入れられたとは言えないだろう・・と思っています。

 しかしながら、昨年、一昨年とこのバーンスタインのワインをご紹介させていただき、また飲んでいただいたお客様からは、

「素晴らしい!」
とのお声を随分といただいていることから、noisy も品質・ポテンシャルの高さには大きな自信を持たせてもいただきました。

 で、今回・・ようやく2010年のジュヴレ=シャンベルタンをご紹介できるようになった訳ですが、結構・・大変でした。この価格を実現するのは・・なので、次回以降、もしくは次回入荷分が有ったとして、この近辺の価格を維持できるかどうかは判りません。

 ようやく入手できたこのジュヴレを早速飲ませていただきました。
 そうしたら・・・もう・・これはジュヴレ=シャンベルタンとしては

「・・パーフェクトだ・・」

としか言いようの無い仕上がりに唖然とするしかなかったです。素晴らしい品質です。


 まず、ジュヴレ=シャンベルタンしてどうか・・と言う前に、ワインとして「磐石」です。非常にナチュラルです。

 So2のニュアンスがほぼ無く、身体に入ってくる角度が優しく、非常に速やかに、いつの間にかアルコールが消えてしまいます。ビオディナミの生産者並にナチュラルで、香りの立つスピードも速いです。

 それでいて、非常にピュアなんです。揮発酸とか、酢酸のニュアンスはまずゼロです。なので、目茶ピュアなワインの姿と対面できるんです。でもおそらくこのワイン、栓を抜いて3日放置したら、空気中に存在する菌と反応して、ものの見事なお酢に変貌するでしょう。しかしながら、その原因となるべき要素はワインの中には無いんです。

 味わいもパーフェクトでした。非常に複雑なアロマと味わいなんですが・・まぁ・・まん丸なパレットを描きます。美しい球体です。どこにも引っかかりの無い、ツルッツルの球体なのに、ちゃんと複雑性を感じさせてくれます。まぁ普通は有り得ない・・と思っちゃいますが・・。

 赤い果実、黒っぽさを持った果実は小さなものの集合体で、ほんの僅かに鉄っぽく、シャンボールのような白っぽく美しい石灰のニュアンスをノーズとテクスチュアから感じます。ほんの僅かに鉄っぽい・・と言うのは、単に鉄系のミネラリティが少ない・・ということではなくて、そのほかの鉱物系ミネラリティの多様性が有り、均衡が取れているからに他なりません。中域は品を持った、時間を感じさせながらの膨らみ方をし、縦方向、上下の空間の大きさをたっぷりと感じさせてくれます。余韻も実にエレガントで長く、赤黒小果実とミネラリティを感じさせつつ、高質に自然な減衰をしつつ・・です。後には非常な満足感を感じさせてくれました。

 カルージョとエポワンチュールというリューディは、ジュヴレの村の住宅街に近い部分、南からマゾワイエール、シャルム、グリオット、シャペル、ジェルモー、シェルボードと続く部分の下部に有ります。なので北西部の1級たち、クロ・サン=ジャック、ラヴォー、カズティエと言った畑が持つ赤くエロい感じは無いはずなんですが、この先、熟成によっては少し出て来そうなニュアンスも有ります。

 今飲んで、滅茶苦茶旨いです!・・オートクチュール・ジュヴレ=シャンベルタンなどと揶揄されますが、このプライスでは「お見事!」と言うしかないはずです。もっと、倍ほども高い価格なら、「非日常的に美味しくて当たり前」とも感じるかもしれませんが、このジュヴレはそのレベルをも超えていると思います。

 これは絶対に・・飲んでいただきたい、素晴らしいブルゴーニュ・ピノ・ノワールです。この先15年・・の長きに渡って美味しく飲めるでしょう!球体ジュヴレです!超お奨めします!



以下は2008~2009年の時のレヴューです。
━━━━━
【ビオ?アンリ・ジャイエ?DRC?クラシック?】

 とにかく一度これを見ていただきましょう。日本の正規エージェントさんの価格表です。2011年ものの案内のコピーです。


ジュヴレシャンベルタン・ヴィラージュ
12000 円

ジュヴレシャンベルタンレ・プルミエ・クリュ・カズティエ
23000 円

ジュヴレシャンベルタンプルミエ・クリュ・レ・シャンポー
23000 円

シャンボールミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・ラヴロット
23000 円

シャルムシャンベルタングラン・クリュ
42000 円

クロヴージョ・グラン・クリュ
42000 円

クロ・ド・ラ・ロッシュ・グラン・クリュ
50000 円

ボンヌマールグラン・クリュ
50000 円

マジシャンベルタングラン・クリュ
56000 円

シャンベルタン・クロ・ド・ベーズグラン・クリュ
68000 円



 どうです?・・凄いでしょ・・



 そしたら、こちらも見ていただきましょうか・・・アドヴォケイトの2012年の評価です。2012年です。

Olivier Bernstein
Chambertin Clos de Beze Grand Cru 95-98
Chambertin Grand Cru 94-97
Mazis-Chambertin Grand Cru 94-96
Bonnes-Mares Grand Cru 94-96
Clos de la Roche Grand Cru 93-95
Clos de Vougeot Grand Cru 92-94
Charmes-Chambertin Grand Cru 91-93
Gevrey-Chambertin 1er Cru ≪ Les Cazetiers ≫ 92-95
Gevrey-Chambertin 1er Cru ≪ Les Champeaux ≫ 92-94
Chambolle-Musigny 1er Cru ≪ Les Lavrottes ≫ 91-93
Gevrey-Chambertin Villages 89-91

 どうです?・・スッゴイでしょ・・2007年から造り始めたとは思えないですよね?マスター・オブ・ワイン資格者とか、著名ワインライターさんたちを虜にしてしまったのが、オリヴィエ・バーンスタインさん・・なんです。
.
 でもな・・・ジュヴレで12000円は厳しいよな・・と思っていたら・・2008年、2009年を破格に分けてくれるとB*R社さんがおっしゃるので、コンディションも安心できるものですから、飛びついてしまった訳です。


 で、左の写真のように・・・損得考えずに開けてしまった訳ですね!・・・パチパチパチ!・・


 ある意味、ちょっと頭をバーンと・・・いや、バーンしたいん・・、ガーンとやられたような感じがしました。ジャイエのところでも少し勉強したようですが・・・まずは2008年ジュヴレを飲まれると良いかと思います。数が無いのでお一人様1本にて・・

 2009年ジュヴレは普通にメッチャ美味しいですが、これだけを飲むと勘違いするかもしれません。2008年を飲むとバーンスタインが良く判るはずです。
 2008年ジュヴレ(すみません、完売です。)は、抜栓直後は、まるでシャンボールのようなやや硬いビオ系のブルゴーニュ生産者のワインに思えます。しかしながら、非常に美しく、マンモス綺麗な味わいなんですね。とことんまで美しい・・そしてそれが!

 コルクを戻して3日・・・これはビックリしますよ・・・。

「そうか~・・こうなるんだ~!」

と。

 香水のような凝縮したエキセントリックな香りがポンポン沸いてきます。味わいもチェリー、ベリーのリアルなもの!中域が美しく膨らんでとても美味しいです!

 抜栓直後にこうなると・・想像できると大当たり!です。2009年は最初から美味しいので・・・構造自体を把握できないと思います。ですが美味しい!


 で、このジュヴレ村名に関しましては、オリヴィエもレストランさん用に造っているようです。1級、特級だけでは高過ぎるんでしょうね。表を見たらビックリしちゃいますよね。


 で、ボンヌ=マール直下のシャンボール1級レ・ラヴロットですが、もうこれは・・・愛らしくて苺てんこ盛り、シャンボールの滑らかテクスチュアと香水的な香りの拡がりに・・ウットリです。とても美味しい!・・しかも、まだまだこれからですから、ポテンシャルの半分もリリースしていない状態でしょう!・・グロフィエさんのシャンボール1級の方がプライスは高いですが、それ以上のポテンシャルが有るかもしれません。


 造り的には、ビオ的な全房発酵系だと思います。そして・・ジャイエ的な低温漬け込みのニュアンスも、ほんの僅かに感じられます。樽の使い方、発酵温度などはDRC的かと。でもヴァン・ド・ガルド的な側面も有り・・クラシカル?

「オリヴィエ・バーンスタイン・・・一体、何者?」

 そんな思いをされるかもしれません。しかし、久し振りにnoisy も胸を熱くしました・・・グラン・クリュ5万円ではね・・皆さんも購入できないかもしれませんが、何とか交渉して行きたいと思います。

 実に面白い生産者です!ミクロ・ネゴス!そんな手が有ったかぁ~!・・ビックリでした。ご検討ください。一推し!ピノ好きにもう逃げる道は・・・無いでしょう!


■新米ソムリエ oisy の熱血テイスティングコメント(一応、調理師免許も持ってます・・)
Gevrey-Chambertin 2008 Olivier Bernstein

「秘めたポテンシャル?」

 2009年のオリヴィエ・バーンスタインのジュヴレ=シャンベルタンに比べて控えめな香りです。しかしNoisyさんはいたく気に入っているようです。どうやら僕にはまだ取り切れないポテンシャルや経験測が足りないようです。
充実したワインだと思います。普通に美味しいです。しかし、うーむ、そこまでいいか?という感じがあるのも事実。Oisy的には2009のジュヴレが一番気に入っています。Gevrey-Chambertin 2009 Olivier Bernstein

「シャンボール的スミレ香を備えたジュヴレ=シャンベルタン」

開けたての香りはオォッとワクワクする良いピノの香り。
でもあれ?ちょっとシャンボール的だなぁという印象。しかし後からジュヴレの土と少し野性的な香りが追いかけてきます。
果実味とタンニンも豊富でオリヴィエ・バーンスタインのワインはとてもふくよかな印象があります。

新樽の使い手らしいですが樽がキツイという事もなくよく馴染んでいるといった感じ。
シャンボール、2008のジュヴレとテイスティングさせていただいて、ふくよかな果実味と柔らかいテクスチュアはとても魅力的です。今後も注目したいネゴスであります!Chambolle-Musigny 1er Cru Les Lavrottes 2008 Olivier Bernstein


 美味しいです。しかし、ポテンシャルが高くスケールが大きいのか、単に味わいが緩いのか判断が付かないのです。なんとも微妙なタイミングでテイスティングしてしまったのではないか?と思いたくなります。今現在の自分のテイスティング能力ではこの2つの見極めがつかないです。
 
 色はキレイに輝く赤、黒。シャンボールらしい淡い色合い。香りはスミレにやっぱり赤黒小果実、あとジュヴレ的土のニュアンスも少し。ただちょっと控えめ?と思ったのですが2日目はブワっとスミレ、ほのかに土が出てきました。単に温度の問題だったのかもしれません。
 まぁ香りは良いのですが、よく納得できないのが味わい。シャンボール的石灰エキスはもちろんあるんですがイメージとしてはタプタプ。満杯の桶に水を張って揺らしたような感じで柔らかです。そう、第一印象は柔らかいシャンボールだな、だったんですよ。
 タンニンが荒々しく、かっちりしていて閉じているのとは違うような…思いでした。

 全体エキス系でそれが開きかけているようにも取れるし、芯が無くてメリハリの無さなのかも、とも思うんですよね。シャンボールらしい透明感あるミネラルは豊富です。
 ただ、この文章を書いているのはテイスティングしてから一週間後くらいなのですが、前者のような気がしてきています。
う~む…まとまりがなく、すみません。

ドメーヌ・クロード・デュガ

クロード・デュガ

フランス Domaine Claude Dugat ブルゴーニュ
● あれだけ「濃密なブルゴーニュワイン」の代名詞的存在だったクロード・デュガですが・・とんでもない!・・エレガント系への華麗な転身は間違い無い・・と感じる、しかも相当に出来が良いと言える2018年ものをご紹介させていただきます。

 この数年、

「どうしちゃったの?・・大丈夫?」

と声を掛けたくなってしまうほど、迷走を続けていたように思えるクロード・デュガですが、次世代へのバトンタッチで・・やはりナチュラルな方向へのシフトが待った無しだと言う気持ちの表れでは無いかな?・・と感じます。

 親や祖父母、親類、友人たちが病気で倒れる、農薬でふらふらになるのを見て来た若い世代にとっては、全く他人事では無いと思います。

 そして2018年もののリリースで、ドメーヌ・クロード・デュガが目指している方向性が確認出来る程に成熟してきたのをまざまざと見せつけられました。滅茶美味しいA.C.ブル、そしてその延長上で滅茶複雑性豊かな村名ジュヴレをテイスティングさせていただきました。是非ご検討ください。

-----
 クロード・デュガです。こちらは正規の「フィネスさん」ものです。ようやくチェック・・テイスティング終了しました。・・いや~・・村名ジュヴレの2017年がかなり旨いです!

 濃厚な黒系ピノとして、長く愛されてきたクロード・デュガですが、昨今の「綺麗系」「エキス系」への転身は、目に見えて成就してきました。

 明らかに美しいエキスがほとばしるドライな液体の村名ジュヴレ=シャンベルタンを基本として、村名のセカンドワイン的存在のA.C.ブルゴーニュ、そして繊細で緻密な1級、精妙なグラン・クリュと言うラインナップになっています。

 流石にテイスティングで上級キュヴェまでは手が出せない状況ですが、「綺麗系」「エキス系」ブルゴーニュワインとして、年々成長しているのが手に取るように判ります。

 2017年はまず村名が滅茶美味しいので、早めに手をつけるならこれです。A.C.ブルゴーニュは3~5年は寝かせてください。要素の複雑性、美しさから言えば村名には及ばないとしても、大きさはジュヴレに勝るかもしれません。

 1級以上は流石の評価が出ています。ご検討くださいませ。

 2017年は2016年同様、霜のリスクがあったが結果的には大きな被害はなく、夏は暑くて雨も降って欲しいときに降ってくれたので、近年では安定したヴィンテージと言える。収穫量も十分でチャーミングな果実味と適度な酸味のある飲みやすいヴィンテージ。凝縮感はあるが重い印象はなく、とてもエレガントなのでボトル1本飲めてしまえるような味わいになっている。2016年よりも早くから楽しむことができるが10~15年くらいの熟成もできるだろう。


 13世紀に建てられた教会をそのままカーヴとしている当家は現在約6haの葡萄畑を所有しています。物腰静かで高貴な印象の現当主クロードデュガ氏は、良いワインができる条件は葡萄の品質の良さという考えに基づき、畑の手入れを入念に行い、化学肥料は使わずに健康な葡萄を育てています。

 また、庭でJonquille(ジョンキーユ:黄水仙の花という意味)という名前の牝馬を飼っていて、小さな区画や古木の区画を耕させています。特に古木の畑は葡萄の根が地中に広く張り巡らされていてトラクターで根を傷つけたり、トラクターの重みで土を固くしてしまったりするのでこの牝馬が活躍しています。収穫された葡萄は温度調節の容易な、酒石がびっしり付着しているコンクリートタンクに運ばれ、アルコール発酵が行われます。新樽がズラリと並んだ地上のカーヴでは最新のヴィンテージのワインのマロラクティック醗酵が行われ、地下水が壁から染み出ている、砂利が敷き詰められた地下のカーヴではその前年のワインが熟成されています。瓶詰めの際にはフィルターもコラージュも行いませんが、ワインは非常に透明感があります。


2018 Gevrey-Chambertin
ジュヴレ=シャンベルタン

15695

赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ジュヴレ=シャンベルタン
ドメーヌ・クロード・デュガ

◆海外メディア評価
92 Points Tim Atkin
91 Points 2022~2033 Vinous Antonio Galloni
◆◆◆◆素晴らしい!!

■エージェント情報
 ピノ ノワール種100%。畑は9つの区画に分かれており、特級区画「グリオット シャンベルタン」に隣接する「Aux Etelois(オー エトロワ)」など国道74号線の西側の畑で採れる葡萄が主に使われています。樹齢は若木で15年、古木になると70年にもなります。甘く官能的な香り、直線的な酸味と果実味で早いうちからコクと旨味が楽しめますが、5年ほど熟成すると徐々にその真価を見せ始めます。
新着メンバー登録画像  750ML 在庫    ご注文数   本
¥14,750 (外税) 
【・・げげっ!?・・そう来たか?・・デュガよ・・お前もか!?】
 素晴らしい仕上がりでした!・・今までの村名ジュヴレの味わいは・・A.C.ブルでほぼほぼ近い形で味わえます。2018年の村名ジュヴレは今まで以上のポテンシャルを持っていることは間違い無いと踏みました。

 しかもですね・・これ、もしかしたら間違っている可能性もあるんですが・・

 クロード・デュガと言えば、アンリ・ジャイエのワインとは相当にかけ離れたところにある醸造だった訳です。ジャイエは収穫した葡萄を低温で漬け込んでおき、長い発酵期間(つまり低温での発酵)を取ると言う手法・・。デュガさんは低温でなんぞ漬け込まないし、さほど長い発酵期間は取りませんでした(・・そのはず・・)。

 ところが、2018年もののアロマを嗅いだ瞬間、そして一口すすった時に・・

「・・あれ?」


 アロマは柔らかく、まるで自然派のごとくの拡がり方をして来ます。そして・・低温で漬け込んだ時に良く出るアロマが・・有ったんですね。

 まぁ、低温浸漬時由来で良く出るとは言え、それ以外では出ないとは言い切れないので・・断言はしかねますが・・2018年もののワインの色合い・・とてもしっかりしていますよね?

 以前の写真と比較すれば、もう一目瞭然です。

 ですが、決して濃密で・・濃い訳じゃ無いんですよ。エキスは濃いですよ・・しかし、濃厚な味わいと言えるような、以前のデュガさんのジュヴレの味わいとは、相当に異なるんですね。

 いや~・・これは美味しい。しかも相当に複雑性が高いです。黒み掛った紫~紅の小果実の群生、細やかなミネラリティはフローラルにノーズに飛び込んで来ます。中域は適度な膨らみですが、将来はこんなものじゃ済まないでしょう。中盤以降の超複雑な味わいは、今までのデュガさんのジュヴレでは感じなかったもので・・1級クラスの複雑性を感じます。

 因みに・・ティム・アトキンさんは92ポイント、ヴィノスは91ポイントで2022~2033と言う飲み頃です。アドヴォケイトは正確には確認できませんが、ウィリアム・ケリーさんが90~92ポイントのようです。まぁ、noisy 的にはリアルワインガイド的評価で、今飲んで91 ポテンシャル93 飲み頃2023~2043です。

 これはちょっと面白くなって来たんじゃないでしょうか?・・今までのやり方を改め、低温でのアプローチをし始めたか?・・ホント?・・・いや、まだわからないぞ・・個体差かもしれないし・・などと思っていますが、確実に旨くなって来たのは間違い無く、将来へのさらなる期待も出来るんじゃないかと思っています。

 クロード・デュガと言ったらグリオットだけだと思われている方も多いかと思います。noisy は、

「グリオットは・・いらない」

とフィネスさんに言って有りますので、これから先も来ないでしょう。誰でもそれだけは売れるワインを貰っても嬉しくないし面白くない・・でも、

「2018年ものグリオット=シャンベルタンはアドヴォケイト98ポイント、ティム・アトキン氏96ポイント、ヴィノス95ポイント」

のようですので、ティム・アトキンさんが98点以上も付けるようなら・・欲しいな・・前言撤回・・(^^;;

 その時はフィネスさんにお願いするかもしれません。それまで、下のクラスで修行していきたいと思います。コンディションの良いワインは本当に美味しいです。ご検討くださいませ。

-----
【これは滅茶苦茶美味しいです!絶対に飲むべきジュヴレ!・・グリオットとシャペルとシャルムに接するオー・エトロワ主体!】

 2016年の村名ジュヴレも「神品!」と書くぐらい美味しかった訳です。

 ですが2017年ものは・・

「完全に吹っ切れた感!」

が目にも判るんじゃないかと。


 ある種の「迷い」が「くぐもった感」を生むと仮定するなら、写真を見比べていただければ、2017年ものにその感じは無いと思うんですね。

 2017年ものは完全にエキスの味わい。それも非常に上質です。濃さから言えば2016年ものなのかもしれませんが、そこには僅かに吹っ切れない感、詰まった感が有るかもしれません。まぁ、その辺の細かな比較になってしまいますと、「思い込み」も関与してくるとは思いますが、

「何年も続けてテイスティングしていると判ることが有る」

と確信しています。


 ある意味、プルミエ・クリュ並みの出来なので・・そのように題名を付けても良いんですが・・何せ「オー・エトロワ」は、グリオットとシャペルとシャルムに接している畑なんですね~。

 そしてフィネスさんの輸入で、noisy も出来うる限り良い状態でお渡ししたいと頑張っていますので・・美味しくない訳が無いと・・思いません?

 これなら決して高く無いと思います。なんせ、X 級並みですから・・(^^;; 是非ご堪能くださいませ!



 以下は以前のレヴューです。
-----
【「神品!」・・ついに・・来たか!長い迷走の終わりを感じさせる凄い出来!!】

 いや~・・圧巻でした。この十数年の間のクロード・デュガさんのワインに感じたことの無い凄み・・繊細な表現を「デュガ味」として認識したのは初めてです。そもそもは90年台のデュガさんの、

「・・まるでポムロルかサンテミリオンか?」

と思わせるような、また「全く別の印象の凄み」は感じていましたが、

「エキスの集中感から来る密度の高い黒果実、存在感の凄み」

は、このジュヴレの前にテイスティングしたA.C.ブルゴーニュからは全く感じ取れないものでした。


 ただし・・昨年、2015年ものの時に、すでにその予感は有った訳です。「いつか来る・・きっと来る・・♪♪」みたいな感じを持っていたんですね。

 で、さっそく担当のK君と相談です。

「デュガさんの村名、もっと無いかなぁ?」

「・・すみません・・もう無いんですよ・・」

「(・・あちゃ~・・やっちまったな~~・・)」


 そうなんです。ハッキリ言って・・他のエージェントさんの価格を見てしまえば、割高であるのは間違い無いんです。他のエージェントさんからの2016年ジュヴレを飲んでいないので確かなことは言えませんが、「おそらく大分違うんじゃないか?」と言う気がするんですね。

 だって・・ここまで凄い村名を全てのボトル、とことんまで造れたとは思えないんですよ。

 大抵の場合、いや、ブルゴーニュの小規模生産者の場合、ある程度の量を造ることが出来る村名やA.C.ブルクラスを、平均的な味わいで仕上げることはほぼ不可能なんですね。それをするには「樽寄せ」と言う作業をしなくてはならないからです。一度仕上がったすべてのキュヴェを一緒にしてからボトリングすることが求められますんで、あのD.R.C.も1980年台になってからようやく手を付けたぐらいですから。

 この仕上がりなら、もう全然高く無いです。でも、noisyも飲んでしまいましたのであと5本しかない・・どうしよう・・と言う訳です。

 リアルワインガイド第63号は、「今飲んで 91 ポテンシャル 93 飲み頃予想 2020~2048」と言う、近年に無いほどの?高い評価だと思います。また、「メチャクチャ美味しい味になること必至」と表現しています。

 noisy 的には今飲んでも・・

「すげ~!」

と感じてしまいました!あの、べらぼうな出来だったフーリエの2006年を飲んだ時と同様の印象です。・・いや、フーリエとは全く仕上がりは異なりますけど・・フーリエは「赤果実主体」、デュガは「黒果実」です。

 この滅茶凄い村名ジュヴレ、是非とも飲んでいただきたい!・・と強く思います。ドメーヌ・クロード・デュガさんちのワインへの印象は大きく変わることでしょう!・・写真をご覧いただいても、「存在感」は映り込んでいると思います。お勧めです!


 以下は以前のレヴューです。
-------
【このエキシーな味わいがクロード・デュガのスタイル!・・と言って良いのでしょう!安定の美味しさです。】

 クロード・デュガさんのワインの正規品の扱いを再開して3年、自分自身、そろそろ結論を出さないといけない頃なんだろうと思っていましたが、この2015年ものジュヴレを飲んで、

「ん~・・おそらくデュガさんはさほど変わってはいないのでは?」

と思えるようになりました。1990年代に大受けしたのは、彼にその時代そのものが乗っかったからなんじゃないかと。


 確かに1990年代のデュガさんのワインは、濃密で有り余るパワーを持て余し気味でした。10年ほど置いたものを飲むと、きっちり仕上がっていて、まるで高質なポムロールのメルロに生き生きとしたスパイスをトッピングしたかのようなニュアンスが有りました。凄いなぁ・・と思ったものです。

 2000年頃に価格は暴騰し、ネットのショップの価格競争、目玉商品になった頃から、ブルゴーニュワインに求められていたものが変わり始めたのでしょう。時代そのものが彼に乗るのを止めた頃です。

 2015年のジュヴレ=シャンベルタンはとても良い出来だと思います。2014年ものも非常に美しく、通好みのドライでエキシーな味わいでした。2015年ものもしっかりそのラインを踏襲しています。

 評価も2014年とほぼ同様、アドヴォケイトが90~92Points、バーガウンドが88~91Pointsと安定しています。

 この、90~92Points、88~91Points と言う黄色文字の部分に全てが現わされていまして、要約すると、

「美味しいしポテンシャル高いが、そこに到達するのに少し時間が掛かる、もしくは現在は内向的である」

と言うことなのでしょう。


 そうなんですよ。通好み・・と言ってしまえば簡単ですが、非常に良く出来ています。しかし内向的なんですね。余り愛想が良く無い・・んです。

 物凄い人気だった頃は、有り余るフレーヴァーで若い時にも取り合えず飲めてしまった訳です。パワーを凄く感じる。

 しかし現在は以前のような、横方向に拡がるベクトルは抑えられています。縦方向には非常に伸びて行く訳ですが、判りやすい横へのベクトルのパワーが少ない分、判り辛いと言えるのかもしれません。

 非常にピュアですし、先行きも明るいし、今飲んでもけっこうに美味しいです。しかし高いポテンシャルを今感じさせてくれるか・・と言うと少し時間が掛かるだろうと言う訳です。

 今飲んだら90Points の大台は超えている・・と言うのがnoisy の評価です。後は飲まれるタイミングですね。2014年と2015年の差はさして有りませんが、noisy 的にはむしろ2015年の方がポテンシャル点が高く、今飲んで点は低い・・でもその差は僅かだと評します。

 この、ちょっと「むっつりスケベ」的ジュヴレは好きですね。ご検討くださいませ。



 以下は以前のレヴューです。
-----
【贅肉を捨て脂肪の無い筋肉質なボディ・・エレガントなジュヴレにスタイル変更!凝縮感たっぷりながら、ツヤツヤと輝き、まるっと滑らかです!】

 これは旨いですね。この艶っぽい色合いからもそれは伝わってくるでしょう。2013年ものもそうでしたが、村名はリリース直後からかなり美味しく飲めます。ACブルは1~2年置いた方が良いでしょう。それにしても美しく伸びやかです

 プライスも、2013年は1万5千円を超えていましたが、2014年は何とか1万3千円代を頑張って付けました。この仕上がりなら是非飲んで欲しいですね。

 デュガさんらしい、残糖感が全く無いドライな味わいです。果皮の濃度、ジュヴレの鉄や妖艶さの在るミネラリティが深い構造から漂っているのが感じられます。赤と黒・・その中間色は出て来て無い感じですが、それで味蕾や鼻の感覚器官は飽和します。たっぷり在るミネラリティから要素が少しずつ出ているような感じですから、やや柔らかさを感じるでしょう。ガチガチになってないです。

 相対的に、やはり美しさを感じます。2013年もそうですし、その前も・・2010年位から感じていたクロード・デュガさんのスタイル変更は、やはりこんな感じにしたい・・と言うデュガさんの意思表示なのでしょう。

 享楽的な味わいになるまでには、かなりに年数を必要とするでしょう・・おそらく10年とか・・ですが、昔のデュガさんのワインのように、2~3年は濃さで美味しく飲めるが、その後しばらく黙り込む期間が長い・・と言うスタイルでは無く、一旦閉じることは有っても、全く出て来なくなることは無いでしょう。

 贅肉を捨て、筋肉を手に入れたかのような、スタイリッシュなジュヴレでした。かなり美味しいと思います。ティム・アトキン氏は93Pointsでした。是非飲んでみてください!お勧めします!


 以下は2013年のコメントです。
-----
【悩んでいたか?・・のクロード・デュガ復活の年!この凄い味わいは確認しておくべきではないでしょうか!】

 え~・・ACブルの写真が見当たらないので掲載していませんが、2013年はもう2度ほど飲んでますんで・・はい・・ほぼ完璧に理解したつもりです。

 で、価格の安いACブルをお奨めしたいところなんですが、残念ながら「今飲んで」の評価を無理して上げることなど出来ませんで、残念ながら3年後を目処にとさせていただきました。

 しかし村名ジュヴレの素晴らしさにはビックリです。フィネスさんの扱いの良さを感じることも出来るかと思います。


 上記では、「クロード・デュガはしばらく扱って無かった」と書きましたが、定期的では無いにせよ、ちょくちょく飲んでいましたので、彼のワインの変化も気付いていました。

 昨年も2000年のグリオットを開けたりして・・良かったですよ。

 そして2008年もの位から、ブローカーものを中心に時折ご紹介させていただいています。現在もブローカーものの2011年村名ジュヴレを新着に掲載しています。・・まぁ、価格差は見ないでくださいね・・別に「ボッてる」訳じゃぁ無いんです。本当に仕入れの価格がね・・違うんですよ。

 で、2008年ものの記事の時にはしっかり書いた記憶が有るんですが、
「もしかしたらデュガは迷っている?・・悩んでいる?」
 みたいな記事です。

 それまで、まるでメルロかと思えるような重厚さのある味筋だったものが、エキス系の綺麗なものに変化していたんですね。ただし、受け取る側の印象が予定調和で終わらなかった性も有るとは言え、余りの変化、そして何となくの「中途半端感」が有ったのは事実です。

 綺麗なのは綺麗なんだが、何か途中で途切れてしまうような・・例えば余韻ですね・・。続いていて、長くない・・とは言わないものの、何となく途中で途切れ・・弱弱しく復活・・で途切れ・・みたいな感じでしょうか。中域も何となく「イビツ」な形状で、素直に丸みがあるとも言えないような・・です。

 ところがですね・・この2013年の村名ジュヴレ・・エライ美しいじゃないですか!・・エキスがたっぷりで、しかも美しいパレットを描きます。いつものデュガさんのように、やや遅い収穫を思わせる「黒味」を持ち、「赤味」も当然ながら有るんですが、黒味から赤味に向かう部分に途切れは無く、何層にも自然なグラデュエーションが有るんですよ。滑らかで深く、非常にドライです。

 それに加え、ジュヴレらしい質のミネラリティもしっかり持ち、濡れたような質感、アロマの上がりのスピードはまるで自然派並みでしかも美しいです。「す~っ」と入って来ておだやかに質感を見せ、中盤以降から消えるまでの間に様々な表現をしてくれます。

 例えばフーリエはもっと赤く、若々しい部分の高い周波数領域の表現がちゃんとしていますが、デュガさんはその部分はやや黒味で覆われ、より低い周波数領域での表現になります。

 しかし、この厳冬期のように品温が下がりやすい時期には、フーリエのような全域にバランスの良い、赤い味わい中心のブルゴーニュは、中域と低域のパフォーマンスをやや落とします。デュガさんは高い周波数領域は黒で置換していますから、フレッシュな部分を持たず、中高域、中域、低域をしっかり持ち、品温度が下がってもバランスを崩さないんですね。

 なので、13度~14度で飲み始めても・・重厚で香りも上がり、全体のバランスも素晴らしいんです。調子に乗って随分と飲んでしまいました。


 反面、ACブルは、確かに村名ジュヴレにそっくりなんですが・・残念ながら村名ほどのポテンシャルが不足しています。美味しく飲めますが15度ほどまでに上げないと厳しいですし、その表情はやや硬く、内向的です。しかし3年ほど置きますと持っているポテンシャルを発揮しはじめ、村名と同様なパフォーマンスを見せるでしょう。

 つまりよりタイトに薄く仕上がって居るわけですね。なので熟成に時間が掛かっちゃう訳です。

 それにしても村名ジュヴレはビックリするほど旨かった!・・質も素晴らしいです。このプライスはこの質なら仕方が無いと確認できるでしょう!コンディションも素晴らしいです。是非飲んで欲しい・・です!ご検討くださいませ。

ドメーヌ・エ・メゾン・ルイ・ジャド

エ・ルイ・ジャド

フランス Domaine et Maison Louis Jadot ブルゴーニュ
● 幾つかのドメーヌを所有する実力派ネゴス、ルイ・ジャドの飲み頃ワイン、そして重量級シャルドネが入荷です。まず外れの無いワインですが、熟成を経てさらに飛躍しています。

■エージェント情報
 1859年創立、ブルゴーニュ有数のネゴシアンであるルイ・ジャド社は、すでに日本でもお馴染みの顔となった老舗でしょう。ネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方で、総面積105haというブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあるルイ・ジャドですが、その造りはブドウの持ち味を素直に引き出しているような、奥ゆかしさを感じさせます。ゆえに、意識的にブルゴーニュのテロワールを味わいたいような場合には、特にジャドのワインは試す価値があると言えそうです。


2016 Gevrey-Chambertin Clos Saint-Jacques 1er Cru
ジュヴレ=シャンベルタン・クロ・サン=ジャック・プルミエ・クリュ

14986

赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ジュヴレ=シャンベルタン
ドメーヌ・エ・メゾン・ルイ・ジャド

◆◆◆貴重なルイ・ジャドのクロ・サン=ジャックです。勿論ドメーヌ・ラベルです!!
■エージェント情報
「比類なき一級畑」とも言われ、突出したポテンシャルを持つクロ・サン・ジャックですが、これは格付け当時の所有者であったムシュロン伯爵が、特級格付けの申請手続きを面倒くさがったために、不当な形で一級畑になってしまったのだという逸話もあるそうです。
 ムシュロン伯爵が1955年に畑を手放してからは、ルイ・ジャド、アルマン・ルソー、シルヴィ・エスモナン、ブリュノ・クレール、フーリエなどがこの区画を所有するようになりました。
 「南と東を向いた完璧な立地の急斜面」に位置し、深遠な複雑さを持つワインを生み出すという「クロ・サン・ジャック」…このお値段も納得がゆくものでしょう!
新着メンバー登録画像  750ML 在庫    ご注文数   本
¥19,450 (外税) 
【ルイ・ジャドのクロ・サン=ジャックがこの位のプライスで購入できるのはもはや一刻の猶予も無いかもしれません。】
 安いですよね~・・。とてつもなく安く見えてしまいます。2014年、2013年、2011年ものを以前にご紹介させていただきましたが、天才ジャック・ラルディエールは2012年に一度引退を表明し、2013年にはオレゴンの担当でアメリカに行ってしまいましたので、2011年ものは実質、彼の最後の仕事になったかと思われるクロ・サン=ジャックでした。

 実質グラン・クリュと言われながらも、他の1級より少しだけ高価なだけ・・で済んだ時代はもう終わりそうです。フーリエに至っては、下手をするとグリオット=シャンベルタンよりも評価が高かったりします。

 2016年ものはワイン・スペクテイター誌が弾けてまして93~96Points、ジャスパー・モリス氏が94Points、、アドヴォケイト誌・バーガウンド、ヴィノスが92~94Pointsと高い評価です。ルイ・ジャドのワインはリリース直後は硬さが見られるのが通常で、10年ほど熟成されたボトルを飲むと、「リリース直後の姿が想像できないほど」です。

 noisy も一度か二度、日本のインポーターさんが開催しているテイスティング会にお邪魔したことが有りますが、人の多さとワインの多さ、そしてその硬さに・・驚きました。

「(・・日本向けは誰かの意向でSo2の量が多いんじゃないか?)」

などと勘ぐっており・・、それが当たらずとも遠からずのような気が今も抜けません。


 今回もブローカー経由、コンディションは良いように見えますし、透かして見た色合いも・・美しいですね・・。

 見逃しが無ければすべて「ドメーヌ・ルイ・ジャド」のエチケットです。これはかの大ドメーヌだったドメーヌ・クレール=ダユを買収した時に所有した畑のもののラベルになります。

 前回はすっかり見逃してしまい、ネゴス・ラベルが混じっていてご迷惑をお掛けしました。でも、実際には

「ドメーヌもののネゴスものも中身は同じ」

と言えますので・・。何故って・・その辺は前回以前の記事に書いていますんで、お時間がございましたらご覧くださいませ。ご検討くださいませ。


━━━━━
【「肩書以外はどこから見ても特級!」とマット・クレイマーさんが太鼓判の1級です!】

 実は結構なレア度のワインです。【Domaine Louis Jadot】もしくは【Louis Jadot】 とエチケットの下部に入ったものの両方が見られますが、ここで新たに疑問が生まれないでしょうか?クロ・サン=ジャックは現在5軒の分割所有ですから5人しか持っていないはずですよね。それは、

アルマン・ルソー、フーリエ、シルヴィ・エスモナン、ルイ・ジャド、ブリュノ・クレール

ですから、

「ん?・・ネゴスワインって言うからには、少なくとも買い葡萄か樽買いなの?一体誰が売ってくれるの?」

「あれ?・・ドメーヌものとネゴスものの2種類のクロ・サン=ジャックが有るなら中身が違うの?」

と言うものです。でもご安心ください。xいてますよ!・・


 実は、このクロ・サン=ジャックは何を隠そう、あのドメーヌ・クレール・ダユから借りているんですね。まぁ、契約の内容の詳細は判らないので、畑をクレール・ダユから購入したと聞いていましたが、少なくとも全部を購入はしておらず、クレール・ダユの相続者の誰かから借りている部分が有るんですね。なので、法律でその借りている部分はドメーヌラベルを貼れないんです。

 ですので、クロ・サン=ジャックに関しましては

「ドメーヌものもネゴすものも同じ」

と言うことになります。良かったですね~!決してドメーヌ・ラベルとネゴス・ラベルの同一年の水平をやろう!・・なんて気を起こさないようにしてくださいね~。


 ただし、同じワイン名でドメーヌものもネゴスものも混在する、かなりややこしいルイ・ジャドでは、「どっちも同じ」は少ないですので・・ご注意ください。

 因みにワイン・インスージャスト誌は93/100、タンザーさんは91/100と言う、2004年ものならでは思い込みの強そうな平たい評価をされています。

 でも、複雑性に富む2004年の、飲み頃を迎えつつあるクロ・サン=ジャックがこんなプライスですからかなり気になるかと思います。希少なネゴスラベルです。どうぞよろしくお願いいたします。


 以下は以前ご紹介させていただいた2006年、2000年のドメーヌ・ラベルのクロ・サン=ジャックのレヴューです。
━━━━━
【ブルゴーニュを代表するワイン・・です!】

 ドメーヌ・ルイ・ジャドのクロ・サン=ジャックです。2006年ですので・・・期待は大きいです。ここの醸造家はジャック・ラルディエール。言わずと知られた大御所です。

 ジャック・ラルディエール・・・noisyは饒舌な彼が言ってることをほぼ理解できませんが・・・まぁ、理解力不足なのでしょうけど・・仕上がってきた上級ワインには素晴らしいものが多いです。このクロ・サン=ジャックもそんなアイテムのひとつですね。

 ジャドでは、一部ビオと言うか有機と言うべきか、そんな区画も残っています。経験上飲んだ感じではビオと言う感じはしませんが、有機、もしくはそれに近いと思われます。時々、グラスをスワリング際の回転方向を、一般的な左から右、反時計回りではなく、時計回りにするべきだ・・・それはスパイラルの時計回りの回転方向がエネルギーを増大する方向に動くから・・みたいなことをおっしゃる方がいらっしゃいますが、ジャック・ラルディエールもその一人・・・。個人的には、

「それは逆だろう!」

と思ってますし、

「小さなグラスの中でそのようなことを考えてもほぼ無意味・・・まして立体でボウル形状をしているグラスでは、仮に逆方向に向かっても上方向への動きも当然起きる・・。平面的に考えすぎでは?」

と思ってますので・・まぁ、良く判らない訳です。

 いずれにせよ素晴らしいワインであることには間違い無いでしょうから・・ここはぜひ頑張ってGETしてみてください。

以下は2000年の同じワインのレヴューです。

━━━━━

【そろそろ飲めるぞ!エロティックなクロ・サン=ジャックに変身していると思います・・】

 ドメーヌ・ルイ・ジャドのクロ・サン=ジャックです。ところで・・・2000年のワイン、今頃はどうなっているか、検証されていらっしゃいますでしょうか。昨今だと例えばニコラ・ポテルのヴォーヌ=ロマネ・レ・プティ・モンなどは、滅茶苦茶美味しかったでしょ??

 でも、2000年のそのレ・プティ・モンも、リリース時にはほとんど見向きもされなかったはずです。まあ・・リリース時に飲んでもさして美味しさは感じられなかったでしょう。そして、誰もそれなりの評価点さえ・・付けなかったでしょう。

「2000年のブルゴーニュ・ピノは駄目・・」

 そのように最初から言われてましたから・・ね。noisy はブルゴーニュらしいヴィンテージだと言っていたはずです。グレートだとは言ってませんが・・。

 でも、今、2000年のワインは飲み頃を迎えつつ有ります。きちんと造られたワインは、裏に隠し持っていたものを表に出し始めています。

「2000年のピノって・・・誰が駄目って言ったのよ!」

 きっと、そのように感じて貰えるんじゃないかな?と思っています。しっかり造られたピノ・ノワールは、いつか一度以上必ず、花開くものだから・・・です。クロ・サン=ジャックは、やはりどんなヴィンテージでもクロ・サン=ジャックなんです。ドメーヌ・ルイ・ジャドも・・どんなヴィンテージでも、ドメーヌ・ルイ・ジャドなんですね。それを判って欲しいなぁ・・・と思います。グレートイヤーを追いかけていると、極端に飲み頃が早く来るか、とても遅いか・・・に最近はなっているはずです。ご検討ください。きっと美味しいと・・・期待を持っています!

■ ここでちょっと息抜き??

 ジュヴレのル・クロ・サン=ジャックと言えば、誰しもが認める特級並みの素晴らしいワインですが、1級格のままで放置されています。で、この畑・・・面白いですよね。皆さんも血眼になって求めていらっしゃる、かのフーリエのクロ・サン=ジャックですが、ちょっと上記のシルヴィ・エモナンのコラムをご覧ください。

>1950年頃に売りに出ていたクロ・サン=ジャックを、シルヴィーの祖父とフーリエ、ルソー、クレール・ダユがほぼ1/4ずつ購入していたと思いますので、畑の位置は言わずもがな・・です。

 この、50年代に売りに出したのがムーシュロン伯爵家と言う大地主さんで、おそらくですが、シャトー・ド・ムルソーの邸宅を本拠にされていました。家を継ぐ子がいないという事で、50年代~60年代にかけて、垂涎の極上畑を売らざるを得なかった訳ですね。60年代には、かのDRCにもル・モンラッシェを渡しています。

 で・・・良く々々見てみると面白いですよね。まあ、1/4ずつと言っても、1ヘクタールから2ヘクタール位で4者が分けています。
ムーシュロン伯爵家-->フーリエ
 ルソー
 エモナン
 クレール=ダユ

という流れです。フーリエは、今もドメーヌ・フーリエですが、ペルノ・フーリエ-->ジャン=クロード・フーリエと来てます。ルソーさんはご存知のとおりドメーヌ・アルマン・ルソーです。エモナンは、アンリ-->ミシェル-->シルヴィと伝わってきています。・・・で、クレール=ダユは??

 そう、クレール=ダユは解体してしまっていますが、畑は1985年にルイ・ジャドが購入しているんですよね。ですから、

ムーシュロン伯爵家-->フーリエ
 ルソー
 エモナン
 クレール=ダユ-->ルイ・ジャド(ドメーヌ)


 と言うことになり、フーリエ、ルソー、エモナン、ルイ・ジャドが、もともとのムーシュロン家の区画を受け継いでいることになります。ですから、

「元は何も変らないんだけどなぁ」

と言うつぶやきは・・凄い正解なんですよね。

 それに、ルイ・ジャドは元々1ヘクタール位、クロ・サン=ジャックを持っていたようにも記憶していますので、ドメーヌのキュヴェで、どのようにしているかは不明です。でも、基本的にクレール=ダユ流れのワインは、ドメーヌ・ルイ・ジャドで出しているようです。

注:上記の内容は個人的に確信はしていますが、(本人たちに)確かめた訳では無く、何かしら間違った情報が混じっている可能性も有りますので、そのおつもりで・・お願いします。

ジャック・カシュー・エ・フィス

ジャック・カシュー・エ・フィス

フランス Jacques Cacheux et Fils ブルゴーニュ
● 久し振りと言うか、ページでのご紹介は初めてかもしれません。ヴォーヌ=ロマネ村の生産者で実力派、1級ラ・クロワ・ラモーを分割所有するドメーヌ・ジャック・カシューです。

 別に嫌いな訳では無いんですが、まぁ・・普通でした。こんなことを言うと野暮では有りますが、昔はアンリ・ジャイエ系の味わいを造り出す腕の良い生産者は結構いらしたんですね。

 なので、その並み居る凄腕の中に入ると「普通」になっちゃうんです。クロワ・ラモーだけくれるなら話は別なんですけどね・・。

 でも、

「昨今のジャック・カシューは激変して凄い」

と言うような噂を聞きつけて、

「(・・・ホントか~?)」

と思いつつも、

「リアルワインガイドの評価もついにクラシックレベルにまで来たし・・」

と思い出し、ブローカーから比較的リーズナブルに仕入れられたので飲んでみることにしました。大した事が無かったらしばらく仕舞い込んでしまおう・・と言う魂胆です。・・いや、テイスティングするには経費も掛かりますんで、それを捻出するのは結構に大変なんですね。

 栽培はリュット・レゾネ、完全に除梗し低温で漬け込み、最終的に新樽100%で仕上げますので、御大アンリ・ジャイエ風な果実味重視系でした。


2015 Vosne-Romanee 1er Cru la Croix Rameau
ヴォーヌ=ロマネ・プルミエ・クリュ・ラ・クロワ・ラモー

13545
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ヴォーヌ=ロマネ
ジャック・カシュー・エ・フィス

◆◆◆グラン・クリュ・ロマネ=サン=ヴィヴァンに接する1級畑です。
■エージェント情報
 ジャック・カシューは、ヴォーヌ・ロマネ村の四つ星生産者。パーカーズ・ワインガイドにおいて「メオ・カミュゼ」に似ているスタイルであると評価された後、日本でもめきめきと知名度を上げ、今やワイン売場の人気アイテムとしてブルゴーニュ・ラヴァーの熱い視線を浴び続けているドメーヌです。
 もちろん、今も昔もワインの質が非常に高いのは言うまでもありませんが、1987年以降は清澄処理と濾過処理をやめ、さらに妥協のないワインを造り続けています。
 こちらは、ロマネ・サン・ヴィヴァンに食い込む形になっているヴォーヌ・ロマネの1級畑「ラ・クロワ・ラモー」。味わいもロマネ・サン・ヴィヴァンの系統を継ぐものだと言われており、赤系果実の香りが華やかに立ち上る逸品として知られておりますので、ジャック・カシューの持ち味が存分に発揮できる畑だと言えるのではないでしょうか?
新着メンバー登録画像  750ML 在庫    ご注文数   本
¥16,990 (外税) 
【リアルワインガイド第59号は93~94+!なるほど・・以前はロマネ=サン=ヴィヴァンの一部だった事実そのままを、見事に語ってくれます。とても上質!!】
 大体にしてこのパトリス・カシュー率いるドメーヌ・ジャック・カシューはちょっと変では有ります。本来ですとドメーヌの看板はグラン・クリュの「エシェゾー」になるはずですが、何故かこの「ラ・クロワ・ラモー」が看板であるとの意思表示と、最も高いプライスのワインになっているんですね。

 まぁ、気持ちは判りますが、それが今まで必ずしも当たっていたかどうか・・は判りません。しかし、そう見るとジャック・カシューのエシェゾーは非常にリーズナブルでは有ります。エシェゾーは、デュ・ドゥスを除き上下区画を組み合わせてバランス良く仕上げるのが伝統的で、ジャック・カシューもそれに倣い?、3~4箇所をブレンドしていますので、決して単一の畑では無いんですよね。

 それでもこのラ・クロワ・ラモーがここの看板なんだ・・と言うのは、そのプライスと、エチケットに描かれた十字架(クロワ)に意思表示されています。

 そもそも、なんで今さら?・・と言うようなご意見も有るかと思うんですが、やはり「凄く良くなっていると言う噂」は大きいですよね。それにこのところのリアルワインガイドの評価も高値で安定・・と言うか、2014~2015年は素晴らしいです。

 なので、気になっていたところ・・仕入れられたと言う状況です。で、さっそく飲んでみることにしました。

 どうでしょう・・この見え方!・・どっしりしていますよね。濃くは無いが淡くない、要素がビッチリ詰まった風な、堂々とした感じに見えます。深い赤の色合いが良いですよね。威厳を感じます。

 アロマは・・むっちりと・・しています。勿論、良く香るんですが、要素を次々に外に出して行こう・・と言うような感じでは有りませんで、それがむっちりな感じになっているのかと思います。甘みを持たない、やや熱量の多いイメージのアロマです。

 口に含むと、とても多い情報量がzipされているような感覚を覚えます。さすがにヴォーヌ=ロマネのワインだと言うことは判るにせよ、村名のワインのような安易な美味しさは出してくれません。

 しばらくスワリングしていると・・良くなってきますね。しっとりとしてきます。そして、ある種の「知恵の輪」状態だった複雑性の塊が少しずつほぐれて来ます。

 なるほど・・これはロマネ=サン=ヴィヴァン近くの畑だ・・と言われると、納得できてしまう味わいです。強烈な荘厳さはこれから成熟とともに出てくるのでしょうが、

「赤い魔力」

とも言うべき、このロマネ=サン=ヴィヴァン風の、超高質なチェリー風味に驚かされます。時間が経ってくるとそれはさらに磨きが掛けられ、洗練されたものになって来ます。


 マダム・ルロワは、

「ラ・クロワ・ラモーはロマネ=サン=ヴィヴァンにはなり得ないのよ」

と言ったとか言わないとか・・囁かれていますが、なるほど・・それは身に染みて良く判ります。

「お~・・なるほど・・」

と皆さん、そう思われるでしょう。


 でもそれは、優れたロマネ=サン=ヴィヴァンと比較した場合で有って・・もしくは、同じ造り手が同じように仕上げた場合にそうなるので有って、時には、

「noisy自身、このラ・クロワ・ラモーより明らかに劣っていると思われるロマネ=サン=ヴィヴァンを幾つも飲んでいる」

のも事実なんですね。


 ま~・・美味しくないロマネ=サン=ヴィヴァンのような高級ワインと出会ってしまうと、ドギマギしてしまいますよね。

「・・ボクはどうしたら良いんだろう・・」

 特にワイン会などのシュチュエーションだと、出方は非常に難しいです。自分が持ってきたボトルならダメ出し出来ますけどね。

 以前、ラシーヌさんのお呼ばれでとあるリストランテさんに伺った時、悪戯っ子の塚原御大が罠を仕掛けたゲームを嗾けました。

 結局それは、昔、御大が有る方からいただいた、状態の良く無いDRCのエシェゾー(マグナム?)だったんですね。

 まさか、そんな美味しくない・と言うか状態の悪いものを、コンディションにやたらとこだわる御大が私らに飲ませるなどとは思わないもんですから、

「(・・なんじゃこりゃ?)」

と思いつつも悩んだ挙句に、

「余り状態の良く無い自然派系のキャンティ」

と答えたような・・記憶が有ります。自然派は・・言ったかな?・・忘れてしまいましたが、実に不味かったです。


 この、ラ・クロワ・ラモーはご存知の通り、以前はロマネ=サン=ヴィヴァンの一部でした。ちょうどレ・スショ側の下部に有り、この部分だけ少し下がっています。そのため、水分がたまりやすく、また肥えた土壌になるんですね。

 土壌の水分の影響は、努力で少し避けられますが、超えた土壌の影響はどうにも・・ならないんですね。重力で上から表土が落ちてきて溜まってしまいますんで、葡萄の樹はその肥えた表土の栄養を得てしまいます。真逆のようですが、表土の栄養は少ない方が良いのはお判りかと思うんですが、

「まさにそれを想像させてくれる、ややファット目のロマネ=サン=ヴィヴァンの味わい!」

を、今、見せてくれます。


 しかしながら・・ここが重要です。例えばリアルは94+Points で、飲み頃予想を2022年から・・としていたと思うんですが・・(ページを開けば判るんですが時間が無くて・・すみません。)、それはほぼnoisy も同じように評価します。

 そう、今飲んでも美味しいんですが、ポテンシャルを開花させるには少し時間が掛かる造りのタイプなんですよ。言ってしまえば、その素質がこのラ・クロワ・ラモーの特徴とも言え、それをどう捉え、どのようにワインに導くかで、その仕上がりも変わってくる訳です。noisy的には、

「5年後以降からがこのワインの本質を理解するのに適した時期」

と言えます。


 言ってしまえば、2023年以降にこのワインを飲むのであれば、94+ Points 以上の評価をするかもしれない・・と言うことですね。

 やはり「素質は隠せない」のが事実で有って、例えばヴォーヌ=ロマネ1級レ・ルージュのような、赤い繊細な糸を撚り合わせたような緊張感は今は余り感じないものの、それで出来た極上の布のニュアンスを感じさせてくれます。

 それがいずれ、その元の1本1本の糸の美しさを見せつけるような繊細さと、それらが織りなす見事な模様をも映しだしてくれるでしょう・・それが5年後以降です。

 なるほど、ジャック・カシュー・・以前のように今一つ垢抜けない感じは無くなりましたね。結果的には全くアンリ・ジャイエ風では有りませんで敢えて言うならDRC風です。これからも楽しみな造り手になったと言えます。ご検討くださいませ。リーズナブルに仕上がったと思います。