ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2020.12.03 
Last Update 2020.12.03  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ジェレミー・ユシェ

ジェレミー・ユシェ

フランス Jeremie Huchet ロワール
Jeremie HuchetDomaine index -- Open All Column
● 有機栽培、そして超古木によるムスカデをご紹介させていただきます。ロワール下流ならではの柔らかいミネラリティと海の味わい?・・ニュアンスと言うべきか、中々難しいですが、全ての命を育む海の偉大さを感じさせてくれるムスカデです。


 テロワール それは、すべての源となる言葉です。すべてを翻訳出来ないかもしれませんが、この Cru についてお話しします。しかし気を付けていただきたいのは、偉大なテロワールが必ずしも偉大なワイン生むとは限らないということです。私たちで言えば、4つの偉大なクリュを所有しています。そして私たちはその畑を理解する必要があるのです。なぜならすべての答えがそこにあるからです。

 なぜ、中世の修道士たちは隣の畑ではなく、この場所を選んだのでしょうか?なぜ、数百年後になっても、この場所から、より深みのあるワインが生まれるのでしょうか?これがテロワールの神秘なのです。

 グレーヌの頂にそびえるシャトー・レ・モンティスを訪れると、粘土質土壌の区画ともうひとつの区画の土壌の違いを容易に目視することが出来ます。ふたつの土壌は全く異なる表現をするのです。石の多いおよそ1ヘクタールの区画は1914年に植樹された古木が存在しています。表土、土壌、環境、微気候、そして海とロワール河がもたらす影響、テロワールという言葉を説明するにはそれだけでも不十分なのです。代々受け継がれる造り手の知識と感性、終わりない追及ともいえる畑への尊重、化学薬品を排除し、畑に住む微生物を生かした畑仕事。年老いた葡萄樹に手間をかけ、手で収穫し、葡萄樹が死んだ後も慎重に植え替えてその畑を護り続けていくことなのです。

 土壌と古木に合わせた仕事を適応させて、過度に干渉することなく可能な限り明確に畑を表現させること、それが最上の畑仕事なのです。私たちのすべての畑は2001年からサステーナブルな有機農法を採用しており、Agriculture Biologiqueの認証を取得する予定です。私たちは25年前から化学肥料を使っていません。そのため、葡萄樹は深く根を下ろし、土地のミネラルとテロワールの深淵さを反映させるのです。

 収穫日の選択は、ワイン造りにおいて非常に大きな鍵となります。収穫された葡萄はただちに運ばれ、私たちが最高だと思うプヌマティック空圧式プレス機で優しく圧搾されます。迅速に対処できるため、葡萄を酸化させることなく、滑らかでフレッシュな果汁を得ることが出来るのです。発酵を終えたワインはタンクの中で生きた澱と共に寝かされます。

 クロ・レ・モンティスはグレーヌ湿原の中、南北に隆起したところに位置しています。表土は砂、シルト、岩、砂岩が多く見られます。北部は表面的で、1924年、1922年、1917年そして1914年からの古木が多く植樹されています。南部は南西向きの斜面になっており、砂とシルトからなる粘土質で“La Tache”と呼ばれる区画になります。母岩は非常に硬質な青緑色の火成岩である角閃岩と変斑糲岩です。


2017 Muscadet Sevre et Maine Sur Lie Clos les Montys Vigne de 1914
ムスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー・クロ・レ・モンティス・ヴィーニュ・ド・1914

14390
自然派
白 辛口
フランス
ロワール
ジェレミー・ユシェ
750ML 在庫 
¥2,290 (外税)
【古木由来の深い味わいと重くなり過ぎないちょうど良さが魅力!】
 ムスカデ・セーヴル・エ・メーヌのクロ・レ・モンティスのシュル・リーの古木です。
 ムスカデはミュスカデとも日本語訳されますが、どちらでも良いかと思います。でも、この長ったらしい名前には、結構に情報が含まれています。
 ムスカデは・・ムスカデ、品種ですね。セーヴル・エ・メーヌと言うのは、「セーヴル川とメーヌ川」と言う意味です。ご存じ「シュル・リー」は澱引きしないで澱と一緒にしておく醸造法で、酵母の分解香や生成されたアミノ酸系の味わいを引き出すものです。
 クロ・レ・モンティスと言うのは著名な生産地区の名前ですので、畑の名前と言っても良いかもしれませんが、この名前の付くワインは、まぁまぁ存在します。
 で、最後の「ヴィーニュ・ド・1914」は「1914年植樹の葡萄の樹」と言う意味です。
 なので、もう・・これだけでも結構味わいの想像が何となく出来てしまいますよね...