ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2022.10.03 
Last Update 2022.10.03  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

クロ・ルジャール

クロ・ルジャール

フランス Clos Rougeard ロワール
Clos RougeardDomaine index -- Open All Column
● クロ・ルジャールです。もはや幻のワインと言っても過言では無いレベルになっています。シャルリーとベルナールのフコー兄弟で素晴らしいカベルネ・フランとシュナン・ブランを造っていました。

 2015年にシャルリーさんが亡くなり、2017年だったか・・シャトー・モンローズの所有者が買収しました。当時醸造長をしていたシャルリーさんの息子さんが、自身のドメーヌを経営していますが、現在日本には未輸入..畑も異なりますが、フコー兄弟のDNA や意思は、彼とエドモン・ヴァタンにも引き継がれていると思っています。

 2014年ものの入荷ですので収穫からほぼ8年の時を経ての少量の入荷です。noisy が知っているクロ・ルジャールは、本当に美味しいのに中々判っていただけず苦労して販売していたが、いきなり価格が暴騰し、ケースで買えないどころか1~2本ずつの割り当てへ強制されたこと位です。

 それでもクロ・ルジャールの深い味わいを知ってしまえば、ワインを育てる楽しみも知っていただける訳ですから・・素晴らしい教材でも有るとともにこの上無い楽しみの機会を得ることになった訳ですね。

 それに2014年ものですからシャルリーさんも現役の頃のワインです。因みにベースワインのル・クロは、現在ドルベースで244ドルとのことで、円安を加味しますと3万4~5千円!

 流石にそれは無いだろう・・!とは感じてしまいますが、円高の時の最高値80円ほどで再計算すると1万1500円ほど・・それも無い・・として、今回ご紹介出来る価格から現在の円ドル相場を導き出すとするなら、1ドル=120円になりますね。

 なので、おそらくこの2014年クロ・ルジャールのエージェントさんの代金の支払いは、ずいぶん前に行われていたことが判ります。結構前に輸入され、休養されていたんじゃないかと思います。

 そうそう・・思い出しましたが、クロ・ルジャールのワインは入荷してもすぐには飲まず、

「必ず2~3カ月落ち着かせていた」

と思いますよ。

 そうしないと結構不安定なことが有りまして、ただでさえ販売するのに苦労しているのに、不安定さがバリバリに出ているワインをお客様に販売してしまい、勘違いされてしまうともっと大変だと思っていたんですね。そう思えば、まぁ・・非常に懐かしさを感じてしまいます。

 ですので、決して焦って開けないように・・特に「ル・ブール」は非常に希少ですし、さっさと飲んでおいしいことはまず無い・・(^^;; ので、最低5年はセラーにて育ててあげてください。

 希少なワインです。セットも組ませていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。


 シャルリーとベルナールのフコー兄弟で素晴らしいワインを造っていたクロ・ルジャールです。2015年に亡くなられた兄のシャルリーさんが、最後に醸造まで手掛けたヴィンテージ、2013年ものが入荷予定です。

 そもそもは・・noisy も、トップ・キュヴェの「ル・ブール」までテイスティングさせていただき販売していました。確かにお客様の引きは良かったですが、両手放して楽に商売させていただけるような状況では無く、お客様にはちゃんと説明させていただき、苦労しつつ・・と言う感じでした。

 しかし海外の引きがとても強くなって来まして・・そうしたら物凄い値上げ・・。いきなり仕入が2~3倍の価格です。しかも数量は大幅減・・。

「・・あの~・・少なくともケースでいただけないとどうにもならないんですが・・」

と言うことで、しばらく放置になってしまっていました。

 2015年にシャルリーさんが亡くなられ、現在は弟のベルナールさんが頑張っていますが、シャルリーさんが2014年の末から入退院を繰り返していたそう・・なので、2013年ものはシャルリーさんの忘れ形見になってしまっています。

 2013年ものは通常の年の半分・・の量です。少ないのでnoisy も飲めません。現状、日本のクロ・ルジャールの流通在庫はほぼ無いでしょう(・・まともなものは・・です。)

 noisy に言わせますと、以前の価格を知っていますので「高いなぁ・・」とは感じますが、市場の価格を見れば、とんでもなく安いです。今回は「ル・クロ」以外はセットを組ませていただきました。ご検討くださいませ。

-----
 久しぶりの登場になります。ワインが仕上がらないとリリースしないんですね。「ソミュールにクロ・ルジャール有り」と言われるほど、別格の味わいをみせるロワールワインです。

 一時期に比べ物凄く価格が上がってしまいましたので購入を見合わせていましたが、他のワインの上昇も激しく、いつの間にか「さほど」高いとは感じない価格になっていました。

 味わいは、赤、白とも地域のトップで有ることは間違い無く、赤はボルドーのグランヴァンに、白はボーヌのグラン・クリュに匹敵すると思います。

「フランス最上のカベルネ フラン」
  ロワールのアンジュ・ソミュール地区の東部、ブルグイユやシノンといった産地に隣接するソミュールシャンピニーに居を構えるクロ ルジャールは、340年(創業1664年)もの長きにわたってこの地でワイン造りをしてきた歴史ある生産者です。現在クロルジャールの8代目としてワイナリーを切り盛りするのが、シャルリー、ナディのフコー兄弟です。ロワール地方でクロ ルジャールといえば、名実共にナンバーワンの生産者として知られ、常に愛好家や専門家の訪問が耐えません。

 フランス国内においては、クロ ルジャールを賞賛する言葉は枚挙に暇がなく、フランスの権威あるワイン評価本「ルクラスマン」においては、「ロワール赤ワイン最高の造り手」として評価され、「アルページュ」「アランデュカス」「ギィ サヴォア」「トゥール ダルジャン」「リュカ カルトン」「タイユヴァン」といったミシュランガイドの3ツ星、2ツ星を誇るレストランには、欠かさずオンリストされています。

 また、他のワイン生産者からも多くの尊敬を集めており、カベルネ フランという品種を極限まで高品質に仕上げる生産者として知られています。かのボルドー右岸のトップシャトーであるシュヴァルブランの関係者も、カベルネ フランにおけるクロ ルジャールの神髄を見極めようと訪問すると言うから驚きです。

「恵まれたテロワールと低い収穫量」

 クロ ルジャールは、およそ10haの畑を所有しており、その多くは南向きの日照に優れた丘陵地に広がります。この広さは、「丹念に作業をする限界の広さ」だと言い、除草剤や化学肥料といったものを一切用いない自然な農法によって栽培されています。もっとも、昨今の自然派ワイン生産者と比較すると、その根本にある哲学の違いを感じることができます。ビオロジック・ビオディナミという手法を用い、エコセールの認証を得ている一方で、決して流行に踊らされたといった感の無い、確固たる信念・思想がその栽培に見られます。その信念を支えているのは、数百年の間培われてきた歴史と伝統、経験であり、それに基づいて行き着いたのが、自然と対話し、それを尊重する栽培方法だったと言います。「自然派」というよりも「古典派」とも言うべき稀有なスタイルなのです。


 実際の栽培においては極限まで収穫量を抑えることが大事であるとし、平均収量30hl/haという、この地方の通常の半分という収穫量を実現しています。また、ヴァンダンジュヴェール(摘房)による収量の制限ではなく、よりリスクの高い冬の剪定や春の芽かきによって行うという哲学を実践しています。収穫は手摘みによって行い、非常に厳しい選果を経た上で、醸造されます。
「繊細かつ濃密なカベルネ フランの気品」

 収穫の際にすでに選果されたブドウは全て除梗され、選果台においてさらに厳しい選果を行います。上質の房果粒のみを用いることによって、青っぽさが微塵も無いカベルネ フランの良い部分が得られます。発酵は主にステンレスもしくはセメント槽にて行われ、プレスワインを一切加えずにブドウに付着している自然酵母の力によって発酵させます。マセラシオン(醸し)は30~40日と長期に及び(にも関わらず青臭さはありません)、果皮と種子から良質でバランスのよい旨み成分を慎重に抽出します。
 補糖 補酸といった人為的な調整は勿論行わず、新樽およびシャトー ラトゥール使用の1年樽などで、2年から3年という長期間熟成されます。その熟成に使われるセラーは、圧巻の地下洞窟。完璧な温度と湿度でワインを育ててくれます。



 樹齢の高い恵まれた樹から収穫量を抑えたブドウで造るワインは、秀逸で極めて表情が豊かです。既存のカベルネフランの概念を打ち砕くようなエレガントさや華やかさを秘めながら、長期の熟成に向いた強固な骨格もあります。クロルジャールのワインは、古典的で優雅なまさに「長期熟成ワイン」で、この「古き良きフランスワイン」を愛するファンが多いのもうなずけます。クロルジャールのもうひとつの魅力は、その絶対的な安定感にあります。いわゆるオフ・ヴィンテージであっても、その品質は揺るぐことなく、2003年といった酷暑のヴィンテージであっても、だれた味わいや高いアルコール感などは皆無です。この他を寄せ付けない安定感と品質の高さは、クロルジャールだけが到達できるひとつの極みと言えるでしょう。
● Saumur Champigny le Clos - ソミュール シャンピニー ル クロ -
品種: カベルネフラン 100%

 この「ル クロ」は複数の区画をブレンドして造られるクロ ルジャールのもっともベーシックなキュヴェで、エチケット上には「ルクロ」という表記はありません。タンニンは柔らかく、骨格のあるワインでありながら透明感のあるピュアな果実味が特徴です。抜栓後は時間の経過と共に厚みを増し、果実の甘みと共に奥行きと複雑味をしっかりと感じるようになります。
 収穫量は40hl/haで、樹齢30年~40年の複数区画のブドウから生産されます。自然酵母にてステンレス及びセメント槽にて発酵、熟成はポワイユーで使用した2年樽にて約2年行います。発酵・熟成中は亜硫酸の添加をせず、ノンフィルタにて瓶詰めされます。
● Saumur Champigny les Poyeux - ソミュール シャンピニー レ ポワイユー -
品種: カベルネフラン 100%

 南向き斜面の上部に位置する「ポワイユー」と呼ばれる区画のブドウのみで造られるワイン。この区画は、他の区画に比べて暖かく、風通しが良いため熟したブドウが得られます。黒い果実の香りとほのかなスパイシーさを備えた複雑味のある味わいで、芯のしっかりとした長熟タイプのワインです。一方で、上品な樽の香りと柔らかさを感じる果実味も備えており、親しみやすい一面も持っています。
 収穫量は35hl/haで、樹齢40年~45年、自然酵母にてセメント槽で発酵、熟成はルブールで使用した1年樽にて約2年行います。発酵・熟成中は亜硫酸の添加をせず、ノンフィルタにて瓶詰めされます。

● Saumur Champigny le Bourg - ソミュール シャンピニー ル ブール -
品種: カベルネフラン 100%

 樹齢80年にも達する単一畑「ル ブール」から生み出されるクロ ルジャールのトップキュヴェ。ブドウの持つ力強さ、酒質の強さ、複雑な味わい、すべてにおいて絶大なる存在感を持っており、ロワールワインという枠組みを超えた偉大さを感じさせるフィネスを備えています。まさに「フランス最上のカベルネフラン」とも呼びうる最高傑作です。
 収穫量は20hl/haで、樹齢75年~80年、自然酵母にて木樽で発酵、木樽は新樽を2割から3割使用し、残りは1年及び2年樽を使用。熟成は発酵で使用した樽をそのまま用い約2年5ヶ月行います。発酵・熟成中は亜硫酸の添加をせず、ノンフィルタにて瓶詰めされます。
● Saumur Blanc Breze - ソミュール ブラン ブレゼ -
品種: シュナンブラン 100%

 ロワールでシュナンブランと言うと甘みを残したスタイルのワインをイメージすることが多くなりますが、この「ブレゼ」は、完全にドライな味わいのシュナンブラン。もともと果実味に厚みのある品種ですが、それをしっかりと芯のあるストイックな味わいに仕上げたこのワインは、硬質なミネラルと美しい酸も備え、非常に高品位なバランスを体現しています。圧倒的な存在感とメッセージを内包したロワール最高の白ワインの1本です。収穫量は40hl/haで、樹齢35年のブドウから生産されます。自然酵母にて木樽で発酵、木樽は新樽を2割から3割使用し、残りは1年及び2年樽を使用。熟成は発酵で使用した樽をそのまま用い約2年行います。発酵・熟成中は亜硫酸の添加をせず、ノンフィルタにて瓶詰めされます。


2014 Saumurs Blanc Breze
ソミュール・ブラン・ブレゼ

17106
自然派
白 辛口
フランス
ロワール
ソミュール
クロ・ルジャール
お一人様1本限定+販売条件の無い他の生産者さんのワインを5000円(税別)以上
750ML 在庫 
¥19,500 (外税)
【滅茶美味しかったブレゼ!・・今では普通に95ポイント以上で評価されるようになったのには驚きです!】
 もはや飲めないワインになってしまった「ブレゼ」の2014年です。2015年ものにはすでに97ポイント、付けたレヴュワーさんもいらっしゃいます。下に昔のレヴューを掲載させていただいてますが、やはり凄いことを平気で言っちゃってますね・・
「6~7千円もの大枚をはたいてロワールの白なんぞに手を出せるもんか!」
だって・・。
 まぁ・・これはその頃のお客様の気持ちを推測し代弁させていただいた言葉では有りますが、遅々としていて売れ行きが芳しくないクロ・ルジャールのブレゼを何とか飲んでもらおう・・としていた noisy の心からの反語でも有ったのでしょう。
 このことが有ってからブレゼは売上を回復し、何度かインポーターさんに「お代わり!」をさせていただいたと記憶しています。もっともブレゼや他のキュヴェは多くは無いとしましてもお代わり出来ましたが、ル・ブールだけはこの頃から完全...


2014 Saumur Champigny (le Clos)
ソミュール・シャンピニー(・ル・クロ)

17107
自然派
赤 フルボディ
フランス
ロワール
ソミュール
クロ・ルジャール
お一人様1本限定+販売条件の無い他の生産者さんのワイン1本
750ML 在庫 
¥16,300 (外税)
【クロ・ルジャールのベース・キュヴェ!スタイルを知るには絶好の1本です。若くして飲んでも美味しい(のが通常・・)です!】・・・以前のレヴューを掲載しています。
【今でもめっちゃ美味しいル・クロ!それ以外は少し置いてください!最高のロワールワインです!】
 数が無いので厳しいんですが、それでもル・クロを飲んでしまいました。色合いも美しい・・・実に透明感が有ります。その透明感は香り・味わいにもそのまま繋がっています。ピュアでナチュラル・・一点の曇りも感じられません。
 カベルネ・フランと言う、ややもすると日本人には極端なイメージを持たれていらっしゃる方が多い品種では有りますが、
「飲むには品種など関係無い。あるのは畑だけ!」
 と言うことが強く感じられます。これは、ピノ・ノワールでも有り、カベルネ・ソーヴィニヨンでもあるんです。たまたま植わっている・・その土地に適したのがカベルネ・フランで有った・・ということなんですね。
 自然派の生産者ではありますが、揮発酸のニュアンスがまず無い、非常に綺麗なワインです。エキスがしっか...


2014 Saumur Champigny les Poyeux
ソミュール・シャンピニー・レ・ポワイユ

17108
自然派
赤 フルボディ
フランス
ロワール
ソミュール
クロ・ルジャール
お一人様1本限定+販売条件の無い他の生産者さんのワインを5000円(税別)以上
750ML 在庫 
¥19,500 (外税)
【レ・ポワイユも希少且つ高価になってしまいました!・・最新グローバル平均価格が348ドルって・・信じられません。】
 それでも昔、ラ・ルヴェ・デュ・ヴァン・ド・フランス誌(名前は変わっていますが)などは、ちゃんと公平に評価していたかな・・と思いますが、他は散々だったか、興味無しで評価しない、できないメディアが多かったと思います。
 今ではもう・・すごいですね。多くのメディアがクロ・ルジャールを取り上げています。
 この2014年のレ・ポワイユーに95ポイントと評価していらっしゃるヨハン・カスタンさんは、ほぼボルドーとローヌの専門家・・クロ・ルジャールは評価しているので、ロワールも彼のテリトリーに入るのかな?・・でもブルゴーニュは知る限りでは全く評価が見当たりませんので、ボルドー系の評価者でいらっしゃるのでしょう。
 アドヴォケイトが2010年のレ・ポワイユーに95ポイント、飲み頃を 2015 ~ 2040 と評価した頃から・・でしょうか、クロ・ルジャールの価格が暴騰し始めたのは・・。何...


2014 Saumur Champigny le Bourg
ソミュール・シャンピニー・ル・ブール

17109
自然派
赤 フルボディ
フランス
ロワール
ソミュール・シャンピニ
クロ・ルジャール
お一人様1本限定+販売条件の無い他の生産者さんのワインを10000円(税別)以上
750ML 在庫 
¥27,800 (外税)
【今でもめっちゃ美味しいル・クロ!それ以外は少し置いてください!最高のロワールワインです!】---飲めないので以前のレヴューを掲載しています。販売条件付きです。ご注意ください。
 数が無いので厳しいんですが、それでもル・クロを飲んでしまいました。
 色合いも美しい・・・実に透明感が有ります。その透明感は香り・味わいにもそのまま繋がっています。ピュアでナチュラル・・一点の曇りも感じられません。
 カベルネ・フランと言う、ややもすると日本人には極端なイメージを持たれていらっしゃる方が多い品種では有りますが、
「飲むには品種など関係無い。あるのは畑だけ!」
 と言うことが強く感じられます。これは、ピノ・ノワールでも有り、カベルネ・ソーヴィニヨンでもあるんです。たまたま植わっている・・その土地に適したのがカベルネ・フランで有った・・ということなんですね。
 ビオの生産者ではありますが、揮発酸のニュアンスがまず無い、非常に綺麗なワインです。エキスがしっかり出ていますが、ラーメンの出汁のような力技を感じさせるものでは無く、京都の薄味の料理のような...


2013 Saumurs Blanc Breze Set
ソミュール・ブラン・ブレゼ・セット

16039
自然派
白 辛口
フランス
ロワール
ソミュール
クロ・ルジャール
お一人様1セット限定
750ML 在庫 
¥30,950 (外税)
【今でもめっちゃ美味しいル・クロ!それ以外は少し置いてください!最高のロワールワインです!】・・・2本セットです。以前のレヴューを掲載しています。
 以下は以前のレヴューです。
-----
【フランのル・ブールも桁違いだが、ブレゼはバタール=モンラッシェ級の凝縮度!べらぼうに凄い!】
 こんなワインに出会うと、本当に嬉しくなってしまいます。まさにモンスター級の凝縮感を閉じ込めた化けもんシュナン・ブランです。
 2003年の熱波は、ソミュールのシュナン・ブランには、かなりの恩恵を与えたようです。思い起こせば、かのルメール・フルニエの2003年も素晴らしい出来栄えで、ニコラ・ルナールはゴージャスな甘いワインを沢山造り、リリースしましたよね?ヴーヴレイの方が上流では有りますが、細かな部分を無視して考えてみると、
ゴージャスな葡萄-->甘く豪放なデザートワインに仕上げたニコラ・ルナール
ゴージャスな葡萄-->ドライな味わいに仕上げたクロ・ルジャール
 という図式になっています。
 で、この糖分た...


2013 Saumur Champigny (le Clos)
ソミュール・シャンピニー(・ル・クロ)

16038
自然派
赤 フルボディ
フランス
ロワール
ソミュール
クロ・ルジャール
750ML 在庫 
¥14,500 (外税)
【クロ・ルジャールのベース・キュヴェ!スタイルを知るには絶好の1本です。若くして飲んでも美味しい(のが通常・・)です!】・・・以前のレヴューを掲載しています。
【ボルドーのグラン・ヴァンも形無し??】
 ル・ブールは新樽100%、レ・ポワイユにはル・ブールで使用した1年樽が使用されていますが、どちらもボルドーのグラン・ヴァンに匹敵する出来栄えだと思います。ル・ブールは2級に、レ・ポワイユは3~4級位に当たるでしょう。しかしながら、現在の状態は硬く閉ざしていますので、前日抜栓、カラフェに落として・・・などの高度なテクニックを用いなければ、美味しさを感じるようにはならないと思います。ル・ブールで最低5年、レ・ポワイユは最低3年の時が必要です。
 一方、ル・クロですが、その名前の記述はエチケットには有りませんが、クロ・ルジャールのソミュール・シャンピニの実力を知るのに、絶好のワインであると言えます。野菜っぽい、例えば、キュウリだとかキャベツ等と形容される名詞は、このワインには出てきません。カッチリしていてとてもドライで、赤や紫の花束に鼻を近...


2013 Saumur Champigny le Bourg Set
ソミュール・シャンピニー・ル・ブール・セット

16037
自然派
赤 フルボディ
フランス
ロワール
ソミュール・シャンピニ
クロ・ルジャール
お一人様1セット限定
750ML 在庫 
¥42,500 (外税)
【今でもめっちゃ美味しいル・クロ!それ以外は少し置いてください!最高のロワールワインです!】---飲めないので以前のレヴューを掲載しています。2本セットです。ご注意ください。
 数が無いので厳しいんですが、それでもル・クロを飲んでしまいました。
 色合いも美しい・・・実に透明感が有ります。その透明感は香り・味わいにもそのまま繋がっています。ピュアでナチュラル・・一点の曇りも感じられません。
 カベルネ・フランと言う、ややもすると日本人には極端なイメージを持たれていらっしゃる方が多い品種では有りますが、
「飲むには品種など関係無い。あるのは畑だけ!」
 と言うことが強く感じられます。これは、ピノ・ノワールでも有り、カベルネ・ソーヴィニヨンでもあるんです。たまたま植わっている・・その土地に適したのがカベルネ・フランで有った・・ということなんですね。
 ビオの生産者ではありますが、揮発酸のニュアンスがまず無い、非常に綺麗なワインです。エキスがしっかり出ていますが、ラーメンの出汁のような力技を感じさせるものでは無く、京都の薄味の料理のような...