ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.05.13 
Last Update 2021.05.13  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ロンガリーヴァ

ロンガリーヴァ

イタリア Longariva トレンティーノ=アルト・アディジェ
LongarivaDomaine index -- Open All Column
● イタリアの北部、ミラノを挟んで南西部がピエモンテ、北東部がアルト=アディジェですが、そこにある自然派の造り手、ロンガリーヴァをご紹介します。最近は高質なワインが産出されるようになっており、注目される地域です。


■エージェント情報
 トレントの南約20kmのロヴェレートという町にある、マルコとロザンナ・マニカ夫妻によって1976年より始められたワイナリー。年生産量10万本。所有者であり、醸造家であるマルコ氏は言う。

「技術や科学に基づいた人の仕事がワインに良い結果を与えるためには、待つ事が必要である事を経験から学んだ。」

 彼らのワインの中でも量的にも特徴的にも旗手的存在といえるのがグラミネ。ピノグリージョはその標高、高密度植樹と低い仕立て、収量制限により香りの豊かな凝縮度の高いブドウとなる。グラミネはそのようなブドウを絞った後も果汁に皮を浸しておくことによって、より豊かな香りと若干の色(赤玉ねぎ色)を持ち、味も個性的で見た目も美しい。醗酵の初期段階までマセレーションを行い、その後皮を引上げ、果汁のみでステンレスタンクにて醗酵を行う。熟成にもステンレスタンクを使用。


2015 Gramine Pinot Grigio Vigneti Delle Doromiti I.G.T.
グラミネ・ピノ・グリージョ・ヴィニェーティ・デッレ・ドロミティ・I.G.T.

12599
自然派
白 辛口
イタリア
トレンティーノ=アルト・アディジェ
ロンガリーヴァ
750ML 在庫 
¥2,390 (外税)
【深いアロマとコクのある見事な味わい!結構骨太です!桜の季節にも映える、美しいロゼ色の白ワインです!】
 まぁ、誰がどう見てもロゼワインですが、実際は白・・白葡萄による白ワインです。黒葡萄を使っていればロゼと称しても良いのでしょうが、この色合いは、
「白葡萄の果皮を漬け込んだ時に抽出される色」
です。ピノ・グリージョの粒は、灰色をしていたり、若干オレンジ色っぽかったり色々ですが、漬け込むとこんな色になることが多いです。
「ロゼっぽい色だから・・軽いんでしょ?」
と思われるかもしれませんが、意外や意外、結構にしっかりしています。アロマも軽やか・・と言うよりも、中域のボリューム感が有ります。味わいも中~低域のボリューム感が結構有り、幾分に滑らかさを感じますから、
「色合いから想像されるような、軽くてフレッシュなだけのワインでは無い」
と言えるかと思います。おそらくドロミテの冷たい風がこの味わいを生んでいるのでしょう。そう言えば昔、「ドロミテ」と言うスキー靴のメ...