ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.01.18 
Last Update 2021.01.18  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

シャトー・クロ・ド・サルプ

シャトー・クロ・ド・サルプ

フランス Chateau Clos de Sarpe ボルドー
Chateau Clos de SarpeDomaine index -- Open All Column
● 知る人ぞ知るサンテミリオン・グランクリュです!・・・古くからのお客様は、ここのシャトーの古酒をNoisy'sからご購入されたことが有るんじゃないかと思います。まだインターネット創世記の頃のお話しですが、1950年代から1980年代までの古酒を数千円で・・ものによっては3千円台で販売し、大変喜んでいただきました。非常に懐かしいです!

■エージェント資料より
 樹齢50~80年の古木が3分の2を占めるという畑から、メルロー85%、カベルネ・フラン15%で構成される、大柄で芳醇なワインを造り出している「クロ・ド・サルプ」。サンテミリオンのメルロー生産者として、近年すこぶる高い評価を受けており、日本でも『ワイナート』22号の巻頭特集でとりあげられ、スポットライトを浴びました。

 クロ・ド・サルプは現オーナーのジャン・ベイネイ氏が樽熟成による醸造を始めるまで、樽は一切使用せず、十分な瓶熟期間を取った後に初めてリリースするというスタンスをとってきました。

 そのためワインは飲み頃を迎えるまでに大変な時間を要したのですが、1985年にジャン・ベイネイ氏がシャトーを引き継ぎ、その後樽熟成を開始したことで、格段に早く飲み頃を迎えられるようになりました。

 今回は、ジャン・ベイネイ氏によって手がけられ、20年にも迫る熟成期間を経たヴィンテージを、驚きの価格でご案内いたします!ここまで熟成の進んだワインをこの価格で楽しめる機会、そうそうはありません!


1996 Chateau Clos de Sarpe Saint-Emilion Grand Cru
シャトー・クロ・ド・サルプ・サンテミリオン・グラン・クリュ

10664

赤 フルボディ
フランス
ボルドー
サンテミリオン
シャトー・クロ・ド・サルプ
750ML 在庫 
¥4,590 (外税)
【これは美味しい!ドライなサンテミリオンが熟して甘いブケを放出!しかもリーズナブルです!】
 とてもリーズナブルなサンテミリオンG.C.です。このアペラシオンは、その昔は随分と頭を傾げてしまうような代物が多かったんですが、良く考えてみれば、現在とは違って輸入の仕方も問題が有ったのでしょうし、アペラシオンの格付けが見直されるきっかけになるほど、INAOとなぁなぁ、ずるずる・・な関係にも有ったのかと思います。今はもう随分と整理され、G.C.C.じゃなくても・・・つまりG.C.でも、名乗りを信用できる時代になったと理解しています。勿論ですが、コンディションは別の話しですが。
 収穫から20年にもなろうかというワインですが、早速飲んでみました。メルロの図太い・・厚みのある見事な黒、茶、赤の果実やミネラルの集合体を思わせる味わい・・・奥にはエキス由来の赤い果実がたっぷりと居座っています。トップノーズは黒や茶が多く、パワーを感じさせますが、奥の赤い果実がじっくりと味わいを拡げてくれます...