ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.09.27  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・デ・ボワ・ルカ

フランス Domaine des Bois Lucas ロワール
Domaine des Bois LucasDomaine index -- Open All Column
● 新井順子さんのデ・ボワ・ルカです。残念ながら議員先生にはなれませんでしたが、彼女はきっとまた何かやってくれるでしょう。

 因みに茨城でお酒も造っちゃってますので、こちらもご覧くださいね。
剛烈富永酒造店



Touraine(トゥーレーヌ) eRoug(ルージュ) Caberne(カベルネ)t Franc(フラン) 2009(Last Wine)

 私の最後のカベルネ・フラン。私のワイン醸造の原点は実はボルドーにあります。なので白はソーヴィ二ヨン・ブラン種、赤はこのカベルネ・フラン種に対する思いはひとしおなのです。ですから 2006 年には妹の為にこのカベルネ・フランを躊躇なく選びました。それだけ実はこの品種が好きなのです。ボルドーではカベルネ・ソーヴィ二ヨンやメルローに主役を取られ、補助品種になってしまいます。ロワールの Chinon に来れば主役になりますが、Touraine に来ると厄介な品種で Gamay の方に軍配があがるのです。それでも長期熟成型のシュバル・ブランのようなワインは存在するのです。
 何て大変な品種なのでしょう。それに憧れ何度も 100%カルボニックを試しました。やっとやっと 2007 年に成功させました。なので 2006 年だけにネーミングしたかった同じ Mido を名乗りましたが、2008 年からは CF だけの名前にしました。これの方が消費者の方には解りやすいとの判断です。

 そして最後の仕込みです。最初っからカルボニックには挑みませんでした。やはり昔の先輩方々の行うエグラッペで、上手に層を作って仕込む方が CF らしいと気がついたのです。勿論 2007 年の CF は美味しいです。CF の房の形状から誰もカルボニックには挑戦しません。偶然が重なり 2007 年は成功しましたが、最後のヴィンテージはクラッシックなボルドーの方法にナチュラルワインの方法をブレンドした手法を選んだのです。そして出来あがった CF は優しくエレガントで決して補助品種でなく単一品種で美しいスタイルになったのです。何回も壊しては作り壊しては作り、ここにたどり着きました。天然アルコール度数 12.7%。この辺の栽培家は皆 Gamay を選びます。でもこういうワインが存在しても良いのかもしれません。


2009 Touraine Cabernet Franc (Sans Soufre)
トゥーレーヌ・カベルネ・フラン(・サン・スフル)

12326
自然派
赤 フルボディ
フランス
ロワール
トゥーレーヌ
ドメーヌ・デ・ボワ・ルカ

750ML 在庫 
¥3,600 (外税)
【ボルドー風を目指した、新井順子さん、最後のトゥーレーヌ・カベルネ・フランです!】
 いつも忙しく動き回っていらっしゃる新井順子さんですが、現在では清酒を仕込んだり、焼酎も造りたい・・などと、そのバイタリティは全く衰える気配が無く、周りの心配も何のその、常に話題を提供してくれています。
 2000年代から自身のドメーヌ、ボワ・ルカを切り盛りしていましたが、あれもこれもしたいけれど、身体は一つしかなくてあれもこれもは出来ない・・遣り切れない部分も有ったのでしょう。2009年を最後にカネルネ・フランの畑は売却してしまったようです。
 なのでカベルネ・フランは、この2009年のトゥーレーヌ・カベルネ・フランが彼女の最後の作品になった訳です。
 しかも、この2009年ものはビオにこだわらず、従来の醸造法で仕込みたいと、有機栽培のみです。美味しくなってきた・・との報告をいただいたので仕入れてみました。
 ビオでは無い・・とのことなんですが、けっこう・・ナチュ...



2007 Touraine Gamay Otosan
トゥーレーヌ・ガメイ・オトーサン

7158
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ロワール
トゥーレーヌ
ドメーヌ・デ・ボワ・ルカ

750ML 在庫 
¥3,850 (外税)
【造り手の気持ちと飲み手の気持ち・・・にワイン屋の目!第二弾】
 2007年のロワールは、不安定な天候に苦労させられたヴィンテージと言えます。しかし、ワインメーカーは、ワインを造ってこそのメーカーです。それでもやっぱり・・・仕込むんですね。
 2007年のクニコ・セカンドを飲み、やはりちょっと弱目かな・・・とは思いました。しかし、葡萄のポテンシャル並みにキッチリ仕上がっていましたし、それはそれで美味しいと感じさせられました。
 2007年のキュヴェ・オトーサンを飲むと・・・またこれが色んな情景が浮かんでくるんですよね。想像に過ぎないので流していただいて構わないんですが、順子さんはガメイの収穫されたものの中で、より熟した部分をオトーサンに使用したんだと思います。・・まあ、より熟した部分・・というのが味噌で、より良い葡萄・・とは限りません。
 ですが、確実にキュヴェ・クニコを凌駕する仕上がりでした。充分に熟し、より凝縮感とスケール感を持っ...