ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.07.23 
Last Update 2021.07.23  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

メゾン・ルモワスネ・ペール・エ・フィス

ルモワスネ・ペール・エ・フィス

フランス Maison Remoissenet Pere et Fils ブルゴーニュ
Maison Remoissenet Pere et FilsDomaine index -- Open All Column
● 1877年設立のネゴシアンです。前御当主のロランさんは「最後のブルジョア」と言われる大富豪でした。ドメーヌ・システムが今では確立していますが、80年以前はドメーヌ元詰めはまだ珍しかったわけですね。豊富な財力で、現在は有名・レアものになっているドメーヌ達からバルクのワインを大量に買い付け、全く触らずにセラーに寝かしているのですね。その数85万本と言われています。(クロ・デ・レアって誰の畑だっけ..)

 また、古酒の輸送には「瓶内の澱が悪影響を及ぼす」との考えから出荷前に1本ずつ澱引きし、同じワインから注ぎ足し、リコルクして出荷しています。「ルモワスネのワインは異常に若い!」という感じ方をされる方が多いと思いますが(noisyもそうですが...)冷涼なセラーとその環境が生み出した、まさに「古酒の魔術師」(混ぜ物師では決して有りませんよ!)言われる所以でしょう。ただし、現在はロラン・ルモワスネさんは引退し、アメリカの投資家グループに売却されています。 


19世紀末に創設されたルモワスネ社は、ボーヌの町に本拠を構えています。前当主であったローラン・ルモワスネ氏は同社の事業発展に尽力する傍ら、その卓越したテイスティングの能力を買われ、フランス最大のワインショップチェーン「ニコラ」のクルテイエを長年に渡り務めました。

 しかし同氏には跡継ぎがいないことから、2005年にアメリカの資産家、エドワード・ミルシュテイン氏へ経営を譲る事となりました。彼はワインの収集家として名高く、ルモワスネ社の伝統を引き継いでゆく事に大変意欲を燃やしています。

 また、副社長としてルイ・ジャド社で重役を務めたベルナール・ルポルト氏 を迎え、彼に実際の経営を任せています。醸造部門では若く有能な女性、クロディー・ジョバール氏(ジョセフ・ドルーアン社の醸造責任者を長年務めたロランス・ジョバール女史の娘にあたります。) を醸造責任者として迎えています。



 現在、ルモワスネ社では「飲み頃のブルゴーニュを提供してゆく」昔ながらの伝統と、品質向上へ繋がる最新技術への取組みとの両立に日々励んでいます。




地区名 ブルゴーニュ
村名 BEAUNE
オーナー名 エドワード・ミルシュテイン氏
創業年 19世紀末
醸造責任者 クロディー・ジョバール氏
所有する畑 Negociant
WebサイトURL http://www.remoissenet.net/


2014 Bourgogne Blanc Renommee
ブルゴーニュ・ブラン・ルノメ

13456

白 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
メゾン・ルモワスネ・ペール・エ・フィス
750ML 在庫 
¥2,450 (外税)
【2014年ものも2012年ものに勝るとも劣らず!思いきりハードなムルソーをほんのりソフト寄りにさせたような深い味わいです!】
 ルモワスネは面白いですよね。超古酒でも滅茶若かったり、比較的若いヴィンテージものが良い感じに「こなれた味わい」になっていたり・・します。
 最も、この「古いものが妙に若い」と言うのは、その飲み手の経験や観念、思い込みから由来しているものですから、
「低い温度で長く保存されれば当然ながら熟成は遅くなる」
訳で、温帯の日本ではほぼ電気式のセラーで12~13度位の保存温度が一般的だとするなら、それよりも幾分か熟成が遅いのは当然とも言えます。
 反対に、「若いヴィンテージなのにこなれた味わい」と言うのはどうでしょうかね。むしろ、これこそは、
「ネゴシアンのしっかりしたお仕事」
を感じさせるもので、例えば星付きのグランメゾンなどで、良いワインのサービスを受けられたとしたら、それはきっとこのようなネゴシアンのお仕事と似ているかもしれません。すなわち、
「ワイ...


2011 Bourgogne Rouge Renommee
ブルゴーニュ・ルージュ・ルノメ

13455

赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
メゾン・ルモワスネ・ペール・エ・フィス
750ML 在庫 
¥2,580 (外税)
【2012年ものが終わってしまいました・・が、2011年ものの「ルノメ・ルージュ」が入ってきました!・・中々に面白いです!今はほんのりシミジミ系!】
 まさに飲み頃と感じられた非常にリーズナブルな2012年のルノメ・ルージュが在庫切れ、さて次はどうしようかと思っていたところ、ヴィンテージは進まずに「2011年」へと戻って再入荷しました。
 まぁ、ルモワスネさんのようなメゾンは需要と供給バランスに敏感ですから、少なくとも、
「売れ筋のルノメはヴィンテージは変わったとしても切らせられない」
とお考えのようです。
 それにある程度熟成し完成したと思われるロットを出して来ます・・まぁ、時に、
「・・あれ?・・」
と思わざるを得ないほど若く硬いことも無い訳ではないんですけど、それは「ワインの輸入・移動疲れ」を差し引いてもそう感じることも有ります。
 しかし今回の入荷の仕方はちょっと面白かったです。noisy としましては評判の良かった・・と言うか、緩やかながらも確実に無くなって行く売れ方で、頼もしいアイテ...


2012 Bourgogne Blanc Renommee
ブルゴーニュ・ブラン・ルノメ

7856

白 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
メゾン・ルモワスネ・ペール・エ・フィス
750ML 在庫 
¥2,450 (外税)
【2012年のブルゴーニュ・ブラン!今非常に良い状態です!程好く熟し、開き始めて、マッタリと旨い!!】
 現在、非常に美味しいです。この黄色にやや薄い緑が見えるような色合いからも、
「お・・良さそうだ!」
と思っていただけるかと思います。
 実は昨年の10~11月頃に一度テイスティングし、
「・・ん・・惜しい・・もう少しなんだけど・・」
と言う印象でしたので、エージェントさんには、
「少しだけタイミングが早いんだよね・・温かくなる来年3月頃からじゃない?」
と伝えていたら、本当に3月に・・再度プッシュされちゃいまして、再テイスティングしたら見事な状態になっていたので、扱うことにしたんですね。まぁ、noisy の読みも当たったと言うことで・・はい・・大したことでは有りませんが偉そうに・・一応・・。
 で、このルモワスネさんのキュヴェ名・ルノメですが、特別にどこの畑のもの・・と言う訳じゃないんですね。結構適当に付けているようです。
 ただ、何...


2012 Bourgogne Rouge Renommee
ブルゴーニュ・ルージュ・ルノメ

12130

赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
メゾン・ルモワスネ・ペール・エ・フィス
750ML 在庫 
¥2,450 (外税)
【若目のチェリーやベリー、チラリと風になびくスカートのように滑らかな表情・要素を見せてくれます!】
 久しぶりのルモワスネ、ACブルゴーニュクラスのご案内です。
 一昨年~昨年にかけては、2000年のブルゴーニュ・キュヴェ・スペシャルを大いにご支持いただきまして有難うございました。3千円ちょっとであの素晴らしいバランスは、確実にクラスを大きく超えたものでしたが、さすがにお客様も飲まれてみてビックリされたようで、余りのリピートの多さに noisy も驚きました。有難うございました。
 その後もちょくちょく・・ルモワスネのACブルをテイスティングしていました。・・そりゃぁ・・大受けが狙えれば頑張っちゃいますよね。
 しかしながらこの1年以上・・・中々 noisy のメガネに適うものが見当たらない状況でした。結構テイスティングはしましたよ。悪くは無いけれど、今は硬さが目立って・・・あと半年~1年経ったら美味しくなるかも!・・とは思っても、その頃にはそのワインは残っているはずも...