ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2022.10.03 
Last Update 2022.10.03  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

佐多宗二商店

佐多宗二商店

日本 Sata Souji Syouten 鹿児島
Sata Souji SyoutenDomaine index -- Open All Column
● 蒸留方法にこだわった造りをしている佐多宗二商店さんをご紹介させていただきます。

 何とイタリアから蒸留器を輸入されているそうで・・直接的に熱を入れ蒸留したり、間接的な熱入れで蒸留したり・・は、他の生産者さんは余りやっていないようです。


(N.V.) Sengokusaikyou Juujimon
戦国最強 十字紋

16427


日本
鹿児島
佐多宗二商店
900ML 在庫 
¥987 (外税)
【ネットを検索しても余り情報は無い・・でもあの、「島津の退き口」で有名な島津義弘の流れをくむ加治木島津家と佐多宗二商店のコラボ企画で生まれた芋焼酎です。】
 限定数量で仕入れたので・・飲んでいません。非常にバランスの良い香りと味わいのようです。
 まぁ、「戦国最強」とは・・凄い名前ですよね~。おまけに「十字紋」ですから・・。
 でも詳しいことは知りませんが、丸に十文字が島津の家紋・・としますと、単に「十」と毛筆体で書かれたのは加治木島津家の家紋なのかな?・・と思います。
 島津の退き口・・有名ですよね。noisy でもその位は知ってます。関ヶ原の戦いで西軍(豊臣方)につくことになった島津義弘は、兄義久と仲違いしながらも少数の兵を集めて陣を張った訳ですが、小早川秀秋の裏切りで西軍が総崩れ・・もはやこれまで!・・のところを家臣団に止められ、戦場のど真ん中から脱出する・・と言う話しです。
 東軍の家康の本陣めがけて突進、福島正則と刀を合わせた直後、その脇を通り抜け、捨て奸(すてがまり)と言う戦法で大将を逃がすと言う・・決死の...


(N.V.) XX Seikouudoku
XX 晴耕雨読

16242


日本
鹿児島
佐多宗二商店
720ML 在庫 
¥1,613 (外税)
【直接加熱蒸留の芋、南薩産黄金千貫と間接加熱蒸留の米をブレンド、香り豊かで適度なコクですっきり・・を狙っています?】
 蒸留方法の違いで味わいが異なる・・確かにそれは間違い無いでしょう。ウイスキー等も蒸留器、ポットスティルで大きくことなりますし・・いや、その熱の入れ方が問題だよ・・ってことなのかもしれませんしね。あの天使のグラッパで一世を風靡したロマーノ・レヴィ翁も、日がな一日、直火蒸留器の前に陣取って、のんびりと蒸留していたそうで、今時そんなことは誰も出来ない・・とも言えますが、その火の入れ方・・それに、彼の場合は、
「搾りかす(ワイン)の搾りかす(グラッパ)・・を感想させて火にくべていた」
と聞きますから、そんなのんびりとしながらも細かな調整をしていたのかもしれません。
 こちらは(おそらく)直接加熱蒸留の黄金千貫と、間接加熱蒸留の米を、8対2でブレンドしたもののようです。直接加熱蒸留ですと、蒸気が混じりますので、若干淡く仕上がるようです。間接加熱ですと蒸気が混ざらないので、コクが出...