ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.09.27  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・コント・アルマン

フランス Domaine Comte Armand ブルゴーニュ
Domaine Comte ArmandDomaine index -- Open All Column
● 久しぶりのコント・アルマンです。ここのワインは、今回ご紹介させていただく単独所有畑、クロ・デ・セプノーが看板ですが、素晴らしいワインなんですよ。・・・ただ・・この10数年は価格も高く、なかなか皆さんにリーズナブルにはご紹介出来ないので、二の足を踏んでいました。

 前回は2006年もののご紹介、今回は2008年と2009年です。コンディションも良さそうですが非常に少量しか子乳出来ず、2006年もののように実際に飲んで確かめられませんでした。レ・リュジアンの豪放な肉厚さにシャンボール=ミュジニーのような滑らかなテクスチュアとミネラルを加えたような・・、ピノ・ノワール・ファンにとっては理想的な味わい構成になっています!


2009 Pommard 1er Cru Clos des Epeneaux Monopole
ポマール・プルミエ・クリュ・クロ・デ・ゼプノー

12869
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ポマール
ドメーヌ・コント・アルマン

750ML 在庫 
¥16,250 (外税)
【そろそろ絶好のタイミングじゃないかと思うんですが・・ポマールのトップ・キュヴェの一つです!】
 1999年にバンジャマン・ルルーが醸造責任者で入り、馬による耕作などビオ化を推し進めて現在に至ります。そのバンジャマンも現在は独立して、自身のメゾンを経営しています・・。
 まぁ、不思議なのは前回ご紹介させていただいた2006年の味わいでして、昔のクロ・デ・ゼプノーはもっと豊かさと厳しさがせめぎあう様な感じだったものが、非常に綺麗系の味わいになっていたんですね。個人的にはとても好ましい味わいで、その時はワインの説明をするのに忙しく、時間も無くで、書き忘れてしまっていたようです。
 バンジャマン・ルルーの今のワインは、さほど沢山は飲んでいないんですが、比較的甘味を残すイメージが有り豊満な味わいかと思うんですが、2006年と言うヴィンテージの性なのかどうか・・エキスの綺麗な味わいだったのを覚えています。
 クロ・デ・ゼプノーは、価格的に折り合いが付くものを見つけたら購入する...



2008 Pommard 1er Cru Clos des Epeneaux Monopole
ポマール・プルミエ・クリュ・クロ・デ・ゼプノー

12870
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ポマール
ドメーヌ・コント・アルマン

750ML 在庫 
¥13,650 (外税)
【そろそろ絶好のタイミングじゃないかと思うんですが・・ポマールのトップ・キュヴェの一つです!】
 1999年にバンジャマン・ルルーが醸造責任者で入り、馬による耕作などビオ化を推し進めて現在に至ります。そのバンジャマンも現在は独立して、自身のメゾンを経営しています・・。
 まぁ、不思議なのは前回ご紹介させていただいた2006年の味わいでして、昔のクロ・デ・ゼプノーはもっと豊かさと厳しさがせめぎあう様な感じだったものが、非常に綺麗系の味わいになっていたんですね。個人的にはとても好ましい味わいで、その時はワインの説明をするのに忙しく、時間も無くで、書き忘れてしまっていたようです。
 バンジャマン・ルルーの今のワインは、さほど沢山は飲んでいないんですが、比較的甘味を残すイメージが有り豊満な味わいかと思うんですが、2006年と言うヴィンテージの性なのかどうか・・エキスの綺麗な味わいだったのを覚えています。
 クロ・デ・ゼプノーは、価格的に折り合いが付くものを見つけたら購入する...