ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.09.24  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

メゾン・オロンシオ

フランス Maison Oroncio ブルゴーニュ
Maison OroncioDomaine index -- Open All Column
● 新しい生産者です。馬での耕作がワイン造りにどれほど寄与するかを教えてくれる1本です。

■エージェント資料より
ブルゴーニュでもロマネ・コンティやクロード・デュガらの名前を引き合いに出すまでもなく、畑を馬で耕作する、という手法はもはやマイナーとは言えなくなってきています。オロンシオはエキヴィヌムという馬具耕作器具と耕作請負業の会社を立ち上げました。優れた畑耕作を請け負う代わりに優れた区画の葡萄を手に入れる。わかりやすいと言えばあまりにわかりやすく、大胆なワイン造りを始めたのです。

オロンシオを立ち上げたオロンス・ド・ベレールは、馬による畑の耕作を請け負い、それを仕事としています。クロ・デ・ランブレイ、ティボー・リジェ=ベレール、ドメ ーヌ・デ・ゼプノー(コント・アルマン)、コント・ラフォンなど…いくつもの名門ドメ ーヌが彼の顧客です。

彼はボーヌで勉強して、ワイナリー経営と醸造学のディプロマを取得しました。そしてポマールのコント・アルマン、コルトンのシャンドン・デ・ブリアイユ、ルーションのドメ ーヌ・ゴビーでワイン造りを学びました。彼がこれらのドメ ーヌを選んだ理由は、伝統的なワイン造りの技術と最新の醸造学を学ぶためでした。これらのドメ ーヌではビオディナミ栽培を採用しています。そして、このことは彼が馬で畑を耕作するために極めて重要なことなのです。

2005年、彼は愛車であったハーレー・ダヴィッドソンを売却し、愛すべき彼の馬、『プロスペール』を迎え入れたのです。彼は愛馬『プロスペール』のブリーダー、モルヴァンと呼ばれる馬師と共に数カ月を暮らし、馬について学びました。

今日では、彼はブルゴーニュのみならず、世界各国(ボルドー、シャンパーニュ、アメリカ、カナダなど)のワイナリーに対して、馬を用いた畑耕作のアドバイザーとしても活躍しています。

彼はネゴシアンとして自分自身のワインを造りはじめることにしたのです。彼は耕作請負人として様々な生産者と仕事をしているため、優れた区画から葡萄を分けてもらえるのです。

『自然派ワイン』という形容が彼のワインに相応しいかどうかは別にして彼の手がけるワインは、自然に忠実に栽培された葡萄を用いています。自然に栽培された区画だからこそ、彼の馬での耕作が生きるのです。

2006 Gevrey-Chambertin Billard
ジュヴレ=シャンベルタン・ビラール

7042

赤 フルボディ
フランス
ブルゴーニュ
ジュヴレ=シャンベルタン
メゾン・オロンシオ

750ML 在庫 
¥6,480 (外税)
【ハーレー・ダヴィッドソンから馬に乗り換え!】
例えば、このワインがどの位素晴らしいかを誰かに伝える事を考えてみるとすると、その前に自分自身の中での評価が、どの位のものなのかを理解できている必要がある。さらには、同じジュヴレのアペラシオンの中での立ち位置が、どの辺りに有るかや、ブルゴーニュワインとして・・・とか、フランスワインとして・・もしくは、ワイン全体の中で・・・など、様々な対象と夢想の中で比較できるかどうか、とか・・・。
・・・と、ここまで書いて・・・前回の新着は忘れていました。すみませんでした。
まあ、(大きく端折ってしまいますが)どちらかと言うと、アンリ・ジャイエ系の果実たっぷりバランス良し系・・、フィリップ・シャルロパンに近い系です。自然派系の生産者から購入しているようで、ピュアでたっぷりした果実が特徴です。深みも有り、それなりに美味しいです・・が、今ひとつの完成度でしょうか。やや雑さを感じさせる仕事振りが...