ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.01.18 
Last Update 2021.01.18  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・シャポトン

シャポトン

フランス Domaine Chapoton ローヌ
Domaine ChapotonDomaine index -- Open All Column
● 懐かしいワインをご紹介します。「ヤン・ロエルさん」って・・覚えておいででしょうか。忘れちゃったかな・・?確か noisy も一度お目にかかったことが有った(・・ような)気がしています。目にも鮮やかな赤いエチケットの「レッド・ピフ」と共に、

「期待の自然派エノロジスト」

として紹介され、その後ボージョレ・ヌーボーなども手掛けていました。

 病気で引退され、その後を任されたのがこのドメーヌ・シャポトンです。レッド・ピフは元はガメだったと記憶していますが、こちらはグルナッシュとシラーで南仏の品種です。あ、もしかしたらどこかにヤン・ロエルさんのレッド・ピフも転がっているかも!


【ドメーヌについて】
 ドメーヌ・シャポトンは、南プロヴァンスにある、絵画のように美しい村と言われるロッシュギュードにあり、17世紀のルートヴィヒ17世政府時に大変栄えた歴史を持っている。19世紀、ロッシュギュードのワインは外国の外交官に与えられた。そして当時の米大統領トーマス·ジェファーソンも最も有名なバイヤーの一人であった。
 現在の所有者であるアニカとセルジュ・ルミュザンは1981年にこの家族経営のワイナリーを引き継いだ。ルミュザン家は、19世紀より4世代に渡ってワインを造り続けているが、1994年に初めて自家カーブで瓶詰をしている。

【畑について】
栽培:リュットレゾネ (1998年)
土壌:砂利の多い、粘土石灰質

【醸造について】
圧搾:空気圧プレス
醗酵:ステンレスタンク
熟成:セメントタンク


N.V.(2018) le RED Pif V.d.F.
ル・レッド・ピフ V.d.F.

14309
自然派
赤 フルボディ
フランス
ローヌ
ドメーヌ・シャポトン
750ML 在庫 
¥1,590 (外税)
【ドライで濃密!・・果実たっぷり、球体のテクスチュア!リーズナブルで美味しいです!】
 「ヤン・ロエル」さんを思い出しますよね。非常に懐かしいです。
 確か、ガメで濃密な味わいをナチュラルに感じさせてくれたのがこのワイン、レッド・ピフでした。ラシーヌさんで彼を紹介され、ヌーボーなども販売していたと記憶していますが、緻密なワインを造る細やかな性格が災いしたのか、病んでしまって引退せざるを得なくなったと聞きました。
「・・えっ?・・止めちゃうの?」
と、本来なら彼の体調を一番に気にするべきところ、せっかく順調に販売していたワインが入らないことにまず気持ちが行ってしまったことに負い目を感じていました。
 まぁ、弟子筋がこのドメーヌ・シャポトンなんでしょうが、ガメと南仏品種ではかなり異なるんじゃないか?・・グルナッシュとシラーで、あのレッド・ピフの「冷ややかな美味しさ」を出せるんだろうか?・・それとも全く別ものとして考えるべきだろうか?・・などと思っているう...