ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.09.23  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・エ・メゾン・ルイ・ラトゥール

フランス Domaine et Maison Louis Latour ブルゴーニュ
Domaine et Maison Louis LatourDomaine index -- Open All Column
● ボーヌの実に秀逸なネゴシアン、ルイ・ラゥールは素晴らしいシャルドネを世に送り出します。良く知られたのはやはりコルトン=シャルルマーニュ。20年以上の長命さを誇る。シャルドネは全体として全て佳酒であることに誰も異論はないでしょう。

2002 Batard-Montrachet Grand Cru
バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ

4764

白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・エ・メゾン・ルイ・ラトゥール

750ML 在庫 
¥36,200 (外税)
【飲んではいませんが吹E非飲みたい!】
まあ、ヴィアンヴィニュなら早めに飲んでもそれなりに美味しいのでしょうが、アドヴィケイト誌の92~94Points(2002年)というハイポイントながらも2005~2015年という飲み頃設定には例のごとく疑問を感じます。明らかに99年は飲みごろが早いのは事実だと思いますが・・。
ルイ・ラトゥール社は、その立場を利用して、良い葡萄・キュヴェを手に入れることが可能ですから、例えドメーヌものでは無くてもハイポテンシャルなワインをリリースできるのでしょうね。DRCも僅かながらバタールの畑を持っており、数樽のキュヴェを何社かのネゴシアンに渡しています。ですので、バタール=モンラッシェに関しましては、実力派(政治的に・・ね)のネゴスのワインがとても秀逸なことがあるのは、DRCのキュヴェそのもの、もしっくは混ざっているから、と考えるのは穿った見方でしょうか。
いずれにしましても、当代一流...



2007 Beaune 1er Cru Vignes Franches Rouge
ボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュ・ルージュ

12065

赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ボーヌ
ドメーヌ・エ・メゾン・ルイ・ラトゥール

750ML 在庫 
¥3,390 (外税)
【ドメーヌものの1級ヴィーニュ・フランシュがこのプライスって何かの間違い?・・味わいも素晴らしいです。】
 ブローカーさんからこのオファーをいただいた時、
「えっ?・・・何かの間違いじゃない?」
と思っちゃいましたよ。
 だって、異常に安いんですから・・。このご時世、この価格じゃパストゥグランも買えない造り手が沢山いますからね。
 しかも、この1級ヴィーニュ・フランシュは、ルイ・ラトゥールのドメーヌものです。しかも、ルイ・ラトゥールのボーヌの赤におけるフラッグシップなんですね。
 あのジャック・ジェルマン、シャトー・ド・ショレがドメーヌを売却する時、
「ボーヌはうちの会社の看板だ!」
とばかりに?ルイ・ジャドが手を上げましたよね?・・そして手に入れたんですよ・・ジャック・ジェルマンの1級ヴィーニュ・フランシュを。ルイ・ラトゥールとすると心中穏やかじゃぁ無かったでしょう。そんな裏事情の深読みも、結構面白いですよね。
 それに、例えばあのPKさんも著...



2006 Corton-Chalremagne Grand Cru
コルトン=シャルルマーニュ・グラン・クリュ

7756

白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
コルトン
ドメーヌ・エ・メゾン・ルイ・ラトゥール

750ML 在庫 
¥12,950 (外税)
【コルトン=シャルルマーニュと言ったらあそことあれとそれと・・そしてこれ!今回は円高の影響でかなりリーズナブルです!】
 アドヴォケイトは評価をしていなかったと思ってたんですが90~91Pointsのようでして、コルトン=シャルルマーニュ自体、アドヴォケイト等の海外評価機関では余り点が付かないですので(コシュ=デュリだけは結構乗っけてますが!)、仕方が無いかもしれません。もっとも、フランス人を除く外人さんの好みでは無いのかもしれませんね。
 ですが、コルトン=シャルルマーニュと言えば、この偉大なルイ・ラトゥールを外す訳には、誰も行かないでしょう。誰もが認める素晴らしいグラン・クリュ・シャルドネです。
 バーガウンド・ドット・コムでは91-94Points、スペクテイターは93Pointsです。健康的なワインに仕上がったことでは間違いのない2005年、一般的にはグレートイヤーですから・・この先は価格は上がる一方でしょう。
 若いですが、そろそろ第一段階では飲めないことも無いでしょう。フレッシ...



12439 Meursault-Charmes 1er Cru Cuvee Albert Grivault Hospices de Beaune
ムルソー・シャルム・プルミエ・クリュ・キュヴェ・アルベール・グリヴォー・オスピス・ド・ボーヌ

12439

白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ムルソー
ドメーヌ・エ・メゾン・ルイ・ラトゥール

750ML 在庫 
¥10,500 (外税)
【ムルソーを代表する造り手、アルベール・グリヴォーがオスピスに寄進したレ・シャルム・ドスュ!標高の高い最高の位置です!ようやく・・です!】
 時折言うことですが、皆さんの内、ほとんどの方は、ワインを若くして飲むことに慣れていて、その若い味わいこそがワインの味わいだと・・思われているんですね。長くワインを愛されてきた方も、またシニア・ソムリエとかの有資格者の方も、またほとんどの料飲店の方もです。
 よほど自信がお有りなんだろうなぁ・・とは思うんですが、収穫年からたかだか10年~20年のワイン、それもしっかり仕上げた造りのワインを、
「・・もう死んでました。」
「終わってました。」
と、平気でおっしゃるんですね。
 まぁ、それでも良いんですよ。ご自身の感覚ですから・・。でもね・・それが全てなのか、全く正しいのか・・と言うことについては、
「絶対は・・無い」
はずなんですね。・・だって、その先を見ずに飲み終えてしまうか、飲むのを止めてしまうんですから。
 特に・・これは何度も言っている...


1999 Batard-Montrachet Grand Cru
バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ

4765

白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・エ・メゾン・ルイ・ラトゥール

750ML 在庫 
¥29,600 (外税)
【飲んではいませんが吹E非飲みたい!】
まあ、ヴィアンヴィニュなら早めに飲んでもそれなりに美味しいのでしょうが、アドヴィケイト誌の92~94Points(2002年)というハイポイントながらも2005~2015年という飲み頃設定には例のごとく疑問を感じます。明らかに99年は飲みごろが早いのは事実だと思いますが・・。
ルイ・ラトゥール社は、その立場を利用して、良い葡萄・キュヴェを手に入れることが可能ですから、例えドメーヌものでは無くてもハイポテンシャルなワインをリリースできるのでしょうね。DRCも僅かながらバタールの畑を持っており、数樽のキュヴェを何社かのネゴシアンに渡しています。ですので、バタール=モンラッシェに関しましては、実力派(政治的に・・ね)のネゴスのワインがとても秀逸なことがあるのは、DRCのキュヴェそのもの、もしっくは混ざっているから、と考えるのは穿った見方でしょうか。
いずれにしましても、当代一流...


1986 Bienvenues-Batard-Montrachet Grand Cru
ビアンヴィニュ=バタール=モンラッシェ・グラン・クリュ

5823

白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ピュリニー=モンラッシェ
ドメーヌ・エ・メゾン・ルイ・ラトゥール

750ML 在庫 
¥35,250 (外税)
【グレートイヤー1986年のビアンヴィニュ!】
89年のLLのバタールにはぶっ飛びましたが、86年のビアンヴィニュは飲んでいないので、もし売れなかったらそのうちに飲んでしまおうと密かに狙っています。(・・・バラしてしまったが・・・)
86年は実に秀逸なボーヌ・シャルドネのヴィンテージと言えますし、ビアンヴィニュはバタールの北側、下の部分に有り、レ・ピュセルと接しています。noisy的には、ちょっと金属的なニュアンスを持っているように感じています。普通のバタールほどの、こってりとしたグラマラスな感じにはならないのが、むしろ好みにピッタリ合っているのかもしれません。
また、最近はとても安易に、
「飲み頃はとっくに過ぎてました・・」
と言われるようになりましたが、
「本当にそうなの?」
という疑問は常に有ります。確かに、さっさと飲んでしまう方が危険性は少なくなると言えますが、我慢した者だけに時が与えて...