ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.10.01  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

アグリコーラ・プニカ

イタリア Aglicola Punica サルディーニャ
● イタリアで最も優秀なエノロジストとして高名なジャコモ・タキスさんですが、彼とトスカーナの「サッシカイア」、サルディーニャの「サンターディ」のジョイントで生まれた「アグリコーラ・プニカ」をご紹介します。

■エージェント情報
 ワイン好きで知らぬ者はいない、かの有名なイタリアワイン「サッシカイア」。そのワインを手がけた醸造家、ジャコモ・タキス氏とサッシカイアのオーナーであるセバスティアーノ・ローザ氏、そしてこのサッシカイア・チームに、サルデーニャのワイナリーである「サンターディ」の社長、アントネッロ・ピローニ氏が加わったプロジェクト「アグリコーラ・プーニカ」が放つサルデーニャの新星ワインをご紹介です!
 
 そもそもこのプロジェクトがスタートしたきっかけは、ジャコモ・タキス氏がサルデーニャ島を訪問した際に、その土地が秘めていた「ワイン造りのためのポテンシャル」に大きな感銘を受けたことから。このサルデーニャ島南西部のバッルーアという地は、アフリカから吹いてくる熱い風によって、イタリアでも最高に気温が高くなり、サルディーニャの土着品種カリニャーノにとっては抜群に良い条件の土地になっているようです。


2010 Barrua Isola dei Nuraghi I.G.T.
バッルーア・イゾラ・ディ・ヌラギ I.G.T.

11481

赤 フルボディ
イタリア
サルディーニャ
アグリコーラ・プニカ
■エージェント情報
アグリコーラ・プニカのフラッグシップ・アイテム「バッルーア」。先述の土着品種カリニャーノが85%を占め、あとはカベルネ・ソーヴィニヨン10%、メルロー5%で構成されています。
 いきいきとしながら深みのあるルビーレッドをしたワインは、丸みのあるタンニンが印象的で、ブラックチェリーのような成熟した果実の複雑な香りに、スパイス、リコリスやサルスベリのヒントが感じられます。
 夏の熱い風に育てられ、たっぷりと熟したワインからは、濃密で妖艶な味わいが感じられるとのこと。
 非常に完成度が高く、エレガントなワインと評されるサルディーニャの新世代アイテム…イタリアワイン・ラヴァーの方であれば、必飲ものですよ!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,750 (外税) 
【さすがジャコモ・タキス!!かなりなエレガンスを持つ完成度の高い味わいです!】
 ブルーのキャプスュルに縦長のエチケッタ、そしてシンプルなネーム・・・

「・・・サッシカイア、意識しすぎ?」


 まぁ、意識し過ぎと言うより「意識させ過ぎ」と言うのが正しいかもしれません。単独の原産地呼称を持つ「サッシカイア」を

「強く意識してもらおう!」

と言うコンセプトなのかもしれません。


 ただし、勘違いしないようにしなければならないのはサッシカイアに対する正しい知識でしょう。現在のワイン界の潮流のひとつである自然派的な流れとは一線を画し、

「地場品種だけ拘らずに世界品質を目指したワイン」
である・・それがサッシカイアであり、サポートしたのが天才と呼ばれ、引退を表明した「ジャコモ・タキス」さんなんですね。

 でもこのバッルーアは地場品種のカリニャーノ(カリニャン)をメインに、フランス品種であるカベルネやメルロ、などをセパージュしています。


 フランスとイタリアは隣国であり、サルディーニャも地理的には下手すればフランスの方が近い・・とも言えるような位置ですので、カリニャーノが地場品種で、カベルネ、メルロ(モンテッスはシラーも)が外国品種とは安易には言えないかもしれませんよね。

 それに、このバッルーアを飲んでみると実にエレガンスや精緻さがフレンチ風に感じてしまうんですよ。イタリアンな大らかさや明るさよりも、フレンチな高級感がこのカリニャーノ種がメインのワインから感じるレベルは、フランス南部のカリニャンよりも高級感、フィネスが有るとさえも感じてしまいました。


 バッルーア2010はタンザー93Pointsと言う・・プライスからはビックリするような評価をされています。カリニャンは南仏のリーズナブルなワインのように、やや拡がる方向にベクトルを持っていますが、だらしなく散漫になってしまうような「安さ」は全く有りません。

 コアに向かって集中していて、スパイスも穏やかで、中域もしっかり充実、余韻も締まりつつ長いです。驚くべきは酸の充実です。全く緩くなく、しかしどことなくかサルディーニャの風を感じさせてくれる自然さを持っています。

 ジャコモ・タキスが暑い地域のイタリアでリーズナブルワインを造るとこうなる・・ということなのかなと思います。サッシカイアのセカンドラベルに匹敵するでしょう。 驚くべきはエキスが非常に充実していて、ベクトルが内部に向けての集中感になっています。非常に滑らかでしなやか、そしてフィネスに溢れています。

 言ってみれば「ちょっと自然派っぽい、もしくは柔らかくなりつつあるサッシカイア」風なイメージを受けるほど高質です。まぁ、サッシカイアのリリース仕立てを抜栓すると、エレガンスはたっぷりあるものの結構な「堅さ」を感じることが多いですが、その「堅さ」の殻を柔らかく破壊し、中の要素をナチュラルに感じることができる・・そんなイメージです。何せこのタンニンは・・めちゃ「ベルベット」です!ジャコモ・タキスが本気で高級ワインを造った場合、これほどまでに凄いタンニンの質に出会えます。・・つまりこのバッルーアはタキスの本気がかなり感じられる素晴らしいワインです。

 現状、アドヴォケイトの評価は見当たらず、タンザー93Pointsの他はスペクテイターが91Points、ガンベロ・ロッソがトレ・ビッキエリです。バッルーアはサッシカイアに並ぶべくのエレガンスを持ったサルディーニャのワイン・・と思っていただくと良いと思います。

 以前にバッルーア2010年もご紹介させていただきましたが、その時よりもかなり安いです(すみません・・)超お奨め・・しかし追加は見込めませんのでお早めにご検討くださいませ。お奨めします!