ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.09.25  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

アルベルト・アングイッソラ

イタリア Alberto Anguissola エミーリア=ロマーニャ
● エミーリャ・ロマーニャのご気楽&高質ビオワインをご紹介します。白は少々ビオっぽいですが、赤はビオの風味が強くなく、非常に飲み安いです。
 
 アルベルト・アングイッソラが1998年に始めたワイナリー。土壌や微気候などの調査の結果、現在の畑があるピアチェンツァ南西部、トラーヴォの標高530-560m、南向きの険しい斜面を選び、1998年に0.32ha、2000年に0.75haのピノ・ネーロを植える。その土地の持つ個性と、ヴィンテージ゙の特徴を余す所なく表現した、そして他のワインとも容易に違いを判別できるような個性を内包したワインを造ることを目標としており、その実現のためには畑での自然なアプローチが必須と考え、化学肥料も、除草剤などの化学的な農薬も一切使わず、ボルドー液をのみを使用。セラーでも自然な造りを心がけ、温度管理も培養酵母の添加せずに醸造を行う。
 カゼ・リヴァ・デル・チリエージョは、約40日間の醗酵・マセレーションを行い、バリックまたはトノーで12~18ヶ月熟成の後、ノンフィルターでボトリング゙。カゼ゙はマセレーション期間を短く(25日)し、一部バリック、一部ステンレスタンクで熟成させたセカンドライン。


2013 Case Riva del Ciliegio
カーゼ・リーヴァ・デル・チリエージョ(粘土8/15)

13242
自然派
赤 ミディアムボディ
イタリア
エミーリア=ロマーニャ
アルベルト・アングイッソラ
◆◆◆ピノ・ネーロ(ピノ・ノワール)100%
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,680 (外税) 


2013 Case Riva del Ciliegio
カーゼ・リーヴァ・デル・チリエージョ(石灰7/15)

13241
自然派
赤 ミディアムボディ
イタリア
エミーリア=ロマーニャ
アルベルト・アングイッソラ
◆◆◆エチケッタの全体に汚れ(水分の飛沫によるもの)がございます。ご了承くださいませ。(サービス価格です)
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,580 (外税) 
【石灰土壌と粘土土壌のピノ・ネーロ!!こんなに違うとは・・!非常に美味しい・・もとい、面白いです!】
 まぁ、「美味しい」じゃなくて「面白い」って言うご紹介の仕方もどうかとは思うんですけどね。ある種、人それぞれ好みは有れど、ある程度の人が美味しいと言ってくれるだろうことが前提のセレクションになっていますので、この際、

「面白いです!」

とご紹介することにしました。


 中々このような比較はできないですよ。それにピノ・ネーロですからね・・。同じヴィンテージで同じ造り手が違う性質の畑で同じように造ったワインが、

「どのように違うか?」

は、非常に興味をそそるところかな・・と思うんですがいかがでしょうか。

 ただ、

「美味しきゃ良いのさ・・」

と言う方には、

「2本比べなきゃ判らないでしょ?」

と言う点で、ネガティヴになってしまいますね。


 で、どうですかね・・色を見ていただきましょうか。「石灰」と書いて有る方は、やや茶っぽく、ややよどんだ色合いで透明感は「粘土」の方に軍配が上がりそうですね。


 ただ「粘土」の方が「ガラス系のミネラリティ」が多い・・とも言えるかもしれませんね。


 で、飲んでみるとこれが滅茶違うんですよ。でもこの際、一旦「ピノ・ネーロ」は置いておきましょう。


 「石灰」の方は、我々が慣れ親しんだ「ピノ・ノワール」をどこかに感じることが出来る、愛らしい仕上がりです。キーワードは

「白っぽい色」

かな・・と思います。石灰って・・白っぽかったり、灰色っぽかったりすると思いますが・・違うかな・・。でも色彩からもそれが見え、ベリーやチェリーがエレガントに感じられる味わいで、やはりブルゴーニュワインよりは太いボディですね。それでもエレガントだと感じられるかと思います。


 一方の粘土ですが・・これ、切り分けが非常に難しいんですけど、「粘土」+ 「ガラス系」だと思うんですね。上にご紹介させていただいた「石灰」は、「石灰」+「粘土」だと思うんですよ。調査した訳じゃ無いので判りませんが、そんなニュアンスです。

 ですんで、一応そんな切り分けをすると、味わいの違いも納得できるかと思いますが、

「こちらの粘土はまるでメルロ的な味わい」

です。


 おそらくまったくのブラインドで飲んだら「メルロ」と言ってしまいそうです。丸みや大きさをある程度感じられる赤い果実に、少しワイルドなアロマ、ほんのりと粘性・・ですが、酸の襞が感じられるようなニュアンスです。上記の「石灰」には無い部分で、「石灰」にはその代わり、「伸びやかさ」が感じられました。


 言ってみれば「粘土」の方はボルドー的で、「石灰」の方はブルゴーニュ的な味わいかと・・思います。


 いや・・これは比べて飲んでみないと・・判らないですよね。でも一度飲まれてみると、noisy の言っている意味が判るかと思います。

 とても面白い・・いや、美味しいピノ・ネーロです。ぜひ比較されてみてください!お勧めです!


2014 Berbech Vino Rosso Frizzante
ベルベック・ヴィノ・ロッソ・フリッザンテ

13235
自然派
赤 ミディアムボディ
イタリア
エミーリア=ロマーニャ
アルベルト・アングイッソラ
■エージェント情報
 高樹齢のカルカロットの微発泡版とも言えるベルベック2014(地味ですがオータ個人としては結構ツボなワイン)
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,090 (外税) 
【軽妙な果実酸!ピュアな味わいの赤の微発泡酒です!】
 バルベーラとボナルダによる微発泡の赤、ロッソです。ベリーな果実、軽妙な酸、ピチピチと舌先で跳ねる泡が心地良いです。

 まぁ、安易では有りますが、ランブルスコみたいなもの・・と思っていただいて良いかな・・と思います。(ランブルスコは品種がランブルスコ + 何とかになります。)

 軽やかな酸では有りますが、赤いベリー、黒っぽいスグリなどの果実と、意外にも重要な役目をしているしなやかなタンニンが有り、単純過ぎない美味しさに仕上げていると思います。

 これからどんどん暑くなって来ますんで、やや冷やし目にして、ピザなどを頬張るとピッタリですね。パスタだったらやはりトマト系のソースかな・・ボンゴレ・ビアンコは厳しいかな・・などと考えあわせつつ合わせていただければと思います。リーズナブルです!ぜひご検討くださいませ!



2014 Case Harusame Vino Frizzante Rosato
カーゼ・ハルサメ・ヴィノ・フリッザンテ・ロザート

13240
自然派
ロゼ ミディアムボディ
イタリア
エミーリア=ロマーニャ
アルベルト・アングイッソラ
■エージェント情報
Harusameハルサメについて
 何の話??な方が多いと思いますが、ハルサメはエミリア ロマーニャ州のアルベルト アングイッソラが造る発泡性ワインの名前です。ピノ ネーロで仕込むロゼのフリッザンテなんですが、スパークリングワインにはシュールリー状態で休ませる時間が必要だと考えるアルベルト、2014年は雨がちなヴィンテージでワイナリーの経営的にもイッパイイッパイ、、シュールリー状態を継続したまま皆さんの手元まで届ける苦肉の策を講じました。。ということで本来デゴジュルマンするべき澱がそのまんま入っております!!昔のフランク コーネリッセンか!!って感じでそのまま飲むとパンチがあるワインなので、入荷当初から太田が訴えておりました、みんな大好き「セルフ デゴルジュマン」の出番です!!

<ハルサメの飲み方>
1)瓶口を下にして冷蔵庫でしっかり冷やす
2)大き目のワインクーラーに7~8分目まで水を張る
3)瓶口を水の中に入れ、レッツ「セルフ デゴルジュマン」♪!

 やったことがないとかなり怖いんですが、瓶内のワインは外に飛び出そうとしているので水が瓶内に入ることはありません。焦らずやってみてください!飲食店さんでお客さんの前でやったら盛り上がること間違いなし(たぶんですが、、)!!

注:上記をお試しになる場合はご自身の責任においてお願いいたします。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,700 (外税) 
【ハルサメ・・正に今、春雨の季節!・・ピノ・ネーロによる微発泡ワインです!】
 余り賢く無いWindows付属の日本語変換を使っていると、気付けば良いんですが、気付かずに、

「美発砲」

などとね・・何度も入力しているはずなのに、そんな結果になっちゃってます。

「微発泡」

です。三回も変換しないと出てきません。昔から「一太郎」とか、FEPの「ATOK」とかを使っていたnoisy にとっては、物凄いストレスです・・が、変更しよう・・などとは思わないところが、もう歳なのかもしれませんね。

 コンピュータを始めたころは、OSはMS-DOS でした。OSは、アプリケーションを購入すると付属してきたものです。だから皆、「一太郎」を買ったんですね。OSを単独で仕入れるよりお得だったんです。そして、それには「FEP(フロント・エンド・プロセッサ)」なる日本語変換機能ソフトが付属していて、日本語を使用する際には必須だったんです。これがまた、常にバージョンアップして、どんどん使いやすくなり、学習機能で使えば使うほど変換効率も良くなったものです。

 ・・が、Windows付属の変換は、ま~使い辛い・・変換もまず「返還」が出て来ちゃいます。学習、予想もダメダメです。


 珍しいピノ・ネーロ(ピノ・ノワール)による微発泡・・・おっ、今度は一発で出ました・・です。ビオディナミコ系ですが、アヴァンギャルドな揮発酸は無く、結構なピュアさが有り、ナチュラルさも有ります。

 色合いも薄いピンク、桜の季節は関東近辺は終わってしまいましたが・・東北や北海道はまだまだこれからですし、色んな花もどんどん咲いてくるでしょうから、ぜひ飲んでみてください。

 軽やかでピノのコクを薄っすらと感じさせつつ、身体への浸透の優しい味わいです。他のショップさんはとうに完売していると思いますよ。何せ入荷は1月でしたんで・・はい。お勧めします!