ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.05.06 
Last Update 2021.05.06  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ボデガス・イ・ビニェドス・アリオン

ボデガス・イ・ビニェドス・アリオン

スペイン Bodegas y Vinedos Alion カスティーリャ・イ・レオン
● 久し振りのアリオンです。世界最高峰のワインメーカーと自他共に認めるベガ・シシリアが本拠近くで始めたプロジェクトです。初めて飲んだ時は

「・・濃いな~・・」

と・・思いました・・(^^;;


1998 Ribera del Duero
リベラ・デル・ドゥエロ (ヴェガ・シシリア)

11598

赤 フルボディ
スペイン
カスティーリャ・イ・レオン
リベラ・デル・ドゥエロ
ボデガス・イ・ビニェドス・アリオン

■エージェント情報
 世界最高峰の赤ワインを造る、スペインの至宝ベガ・シシリアが、DOリベラ・デル・ドゥエロに1992年に新たに立ち上げたボデガが「ボデガス・イ・ビニェドス・アリオン」です。
 ブレンドを基本とする「ウニコ」や「バルブエナ」に対して、「アリオン」はテンプラニーリョのみを使用します。醸造方法は近代的なボルドー・クリュクラッセのスタイルで行われ、ベガ・シシリアでは樽熟成で7年、収穫から出荷まで最低10年は寝かせて出荷するのに対し、この「アリオン」は、ステンレス発酵の後、フレンチオークで12~16カ月熟成させ、2年の瓶熟後出荷というモダンな造り。
 ボデガ内での一定の熟成期間を経たワインのみリリースするという姿勢には、本家ベガ・シシリアと同様に一切の妥協を許さない真摯さが感じられます。
 また、リリース当初からワイン・スペクテイター誌でトップ100の中の1本に選ばれるなど、これから益々飛躍を予感させるポテンシャルを秘めています。ウニコとは性格が異なり、インターナショナルな印象が強く、果実味の濃いワインになっていますが、新樽の香りとブドウのアロマが完璧なバランスで共存する、世界トップレベルの評価を得ている赤ワインです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,590 (外税) 
【良い感じに熟したアリオンです!】
 テンプラニーリョ100%によるリベラ・デル・デュエロです。ベガ・シシリアですから半端なものは造りません。

 ベガ・シシリアと言うとやはり「ウニコ」「バルブエナ」が真っ先に上がりますが、それらが長いエルヴァージュを経てようやくリリースされるのに対し、「アリオン」は比較、さっさとリリースされます。おそらくですがコンセプトが違うのでしょうね。

 それでもリリースされたばかりの「ウニコ」に似たニュアンスが有り、ドライで濃密、実に複雑性が高いです。スパニッシュながらフレンチオーク樽を使用し発酵、熟成もフレンチオークで14カ月です。(瓶熟12カ月)なので、スペインワインに有りがちな「甘~い樽の香り」「バニラチックなアロマ」にはならず、世界標準的な味わいはウニコ同様です。

 90年台前半に初リリース・・だったと記憶していますが、その頃、実際に飲んでみて・・半端無い濃度にビックリしたのを覚えています。5千円ちょっと位だったと思いますが、この1998年はそうなるとさほど価格は高く無いですよね。タンザーさんが91点付けています。良い感じになってきたタイミングだと思います。ウニコにはそうは簡単に手が出せないような時代になってしまいましたので、そこはアリオンで是非・・世界トップクラスのワインをご検討くださいませ。