ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.05.06 
Last Update 2021.05.06  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

カンティーナ・ジャルディーノ

カンティーナ・ジャルディーノ

イタリア Cantina Giardino カンパーニャ
● ビオの生産者です。かなりの・・モロビオですが、これが美味しいと感じてしまうのが・・ちょっと怖い!ジャルディーノのご案内です。


■エージェント情報
 エノーロゴであるアントニオ・デ・グルットラを中心として、6人の仲間が共同出資して始めたワイナリー。それまでも仲間内の自家消費用に葡萄を購入し、2000本程度のワインを醸造していたのだが、タウラージ生産地域の葡萄栽培農家が、新しく畑を仕立て直す農家対象の助成金を得るために高樹齢の葡萄を抜いていく現状に危機感を感じた彼らは、2003年からワイナリーとしてのワイン生産を始める。タウラージ゙生産地域は地価が高く、若い彼らは畑を買うことを断念、信頼の置けるフ葡萄栽培農家から購入した葡萄で生産することに。樹齢の古い葡萄樹は、若い樹に比べると収量が少なくなるため、葡萄を売って生計を立てている農家としては生産性の高い畑に仕立て直すことは魅力的に思えるわけだが、アントニオは伝統的な葡萄樹の仕立て(ラッジエラ・アヴェリンエーゼ゙)、高樹齢の樹などの持つ文化的価値を農家に認識さしてもらおうとしており、あえて歩留まりの悪い高樹齢の樹を守る対価として、市場価格よりも高額で葡萄を購入するようにしている。

 もともと畑で除草剤などの化学的な薬剤を使用していなかった農家に、草生栽培や無肥料での栽培など、さらに踏み込んだ農法を依頼しより高品質の葡萄を生産してもらっており、それまでは生産した葡萄を売っていただけのそれら農家は、アントニオの醸造面、マーケティング゙面での援助により、自らワインを生産し、ボトリングするまでになっていて、双方にとって有効かつ建設的な関係が築かれている。すべてのワインは、無清澄、ノンフィルターでボトリングされている。


2017 le Fole Rosso I.G.P.
レ・フォーレ・ロッソ I.G.P

15885
自然派
赤 フルボディ
イタリア
カンパーニャ
カンティーナ・ジャルディーノ

◆◆◆樹齢70年のアリャニコを6カ月間、アンフォラで皮ごとの醗酵・熟成後、ダミジャーナ(約55Lのガラス瓶)で熟成。So2無添加、無清澄、ノンフィルターでボトリング。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,890 (外税) 
【もしかして・・最強のアッリャニコかもしれない・・などと迂闊にも思ってしまうほどピュアさとナチュラルさが拮抗した素晴らしい味わいでした!】
 カンティーナ・ジャルディーノと聞こえれば、言わずと知られた「モロビオ」で、

「どろんどろんになるほど抜栓しておいて色が変わって濁ってくるほど美味しい!・・・」

なんてイメージが有る訳ですが、本気でハマった時は恐ろしいほど凄いワインを造っちゃいます。・・その一例がこれ、「レ・フォーレ・ロッソ2017」なんですね・・。でも、ヴィンテージが変わっても同じように出来てるとは限らないのが、またカンジャルの目が離せないところなのかもしれません。

 しかもこれ、おそらく・・自分の畑時の葡萄じゃ無くて、買い葡萄のようなんですね。まぁ、この素晴らしい色合いを見てくださいよ。

 濃密そうなのに・・穏やかでしょう?・・事実、「濃い~・・」なんて感じは全然しません。ちょうど良い感じの濃度です。

 エッジをご覧ください。「純」な感じでしょう?・・おそらくSo2は残存量も含めて極めて少ないですし、その上でエッジに「酸化の兆し無し」に見えますよね?まるで、ちょっと濃い目だがベストなタイミングで収穫されたピノのような感じにも見えます。なので・・「揮発酸生成」もほぼ無い・・厳しい方なら検出できるかもしれませんが、99%判らないと思いますよ。なので、めっちゃピュアなんです。

 そして健康的な色合いと、「ふんわり」と「やわらかそうな色」でしょう?・・そうなんですよ。アッリャニコはタンニンが多く厳しい品種なんですが、質がビックリするくらい上等でして、タンニンの存在に築かずに、

「いや~・・ふんわりしてて、トロットロのフレンチトーストみたいな感覚だなぁ・・」

飲んだら・・などと思われるかもしれません。

 そして、結構に黒みのあるパワフルな果実を感じるパターンが多いんですが・・いや、このワインは赤の多い紫ですよね。透明感の高いミネラリティも見えるようでも有りますし、もしタンニンに色があるとしたら・・白っぽくも見えるかもしれません。

 そう・・飲まなくても美味しい!・・って判ってしまうような感じなんですよ。ですので、

「どなたが飲まれても拒否感ゼロ!」

なのはまず間違いなく・・ビオ嫌いでもですよ・・しかも相当に旨い。下手をすると、この後に常に高い評価をされている巨匠のアッリャニコを飲むと「相当渋いなぁ・・」と思ってしまうかもしれません。

 いや・・書いているnoisy がビックリするくらいですから、お客様は相当嬉しいはずの出来栄えです。

「カンジャル・・いや~・・ホント、どう出てくるか判らんなぁ・・」

 と、ワイン屋泣かせでは有りますが、コラムを読まれた方は是非飲むべきだと思われたことでしょう。・・その通り!超お勧めです。お早めにどうぞ。


 
 以下は同じアッリャニコのクラウン・エノローグのレヴューです。
-----
【かなり・・ナチュラルですが、けっこうピュア感が有ります!・・アヴァンキャルド期待の方にはすみません。とても美味しいです!】

 いや~・・ワインは難しい・・でもこの色合いを見れば判りますよね?とてもちゃんとしています。

 とてもちゃんとしています・・って紹介の仕方も無いかと思うんですけどね。アヴァンギャルド期待のナチュラルオンリー、ピュア感ゼロを期待されても困ります・・って話しですね。ナチュラル感もバッチリあるアリャニコですが、むしろ「普通なピュア感」と、樹齢70年と言う古木由来の濃密な美味しさを持っています。

 この地域だとアリャニコは「タウラージ」になったりする訳ですが、質的にはタウラージとほぼ同等・・と言って良いでしょう。濃密ですし、スパイス感もしっとり、ミネラリティは非常にたっぷり・・です。大きく違うのは、どこからともなく漂ってくる・・

「気楽さ、楽観的気分、陽気さ」

でしょう。


 タウラージになると、どことなく、構えた感じが漂います。飲み手もどこか構えて飲みに掛かる感じです。しかもエナジーのベクトルは内向きで開放方向に向いていない気がします。

 ですが、このクラウン・エノローグは、そのあたりの「煙たさ」が一切在りません。

「・・いいじゃん・・そんなに気にしなくてもさ」

と言われているような気がします。


 そのくせ、余り欠点が見当たらないのが憎らしいんですね~・・。今までのカンティーナ・ジャルディーノだと、

「(揮発酸)臭いな~」

とか、

「濁ってるし・・」

「これ、何の匂いかな」

とかですね・・結構不安定要素があったんですが、こちらはまず感じない・・仮に発見したとしてもプラス方向の捉え処に感じてしまうんですね。


 ビオ系ワインのナチュラルさが良い方に出た高貴種アリャニコでした。ぜひご検討くださいませ。


2010 Clown Oenologue Rosso I.G.P.
クラウン・エノローグ・ロッソ I.G.P

12461
自然派
赤 フルボディ
イタリア
カンパーニャ
カンティーナ・ジャルディーノ

◆◆◆樹齢70年のアリャニコを6カ月間、アンフォラで皮ごとの醗酵・熟成後、ダミジャーナ(約55Lのガラス瓶)で熟成。So2無添加、無清澄、ノンフィルターでボトリング。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥5,480 (外税) 
【かなり・・ナチュラルですが、けっこうピュア感が有ります!・・アヴァンキャルド期待の方にはすみません。とても美味しいです!】
 いや~・・ワインは難しい・・でもこの色合いを見れば判りますよね?とてもちゃんとしています。

 とてもちゃんとしています・・って紹介の仕方も無いかと思うんですけどね。アヴァンギャルド期待のナチュラルオンリー、ピュア感ゼロを期待されても困ります・・って話しですね。ナチュラル感もバッチリあるアリャニコですが、むしろ「普通なピュア感」と、樹齢70年と言う古木由来の濃密な美味しさを持っています。

 この地域だとアリャニコは「タウラージ」になったりする訳ですが、質的にはタウラージとほぼ同等・・と言って良いでしょう。濃密ですし、スパイス感もしっとり、ミネラリティは非常にたっぷり・・です。大きく違うのは、どこからともなく漂ってくる・・

「気楽さ、楽観的気分、陽気さ」

でしょう。


 タウラージになると、どことなく、構えた感じが漂います。飲み手もどこか構えて飲みに掛かる感じです。しかもエナジーのベクトルは内向きで開放方向に向いていない気がします。

 ですが、このクラウン・エノローグは、そのあたりの「煙たさ」が一切在りません。

「・・いいじゃん・・そんなに気にしなくてもさ」

と言われているような気がします。


 そのくせ、余り欠点が見当たらないのが憎らしいんですね~・・。今までのカンティーナ・ジャルディーノだと、

「(揮発酸)臭いな~」

とか、

「濁ってるし・・」

「これ、何の匂いかな」

とかですね・・結構不安定要素があったんですが、こちらはまず感じない・・仮に発見したとしてもプラス方向の捉え処に感じてしまうんですね。


 ビオ系ワインのナチュラルさが良い方に出た高貴種アリャニコでした。ぜひご検討くださいませ。


2014 Vino Rosato Frizzante I.G.P.
ヴィノ・ロザート・フリッザンテ I.G.P.

12463
自然派
ロゼ 辛口
イタリア
カンパーニャ
カンティーナ・ジャルディーノ

◆アリアーニコ100%
750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,580 (外税) 
【もっとアヴァンギャルドな造りかと思ったら意外にキレイ系?・・ふっくらふくよかでやわらかなアリャニコのロゼです!】
 ジャルディーノのワインですから・・あの、「アダム」のように、

「・・なんじゃこりゃ~!」

と思わず声が上がるような、アヴァンギャルドに仕上がったモロビオ系かと思って、恐る恐るテイスティングしたんですね~・・。

 何せあのアダム、白なのにロゼだか赤だか良くわからん仕上がりで、まして抜栓して1週間も置いておくと、

「ドロドロのヘドロ」

のような濁った液体になっちゃいまして・・


 ところが、その「ドロドロヘドロ状態」の味わいが何とも素晴らしい・・ことで、アヴァンギャルド系ビオワインファンの中では、その存在を高く評価されていたんですね~。

 翌年の「アダム」は、そこまでドロドロヘドロにはならなくて、


「・・なんだ・・詰まんない・・」

と言う声まで上がる始末。・・noisy 的には、

「なんだかなぁ・・本末転倒な気もするんだけど・・」

とは思いつつも、あの超濁った液体の持つ不思議な魅力は重々承知の助でしたので・・ホント、何だかな・・です。


 この、黒ブドウによるロゼ色ペティアン的なフリッザンテですが、良い自然派ワインが持つ外向きなベクトルのパワーが素敵な仕上がりです。非常にソフトながら、ほんのりと比重の重い成分が含まれています。僅かに不透明な、「糊」のようなミネラリティが写真から見えないでしょうか?・・有りますよね~。

 そう・・やってはいませんが、あの、ドロドロヘドロのアダムのようになりそうな気配を持っているんです。

 でも、この状態でバランスが凄く良くて、普通以上に美味しいので・・

「あっという間に無くなってしまい、1週間も置いておくことが出来ない」

結果になってしまうんですね・・。


 普通にベリー系のフレーヴァーのしっかりある、美味しいペティアン・・冷たくないけどややフローズン系なトロミ付きです。どうしても「ドロドロ」にしたい方は、自己責任でやってみてください。普通に飲んで充分美味しいから、やらなくて良いと思いますけどね。ご検討くださいませ!


 ある意味、それは残念な結果なのかもしれませんが、これはこれで非常に旨い!