ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2020.12.23 
Last Update 2020.12.23  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

カンティーネ・デッランジェロ

カンティーネ・デッランジェロ

イタリア Cantine dell Angelo カンパーニャ
● カンパーニャの新しい造り手をご紹介させていただきます。グレコ・ディ・トゥーフォのみをリリースしているカンティーネ・デッランジェロです。結構に・・良いです!

 アンジェロ ムートによって営まれる、カンティーネ デッランジェロ(ディ アンジェロ)!グレーコのみを栽培し、2種類のワインを造っています。1860年代から120年もの間稼働していた硫黄採掘所だった場所の真上に畑がありますので、畑の土壌を手に取って匂いを嗅げば、分かり易く硫黄の香りがします(当たり前ですよね…)。


2016 Greco di Tufo Torrefavale
グレコ・ディ・トゥーフォ・トッレファヴァレ

14635
自然派
白 辛口
イタリア
カンパーニャ
カンティーネ・デッランジェロ

■エージェント情報
 トッレファヴァーレは、ミニエーレの区画からえげつない斜度の坂道を上った、標高600mの急斜面にある1ha弱の区画の名前。1700年代からグレーコが植えられていたことが文書としても残っているそうです。区画の一部には、伝統的な仕立てであるラッジエラ アヴェリッネーゼの高樹齢のブドウ樹も…。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,280 (外税) 


2016 Greco di Tufo Miniere
グレコ・ディ・トゥーフォ・ミニエーレ

14634
自然派
白 辛口
イタリア
カンパーニャ
カンティーネ・デッランジェロ

■エージェント情報
 鉱山、採掘所を意味するミニエーレは、道路を挟んで元採掘所と接している区画のグレーコで造るワイン。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,480 (外税) 
【滅茶美味しいグレコです。しかも2アイテムはそれぞれ、全然違う個性。出来も相当に良いです!】
 ブリッブリのピュア果実と自然派らしいナチュラル感も備わりつつ、しかし、アヴァンギャルドには決して溺れない・・と言う、実に嬉しい「グレコ」のワインが到着です。

 ここは硫黄採掘所だった跡地を畑にしたようです。なので、その影響は少なからずあるのでしょう。何故か非常に・・健康的と言うか、「ピュアさが輝く」と言うか、むしろ自然派っぽく無いほどにピュアです。

 リーズナブルな方のグレコは「ミニエーレ」(写真上)。少し高価な「トッレファヴァレ」(写真下)はこのミニエーレのずっと上の方にあるそうです。オータ社長さんのコメントには、

「ミニエーレから、えげつない斜度の坂道を上った、標高600mの急斜面」

にあるのが「トッレファヴァレ」だそうで・・こちらは下でご紹介させていただきますね。

 柑橘系の果実、ピールのニュアンスの有る心地良い果実の風味に、キュッと締まった感のある石灰系ミネラリティ。ありがちな「だらしない・・横に拡張してゆくだけの緩い酸」では無く、ほんのり緊張感を持った冷ややかな酸味が特徴。とてもピュアで、そこはかとなく漂うナチュラル感が良い感じ。

 ちょっとだけリアルワインガイドのレヴュー風に書いてみました。実際にはもっと、「上から目線」を意識して書くんですが、さすがにここでは・・いや、知らず知らずのうちに時々出てますかね。

 まぁ、ハッキリ言ってしまえば、リンゴ酸的フレッシュな要素を残したとても出来の良いグレコです。お勧めです。


 二枚目の写真は、ミニエーレの上方、600メートルと言う標高ですから結構に登りますね。「トッレファヴァレ」は相当に傾斜のキツイ畑のようです。

 標高が高く傾斜がきついので、「冷涼な酸味が・・」と書くのが普通なんですが、そうじゃないんですね。非常に豊かなフレーヴァーです。

 緊張感を持ったミニエーレに対し、こちらはボリューム感と高質感を持った、高級感溢れる味わいです。これはとても見事な仕上がり。

 大抵の場合、糖分が上がるとアルコール分は上がるが要素は減る・・ものです。すなわち、確実に畑のポテンシャルが高いのでしょう。シャルドネ的な豊かな中域をちゃんと持ち、それが見事に膨らんでくれます。そして、膨らみ過ぎて破裂してしまうようなことが無いんですね。急にしぼむことも無い・・。

 果実感はミニエーレ同様、オレンジピール、黄色い果実、ほんのりスパイスです。石灰感がより強く、酸味はまろやかながら充実しています。モレッティエーリの白を超えるかな?・・とも思いますよ。価格はどうなんだろ?・・すみません、今は判りませんが、端正な造り・・と言うことではモレッティエーリなのかもしれませんが、そこに「ナチュラル感」と言う比較を加えるなら、「トッレファヴァレ」と言えるかもしれません。いや・・相当に美味しくて、何度もお代わりしたくなってしまいました!


 中々にイタリアの白ワインの選択はムズイものが有ると感じていたnoisy では有りますが、このように健全、健康的な土俵の上で、その持っている特徴を表現してくれるワインに出会えたのはとても嬉しい出来事です。

 まぁ、対局は・・やはりオータさんちの「カンティーナ・ジャルディーノ」でしょう。そちらは見事に「アヴァンギャルド系」ですんで・・!是非飲んでみてください。お勧めします!