ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.06.03 
Last Update 2021.06.03  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

シャトー・カロン=セギュール / シュラヴニー・アシュアランス

シャトー・カロン=セギュール / シュラヴニー・アシュアランス

フランス Chateau Calon-Segur / Suravenir Assurances ボルドー
● 「われラフィットを造りしが、わが心カロンにあり」というセギュール侯爵の言葉が伝説になっている格付け3級シャトーです。まず第一に「ハート」のエチケットで有名ですよね。ワインを知らない方でも、「ああ、あのハートのマークの..」と気付かれるでしょう。そんなわけで味よりエチケットが先になってしまいますが、なかなかどうして、良いヴィンテージには素晴らしいワインを生み出しています。また比較長熟なのでバースデイイヤーのプレゼントには最適??です。

味わい的には幾分の「かっちり」とした固さがサンテステフの特徴を現しているようにも思います。古酒の場合、飲むタイミングと運が良ければ、蕾だった花が一気に咲いたお花畑に倒れ込んだような..噎せ返るような香りに包まれることでしょう。

作付面積 60ha カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロー20%、カベルネ・フラン15%


2014 Chateau Calon Segur A.C.Saint-Estephe
シャトー・カロン=セギュール A.C.サンテステフ

12623

赤 フルボディ
フランス
ボルドー
サン=テステフ
シャトー・カロン=セギュール / シュラヴニー・アシュアランス

◆◆◆Wine Enthusiast 95Points、Falstaff Magazin 96Points、la Revue du Vin de France 18/20Points、Bettane et Desseauve 18.5/20Points
750ML 在庫    ご注文数   本
¥12,890 (外税) 
【評価の高い2014年ものは各評価機関の平均値でも約94ポイントです!!】
 カロン=セギュールも、新しいエチケットになってからは、「Calon Segur」と、真ん中に有ったはずの「-」(ハイフン)がいつの間にか無くなってしまっています。このハイフンも、カロンとセギュールを繋いでいる意味がちゃんと有った訳ですが、
「ん・・?別に無くてもいいじゃん・・」
と、現オーナー辺りも、特別に意味合いを感じていないのでしょう。・・って言っても、前オーナーのガクストン家の相続で、どうも莫大な税金が支払えずに・・2012年頃、保険会社の所有になっています・・

「セギュール侯爵も草葉の陰で泣いているぞ!」
「我が心はカロンに有り の名言も地に落ちた?」
と言われても、仕方が無いでしょうね。

 2014年のカロン・セギュール(・・・まあ、もうどっちでも良いでしょ・・)は各評価機関の平均でほぼ94点!過去最高に近い評価を得ているようです。・・ようです、と云うのも、昨今はもうアドヴォケイトの電子版も直接は余り見ないようになってしまいまして・・・、ネットでちょっと検索かけると掲載されてますもんね。ある意味、信頼されていると考えるべきでしょうが、昨今の情報操作の嵐を見るにつけ、
「どうなんだろ・・」
「また、電力会社のやらせと同じで、売る方と評価する方は実は同じ穴の狢でしょ。」
と考えるのが、まともな神経を持ち合わせている方のお考えでしょう。電力会社と国は、少なくとも原発に関しては「同じ穴の・・・」で有って、責任を取らされないように上手い事立ち回ることに終始するでしょうね。

 話は飛んでしまいましたが、例によってnoisy は飲んでません。でも、

「恋人たちよ、いつまでも恋愛は甘くは無いぞ!」

という真理?を気付かせるためには、良い大人から見れば、まだ渋み、エグミの残る若い新しいエチケットのサンテステフ3級を飲んでいただくことが、正しい日本人の若者の姿なのかもしれません。・・・まあ、甘くても渋くても、彼らにとってみりゃ、何でも良いんでしょうが・・。

 と言う訳で、まあまあのプライスで仕上がった、良い評価と思える古いエチケットのカロン=セギュールです!お奨めします・・ん?

「こんどはカロン=セギュールって・・・今度はイコールが入ってンジャンよ!いい加減だなぁ・・・」

 ・・・だって・・・同じ穴の狢のお話しですから・・・お後が宜しいようで・・

■エージェント情報
メドック地区でのブドウ栽培発祥の地とも言われ、メドック地区のワインは全てここから始まったと言っても過言ではない「サン・テステフ村」。 この村で生み出されている「カロン・セギュール」は、メドック地区の格付けシャトーの中でも最北端、ボルドーのジロンド川河口に位置し、 およそ48haの粘土質の多い土壌で、ボディーのしっかりした濃いルビー色のワインを造り出しています。

 当時の所有者、「セギュール候爵」こそ、この「カロン・セギュール」という名の元になっている人物です。18世紀、かのラフィットやラトゥールをはじめ、いくつもの有名なブドウ園を所有していたセギュール候爵ですが、
「ラフィット、そしてラトゥールでもワインを造ってきたが、私の心はここ、カロンにある」
と述べ、「カロン・セギュール」にその情熱を傾けました。有名な「ハートラベル」には、そんなセギュール候爵の並々ならぬ熱い想いが込められて いるのです。
 
 肉厚で逞しいフルボディからは、濃縮した果実味がほとばしるかのようであり、同時にしなやかさも持ち合わせています。 豊かな香り、しっかりとした味わい、エレガントな舌触りが三位一体となって飲む者を文字通り「酔わせる」名品ですので、今こそ是非、その味わいをご確認ください。

2006 Chateau Calon Segur A.C.Saint-Estephe
シャトー・カロン=セギュール A.C.サンテステフ

8120

赤 フルボディ
フランス
ボルドー
サン=テステフ
シャトー・カロン=セギュール / シュラヴニー・アシュアランス

◆◆◆エチケットに向かって右下、ほんの僅か(1mmほど)ですが、余り目立たないと思われるキズのようなものがあります。ご了承くださいませ。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥10,580 (外税) 
【評価の高い2006年はアドヴォケイトで93点です!!】
カロン=セギュールも、新しいエチケットになってからは、「Calon Segur」と、真ん中に有ったはずの「-」(ハイフン)がいつの間にか無くなってしまっています。このハイフンも、カロンとセギュールを繋いでいる意味がちゃんと有った訳ですが、
「ん・・?別に無くてもいいじゃん・・」
と、現オーナー辺りも、特別に意味合いを感じていないのでしょう。

「セギュール侯爵も草葉の陰で泣いているぞ!」
「我が心はカロンに有り の名言も地に落ちた?」
と言われても、仕方が無いでしょうね。

2006年のカロン・セギュール(・・・まあ、もうどっちでも良いでしょ・・)はアドヴォケイトで何と93点!過去最高に近い評価を得ているようです。・・ようです、と云うのも、昨今はもうアドヴォケイトの電子版も直接は余り見ないようになってしまいまして・・・、ネットでちょっと検索かけると掲載されてますもんね。ある意味、信頼されていると考えるべきでしょうが、昨今の情報操作の嵐を見るにつけ、
「どうなんだろ・・」
「また、九州電力のやらせと同じで、売る方と評価する方は実は同じ穴の狢でしょ。」
と考えるのが、まともな神経を持ち合わせている方のお考えでしょう。電力会社と国は、少なくとも原発に関しては「同じ穴の・・・」で有って、責任を取らされないように上手い事立ち回ることに終始するでしょうね。

話は飛んでしまいましたが、例によってnoisy は飲んでません。飲むには早すぎるでしょう。でも、
「恋人たちよ、いつまでも恋愛は甘くは無いぞ!」
という真理?を気付かせるためには、良い大人から見れば、まだ渋み、エグミの残る若いサンテステフ3級を飲んでいただくことが、正しい日本人の若者の姿なのかもしれません。・・・まあ、甘くても渋くても、彼らにとってみりゃ、何でも良いんでしょうが・・。

と言う訳で、まあまあのプライスで仕上がった、良い評価と思えるカロン=セギュールです!お奨めします・・ん?
「こんどはカロン=セギュールって・・・今度はイコールが入ってンジャンよ!いい加減だなぁ・・・」

・・・だって・・・同じ穴の狢のお話しですから・・・お後が宜しいようで・・

1996 Chateau Calon-Segur A.C.Saint-Estephe
シャトー・カロン=セギュール A.C.サンテステフ

10722

赤 辛口
フランス
ボルドー
サン=テステフ
シャトー・カロン=セギュール / シュラヴニー・アシュアランス

750ML 在庫    ご注文数   本
¥16,500 (外税) 
【評価の高い1996年はアドヴォケイトで92点です!!】
 カロン=セギュールも、新しいエチケットになってからは、「Calon Segur」と、真ん中に有ったはずの「-」(ハイフン)がいつの間にか無くなってしまっています。このハイフンも、カロンとセギュールを繋いでいる意味がちゃんと有った訳ですが、
「ん・・?別に無くてもいいじゃん・・」
と、現オーナー辺りも、特別に意味合いを感じていないのでしょう。・・って言っても、前オーナーのガクストン家の相続で、どうも莫大な税金が支払えずに・・2012年頃、保険会社の所有になっています・・

「セギュール侯爵も草葉の陰で泣いているぞ!」
「我が心はカロンに有り の名言も地に落ちた?」
と言われても、仕方が無いでしょうね。

 1996年のカロン・セギュール(・・・まあ、もうどっちでも良いでしょ・・)はアドヴォケイトで何と92点!過去最高に近い評価を得ているようです。・・ようです、と云うのも、昨今はもうアドヴォケイトの電子版も直接は余り見ないようになってしまいまして・・・、ネットでちょっと検索かけると掲載されてますもんね。ある意味、信頼されていると考えるべきでしょうが、昨今の情報操作の嵐を見るにつけ、
「どうなんだろ・・」
「また、九州電力のやらせと同じで、売る方と評価する方は実は同じ穴の狢でしょ。」
と考えるのが、まともな神経を持ち合わせている方のお考えでしょう。電力会社と国は、少なくとも原発に関しては「同じ穴の・・・」で有って、責任を取らされないように上手い事立ち回ることに終始するでしょうね。

 話は飛んでしまいましたが、例によってnoisy は飲んでません。でも、

「恋人たちよ、いつまでも恋愛は甘くは無いぞ!」

という真理?を気付かせるためには、良い大人から見れば、まだ渋み、エグミの残る若い新しいエチケットのサンテステフ3級を飲んでいただくことが、正しい日本人の若者の姿なのかもしれません。・・・まあ、甘くても渋くても、彼らにとってみりゃ、何でも良いんでしょうが・・。

 と言う訳で、まあまあのプライスで仕上がった、良い評価と思える古いエチケットのカロン=セギュールです!お奨めします・・ん?

「こんどはカロン=セギュールって・・・今度はイコールが入ってンジャンよ!いい加減だなぁ・・・」

 ・・・だって・・・同じ穴の狢のお話しですから・・・お後が宜しいようで・・

■エージェント情報
メドック地区でのブドウ栽培発祥の地とも言われ、メドック地区のワインは全てここから始まったと言っても過言ではない「サン・テステフ村」。 この村で生み出されている「カロン・セギュール」は、メドック地区の格付けシャトーの中でも最北端、ボルドーのジロンド川河口に位置し、 およそ48haの粘土質の多い土壌で、ボディーのしっかりした濃いルビー色のワインを造り出しています。

 当時の所有者、「セギュール候爵」こそ、この「カロン・セギュール」という名の元になっている人物です。18世紀、かのラフィットやラトゥールをはじめ、いくつもの有名なブドウ園を所有していたセギュール候爵ですが、
「ラフィット、そしてラトゥールでもワインを造ってきたが、私の心はここ、カロンにある」
と述べ、「カロン・セギュール」にその情熱を傾けました。有名な「ハートラベル」には、そんなセギュール候爵の並々ならぬ熱い想いが込められて いるのです。
 
 肉厚で逞しいフルボディからは、濃縮した果実味がほとばしるかのようであり、同時にしなやかさも持ち合わせています。 豊かな香り、しっかりとした味わい、エレガントな舌触りが三位一体となって飲む者を文字通り「酔わせる」名品ですので、今こそ是非、その味わいをご確認ください。