ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.01.22 
Last Update 2021.01.22  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

シャトー・ド・フューザル

シャトー・ド・フューザル

フランス Chateau de Fieuzal ボルドー
● ボルドーの白ワインです。皆さんはあんまり経験が無いかもしれませんが、左岸の白ワインには秀逸なものがかなり有ります。パヴィヨン・ブランやオーブリオン・ブランは言うに及ばず・・・同様の品種で造られる、ソーテルヌ・バルザックの銘酒もそうですよね。実はこのペサック=レオニャンの・・昔風に言えば「グラーヴ」ですが、フューザル・ブランは大好物の一つです。繊細ながらもしっかりとした「押し」のある味わいは、食事を楽しくしてくれる最右翼だと思っています。


2000 Chateau de Fieuzal Blanc
シャトー・ド・フューザル・ブラン

11682

白 辛口
フランス
ボルドー
ペサック=レオニャン
シャトー・ド・フューザル

■エージェント情報
 グラーヴの名シャトー「ド・フューザル」が手がける、お値打ち感たっぷりの白が再入荷!知名度こそさほど高くないものの、この地域で堅実にワインを造り続けてきた同シャトー。そのポテンシャルが目を見張るような開花を遂げたのは、1985年のことでした。
 これは、1974年にシャトーの経営を引き継ぎ、品質管理に着手した「ジェラール・グリブラン氏」による熱心な設備投資や、既に引退した技術顧問兼醸造責任者の「デュプイ氏」による指揮の賜物と言われています。
 セミヨンとソーヴィニヨン・ブラン半々で構成され、澱に触れたまま、オーク樽にて発酵されるワインは、熟したフルーツやハーブのアロマにスモーキーなニュアンスも加わり、グラーヴの一流白ワインが持つリッチさを遺憾なく発現しています。それに加えて2000年は、言わずと知れたボルドーのグレート・ヴィンテージ!!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥6,980 (外税) 
【熟しているのに・・若々しいフルーツ感と精緻さが次々に沸いて来ます!!】
 例えば現在も新着ページに掲載している・・つまり売り切れていない訳です・・、1996年シャトー・カルボニュー・ブランにも言えることですが、意外なほどに

「若さ、フレッシュさ」

を感じてしまいます。

 勿論ですが2000年ですから収穫からすでに16年ほど経過しています。ボルドー左岸の白だと、一般的なイメージは、

「そろそろ終了かな?」

と言うものでしょう。

 しかしながら、同じペサック=レオニャンのオーブリオン・ブランやオーブリオンが付く幾つかのシャトーの白はどうでしょうか?・・一般的なイメージは、

「そろそろ・・飲んでも大丈夫かな?」

と、全く正反対のイメージになると思います。


 実は、我々が思っている以上にワインは長命です。保存がきちんとできるとさらに長らえますし、良い熟をすると、若いときには感じられなかった複雑精緻な表情、素晴らしいバランスな味わいに成長していきます。

 このシャトー・ド・フューザルもそんなポテンシャルの高い左岸白のひとつです。 その素晴らしいポテンシャルとは裏腹に、価格は非常に抑えられています。ワインの格を考えてみると、先のカルボニューよりも確実に・・と言うか、かなり上です。勿論、シャトー・オーブリオンに届くことは有りませんが、オーブリオンを名乗る幾つかのシャトーに追いつくような、もしくは同等のポテンシャルを持っている・・そんなポジションです。

 昔は90年代の・・特にとても旨いのになぜかリーズナブルだった1994年のこのワインを何度もご紹介した記憶があります。中々価格が思ったようにならなかったので、この何年かはご紹介できないでいました。今回は中々良い感じに仕上がったと思っています。

 抜栓直後はやや酸化のニュアンスが有りますが、それを分けて這い出してくるような、若々しい・・フレッシュな白や黄色、僅かにオレンジ系の果実が有ります。やがてそれは支配的になり、

「・・あれ?・・これって2000年だっけか?」

と、懐疑的になっている自分に気付かれるでしょう。

 そして、蜜っぽいフレーヴァーがほんのりとと、石灰石を感じさせるミネラリティがたっぷりです。中域も適度に膨らみ、余韻も実に長くたなびきます。とても良い感じです。

 実はもう何人かのお客様にはご購入、楽しんでいただき、好評をいただいています。こんなワインの姿に出会うとツイツイ・・そのワインと真正面から向き合ってしまうのがワインファンのクセ・・ですよね。とても楽しめるワインです。ぜひご検討くださいませ。お奨めします。