ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.09.25  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

シャトー・ル・タンプル

フランス Chateau le Temple ボルドー
● ブルジョワ級のシャトーをご紹介します。このクラスをご紹介するのは偉~い久し振りです。

 それには色々と理由が有りますが、何と言っても、

「ブルゴーニュと味わいの構成が違う」

「輸入者の扱いに問題が有ることが多い」

「そもそも大したポテンシャルは無いものがほとんど・・と理解している」

からです。


 今回は2010年をご紹介しますが、これは今非常に旨いです。しばらくしたらバックヴィンテージもご紹介する予定でいますのでお楽しみに!


 ボルドー中心街から車で約1時間半、ジロンド川左岸のヴァレイラック(Valeyrac)村に位置する当シャトーは「Cru Bourgeois」クラスに位置付けられており、その歴史は十字軍遠征以降の中世ヨーロッパで活躍したテンプル騎士団に由来し、1300年代初頭に建てられたシャトーの名前「Temple」もテンプル騎士団(Templier)に因んでいます。簡素な線や輪郭、迫力ある大きな石を使った壁など、当シャトーの荘厳な建築構造の随所にその重みある歴史を垣間見ることが出来ます。また、葡萄畑は1700年代に開墾され、そこで造られる深い旨味のあるワインからはテンプル騎士団の魂とも言うべき様々な要素を感じることが出来、その類まれなるクオリティはメドックのラフィットと呼ばれるに相応しい品格を備えています。1933年、その魅力に惹かれた現当主ドゥニ ベルジェイ(Denis Bergey)氏の祖父がシャトーを購入し、今日まで3世代に渡って経営を続けています。理想的な畑仕事と丁寧な醸造で造られるワインは素晴らしい評価を受けており、古のテンプル騎士団はこの土地の良質なテロワールに注目し、素晴らしいワインが出来るであろうことを見抜いていたのかも知れません。

 18haある葡萄畑にはカベルネ ソーヴィニヨン、メルロー、プティ ヴェルドが植えられており、葡萄の樹齢は約40年、土壌は砂や砂利を多く含み、その深さは8メートル以上になります。葡萄栽培はリュット レゾネ農法(減農薬農法)で、今でこそ多くの生産者が実施している葡萄畑の畝と畝の間に雑草を植えて畑を活性化させるという農法を1980年代にはすでに取り入れていました。品種ごとにステンレスタンクでアルコール醗酵、樫樽に入れる際にアサンブラージュをして12ヵ月熟成させ、瓶詰前に18~20ヵ月間休ませます。


2010 Chateau le Temple
シャトー・ル・タンプル

12038

赤 フルボディ
フランス
ボルドー
シャトー・ル・タンプル
■エージェント情報
 葡萄品種はカベルネ ソーヴィニヨン60%、メルロー35%、プティ ヴェルド5%。2010年は2009年に続き天候が素晴らしく、偉大なヴィンテージになることを予感させている。収穫前も晴れて乾燥したので葡萄の成熟も理想的。1990年に良く似たヴィンテージで2005年のようなニュアンスもある。濃く深い色合い、フレッシュな赤い果実味、バランスよく凝縮感があり余韻も長い。ストラクチャ―がしっかりして上品な渋味のあるエレガントな味わい。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,580 (外税) 
【これは柔らかく滑らかな酸で甘いタンニンがしっかり!低めの温度でも美味しいです!】
 シャトー・カロン=セギュールの有るサンテステフ村から直線距離で15キロほど北西に向かったジロンド川添いのヴァレイラック村のシャトーです。一応クリュ・ブルジョワにランクされているシャトーですね。もう大西洋まで・・つまりジロンドの河口までは直線距離で20キロメートルほどです。

 ブルゴーニュの「丘のワイン」と違って、まぁ・・確かにボルドーも「丘」かもしれませんが、大河添いに存在していますので、「石灰のニュアンスに長けた味わい」になることの少ないのがボルドーです。なので、熟成の仕方もかなり違っているというのがnoisy 的な認識です。

 いや・・もちろんですが、石灰系ミネラリティが無い・・と言ってるのではなくて、ブルゴーニュのような海底隆起による基岩層を持たない・・と言うことなんですね。川ですから・・上流からの堆積が畑の基礎になる訳です。

 なので下流では、大河のカーブの内側が粘土層になり、外側がより大きな粒子の砂になるんですね・・。川の曲がりの内側と外側ではスピードが違うので、堆積する成分が違う・・と言うことになります。

 なので、左から右にカーブしているボルドーでは、右岸が粘土が基本、砂岩が砂、石が基本になります。もっとも、古い年代からずっと同じ曲がりだったとは言えないので、あくまで一般的な話しにはなりますが、これで結構・・色んな謎が解けちゃう訳ですね・・。フランスにはボルドーの3つの川、ロワール川、ローヌ川など、ワインに関係している川が結構ありますんで、そんな目で見てみると面白いと思いますよ。

 実は今回、このシャトー・ル・タンプルのテイスティングは、2010年、2009年、2002年と3ヴィンテージを行っています。で、まだ暑い季節に飲んでも美味しいのが2010年!・・と言う判断をしました・・・と言うか、2009年、2002年も良いんですが、「ある意味で・・」後回しとさせていただいてます。その意味は・・後のお楽しみと言うことで・・。


 まだ若さの消えないタイミングの左岸系ボルドーです。この若さが消えない・・と言うのも、ジロンド下流のブルジョワ級には結構重要でして、前述のようにブルゴーニュバランスでは有りませんので、

「石灰系ミネラリティを根底に強く持っている訳では無いので、その代役をする存在が必要」

なんですね・・。それが「タンニン」です。


 下手な輸入や扱いのエージェントさんだと、熱による劣化でタンニンが壊れてしまうんですね。なので「不味いボルドー」が巷に氾濫している訳です。今回のこのシャトー・ル・テンプルはフィネスさんが入れてますんで、その辺は結構安心出来ます・・と言うか、確認済ですんで大丈夫です。壊れてないどころか、かなり美しい、しなやかで目の詰まった、甘味さえ感じるタンニンです。

 この渋いはずのタンニンがむしろ甘味に変わっちゃうのが面白いところ・・渋柿を焼酎で拭いてしばらくおくと何故か滅茶甘くなっちゃう・・みたいなものでしょうか・・違うか?・・

 で、その美味しいタンニンが有るかどうか・・が安目のボルドーワインを見るときに必要だったりするんです。

 酸の構成も非常に良いです。2010年・・かなり良かったようで、真ん丸とは言いませんが、それに近いようなパレットを描けます。勿論、残糖分に頼っておらず、非常にドライです。しかし旨みをしっかり構成出来ているので、美味しい果実感も有り、ワインのダイナミックさもできてるんですね。紫の果実が実に良い感じです。


 おまけにこのまだ暑さの残る季節に、

「このボルドーは必ず18度で飲んでください!」

などと言ったとすると、皆さんに、

「noisy!・・気が振れたか?・・それとも老いさらばえたか?」

などと言われかねません。


 そう・・低めの温度・・・そうですね、14度位から飲み始めても非常に旨いんですよ。しなやかなタンニンがすぐに甘味に変えてくれちゃいますので、滑らかで旨いです。

 勿論ですが、酸の構成は「丸に近い」と言っても、ブルゴーニュのように「強く低域から高域までしっかりした酸」では有りません。ボルドーですからね・・そこまで強くは無い訳です。なのでむしろ、

「・・酸っぱく無くて美味しい!」

などとおっしゃる方も多いんじゃないかと思います。


 皆さんもnoisyにも・・意外にも・・美味しいと言っていただけるブルジョワ級のボルドーです。是非飲んでみてください。お勧めします!・・あ、コンディションの悪いお店で購入して、

「このワイン、前に飲んで不味かったはずなのに・・何でお勧めなの?」

「・・同じワイン・・千円台で売ってるけど・・?」

とは言わないでくださいね。同じワインでも輸入者、販売者が変わると別物です。まぁ・・飲み手も変わると判断も変わりますけど!・・どうぞよろしくお願いいたします。



2009 Chateau le Temple
シャトー・ル・タンプル

12037

赤 フルボディ
フランス
ボルドー
シャトー・ル・タンプル
■エージェント情報
 葡萄品種はカベルネ ソーヴィニヨン60%、メルロー35%、プティ ヴェルド5%。2009年は天候に恵まれたヴィンテージ。夏から熱く乾燥した日が続き、余りにも転機が良すぎたのでいつ雨が降って葡萄の生育に影響を及ぼすかとヒヤヒヤだったが、そんなことは余計な心配でどの品種も文句のつけようがない成熟をしてくれた。果実旨みたっぷりでバランス良く、アフターの渋みがとても心地良い。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,580 (外税) 
【適度に熟し始めた2009年!とてもリーズナブルです。】
 万全を期して、秋まで待ってのご案内です。まぁ・・何のことかさっぱり・・とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。

 夏場の暑い時期はどうしても体温が上がりますから、冷ややかなものを身体が欲してしまいますよね。ましてやブルゴーニュワイン好きやビオファンの方々は、セラーから出した温度ほどで飲み始める癖が有ります。

「・・いや、noisy さん・・俺はセラー持ってないし・・」

とおっしゃるかもしれませんが、夏場の熱い季節に繊細なブルゴーニュやビオワインをその辺に出しっぱなしにはしないでしょう?

 どうしても冷蔵庫の冷蔵室や野菜室のお世話になることが多いですから、セラーよりも低い温度にワインはなっています。なので上記のように、

「いつも以上にワインは冷えている」

と言って良いでしょう。


 我々がワインを勉強し始めたころは、

「ボルドーワインは18度で、早めに栓を抜いてシャンブレ状態にしてください。」

と言われたものでした。


 まぁ、何でもかんでも早めに栓を抜けば良いってもんじゃないことくらいはすぐに悟るとしても、18度は少し高くないか?・・とは思ったものです。

 しかしながら、石灰系のミネラリティの高いブルゴーニュワイン等は別にすると、ボルドー系のワインは、低い温度では酸が立って感じられます。バランスに欠けると思ってしまうんですね。

 なので最低16度以上・・に持って行くと全然感じられ方が変わります。


 若いとは言え、2009年のボルドーワインです。少し熟し、滑らかになってきています。ヴィンテージの良さからか、非常に果実がしっかりしていますが、全くのドライで残糖感は有りませんし、また甘味が出てくるほどは熟していません。

 色合いを是非他のヴィンテージのものと比較してご覧いただけると良いかと思いますが、しっかりと深い、やや紫が強い色合いです。柔らかな酸がたっぷり有ります。冷涼な酸は少なめで、やはりブルゴーニュとは酸の構成も違って感じられるかと思います。

 バランスの良い時期に入って来ていると思います。これでカベルネが開いてくれると非常に華やかなんですが・・リーズナブルですので是非飲んでみてください。お勧めします!


2002 Chateau le Temple
シャトー・ル・タンプル

12036

赤 フルボディ
フランス
ボルドー
シャトー・ル・タンプル
■エージェント情報
 葡萄品種はカベルネ ソーヴィニヨン60%、メルロー35%、プティ ヴェルド5%。2002年は春から夏にかけて気温が低く天候不順で成熟が遅れた年だったが、収穫前の9月に素晴らしい天候に恵まれたので結果的に葡萄は良く成熟した都市。酸味がとても美味しく、繊細で凛とした印象のある味わい。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,580 (外税) 
【いい感じで熟している2002年!もう少しかな?・・でもこちらもとてもリーズナブルです。】
 色合い、どうでしょう?2009年にはまだしっかり有る、若い感じの紫が飛び、わずかに褐色なニュアンスの入り始めた感じかと思います。

 若くして飲むべき・・と言う傾向が強い欧米の評論家たちなら、もう飲み頃は過ぎている・・と言うのでしょうが、もし過ぎてたら過ぎたでまた違う「景色」が見えてくるものです。noisy 的には決して過ぎておらず、これからかとも思います。コンディションが良いので・・

 ただし、こちらも「品温」には充分気を遣うべきでしょう。15度では低すぎて、

「・・?・・」

で終わってしまう可能性が有ります。


 まぁ、良くネットで見かける愛飲家さんの評価では、その辺がかなり曖昧ですから、同じワインを同じように飲んでいても、全く環境が違っていて・・結果、全く違う評価になってしまっていることも有ります。愛飲家さんは自分の好き嫌いだけで良いので問題は無いんですが、それを鵜呑みにしてしまうと、変な下地が出来上がってしまって・・と言うことになりかねません。

 やはりボルドーは暖かめで・・と言うのは基本でしょう。ただし昨今は冷え気味で飲むのが当たり前のようでは有ります。


 少し腐葉土とかの茶系のニュアンスに、軽やかなフラワリーニュアンスが入り始めています。メルロとかは茶系になりつつ、でもカベルネはようやく色を得つつ・・のような感じでしょうか。2009年と同様に深さもたっぷり有ります。構造自体は大柄とは言えませんが、そこそこの・・中くらいの深みを持っています。良いワインでしょう。

 このようなワインはやはり比較で飲むのが楽しいかと思います。サンテミリオンのワインのような甘味は有りませんし、ましてやイタリアンワインとも全然違います。是非温めつつ・・いや、時期的にお部屋は温かくなりますから、それこそ余り意識しないでも良いのかもしれません。

 でも、

「ん?・・バランス、今一かな?」

と思われましたら、

「あ、品温はどうだろ?」

と疑ってみてください。そして、


「・・じゃぁ、もう少し酸素と反応させてみようかな?」

と、温度と酸素(酸化促進)を調整してシャンブレ状態に・・まぁ、それでもダメな時はダメ・・と言うことも有りますけどね。


 ボルドーワインが基本だった時代、そうやってワインの作法を教えてくれた訳です。一筋縄で行かないこともままありますが、その気であればきっと勉強もさせてくれるでしょう。飲んでみてください。お勧めします。