ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2020.12.23 
Last Update 2020.12.23  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ダル・フォルノ・ロマーノ

ダル・フォルノ・ロマーノ

イタリア Dal Forno Romano ヴェネト
●偉大なワインをご紹介します。ヴェネトの偉大なる造り手、ダル・フォルノ・ロマーノは、そのスケールの大きなヴァルポリチェッラで世界のワインファンを唸らせてきました。「クインタレッリ」と並び、ヴェネトの2大巨頭です。


2000 Amarone della Valpolicella Vigneto di Monte Lodoletta
アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・ヴィネート・ディ・モンテ・ロドレッタ

4399

赤 フルボディ
イタリア
ヴェネト
ヴァルポリチェッラ
ダル・フォルノ・ロマーノ

■僅かな綻びがエチケット(向かって右上隅)にございます。全体的には綺麗です。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥38,000 (外税) 


1995 Amarone della Valpolicella Vigneto di Monte Lodoletta
アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・ヴィネート・ディ・モンテ・ロドレッタ

30735

赤 フルボディ
イタリア
ヴェネト
ヴァルポリチェッラ
ダル・フォルノ・ロマーノ

■伝説のインポーター、ル・テロワールさんの扱いです。1本出て来ました。
 全体的に僅かにくすんでいます。エチケッタの表裏共に、僅かに疲れが見えますが経年を考慮すると綺麗です。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥39,800 (外税) 
【グレートなワインです!フルボディ、トロリと甘く濃密!】
 逸品です。そうは「スコン」と抜栓できませんよね・・。少なく見積もっても30年は充分持つに違いない、世界を代表するワインです。アパッシメント(陰干し)で濃度と複雑さを出しています。滅茶苦茶濃いワインです。

 ところで、アドヴォケイト誌もイタリアはPKさんからダニエル・トーマスさんに担当が代わり、それに伴って基準も変わったようです。

1989年 96 Robert Parker
1990年 95 Robert Parker
1994年 97 Robert Parker
1995年 98 Robert Parker
1996年 99 Robert Parker
1997年 99 Robert Parker
1998年 96 Daniel Thomases

 と、PKさんのオーバー96が当たり前だった視点から、少し引いたところに移りました。このダニエル・トーマスさんですが、冷静な目をお持ちのようです。時にはそれが慎重すぎるポイントになってしまうことも有るようですが(クレリコのコラム参照)、理解されない100点近くを連発するよりは良いかもしれません。


 このクラスのワインは、どなたでも飲める価格にはなりえませんが、数人で集まるワイン会の締めには、最高の演出となるでしょう。気難しいボルドー・グランヴァンよりも扱いは優しく味わいは優れています。機会がありましたら..飲んでみてください。