ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
Last Update 2020.09.17  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ダニエーレ・ピッチニン

イタリア Daniele Piccinin ヴェネト
● その昔になりますがリアルの30号でテイスティングしまして、その旨さとコストパフォーマンスに気付いての仕入れです。ここのエージェントさんはヴィナイオータさんですが、すでに口伝て?でかなりの人気になっているようです。

 

エージェント情報
自身が共同経営者の1人でもあったレストランでソムリエとして働いていたダニエーレ・ピッチニンは、そのレストランの権利を売却し、2006年に自らワイン造りを始めた。畑はヴェローナ北東部、サン・ジョヴァンニ・イラリオーネという町の郊外にあるチーモ山の、標高300mから450mの南東向きの斜面にある。自ら開墾した畑には、この地域に1000 年近くにわたって存在したことが確認されている白葡萄品種であるドゥレッラと、気象条件や標高が適合するのではという考えからピノ・ネーロが植えられている。現在リリースされているワインは、賃借した1.6ヘクタールの畑(平均樹齢20年)のもので、醸造はアンジョリーノ・マウレのセラーで行っている。畑ではバイオダイナミクス農法を実践。シャルドネはステンレスタンク、ドゥレッラとロッソは古い小樽での醗酵・熟成。
当主ダニエレくんとおちゃめな兄ジュゼッペオオタ社長より

 ダニエレ君こと、ダニエーレ ピッチニンの2013年ヴィンテージを正式にリリースします!彼のワインを数年来飲んでくださっている方から、近年のモンテマーグロの色が薄くなっていることに関して、なぜなのかと質問を受けることがあります。以前は醸し醗酵をやっていて、今はやめたのか?と聞かれたりもするのですが、ダニエーレは基本モストだけで醗酵を行います(2011の“皮ごと醸し仕込み”は例外)。

 ドゥレッラというブドウは、物凄い酸味とタンニンを持ち合わせているのですが、色的には褐変しやすい品種。あくまでもナチュラルな手法を採用しつつ、ヴィンテージが許せば酸化防止剤さえも添加せずに、でも色調的には“変”と思われない程度でボトリングしたいと考えていたダニエーレ、大きなところで2点を改良します。

 1点目は、ステンレスの醗酵槽から樽に移しかえる時に、空気に触れないようしたこと、2点目は、それまでは小さな樽(より空気との接触面がある状態になる)を使用し、度々バトナージュ(下に沈んでいる澱を撹拌する作業)していたのを、大樽に切り替え、バトナージュを一切しないことに。

 逆にですが、ブドウ(ドゥレッラ)の熟度に関してはロレンツォ コリーノに倣い、今まで以上にひっぱるようになりました。私見ですが、モンテマーグロとビアンコデイ ムーニの味わいの開き具合には、かなり差が開いたような気がしています。

 というわけで、取り急ぎはビアンコを飲むようにして、モンテマーグロの存在はしばらく忘れてください(笑)。この夏を過ぎただけでも劇的に変わると思いますよ。

 2013年のピノ ネーロは、ダニエーレ的に納得できるものではなく、ロッソ デイムーニにブレンドされてしまっています。このロッソ、現段階では若干還元しています。数時間前に抜栓するか、デカンタージュなりで空気に触れさせてあげてください。ビアンコ、ロッソ、モンテマーグロ、それぞれ3600、3200、840本の入荷です。モンテマーグロですが、限定とはしませんが、一瞬で終わってしまうと思われます。ビアンコもまとまった数ではありますが、なにせ白ワイン飢饉のヴィナイオータですので、1~2か月持つか持たないかといった感じかと…お気を付けください!!!


2015 Muni Rosso I.G.T.Veneto
ムーニ・ロッソ I.G.T.ヴェネト

12598
自然派
赤 ミディアムボディ
イタリア
ヴェネト
ダニエーレ・ピッチニン
■メルロー30%、カベルネ・ソーヴィニョン30%、コルヴィーナ20%、ロンディネッラ10%、モリナーラ10%
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,290 (外税) 
【これは旨し!】
 ビオ臭く無いです・・・いや、ちょっとの・・・ほんの僅かでもビオっぽさが有ったら、
「え~、こんなにビオっぽいのに、そんなこと言っちゃうの?」
みたいなノリの方もいらっしゃることを想定して、言い換えましょう。ほとんどビオっぽさは無いです・・・。余り変りませんかね・・。

 とても滑らかさの有る、冷ややかな酸味が美しい、とてもソアーヴェ近郊のワインとは思えない肉厚感があります。

 しかも、妙に清楚な方向性を持たせず、かといって、ビオっぽく野生的でも無く、軽くなく、重すぎず、でもしっかり濃い・・・旨みタップリの赤なんですね。実のことを言ってしまえば、余り無いタイプだと思いますよ。

 2007年のこのワインを、リアルの30号でnoisy が担当しましたので、その時のレヴューを(リアルの了承は取ってませんが)引用掲載します。

フルーツ実物を思わせるような、一瞬の冷たい酸っぱさと滑らかな果実糖を持った、とても自然な味わいのヴェネト・ワインである。表情のベクトルが外に向かっているので判りやすく親しみが沸く。石灰質とスミレ、ジンジャー、ハツラツとしていて綺麗!バランスも良い。嫌いな人はいないんじゃないかな?ジューシーで柔らかく、しっかり膨らみドライな味だ。はじめたばかりの造り手だそうで、将来が非常に楽しみ。担当では無いが白も旨かった。<10年5月試飲>

リアルワインガイド第30号 有限会社寿スタジオ発行 より抜粋
 まぁ・・・リアルワインガイドでは、イタリア特集を止めてしまったんですが、その理由は・・・


「反応が無い」

と言うものでして・・・・。かなりの期間に渡ってイタリアを毎回、やっていたんですが、編集部の感覚としては、イタリアは受けない・・と言うものだったのでしょう。

 しかし・・・止めてからのヴィナイオータさんのワインの受けは凄いですよ・・・。案内が出たらほぼ一瞬で蒸発しているようです。一時期、あれだけリアルに紹介させていただいたnoisyにさえ、

「もう無いす」

と、冷たい言葉しか還ってきませんし~・・。気を抜いていると、ピッチニンさんのワインなど全く買えないような状況です。


 まぁ、安いしね・・ピュアだし、ナチュラルでね・・・ま、毎年、全然味わいは違いますけどね~!・・(^^


 このムーニ・ロッソも、前回の2013年ではメルロ100%になったようですが、今回の2015年はカベルネやヴァルポリチェッラの品種を色々とせぱーじゅしており、一般的な粘土を感じられるメルロでは無くて、むしろカベルネ的、花的な、やや浮遊感のあるものです。冷たい果実酸が非常に心地良い!そしてやはり、人的関与の少なさを感じます。とても美味しいデイリーだと思います。ご検討ください。


2015 Muni Pinot Nero I.G.T.Veneto
ムーニ・ピノ・ネーロ I.G.T.ヴェネト

12597
自然派
赤 ミディアムボディ
イタリア
ヴェネト
ダニエーレ・ピッチニン
■エージェント情報
 ピノ ネーロ100%。9月中旬に収穫したブドウを開放式醗酵槽で約30日間の醗酵&マセレーション、大樽で熟成。
今回入荷の2015のワイン、どれも文句なしですが、特にモンテマーグロとピノ ネーロには驚いていただけるかと!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,980 (外税) 
【ヴェネトで造るとピノ・ネーロはこうなる・・んですね!ヴァルポリチェッラ風ピノ・ノワールです!】
 例えばテロワール論争が有ります。

「本当にテロワールは有るか?」

と言うものです。

 また、それに加えてワインにミネラルが有るか?と、それ自体に疑問を持たれる方もいらっしゃいます。

「ワインにミネラルは存在しない!」

と断言している専門家もいます。


 本当のところはどうでしょうか?

 テロワールが存在するか?・・は後に回すとして、「ワインにミネラルは存在するか?」と聞かれれば、noisy なら即答します。

「当たり前に存在します。」

と言うでしょう。


 そりゃぁそうです。世の中には「水」が存在します。自然な水ならば、そのすべてが、


「ミネラル・ウォーター」

です。何かしらのミネラル分を含んだ水だからです。

 もし、ミネラルを含まない水が有るとしたら、

「それは人為的に加工された純水・・もしくは、人間が暮らせる環境では無いところに存在するかもしれない水」

でしょう。

 もし地球内部で核融合が起こっているとするならば、その近くに純水が存在するかもしれません。しかしながら、もしその純水が地表に出てくるようなことがあるのなら、地殻を通った時にミネラル・ウォーターに変質してしまいます。

 そのミネラル・ウォーターを植物は根から吸収しています。吸収されたミネラリティは植物の組織に回りますから、当然ながら葡萄の実にも含まれます。

 その葡萄の実を使用して、何も足さず、澱だけ引いてワインが造られます。なので、

「ミネラル分は全て澱に含まれ、ワインには移行しない」

のであれば、ワインにはミネラリティは無い・・と言うことになりますが、とてもじゃないですが、そんな論理は誰が見ても聞いても間違いで有ると理解できるでしょう。


 テロワールは無いか?・・と問うには、ワインの歴史も関与してきます。テロワールの定義が曖昧なままではその問いには答えられもしません。

 テロワールとは、地域の気候や風土、土壌の組成も含まれますが、そこに関与する人も大きな意味では含まれます。

 もしかするとテロワールを定義する上で一番の影響が有るのは「人」であることは間違い無いでしょう。「人」以外の定義部分も、人が変えることさえできるんですから。

 しかし、ジュヴレ=シャンベルタンは誰がどうやっても、他のアペラシオンに似た部分が有ったとしてもジュヴレでしょう。それが共通認識で有り、その共通認識こそがテロワールと言う言葉を生んだ一因だとも言えます。そうでなければ、コンティ王子とポンパドール夫人のロマネ=コンティ争奪闘争は起こらなかった訳ですから・・。テロワールは「ワインの、もしくはそれを生み出す畑を理解すべき共通認識である」のかもしれません。


 で、本題のこのダニエル・ピッチニンのピノ・ネーロです。ロマネ=コンティとは全く共通項が見当たらない・・と言うか、

「本当に同じ品種なのか?」

とさえ思ってしまうような味わいです。

 もしテロワールが無いので有れば、少なくとも似通った何かを見つけられなければ、正しくない理解かなと言わざるを得ません。

 むしろ、

「赤味が多く白い石灰分の多い、とてもエレガントなヴァルポリチェッラ」

と思っていただくのが、noisy 的にも非常に都合が良く、お客様にも理解していただきやすいんですね。


 ですので、とても美味しいです。ヴァルポリチェッラよりも僅かに冷涼な酸味が有るかもしれず、それがピノ・ネーロの特徴が出た部分でしょう。

 そして、テロワールとしてのヴェネトの畑が持つヴァルポリチェッラ的要素が非常に良く出ているワインであり、しかも素晴らしく上質なんですね。非常に・・ふくよかで滑らか、マッチョには全くならず、エレガントさも持つヴァルポリチェッラで有る・・と考えていただくのが、まだこのワインを飲んだことの無い方への説明として判りやすいと思います。

 美味しいピノ・ネーロでした。人気があるのも判ります・・テロワールが有るかどうかは別においても・・です。ぜひ共通言語、共通認識でお話ししましょう!お勧めします!


2014 Montemagro Bianco I.G.T.
モンテマグロ・ビアンコ

11654
自然派
白 辛口
イタリア
ヴェネト
ダニエーレ・ピッチニン
◆こちらは新入荷!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,550 (外税) 


2014 Muni Bianco Veronese I.G.T.
ムーニ・ビアンコ・ヴェロネーゼ

11653
自然派
白 辛口
イタリア
ヴェネト
ダニエーレ・ピッチニン
◆こちらは新入荷!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥1,990 (外税) 
【エキス分の凝縮、冷ややかな酸!!ドライでとても美味しいです!】
ヴェネトの白です。アンジョリーノのセラーで醸造しているとのことですから、ソアーヴェ近郊と言う事になるかと思いますが、アンジョリーノのサッサイアのように、ややソアーヴェを感じさせる・・・などという事がほぼ無い・・(^^;;むしろ、一番近いニュアンスは、マルク・ペノのラ・デジレ辺りになるかと思います。

ムーニ・ビアンコですが、余りビオっぽくは無いものの、わずかにガスっぽく感じます。冷ややかな酸がたっぷり有り、

「お~・・この地域でこの美しい酸の味わいを感じられるとは!」

とちょっとビックリです。有る意味、フレンチワイン的な冷ややかさが有ります。

 そんな酸が有りつつも旨みのバランスが素晴らしく、ほぼ「まんまる」なパレットを描き出しています。

 こちらは、ステンレスタンクによるシャルドネが80%と、古樽によるドゥレッラが20%とのこと。

「冷涼感有るね・・美味しいね~・・」

と言っていただける味わいかと思います。ただし、中部イタリア的な、緩~い酸がご希望の方には、

「・・ちと酸っぱ目?」

と思われるかもしれません。


ドゥレッラです。 因みに「ビアンコ・デイ・ムーニ」と一般的には紹介されているようですが、それは昔のキュヴェ名です。

 正確にはムーニ・ビアンコ・ヴェロネーゼ・・・です。


 一方のドゥレッラ100%のモンテマグロ・・・山のマグロか?・・・違うな!・・ですが、昨今のピッチニン人気で入荷が少なく・・・中々飲めない状況だったのですが、今回は何とか24本ゲット出来ましたので飲めました!昨今はヴィナイオータさんのワインは飲食店さんを中心に大人気のようで、安定した数量を確保するのが大変なんですね。

 このモンテマグロですが以前のものは、ムーニ・ビアンコに比べるとややビオ的なニュアンスが強かったですが、それでもジューシーさと構造の大きさが有りました。

 2014年ものは、むしろよりリーズナブルな価格になっていますし、より開放的な、そして、人為的な関与を感じさせないナチュラル感溢れるものになっていると思います。


 ニュアンス的にはシャルドネの入ったビアンコよりも肌理が細やかで高質ですが、ワインの印象はほぼ似たようなものになります。

 しっかりと冷たい酸・・おそらくですが、ほぼリンゴ酸を乳酸に変質させていない、二次発酵を回避した「フレッシュな」味わいをしています。

 その分、味わいには非常にニュートラルで、元々のピュアさが助長されて感じます。マロラクティックを積極的には行わないことでは、あのシャンパーニュの「サロン」が有名ですが、そんな熟成を辿るんでしょう。サロンもリリース直後はちと酸が強いし表情が乏しく感じられるんですが、有る時期を越えると「激変!」することはご経験済みでしょう?・・。ビアンコは比較的早く飲んでそのフレッシュさを楽しみ、モンテマグロは少し置く感じにされたらいかがでしょうか。

 是非ともご検討ください。最近、非常にお問い合わせの多いワインです。


2013 Muni Rosso Veronese I.G.T.
ムーニ・ロッソ・ヴェロネーゼ

11095
自然派
赤 辛口
イタリア
ヴェネト
ダニエーレ・ピッチニン
◆こちらは再入荷です!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,290 (外税) 
【これは旨し!】
 ビオ臭く無いです・・・いや、ちょっとの・・・ほんの僅かでもビオっぽさが有ったら、
「え~、こんなにビオっぽいのに、そんなこと言っちゃうの?」
みたいなノリの方もいらっしゃることを想定して、言い換えましょう。ほとんどビオっぽさは無いです・・・。余り変りませんかね・・。

 メルロ100% の、とても滑らかさの有る、冷ややかな酸味が美しい、とてもソアーヴェ近郊のワインとは思えない肉厚感があります。

 しかも、妙に清楚な方向性を持たせず、かといって、ビオっぽく野生的でも無く、軽くなく、重すぎず、でもしっかり濃い・・・旨みタップリの赤なんですね。実のことを言ってしまえば、余り無いタイプだと思いますよ。

 2007年のこのワインを、リアルの30号でnoisy が担当しましたので、その時のレヴューを(リアルの了承は取ってませんが)引用掲載します。

フルーツ実物を思わせるような、一瞬の冷たい酸っぱさと滑らかな果実糖を持った、とても自然な味わいのヴェネト・ワインである。表情のベクトルが外に向かっているので判りやすく親しみが沸く。石灰質とスミレ、ジンジャー、ハツラツとしていて綺麗!バランスも良い。嫌いな人はいないんじゃないかな?ジューシーで柔らかく、しっかり膨らみドライな味だ。はじめたばかりの造り手だそうで、将来が非常に楽しみ。担当では無いが白も旨かった。<10年5月試飲>

リアルワインガイド第30号 有限会社寿スタジオ発行 より抜粋
 まぁ・・・リアルワインガイドでは、イタリア特集を止めてしまったんですが、その理由は・・・


「反応が無い」

と言うものでして・・・・。かなりの期間に渡ってイタリアを毎回、やっていたんですが、編集部の感覚としては、イタリアは受けない・・と言うものだったのでしょう。

 しかし・・・止めてからのヴィナイオータさんのワインの受けは凄いですよ・・・。案内が出たらほぼ一瞬で蒸発しているようです。一時期、あれだけリアルに紹介させていただいたnoisyにさえ、

「もう無いす」

と、冷たい言葉しか還ってきませんし~・・。気を抜いていると、ピッチニンさんのワインなど全く買えないような状況です。


 まぁ、安いしね・・ピュアだし、ナチュラルでね・・・ま、毎年、全然味わいは違いますけどね~!・・(^^


 このムーニ・ロッソも、今回メルロ100%になったようですが、一般的な粘土を感じられるメルロでは無くて、むしろカベルネ的、花的な、やや浮遊感のあるものです。(大体にして、社長さんのコメントにはピノ・ネーロをムーニに入れたと・・・書いてあるのにね・・。案内にはメルロ100%と有りますが、おそらくメルロとピノ・ネーロをブレンドしたのでカベルネっぽいのかなと・・思っています。)冷たい果実酸が非常に心地良い!そしてやはり、人的関与の少なさを感じます。とても美味しいデイリーだと思います。ご検討ください。