ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.10.01  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・アラン・ビュルゲ

フランス Domaine Alain Burguet ブルゴーニュ
● 久し振りの「ドメ ーヌ・アラン・ビュルゲ」です。ジュヴレ=シャンベルタンに本拠を置くビュルゲは、PK氏をして、

「グランクリュを持たないのはとても残念だ」
と言わしめています。

 そもそもこの言葉を書いた頃というのは、アラン・ビュルゲも村名ジュヴレ=シャンベルタンとそのヴィエイユ・ヴィーニュを造るのみで、88年までは1級レ・シャンポーさえ所有していませんでした。しかしながら、ヴィエイユ・ヴィーニュの素晴らしさから破格の評価、4つ星を取得していたんですね。

 味筋は、残糖による甘みを全く持たないビターさと、焦点がびっちり定まって一直線に伸びる芯を持ったもの..とても好感が持てますし、実際とても旨いです。

 今回は異例とも思える価格でご紹介できることになりました。荘厳さのあるヴォーヌ=ロマネ1級、さすがと言える味わいです。是非ともご購入ください。

2011 Bourgogne les Pince Vin Rouge / Jean-Luc et Eric Burguet
ブルゴーニュ・ルージュ・レ・パンス・ヴァン

10772

赤 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・アラン・ビュルゲ
750ML 在庫    ご注文数   本
¥4,990 (外税) 
【さすがジュヴレの重鎮!!旨いです!】
 今回のこの2アイテムは入りが違いまして、2008ジュヴレ・メ・ファヴォリットはイギリスの正規、2011パンス・ヴァンは日本の正規からの購入です。

 2011年以降はかなりの値上がりですので、実はこのパンス・ヴァンの価格はかなり安いと思います。条件をいただいて・・・出した価格です。2008年のメ・ファヴォリットと何百円かの違いなので、迷うところかもしれませんね。


 2008年のメ・ファヴォリットはビュルゲさんの看板ワインで・・もうトロトロになり始めたところでしょうか。ドライなのに羊羹を想像させられちゃうような、非常に官能的な味わいです。ジュヴレの底力はこれほどまでに有るかと・・・鉄っぽさ、ワイルドなスパイス、そして美しいエキス感と・・醍醐味を味合わせてくれます。しかしまだまだこれからでも有ります。こんなもんじゃないよ・・と言うのは、そこからまだ閉じようとしていることに気付かされると思います。非常にポテンシャルの高いジュヴレで、今後は5桁・・・現行ヴィンテージもかな?・・なってしまうと思いますので実にお買い得です。


 一方のパンス・ヴァンはアラン・ビュルゲ名からジャン=リュック・エ・エリック・ビュルゲと、息子さんたちの名前に変更になっています。

 名前のみでは無く、栽培も2012年からビオロジック、2013年からビオディナミへと転換しており、この2011年パンス・ヴァンも、そんな道筋が見えるような、実にナチュールな味わいです。 おそらくですが、2008年位以降は息子さんたちも手伝っていたと思われ、そんな彼らの自然派指向が、2008年のメ・ファヴォリットにも見え、2011年のパンス・ヴァンには顕著になって現れ始めていると言えます。


 さすがにメ・ファヴォリットほどの構成の大きさ、香しさには追いつかないものの、並みのジュヴレ村名を美しさ、、ナチュラルさで超えており、村名として飲んでも違和感を感じないほどです。味わいの方向性は、メ・ファヴォリットが村の北西の1級の高度の高い畑のような、非常に質の高い・・・香しい複雑性のある味わいなのに対し、パンスヴァンは村の北から南の低い位置にある畑の様な、ある種の柔らかさ、おおらかさ、ゆったりさを持ったものになっています。

 ですので、ジュヴレの特長も持ちつつ、ナチュラルな果実感をそのままに楽しめる味わいに仕上がっています。

 実はこのワインも10年ほど寝かせると・・・結構凄いですよ。もし我慢できるようでしたらやってみてください!

 このところアラン・ビュルゲさんを押していますが、男っぽい・・無骨な味わいだと理解している昔からのブルゴーニュ・ファンが多いと思います。凄く変わっていますよ・・・無骨さはほぼ無いと言って良いと思います。是非トライしてみてください!お奨めします!