ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.05.06 
Last Update 2021.05.06  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・アルロー・ペール・エ・フィス

アルロー・ペール・エ・フィス

フランス Domaine Arlaud Pere et Fils ブルゴーニュ
● 非常に久し振りにアルローを仕入れましたのでご紹介します。決して嫌いになった訳じゃ無かったんですが、ラシーヌさんの時代になってからだったか、まだル・テロワールさんの頃だったか忘れましたが、扱いが無くなってしまったので縁切れ・・。美味しいのに余り売れず、非常に苦労した記憶が有ります。

 現在は幾つかのエージェントさんで扱いが有りますが、そのうちの一社は、扱おうと思っていたところ、担当さんが居なくなってしまう事態になった後、全く連絡が来なくなりましたし、新たにアルローを扱い始めたもう一社さんも似た様な状況になってしまいまして・・縁が無いのかなぁ・・と思っていたところです。

 今回はブローカーよりの買い付けですが、高い評価を受けているトップ・キュヴェのクロ・ド・ラ・ロシュの2014年ものをご紹介します。結構良い感じのプライスに仕上がっていますがいかがでしょうか。


2014 Clos de la Roche Grand Cru
クロ・ド・ラ・ロシュ・グラン・クリュ

13544
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
モレ=サン=ドニ
ドメーヌ・アルロー・ペール・エ・フィス

■エージェント情報
 モレ・サン・ドニに居を構えるドメーヌ「アルロー」は、1942年にジョセフ・アルロー氏によって創設され、
 1970年代から元詰めを始めたということです。その後、徐々に畑を拡張してゆき、現在ではモレ・サン・ドニを中心に、シャンボール・ミュジニーとジュヴレ・シャンベルタンの最良の区画に、約15haの畑を所有しているそうです。
 畑に植えられたブドウは、平均樹齢30~50年のもので、3代目当主となるシプリアン・アルロー氏が1998年にドメーヌを引き継いでからはリュット・レゾネ方式を採用し、2004年からはビオロジックに移行を決めたとのこと。耕作は馬によって行うなど、テロワールをより顕著に表現するために自然な状態にこだわった栽培を行っているそうです。
 醸造では、ステンレスタンクで低温マセラシオン醗酵を行うそうですが、これは過度の抽出を避けるための方法だとのこと。樽熟成では格付やヴィンテージによって新樽を30~60%使い、SO2の使用は極力避けていることから、果実のピュアな風味を楽しめるそうです。北はジュヴレ・シャンベルタン、南はシャンボール・ミュジニーに挟まれ、やや目立たない感のある「モレ・サン・ドニ」。しかし、その分有名アペラシオンに比べ、お値打ち価格になっているものが多いのも見逃せない事実です。すべてのブドウは手摘みで収穫、野生の天然酵母によって発酵され、月のリズムに応じて清澄や濾過はせずに瓶詰めされるという「アルロー」のこだわり。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥25,980 (外税) 
【ティム・アトキン氏96Points、ラ・ルヴェ・デュ・ヴァン・ド・フランス誌18.5/20Points、リアルワインガイド第54号94~96Pointsと非常に高い評価です。】
 え~・・調べてみましたら、1999年ものの扱いが最後でしたので、どんだけやってなかったかってことですね。20年は経ってはいないですが、近いものが有ります。

 その間にも本当に色々なことが有りました。アルロの扱いが無くなってから、他にエージェント権が移ったのが判ったものの、

「扱おうとすると何故か出来なくなる・・」

を繰り返して来た感じです。

 因みに・・1999年のクロ・ド・ラ・ロシュは、6千円代で販売していたようです。今となっては信じがたい価格ですが、

「誰も知らない造り手なのでそれでも結構に苦労していた」

記憶が有ります。


 20年近く前にもなりますと、本当に・・色々有りまして、辛い別れも有りました。特にそれなりに仲の良かった担当さんとはね・・。人間、健康で何気ない毎日を送れることが幸せなんだなぁとシミジミ感じる今日この頃です。

 また、今までしばらく扱わなかった理由の一つに、

「異常なまでに高くなった価格」

と言う理由も有ります。


「しばらく扱ってないからとその実力を確かめるべくも、エージェントさんの価格設定が高過ぎるんじゃないの?」

と思わざるを得ないような設定になってしまった訳です。


 だって、1999年もののクロ・ド・ラ・ロシュは6千円代ですよ?・・noisy の場合、その辺の感覚は皆さん以上にシビアですからね。苦労して販売していた訳ですし、それがいきなり・・凄い値上げになったんですね。まぁ、ラシーヌさんだったかル・テロワールさんにしても、そんな値上げの話しが有ったのかもしれません。扱いを止めてしまいまして、入って来なくなった訳です。


 で、そんなこんなで扱わなかったんですが、今回は何と、非常に出来の良い2014年のこのクロ・ド・ラ・ロシュを、非常にリーズナブルに仕入れることが出来ました。リアルもポテンシャルで96ポイント、ティム・アトキン氏も同様に96ポイントで、クラシッククラスの仕上がりをしています。

 今回は飲まないで価格勝負に行きたいと思いますが、基本的に・・彼は昔からエキス系の味わいですが、深い果実のニュアンスがしっかり出るタイプでした。初リリースの1998年ものはちょっと不安定なボトルも有ったように記憶していますが、1999年ものはとても良かったイメージが有ります。

 2015年のクロ・ド・ラ・ロシュは上代4万円、実売3万円ほどでしょうかね。今となってはとてもリーズナブルかと思います。世紀エージェント品では有りませんが状態も良いように見受けられます。是非ご検討くださいませ。