ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.05.06 
Last Update 2021.05.06  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・オーレリアン

オーレリアン

フランス Domaine Aurelien ブルゴーニュ
● クレマン・ド・ブルゴーニュをご紹介します。専業ですので・・真剣さの伝わってくるエレガントなクレマンです。



 ドメーヌ・オーレリアンは、シャティヨネ地区の村ベラン・シュール・ウルスに10ha の畑を所有する家族経営の小さなドメーヌです。現在当主を務めるStéphaneBRICE ステファン・ブリスは、シャンパーニュのドラピエやシャブリのシモネ・フェヴル、ペルナン・ヴェルジュレスのドメーヌ・ルードヴィック・ベランなどで研鑽を積んだ後、家業に参画しました。ドメーヌは、ガイドやコンクールなどには⼀切出品しない方針であるため、メディアには殆ど知られていないドメーヌです。

 しかし、シャンパーニュのクリスチャン・エティエンヌの醸造コンサルタントも務めるローラン・アシュドゥからアドバイスを受け、コストパフォーマンスの高いクレマン・ド・ブルゴーニュを手掛けています。このため、ラ・ダム・ド・ピック、ル・コベア、アクラムなど、新進気鋭のパリのミシュラン星付きレストランなどにオンリストされ、好評を博しています。

 ドメーヌの栽培法法はリュット・レゾネですが、限りなくビオロジックに近いアプローチで、極めて厳格なリュット・レゾネを実践しています。

 耕耘は毎年、夏と秋の年二回、機械を使って行っています。葡萄畑の畝の間には下草を生やし、その他の場所は年に2~4 回除草して雑草を取り除いています。幾つかの区画には堆肥や腐植土を施しています。収量は剪定段階で調整をしています。芽かきは行いますが、除葉やグリーン・ハーベストなどは状況に応じて行っています。

 ドメーヌのクレマン・ド・ブルゴーニュは全てピノ・ノワールもしくはシャルドネ種を使い、シャンパーニュと同じ製法で醸造されています。シャンパーニュの醸造コンサルタントを招聘しているのもそれが理由です。原酒は約20カ月熟成した後、瓶内二次発酵でクレマンに仕立てられます。

 ルミュアージュ(動瓶)の内、半分は今も全て伝統的な手作業で行い、5~6週間かけて毎日8分の1ずつボトルを回転させていきます。ドメーヌ・オーレリアンはスティルワインは⼀切造らず、クレマン・ド・ブルゴーニュの生産に専念しています。

 また、100%自社畑で栽培した葡萄のみを使って醸造を行っています。つまり、シャンパーニュで言えば、レコルタン=マニピュランに相当する職人的クレマンの造り手です。


N.V. Cremant de Bourgogne en chatillonais Brut Tradition
クレマン・ド・ブルゴーニュ・アン・シャティヨネ・ブリュット・トラディション

12678
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・オーレリアン

■エージェント情報
品種:ピノ・ノワール 2/3、シャルドネ 1/3
醸造について:アルコール発酵はホウロウのタンクと使用済みのバリックで行う。瓶内二次発酵を行う前に原酒を 20ケ月熟成させて、この間にマロラクティック発酵を施す。その後、ボトリングして瓶内二次発酵へ移行。さらに、澱と共に熟成させるマチュラシオン・シュール・リーを行う。二次発酵とマチュラシオン・シュール・リーの期間は最低20ケ月で、トータルで最低40ケ月の熟成を行ってからデゴルジュマンを行ってリリースされる。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,250 (外税) 


N.V. Cremant de Bourgogne en chatillonais Blanc de Blncs Brut
クレマン・ド・ブルゴーニュ・アン・シャティヨネ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット

12679
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・オーレリアン

■エージェント情報
品種:シャルドネ100%
醸造について :ホウロウのタンクと使用済みのバリックでアルコール発酵を行う。瓶内二次発酵を行う前に原酒を20カ月熟成させて、この間にマロラクティック発酵を施す。その後、ボトリングして瓶内二次発酵へ移行。さらに、澱と共に熟成させるマチュラシオン・シュール・リーを行う。二次発酵とマチュラシオン・シュール・リーの期間は最低20カ月で、トータルで最低40カ月の熟成を行ってからデゴルジュマンを行って、リリースされる。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,450 (外税) 
【エレガント系、超繊細なシャンパン製法によりクレマン・ド・ブルゴーニュです!】
 まぁ、言葉と言うのは非常に難しいもので、やはりちゃんと選んで使わないといかんよなぁ・・と、常日頃から思ってはいても、選んで使っているにせよ、相手にちゃんと思いを伝えられたかどうかとなると、結局は勘違いされただけ・・と言うことも多い訳ですね。

 まぁ、例え話はワインの場合、とても多くなりまして、noisy も良~く使う手段になっていますが、やはりそこにはそれを引き合いに出すだけの「必然性」が無ければならず、余りに突飛な例えであったり、余りに違うものを「~並みに・・」としてしまったりするものですから、

「・・・なんだよ~!全然違うジャン!」

みたいになってしまうことも有ったかもしれません。出来るだけそうはならないように・・しているつもりですけどね。

 今回ご紹介させていただくことになった、ブルゴーニュの最北部で造られるクレマン・ド・ブルゴーニュですが、「シャンパーニュ並みの仕上がり」とのプレゼンで仕入れたものです。

「そりゃぁ・・無いだろうなぁ・・でもそれだけ仕上げに自信が有るのかな?」

と、最初から割り切ってますから、例えそうでなくても・・いや、そうでないのは判っている訳で・・、別に良かった訳ですが、そんなプレゼンは「嘘」になっちゃいますからやらない方が良いと思った次第です。なので、

「シャンパーニュ並みでは有りません。」

と申し上げておきたいと思います。


 まずはピノ・ノワールを多めに、そこにシャルドネをセパージュしたブリュット・トラディションです。

 ブルゴーニュの最果ての北部、シャブリの東で造られますので、冷ややかさたっぷり・・、そこにピノ・ノワールの柔らかな旨みや複雑性、ふくよかさ、包容力が特徴ですね。

 意外や意外、とても繊細でして、泡も強くは無いんですが、結構細やかです。・・いや、とてもじゃないがシャンパーニュの泡の持続力には遠く及びません。見た感じでも結構・・細やかでしょう?・・大きなグラスに注ぎますと、そんなに長くは泡は持続しませんので、やや小ぶりの方が良いかもしれません。

 しかしながら非常に繊細でして、細やかな表情を多分に見せてくれます。洋ナシやリンゴ、僅かには赤味の有るイチゴとかも・・そこにやや色付いた感の有るスパイスがトッピングされています。

 後にご紹介させていただくブラン・ド・ブランに比較すると、ほんのりとした「果実の甘味」を感じますので、ドライ過ぎない、適度なレベルに仕上がっており、泡物のきつ過ぎるガスや酸の強さが苦手の方には・・特に女性に良い選択かと思います。

 酸のレベルも・・シャンパーニュには遠く及びませんで、ブルゴーニュに慣れた方々にはちょうど良い感じ、シャンパン大好きな方には全然物足りないレベルではないかと思われます。

 ですが、二千円そこそこのクレマンだとしたら、繊細系としての存在価値の有る泡だと感じました。


 左の写真はブラン・ド・ブラン・・シャルドネ100%です。こちらも上記のブレンドもの同様に、繊細系、エレガントな仕上がりです。色合いも面白いように違いますよね。

 泡もさらに非常に細やかで滑らかです。上記同様に・・そんなに長いことは持続は出来ません。やはり熟成期間がシャンパーニュのように長くないですから仕方が無いんですよ。そういうものなんですね・・。でもとても繊細です。

 ブレンドものに比較しますと、こちらは「かなりドライ」に仕上がっています。でも大抵の場合、ドライにしてしまうとボディが出てこなくなり、「ペッタペタ」な厚みの無いボディ、中域になってしまうんですが、いや、ちゃんとしていますよ。良い感じのボディ感が有ります。

 最も酸がシャンパーニュのようにぶっとくは無いですし、量も追いつきませんから・・

「シャンパーニュと同等に比較してはダメ」

と言うことになりますが、それでもフィネスあるドライな味わいで、しかもリーズナブルなプライスになっているクレマン・ド・ブルゴーニュだとするなら、これは有りだろう・・と感じました。

 感じられるフルーツは黄色が主体で白っぽいものです。繊細ですから・・上品な感じです。ゴリゴリと押してくるタイプでは有りません。おしとやかだがちゃんと細やかな主張をしています。

 ミネラリティもやや軽めの白っぽい石灰感が中心で、これもエレガンスを助長しているように思います。

 これだけ繊細系ですので・・できるなら「安いからと言って雑な扱いはしない」ことが、楽しく美味しく飲むためには必要なんですね。栓を抜くまでに振り回すなんて・・いや、結果としてですよ・・中々スムーズに開けられずに振り回す結果になってしまうと、せっかくの細やかな泡がどこかに行ってしまう訳ですね。

 なので、いつも言うことですが、

1.吹いても良いようにシンクの有るところで作業に入る。

2.キャプスュルを剥く。

3.ボトルを人のいない方に25~30度傾ける。(空気との接触面を広くする・・これで吹きませんよ。)

4.(右利きなら)必ず左手で頭を押さえながら、左手でコルク押さえの金属を緩める。
(これは、コルクが不意に飛んでしまうのを防ぐための左手です。)

5.コルクが上がってくるのを左手で逆方向に押し込みながら感じつつ、右手親指でコルクを上に押す。

6.コルクの最後の部分が完全に抜けてしまわないようにしながら、「シューッ」と音がしなくなるまで、斜めにしたままのボトルを維持する。

7.これで吹かず溢さずに抜けるので、ボトルを水平に戻してサーブに向かう。


 どうです?・・行けそうでしょ?・・まぁ、ナプキンを使うのが良いかと思いますが、慣れないうちはどこに何が有るか分からなくなると思いますので、必ずシンクで・・コルクを見ながらやってみてください。美味しい泡物で夏を楽しく過ごしましょう!お勧めします!