ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2021.06.03 
Last Update 2021.06.03  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・デ・ペルドリ

デ・ペルドリ

フランス Domaine des Perdrix ブルゴーニュ
● 2002年もの以来のご案内になりますドメーヌ・デ・ペルドリをご紹介させていただきます。長くご案内しなかったのには幾つか理由がありますが、まぁ・・余り好きなタイプでは無かった・・だけです。

 久しぶりに仕入れてみたのは、どうも海外では最近、評価が上がって来ていることと、仕入れを止めてから10年じゃ利かないほど飲んでいないことが有り、また、ブローカー仕入れのため、

「相場から言ったら相当に・・安い!」

かったのが理由です。


 久々に飲んでみますと、なるほど・・こんな感じが海外で受けるのね・・と言うような印象で、誤解を恐れずに言ってみてしまえば、

「シルヴァン・カティアールとオーレリアン・ヴェルデを足して割ったような感じ」

がしました。


「・・・ん~・・そんなんじゃイメージ湧かないな~・・」

と言うお方には、

「綺麗なエキスを抽出する酸化を抑えた早くから美味しく飲める造り」

では無く、

「適度な抽出をした適度な酸化の抑えで、ある程度の熟成を前提とした造り」

だと言えます。


 今回はトップ・キュヴェのエシェゾーと、看板でも名前でもあるニュイ=サン=ジョルジュの1級「ペルドリ」2アイテム、計6アイテムをご紹介させていただきます。


2013 Nuits-Saint-Georges 1er Cru aux Perdrix Quasi-Monopole
ニュイ=サン=ジョルジュ・プルミエ・クリュ・オー・ペルドリ・カズィ・モノポール

15222
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ニュイ=サン=ジョルジュ
ドメーヌ・デ・ペルドリ

 ベルナール・ミュニュレ家が所有していた所有畑を、ブルゴーニュ最大のネゴシアンとして有名なアントナン・ロデ社の管理者夫妻、ベルトラン氏とクリスチャン・ドゥヴィラール氏が1996年に引き継いだのが、この「ドメーヌ・ド・ペルドリ」です。元々「ドメーヌ・ド・ペルドリ」の畑のポテンシャルは飛び抜けたものであり、今回ご案内するほぼモノポールとなる「ニュイ・サン・ジョルジュ・オー・ペルドリ」や、特級のエシェゾーの中でも最高の位置にある畑が、本ドメーヌの手中にあるのです。
 そして、ドメーヌ・ド・ペルドリの品質の高さを伝えるのに必ずと言っていいほど持ち出されるのが、『ル・クラスマン』誌による2001年のエシェゾーに対する評価。その評価コメントを見てみれば、「最も完璧なエシェゾー」「素晴らしい構造で余韻も長い」、
そして「DRCのワインに匹敵するだろう」との言葉まで!…これは凄い…の一言ですね…。
ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・オー・ペルドリ・カズィ・モノポール」は、「モノポールに準拠する」という名の通りペルドリが約99%を所有する、実質モノポールとなる畑のもの。
 パーカーポイントは2013年が90点、2012年が91点!ブフ・ブルギニョンやコック・オ・ヴァン、プライムカットの牛肉、ラムレッグ、さらにマンステールやアベイ・ド・シトーなどの濃厚なチーズと完全にマッチするという評です!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,080 (外税) 


2012 Nuits-Saint-Georges 1er Cru aux Perdrix Quasi-Monopole
ニュイ=サン=ジョルジュ・プルミエ・クリュ・オー・ペルドリ・カズィ・モノポール

15223
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ニュイ=サン=ジョルジュ
ドメーヌ・デ・ペルドリ

 ベルナール・ミュニュレ家が所有していた所有畑を、ブルゴーニュ最大のネゴシアンとして有名なアントナン・ロデ社の管理者夫妻、ベルトラン氏とクリスチャン・ドゥヴィラール氏が1996年に引き継いだのが、この「ドメーヌ・ド・ペルドリ」です。元々「ドメーヌ・ド・ペルドリ」の畑のポテンシャルは飛び抜けたものであり、今回ご案内するほぼモノポールとなる「ニュイ・サン・ジョルジュ・オー・ペルドリ」や、特級のエシェゾーの中でも最高の位置にある畑が、本ドメーヌの手中にあるのです。
 そして、ドメーヌ・ド・ペルドリの品質の高さを伝えるのに必ずと言っていいほど持ち出されるのが、『ル・クラスマン』誌による2001年のエシェゾーに対する評価。その評価コメントを見てみれば、「最も完璧なエシェゾー」「素晴らしい構造で余韻も長い」、
そして「DRCのワインに匹敵するだろう」との言葉まで!…これは凄い…の一言ですね…。
ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・オー・ペルドリ・カズィ・モノポール」は、「モノポールに準拠する」という名の通りペルドリが約99%を所有する、実質モノポールとなる畑のもの。
パーカーポイントは2013年が90点、2012年が91点!ブフ・ブルギニョンやコック・オ・ヴァン、プライムカットの牛肉、ラムレッグ、さらにマンステールやアベイ・ド・シトーなどの濃厚なチーズと完全にマッチするという評です!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,480 (外税) 
【プレモー村の秀逸な1級畑群の一つ、オー・ペルドリ!これはかなりリーズナブルだと思います!】
 ペルドリのベーシックな1級の方です。写真は2013年もののカズィ・モノポールです。直訳すると「ほぼ独占してます・・」みたいな感じでしょうか。

 ちょっと澱が舞ってしまっている感じでのテイスティングでした。中々しっかり休ませる時間が取り切れず・・いや、色々と雑務が有りますし、休養明けとかで荷物が入ってくるのが遅れるとかの戦いの結果で、もう少し綺麗な写真に仕上げたかったんですが・・すみません。

 因みは2013年ものはアドヴォケイトが90点、スペクテイターが92点付けてます。飲めていない2012年はアドヴォケイト91点、ゴー・エ・ミヨが18/20点と、結構に高いです。

 このカズィ・モノポールですが、畑自体 1922~1955年に植樹されたので、こちらもヴィエイユ・ヴィーニュには違い在りません。

 またご存じかと思いますが、このオー・ペルドリはプレモー村に有ります。・・そう、皆さんもご存じの、

「クロ・デ・フォレ(レ・フォレ)」

の南に接していますし、

「クロ・デ・コルヴェ(オー・コルヴェのほとんどを占める)」

の上部(西)に接しています。


 そう・・なので、クロ・デ・フォレやクロ・デ・コルヴェに・・結構に似ているんですね~・・。クロ・デ・フォレの、あの、「むっちり」した肉の感じや、クロ・デ・コルヴェの「ちょっとざらつく舌触りの赤過ぎないジビエの控えめなこってり感」とか・・・(^^;;

 まぁ、そんな風に感じてもらえると、実に楽しいですよ。何せ、

「クロ・デ・コルヴェは6万円以上!」

ですし、

「クロ・デ・フォレは1.5万円以上!」

は確定の上、プティ・プレもクロ・デ・フォレになってしまいましたから、若木・格落ちも手に入らず・・みたいな状況なんですね。


 因みに・・このペルドリの南に接するのは、あの「レ・ザルジリエール」なんですね~。そのほとんどを占めるクロ・デ・ザルジリエールは、以前はド・シャソルネイの看板でしたが、プリューレ・ロックにさらわれてしまっていますし、価格もとんでもないことになってしまっています。


 味わい的には、そんな畑たちと似通ったニュアンスを多く受けます。低温で漬け込んでからイノックスで醸すタイプだと思われますが、ググっと出てくる感じの中にスッと抜けてくニュアンスが有ります。滑らかなテクスチュアに少しゴツゴツした感じが混じり、紫の果実に複雑に入り組んだ酸の味わいが有ります。

 ん~・・ザルジリエールに似てるよな~・・と思ってしまいました。


 今回は2013年のみのテイスティングですみません。2012年は綺麗さを増していると思います。ご検討くださいませ。


2012 Nuits-Saint-Georges 1er Cru aux Perdrix les 8 Ouvrees
ニュイ=サン=ジョルジュ・プルミエ・クリュ・オー・ペルドリ・レ・ユイット・ウーヴレ

15220
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ニュイ=サン=ジョルジュ
ドメーヌ・デ・ペルドリ

 ベルナール・ミュニュレ家が所有していた所有畑を、ブルゴーニュ最大のネゴシアンとして有名なアントナン・ロデ社の管理者夫妻、ベルトラン氏とクリスチャン・ドゥヴィラール氏が1996年に引き継いだのが、この「ドメーヌ・ド・ペルドリ」です。元々「ドメーヌ・ド・ペルドリ」の畑のポテンシャルは飛び抜けたものであり、今回ご案内するほぼモノポールとなる「ニュイ・サン・ジョルジュ・オー・ペルドリ」や、特級のエシェゾーの中でも最高の位置にある畑が、本ドメーヌの手中にあるのです。
 そして、ドメーヌ・ド・ペルドリの品質の高さを伝えるのに必ずと言っていいほど持ち出されるのが、『ル・クラスマン』誌による2001年のエシェゾーに対する評価。その評価コメントを見てみれば、「最も完璧なエシェゾー」「素晴らしい構造で余韻も長い」、
そして「DRCのワインに匹敵するだろう」との言葉まで!…これは凄い…の一言ですね…。
 「ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・オー・ペルドリ・レ・ユイット・ウーヴレ」は、「オー・ペルドリ」の畑の中でも、樹齢90年以上の古樹が植えられた8ウーヴレ(約3分の1ha)の区画から造られる上級キュヴェ。ちなみに「ウーヴレ」とはブルゴーニュの農家が用いる面積の単位で、1ウーヴレは一人が一日に耕せる範囲、つまり「約0.04ha」であるとのことです。ブドウは手摘みで収穫され、選別後に完全に除梗。マセラシオンの後、アルコール発酵は温度制御された槽で15~18日間続き、熟成はオークの新樽100%で18ヶ月間行われます。
 ペルドリの公式コメントでは、2012年は「スパイシーなノーズを有し、ブラックカラントとブルーベリーのような黒系果実の香りを表現している」と評されており、これに対し2011年は「非常に表情豊かでパワフルなノーズに、黒系果実の香りにミネラルのノート、また鉛筆の芯などの印象もある」とのこと。年産生産数は3.000本という文字通りスペシャル・キュヴェです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥13,990 (外税) 


2011 Nuits-Saint-Georges 1er Cru Aux Perdrix les 8 Ouvrees
ニュイ=サン=ジョルジュ・プルミエ・クリュ・オー・ペルドリ・レ・ユイット・ウーヴレ

15221
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ニュイ=サン=ジョルジュ
ドメーヌ・デ・ペルドリ

 ベルナール・ミュニュレ家が所有していた所有畑を、ブルゴーニュ最大のネゴシアンとして有名なアントナン・ロデ社の管理者夫妻、ベルトラン氏とクリスチャン・ドゥヴィラール氏が1996年に引き継いだのが、この「ドメーヌ・ド・ペルドリ」です。元々「ドメーヌ・ド・ペルドリ」の畑のポテンシャルは飛び抜けたものであり、今回ご案内するほぼモノポールとなる「ニュイ・サン・ジョルジュ・オー・ペルドリ」や、特級のエシェゾーの中でも最高の位置にある畑が、本ドメーヌの手中にあるのです。
 そして、ドメーヌ・ド・ペルドリの品質の高さを伝えるのに必ずと言っていいほど持ち出されるのが、『ル・クラスマン』誌による2001年のエシェゾーに対する評価。その評価コメントを見てみれば、「最も完璧なエシェゾー」「素晴らしい構造で余韻も長い」、
そして「DRCのワインに匹敵するだろう」との言葉まで!…これは凄い…の一言ですね…。
 「ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・オー・ペルドリ・レ・ユイット・ウーヴレ」は、「オー・ペルドリ」の畑の中でも、樹齢90年以上の古樹が植えられた8ウーヴレ(約3分の1ha)の区画から造られる上級キュヴェ。ちなみに「ウーヴレ」とはブルゴーニュの農家が用いる面積の単位で、1ウーヴレは一人が一日に耕せる範囲、つまり「約0.04ha」であるとのことです。ブドウは手摘みで収穫され、選別後に完全に除梗。マセラシオンの後、アルコール発酵は温度制御された槽で15~18日間続き、熟成はオークの新樽100%で18ヶ月間行われます。
 ペルドリの公式コメントでは、2012年は「スパイシーなノーズを有し、ブラックカラントとブルーベリーのような黒系果実の香りを表現している」と評されており、これに対し2011年は「非常に表情豊かでパワフルなノーズに、黒系果実の香りにミネラルのノート、また鉛筆の芯などの印象もある」とのこと。年産生産数は3.000本という文字通りスペシャル・キュヴェです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥11,880 (外税) 
【カズィ・モノポールとの違いは精緻さ!品の良さ!プレモー1級の神髄を感じさせてくれます。リーズナブルです。】
 カズィ・モノポールの写真と比較すると、だいぶ落ち着いている・・と言うか、光沢が出て来ていると思いますが、実際、1日の休養の差は、それがボトルを立てている期間で有るとするなら、結構に大きいです。

 なので、このようなフィルターをしないキュヴェや、瓶熟が長くなってきたボトルには、しっかり立てて澱落としをすることで、

「全く異なる印象」

になる場合がありますのでご注意くださいませ。

 時折、発送した翌日の到着日にいきなり開けられ、「澱だらけで飲めません」と電話でクレームを言われることが有りますが、美味しく飲めるかどうかはお客様次第なんですね。

 このプレモー辺りの1級を飲むと感じる「肉」っぽい感じ・・は、クロ・デ・コルヴェやクロ・デ・ザリジリエールと共通かな・・と思います。そこに紫の果実がしっかり目に入り、質感高いベルベッティなタンニンがこのワインの大きさを物語っているかのようです。

 少々グラスを振っていますと、とても目の細かい高周波のスパイスがおしとやかに香って来ます。

「ん~・・やっぱり・・クロ・デ・ザルジリエールに・・近いなぁ・・」


 2002年のオー・ペルドリは、ま~濃いし、結構にタンニンも有るし・・余り好きじゃ無かったのは事実です。そこに畑由来のエレガントだったらどんなに輝くだろう!・・と思える要素が差し込んで来て・・

「ガ~っと濃くするか、エレガント系を表現するかのどっちかにせい!」

と思った・・ような記憶が有ります。

 確かにこの時も、相当に海外の評価が高くなってきており、ポイントも高かったので仕入れてみたんですが、結局余りテンションが上がらず、余り売れませんでした。


 しかしながらこの2011年の熟し始めの「レ・ユイット・ウーヴレ」は、不要な濃度はほぼ無く、丸くなり始めて美味しさがちょうど出て来たタイミングだと思われます。

 ちょっと、シルヴァン・カティアールを思い起こさせるような緻密さもありながら、オー・ペルドリと言うか、プレモーらしい起伏の大きなウネリ、パワーみたいなものも感じさせてくれました。

 これ、ちょっと・・リーズナブルなんじゃないかな?と思います。1922年に植樹された区画からの超絶なV.V.ですから・・そんな緻密な部分と、おおらかさが交錯するプレモー1級らしいピノでした。是非挑戦してみてください。お勧めします。


P.S.・・あ、2012年ものは、ゴー・エ・ミヨ誌でも18/20ポイントと、結構に高い評価です。2011年ものよりさらに精緻な仕上がりかと思われます。


2014 Echezeaux Grand Cru
エシェゾー・グラン・クリュ

15224
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
フラジェ=エシェゾー
ドメーヌ・デ・ペルドリ

■エージェント情報
 ベルナール・ミュニュレ家が所有していた所有畑を、ブルゴーニュ最大のネゴシアンとして有名なアントナン・ロデ社の管理者夫妻、ベルトラン氏とクリスチャン・ドゥヴィラール氏が1996年に引き継いだのが、この「ドメーヌ・ド・ペルドリ」です。元々「ドメーヌ・ド・ペルドリ」の畑のポテンシャルは飛び抜けたものであり、今回ご案内するほぼモノポールとなる「ニュイ・サン・ジョルジュ・オー・ペルドリ」や、特級のエシェゾーの中でも最高の位置にある畑が、本ドメーヌの手中にあるのです。
 そして、ドメーヌ・ド・ペルドリの品質の高さを伝えるのに必ずと言っていいほど持ち出されるのが、『ル・クラスマン』誌による2001年のエシェゾーに対する評価。その評価コメントを見てみれば、「最も完璧なエシェゾー」「素晴らしい構造で余韻も長い」、
そして「DRCのワインに匹敵するだろう」との言葉まで!…これは凄い…の一言ですね…。
 こちらはペルドリが誇るトップ・キュヴェとなる「エシェゾー」です!!1922年植樹の「エシェゾー・デュ・ドゥシュ」のブドウを80%、そして1945年植樹の「カルティエ・ド・ニュイ」のブドウを20%用いて造るという、極めつけのヴィエイユ・ヴィーニュものです。
パーカーポイントは、2013年が90点を獲得!
 公式コメントによると、2014年は「パワフルなノーズで、ナツメグやシナモンといったスパイスと黒系の果実香が広がり、美しい複雑さを持ったワイン」とのことで、2013年は「ノーズはデリケート、黒系果実、ミント、ホワイトペッパーのノートを有す繊細なワイン」だという評です。
 2014年はウズラのロースト、2013年は神戸牛との相性良し!とのことですので、ゆっくりセラーに寝かせた上で、特別なディナーと共に楽しみたいものですね!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥23,980 (外税) 


2013 Echezeaux Grand Cru
エシェゾー・グラン・クリュ

15225
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
フラジェ=エシェゾー
ドメーヌ・デ・ペルドリ

■エージェント情報
 ベルナール・ミュニュレ家が所有していた所有畑を、ブルゴーニュ最大のネゴシアンとして有名なアントナン・ロデ社の管理者夫妻、ベルトラン氏とクリスチャン・ドゥヴィラール氏が1996年に引き継いだのが、この「ドメーヌ・ド・ペルドリ」です。元々「ドメーヌ・ド・ペルドリ」の畑のポテンシャルは飛び抜けたものであり、今回ご案内するほぼモノポールとなる「ニュイ・サン・ジョルジュ・オー・ペルドリ」や、特級のエシェゾーの中でも最高の位置にある畑が、本ドメーヌの手中にあるのです。
 そして、ドメーヌ・ド・ペルドリの品質の高さを伝えるのに必ずと言っていいほど持ち出されるのが、『ル・クラスマン』誌による2001年のエシェゾーに対する評価。その評価コメントを見てみれば、「最も完璧なエシェゾー」「素晴らしい構造で余韻も長い」、
そして「DRCのワインに匹敵するだろう」との言葉まで!…これは凄い…の一言ですね…。
 こちらはペルドリが誇るトップ・キュヴェとなる「エシェゾー」です!!1922年植樹の「エシェゾー・デュ・ドゥシュ」のブドウを80%、そして1945年植樹の「カルティエ・ド・ニュイ」のブドウを20%用いて造るという、極めつけのヴィエイユ・ヴィーニュものです。
パーカーポイントは、2013年が90点を獲得!
 公式コメントによると、2014年は「パワフルなノーズで、ナツメグやシナモンといったスパイスと黒系の果実香が広がり、美しい複雑さを持ったワイン」とのことで、2013年は「ノーズはデリケート、黒系果実、ミント、ホワイトペッパーのノートを有す繊細なワイン」だという評です。
 2014年はウズラのロースト、2013年は神戸牛との相性良し!とのことですので、ゆっくりセラーに寝かせた上で、特別なディナーと共に楽しみたいものですね!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥19,990 (外税) 
【2013年はスペクテイター 91Points、アドヴォケイト 90Points、2014年はワイン・アンスージャスト 95 Points、ティム・アトキンも95 Points!】
 2002年もののご紹介の時は、エシェゾーもしっかりテイスティングさせていただいてのご紹介でした。また1級のペルドリも、まだ1アイテムのみのリリースでした。現在は、超古木のヴィエイユ・ヴィーニュと、それ以外の畑で分けてリリースしています。

 ここのエシェゾーも現在は2アイテム有り、「エシェゾー・デュ・ドゥスュ」を単独でリリースするほかに、「エシェゾー・デュ・ドゥスュ」と「カルティエ・ド・ニュイ」をブレンドしたものも出しており、今回はこの後者のご案内になります。

 現在販売されているものの価格を見れば非常にリーズナブルです。しかも2014年ものは95Points、アンスージャストとティム・アトキン氏が付けています。2013年ものは91Pointsが最高点のようです。

 2013年ものは、海外メディアの好みからはやはりきれい過ぎる出来なのかもしれないと、カズィを飲んだ限りでは有りますが感じています。

 数の買えなかったエシェゾーは価格勝負!・・で行きますので、この機会に是非・・挑戦してみてください。ご検討くださいませ。