ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2020.11.19 
Last Update 2020.11.19  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・デュジャック

デュジャック

フランス Domaine Dujac ブルゴーニュ
Domaine DujacDomaine index -- Open All Column
● デュジャックです。noisy にとっても思い入れの深い造り手です。でも正規が買えない状況、また価格も信じられないほど上昇してしまっており、先代の引退とともに濃密になったことも有りますか、少し離れてしまっている現状です。

 今思えば1990年台は楽しかった!自然派もビオも無かったです。実際にはちゃんと有ったのに、「認識」が無かったんですね。

 だからデュジャックやラルロ、ポンソのワインのコンディションがマチマチな理由が判らなかった訳です。でも、

「**年のデュジャックは凄いぞ!」

とか、

「濃いだけがブルゴーニュの良さじゃないんだよ!」

みたいなやり取りが懐かしく思い出される訳です。


 今回は、残念ながらワインでは有りませんが、おそらくジャック・セイスの若かりし頃に蒸留した貴重なマールをご紹介します。


N.V. Marc de Bourgogne Hors d'Age
マール・ド・ブルゴーニュ・オル・ダージュ

12010
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・デュジャック

◇◇◇ワインでは有りません。マール(蒸留酒・粕取りブランデー)です。
■エージェント情報
 モレ・サン・ドニの名門中の名門である、ドメーヌ・デュジャックが造る幻のマール!デュジャックでは、1985年を最後にマールの製造を終了していますが、「オル・ダージュ」は1975年から1979年までの原酒をブレンドして造った特別なマールです。
 30年以上も前に造られたというだけでもその希少性の高さが窺い知れる逸品ですので、見逃すわけにはゆきません…。幻という言葉がズバリと当てはまる、大変貴重なマールです!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥21,100 (外税) 
【貴重です!・・もうそろそろ・・限界かな・・この先は、もしリリースが有るならとんでもなく高価なものになるでしょう!】
 左の写真はずいぶん前にご紹介したオル・ダージュです。今回ご紹介するのは上記の写真ですのでお間違い無く。

 いや~・・今までは何とか2万円を切ってのオファーにしてしまいましたが、出物が有る度に価格が上昇しています。まぁ、DRCのマールやフィーヌも、70年台、80年台は3~5万円ほどで販売していたものですが、今や・・ご存知の通りの20万円コースの状況でして、

「ん・・失敗した・・沢山仕入れて寝かしておくべきだった・・」

と。

 まぁ、後悔先に立たずです。確かに3~5万円と言っても、その頃は飲むワインにはその額を出せても、量は飲めない蒸留酒に出す勇気は無かったよなぁ・・と思います。今になるとまた微妙に気持ちは違いますけどね。

「Hors d'Age」

 「ずば抜けた年月」とでも訳すべきでしょうか?・・デュジャックでは80年台以降はマールを蒸留していないらしいので、1970年台のマールのブレンドのようです。でも判りませんよ・・。色合いを透かして見ると、確かに古そうには見えます。

 以前にご紹介したオル・ダージュのその文字は「Hors d'Age」ですが、今回のは「HORS D'AGE」になっていますね。それ以前にも「1970年」とヴィンテージが書かれたボトルを販売した記録が有り、写真を探したのですが見当たりませんでした。

 まぁ、ネットを始めた頃はカメラの品質が悪いですから、見つかっても見せられるような代物じゃないかもしれませんけどね。1990年台、おそらく日本で初めてワインのエチケットの写真を掲載して販売ページを創ったのは noisy だと思ってます。デジカメは20メガほどのカシオだったか?・・で、ま~・・白いエチケットに黒い文字のものは、

「ボケてしまって良く見えない」

ので、非常に苦労しました。多くはネガフィルムをスキャンするのが主流でしたが、電話回線を使用するので大きな画像を掲載出来ませんから、少し見やすい程度だったと思います。noisy は写真の腕が無いので、写っているかどうかわからないフィルムを現像に出してスキャンする・・などと大それたことは出来なかったんですね~!

 お酒の話しじゃ無くてすみません。ページにワインを掲載しても即注文には至らず、

「実際に一度店を確認しにいらっしゃってから、再度メールで注文する」

なんて時代でした。


「・・あっ、アンリ・ジャイエ・・・本当に有った~!」

なんてね~。お客さんに喜ばれたものです。そこから20年ほどしか経って無いのにネット全盛の時代です。ビックリですよね。

 noisy にとっては時代を考えさせられるアイテムでした。この先はもしリリースが有っても馬鹿高くなるのは見えてますし、シングルモルトのとんでもないプライスを見てもまだまだお買い得なのかもしれません。ご検討くださいませ。