ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード      
  
Last Update 2020.09.25  



Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・ジャン=ルイ・ライヤール

フランス Domaine Jean-Louis Raillard ブルゴーニュ
● 待望の2018年、ドメーヌ・ジャン=ルイ・ライヤールのご紹介です。これほどまでにリーズナブルで、ブルゴーニュの聖地の素晴らしい味わいを届けてくれるのは、ジャン=ルイ・ライヤールだけです。他にいらしたら是非教えてください・・(^^;;

 今回は、あのフラッグシップ、1級のレ・ボーモンもいただきました。これは非常に希少です。

「あと7割増しで欲しい!」

と言って交渉したんですが・・何だかんだと言い訳された挙句、結局最初に提示された量しか来ませんでした。(・・だからそれじゃテイスティング代が出ないってば!)

 2018年も非常に素晴らしいです。伸びやかで健康な2017年ものに対し、2018年ものは「複雑性」が乗っかっていますので、ポテンシャルは確実に上回り、その分、育っていくのに少しタイミングが遅くなる・・と感じました。

 それにしても滅茶美味しい!・・ヴォーヌ=ロマネの生産者で最もリーズナブルで最もエキシーです。A.C.ブルでさえ・・非常に・・です。(ここでは書きませんが・・)是非ともご検討くださいませ。


■2018ヴィンテージに関するジャン・ルイ・ライヤールのコメント

 2018年の冬は湿気が多く雨がちでしたが、4月初めからの季節外れの暖かさで、ブドウの芽吹きは非常に早くなりました。しかし、5月上旬に気温が氷点下にまで下がり、ブルゴーニュは霜の被害を受けてしまいました。幸運なことにヴォーヌ・ロマネは被害を免れました。その後暑さが戻り、ブドウは5月末に開花しました。そして良好な条件のもとで成長しました。

 6月に入ると雨がちの日が2週間程続きました。この間はべと病の心配がありましたが、管理を怠りませんでした。その後は乾燥した暑い日が戻り、それは収穫前まで続きました。

 2018年は4月から9月にかけて、1559時間の日照時間がありました。これは平年よりも20%も多い日照時間です。この日照量のおかげで、酸と糖とタンニンの並外れたバランスを備えた、健全で成熟した素晴らしいブドウを収穫することができました。

ジャン・ルイ・ライヤール

━━━━━
 ジャン・ルイ・ライヤールの2017年が少量入荷してきました。大変小さなドメーヌですので、人気の高さに数が本当に足りません。

 2016年ものの美しいエキスのワインには皆さんも心を奪われたに違いありません。難しかったはずのヴィンテージに「そつなく」ではなく、「すばらしい」ワインに仕上げた実力は確かなものと言えます。

 2017年ものは前年のような苦労は無かったようです。前年はほぼ9月の後半(28日頃)に収穫していますが、2017年ものは前半(8~9日頃)ですから、3週間も早いですし、生産量も1.5倍~1.7倍ほどに増えているようです。

 で、非常に少ない1級レ・ボーモン(公称900本)は片手の指さえほとんど余るほどの数量しか入ってませんので飲めませんでしたが、A.C.ブル、村名ニュイ=サン=ジョルジュ、村名ヴォーヌ=ロマネをテイスティングさせていただき、2017年ものの姿を見させていただきました。

 2016年ものがリリース直後から凄いバランスを見せたのに対し、2017年ものはより複雑性高く、より品格を感じる味わいでした。ある意味、リリース直後から完成された味わいの2016年・・は、最初から非常に美味しかった訳ですが、2017年と比較してしまえば複雑性は届かなかったかと言えます。

 2017年は複雑性の高い味わい・・つまりよりポテンシャルが高い訳で、その分、「現時点でのまとまり」と言う点では2016年に及ばない訳です・・村名ニュイ=サン=ジョルジュを除いては。

 いや~・・ニュイ村名、今絶好調です。滅茶苦茶旨いです!・・しかも激安ですし!・・勿論、A.C.ブルもA.C.ヴォーヌ=ロマネもその意味では「時間の問題」です。輸入の疲れが取れた休養バッチリ状態に持ち込んでいただいた段階で、

「エキスたっぷり!ピュアでエレガント、複雑性も高い見事な激安ピノ・ノワール!」

に大変身です。


 ブルゴーニュワインの暴騰が懸念される中、ブルゴーニュのど真ん中の誰もが飲みたいと思っているピノ・ノワールをリーズナブルに供給してくれている数少ないドメーヌさんです。是非飲んでみてください。超お勧めします!


━━━━━
 素晴らしかった2015年ものは、ま~・・飛び抜けて美味かったですよね~。しかも価格も実にリーズナブル!・・ヴォーヌ=ロマネの生産者さんですよ?・・今時はヴォーヌ=ロマネ村名など、ネゴスものでもこんなプライスは不可能かと思いますが、それも、

「滅茶美味しい!」

ですからね。2016年ものも期待してテイスティングに臨みました。今回は1級レ・ボーモンは無し、次回以降の入荷を期待しています。

 物凄く健全で何のストレスも継ぎ目も無い見事な2015年ものに比べ、2016年ものはやはり2016年らしい複雑性を秘めた大きな構造のワインだと言えます。

 この辺の仕上げ方は実に見事で、

「ジャン・ルイ・ライヤールって、こんなに造りが上手かったんだ・・」

と驚かされました。


 今飲んで納得の味わい、3年後に期待を大きくし、6年後以降、大きく膨れたボディからエレガンスと複雑なアロマを見せてくれるものと感じた2016年です。

■ヴィンテージを追うごとにワインの純粋さと透明感がアップ
 【1968 年から全房発酵を貫くヴォーヌ・ロマネの小さな巨人】

 1968 年から元詰を開始したドメーヌ・ライヤールは、栽培面積3ha 弱、総生産量5?6 千本という、他のヴォーヌ・ロマネのドメーヌに比べて極めて小さなドメーヌです。ガイド等への掲載は殆どありませんが、コストパフォーマンスの高さで、欧米では個人客を中心に高い人気を集めています。

■全房発酵の第一人者
 温暖化の影響と世代交代によって、2010 年代からブルゴーニュで急速に導入が進んでいます。しかし、ジャン=ルイ・ライヤールは元詰めを始めた1968年から半世紀近く一貫して全房発酵にこだわり続けてワイン造りをしてきました。全房発酵を行うためには何よりもブドウの果梗まで成熟させる必要があり、収穫をぎりぎりまで遅くしなければなりません。また、ピジャージュ(櫂入れ)は機械を使わずに足で行わなければならず、より多くの手間がかかります。ジャン=ルイ・ライヤールはDRC やルロワと共通するこの哲学をずっと実践し続けている全房発酵の第一人者なのです。

■職人的な緻密な作業から生まれる真のハンドメイドワイン
 ジャン=ルイ・ライヤールは、ロマネ・コンティで働いていた両親から1989 年にドメーヌを継承しました。彼は自分の目の届く範囲の小さな畑で、職人的な緻密な手作業による「真のハンドメイドワイン」にこだわって仕事をしています。例えば、発酵層からワインを引き抜く際も機械は使わずに、手作業で小さな桶を使って行っています。ドメーヌのワインの品質向上は特に2010年代に入ってから目覚ましく、ヴィンテージを追うごとにワインの純粋さと透明感がアップしています。

■ドメーヌの醸造について
 近年のブルゴーニュでは、湿度が高い涼しい夏、そして夏の日照不足を補って余りある程の素晴らしい9 月の天候によって、可能な限り成熟したブドウを得るために、以前よりもずっと遅く収穫ができるようになりました。それは特に梗の成熟に顕著に表れています。こうしたことから、近年、全房発酵がブルゴーニュで広がりを見せているのだと思います。いずれにしても、全房発酵を行うためには成熟した果梗を得ることが非常に重要です。私のドメーヌでは最も良く熟す区画や除梗しないブドウに適した区画を毎年見極めて果梗のついたブドウを収穫しています。

 まず、全房のブドウを発酵層の深部に置くことで、発酵が?く行われるという効果があります。全房のブドウはブドウの粒の中で発酵が行われるため、発酵層の中に温度の高い核の部分が生まれ、30度を超える温度が?く維持されるのです。そして、アルコール発酵の期間がより?くなることによって、最上の抽出と、異なる成分(タンニン、色素、ポリフェノールなど)の間の自然な結合が可能になります。また、果梗が発酵中の急激な温度上昇を抑えて、固体と液体の間の良好なバランスを取ってくれます。発酵中に機械を使うピジャージュ(櫂入れ)やポンピングオーバー、激しい攪拌を行うと、揮発性の高いアロマがピノ・ノワールから失われてしまいます。このため、ドメーヌではこのような激しい行為を行わず、足でソフトなピジャージュを行って、揮発性の高いアロマがワインに残すようにしています。

 果粒の中で発酵したマストは、圧搾によって開放されて、焙煎やトースト、スグリなどのブラック・フルーツのノートを備えた凝縮したアロマを生み出します。また、新鮮なレッドフルーツのアロマを除梗したブドウの部分にも広げる作用もあります。それから、発酵層からワインを引き抜く際、発酵前には緑色であった果梗が深い赤色に変わっていることを確認することができます。これは、果梗が発酵中に一部の色素とアルコールを捕える働きがあるからです(*このためワインの色調がやや薄くなります)。この際、果梗は内包していた水分を放出しますが、ヴィエイユ・ヴィーニュは若いブドウ木に比べて水分が非常に少ないという特徴があります(このため、ヴィエイユ・ヴィーニュの方が全房発酵に向いていると言えます)。幸いにもドメーヌの畑は樹齢が60?80 年を超えるブドウ木が大部分を占めているため全房発酵向きと言えます。

 果梗と一緒に発酵させることは、樽熟成の際に不快なアロマや還元反応を引き起こす原因となる大きな澱や沈殿物を皮や果梗が捕らえてくれるため、ワインが自然な形で濾過されるという利点もあります。このため樽に移されたワインは清澄度が高く、マロ発酵終了後も樽熟成の間も、澱引きや樽の移し替え、あるいはポンプを使った作業などは一切することなく、静かに寝かせておくことができます。そして、熟成後も無清澄・無濾過の瓶詰めが容易になります。

 ドメーヌでは、発酵層からワインの引き抜く際は機械は使わずに、手作業で小さな桶を使って行っています。手作業でワインを移し替えるため、ブドウの皮や種、果梗をこねくり回すことはありません。また、圧搾も非常にソフトに行うことができます。このため、ワインには不快なえぐみや苦み成分が付くことはなく、ワインに過剰なストレスを与えることもありません。

 ドメーヌのワインは14?18 ヶ月の間、澱と一緒に熟成されます。ワインは、細かな澱から栄養を補給して、ふくよかで豊かになり、トーストしたパンを思わせるアロマや柔らかな口当たり、そしてタンニンを包み込んでビロードのような口当たりを生み出す粘性を獲得します。バリックでの熟成においては、焼きのややしっかりした新樽の比率を高めにしています。これはバリックが、発酵中と発酵後の果皮浸漬の際、特に醸造温度が30 度を超える際に、抽出されたブドウの種に由来するタンニンを補完してくれるしっかりと溶け込んだタンニンをワ
インに付与するともに焼いた木の微かなニュアンスももたらしてくれるからです。

 ドメーヌでは熟成中にバトナージュは行いません。なぜなら、澱は低気圧の時にはワインの中に均等に浮遊し、高気圧の時には樽の底に沈殿するため、バトナージュと同じ効果を自然にもたらしているからです。この特性を利用して、ドメーヌでは瓶詰めの一ヶ月前の高気圧の時期にワインの澱引きを行ない、瓶詰め時期もちょうど高気圧の時期になるようにプログラミングしています。ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティも全く同じ方法を取っています。

 一般的に熟成中は、バトナージュをして樽の底に沈殿する澱を浮遊させないと問題が起きると言われます(澱がワインの重さで潰されるため)が、ドメーヌではシュール・リーの状態で熟成させることに関してはいかなる問題も発生していません。幾つかのドメーヌが、澱引きをしないことで還元の問題に突き当たるのは、SO2 の過剰な添加に由来するもののではないかと考えられます。

 ドメーヌのワインは、マロラクティック発酵の際に発生する炭酸ガスによって酸化から守られるため、SO2 を添加する必要がありません。但し、補酒は定期的に行なっています。また、決してポンプを使ってワインを取り扱うことはありません。瓶詰め前にワインを樽から引き抜く際もポンプは使わず、樽の上部の穴からの空気圧によって、ワインを樽から押し出すという自然な方法で行なっています。この方法だとSO2 加える量はごく微量で済み、ワインのアロマの全てを失うことなくワインの中に残すことが出来るのです。

 ドメーヌでは、ワインのアロマはワインの熟成過程における最優先事項の一つと考えています。ワインをシュール・リーの状態で静かに熟成させることによって、新鮮な果物のアロマをしっかりと残しながらも、焙煎や燻した香りやトーストなどのトリュフに近いような香りもより多く残すことが出来るのです。

◆2016 ヴィンテージに関するジャン・ルイ・ライヤールのコメント
 2016 年の芽吹きは比較的早く、良好な年であることが予想されました。しかし、4 月27日の霜によって、楽観できなくなりました。霜による大きな被害がありましたが、被害は不均一でした。

 ドメーヌで最も大きな被害を受けたのはニュイ・サン・ジョルジュのフルリエールの区画でした。AC ブルゴーニュの丘陵の下部の区画もわずかに被害を受けました。しかし、ヴォーヌ・ロマネの畑は奇跡的に被害を免れました。その後、ブドウは寒く雨がちの春の影響でゆっくりと成育していきました。夏には、べと病が危惧されましたが、防除措置によって、夏の終わりまでにはブドウは完璧な衛生状態になりました。ブドウの果皮は厚く、例外的に素晴らしい9 月の天候によって、9 月29 日まで収穫を遅らせることができました。そして、清潔で素晴らしい成熟状態のブドウを収穫することができました。

 2016 ヴィンテージの赤ワインは驚くほど豊かな香りを備え、エレガントで非常にバランスが取れています。レット・フルーツの豊かなアロマの中に、微かなトーストのニュアンスを備えたオークのタッチとともにスパイスのノートが感じられます。フレッシュで、柔らかく肉感的です。密に詰まったタンニンはソフトでしなやかで、前途有望な傑出した構造をしています。
ジャン・ルイ・ライヤール


2018 Bourgogne Blanc les Chassagne
ブルゴーニュ・ブラン・レ・シャサーニュ

14926
自然派
白 辛口
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・ジャン=ルイ・ライヤール
■エージェント情報
■100%ヴォーヌ・ロマネ産のシャルドネが造られたブルゴーニュブラン
◆収穫について:ドメーヌの畑はヴォーヌ・ロマネのリュー・ディ“レ・シャサーニュ”にある栽培面積0.816ha の小さな区画。ドメーヌでは毎年、ピノ・ノワールを収穫した後にシャルドネを収穫しています。2017 年の収穫は赤の収穫が終わった9 月10 日でした。これは、過熟したシャルドネを収穫して、偉大なボーヌのシャルドネのような.命性と豊かなアロマ、円やかさ、粘性とコクを備えたワインを生み出すためです。
◆醸造について:手摘みで収穫したブドウを直接圧搾し、自然酵.のみで発酵を行います。
アルコール発酵はステンレスタンクで実施。その後、バリックに移し、マロ発酵と熟成を行います。熟成はシュール・リーの状態で行い、定期的にバトナージュを施します。瓶詰めは高気圧の時を見計らって、清澄も濾過を行わず、ポンプ等も一切使わず、重力を利用して自然に直接樽から瓶詰めします。2017 年物は新樽比率2/3、熟成期間10 ヶ月。総生産量450 本。
◆味わいのコメント:.みがかった緑の澄んだ色調に、..のニュアンスが混じる色合い。柑橘果実や白い花の香りに、バターや新鮮なブリオッシュのノートが混じり合っている。樽のニュアンスは控えめ。アタックは引き緊張感があってフレッシュ。口中には天草やエキゾチック・フルーツの風味とともに、新鮮なオークに溶け込んだココナッツのヒントが感じられる。フィニッシュには心地良い丸やかな.みと.い余韻が残る。ワインのアロマを楽しむためにあまり冷やしすぎないで(15℃くらいが理想)で味わって下さい。

◆「レ・シャサーニュ」は、カミーユ・ジルーやオーディフレッドなどが区画を所有するヴォーヌ・ロマネのヴィラージュのリュー・ディ「レ・シャランダン」の東側に位置するヴォーヌ・ロマネのACブルゴーニュ域内のリュー・ディです。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥3,490 (外税) 
【エレガント系のニュイのシャルドネです!】
 ブルゴーニュ白にあって、きちんと、

「ブルゴーニュ・シャルドネ」

とエチケット記載のあるレジョナルな白ワインを、どれだけ見たことがあるでしょうか。


 安~い・・余り品質の良く無いものには結構、存在しますが、ドメーヌものや良い品質のものでは、意外や意外、少ないものです。

 ま、ちゃんと「シャルドネ」と書いて有りますんで、ほぼほぼはシャルドネで有ることは間違い無いのかと思います・・が、noisy の場合は余り信用していません。信用して掛かると酷い目に遭いますんで・・

「・・あ、あれ、エチケットの張り間違いです。」

とか、

「・・どうも古いエチケットを貼ったようで・・」

なんてね。


 でも良心的なドメーヌであれば、少なくとも本人たちは「シャルドネだと思って栽培しているからそうしている」ことは間違いなく、また、ほとんどの場合はシャルドネで間違い無いでしょう。

 つまり、結構にいい加減だったり、本当に間違えていたりします。


 ヴォーヌ=ロマネ1級レ・スショからずんずん下がって行った、むしろクロ・ド・ヴージョ・グラン・クリュの方が全然近いところにこのレジョナル、レ・シャサーニュは有ります。レ・スショからは東に500メートル、クロ・ド・ヴージョの南端からは200メートルちょっとでしょう。


 ヴォーヌ=ロマネの村名以上の区画には、白葡萄はほぼ植わっていませんが、あのドメーヌ・ビゾのレ・ヴィオレット(赤は村名)はクロ・ヴージョに引っ付いた畑ですので、レ・シャサーニュからすぐそこです。ですので、結構に白葡萄は白葡萄で寄り添っていたりするのが面白いですよね。

 味わいも、名前がそうだから・・と言う訳でも無いですが、ドライでややライトな「シャサーニュ=モンラッシェ風」です。とても心地良く柑橘がほんのり、果実がマッタリと感じられます。ライヤールらしい、とてもピュアな味わいです。

 ヴォーヌ=ロマネ村にある区画ですから、本来はもっと高くしたいのかな?・・とも思いますが、そこはライヤールさんですから
・・非常にリーズナブルです。ドメーヌ・ビゾのレ・ヴィオレットって、とんでもなく高いですけどね。

 非常に良く出来た2018年ものでした。是非ご検討くださいませ。お勧めします!


━━━━━
【ヴージョ村境のA.C.ブルゴーニュの区画、レ・シャサーニュ。1990年台をほんのり感じさせる、懐かしくも愛しい味わいです!】

 noisy も、自身の若かりし頃を思い返すともっとキツイ性格だったんじゃないかと思いますね。でも色んなことが楽しかったし、あれもこれもやってみようとトライしていました。

 1990年台はまぁ・・ワインにとっては一つの転機だったと思うんですね。例えば1992年のD.R.C.のアソートメントセットは20万円しなかったです。1990年のシャトー・ラトゥールが、リストを見るたびに価格上昇していて、それまでの何倍にもなっているのを見ると、

「タンニンギシギシの渋いだけの若いラトゥールより、エレガントで美しいブルゴーニュワインに魅かれるなぁ・・価格も安いし・・」

と言うような気も有りました。

 確かに1990年のシャトー・ラトゥールはもう、2~3万円ほどになってしまってまして、それならD.R.C.のエシェゾーは1万円台、ロマネ=サン=ヴィヴァンも毛が生えたようなもの、5千円のアンリ・ジャイエのニュイ=サン=ジョルジュを飲む方が良いなぁ・・中々買えないけど・・なんて思ってました。

 そう考えると、ギイ・アッカがアンリ・ジャイエ風の低温浸漬を指導し流行らせ、また、PKさんが、

「そう、新樽を使うんだ!もっと濃いワインが欲しいんだよ!」

っと、ハッキリそのようには言わなかったものの、そんなワインに評点を高く付けることによって、

「・・そうか・・海外の連中は濃くて樽の利いたワインが好きだから、PKの言うようにすれば自分のワインも高く買ってもらえるようになるかも!」

と、ドメーヌたちを先導して行ったように思います。あの新樽200%のドミニク・ローラン(エチケットにはD.Laurent と書いてあるので、ドメーヌだかメゾンなのか、情報の無い時代で当初は良く判らなかったです)が出てきたのも、あのD.R.C.の共同経営者だったマダム・ラルー・ビーズ・ルロワがエクスクルーシヴの濫用?でD.R.C.を追い出され、アンドレ・ポルシュレと一緒にドメーヌ・ルロワを開いて出回り始めたのもその頃です。

 そう考えると、

「実に面白い時代だったなぁ・・」

と思うんですね。確かに高級ワインはその頃の懐具合を考えても高かったですが、少し頑張れば簡単に飲めた訳ですし、

「その頃の日本のワイン業界は完全にボルドー主体」

だったので、

「noisy も自由に・・良いと思うワインで勝負出来た」

んですね。そして、マイクロソフト社の Windows95 が1995年にリリースされ、それまで苦労してインターネットに接続していたのがウソのように簡単にインターネットが出来るようになり、1998年にはワインのネット販売に打って出ることになったんですね。


 そんな時代の美味しいシャルドネを彷彿とさせるような、懐かしくも愛しい味わいの2016年、ブルゴーニュ・シャルドネ・レ・シャサーニュです。

 どうでしょう・・最近のシャルドネよりも、僅かに酸は柔らかいでしょうか。いや、むしろヴォーヌ=ロマネのテロワールを感じさせるような温かみを含んだ酸バランスとも言えるかもしれません。熟度の高い状況で収穫することも有ると思いますが、やはりヴォーヌ=ロマネとヴージョの境に有る国道東側の畑のシャルドネを、気品高く仕上げるための「遅熟の葡萄」なのかもしれません。決して酸不足・・とは感じませんよ。

 フルーツ感にも気品を感じます。ほんのり・・と言うか、最近のレベルから言えばやや高めに感じる「樽由来のアロマ」も、どこか1990年台を彷彿とさせます。適度な凝縮具合と酸の柔らかさ、わずかな温かみがマッチしていて、そんな回顧主義的、感傷的な印象をさらに盛り上げてくれます。

 これ、良いですね・・やはりワインはバリエーションです。みんな同じじゃぁ詰まらんです。noisy もこれは美味しいと思います。色合いもほんのり緑色が入るとても綺麗で印象深いものです。是非飲んでみて・・昔を思い出してみてください。お勧めします!


2018 Bourgogne Rouge les Paquiers
ブルゴーニュ・ルージュ・レ・パキエ

15210
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ドメーヌ・ジャン=ルイ・ライヤール
◆◆◆最後の残りを分けていただきました!
■エージェント情報

 ヴォーヌ=ロマネのクリマ“レ・パキエ”から産まれる純ヴォーヌ=ロマネ産のブルゴーニュ・ルージュ。

 ドメーヌがリュー・ディ“レ・パキエ”に所有する区画は、平均樹齢51 年、栽培面積0.35ha の小さな区画。
手摘みで収穫したブドウを畑とセラーで2度選果した後、完全に除梗して、自然酵⺟のみで発酵を行う。発酵前半はオープントップの状態で1 日2 回の櫂入れを施す。発酵後半は蓋をして、櫂入れは1 日1 回に留める。発酵期間は約6 日間で、その後、引き続き3 日前後の果皮浸漬を行う。キュヴェゾンの期間はトータルで約11 日間。発酵槽から引き抜いて圧搾し、Sirugue シリュグ社製の木目の細かいアリエ産のバリックに移して熟成を施す。熟成はバリックでシュール・リーの状態で行う。熟成中、澱引きは行わず、瓶詰めの約1 ヶ月前の高気圧の時期を見計って1 回のみ澱引きを行い、1 ヶ月後の同じく高気圧の時に無清澄・無濾過で、ポンプ等は一切使わずに、重力を利用して自然に直接樽から瓶詰めする。
 2016年物は9月30日に収穫。新樽比率20%、熟成期間14ヶ月。総生産量1600本。2017年物は9月9日に収穫。新樽比率30%、熟成期間14.5 ヶ月。総生産量2285本。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥2,980 (外税) 
【深~く優しいヴォーヌ=ロマネ的要素をたっぷり感じさせてくれるピュア&ナチュラルな、そしていつもよりちょっと複雑性高いA.C.ブルです!】
 ロマネ=サン=ヴィヴァンから真っすぐ下がって行った辺り、白のレ・シャサーニュの南に接するのがこの「レ・パキエ」です。毎年大人気で、すぐに無くなってしまいますから、

「オファーの有った数の7割増しで」

とお願いしたんですが、結局スルーされてしまいました。

 まぁ、1級のレ・ボーモンが有りますから、全アイテムがそっくりアソートになってまして・・なので、noisy が要求した量がどうやら全体の1/2~2/5ほどだったようです。なので要求を飲むことが出来なかったのでしょう。

 ヴォーヌ=ロマネ村に有りますからヴォーヌ=ロマネのワインでは有りますが、A.C.ヴォーヌ=ロマネを名乗れるわけでは有りません。国道の東側を村名以上にはクラスしないのが基本的なお決まりです。あのクロ・ド・ヴージョでさえそうです。

 しかしながらこのワインを飲むと、脳裏に浮かんでくるのは・・しっかりヴォーヌ=ロマネなんですよね。

 そして2018年ものは2017年の「真っすぐな性格」よりは、「もう少しお利口さん」みたいな感じだと思います。より複雑で、簡単じゃない・・と言うか、ヴォーヌ=ロマネ似、それだけでスルーしてしまうのは勿体無い・不足していると感じます。

 写真をご覧いただきますと、やや濁りが見えるかもしれません。まだ完全に落ち着いていないうちに飲まざるを得ない状況だったんですね・・その理由はいずれ判るかと思いますが、それでも、

「アロマの上がりの早いナチュラルさにピュアさ、ヴォーヌ=ロマネらしい細やかでしっとりしたスパイス、美しいエキスで適度に膨らみつつ、要素の複雑性を見せつつ美しく消えて行く」

 見事な味わいでした。

 年間通して売れれば有難い・・ワイン屋としてはそんなアイテムです。少ないのですぐ無くなってしまうと思いますのでお早めにお手当ください!お勧めします!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【健康的でピュア、そしてヴォーヌ=ロマネ的な複雑性とエレガンスを兼ね備えた滅茶苦茶リーズナブルなA.C.ブルゴーニュです!】

 ロマネ=コンティの畑からロマネ=サン=ヴィヴァンへまっすぐ下り、ヴォーヌ=ロマネの村を通り過ぎて村名オー・ジャッシェ、オー・ゾルムを通り過ぎるとこのレ・パキエと言うレジョナルの畑に到着します。まぁ、ロマネ=コンティの真下・・では有りますが、距離はそこそこに有ります。・・直線で800メートル位でしょうか。

 なので・・と言う訳では有りませんが、似ちゃいません。大まかには似ていたとしても隣の畝になったらもう全然違ってしまうのがブルゴーニュの畑な訳ですから、それを言ったらおしまいよ・・と言うことですよね。

 ですが、完全エキス化された非常にドライな味わいと、発酵期間が短い=高温発酵由来の味わいは、同じ方向を感じますし、

「・・ん~・・ヴォーヌ=ロマネ・・と言うか、本格派のピノ・ノワール!」

を飲んでいる満足感に浸ってしまいます。


 2017年は2016年より、より複雑性が高く品格を感じる味わいです。結果として涼しかった2016年は、その冷ややかな味わいの中に複雑性を溶け込ませていた様子でしたが、2017年はそれをすでに表情として感じられます。明るい赤には透明感が有り、見事なまでの「あっけらかん」としたニュアンス・・・なのに、香りも味わいも非常に複雑で、ヴォーヌ=ロマネ的な芳香をスピード感を持って感じさせてくれます。

 昔はこんなに香らなかったんですけどね・・抜栓直後は。今はコンディションも良いのか、それとも自然派的アプローチのなせる業か、柔らかに感じるアロマ、皮革、スパイス、しなやかな石灰+粘土のニュアンスが、素直に「すっ」と立ち昇ってきます。

 ポテンシャル+ロケーション+価格を考え併せますと、

「こんなA.C.ブルは他に無いぞ!」

と言えるかと思います。


 近年は非常に人気が高く、しかもエージェントさんが変わってしまったことも有って、確保するのが結構に大変です。もう追加分は(少なくとも今回の入港分は)無いでしょう。お早めにお手当ください。お勧めします!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【旨いです!今時このプライスで、これほどまでの高みを見せるACブルゴーニュ・・・しかもヴォーヌ=ロマネをしっかり感じさせてくれるものは無いです!】

 とても良い出来です!・・滅茶健全だった2015年の健康美こそ、手に入れることは出来なかったようですが、

「このACブルを飲むと2016年も安泰!」

とばかりに安心出来ます・・(^^;;


 まぁ、世界一リーズナブルとも言えるようなヴォーヌ=ロマネのドメーヌが造る、ヴォーヌ=ロマネの畑のACブルゴーニュです。

 面白いのはやはり2015年ものとの写真の比較でしょう。ぜひじっくりご覧ください・・どうでしょう?・・これ、とっても良く撮れていて、ものの見事に味わいさえ写し取ったかのようです・・自画自賛って奴です。


 健康美溢れる2015年のレ・パキエは、透明感がしっかりしていてやや冷たいような色、紫の色合いが美しいです。

 対して2016年のレ・パキエはどうでしょう?・・やや赤みが強く、より濃く、ほんのりと白っぽいように見えないでしょうか?


 まぁ、今のところ・・の話しでは有りますが、おそらくこの傾向で多くの2016年ものは仕上がっているのかな?・・と言う感じを持っています。勿論ですが各村での凸凹は有ると思います。

 特に全房発酵と言う、ちと難しい技術を得意とするジャン=ルイ・ライヤールですから、葡萄の完熟のタイミングが命です。2016年はそれがやや遅れた年と言うことになりますから、タンニンの抽出がやや強めにで易いと言うことになったかと思うんですね。

 ところがですね・・この辺が「肝」かと思うんですが・・実に上手なんですね・・。しっかりと溶け込んだタンニンですから、タンニンをタンニンとして認識し辛く、非常に美しく感じてしまうんですね。2015年ものの印象をしっかりと覚えていない限り、

「多分・・区別できない」

と思えるほどです。


 しかも、旨味を持った酸の味わいは非常に複雑です。エレガントでエキス系の超ドライで旨味バッチリで・・複雑性が高い・・んです。しかも目立たないとは言え、良い感じにタンニンを持っていますから、何年か後には、

「ボディがぷっくりと膨らむし、さらに熟せば大柄なスタイルを見せ始める」


 となると、2015年と2016年はどちらがポテンシャル高いと言えるでしょうか?・・判断は非常に難しいですよね。


 全房発酵が生んだ奇跡・・なのかもしれません。


 かのアンリ・ジャイエも、

「果梗が健康な時は絶対に使用する。もしくは半分ほど使う。」

と言っていたと思います。


 今までに何度も書いていますので「耳タコ」かもしれませんが、かの御大の1984年エシェゾー・マグナムを十数年前に飲んだ時、見事な構造に感動しました。勿論・・もう、構造しか残って無かった・・フレーヴァーは失せ、豊かな味わいなど全く無かった。それでも優れたワインだったと感じさせてくれる見事な構造を、残った酸と溶け込み分解したタンニンが感じさせてくれた・・と感じています。


 しかし2016年は1984年のような、

「散々なヴィンテージ」

では有りません。奇跡的に良いワインを生んだと、将来語り継がれるかも・・しれません。


 海外の評論家さんたちからは、全く無視されている生産者です・・と言うか、ライヤールが試飲用ワインを彼らに提供しないからそうなる訳です。

 旨いお米を作り、旧知のお客さんに販売して終わり・・と言うような感じなのでしょう。是非とも飲んでみて欲しい、非常に優れたヴォーヌ=ロマネのACブルゴーニュ・ピノ・ノワールです。ご検討くださいませ。



 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【素晴らしいです!・・しなやかに伸びるテクスチュア、健康的な赤紫の果実、パーフェクトな酸のバランス!必飲!!】

 非常に・・素晴らしいACブルゴーニュでした!・・このバランスはコート・ド・ボーヌでは有り得無いよなぁ・・としっかりコート・ド・ニュイ的エレガンス、質感を持ち、皮革やスパイスの質感の高さと、見事な球体のエキス味に・・惚れ惚れしてしまいました!・・2014年も素晴らしかったですが、2015年は、そのヴィンテージ背景に「健全健康だからこそのピュアさ」がたっぷり見て取れます。この数年で一番の仕上がりじゃないでしょうか。

 いつもでしたら、このACブルと一緒に村名ヴォーヌ=ロマネやニュイ=サン=ジョルジュなどのオファーが有るんですが、どうしたものか・・ACブルのご案内しか無かったんですね。

 そもそもこの2015年を頼んでいたことをすっからかんと頭の中から消していまして、愚息が登録を間違えて、2014年で伝票を打ち込んでいたものですから・・

「ん?・・そうか、エージェントさんに2014年が再入荷したのを仕入れてたんだっけか・・」

と勘違いしてしまいまして、前回の新着でそのまま「再入荷」で・・ご案内しちゃったんですね。ご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。

 どこかに不安な要素を持ちつつ、追加分だからと・・詳細を確認しなかったのがミスに繋がりました。毎週のように新着を更新していますと、こんなミスが出て来てしまいます。

 しかしながらそんなことも有って・・かなり慎重にテイスティングさせていただきました。


 確かに、到着直後・輸入直後由来の「荒れ」は僅かに有るんですが、これは間もなく無くなります。そうしますと・・むしろ良い年のヴォーヌ=ロマネには不足してしまう「低域から上に伸びて行く冷涼な酸」を見事に保持しているこのレ・パキエは、どこまで成長して行くだろうかと非常に楽しみでも有ります。

 ましてDRC系の造りですから「エキス系」ですよね・・。甘味もへったくれも全く無い、見事にドライな味わいなんですが、旨みが甘味を呼んでくれます。言ってみれば「膨張系」のワインですので、完熟時は「パンパン」に膨らんだ感じになって行くのが見えるようです。素晴らしい仕上がりでした!

 これは是非とも飲んでいただきたいと思います。ピノ・ノワール好きなら、この味わいが気に入らない方は非常な少数派でしょう。お勧めします!激旨いです!





【ブルゴーニュ最高のアペラシオンから奇跡と言えるプライスの、稀有な雅さを内包しつつまだ解放していない美しい2014年ピノ・ノワールです!】

 10年振りにチェックしてみたジャン・ルイ・ライヤールです。昔の記事にも書いていますが、結構好みの味わいなんです・・でも、エージェントさんの紹介文が余りにオーバーだと感じていて、

「何だかな~・・」

と、ちょっと一歩下がった立ち位置での物言いになっていました。


 しかしながら今回、この村名ヴォーヌ=ロマネと、ヴォーヌ=ロマネ村に有る国道に面した位置のACブルゴーニュを飲み、かなり良い・・と言うか、

「もうあり得ないプライスだろう!」

と言う意を強く持ちました。


 ヴォーヌ=ロマネでこんなプライスですよ?・・それもドメーヌもので・・今、2017年時点ではもう考えられないバーゲンプライスです。

 それにですね・・色合いを見ていただいてお判りの通り、

「エキスが出ていてかなり良さそう・・」

ですよね。


 ヴォーヌ=ロマネはセシル・トランブレイのACブルにも使用されているラ・クロワ・ブランシュの村名区画の上部にあるオー・ラヴィオール(ニュイ=サン=ジョルジュとの境界の畑)、1級レ・スショ直下のオー・メジェール(レ・メジェール)、ラ・ターシュやラ・グランド・リュの上部にある素晴らしい畑、オー・シャン・ペルドリの3つの畑をセパージュしたもの・・と言われています。

 これはブルゴーニュの・・と言うか、ヴォーヌ=ロマネの優れたドメーヌが取り入れている「キュヴェ・ロンド」と言う手法と思われるものでして、標高の低い(下の、東側の)畑と、標高の高い(上の、西側の)畑をブレンドし、特徴の違いが顕著に出る畑の特性をお互いに補う手法です。特にエシェゾーやクロ=ヴージョなどでは一般的です。

 実に官能的な美しいグラデュエーションです。黒味を帯びた赤ですが、赤もシンプルに彩度が有る・・と言うよりも、どこかやや陰りを見せるような・・妖女のようなニュアンスです。

 アロマは諸にヴォーヌ=ロマネ的なエレガンスを持っていて、まだ見せないわよ!・・と言われているようにも聞こえますが、薄手のブラウスから要素が透けて見えるようです。

 以前は、

「DRCどうのこうのは関係無い」

と言っていたのですが、この2014年ものを飲んでからは・・そろそろ・・撤回します。いや・・実に良い感じです。

 早いっちゃ・・全然早いんです。硬さも有るし膨らみ切らない恨みも有る・・。しかし、例えばジュヴレのギイヤール的な、完全発酵で全くの残糖感無しなエキスも有りますが、ギイヤールよりもエキスの濃度と質は上・・でしょう。これはジュヴレとヴォーヌ=ロマネのエレガンスの差かもしれません。

 似ているのはミュヌレ=ジブールと、やはり・・DRCです。ラマルシュには余り似ていません。ラマルシュの、全てを許容してしまうような優しさはまだ全く出て来ていません。いずれ出て来るにしても・・です。

 ミュヌレ=ジブールには非常に良く似ていますが、取っつきやすさはミュヌレ=ジブールが上です。旨みの形成された酸からのエキスの構成は、さすがミュヌレ=ジブールと言えるかと思いますが、これは先の「キュヴェ・ロンド」を構成する畑が、ミュヌレ=ジブールの場合は「もっとも標高が高い畑」+「もっとも標高が低い畑」では無くて、もっと中央に寄っている・・・つまり、元の畑のポテンシャルがより高いことに由来すると思います。

 DRCにはかなり似ています・・ラ・ターシュを若飲みした時のようなニュアンスが有りますが、DRC独特の樽のニュアンスや畑の格の違いなどから、到底追い付きはしない・・と言えるでしょう。

 しかしながら、村名ヴォーヌ=ロマネとすると非常に複雑でポテンシャルが高いのが判ります。複雑さはややもすると一体感を損ないますが、そんなことには陥りません。どこかにヴォーヌ=ロマネのグラン・クリュや1級が持つ荘厳さも漂い、要素の目の詰まりや、ヴォーヌ=ロマネでしか出て来ない気品も漂っています。

 今飲んでも飲めます。でも、春まで待った方が良いかもしれません。そして非常に超熟です。5年経って柔らかくなり始め、10年経ってかなり美味しくなり、25年ほどは持つでしょう。これは是非飲んで欲しいワインです・・って、非常に安いですよね?

 こちらはACブルゴーニュです。畑は「レ・パキエ」と言って、ロマネ=サン=ヴィヴァンから道を下がって行ったところに有ります。国道を挟んで斜向かいが「オー・ソール」と言う村名畑です。

 こちらも村名ヴォーヌ=ロマネとタイプはそっくり、要素を少し・・と言うかだいぶ削ぎ落した感じに仕上がっていますが、ACブルゴーニュとすると充分過ぎるほどです。

 タイプがそっくりですから、ギイヤール的に完全発酵、非常にドライでややタイト、ミュレ=ジブールに似てエキス感が有ります。黒い果実に赤い果実が混ざり、果皮の割合の高い、妖艶なニュアンスを奥に隠し持っています。スパイス感も同様です。熟すと少しワイルドな感じが出て来そうです。

 余分な贅肉を感じない、完全エキスのワインで、初期に短期間低温で漬け込むことが有るかもしれませんが(無いとは思います)、比較的低めの温度で発酵させるようなアンリ・ジャイエ的な果実フレーヴァーでは有りません。醸造関係から由来して感じられるニュアンスはモロにDRC的です。

 ヴォーヌ=ロマネ村とは言っても、ACブルにはほぼ出て来ないヴォーヌ=ロマネ特有のエレガンス、荘厳さを持っているのには驚きです。今飲んでもそれなりに美味しいですが、5年経ったらかなり凄いでしょう。10年熟成させておいて、笑って許せる気の置けない仲間内のワイン会にブラインドで出すと・・きっと笑える結果になると思いますよ。大抵・・上級ワインと大いに間違えるでしょう!

 ただし、今すぐに飲んで「凄~く美味しい!」と言えるかは、飲まれる方がポテンシャルを取れるかどうかに掛かっています。noisy 的には今でもとても美味しいんですが、ポテンシャルを見ずに、一度自身の理想に当てはめてその場の判断をするタイプの方は、少なくとも3年は置いた方が良いでしょう。むしろ、村名ヴォーヌ=ロマネの方がポテンシャルを取り易いので、

「ACブルゴーニュの倍までもしないリーズナブルな村名ヴォーヌ=ロマネ」

が良いかもしれませんし、

「ジャン・ルイ・ライヤールの造りを理解するためならACブルゴーニュで充分」

とも言えると思います。


 10年ぶりに仕入れてみたジャン・ルイ・ライヤールですが・・非常に良かった・・と言うか、こんな価格なら奇跡ですね・・。化石と言っても良いかもしれません。きっと・・飲みたくなったんじゃないかと思います!大き目のグラスで振り回しながら楽しんでください。超お勧めします!



 以下は10年前(2004年もの)のジャン・ルイ・ライヤールの記事を引っ張り出しています。
━━━━━
【 DRCどうのこうのは無視した上で考えましょう!】
 今回テイスティングしたのはニュイ・サン=ジョルジュとACブルのパキエの2アイテムです。ヴォーヌ=ロマネ・レ・ボーモンと村名ヴォーヌ=ロマネは数えるほども無いため、いまのところ試飲を自重しています。

 このライヤールさんのワインは、実に自然な風味を持っていてエレガントに仕上げてきますので、noisy も好みのドメーヌなんですが、DRCがどうした、こうしたは、今のところほとんど関係無いようです。ブルゴーニュの赤を大きく二つのタイプに何とか分けようと思えば、同じグループに入るだろう位のもので、エージェントさんの照会文の様に、いつの間にかDRC=ライヤールを書かぬまでも、読むものの脳裏に刷り込んでしまおう..というような意図にははまらないようにしましょう。あくまでライヤールはライヤールです。

 さりとて、全く似せても似つかぬものでもありません。エキス系の美しい酒躯、決して誇張した濃度に仕上げてこない当たりはむしろ同タイプです。言わば、一流料亭の出汁味のように、大量の原料から「さっ」と出汁を取り、辛くならない程度の適量な塩加減で仕上げた「お碗もの」のようなものですから、「美し系」と言って良いでしょう。

 また、2004年はブルはどうやら駄目で、2005年に期待しよう..とすでに踏んでいらっしゃるのでしたら、それもどうかな?と思います。PKさん好み的なブルゴーニュがお好きなら、それも良いと思いますが、今のところ、noisyは、
「2004年ブルゴーニュはベリー・グッド。古典的なブルゴーニュの当たり年」
と見ています。

 総評とすれば、ドメーヌの看板ワインを飲んでいないので言いづらい部分も有りますが、
「かなり良い」
と言っておきましょう。価格も高くないし、味わいも充分に理解していただけるものと思います。

●2004 ヴォーヌ=ロマネ プルミエ・クリュ レ・ボー・モン
●2004 ヴォーヌ=ロマネ
 この2つはテイスティングに至っていないため、コメントは差し控えます。出来れば1本は残しておいて欲しいところです。

●2004 ニュイ・サン=ジョルジュ
 DRCで育った男でも、ニュイ・サン=ジョルジュの遅熟性を早熟にすることは不可能だったようで...綺麗系の冷やかな果実が清潔な土やスパイスと共に香るベリー・グッドなワインでした。しかしながら、現在手を付けるのはキツイです。なんと言ってもご本尊が奥に引っ込んだままですし、ニュイ・サンに有りがちなテクスチュアの暴れが、後口を台無しにしています。このワインを美味しく飲むのは4~5年後から..でしょう。かなり向上すると思いますが、2010年までは手を付けないほうが無難です。
●2004 ブルゴーニュ・ルージュ・レ・パキエ
 このワインはかなり旨いです。ヴォーヌ=ロマネのテロワールを「あちこち」に感じることが出来ます。綺麗系で薄味、赤~紫の小果実、動物香、スパイス、そしてミネラル。ヴォーヌ=ロマネ的なソフトな接触感と香りが、癒しの時間を運んできてくれるようです。これはお奨め!


2018 Nuits-Saint-Georges
ニュイ=サン=ジョルジュ

15209
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ニュイ=サン=ジョルジュ
ドメーヌ・ジャン=ルイ・ライヤール
■エージェント情報
【平均樹齢80 年の超古木のブドウから生まれるニュイ・サン・ジョルジュ】
 ドメーヌはLes Fleurières レ・フルリエール、Les Charmois レ・シャルモワ、Les Herbues レ・ゼルビュ、Les Saint-Juliens レ・サン・ジュリアンのリュー・ディに1つずつ区画を所有している。この4つの区画の平均樹齢は80 年。
 手摘みで収穫したブドウを畑とセラーで2 度に亘って選果した後、除梗は行わず、自然酵母のみで発酵を行う。発酵前半はオープントップの状態で1 日2 回の櫂入れを行い、発酵後半は蓋をして、1 日1 回の櫂入れに留める。発酵期間は約7 日間で、引き続きう5 日前後の果皮浸漬を施す。キュヴェゾンの期間は約14 日間。その後、発酵槽から引き抜いて圧搾し、Sirugue シリュグ社製の木目の細かいアリエ産のバリックに移して、シュール・リーの状態で熟成を行う。熟成中、澱引きは行わず、瓶詰めの約1 ヶ月前の高気圧の時期を見計って1 回のみ澱引きを施し、1 ヶ月後の同じく高気圧の時に無清澄・無濾過で、ポンプ等は一切使わず、重力を利用して自然に直接樽から瓶詰めする。
 2016年物は9月29日に収穫。新樽比率50%、熟成期間14ヶ月。総生産量920 本。2017年物は9月9日に収穫。新樽比率45%、熟成期間14.5 ヶ月。総生産量1240本。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥4,780 (外税) 
【2017年もデラ旨だったですが2018年はさらに上を行きます!買って損の無い素晴らしい村名ニュイ=サン=ジョルジュです!】
 たった・・・3ヘクタールの畑から生まれるワインで生活をされていらっしゃって、こんなにリーズナブルで良いのだろうか?・・ちゃんと生活、出来るんだろうか?と心配になってしまうほどです。

 しかも、noisy のお客様は結構ご存じかとは思いますが、

「ジャン=ルイ・ライヤール?・・知らない。」

と言う方が8割以上でしょう。


 この、ニュイ=サン=ジョルジュ村の北から南まで(プレモー=プリシーを含まない)に分散した様々なリューディをセパージュしたA.C.ニュイ=サン=ジョルジュは、樹齢が何と80年以上・・です。言ってみれば、

「超古木以外の何物でも無い!」

んです。


 例えば、全房で大人気の・・ニコラ・フォール(アメリー・ベルトーの旦那さん)ですが、確かにふんわりしたベリーの風味で正に正当なビオを思わせ美味しい・・けれど、彼のニュイ=サン=ジョルジュ・レ・ゼルビュは・・ほぼ倍の価格です。彼のレ・ゼルビュは樹齢50年のV.V.ですが・・。

 しかもここはヴォーヌ=ロマネ村に接する畑でして・・このニュイ=サン=ジョルジュにも相当分がセパージュされています。なので、ちょっとヴォーヌ=ロマネっぽさも感じられるのでしょう。


 2017年ものの、開けたてから絶好調!・・なニュアンスに、結構近いかな?・・と思いますが、やはり2018年ものはより複雑性が高いです。色合いもやや黒が多めで・・レ・パキエよりは透明度が高いですが、少しだけ濁ったようにも見え、完全には落ち着いていない状況でのテイスティングでした。

 しかし、ものの10分もしますと、豊かでバランスの良い酸が、いつの間にか「旨味」を帯びてくるんですね。酸がアミノ酸に変わって来たかのようなニュアンスをダイレクトに感じることが出来ます。

 そうしますともう・・絶好調!・・80年の古木由来の、ニュイ=サン=ジョルジュ村そのものを表現したとも言える味わいが感じられるんですね。

 因みに・・A.C.ニュイ=サン=ジョルジュと言うのは、ニュイ=サン=ジョルジュ村とその南にあるプレモー村、プリシー村を合わせたアペラシオンです。

 プレモー=プリシーにはまた、A.C.ニュイ=サン=ジョルジュの凄い1級畑が目白押しです。レ・ディディエ、レ・フォレ(クロ・デ・フォレ)、オ・ペルドリ、オ・コルヴェ、レ・アルジリエール、クロ・ザルロ(クロ・ド・ラルロ)、クロ・ド・ラ・マレシャル等ですので、noisyのお客さまでは飲まれたことの無い方の方が少ないかもしれません。

 しかし、このプレモー=プリシーが入ることによって、結構にニュイ=サン=ジョルジュのアペラシオンの個性がより判り辛くなるかも・・とも感じています。

 なので、一層・・ですが、村名では有るにせよ、村名だからこそ、このライヤールの北から南までをセパージュしたニュイ=サン=ジョルジュ村・オンリーなニュイ=サン=ジョルジュが、面白いと思うんですね。

 A.C.ブルのレ・パキエを除けば、今すぐ飲んで一番開き方の速いのがこのニュイ=サン=ジョルジュです。旨味がしっかり出てくるので美味しく飲めちゃうんですね・・。

 おそらく増やせないと思います(2017年も追加は在りませんでした)ので、こちらも是非、早めにゲットして飲んでみて下さい。超お勧めです!



 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【・・げげっ・・これは心底素晴らしい!・・一瞬、発注を間違えたかも・・と思ってしまうほど旨いです・・】

 まぁ・・ライヤールの発注は、毎年以下のような感じです。

・ACブル 出来るだけ沢山
・ACニュイ=サン=ジョルジュ ヴォーヌ=ロマネより少なめ
・ACヴォーヌ=ロマネ ニュイよりも多め、可能なら増やす
・ヴォーヌ=ロマネ・レ・ボーモン いただけるだけ

 昔は希望数で仕入れられたんですが、今はもう・・無理です。それでもレ・ボーモンは他のキュヴェが3に対し1いただければ良い方では有りました。今は100:2~3位でしょうか?

 なので、最優先がレ・ボーモン、次にACブルとヴォーヌ=ロマネ、最後がニュイ=サン=ジョルジュだったんですね。


 ですが昨年ご紹介させていただいた時にも感じましたが、ニュイ=サン=ジョルジュ村名が凄い旨いんですよ。でも2016年ものはヴォーヌ=ロマネも負けず劣らず偉い綺麗だったもので、ニュイ=サン=ジョルジュが2に対しヴォーヌ=ロマネが4~5の割合で仕入れていても気にならなかったんですね。

 2017年ものはヴォーヌ=ロマネも凄いポテンシャルなんですが、「現時点での仕上がり具合」と言う視点で見ると、ヴォーヌ=ロマネは「まだ疲れがとり切れていない」面を感じています。まぁ、単にテイスティング順が影響しているとも言えます。今回はニュイよりもヴォーヌ=ロマネを先にテイスティングしましたので・・。

 しかしながら、昨年のコラムにも書いたように、ヴォーヌ=ロマネ的エレガンスを内包した素晴らしいニュイ=サン=ジョルジュです。

 これがまぁ・・思わず言葉にならない声が漏れてしまうほど、絶妙に素晴らしいんですよ。細やかなこなれたアロマ、エキスの美しさ、丸み・張り・膨らみ具合、そして美しく長い余韻。

 これぞピノ・ノワールの醍醐味!・・と唸らされてしまいました。


 なので、ここまで書いてしまうのは僭越では有るんですが、

・普段、ちょっと飲みたい時-->ブルゴーニュ
・早い段階で美味しく飲みたい時-->ニュイ=サン=ジョルジュ
・2週間は待てる方-->ヴォーヌ=ロマネ
・ずっと待てる方-->レ・ボーモン

と言うようなセレクトが宜しいかと思うんですね。

 勿論、よゐこの皆さんは、その組み合わせをお考えかと思います。

 このニュイ=サン=ジョルジュ・・・絶対感動すると思いますよ。偉い旨いです。しかもこんな価格なんですよ・・。


「・・しまった・・ニュイ=サン=ジョルジュ、もっと仕入れておけば良かった!・・(T.T 」

と感じてしまったのは言うまでもありません。


 美味しいと思います。あまり無いのでお早めにどうぞ!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【べらぼうにリーズナブル!エキス系で旨味バッチリ!繊細さと複雑性が交差する見事な出来です!】

 例えば noisy も非常に注目している、同じ、

「D.R.C.絡みの生産者」

である「ニコラ・フォール」。


 彼のニュイ=サン=ジョルジュ・レ・ゼルヴュも滅茶苦茶美味しいです。高温発酵系でD.R.C.同様の手腕で醸造します。この点においてはジャン=ルイ・ライヤールも同様です。

 でも、ニコラ・フォールは土地持ちじゃなかった性も有ってか、

「ちと高く感じる価格設定」

なんですね。


 まぁ、皆さんはよほどレアじゃ無いと飛び付かないと思いますが、ニコラ・フォールもそろそろ激レアになるかもしれません。それほど注目している生産者さんです。

 でも・・重ね重ねでシツコイですが、価格がね・・ジャン=ルイ・ライヤールの倍近い感じですからね・・。味わいは飛び抜けていると訴えても、中々受け入れて貰えないのかなぁ・・と思います。極端に高いポイントでも付けば別なんでしょうけどね。

 その辺を考え併せても、このジャン=ルイ・ライヤールの村名ニュイ=サン=ジョルジュはお得なことが判ると思いますよ。

 樹齢は超ヴィエイユ・ヴィーニュと言って良い平均80年の古木です。しかも、

「レ・ゼルビュ」-->ヴォーヌ=ロマネに接する
「レ・(オー・)サンジュリアン」ヴォーヌ=ロマネ側の南端
「レ・シャルモワ」-->プレモー側の北端
「レ・フルリエール」-->プレモー側の中央下部

と、ニュイ=サン=ジョルジュのほぼ全域に渡って散っている畑のブレンドなんですね・・。なので、正に「ニュイ=サン=ジョルジュ的要素を包括したような味わい」に仕上がっていると言えます。


 最も、土臭いニュイ=サン=ジョルジュでは無く、むしろやや太めのヴォーヌ=ロマネ的なニュアンスを多く持っている味わいですが、やはり育った環境が有るんじゃないでしょうか。野暮ったい味わいは好みでは無いんでしょうし、甘くちゃダメだし、まして全房発酵ですから、

「低温発酵なんて自殺行為!」

と言うような認識なのでしょう。何せD.R.C.絡みですから、高温発酵がしたいんですよね。ドメーヌの説明文を流し読みしただけだと勘違いしてしまいますが、基本的には短い間で主たる発酵を終えたいと考えていらっしゃるのでしょう。高温を保ったままにしたいが故の全房発酵で有り、高温発酵ですから、当然ながら酵母の食い付きは良くなり短い期間で発酵が終わります。それが美しいピノ・ノワールに仕上げる秘訣だと言うことなのでしょう。


 そんな意味では見事に成功していると言えます。それにACブル・レ・パキエのコラムにも書きましたが、超健康優良児の2015年に比較すれば、酸いも甘いも取り込んだ経験値豊かな職人気質・・(^^ 的な味わいを見せるのが2016年です。

 良い色合いでしょう?・・今飲んでも美味しいんですよ・・。でもまぁ・・3年置けばさらに良く、5~6年置いたら膨らみがすごく良くなって来る・・と言うような熟成過程を見せると読んでます。

 すぐに無くなってしまう他3アイテムに比較すれば、やや足の遅いニュイ=サン=ジョルジュでは有りますが、そのせいでこの熟して滅茶美味しくなったニュイ=サン=ジョルジュを飲んでファンになられた方も多いと推測します。

 リーズナブルでピュア、しかもエレガントなのに超複雑と言う味わいです。ぜひご検討いただきたいと思います。お勧めです!



 以下はかなり昔のレヴューです。
━━━━━
【 DRCどうのこうのは無視した上で考えましょう!】

 今回テイスティングしたのはニュイ=サン=ジョルジュとACブルのパキエの2アイテムです。ヴォーヌ=ロマネ・レ・ボーモンと村名ヴォーヌ=ロマネは数えるほども無いため、いまのところ試飲を自重しています。

 このライヤールさんのワインは、実に自然な風味を持っていてエレガントに仕上げてきますので、noisyも好みのドメーヌなんですが、DRCがどうした、こうしたは、今のところほとんど関係無いようです。ブルゴーニュの赤を大きく二つのタイプに何とか分けようと思えば、同じグループに入るだろう位のもので、エージェントさんの照会文の様に、いつの間にかDRC=ライヤールを書かぬまでも、読むものの脳裏に刷り込んでしまおう..というような意図にははまらないようにしましょう。あくまでライヤールはライヤールです。

 さりとて、全く似せても似つかぬものでもありません。エキス系の美しい酒躯、決して誇張した濃度に仕上げてこない当たりはむしろ同タイプです。言わば、一流料亭の出汁味のように、大量の原料から「さっ」と出汁を取り、辛くならない程度の適量な塩加減で仕上げた「お碗もの」のようなものですから、「美し系」と言って良いでしょう。

 また、2004年はブルはどうやら駄目で、2005年に期待しよう..とすでに踏んでいらっしゃるのでしたら、それもどうかな?と思います。PKさん好み的なブルゴーニュがお好きなら、それも良いと思いますが、今のところ、noisyは、
「2004年ブルゴーニュはベリー・グッド。古典的なブルゴーニュの当たり年」
と見ています。

 総評とすれば、ドメーヌの看板ワインを飲んでいないので言いづらい部分も有りますが、
「かなり良い」
と言っておきましょう。価格も高くないし、味わいも充分に理解していただけるものと思います。

●2004 ヴォーヌ=ロマネ プルミエ・クリュ レ・ボー・モン
●2004 ヴォーヌ=ロマネ
 この2つはテイスティングに至っていないため、コメントは差し控えます。出来れば1本は残しておいて欲しいところです。

●2004 ニュイ=サン=ジョルジュ
 DRCで育った男でも、ニュイ=サン=ジョルジュの遅熟性を早熟にすることは不可能だったようで...綺麗系の冷やかな果実が清潔な土やスパイスと共に香るベリー・グッドなワインでした。しかしながら、現在手を付けるのはキツイです。なんと言ってもご本尊が奥に引っ込んだままですし、ニュイ・サンに有りがちなテクスチュアの暴れが、後口を台無しにしています。このワインを美味しく飲むのは4~5年後から..でしょう。かなり向上すると思いますが、2010年までは手を付けないほうが無難です。・・まるでDRCが造るNSG・・なんてことは感じません。が、パワフルさを奥にしたためた良いワインだと思います。リリースから5年ほどで驚くほど変わると思います。
●2004 ブルゴーニュ・ルージュ・レ・パキエ
 このワインはかなり旨いです。ヴォーヌ=ロマネのテロワールを「あちこち」に感じることが出来ます。綺麗系で薄味、赤~紫の小果実、動物香、スパイス、そしてミネラル。ヴォーヌ=ロマネ的なソフトな接触感と香りが、癒しの時間を運んできてくれるようです。これはお奨め!


2018 Vosne-Romenee
ヴォーヌ=ロマネ

15208
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ヴォーヌ=ロマネ
ドメーヌ・ジャン=ルイ・ライヤール
◆◆◆最後の残りを分けていただきました!
■エージェント情報

 キュヴェ・ロンドという手法を採用した、複雑でエレガントな味わいのヴォーヌ・ロマネ。ドメーヌはニュイ・サン・ジョルジュ寄りの Aux Raviolles オー・ラヴィオル、1 級レ・スーショの東の Les Mezières レ・メジエール、特級ラ・ターシュの上部の Aux Champs Perdrix オー・シャン・ペルドリの3つのリュー・ディにそれぞれ1つずつ区画を所有。平均樹齢は53年。
 手摘みで収穫したブドウを畑とセラーで2度に亘って選果した後、除梗は行わず、自然酵⺟のみで発酵を行う。発酵前半はオープントップの状態で1日2回の櫂入れを行い、発酵後半は蓋をして、1日1回の櫂入れに留める。発酵期間は約7日間で、引き続き5日前後の果皮浸漬を施す。キュヴェゾンの期間は約14日間。その後、発酵槽から引き抜いて圧搾し、Sirugue シリュグ社製の木目の細かいアリエ産のバリックに移して、シュール・リーの状態で熟成を行う。
 熟成中、澱引きは行わず、瓶詰めの約1 ヶ月前の高気圧の時期を見計って1回のみ澱引きを施し、1ヶ月後の同じく高気圧の時に無清澄・無濾過で、ポンプ等は一切使わず、重力を利用して自然に直接樽から瓶詰めする。
 2016 年物は9月30日に収穫。新樽比率60%。熟成期間14ヶ月。総生産量2260本。2017 年物は9月8日に収穫。新樽比率58%。熟成期間14.5ヶ月。総生産量2200本。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥5,890 (外税) 
【この色合いの異なり方は・・結構なものですよ!・・2016年を超えた2017年をさらに超えた2018年です!・・(^^】
 もう、素直に謝っちゃいます。ごめんなさいです。こんなに安く販売させてもらってすみません・・と。

 このA.C.ヴォーヌ=ロマネは、おそらくヴォーヌ=ロマネ村近辺で伝わって来た、上の畑と下の畑をブレンドする手法で造られています。アンリ・ジャイエがやり始めた・・と言われていますがどうでしょうか・・命名したのがジャイエじゃないかと思っていますが、一般的にはアンリが考えたことになっているようで、その名も「キュヴェ・ロンド」です。

 ロンドと言うのはおそらく踊りの「ロンド」で「輪舞(りんぶ)」でしょう。他にも「巡回」とか、「見回り」、「丸い字体」などの意味があるようで、上の畑と離れた下の畑を往復する様を自嘲気味に「キュヴェ・ロンド」としたのなら、

「言い得て妙」

では無いでしょうか。


 2017年もののこのキュヴェ・ロンドによるA.C.ヴォーヌ=ロマネは、非常に出来が良く、早い段階から美味しかった2016年よりもよりしっかり出来ていたと記憶しています。

 そして今回の2018年・・色合いが・・凄いことになってます。素晴らしい色・・ですよね。そもそもアンリ・ジャイエは、このような深い色合いを出したいがため、有名な低温浸漬と言う手法を編み出した訳です。

 何せ濃い・・しかし、濃いと言っても塗りつぶしたような一面のものでは無く、積層感の高いものだと見えます。味わいも非常に複雑性が高く、2017年ものを軽々と超えてきたかな?・・と言う感じです。

 その分、完全には溶け込み合っていない感じも少ししますが、まだ完全には落ち着いていない状態でのテイスティングだった性も有りますし、抜栓後15分もすると良い感じになって来ますので、

「少し休養させれば美味しく飲めるはず」

と踏んでいます。


 また、ライヤールのワインはSo2の使用量が少なく、そのため抜栓直後からとても良く香ります。そのアロマも、酸化を助長したような新樽の効果は余り認められず、ピュアなアロマなんですね。

 なので、栓を抜いた直後からの酸化が、どんどんアロマを官能感あるものへと変化させてきますし、酸の美味しさも増大、タンニンもまろやかになってくるのがリアルタイムで実感出来ます。

 やはり素晴らしい味わいになった2018年・・ポテンシャルもさらに高くなっていました。是非飲んでみて下さい!お勧めします!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【滅茶美味しかった2016年ものをポテンシャルで軽く超えて来ました!2017年ものはじっくり育み、美味しくいただきましょう!】

 今回のライヤールのグラスの写真は、どの写真も全く「弄って」はいません。明るさや色味の調整は全く無し、部分選択後に大きさだけを調整しアップしています。

 ある意味、写真と言うのは本当に残酷です。見事にその瞬間を切り取ってくれちゃいます。

 しかしワインは、時間と共に変化して行きます。その瞬間を切り取ったであろう写真を、その瞬間だけを見る目で見てしまうと・・将来を見通せない・・と言うことなんですね。

 若いころ、偉い可愛い・・もしくは格好良い子がいらしたとして、その瞬間だけ、チラ見した位では、先行きなど判らない訳です。もしかしたらあと10年もしたら、下っ腹は出て脂ぎった顔になっているかもしれません・・いや、noisy 本人のこと・・でも有りませんよ。「昔秀才、今ただの人」とは良く言ったものです・・いや、だから noisy のことではありませんって。

 で、ワインもまた、今日ご注文下さったワインも今日飲めるわけでは有りません。少なくとも明日以降・・まともに扱うなら1週間ほど先以降でしょうか。

 しかしながら、noisy も本当にビックリしたんですが、かなりのお客様は到着した当日にそのワインを飲んでいる可能性が高い・・んですね。澱が有るし、回ってるし、休ませてないから・・出来るだけ飲むまで立てておいてほしいんですけどね。

 で、立てておいてほしいと言うと、皆さん、怪訝そうな顔をされるんですよ。

「・・ぁん?・・ワインって、横にして保存するんじゃないの?」

と言う訳です。


 ワインは横にして保存する・・と言う知識をそのまんま鵜呑みにしてしまわれている方も多いと言うことなんですね。・・それ、全く違いますよ。

 比較的早めに飲まれるのであれば、必ず立てておかなければいけません。

 長く貯蔵される場合も、最初は立てて澱を落とさなければいけません。

 なので、ワインは「最初は」立てておくことが重要なんですね。長く保存される場合は、澱が落ち、透明度が上がった後に、静かに横にして、もしくは少しだけテーパー(傾斜角)をつけてセラーに入れるんです。最初から横にされるのは大失敗の元!・・なんですね。


 で、2017年のヴォーヌ=ロマネですが、2016年の、滅茶苦茶美味しかったヴォーヌ=ロマネよりもポテンシャルが高いです。しかしまだ完全には「休まってない」と思われます。

 なので、出来ましたら2週間の休暇をあげてください。勿論その際は、

1.立てて澱を落とすこと
2.透明度が出たと確認する -->その際にボトルを揺らさないこと
3.さぁ・・飲みましょう!

 これを是非、守ってください。


 時折、お客様が感想を伝えてくれることが有り、ほとんどは予想通りのお言葉なんですが、稀に、

「・・えっ?」

と・・どうしてそうなるの?・・と感じることも有りますが、きっとそのような状況で飲まれたんじゃないかな・・などと想像しています。

 それでもまぁ、この村名ヴォーヌ=ロマネ、しなやかさと品格、ピュアで美しい酒躯、そこにほんのりとナチュラルさが加わった素晴らしいピノ・ノワールです。是非飲んでみてください!お勧めします!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【noisyも一生懸命売りたいワインになったと言える素晴らしい造り手の素晴らしい村名ヴォーヌ=ロマネです!】

 そもそもは1級レ・ボーモン欲しさが有って、しかし、超変形アソートでしか販売してくれないし、いただけたとしても数が安定しないので、

「テイスティングして赤字を出して・・結局トントンにしかならない」

と言う理由で、最小ロットしか仕入れて無かったと言うような今までの流れが有ります。


 それに、一番大きいのは、

「2000年代はここまで良いとは思って無かった!」

と言うのが大きいです。


 いや、敢えて言えば、

「凄く良くなって来たのはこの何年かのはず!」

で有って、2013年位で

「・・おや?・・淡いけどレ・ボーモン以外の下のクラスもいいじゃん」

と思いつつ、2014年もので、

「価格は安いし結構旨い!」

と感じ出し、2015年ものをテイスティングして・・

「下も中もめちゃくちゃ美味しい!・・レ・ボーモンは・・もうどっちでも良い位ヴォーヌ=ロマネが旨い!」

と判断、

「こうなったら2016年も万全だろうから何とか量が欲しい!・・」

と、2016年ものが滅茶少ないのを判っていつつも、2軒ある正規エージェントさんの1軒目に大量のオーダーを出しました。これが真相です。

 ところがですね・・レ・ボーモンは来ない・・まぁ、今まで余り買ってないので仕方が無いとしても、

「ACブル、ニュイ=サン、ヴォーヌ=ロマネ合わせたオーダーの1/3以下」

と言う、仕入れ自体が惨敗の結果に終わった訳ですね・・。これも真実です・・非常に残念です。せめて半分の1/2でも入荷すれば、テイスティング分を経費にしても何とかなったんですが、

「(結局入荷分を全部販売しても全然儲からんじゃないか!)」

 こんな自分勝手なしょうもない恨みみたいなものは中々に消えないものです。覚えておくから・・ね。


 で、昨今はその美味しさが認知されてきたジャン=ルイ・ライヤールの村名ヴォーヌ=ロマネです。ピノ・ノワール王道の美味しさが堪能できますよね。やはりブルゴーニュ・ピノ・ノワール・トップのアペラシオンだけ有ります。突出しないが柔らかくほんのり暖かくじんわりと旨い酸、スパイスや動物香の出方がエレガントで、「薫り立つ」と言うような表現の似合うアペラシオンです。

 そこにジャン=ルイ・ライヤールならではの超ドライながらも旨味バランスが絶妙な美味しいエキスから、その要素がどんどん放出される訳ですから・・不味い訳が無いです。

 2016年はそこに複雑な要素を絡め持っていますので、他のコラムにも似たような事を書きましたが、

「2015年と2016年、本当に美味しいのはどっち?」

と聞かれると、かなり微妙なことになってしまいそうです。

 少なくとも、リリース直後の印象だけを切り取ってしまうのであれば、

「2015年の勝ち!」

と言うことになるかもしれませんが、そこからの時間の経過を見るのであれば、

「2016年の優勢!」

を言わなくてはならなくなります。


 しかししかし、もっと突っ込んでそのずっと先までを言うのであれば、

「2016年もののエキスからの発露であるフレーヴァーが、どれほどのレベルにまで高められて閉じ込められているか?」

を完全に見極められなければ、この勝負の軍配をどのように返したら良いかを決めることが出来ません。


 なので、

「パーフェクトには判らんかも・・」

と言うことになってしまいます。


 滅茶苦茶暑くて、

「ローヌワインじゃないんだから・・」

と散々に言われた1979年のブルゴーニュ・ピノ・ノワールは、長い熟成を経て、ビックリするような大物に化けたアイテムも散見され、

「もしかしたら偉大な1978年より良いんじゃない?」

と言うような声も有りましたし、これも何度も引き合いに出しますが、1977年の・・どうしようも無いヴィンテージと言われたブルゴーニュでも、確かにシャプタリザスィヨンの影響は有ったとしても、ものの見事に完熟さを見せたヴォギュエのミュジニーの素晴らしさを忘れることもできない訳です。

 近年でも、

「2008年はダメ」
「2013年もダメ」

などと言われていても、リリース直後からそのエレガントなブルゴーニュの側面をビビットに感じさせる姿には、

「やっぱりブルゴーニュは旨い!」
「悪い年?・・そんなの関係ね~♪」

と言うような思いをされた方も多いと思われます。最悪と言われた2004年でさえ、熟成により見事な膨らみを得てその複雑性に花を咲かせたワインも多い訳です。

 半面、グレートイヤーだ、超健康なヴィンテージだったと持て囃された2002年、2005年ものはどうでしょうか。中々その評価の姿を映し出してくれず、

「開けるにはちょっと早かったのかな~・・」

と言うような不完全燃焼的印象を持ったまま、手持ちのワインを飲み終えてしまっていらっしゃるかもしれませんよね。


 と言う訳でして、長期的にはまだ「?・・」と言わざるを得ませんが、中長期的には「結局のところ、かなり良いのでは?」と言うような印象を持っている noisy です。美味しいヴォーヌ=ロマネに仕上がったと思います。ぜひともご検討くださいませ!


 以下は以前のレヴューです。
━━━━━
【理想と言うものがあるとしたらそれにとても近いと思われるヴォーヌ=ロマネです!非常に美味しいです!】

 とんでもなく美味しいブルゴーニュ・ルージュ・パキエ2015年を飲めば、同じ造り手のヴォーヌ=ロマネ村名が美味しく無い訳も無く、下部の2014年もののグラスの写真を見ても、その集中度が透けて見えると思いますし、その照りや輝きの素晴らしさは伝わっているものと思います。

 ハッキリ言って、非常に美味しいです!・・

 2015年は非常に良い年でした。このワインのアルコール分も13.5%出ています。それでいて、まるで残糖的な甘味が無い・・キッチリエキスに仕上がっていますし、しかも、そのやや高めのアルコール分を含む液体が、パワフルさに直結しているのでは無く、エレガントさの助長に繋がっていることが驚きでした。

 まぁ、14度以上にもなるようですと、ブルゴーニュワインとしては、直近に飲むのはかなり厳しいものになりますし、エレガントさも打ち消す方向に行ってしまうのでしょうが、決してそのようにはならず、物凄いバランスに仕上がっているんですね。

 ブルゴーニュ・ピノ・ノワールとしますと、大きく分けて2つのタイプになるかと思います。中間を入れれば3つのタイプです。糖分をアルコール分に完全に変えたエキス系と、僅かながら、もしくはそれなりに残糖分を残してアルコール分を下げ、二次発酵を経て滑らかな一体感を得る果実味重視系(noisyが名付けているだけですが)です。アンリ・ジャイエは後者(でも今では中間派と言えますが)、DRCやジョルジュ・ミュヌレ=ジブールは前者と言えます。で、このジャン・ルイ・ライヤールは前者で、DRCなどと同じように比較的高温で一次発酵をするタイプと言えます。

 単に、毎年完熟した葡萄を得ることが目的だとするならば、このようなワインにはならないんでは無いかと思うんですね。潜在アルコール分を計算し、様々な予測を立て、ベストのタイミングで収穫をする・・そうしなければ、このようなエレガントでエキスのキッチリ出た、コアがしっかり有るヴォーヌ=ロマネにはならないと・・。



 非常にドライですが、全くそれを感じさせないほどの旨みが有ります。何の要素も突出していないのに、全てそこに存在しているかのような振舞い方をするアロマ、味わいが有り、複雑性が備わっています。スパイシーですが、あくまでヴォーヌ=ロマネ的なエレガンスに溢れたものであり、酸の美しさ、生き生きとした姿はエキスの美味しさと相まってとてもピュアです。余韻もしっとり、テクスチュアの滑らかさからのそれは、ピュアな果実とミネラリティが一体となったもので、とても心地良いです。

 ヴォーヌ=ロマネとは言っても、畑により様々なスタイルが有ります。ロマネ=サン=ヴィヴァンなどのグラン・クリュが持つ荘厳なアロマも、その半分ほどにはなりますがちゃんと存在しています。

 もし理想のヴォーヌ=ロマネが有るとするなら、このワインがそうじゃないか・・と noisyの個人的な印象では有りますが、そう思ってしまいました!まぁ・・飲んでいてとても楽しくなるワインでした!

 今回はうっかり・・限定の「レ・ボーモン」を買いそびれてしまいまして・・誠に申し訳ないのですが、村名がこれだけ美味しいのならと・・思います。是非飲んでみてください。超お勧めします!旨いです!





 以下は2014年のこのワインのレヴューです!
━━━━━
【ブルゴーニュ最高のアペラシオンから奇跡と言えるプライスの、稀有な雅さを内包しつつまだ解放していない美しい2014年ピノ・ノワールです!】

 10年振りにチェックしてみたジャン・ルイ・ライヤールです。昔の記事にも書いていますが、結構好みの味わいなんです・・でも、エージェントさんの紹介文が余りにオーバーだと感じていて、

「何だかな~・・」

と、ちょっと一歩下がった立ち位置での物言いになっていました。


 しかしながら今回、この村名ヴォーヌ=ロマネと、ヴォーヌ=ロマネ村に有る国道に面した位置のACブルゴーニュを飲み、かなり良い・・と言うか、

「もうあり得ないプライスだろう!」

と言う意を強く持ちました。


 ヴォーヌ=ロマネでこんなプライスですよ?・・それもドメーヌもので・・今、2017年時点ではもう考えられないバーゲンプライスです。

 それにですね・・色合いを見ていただいてお判りの通り、

「エキスが出ていてかなり良さそう・・」

ですよね。


 ヴォーヌ=ロマネはセシル・トランブレイのACブルにも使用されているラ・クロワ・ブランシュの村名区画の上部にあるオー・ラヴィオール(ニュイ=サン=ジョルジュとの境界の畑)、1級レ・スショ直下のオー・メジェール(レ・メジェール)、ラ・ターシュやラ・グランド・リュの上部にある素晴らしい畑、オー・シャン・ペルドリの3つの畑をセパージュしたもの・・と言われています。

 これはブルゴーニュの・・と言うか、ヴォーヌ=ロマネの優れたドメーヌが取り入れている「キュヴェ・ロンド」と言う手法と思われるものでして、標高の低い(下の、東側の)畑と、標高の高い(上の、西側の)畑をブレンドし、特徴の違いが顕著に出る畑の特性をお互いに補う手法です。特にエシェゾーやクロ=ヴージョなどでは一般的です。

 実に官能的な美しいグラデュエーションです。黒味を帯びた赤ですが、赤もシンプルに彩度が有る・・と言うよりも、どこかやや陰りを見せるような・・妖女のようなニュアンスです。

 アロマは諸にヴォーヌ=ロマネ的なエレガンスを持っていて、まだ見せないわよ!・・と言われているようにも聞こえますが、薄手のブラウスから要素が透けて見えるようです。

 以前は、

「DRCどうのこうのは関係無い」

と言っていたのですが、この2014年ものを飲んでからは・・そろそろ・・撤回します。いや・・実に良い感じです。

 早いっちゃ・・全然早いんです。硬さも有るし膨らみ切らない恨みも有る・・。しかし、例えばジュヴレのギイヤール的な、完全発酵で全くの残糖感無しなエキスも有りますが、ギイヤールよりもエキスの濃度と質は上・・でしょう。これはジュヴレとヴォーヌ=ロマネのエレガンスの差かもしれません。

 似ているのはミュヌレ=ジブールと、やはり・・DRCです。ラマルシュには余り似ていません。ラマルシュの、全てを許容してしまうような優しさはまだ全く出て来ていません。いずれ出て来るにしても・・です。

 ミュヌレ=ジブールには非常に良く似ていますが、取っつきやすさはミュヌレ=ジブールが上です。旨みの形成された酸からのエキスの構成は、さすがミュヌレ=ジブールと言えるかと思いますが、これは先の「キュヴェ・ロンド」を構成する畑が、ミュヌレ=ジブールの場合は「もっとも標高が高い畑」+「もっとも標高が低い畑」では無くて、もっと中央に寄っている・・・つまり、元の畑のポテンシャルがより高いことに由来すると思います。

 DRCにはかなり似ています・・ラ・ターシュを若飲みした時のようなニュアンスが有りますが、DRC独特の樽のニュアンスや畑の格の違いなどから、到底追い付きはしない・・と言えるでしょう。

 しかしながら、村名ヴォーヌ=ロマネとすると非常に複雑でポテンシャルが高いのが判ります。複雑さはややもすると一体感を損ないますが、そんなことには陥りません。どこかにヴォーヌ=ロマネのグラン・クリュや1級が持つ荘厳さも漂い、要素の目の詰まりや、ヴォーヌ=ロマネでしか出て来ない気品も漂っています。

 今飲んでも飲めます。でも、春まで待った方が良いかもしれません。そして非常に超熟です。5年経って柔らかくなり始め、10年経ってかなり美味しくなり、25年ほどは持つでしょう。これは是非飲んで欲しいワインです・・って、非常に安いですよね?

 こちらはACブルゴーニュです。畑は「レ・パキエ」と言って、ロマネ=サン=ヴィヴァンから道を下がって行ったところに有ります。国道を挟んで斜向かいが「オー・ソール」と言う村名畑です。

 こちらも村名ヴォーヌ=ロマネとタイプはそっくり、要素を少し・・と言うかだいぶ削ぎ落した感じに仕上がっていますが、ACブルゴーニュとすると充分過ぎるほどです。

 タイプがそっくりですから、ギイヤール的に完全発酵、非常にドライでややタイト、ミュレ=ジブールに似てエキス感が有ります。黒い果実に赤い果実が混ざり、果皮の割合の高い、妖艶なニュアンスを奥に隠し持っています。スパイス感も同様です。熟すと少しワイルドな感じが出て来そうです。

 余分な贅肉を感じない、完全エキスのワインで、初期に短期間低温で漬け込むことが有るかもしれませんが(無いとは思います)、比較的低めの温度で発酵させるようなアンリ・ジャイエ的な果実フレーヴァーでは有りません。醸造関係から由来して感じられるニュアンスはモロにDRC的です。

 ヴォーヌ=ロマネ村とは言っても、ACブルにはほぼ出て来ないヴォーヌ=ロマネ特有のエレガンス、荘厳さを持っているのには驚きです。今飲んでもそれなりに美味しいですが、5年経ったらかなり凄いでしょう。10年熟成させておいて、笑って許せる気の置けない仲間内のワイン会にブラインドで出すと・・きっと笑える結果になると思いますよ。大抵・・上級ワインと大いに間違えるでしょう!

 ただし、今すぐに飲んで「凄~く美味しい!」と言えるかは、飲まれる方がポテンシャルを取れるかどうかに掛かっています。noisy 的には今でもとても美味しいんですが、ポテンシャルを見ずに、一度自身の理想に当てはめてその場の判断をするタイプの方は、少なくとも3年は置いた方が良いでしょう。むしろ、村名ヴォーヌ=ロマネの方がポテンシャルを取り易いので、

「ACブルゴーニュの倍までもしないリーズナブルな村名ヴォーヌ=ロマネ」

が良いかもしれませんし、

「ジャン・ルイ・ライヤールの造りを理解するためならACブルゴーニュで充分」

とも言えると思います。


 10年ぶりに仕入れてみたジャン・ルイ・ライヤールですが・・非常に良かった・・と言うか、こんな価格なら奇跡ですね・・。化石と言っても良いかもしれません。きっと・・飲みたくなったんじゃないかと思います!大き目のグラスで振り回しながら楽しんでください。超お勧めします!



 以下は10年前(2004年もの)のジャン・ルイ・ライヤールの記事を引っ張り出しています。
━━━━━
【 DRCどうのこうのは無視した上で考えましょう!】
 今回テイスティングしたのはニュイ・サン=ジョルジュとACブルのパキエの2アイテムです。ヴォーヌ=ロマネ・レ・ボーモンと村名ヴォーヌ=ロマネは数えるほども無いため、いまのところ試飲を自重しています。

 このライヤールさんのワインは、実に自然な風味を持っていてエレガントに仕上げてきますので、noisy も好みのドメーヌなんですが、DRCがどうした、こうしたは、今のところほとんど関係無いようです。ブルゴーニュの赤を大きく二つのタイプに何とか分けようと思えば、同じグループに入るだろう位のもので、エージェントさんの照会文の様に、いつの間にかDRC=ライヤールを書かぬまでも、読むものの脳裏に刷り込んでしまおう..というような意図にははまらないようにしましょう。あくまでライヤールはライヤールです。

 さりとて、全く似せても似つかぬものでもありません。エキス系の美しい酒躯、決して誇張した濃度に仕上げてこない当たりはむしろ同タイプです。言わば、一流料亭の出汁味のように、大量の原料から「さっ」と出汁を取り、辛くならない程度の適量な塩加減で仕上げた「お碗もの」のようなものですから、「美し系」と言って良いでしょう。

 また、2004年はブルはどうやら駄目で、2005年に期待しよう..とすでに踏んでいらっしゃるのでしたら、それもどうかな?と思います。PKさん好み的なブルゴーニュがお好きなら、それも良いと思いますが、今のところ、noisyは、
「2004年ブルゴーニュはベリー・グッド。古典的なブルゴーニュの当たり年」
と見ています。

 総評とすれば、ドメーヌの看板ワインを飲んでいないので言いづらい部分も有りますが、
「かなり良い」
と言っておきましょう。価格も高くないし、味わいも充分に理解していただけるものと思います。

●2004 ヴォーヌ=ロマネ プルミエ・クリュ レ・ボー・モン
●2004 ヴォーヌ=ロマネ
 この2つはテイスティングに至っていないため、コメントは差し控えます。出来れば1本は残しておいて欲しいところです。

●2004 ニュイ・サン=ジョルジュ
 DRCで育った男でも、ニュイ・サン=ジョルジュの遅熟性を早熟にすることは不可能だったようで...綺麗系の冷やかな果実が清潔な土やスパイスと共に香るベリー・グッドなワインでした。しかしながら、現在手を付けるのはキツイです。なんと言ってもご本尊が奥に引っ込んだままですし、ニュイ・サンに有りがちなテクスチュアの暴れが、後口を台無しにしています。このワインを美味しく飲むのは4~5年後から..でしょう。かなり向上すると思いますが、2010年までは手を付けないほうが無難です。
●2004 ブルゴーニュ・ルージュ・レ・パキエ
 このワインはかなり旨いです。ヴォーヌ=ロマネのテロワールを「あちこち」に感じることが出来ます。綺麗系で薄味、赤~紫の小果実、動物香、スパイス、そしてミネラル。ヴォーヌ=ロマネ的なソフトな接触感と香りが、癒しの時間を運んできてくれるようです。これはお奨め!


2018 Vosne-Romenee 1er Cru les Beaumonts
ヴォーヌ=ロマネ・プルミエ・クリュ・レ・ボーモン

15207
自然派
赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
ヴォーヌ=ロマネ
ドメーヌ・ジャン=ルイ・ライヤール
◆◆◆販売条件付きです。
 お一人様1本限定+ニュイ=サン=ジョルジュ村名かヴォーヌ=ロマネ村名のどちらかと一緒にご購入ください。


■エージェント情報
 樹齢82年の僅か0.2ha の区画から産まれるドメーヌのフラッグシップ・ワイン。ドメーヌはLes Beaux-Monts Haut レ・ボー・モン・オに0.2ha の区画を所有。手摘みで収穫したブドウを畑とセラーで2度に亘って選果した後、除梗は行わず、自然酵⺟のみで発酵を行う。発酵前半はオープントップの状態で1日2回の櫂入れを行い、発酵後半は蓋をして、櫂入れは1日1回に留める。発酵期間は約7日間で、引き続き6日前後の果皮浸漬を施す。キュヴェゾンの期間は約15日間。その後、発酵槽から引き抜いて圧搾し、Sirugue シリュグ社製の木目の細かいアリエ産のバリックに移してシュール・リーの状態で熟成を行う。熟成中、澱引きは行わず、瓶詰めの約1ヶ月前の高気圧の時期を見計って1回のみ澱引きを施し、同じく1ヶ月後の高気圧の時に無清澄・無濾過で、ポンプ等は一切使わず、重力を利用して自然に直接樽から瓶詰めする。2017年物は9月8日に収穫。新樽比率66%。熟成期間14.5 ヶ月。総生産量900 本。
750ML 在庫    ご注文数   本
¥9,980 (外税) 
【世界中の誰もが全く注目していない素晴らしい造り手のトップ・キュヴェです・・(^^;; お陰様で滅茶苦茶安いです!】
 良い年になったと思われる2018年ですが、それでも8~900本しかない・・おそらく228Lのバリック換算で3樽ほど、実際には2樽を新樽で、1樽を古樽でウイヤージュ用に使用する・・みたいな醸造管理だったのでしょう。(もしもっと複雑なことをしているとするなら、幾つかの大きさの違う新樽・古樽を組み合わせることも有るかもしれません。ドメーヌ・ライヤールで使用している樽はこちらの製品のようです。


シリュグ社hp 228L樽のページ


 この「レ・ボーモン・オ」と言う1級畑はグラン・クリュ・エシェゾーを構成するレ・クリュオ・オ・ヴィーニュ・ブランシュ、プルミエ・クリュ・レ・スショの真上、プルミエ・クリュ・オ・ブリュレの北に接しています。高度的にはオ・ブリュレの南に接するレ・ヴァロワーユ・オ・リッシュブール(G.C.)やまたその南、クロ・パラントー(1er)とほぼ同じですが、そのどちらにも似ているとは感じないのは非常に面白いところです。まぁ、そもそもリッシュブールとクロパラが似ているか?と聞かれてどう返答するか・・と言うような個人的な感覚にもよるところでは有りますが、もっと黒目の果実になるかな?・・とか、オ・ブリュレをもっとタイトにした感じ・・とか、オ・ブリュレ+エシェゾーとか・・人それぞれの感覚による理解で良いと思います。個人的には黒目の果実、やや乾いた硬い粘土のイメージが有ります。

 そもそもヴォーヌ=ロマネの1級畑で・・こんな価格で販売できるようにしてくれるドメーヌさんは有りません。なので大人気なんですが・・このところはnoisy も飲めていません。

「少ないならいらない」

と常に言っているのが災いするようで、2~3本しか割り当てられないと、担当さんが最初から削っちゃうんですね。

「・・こういう高級ワインは別でしょ!」

と言ったら他のキュヴェと一緒に送ってきてくれました。


 申し訳ありませんが、ニュイ=サン=ジョルジュ村名かヴォーヌ=ロマネ村名のどちらかと一緒にご購入くださいませ。