ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。 自然派、ブルゴーニュ、イタリアワインを好きな方は是非ご来訪ください。
ログイン  パスワード  
  
Stop! reload  2020.12.23 
Last Update 2020.12.23  


頻繁なリロード禁止のお願い
 大変お世話になっております。切実なお願いです。
 ページのリロードが必要以上に行われるようになっています。サーバーへの過大な負荷でページ更新が滞る状況になっていますので、頻繁なリロードはお止めくださるようお願いいたします。
 また、「503 Server is busy」のエラードギュメントページが表示され、一定時間アクセスが制限される場合がございます。いずれ元に戻りますが、そのようなことにならないようお願いいたします。
詳細ページ

Visa Master JCB Amex Diners Club Discover
 各社クレジットカードがご利用いただけます。
noisy のお奨め
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・レッドワイン 424ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い赤ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 Spiegelau Grand Palais Exquisit 
シュピゲラウ・グランパレ・エクスクイジット・ホワイト 340ML
 軽くて薄くて香り立ちの良い白ワイン用グラスです。使い勝手良し!
Comming soon!
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
WEBの情報書込みもSSLで安心!


 Noisy Wine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
 取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
◆◆Twitter 開始のご案内

 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine

ドメーヌ・ジャン・ラフェ・エ・ジェラール・ラフェ

ジャン・ラフェ・エ・ジェラール・ラフェ

フランス Domaine Jean Raphet et Gerard Raphet ブルゴーニュ
● ジャン・ラフェ時代のジャン・ラフェです・・(^^;; 今は息子さんのジェラール・ラフェ名になっています。一世風靡したドメーヌですね。そこの1993年もの、収穫から四半世紀以上経過した・・26年前ですね・・クラシックなエチケットのアイテムを入手出来ましたのでご紹介させていただきます。

「ジャン・ラフェ?・・知らないな~・・」

とおっしゃる方も現在は多いと思います。トップ・キュヴェはシャンベルタン・クロ・ド・ベズですが、モレ=サン=ドニに本拠を置きながら、クロ=ヴージョやシャンボール=ミュジニーなど、コート・ド・ニュイにヴォーヌ=ロマネを除きまんべんなく畑を持っている方です。

 その昔はル・テロワールさんがノースバークレイ社のスペシャル・キュヴェを輸入されていて、そのバリックを多めに使用したキュヴェが話題になったものです。何せ、

「少なくとも3種類のエチケットが有る」

ものでして、ドメーヌの建物の写真が掲載された白いエチケット(実はこれは2種類)、やや黄色み掛かったベーシックなエチケット、そしてそれに「Reserve」と赤い文字が入ったものなどでした。そこにこのキュヴェのようなちょっと前時代掛かったものなども有りまして、

「このワインはどのルートで入ったキュヴェか?」

何ていうのが話題になるような1990年代でした。


 例えばこのジャン・ラフェさんの手腕を表す言葉には、こんなのが有りました。

「ジャン・ラフェは国道沿いの水膨れしやすい最下部の畑から秀逸なクロ=ヴージョを造り出す」

 これはかのPKさんの言葉だったかと記憶していますが、もし違ったらすみません。でもまさにそれは本当で・・いや、一部真実で、確かに凡庸だな・・と思われるヴィンテージのクロ=ヴージョも有りましたが、中部や上部の優れたクロ=ヴージョに勝るとも劣らない出来のクロ=ヴージョにも出会いました。

 味筋としては、基本、クラシックな造りです。種子や果梗も使い、熟成に必要な分のタンニンを抽出、その分、熟成には少し時間を必要とする・・そんなタイプでした。1990年代に新樽を多く使う造りもしましたが、それが「ノースバークレイ社向け」のReserveやSpecial Cuvee です。

 それ以外のキュヴェは基本、大柄でクラシックなもので、今回の1993年も・・

「ビックリするほど大柄で若い」

です。



1993 Morey-Saint-Denis 1er Cru Cos de l'Orme
モレ=サン=ドニ・プルミエ・クリュ・クロ・ド・ロルム

14363

赤 ミディアムボディ
フランス
ブルゴーニュ
モレ=サン=ドニ
ドメーヌ・ジャン・ラフェ・エ・ジェラール・ラフェ

■エージェント情報
 モレ・サンドニに居を構えるドメーヌ「ドメーヌ・ジャン・ラフェ」は、フランスではシャンベルタン・クロ・ド・ベーズの最高の造り手として名を馳せた凄腕生産者で、パーカー氏からも4つ星評価を受けていました。
 なお、こちらは2002年から息子のジェラール氏がドメーヌを引き継ぎ、「ジェラール・ラフェ」の名でワインをリリースしています。また、ドメーヌを継承した翌年の2003年には、ジェラール氏の手がけたシャンベルタン・クロ・ド・ベーズがワイン・アドヴォケイト誌から98点という極めて高い評価を受け、さらにその知名度と人気が高まっている、今まさに大注目のドメーヌなのです
 今回ご紹介するのは、旧世代となるジャン・ラフェ時代の「モレ・サンドニ・クロ・デ・ゾルム」。「楡の木」がその名の由来となる、水分を多く含む区画から生まれた熟成アイテムをどうぞ!
750ML 在庫    ご注文数   本
¥10,900 (外税) 
【良い年のグラマラスなクラシック・ブルゴーニュの味わいです。まだまだ若い!】
 いや~・・懐かしいですね。もう26年にもなるんですね・・。リリースされてからはちょうど四半世紀ほどかと思います。

 この色鮮やかで官能感満載のグラデュエーションをご覧ください。良い感じでしょう?・・ついでに・・

「途中で折れたコルク」

も写ってますので、是非ご覧ください。素人丸出しで恥ずかしいですが・・(^^;; 因みにnoisy が開けた訳では有りませんので・・はい。

 そりゃぁ・・コルクの耐用年数は一般に12~15年と言われますんで、

「20年以上も経過しているボトルのコルクを開けると折れるのは当たり前」

では有りますが、そこで立ち止まっているから・・何度も同じことを繰り返しちゃうんですね・・。

「出来るだけ途中で折らない工夫」

が必要なんですね。


 まぁ、先っぽが写ってない写真を出しておいて説得力が無いですが、前述のようにnoisy が開けた訳では有りませんで、折れるかもしれないと判っていつつ・・息子に開けさせたんですね。経験ですから・・何事も。

 で、期待通りにちゃんとボトルにコルクの先っぽを残してくれました・・。いや、その後、ちゃんと取りましたけどね。その残った先っぽを除くやり方の話しは今はしませんが、出来るだけ途中で折らない工夫の話しはしてみようかと・・思います。

 ボトルが縦でもパニエに横にしてても、基本は同じです。

 ブルゴーニュのボトルは、先端に向かって徐々に細くなっている場合がほとんどですよね?・・それを頭に入れておいてください。そうすれば・・やることはただ一つです。

 そう・・抜けば抜くほど細いところを通る訳ですから、折れやすい先っぽ・・これは、コルクがボトルの壁面にくっついている部分と、離れている部分の接点です・・そこが折れるのがほとんどです・・それまでちゃんと保存されていれば・・の話しですが。そう、コルクの先端、8~15mm位ですね。これは使用されているコルクの長さも関係します。

 で、コルクを引き上げると・・その折れやすい、割れやすい部分が細いところを通りますんで・・割れる、折れるわけです。

 大方の間違えは、

「折れるかもしれないと慎重になり、引き上げるのを途中で止めてしまう」

ことと、

「しっかりスクリューを入れ込んでいない。」

ことが重なり合っています。


 なので、二段引き上げ式のソムリエナイフは古酒の抜栓には向きません。


 細いところを折れやすい部分が通る時には、

「同じスピードで(速く無く遅く無く)一気に引き上げる」

ことが要求されます。


 そう・・心配になって、途中で止めてコルクの状態を確かめる・・のがいけないんです。これをやれば耐用年数を過ぎたコルクの引き上げはほぼほぼ・・失敗します。最も、折れたとしても途中で一度止め、さらにスクリューを入れ込んで折れた(かもしれない)先っぽをもしっかり掴み引き上げる・・と言うような手段も有りますが、どちらかと言うと引き上げたコルクを一旦戻すような感じが必要でして、これは手先が器用な方、上級者オンリーです。下手にやると折ったコルクの先端をボトルに落とす羽目にも成りかねません。

 まぁ、色々とトライしてみてください。失敗は成功の元・・ですから・・。


 大きく脱線しましたが、まだまだ若さをたっぷり持った長命なモレ1級、クロ・デ・ゾルム(クロ・ド・ロルム)です。モレ=サン=ドニ1級の中では、PKさんに言わせれば、

「モレ1級の中で最上。格別に芳醇でフルなワイン。ジョルジュ・ルーミエ級の飛び切りの名手が1985年のような秀作年に造れば特級の水準に至ることも少なくない。」

とのことです。


 たしかに「芳醇でフル」な味わいです。豊かだったタンニンは熟成で角が取れ、丸くなっていますがいまだ健在で、これまた丸みのあるたしかな酸と共に骨格を構成しており、やや湿った感のあるモレらしいミネラリティ、仄かなスパイス、熟れた果実が心地良いです。

 まさに「フル」と言って良い口内でのパフォーマンスで、「ミディアム・ボディ」にはして有りますが、「ミディアム・ボディ+」か、「アンダー・フル・ボディ」と言いたくなるニュアンスです。

 このクロ・ド・ロルムはクロ・ド・ラ・ロシュの直下なんですが、ま~・・驚くほど似ちゃいません。あえて言うなら北隣(少し距離はある)のシャルム=シャンベルタン(実際はマゾワイエール)には似ています。

 マゾワイエールの湿った粘土感をもっと強くしてモレ=サン=ドニの持つ甘草や丁子系のスパイスをトッピングし、ほんのりと動物性の・・と言うか、肉系のややこってりした香りを混ぜたような複雑なブケを放っています。

 飲むほどに馴染むプノ・ノワールの古酒の味わいは深いです。さらっとしているのではなく、やや粘る感じが余韻に感じます。良い熟成をしていると思います。


 到着してさほどは時間を置かずに抜栓していますので、色合いもややそんな傾向が見えるかと思いますが、

「少なくとも数日間立てて置き、ボトルを振り回さずに抜栓しグラスに注ぐ」

ことが出来れば、最高の状態で楽しめると思います。


 1993年も・・遠くになってしまいましたね。この先は入手が難しくなる一方でしょう。名手ジャン・ラフェが、新樽を多く使用せずに仕上げたモレ1級クロ・ド・ロルムです。ご検討くださいませ。