ピュアで美味しいワインをnoisyがご紹介します。自然派、ブルゴーニュ、イタリアワイン好きな方は是非ご来訪ください。

ドメーヌ・マス・ダルゾン(カトリーヌ・ロック)

Domaine Mass d'Alezon Catherine Roque

Last Update 2018.12.12 
□■ メンバーログイン ■□
 
 
送料サービスの詳細はここ!
買い物かごのご使用方法!
ホームページよりお得な価格でご案内しています。しかも更新が早い!メールサービスで完売するワインが続出です。必見!
 ・ALL ABOUT NOISY'S
 NOISY'Sについての情報を公開しているページです。
■シャブリ ■マルサネ ■フィサン
■ジュヴレ=シャンベルタン
■モレ=サン=ドニ
■シャンボール=ミュジニー ■ヴージョ
■エシェゾー ■ヴォーヌ=ロマネ
■ニュイ=サン=ジョルジュ ■コルトン
■サヴィニー ■ボーヌ ■ポマール 
■ヴォルネイ ■サン=トーバン ■マコン
■ムルソー ■ピュリニー ■シャサーニュ
■ボージョレ ■プイィ=フュイッセ
■フランス
  ブルゴーニュ
  ボルドー
  ローヌ
  シャンパーニュ
  ロワール
  アルザス
  ジュラ
  サヴォワ
  ラングドック
  ルーション
  オーヴェルニュ
  マール
  フィーヌ
  ラタフィア
  シードル
■イタリア
  トスカーナ
  ピエモンテ
  フリウーリ・ヴェネツィア・ジュリア
  ヴェネト
  アルト=アディジェ
  アブルッツォ
  エミーリャ=ロマーニャ
  カンパーニャ
  ロンバルディア
  シチリア
  マルケ
  ラッツィオ
  プーリア
  グラッパ
  オリーブオイル
  食品        
■スペイン
■アメリカ
■ドイツ
■ギリシャ
■オーストリア
■オーストラリア
■インド
■ポルトガル
■日本
  ■ ~¥2,600 デイリー価格帯
  ■ ~¥4,200 ちょっとリッチ!
  ■ ~¥5,600 ここはリッチ!
  ■ ~¥7,000 凄くリッチ!
  ■ ~¥10,000 もの凄くリッチ!
  ■ ¥10,001~ 超高級?
  ■ ワイングラス・その他のグラス
  ■ デキャンタ
  ■ ワイングラスケア用品
  ■ ソムリエナイフ
  ■ ワインセーバー
  ■ ラベルレコーダー・コレクター
  ■ コルクキャッチャー
  ■ ワイン地図
  ■ 雑誌
  ■ ~1959年より前
  ■ 1960年~1969年
  ■ 1970年~1979年
  ■ 1980年~1989年
  ■ 1990年~1999年
  ■ 2000年~2009年
  ■ 2010年~
noisy のお奨め
このワインに最適のグラスはこれ!
一押し!
Spiegelau
Vino Grande
4510000
シュピーゲラウ
ヴィノグランデ
ブルゴーニュ
う.美しい.. RIEDEL Sommelieres
リーデル ソムリエ400/16
ブルゴーニュ
 ・グランクリュ
このボウルの形を「ダイヤモンドカット」というそうです RIEDEL Extreme
リーデル ヴィノム
エクストリーム444/07
ピノ・ネッビオーロ
リーデルの一般的なマシンメイド・クリスタル..。定番です RIEDEL Vinum
リーデル ヴィノム416/7
ブルゴーニュ
New!新入荷です。なかなか質感も良いです。 Spiegelau
Gand Palaus Exquisit
Bourgogne
シュピーゲラウ
シュピゲラウ・グランパレ
・エクスクイジット・ブルゴーニュ
 有 る と 便 利 な グ ッ ズ !
noisy も普段はこれ..。
ソムリエナイフは必需品です..。これが無ければ..ワインにありつけない..
ワインラベルレコーダー 想い出のワインのエチケット保存に!
最後は記念にエチケットを取っておこう!マグナムタイプもあります。
グラス拭きの優れもの..。東レのトレシーです。毛羽立ちが少なく、仕上がりが綺麗です。
ワインセーバー
Epivac
お馴染みですね。残ったワインの品質を守る「空気抜き器」です。

noisy お奨め!リアルな視点と本音で
綴る..まんま 「
Real Wine Guide


VISA・MASTER、JCB、AMEX、DINERSカードがご使用になれます。SSLで個人情報漏れの心配もありません。
WEBの情報書込みもSSLで安心!
 NoisyWine [NOISY'S WINE SELECTS] のサイトでは、全ての通信をSSL/TLS 情報暗号化通信し、情報漏洩から保護しています。
◆◆FACEBOOKのご案内
  取りあえず始めてみました。ご興味が御座いましたら・・よろしくお願いいたします。
Michiro Hara

バナーを作成
noisywineをフォローしましょう
◆◆Twitter 開始のご案内
 時折、Twitter でつぶやき始めました。もう・・どうしようもなくしょうもない、手の施しようの無い内容が多いですが、気が向いたらフォローしてやってくださいね。RWGの徳さん、アルXXロのせんむとか・・結構性格が出るもんです。
https://twitter.com/noisywine
【 更新情報 】 (↓ 文字をクリックして下さい。)2018/06/28(木)更新
皆さん、こん××は!noisyです。いつも有り難うございます。2018年25回目の新着情報メールサービスです。サッカーのワールドカップ、ポーランド戦の笛が鳴るまであと少しですが有余がございましたらしばしお付き合いくださいませ。












フランス  ■□  Domaine Mass d'Alezon Catherine Roque  □■  ラングドック
ドメーヌ マス ダルゾン(カトリーヌ ロック)
● こちらもカトリーヌ・ロックのドメーヌです。濃く無い・・主張が強過ぎないエレガント系の味わいです。


 フランスの女性醸造家のパイオニアであるカトリーヌ・ロック。天才醸造家として数多くのワイン評論家に認められています。

 マス・ダルゾンは標高約400mの冷涼な場所に位置し、フォジェールの栽培域内で最北端&最標高の場所であるため、特異な冷涼な気候のミクロ・クリマを享受しています。

 ビオディナミによる栽培と全房発酵と野生酵母のみによるナチュラルな醸造で造られるワインは、ミネラルや酸、フィネスと気品を備えエレガントなワインで、異次元のレベルに到達したフォジェールとして専門誌で大絶賛されています。



2016 Faugeres Rouge Monfalette
フォジェール・ルージュ・モンファレット
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

13761 6177 [Vin Nature] スティルワイン フルボディ フランス ラングドック フォジェール

■エージェント情報
アペラシオン: AOC Faugeres フォジェール
品種: 2016 年物 ムールヴェードル70%、シラー25%、グルナッシュ5%
醸造: 早朝に手摘みして収穫したブドウを畑と醸造所で各1 回ずつ選果。ブドウは除梗せずに全房で発酵を実施。発酵はブドウに付着している野.酵.のみで行い、醸造中にはSO2 も含めいかなるものも添加せずにナチュラルな醸造を行っています。品種毎別々に発酵を行います。発酵は25.28 度の低温で行い。発酵期間は約5.7 日間。その後、約3.4 週間の果皮浸漬を施します。圧搾後、容量225 リットルのバリック(新樽20%とブルゴーニュのクロ・ド・タールから譲りうけた使用済みバリック)に移し、マロラクティック発酵と熟成を行います。熟成期間は12.18 ヶ月。熟成中はバトナージュも澱引きを行わず、熟成後アッサンブラージュを行って、無清澄で瓶詰め。収量は1ha 当たり18.20 ヘクトリットル。2016 年の収穫日はムールヴェードルが10 月13 日、シラーが10 月6 日、グルナッシュ10 月3 日。総生産量は3 千本。
ルビーレッドのローブ。ブラックフルーツや煮込んだサクランボ、スミレ、スパイス、胡椒などの複雑でエレガントな香り。柔らかく肉感的なアタックにはムールヴェードルの特徴が顕著だが、ブルゴーニュ的なフレッシュ感とエレガントさが備わっている。サクランボのオード・ヴィやオレンジのコンフィ、胡椒、甘草、火打石などの風味とともに素晴らしいバランスを備えた豊満な味わい。タンニンはビロードのように柔らかく。並外れた長い余韻には、カカオや甘い香辛料などの風味が感じられる。
Monfalette モンファレットとは、マス・ダルゾンの畑の中にあるリュー・ディの名称。
750ML 在庫
ご注文数  本
¥2,750 (外税)

【これは飲まなければいけないワインです!素晴らしい仕上がり!生き生きとしたディテールが伝わって来ます!】
 滅茶苦茶旨いです!・・普通ならちょっと野暮ったいか、どこかしらにバランスの崩れを感じる・・いや、南仏に視線を持って行って飲んでいればさほどではないにせよ、

「暑苦しい・・」

とか、

「濃ゆい・・」

とか・・果ては、

「甘い!」

みたいなものでしょうかね。そのワインのポテンシャルを計る前に挫折してしまうワインが多いように思います。


 それに、フォジエールと言えばビオの大御所、レオン・バラルさんもいらっしゃいます。noisy 的には、レオン・バラル推しだったんですが、いつだか・・「揮発酸バリバリのある意味もの凄いフォジエール」に当たってしまい、それ以来モチベーションが上がりません。ナチュラルで生き生きとしていても、ポテンシャルが凄く有る(・・それもどうだかとは思いますが)と感じられても、

「私はお酢を飲みたい訳じゃ無いんだよ・・」

と言う気持ちが沸々と湧いて来てしまうようではどうなんでしょう。・・いや、ちゃんと出来ていて素晴らしいヴィンテージも有りますが、

「その状態でリリースしてOKだと思っているの?」

と言うような疑問が拭えない訳ですね。お客さんにも何と言ったら良いのか・・ワイン屋としても非常に難しい立場になります。


 そんな中、2015年ものもエレガントで甘く無く、暑苦しくないエキス系の素晴らしい味わいだった、カトリーヌ・ロック女史のフォジエールですが・・2016年ものは・・

「そこをあっさり超えて来た!」

と言いたいと思います。


 まぁ、おそらく誰にも文句が出ない仕上がりじゃないでしょうか。ブルゴーニュファンも全く容易に受け入れてくれるでしょうし、ボルドーやローヌワインのファンにも

「美味いね~」

と支持していただけるだけのポテンシャルとバランスの良さ、そして美しいディテールが有ります。しかもそこにはナチュラルさとピュアさが同居し、あの全てを台無しにしてくれてしまうような揮発酸の存在は有りません。

 だって・・ある程度の揮発酸生成のラインを超えると、ファーストノーズと、中盤以降~収束までの味わいは、すべてのテロワールと個性を崩し、同じ余韻になっちゃいますんで・・。


 そんな意味も有って・・いや手前味噌では有りますが、自然派ワインファンで有りながら、noisy からしか自然派ワインを買わない方も結構いらっしゃるようです。

 この、どこまでも冷涼で純粋で柔らかくてちゃんと酸が有りつつ酸っぱく無くて美しく深い・・そして甘みに逃げない素晴らしいバランスを持ったフォジエールを、ぜひ飲んでいただきたいんですね。美味い事この上無いです!是非飲んでみて下さい。久々の一推し!アペラシオンだけによる選択は止めましょう!超お勧めです!


 以下は2015年モンファレットのレヴューです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【エレガントなフォジェール!?・・確かにカトリーヌ・ロックのピノ・ノワールに似た品格の有る涼しい味わいです!】



 南仏のフォジェールAOCです。ムールヴェードル主体ですね。大量に出来てしまう葡萄をコントロールしつつビオで栽培した高級ワインです。

 まぁ、noisy のお客様はブルゴーニュ好きが多いですから、余り暑苦しさの目立つワインは元より、エレガントでは無いワインは中々売れません。・・なんででしょうかね・・(^^;;

 例えば、造り手紹介欄の写真を見ていただくと判るかと思いますが、このような急峻な斜面の、しかもかなり高度の高い位置の畑からの写真です。

 それに加え、カトリーヌさんは斜めですし建物の左側が下がっていますから、写真で見えるよりもより斜面は急だと言うことが判ります。畑は雑草が枯れた秋~冬にかけてのものと思います・・違うかな?・・でも枝がまだ伸びていて、葡萄の葉っぱが無いので・・。

 このような斜面の畑で、ヘクタール辺り20ヘクトリットルしか収穫出来ない(しない)と言うことになり、しかもそれはエレガンスを生かしたものですから、遅熟などはさせない、適度な熟度の健康な葡萄を収穫することに賭けているんだろうと想像できます。

 左の写真もまったく色味や明るさの調整をしていませんが、美味しいと思えるワインはほぼ間違い無く、なんの調整をせずとも綺麗に映る場合が多いです。それは特に赤ワインに顕著かな・・と思いますが、稀に素晴らしいワインでも、グラスの横に置くボトルの性でしょうか、真っ白だったり、真っ黒だったり、単色だったりすると、上手く行かない時も有ります。こちらは白いエチケットですが、一面的でない、見事なグラデュエーションで撮れました。

 2015年と若いですが、今飲んでもとても良いバランスです。時にこの辺りのワインはスパイスがきつかったり、甘かったり、疲れるほど濃かったりします。しかし、この色合いから言っても、「それはきっと無いな」と言うことは判るんじゃないかと思うんですね。

 ピュアなチェリー、ワイルド・チェリーがややビターに感じられる果実味に、透明感の高い、比較シンプルな・・いやブルゴーニュ的な石灰系ミネラリティがふんだんに感じられます。ボディは中庸で適度に膨れていて、終盤がややタイトですから・・・普通ならこの辺りのワインは後口からがボリューミーなんですが、綺麗な収束を見せてくれる中調子です。

 おそらく2年ほどしますと、ムールヴェードル主体ですから、ワイルドさ、獣っぽさが出て来て、ちょっとコート=ロティ風なニュアンスがトッピングされるんじゃないかな?・・と思います。

 現状は他のコラムでご紹介させていただいているカトリーヌ・ロックさんのピノ・ノワールを僅かにふくよかにしたようなニュアンスです。とても良いバランスだと思います。

 巷で騒がれているのが判る美味しいフォジェールでした。是非飲んでみてください!お勧めします!
.



2017 Faugeres Rouge le Presbytere
フォジェール・ルージュ・ル・プレビテール
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

13762 47 [Vin Nature] スティルワイン フルボディ フランス ラングドック フォジェール

■エージェント情報
アペラシオン: AOC Faugeres フォジェール
品種: 2017 年物 リュドナー・ペルト&グルナッシュ50%、サンソー40%、カリニャン10%
醸造: 早朝に手摘みして収穫したブドウを畑と醸造所で各1 回ずつ選果。ブドウはカリニャンを以外は全て除梗せずに全房で発酵を行います。発酵はブドウに付着している野生酵母のみで行い、醸造中はSO2 も含めいかなるものも添加せずにナチュラルな醸造を行っています。品種毎別々に発酵を行います。発酵は25.28 度の低温で行い。発酵期間は約5.7 日間。その後、約3 週間の果皮浸漬を施します。圧搾後、リュドナー・ペルトとグルナッシュ、サンソーは容量225 リットルのバリックに、カリニャンは容量150 リットルの木樽に移し、マロラクティック発酵と熟成を行います。熟成期間は8.12 ヶ月。熟成中はバトナージュも澱引きを行わず、熟成後アッサンブラージュを行って無清澄で瓶詰め。収量は1ha 当たり20~22 ヘクトリットル。
 2017 年の収穫日はサンソーが9 月18 日、リュドナー・ペルトとグルナッシュが9 月16 日、カリニャン10 月1 日。総生産量は1 万本。味わいのコメント:プラムやチェリー、スパイスなどの複雑な香り。口中には、しっかりと熟した果物や灌木、香辛料などの風味が感じられる。タンニンは絹のように柔らかい。カトリーヌ・ロックのワインの特徴である、ブルゴーニュ的なフレッシュ感とエレガントさが感じられる味わいと長い余韻。

Le Presbytere ル・プレビテールとはキリスト教の司祭の館のこと。ドメーヌの中に、かっての村の司祭の館があり、現在、その石造りの丸天井の建物の中でマス・ダルゾンのワインを熟成させていることから、キュヴェ名がル・プレビテールと命名されました。
750ML 在庫
ご注文数  本
¥2,350 (外税)

【モンファレットをよりチェリッシュに、赤く染めたエレガントなフォジェールです!!・・カトリーヌ・ロックのピノ・ノワールに似た涼しげな味わいです!】
 これも美味いですね~・・。ただし、ほぼ完璧と思える「モンファレット」の柔らかさはソフィスティケイト・・いや、若いからかなと思いますが、黒みはやや赤く、より新鮮な果実に振ったかのような、暑いフォジエールA.O.C.では余り感じられないような仕上がりです。

 この1~2週間と言うものは、台風有り、地震有りで日本列島は大騒ぎ・・しかも犠牲になった方も多くいらっしゃいました。2カ月前も西日本の大雨で多くの犠牲者が出ましたので、

「・・何とも悲しい状態・・」

が日本を覆っており、noisy としましても、ワインの案内など出していて良いのか?・・などと随分と悩みました。

 ワインのインポーターさんも、先週は随分と北海道に集まっていらしたようで・・いや、有るお店のワイン試飲会のお手伝いだったようですが、正に北海道地震に巻き込まれたらしいんですね。

 ワイン屋にとってはセラーは生命線ですから、ほとんどのセラーが電気を使用せざるを得ない訳です。地震で電気の供給が止まれば、それはセラー内のワインの崩壊に繋がりかねません。おそらくですが、北海道で電気が止まっていた間は、ワイン屋さんも、またその他流通業の冷蔵・冷凍ものを扱う業者の方々も生きた心地がしなかったに違いありません。

 1~2度のセラー温度の緩やかな上昇や下降は許容範囲内ですが、電気が止まったまま1週間とかは・・考えたくないですよね。noisy も知り合いのワイン屋さんたちに、どんな対処をしたのかなど・・聞きたいところでは有りましたが・・

「聞かれたくないだろうな~・・少なくともnoisyには・・」

と思い留まりました。


 しかし考えてみれば、流通業者だけでは無く、ワイン生産者にも・・「そのまんま」・・言えることなんですね。半地下のような簡易セラーがまだアチコチに残っているフランスでも、今ではかなり変化が有ります。それはやはり、温度管理がワインに及ぼす影響が大きいからです。


 カトリーヌ・ロック女史のこの素晴らしいフォジエール・ル・プレビテールからも、そんな、

「不要な温度が積み重なった感」

は皆無です。それこそがこのワインの美味しさの原点かと思います。そこにカトリーヌ・ロック女史の「感性」が・・見事に加わっているんですね。

 濃密さが有りつつもさらっとした練れた美味しさを見せる「モンファレット」に対し、よりピュアでほんのり軽量で、赤く若い味わいを見せるのがこのワインです。感覚は、

「しっかりとしたピノ系?」

とも思えなくも無く・・・字いや、実は2017年のカトリーヌ・ロック女史のピノ・ノワールもテイスティングしているんですよ。悪くないんですが・・ちょっと若過ぎるんですね。これをご紹介してしまうと、せっかくカトリーヌ・ロック女史のワインが世に受け入れられてきたのに水を差すんじゃないかと危惧した訳です。

 誤解されると困るのでお伝えしておきますが、2017年のネゴスのピノ・ノワールは、現在はちょっと若過ぎ、半年ほど寝かすべきと言うのがnoisy の判断で、「駄目」と言う訳では有りません。半年後なら・・扱いたいところですが、輸入してしまったものはさっさと供給したいのがエージェントさんの意向でしょうから・・noisy としましては、今回はパスさせていただきました。


 半面、モンファレット、そしてこのル・プレビテールの出来が素晴らしいので、皆さんにはぜひこちらを飲んでいただきたいと思います。

 黒い果実中心だがそこに赤が差し込むモンファレット、赤果実中心でそこに紫が入るル・プレビテールです。是非飲んでみてください。超お勧めです!!.



2015 Faugeres Rouge Monfalette
フォジェール・ルージュ・モンファレット
ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!ちょっと頑張ってお奨め!

12895 6176 [Vin Nature] スティルワイン フルボディ フランス ラングドック フォジェール

■エージェント情報
品種:ムールヴェードル80%、シラー15%、グルナッシュ5%
 早朝に手摘みして収穫したブドウを畑と醸造所で各1回ずつ選果。ブドウは除梗せずに全房で発酵を実施。発酵はブドウに付着している野生酵母のみで行い、醸造中にはSO2も含めいかなるものも添加せずにナチュラルな醸造を行っています。品種毎別々に発酵を行います。発酵は25~28度の低温で行い。発酵期間は約5~7日間。その後、約3~4週間の果皮浸漬を施します。
 圧搾後、容量225リットルのバリック(新樽20%)に移し、マロラクティック発酵と熟成を行います。熟成期間は18ヶ月。熟成中はバトナージュも澱引きを行わず、熟成後アッサンブラージュを行って、無清澄で瓶詰め。収量は1ha当たり20ヘクトリットル。総生産量は5000本。
750ML 在庫
ご注文数  本
¥2,750 (外税)

【エレガントなフォジェール!?・・確かにカトリーヌ・ロックのピノ・ノワールに似た品格の有る涼しい味わいです!】
 南仏のフォジェールAOCです。ムールヴェードル主体ですね。大量に出来てしまう葡萄をコントロールしつつビオで栽培した高級ワインです。

 まぁ、noisy のお客様はブルゴーニュ好きが多いですから、余り暑苦しさの目立つワインは元より、エレガントでは無いワインは中々売れません。・・なんででしょうかね・・(^^;;

 例えば、造り手紹介欄の写真を見ていただくと判るかと思いますが、このような急峻な斜面の、しかもかなり高度の高い位置の畑からの写真です。

 それに加え、カトリーヌさんは斜めですし建物の左側が下がっていますから、写真で見えるよりもより斜面は急だと言うことが判ります。畑は雑草が枯れた秋~冬にかけてのものと思います・・違うかな?・・でも枝がまだ伸びていて、葡萄の葉っぱが無いので・・。

 このような斜面の畑で、ヘクタール辺り20ヘクトリットルしか収穫出来ない(しない)と言うことになり、しかもそれはエレガンスを生かしたものですから、遅熟などはさせない、適度な熟度の健康な葡萄を収穫することに賭けているんだろうと想像できます。

 左の写真もまったく色味や明るさの調整をしていませんが、美味しいと思えるワインはほぼ間違い無く、なんの調整をせずとも綺麗に映る場合が多いです。それは特に赤ワインに顕著かな・・と思いますが、稀に素晴らしいワインでも、グラスの横に置くボトルの性でしょうか、真っ白だったり、真っ黒だったり、単色だったりすると、上手く行かない時も有ります。こちらは白いエチケットですが、一面的でない、見事なグラデュエーションで撮れました。

 2015年と若いですが、今飲んでもとても良いバランスです。時にこの辺りのワインはスパイスがきつかったり、甘かったり、疲れるほど濃かったりします。しかし、この色合いから言っても、「それはきっと無いな」と言うことは判るんじゃないかと思うんですね。

 ピュアなチェリー、ワイルド・チェリーがややビターに感じられる果実味に、透明感の高い、比較シンプルな・・いやブルゴーニュ的な石灰系ミネラリティがふんだんに感じられます。ボディは中庸で適度に膨れていて、終盤がややタイトですから・・・普通ならこの辺りのワインは後口からがボリューミーなんですが、綺麗な収束を見せてくれる中調子です。

 おそらく2年ほどしますと、ムールヴェードル主体ですから、ワイルドさ、獣っぽさが出て来て、ちょっとコート=ロティ風なニュアンスがトッピングされるんじゃないかな?・・と思います。

 現状は他のコラムでご紹介させていただいているカトリーヌ・ロックさんのピノ・ノワールを僅かにふくよかにしたようなニュアンスです。とても良いバランスだと思います。

 巷で騒がれているのが判る美味しいフォジェールでした。是非飲んでみてください!お勧めします!
.
新着メンバー価格の商品は通常商品と送料サービス体系が異なりますのでご注意下さい。

   

■新着情報メールサービスメンバーページより
以下のアイテムは現在有効な新着情報メールサービスのページです。
ご注文にはメンバー登録が必要です。送料サービス体系が通常商品の場合と異なります。 必ず新着情報インデックスページの注意事項をご覧下さるようお願いします。
/DomaineMassDAlezonCatherineRoque.shtml
= 白ワイン = 赤ワイン = ロゼワイン = その他

[自然派]
スティルワイン
赤 フルボディ
フランス
ラングドック
フォジェール


750ML 2,350 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
赤 フルボディ
フランス
ラングドック
フォジェール


750ML 2,750 (外税) 在庫
[自然派]
スティルワイン
赤 フルボディ
フランス
ラングドック
フォジェール


750ML 2,750 (外税) 在庫

フォジェールでの商品検索は 全 3 件中 1 件 ~ 3 件 (1 ページ目)を表示    
1 |
このホームページの文章・グラフィックの著作権はNOISY'S WINE SELECTS 原酒店 にあります。無断転載・使用をお断りいたします。
e-mail to Noisy